>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(1) 

目次

ページ

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  用語の定義及び略号

1

3.1

  用語の定義

2

3.1.1

  実行中入出力プロセス

2

3.1.2

  バイト (byte

2

3.1.3

  コマンド記述ブロック

2

3.1.4

  コマンド待ち行列

2

3.1.5

  接続する

2

3.1.6

  接続

2

3.1.7

  接点

2

3.1.8

  誤り情報保持状態

2

3.1.9

  接続中入出力プロセ

2

3.1.10

  切断  (disconnect

2

3.1.11

  拡張誤り情報保持状態

2

3.1.12

  フィールド

2

3.1.13

  ホストアダプ

2

3.1.14

  初期接続

2

3.1.15

  イニシエータ,起動装

2

3.1.16

  無効

2

3.1.17

  入出力プロセ

2

3.1.18

  I_T 結合

2

3.1.19

  I_T_L 結合

2

3.1.20

  I_T_R 結合

3

3.1.21

  I_T_x 結合

3

3.1.22

  I_T_L_Q 結合

3

3.1.23

  I_T_x_y 結合

3

3.1.24

  論理ブロッ

3

3.1.25

  論理ユニット

3

3.1.26

  論理ユニット番

3

3.1.27

  必す(須)

3

3.1.28

  結合

3

3.1.29

  1

3

3.1.30

  任意

3

3.1.31

  ページ

3


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(2) 

3.1.32

  周辺装

3

3.1.33

  待ち行列タグ

3

3.1.34

  待ち行列入出力プロセ

3

3.1.35

  再接続す

3

3.1.36

  再接

3

3.1.37

  保

3

3.1.38

  SCSI アドレ

3

3.1.39

  SCSI ID

3

3.1.40

  SCSI 装置

3

3.1.41

  信号を真にすること

3

3.1.42

  信号を偽にするこ

4

3.1.43

  信号の開

4

3.1.44

  状態バイ

4

3.1.45

  ターゲット,実行装置

4

3.1.46

  ターゲットルーチ

4

3.1.47

  第三者

4

3.1.48

  予定外切

4

3.1.49

  製造者指定

4

3.1.50

  0

4

3.2

  略号

4

4.

  総論

4

4.1

  概説

4

4.2

  記法

6

5.

  物理的特性

6

5.1

  物理的構成

6

5.2

  ケーブルの特性

6

5.2.1

  シングルエンド用ケーブル

7

5.2.2

  差動用ケーブル

7

5.2.3

  高速同期データ転送用ケーブル

7

5.3

  コネクタ

7

5.3.1

  非シールドコネクタ

7

5.3.1.1

  A ケーブル用非シールドコネクタ(第 1 形式)

7

5.3.1.2

  A ケーブル用非シールドコネクタ(第 2 形式)

8

5.3.1.3

  B ケーブル用非シールドコネクタ

8

5.3.2

  シールドコネクタ

12

5.3.2.1

  A ケーブル用シールドコネクタ(第 1 形式)

13

5.3.2.2

  A ケーブル用シールドコネクタ(第 2 形式)

13

5.3.2.3

  B ケーブル用シールドコネクタ

13

5.3.3

  コネクタの接点割当て

17

5.4

  電気的特性

21


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(3) 

5.4.1

  シングルエンド形

21

5.4.1.1

  出力特性

22

5.4.1.2

  入力特性

22

5.4.2

  差動形

22

5.4.2.1

  出力特性

22

5.4.2.2

  入力特性

23

5.4.3

  終端回路電源

23

5.4.4

  保留信号線の扱い

25

5.5

  SCSI バス

25

5.6

  SCSI バス信号

27

5.6.1

  信号値

28

5.6.2

  OR 接続信号

28

5.6.3

  信号源

28

5.7

  SCSI バスのタイミング

29

5.7.1

  アービトレーション遅延時間

29

5.7.2

  送出時間

29

5.7.3

  バス開放遅延時間

29

5.7.4

  バスフリー遅延時間

29

5.7.5

  バス設定遅延時間

30

5.7.6

  バス安定遅延時間

30

5.7.7

  ケーブルスキュー遅延時間

30

5.7.8

  データ開放遅延時間

30

5.7.9

  デスキュー遅延時間

30

5.7.10

  切断遅延時間

30

5.7.11

  保持時間

30

5.7.12

  非送出時間

30

5.7.13

  電源投入から選択可能までの時間

30

5.7.14

  リセットから選択可能までの時間

30

5.7.15

  リセット保持時間

30

5.7.16

  選択アボート時間

30

5.7.17

  選択タイムアウト遅延時間

30

5.7.18

  転送間隔時間

30

5.8

  高速同期データ転送機能

30

5.8.1

  高速送出時間

30

5.8.2

  高速ケーブルスキュー遅延時間

31

5.8.3

  高速デスキュー遅延時間

31

5.8.4

  高速保持時間

31

5.8.5

  高速非送出時間

31

6.

  論理的特性

31

6.1

  SCSI バスフェーズ

31


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(4) 

6.1.1

  BUS FREE フェーズ

31

6.1.2

  ARBITRATION フェーズ

32

6.1.3

  SELECTION フェーズ

33

6.1.3.1

  選択タイムアウト手順

33

6.1.4

  RESELECTION フェーズ

34

6.1.4.1

  再選択

34

6.1.4.2

  再選択タイムアウト手順

34

6.1.5

  情報転送フェーズ

34

6.1.5.1

  非同期情報転送

35

6.1.5.2

  同期データ転送

36

6.1.5.3

  複数バイト幅データ転送

37

6.1.6

  COMMAND フェーズ

38

6.1.7

  データフェーズ

38

6.1.7.1

  DATA IN フェーズ

38

6.1.7.2

  DATA OUT フェーズ

38

6.1.8

  STATUS フェーズ

38

6.1.9

  メッセージフェーズ

38

6.1.9.1

  MESSAGE IN フェーズ

38

6.1.9.2

  MESSAGE OUT フェーズ

38

6.1.10

  フェーズ間の信号規則

39

6.2

  SCSI バスの状態

39

6.2.1

  アテンション状態

39

6.2.2

  リセット状態

40

6.2.2.1

  ハードリセット機能

41

6.2.2.2

  ソフトリセット機能

41

6.3

  SCSI バスのフェーズ遷移順序

42

6.4

  SCSI ポインタ

43

6.5

  メッセージシステム仕様

44

6.6

  メッセージ

46

6.6.1

  ABORT

47

6.6.2

  ABORT TAG

47

6.6.3

  BUS DEVICE RESET

48

6.6.4

  CLEAR QUEUE

48

6.6.5

  COMMAND COMPLETE

48

6.6.6

  DISCONNECT

48

6.6.7

  IDENTIFY

48

6.6.8

  IGNORE WIDE RESIDUE

50

6.6.9

  INITIATE RECOVERY

50

6.6.10

  INITIATOR DETECTED ERROR

51

6.6.11

  LINKED COMMAND COMPLETE

51


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(5) 

6.6.12

  LINKED COMMAND COMPLETE (WITH FLAG)

51

6.6.13

  MESSAGE PARITY ERROR

51

6.6.14

  MESSAGE REJECT

51

6.6.15

  MODIFY DATA POINTER

51

6.6.16

  NO OPERATION

52

6.6.17

  待ち行列タグメッセージ

52

6.6.17.1

  HEAD OF QUEUE TAG

53

6.6.17.2

  ORDERED QUEUE TAG

53

6.6.17.3

  SIMPLE QUEUE TAG

53

6.6.18

  RELEASE RECOVERY

53

6.6.19

  RESTORE POINTERS

53

6.6.20

  SAVE DATA POINTER

53

6.6.21

  SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

53

6.6.22

  TERMINATE I/O PROCESS

55

6.6.23

  WIDE DATA TRANSFER REQUEST

56

7.

  SCSI のコマンド及び状態バイト

58

7.1

  コマンド組込みの要件

58

7.1.1

  保留

58

7.1.2

  操作コードの分類

58

7.2

  コマンド記述ブロック

58

7.2.1

  操作コード

59

7.2.2

  論理ユニット番号

60

7.2.3

  論理ブロックアドレス

60

7.2.4

  転送長

60

7.2.5

  パラメタリスト長

60

7.2.6

  割当て長

60

7.2.7

  制御バイト

61

7.3

  状態バイト

61

7.3.1

  GOOD

62

7.3.2

  CHECK CONDITION

62

7.3.3

  CONDITION MET

62

7.3.4

  BUSY

62

7.3.5

  INTERMEDIATE

62

7.3.6

  INTERMEDIATE-CONDITION MET

62

7.3.7

  RESERVATION CONFLICT

62

7.3.8

  COMMAND TERMINATED

62

7.3.9

  QUEUE FULL

63

7.4

  コマンド処理の例

63

7.4.1

  単独コマンドの例

63

7.4.2

  切断の例

63


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(6) 

7.4.3

  コマンドリンクの例

64

7.5

  コマンド処理及びその例外状態

64

7.5.1

  プログラム可能な操作定義

64

7.5.2

  無効なイニシエータとの接続

65

7.5.3

  無効な論理ユニットの選択

65

7.5.4

  パラメタの調整

66

7.5.5

  非同期事象通知

66

7.5.6

  予定外再接続

67

7.6

  誤り情報保持状態

68

7.7

  拡張誤り情報保持状態

68

7.8

  待ち行列入出力プロセス

68

7.8.1

  タグなし待ち行列

69

7.8.2

  タグ付き待ち行列

69

7.8.3

  タグ付き入出力プロセスの例

71

7.8.3.1

  タグ付き待ち行列の代表的な実行例

71

7.8.3.2

  タグ付き待ち行列の図解

71

7.9

  ユニットアテンション状態

72

8.

  全装置共通事項

74

8.1

  全装置共通のモデル

74

8.1.1

  SCSI アドレス

74

8.1.1.1

  SCSI 装置アドレス

74

8.1.1.2

  論理ユニット

74

8.1.1.3

  ターゲットルーチン

74

8.1.2

  全 SCSI 装置の必す(須)コマンド

74

8.1.2.1

  INQUIRY コマンドの使用法

74

8.1.2.2

  REQUEST SENSE コマンドの使用法

75

8.1.2.3

  SEND DIAGNOSTIC コマンドの使用法

75

8.1.2.4

  TEST UNIT READY コマンドの使用法

75

8.2

  全装置共通コマンド

75

8.2.1

  CHANGE DEFINITION コマンド

75

8.2.2

  COMPARE コマンド

77

8.2.3

  COPY コマンド

78

8.2.3.1

  管理中の SCSI 装置が検出する誤り

80

8.2.3.2

  管理されているターゲットが検出する誤り

80

8.2.3.3

  コピー機能コードの 00h 及び 01h

81

8.2.3.4

  コピー機能コードの 02h

82

8.2.3.5

  コピー機能コードの 03h

82

8.2.3.6

  コピー機能コードの 04h

83

8.2.3.7

  ブロック長が一致しない場合のコピー

84

8.2.4

  COPY AND VERIFY コマンド

85


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(7) 

8.2.5

  INQUIRY コマンド

85

8.2.5.1

  標準の INQUIRY データ

86

8.2.5.2

  製造データ

90

8.2.6

  LOG SELECT コマンド

90

8.2.7

  LOG SENSE コマンド

92

8.2.8

  MODE SELECT (06)  コマンド

94

8.2.9

  MODE SELECT (10)  コマンド

96

8.2.10

  MODE SENSE (06)

96

8.2.10.1

  使用中の値

97

8.2.10.2

  変更可能な値

98

8.2.10.3

  省略時値

98

8.2.10.4

  保存されている値

98

8.2.10.5

  初期応答

98

8.2.11

  MODE SENSE (10)  コマンド

98

8.2.12

  READ BUFFER コマンド

99

8.2.12.1

  ヘッダとデータとの結合モード (000b)

100

8.2.12.2

  製造者指定モード (001b)

100

8.2.12.3

  データモード (010b)

100

8.2.12.4

  記述子モード (010b)

101

8.2.13

  RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンド

101

8.2.14

  REQUEST SENSE コマンド

102

8.2.14.1

  センスキー指定

106

8.2.14.2

  据置き誤り

107

8.2.14.3

  センスキー及びセンスコード

108

8.2.15

  SEND DIAGNOSTIC コマンド

122

8.2.16

  TEST UNIT READY コマンド

123

8.2.17

  WRITE BUFFER コマンド

124

8.2.17.1

  ヘッダとデータとの結合モード (000b)

125

8.2.17.2

  製造者指定モード (001b)

125

8.2.17.3

  データモード (010b)

125

8.2.17.4

  マイクロコードのダウンロードモード (100b)

125

8.2.17.5

  マイクロコードのダウンロード及び保存のモード (101b)

126

8.3

  全装置共通のパラメタ

126

8.3.1

  診断パラメタ

126

8.3.1.1

  組込み診断ページ一覧表ページ

127

8.3.2

  ログパラメタ

127

8.3.2.1

  バッファのオーバラン・アンダランページ

131

8.3.2.2

  誤りカウンタページ

132

8.3.2.3

  最終 n 誤り事象ページ

132

8.3.2.4

  非媒体誤りページ

132


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(8) 

8.3.2.5

  使用可能ログページ一覧表ページ

133

8.3.3

  モードパラメタ

133

8.3.3.1

  制御モードページ

136

8.3.3.2

  切断・再接続ページ

137

8.3.3.3

  周辺装置ページ

139

8.3.4

  製造データパラメタ

140

8.3.4.1

  実装操作図形文字ページ

140

8.3.4.2

  図形文字情報ページ

141

8.3.4.3

  実装操作定義ページ

142

8.3.4.4

  使用可能な製造データページ

142

8.3.4.5

  装置製造番号

143

9.

  直接アクセス装置

143

9.1

  直接アクセス装置のモデル

143

9.1.1

  取外し可能媒体

143

9.1.2

  論理ブロック

144

9.1.3

  動作可能状態

144

9.1.4

  初期化

145

9.1.5

  媒体上の欠陥

145

9.1.6

  データキャッシュ

145

9.1.7

  予約

147

9.1.8

  位置決め及び基準位置決め

148

9.1.9

  定角密度帯付き装置(ゾーンビット付き装置)

148

9.1.10

  回転同期

148

9.1.11

  相対アドレス指定

148

9.1.12

  誤り報告

149

9.1.13

  直接アクセス装置の例(参考)

149

9.1.13.1

  回転媒体

149

9.1.13.2

  順次媒体

150

9.1.13.3

  その他の記憶媒体

150

9.2

  直接アクセス装置用のコマンド

150

9.2.1

  FORMAT UNIT コマンド

152

9.2.1.1

  欠陥リスト形式

157

9.2.1.2

  初期化パターン(任意機能)

158

9.2.2

  LOCK UNLOCK CACHE コマンド

159

9.2.3

  PRE-FETCH コマンド

159

9.2.4

  PREVENT ALLOW MEDIUM REMOVAL コマンド

160

9.2.5

  READ (06)  コマンド

161

9.2.6

  READ (10)  コマンド

161

9.2.7

  READ CAPACITY コマンド

163

9.2.8

  READ DEFECT DATA コマンド

164


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(9) 

9.2.9

  READ LONG コマンド

166

9.2.10

  REASSIGN BLOCKS コマンド

166

9.2.11

  RELEASE コマンド

168

9.2.11.1

  論理ユニット開放機能

168

9.2.11.2

  領域開放機能

168

9.2.11.3

  第三者開放機能

168

9.2.12

  RESERVE コマンド

169

9.2.12.1

  論理ユニット予約機能

169

9.2.12.2

  領域予約機能

170

9.2.12.3

  第三者予約機能

172

9.2.12.4

  置換え予約機能

172

9.2.13

  REZERO UNIT コマンド

172

9.2.14

  SEARCH DATA コマンド群

173

9.2.14.1

  SEARCH DATA EQUAL コマンド

175

9.2.14.2

  SEARCH DATA HIGH コマンド

175

9.2.14.3

  SEARCH DATA LOW コマンド

175

9.2.15

  SEEK (06)  コマンド及び SEEK (10)  コマンド

175

9.2.16

  SET LIMITS コマンド

176

9.2.17

  START STOP UNIT コマンド

176

9.2.18

  SYNCHRONIZE CACHE コマンド

177

9.2.19

  VERIFY コマンド

178

9.2.20

  WRITE (06)  コマンド

178

9.2.21

  WRITE (10)  コマンド

179

9.2.22

  WRITE AND VERIFY コマンド

179

9.2.23

  WRITE LONG コマンド

180

9.2.24

  WRITE SAME コマンド

181

9.3

  直接アクセス装置用のパラメタ

182

9.3.1

  診断パラメタ

182

9.3.1.1

  アドレス変換ページ(SEND DIAGNOSTIC 用)

183

9.3.1.2

  アドレス変換ページ(RECEIVE DIAGNOSTIC 用)

183

9.3.2

  ログパラメタ

185

9.3.3

  モードパラメタ

185

9.3.3.1

  キャッシュページ

186

9.3.3.2

  フレキシブルディスクカートリッジページ

189

9.3.3.3

  装置初期化ページ

193

9.3.3.4

  使用可能媒体種別ページ

195

9.3.3.5

  定角密度帯ページ

196

9.3.3.6

  読取り書込み誤り回復ページ

197

9.3.3.7

  固定ディスク装置の物理仕様ページ

202

9.3.3.8

  検証誤り回復ページ

204


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(10) 

9.4

  直接アクセス装置の用語の定義

205

9.4.1

  キャッシュメモリ

205

9.4.2

  不揮発性媒体

206

9.4.3

  定角密度帯

206

9.4.4

  利用者アクセス可能

206

9.4.5

  揮発性媒体

206

10.

  順次アクセス装置

206

10.1

  順次アクセス装置のモデル

206

10.1.1

  物理要素

206

10.1.2

  記録データの性質

207

10.1.3

  ボリューム内の区分

208

10.1.4

  区分中の論理要素

209

10.1.5

  データバッファ

211

10.1.6

  記録対象記述子(ブロック識別子)

211

10.1.7

  方向及び位置決めの定義

212

10.1.8

  誤り警告

212

10.2

  順次アクセス装置用のコマンド

213

10.2.1

  ERASE コマンド

214

10.2.2

  LOAD UNLOAD コマンド

215

10.2.3

  LOCATE コマンド

216

10.2.4

  READ コマンド

217

10.2.5

  READ BLOCK LIMITS コマンド

219

10.2.6

  READ POSITION コマンド

220

10.2.7

  READ REVERSE コマンド

221

10.2.8

  RECOVER BUFFERED DATA コマンド

222

10.2.9

  RELEASE UNIT コマンド

223

10.2.9.1

  第三者開放機能

223

10.2.10

  RESERVE UNIT コマンド

224

10.2.10.1

  第三者予約機能

224

10.2.10.2

  置換え予約機能

225

10.2.11

  REWIND コマンド

225

10.2.12

  SPACE コマンド

226

10.2.13

  VERIFY コマンド

228

10.2.14

  WRITE コマンド

229

10.2.15

  WRITE FILEMARKS コマンド

231

10.3

  順次アクセス装置用のパラメタ

232

10.3.1

  診断パラメタ

232

10.3.2

  ログパラメタ

232

10.3.3

  モードパラメタ

233

10.3.3.1

  装置構成ページ

236


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(11) 

10.3.3.2

  媒体区分ページ 1

238

10.3.3.3

  媒体区分ページ 2∼4

240

10.3.3.4

  読取り書込み誤り回復ページ

240

10.4

  順次アクセス装置の用語の定義

242

10.4.1

  区分始端

242

10.4.2

  媒体始端

242

10.4.3

  バッファモード

242

10.4.4

  早期警告

242

10.4.5

  データ終端

242

10.4.6

  媒体終端

242

10.4.7

  区分終端

242

10.4.8

  ファイルマーク

242

10.4.9

  読取り長超過

242

10.4.10

  区分

242

10.4.11

  セットマーク

242

10.4.12

  送り

242

10.4.13

  読取り長不足

242

10.4.14

  ボリューム

242

11.

  印字装置

242

11.1

  印字装置のモデル

242

11.2

  印字装置用のコマンド

243

11.2.1

  FORMAT コマンド

244

11.2.2

  PRINT コマンド

244

11.2.3

  RECOVER BUFFERED DATA コマンド

245

11.2.4

  SLEW AND PRINT コマンド

245

11.2.5

  STOP PRINT コマンド

246

11.2.6

  SYNCHRONIZE BUFFER コマンド

246

11.3

  印字装置用のパラメタ

247

11.3.1

  診断パラメタ

247

11.3.2

  ログパラメタ

247

11.3.3

  モードパラメタ

247

11.3.3.1

  印字装置用並列インタフェースパラメタページ

248

11.3.3.2

  印字装置用任意機能パラメタページ

249

11.3.3.3

  印字装置用直列インタフェースパラメタページ

252

11.4

  印字装置の用語の定義

253

11.4.1

  フォント

253

11.4.2

  書式 (form)

253

11.4.3

  行印字装置用並列インタフェース

253

11.4.4

  印字装置用直列インタフェース

254

11.4.5

  垂直書式制御

254


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(12) 

12.

  処理装置

254

12.1

  処理装置のモデル

254

12.1.1

  ホスト対ホスト,SEND コマンドだけを使用

255

12.1.2

  ホスト対ホスト,SEND コマンド及び RECEIVE コマンドを使用

255

12.1.3

  ホスト対特殊出力周辺装置

255

12.1.4

  ホスト対特殊入力周辺装置

256

12.2

  処理装置用のコマンド

256

12.2.1

  RECEIVE コマンド

256

12.2.2

  SEND コマンド

257

12.3

  処理装置用のパラメタ

257

12.3.1

  診断パラメタ

257

12.3.2

  ログパラメタ

258

12.4

  処理装置の用語の定義

258

12.4.1

  データパケット

258

12.4.2

  ホスト

258

12.4.3

  資源

258

13.

  追記形記憶装置

258

13.1

  追記形記憶装置のモデル

258

13.1.1

  論理ブロック

258

13.1.2

  初期化

259

13.1.3

  媒体上の欠陥

259

13.1.4

  誤り報告

259

13.2

  追記形記憶装置用のコマンド

259

13.3

  追記形記憶装置用のパラメタ

261

13.4

  追記形記憶装置の用語の定義

261

14.

  CD-ROM 装置

261

14.1

  CD-ROM 装置のモデル

261

14.1.1

  CD-ROM の媒体の構造

261

14.1.2

  CD-ROM 物理データ形式

264

14.1.2.1

  オーディオ用のフレーム形式

265

14.1.2.2

  データのセクタ形式

265

14.1.2.3

  サブチャネル情報形式

266

14.1.3

  CD オーディオ誤り報告

266

14.1.4

  CD-ROM の動作可能状態及び動作不可能状態

266

14.1.5

  CD-ROM アドレス報告形式(MSF ビット)

267

14.1.6

  CD-DA コマンド

267

14.1.7

  誤り報告

267

14.2

  CD-ROM 装置用コマンド

268

14.2.1

  PAUSE RESUME コマンド

269

14.2.2

  PLAY AUDIO (10)  コマンド

270


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(13) 

14.2.3

  PLAY AUDIO (12)  コマンド

271

14.2.4

  PLAY AUDIO MSF コマンド

271

14.2.5

  PLAY AUDIO TRACK INDEX コマンド

272

14.2.6

  PLAY AUDIO TRACK RELATIVE (10)  コマンド

273

14.2.7

  PLAY AUDIO TRACK RELATIVE (12)  コマンド

274

14.2.8

  READ CD-ROM CAPACITY コマンド

274

14.2.9

  READ HEADER コマンド

275

14.2.10

  READ SUB-CHANNEL コマンド

276

14.2.10.1

  サブチャネル Q データ

278

14.2.10.2

  CD-ROM 現在位置データ形式

280

14.2.10.3

  媒体カタログ番号データ形式

280

14.2.10.4

  国際標準レコーディングコードトラックのデータ形式

281

14.2.11

  READ TOC コマンド

281

14.3

  CD-ROM 装置用パラメタ

282

14.3.1

  診断パラメタ

282

14.3.2

  ログパラメタ

283

14.3.3

  モードパラメタ

283

14.3.3.1

  CD-ROM オーディオ制御パラメタ

284

14.3.3.2

  CD-ROM 装置パラメタ

286

14.3.3.3

  読取り誤り回復パラメタ

287

14.3.3.4

  検証誤り回復パラメタ

291

14.4

  CD-ROM 装置の用語の定義

291

15.

  スキャナ装置

294

15.1

  スキャナ装置のモデル

294

15.2

  スキャナ装置用のコマンド

295

15.2.1

  GET DATA BUFFER STATUS コマンド

296

15.2.2

  GET WINDOW コマンド

297

15.2.3

  OBJECT POSITION コマンド

300

15.2.4

  READ コマンド

302

15.2.5

  SCAN コマンド

303

15.2.6

  SEND コマンド

303

15.2.7

  SET WINDOW コマンド

304

15.3

  スキャナ装置用のパラメタ

304

15.3.1

  診断パラメタ

304

15.3.2

  ログパラメタ

305

15.3.3

  モードパラメタ

305

15.3.3.1

  単位ページ

306

15.4

  スキャナ装置の用語の定義

306

16.

  光記憶装置

307

16.1

  光記憶装置のモデル

307


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(14) 

16.1.1

  欠陥管理

308

16.1.2

  誤り報告

308

16.2

  光記憶装置用のコマンド

309

16.2.1

  ERASE (10)  コマンド

310

16.2.2

  ERASE (12)  コマンド

311

16.2.3

  MEDIUM SCAN コマンド

311

16.2.4

  READ (12)  コマンド

313

16.2.6

  READ GENERATION コマンド

314

16.2.7

  READ UPDATED BLOCK (10)  コマンド

315

16.2.8

  SEARCH DATA (12)  コマンド群

316

16.2.9

  SET LIMITS (12)  コマンド

316

16.2.10

  UPDATE BLOCK コマンド

317

16.2.11

  VERIFY (10)  コマンド

318

16.2.12

  VERIFY (12)  コマンド

318

16.2.13

  WRITE (10)  コマンド

319

16.2.14

  WRITE (12)  コマンド

320

16.2.15

  WRITE AND VERIFY (10)  コマンド

320

16.2.16

  WRITE AND VERIFY (12)  コマンド

321

16.3

  光記憶装置用パラメタ

321

16.3.1

  診断パラメタ

321

16.3.2

  ログパラメタ

321

16.3.3

  モードパラメタ

322

16.3.3.1

  光記憶装置ページ

324

16.4

  光記憶装置に関する用語の定義

324

17.

  媒体交換装置

325

17.1

  媒体交換装置のモデル

325

17.1.1

  媒体交換機構

325

17.1.1.1

  媒体搬送機構

326

17.1.1.2

  格納機構

326

17.1.1.3

  投入排出機構

326

17.1.1.4

  データ転送機構

326

17.1.2

  媒体交換装置の SCSI アドレスの割当て

327

17.1.3

  媒体交換装置を使用したデータアクセス操作

327

17.1.4

  機構の状態の保存要件

327

17.1.5

  ボリュームタグ

327

17.1.5.1

  ボリュームタグ形式

328

17.1.5.2

  一次及び二次ボリュームタグ情報

328

17.2

  媒体交換装置用のコマンド

328

17.2.1

  EXCHANGE MEDIUM コマンド

329

17.2.2

  INITIALIZE ELEMENT コマンド

330


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(15) 

17.2.3

  MOVE MEDIUM コマンド

330

17.2.4

  POSITION ELEMENT コマンド

331

17.2.5

  READ ELEMENT STATUS コマンド

332

17.2.5.1

  機構状態情報データ

333

17.2.5.2

  機構状態情報ページ

334

17.2.5.3

  媒体搬送機構記述子

335

17.2.5.4

  格納機構記述子

337

17.2.5.5

  投入排出機構記述子

337

17.2.5.6

  データ転送機構記述子

338

17.2.6

  REQUEST VOLUME ELEMENT ADDRESS コマンド

339

17.2.7

  RELEASE コマンド

341

17.2.7.1

  論理ユニット開放機能

341

17.2.7.2

  機構開放機能(任意機能)

341

17.2.7.3

  第三者開放機能

342

17.2.8

  RESERVE コマンド

342

17.2.8.1

  論理ユニット予約機能

342

17.2.8.2

  機構予約機能(任意機能)

342

17.2.8.3

  第三者予約機能

343

17.2.8.4

  置換え予約機能

344

17.2.9

  SEND VOLUME TAG コマンド

344

17.3

  媒体交換装置用のパラメタ

346

17.3.1

  診断パラメタ

346

17.3.2

  ログパラメタ

346

17.3.3

  モードパラメタ

346

17.3.3.1

  装置能力ページ

347

17.3.3.2

  機構アドレス割付けページ

348

17.3.3.3

  搬送機構パラメタページ

349

17.4

  媒体交換装置の用語の定義

350

18.

  通信装置

350

18.1

  通信装置のモデル

350

18.1.1

  実装例

351

18.1.1.1

  ホスト対ホストの通信

351

18.1.1.2

  ホスト対通信装置の通信

352

18.1.1.3

  複数の役割による通信

352

18.2

  通信装置用のコマンド

352

18.2.1

  GET MESSAGE (06)  コマンド

353

18.2.2

  GET MESSAGE (10)  コマンド

353

18.2.3

  GET MESSAGE (12)  コマンド

353

18.2.4

  SEND MESSAGE (06)  コマンド

354

18.2.5

  SEND MESSAGE (10)  コマンド

354


X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

目次

(16) 

18.2.6

  SEND MESSAGE (12)  コマンド

355

18.3

  通信装置用のパラメタ

355

18.3.1

  診断パラメタ

355

18.3.2

  ログパラメタ

355

18.3.3

  モードパラメタ

356

18.4

  通信装置の用語の定義

356

附属書 A(参考)  SCSI における信号の順序の例

357

附属書 B(参考)  高速同期データ転送の場合の遅延時間

361

附属書 C(参考)  SCSI に関するその他の標準化状況

363

附属書 D(参考)  コード一覧表

364

附属書 E(参考)  製造者識別コード

386

参考 1  典型的なバスフェーズ順序の一例

390

参考 2  SCSI の動作

392

参考 3  関連する規格

396

参考 4  SCSI-1 及び SCSI-2 のコマンドセットの比較

400


日本工業規格

JIS

 X

6053

-1996

(I

9316

: 1995

)

小形計算機システムインタフェース-2

(SCSI-2)

Small Computer System Interface-2

序文  この規格は,1995 年第 2 版として発行された ISO/IEC 9316 (Information technology−Small Computer

System Interface-2) : 1995

を基に,技術的内容及び規格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格

である。

なお,この規格で点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,小形計算機において,周辺装置を接続するために用いる入出力インタフェー

ス(以下,SCSI-2 という。

)の電気的特性及び機械的特性並びに一般的に利用される周辺装置に対するコ

マンドセットについて規定する。この規格は,JIS X 6051[小形計算機システムインタフェース (SCSI)]

-1990

の仕様を拡張する。

この規格は,JIS X 6051(以下,SCSI-1 という。

)の拡張版である。この規格は,SCSI-1 の仕様を基本

的に包含しており,更に,SCSI-1 装置及び SCSI-2 装置の混在システムについても考慮している。SCSI-1

と SCSI-2 とを区別する必要のない場合は,総称して SCSI という。

参考  国際規格では,この規格の発行によって,SCSI-1 規格  (ISO/IEC 9316 : 1989)  を廃止している。

日本では,SCSI-1 製品が広く利用されており,SCSI-1 規格  (JIS X 6051)  の需要が高いため,

JIS

では SCSI-1 規格の廃止を見合わせている。

2.

引用規格  引用規格は,次による。

ISO/IEC 8482 : 1993 Information technology

−Telecommunications and information exchange between

systems

−Twisted pair multipoint interconnections

ISO/IEC 10149 : 1995 Information technology

−Data interchange on read-only120mm optical data disks

(CD-ROM)

ISO/IEC DIS 10222 Information processing system

−Enhanced Small Device Interface

IEC 908 : 1987 Compact disc digital audio system

備考  JIS S 8605  (コンパクトディスクディジタルオーディオシステム)-1993 が,この国際規格

と一致している。

参考  原国際規格の引用規格には記載されていないが,この規格に関連する規格の一覧表を参考 

示す。

3.

用語の定義及び略号


2

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

3.1

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次のとおりとする。

3.1.1

実行中入出力プロセス  (active I/O process)    実行中のプロセス(待ち行列中のプロセスを除く。)。

3.1.2

バイト (byte)    8 ビットバイト。

3.1.3

コマンド記述ブロック  (command descriptor block, CDB)    イニシエータからターゲットに操作要

求を伝えるためのコマンド情報の形式。

3.1.4

コマンド待ち行列  (command queue)    入出力プロセスのための待ち行列。この中に入出力プロセ

スを記憶する(7.8 参照)

3.1.5

接続する  (connect)    結合を確立するためにターゲットを選択し,入出力プロセスを開始させるイ

ニシエータの動作。接続動作によって初期接続を行う。

3.1.6

接続  (connection)    初期接続又は再接続。接続は,1 台のイニシエータと 1 台のターゲットとの間

でだけ可能とする。

3.1.7

接点  (contact)    ケーブル中の 1 本の導体に対応するコネクタの電気的接点部分。

3.1.8

誤り情報保持状態  (contingent allegiance, CA)    CHECK CONDITION 状態によって生成され,ター

ゲットがそのセンスデータを保持している状態(7.6 参照)

3.1.9

接続中入出力プロセス  (current I/O process)    SCSI バスに接続中の入出力プロセス。

3.1.10

切断  (disconnect)    BUS FREE フェーズに移ることを許すために,装置(ターゲット)が SCSI

バスの制御を開放したときに起こる動作。

3.1.11

拡張誤り情報保持状態  (extended contingent allegiance, ECA)    複数イニシエータシステムにおいて,

拡張誤り回復手続きを補助するために INITIATE RECOVERY メッセージによって生成される状態(7.7 

照)

3.1.12

フィールド  (field)    1 ビット又は連続したビット群。

3.1.13

ホストアダプタ (host adapter)    ホストシステムと SCSI バスとの間にある装置。この装置は,SCSI

の下位層のプロトコルとして働き,通常,イニシエータの役割を受け持つ。この機能は,ホストシステム

内部に組み込んでもよい。

3.1.14

初期接続  (initial connection)    接続動作の結果。初期接続は,SELECTION フェーズで BUSY を真

にしてから次の BUS FREE フェーズに入るまで継続する。

3.1.15

イニシエータ,起動装置 (initiator)    他の SCSI 装置(ターゲット)に入出力プロセスの操作の実

行を指示する SCSI 装置。

3.1.16

無効  (invalid)    (保留などによって)使用してはならない又は組み込まれていないフィールド又

はコード値。

3.1.17

入出力プロセス (I/O process)    一つのコマンド又はリンクされたコマンド群に関連する 1 回の初

期接続及び 0 回以上の再接続からなるプロセス。正確には,接続は,0 個以上のコマンド記述ブロックで

転送された一つの結合に属する。入出力プロセスは,結合の確立から始まる。入出力プロセスは,通常,

COMMAND COMPLETE

メッセージ又は RELEASE RECOVERY メッセージが正常に転送された後の BUS

FREE

フェーズで終了する。入出力プロセスは,ABORT,ABORT TAG,BUS DEVICE RESET 若しくは

CLEAR QUEUE

のメッセージの受信,ハードリセット状態又は予定外切断の後の BUS FREE フェーズでも

終了する。

3.1.18  I_T

結合  (I_T nexus)    イニシエータとターゲットとの間の結合。

3.1.19  I_T_L

結合  (I_T_L nexus)    イニシエータ,ターゲット及び論理ユニットの間における結合。この

関係は,先行する I_T 結合を置き換える。


3

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

3.1.20  I_T_R

結合  (I_T_R nexus)    イニシエータ,ターゲット及びターゲットルーチンの間における結合。

この関係は,先行する I_T 結合を置き換える。

3.1.21  I_T_x

結合  (I_T_x nexus)    I_T_L 結合及び I_T_R 結合の総称。

3.1.22  I_T_L_Q

結合  (I_T_L_Q nexus)    待ち行列タグメッセージを受信した後のイニシエータ,ターゲ

ット,論理ユニット及び待ち行列タグの間の結合。この関係は,先行する I_T_L 結合を置き換える。

3.1.23  I_T_x_y

結合  (I_T_x_y nexus)    I_T_x 結合及び I_T_L_Q 結合の総称。

3.1.24

論理ブロック (logical block)    イニシエータから供給され,又はイニシエータが要求するデータの

単位。

3.1.25

論理ユニット  (logical unit)    ターゲットを通じてアドレス指定可能な物理的又は仮想的な装置。

3.1.26

論理ユニット番号 (logical unit number, LUN)    論理ユニットを識別するための 3 ビットで符号化

された識別子。

3.1.27

必す(須)  (mandatory)    この規格に適合するために備えなければならない項目。

3.1.28

結合  (nexus)    初期接続から始まって,入出力プロセスが終了するまでの間の関係。この関係は,

IDENTIFY

メッセージで指定された一つの論理ユニット又は一つのターゲットルーチンだけに限定しても

よい。さらに,待ち行列タグメッセージを転送することによって限定してもよい。

3.1.29  (one) 

  信号の真又は状態の真を表す値。

3.1.30

任意  (optional)    この規格に適合するためには備えなくてもよい項目。任意とされている項目を組

み込む場合は,この規格の規定に従わなければならない。

3.1.31

ページ  (page)    一部のコマンドで使用するパラメタ構造。ページは,ページコードで識別する。

3.1.32

周辺装置 (peripheral device)    SCSI バスに接続する SCSI 装置に接続可能な物理的周辺機器(例え

ば,磁気ディスク装置,磁気テープ装置,印字装置,光ディスク装置など)

。周辺装置と SCSI 装置(入出

力制御装置)とが一体化していてもよい。通常,周辺装置と SCSI 装置とを 1 対 1 に対応させるが,これ

は必す(須)条件ではない。

3.1.33

待ち行列タグ  (queue tag)    論理ユニットの待ち行列に入っている同一イニシエータからの入出力

プロセスを一意に識別するために,入出力プロセスに付ける値。

3.1.34

待ち行列入出力プロセス  (queued I/O process)    コマンド待ち行列に入っている入出力プロセス。

3.1.35

再接続する (reconnect)    入出力プロセスを継続するために結合を復活する動作。ターゲットは,

バスの使用権を獲得した後で,RESELECTION フェーズ及び MESSAGE フェーズを用いて,イニシエータ

を再接続する。イニシエータは,SELECTION フェーズ及び MESSAGE フェーズを用いて,ターゲットを

再接続する。

3.1.36

再接続 (reconnection)    再接続動作の結果。再接続は,RESELECTION フェーズで BUSY を真にし

てから次の BUS FREE フェーズに入るまで継続する。

3.1.37

保留 (reserved)   将来の標準化のために,使用が許されていないビット,フィールド及びコード値。

3.1.38  SCSI

アドレス (SCSI address)   SCSI 装置に割り当てた固有アドレス (0∼7)  の 8 進表現。このア

ドレスは,通常,システム設定時に割り当てられる。

3.1.39  SCSI ID (SCSI ID) 

  データバスの 8 本の信号線を用いた,ビット指定による SCSI アドレス。

3.1.40  SCSI

装置  (SCSI device)    SCSI バスに接続可能なホストアダプタ(イニシエータ)及び周辺制御

装置(ターゲット)

3.1.41

信号を真にすること  (signal assertion)    真の状態に信号を駆動すること。単に真にすることともい

う。


4

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

3.1.42

信号を偽にすること (signal negation)   偽の状態に信号を駆動すること又は終端電源にバイアス

して

(駆動回路の出力を高インピーダンス状態にして)

偽の状態にすること。

単に偽にすることともいう。

3.1.43

信号の開放 (signal release)    終端電源にバイアスして(駆動回路の出力を高インピーダンス状態に

して)

,偽の状態にすること。単に開放ともいう。

3.1.44

状態バイト (status)    コマンドが終了したときに,ターゲットからイニシエータに転送される 1 バ

イトの状態情報。

3.1.45

ターゲット,実行装置  (target)    イニシエータから指示された操作を実行する SCSI 装置。

3.1.46

ターゲットルーチン (target routine)    論理ユニットに対してではなく,ターゲットに指示される入

出力プロセスの一種(6.6.7 参照)

3.1.47

第三者  (third party)    COPY コマンドの場合は,自分以外の二つの装置の間で行うコピーのための

COPY

コマンドを受け取って,

これを管理する装置。

RESERVE

コマンド又は RELEASE コマンドの場合は,

他の装置に代わって予約を行う装置(例えば,処理装置が,直接アクセス装置の排他的使用のために順次

アクセス装置を予約すること)

3.1.48

予定外切断 (unexpected disconnect)    例外状態の結果として発生する切断(6.1.1 参照)。

3.1.49

製造者指定  (vendor specific)    この規格で規定せず,製造者が定義して使用してもよいビット,フ

ィールド,コード値,機能など。

3.1.50  (zero) 

  偽の信号又は偽の状態を表す値。

3.2

略号  この規格で使用する略号は,次のとおりとする。

(1)  AEN (asyncronous event notification) 

  非同期事象通知(7.5.5 参照)

(2)  AWG (american wire guage) 

  アメリカ式針金ゲージ

(3)  LSB (least significant bit) 

  最下位ビット

(4)  LUN (logical unit number) 

  論理ユニット番号

(5)  MSB (most significant bit) 

  最上位ビット

(6)  SCSI 

  SCSI-1 及び SCSI-2 の総称

(7)  SCSI-1 

  Small Computer System Interface (JIS X 9316-1990)  

(8)  SCSI-2 

  Small Computer System Interface(この規格)

4.

総論

4.1

概説  SCSI は,広範囲の転送速度に適用することができる入出力インタフェースである。このイン

タフェースは,一つの種別に属する装置を区別せずにホスト計算機に接続できるようにすることを第 1 の

目的とする。したがって,装置種別に共通なハードウェア及びソフトウェアを変更することなく,種々の

ディスク装置,テープ装置,印書装置,光媒体装置,その他の装置をホスト計算機に接続できる。特殊な

機構及び機能には,製造者指定のフィールド及びコードを使うことができる。保留とされているフィール

ド及びコードは,将来の標準化に備える。

SCSI-2

は,パリティ機能を備え,水準 2 に適合する SCSI-1 装置との適合性をもたせることを第 2 の目

的とする。以前,製造者固有であったコマンド及びパラメタの幾つかは,この SCSI-2 の規格で定義した。

一方,SCSI-1 及び SCSI-2 の規格に適合する装置は,一つのバス上に共存できる。これは,両方のコマン

ドセットを扱えるオペレーティングシステムが SCSI-1 及び SCSI-2 の装置の混在する環境で使用できるよ

うにすることを意図している。SCSI-1 に適合する装置は,イニシエータ及びターゲットとも,SCSI-2 で拡

張されたプロトコルを受入れ可能な方法で拒否応答する。SCSI-2 で拡張されたプロトコルは,このような


5

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

拒否を許容し,SCSI-1 装置が拡張を使わずに操作が継続できるようにしている。

SCSI-2

の第 3 の目的は,SCSI-2 装置の装置固有の知識がなくてもよいようにすることとする。コマンド

セットの定義は,精巧なオペレーティングシステムが附属している SCSI-2 装置から,必要な初期化情報を

得られるようにする。形式化された要求手順で,接続されている SCSI-2 装置の種別,特性及び可変パラメ

タを識別する。さらに,装置の操作準備状態,使用可能な媒体の種類,その他のシステム情報を要求でき

る。オペレーティングシステムの操作,初期化又はシステム調整に必要でないパラメタは,SCSI-2 インタ

フェースに影響せず,SCSI-2 装置自身によって管理される。

このインタフェースは,データブロックに対して,物理アドレスよりも論理アドレスを用いる。直接ア

クセス装置の場合,論理装置にそれぞれの記憶可能ブロック数を問い合わせてもよい。論理装置は,周辺

装置の全体であっても,一部であってもよい。

このインタフェースのプロトコルは,複数のイニシエータ(操作を起動する SCSI 装置)及び複数のタ

ーゲット(操作実行要求に応じる SCSI 装置)を接続できる機能をもつ。分散アービトレーション(すな

わち,バス競合論理)が SCSI アーキテクチャに組み込まれている。アービトレーション(調停)システ

ムは,競合する装置の中で最高優先順位をもつ SCSI 装置にバスの制御権を与える。アービトレーション

は,競合する装置の数に関係なく,10

µs 以下で完了することができる。

電気的には,シングルエンド形又は差動形のいずれかを選択使用できる。シングルエンド形の装置と差

動形装置とは接続ができず,同じ物理バス上に両者を混在させることができない。

差動形の送信器及び受信器を使用する場合,25m までのケーブルが使用できる。シングルエンド形の送

信器及び受信器の構成は,キャビネット内部の接続を意図したものであって,ケーブル長は,6m までと

する。

アービトレーション(調停)機能は,複数のイニシエータの接続を可能にし,入出力操作の並列運転を

可能にする。すべての SCSI 装置は,規定されている非同期転送プロトコルで操作できなければならない。

さらに,付加機能として,同期転送プロトコルを規定する。インタフェースを制御するメッセージプロト

コルも規定する。多くの場合,メッセージは,ホスト計算機のソフトウェアに直接現れることはない。

コマンドは,必す(須)

,任意及び製造者指定に分類される。SCSI 装置は,それぞれの装置種別で必す

(須)とされているコマンドを組み込まなければならず,その他のコマンドを組み込んでもよい。SCSI

装置は,特定の周辺装置の性質に関する知識(例えば,記憶容量)を事前に知ることなく,必要な属性を

見つける自己構成ソフトウェアドライバの書込みを助けるためのコマンド群をもつ。多くのコマンドは大

きい論理ブロックアドレス空間(2

32

ブロック)をもつが,一部のコマンドは小さい論理ブロックアドレス

空間(2

21

ブロック)をもつ。8.及び装置種別に関する 9.18.は,少なくとも四つの箇条からなる。最初の

箇条は,装置種別のモデルを示す。モデルは,装置種別のコマンドを解釈する骨組みを確定する。第 2 の

箇条では,その装置種別で使用するコマンドを定義する。第 3 の箇条では,その装置種別で使用するパラ

メタを定義する。パラメタには,診断パラメタ,ログパラメタ,モードパラメタ及び重要な製造パラメタ

があり,適切なコマンドの一部として送られる。大部分のパラメタは,ページの形に書式化されている。

最後の箇条は,その装置種別に固有な用語の定義を示す。

9.

以降では,コマンドは,その装置種別に固有なもの,又はその装置種別に特有の解釈,フィールド若

しくは機能をもつものを示す。例えば,WRITE コマンドは,各種の装置種別で使用されるが,種別によっ

て形式が一部異なり,パラメタ及び意味が異なる。したがって,このようなコマンドは,各装置種別ごと

に定義する。


6

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

4.2

記法  この規格では,信号,フェーズ,状態,メッセージ,状態バイト,センスキー,追加センス

コード及び追加センスコード限定子の名称は,すべて英大文字で示す(例えば,REQUEST コマンド)

1

ビットだけのフィールドは,“…”  フィールドという代わりに  “…”  ビットという。

“b”

又は “h” の付いていない数字は,10 進数を示す。

“b”

の付いた数字 (xxb) は,2 進数を示す。

“h”

の付いた数字 (xxh) は,16 進数を示す。

5.

物理的特性  ここでは,SCSI-2 のコネクタ,ケーブル,信号,バスタイミング,終端回路などの物理

的特性を規定する。

5.1

物理的構成  SCSI 装置は,50 心の A ケーブル及び 68 心の B ケーブル(任意機能)を用いて,デー

ジチェーン方式で相互に接続する。各ケーブルの両端は,終端回路に接続する。A ケーブルの信号は,す

べての SCSI 装置で共通に用いる。任意機能として複数バイト幅データ転送機能を組み込む SCSI 装置は,

B

ケーブルを追加して使用する。データ幅の異なる SCSI 装置を混在させてもよい。

参考  ISO/IEC JTC1 では,16 ビット幅及び 32 ビット幅のデータ転送機能を 1 本のケーブルで行うこ

とを検討している。

駆動回路及び受信回路は,次の 2 種類とし,いずれかを選択して使用する。

(a)

シングルエンド形の駆動回路及び受信回路  主として,キャビネット内部での接続に使用し,使用

するケーブル長は,6m 以下とする。

(b)

差動形の駆動回路及び受信回路  使用するケーブル長は,25m 以下とする。

一つの物理的バス中で,シングルエンド形と差動形とを混在させてはならない。

備考  シングルエンド形の駆動回路及び受信回路は,高速同期データ転送機能を組み込む場合,使用

しないほうがよい。

5.2

ケーブルの特性  SCSI 装置に使用するケーブルの特性インピーダンスは,90

Ω以上で,かつ 140Ω以

下とする。高速データ同期転送に用いるケーブルは,5.2.3 による。

備考  シングルエンド形の場合,90

Ω未満の特性インピーダンスをもつケーブルでも動作可能である。

しかし,特性インピーダンスが 90

Ω以上のケーブルを使用するほうが,シングルエンド形で構

成するシステムの完全性が高くなる。システムの完全性に関して,特性インピーダンス以外に

も重要なケーブル特性があり,SCSI 規格の次の改正に備えて,これらの特性の検討が行われて

いる。

信号の雑音を最小限にするため及び終端電源の分配のために,ケーブルのそれぞれの導体の断面積は,

0.080 42mm

2

 (28AWG)

以上*とする。終端電源用を除いて,信号線には,より細い線を使用してもよい。

*

国によって,法規,法令などで,断面積の更に大きい導体が要求されることがある。

備考1.  不連続性及び信号の反射を最小限にするために,特性インピーダンスの異なるケーブルを同

一バスで使用してはならない。ケーブルの選定に当たっては,シールド効果,長さ,負荷の

数,転送速度などを考慮して決定してよい。

2.

フラットケーブルを使用する場合,局所的なインピーダンス変化によって生ずる不連続性を

避けるために,ケーブルを,他のケーブル又は導体から 1.27mm 以上離すことが望ましい。

フラットケーブルを折り曲げて使用する場合も,折り曲げたケーブルどうしの間隔を,同様

に 1.27mm 以上離すことが望ましい。


7

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.2.1

シングルエンド用ケーブル  A ケーブルとして,50 心のフラットケーブル又は 25 対のより線対ケ

ーブルを使用する。任意機能の複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合,B ケーブルとして,68 心の

フラットケーブル又は 34 対のより線対ケーブルを追加して使用する。

ケーブルの長さは,

6m

以下とする。

より線対ケーブルを使用する場合は,対の一方をコネクタの信号側接点に,

他方を接地側接点に接続する。

装置内の接続箇所から内部回路までの引込み線の長さは,0.1m 以下とする。

備考  複数の装置の引込み線のコネクタを集中することは避けたほうがよい。引込み線のコネクタの

位置は,相互に 0.3m 以上離すことが望ましい。

ケーブルの両端には,終端回路を接続する。終端回路は,ケーブルの最終端に接続する装置内に設置し

てもよい。

5.2.2

差動用ケーブル  A ケーブルとして,50 心のフラットケーブル又は 25 対のより線対ケーブルを使

用する。任意機能の複数バイト幅データ転送を組み込む場合,B ケーブルとして,68 心のフラットケーブ

ル又は 34 対のより線対ケーブルを追加して使用する。ケーブルの長さは,25m 以下とする。より線対ケ

ーブルを使用する場合は,対の一方をコネクタの+信号接点に,他方を−信号接点に接続する。

装置内の接続箇所から内部回路までの引込み線の長さは,0.2m 以下とする。

ケーブルの両端には,終端回路を接続する。終端回路は,ケーブルの最終端に接続する装置内に設置し

てもよい。

備考  できるかぎり,より線対ケーブル(より線対フラットケーブル又は個別より線対ケーブル)を

使用することが望ましい。より線対を使用しない場合は,低速転送で,かつ近距離であっても,

隣接信号線間の漏話が見かけ上の雑音となることがある。

5.2.3

高速同期データ転送用ケーブル  任意機能の高速同期データ転送(5.8 参照)を組み込む場合,A

ケーブル及び B ケーブルの導体は,5.2 で規定する断面積をもたなければならない。ケーブルは,シール

ドコネクタ内での終端処理に適するように全面シールドされていることが望ましい。

高速データ同期転送機能を組み込むシステムで使用するケーブルの特性は,次のとおりとする。

特性インピーダンス  : 90∼132

信号減衰

: 5MHz で,0.095db/m 以下

信号間の伝搬遅延差  : 0.20ns/m 以下

直流抵抗

: 20℃で,0.230

Ω/m 以下

5.3

コネクタ  ここでは,非シールドコネクタ及びシールドコネクタを規定する。非シールドコネクタ

は,主として,キャビネット内部での接続に使用し,シールドコネクタは,主として,電磁障害 (EMC) 及

び静電障害 (ESD) に対する保護が必要なキャビネット外部との接続に使用する。非シールドコネクタ又

はシールドコネクタは,シングルエンド用又は差動用のいずれに使用してもよい。

5.3.1

非シールドコネクタ  A ケーブルに用いる非シールドコネクタ 2 種類及び B ケーブルに用いる非

シールドコネクタ 1 種類を規定する。

5.3.1.1

A

ケーブル用非シールドコネクタ(第 形式)  A ケーブル用第 1 形式の高密度非シールドコネ

クタ(装置側)は,接点の間隔が 1.27mm の 25 本 2 列の雌接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)と

する。図の非かみ合い部分は,参考とする。

A

ケーブル用第 1 形式の高密度非シールドコネクタ(ケーブル側)は,接点の間隔が 1.27mm の 25 本 2

列の雄接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。


8

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.3.1.2

A

ケーブル用非シールドコネクタ(第 形式)  A ケーブル用第 2 形式の低密度非シールドコネ

クタ(装置側)は,接点の間隔が 2.54mm の 25 本 2 列の雄接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)と

する。コネクタカバーを使用することが望ましい。図中の非かみ合い部分は,参考とする。

A

ケーブル用第 2 形式の低密度非シールドコネクタ(ケーブル側)は,接点の間隔が 2.54mm の 25 本 2

列の雌接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)とする。キー付きコネクタを使用することが望ましい。

図中の非かみ合い部分は,参考とする。

5.3.1.3

B

ケーブル用非シールドコネクタ  B ケーブル用高密度非シールドコネクタ(装置側)は,接点

の間隔が 1.27mm の 34 本 2 列の雌接点からなる 68 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い

部分は,参考とする。

B

ケーブル用高密度非シールドコネクタ(ケーブル側)は,接点の間隔が 1.27mm の 34 本 2 列の雄接点

からなる 68 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。


9

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 1  ケーブル用(第 形式)及び ケーブル用の非シールドコネクタ−装置側

単位 mm

記号 50 接点 68 接点

B1 34.70

46.13

B2

 5.54

 5.54

B3

 2.54

 2.54

B4

 1.27

 1.27

B5 30.48

41.91

B6

15

°

15

°

B7 1.00R

1.00R

B8 0.61

±0.05 0.61±0.05

B9 0.15

0.15

B10 0.86

±0.10 0.86±0.10

B11 0.15

0.15

B12 0.05

0.05

B13 5.00

±0.13 5.00±0.13

B14 1.75

以下 1.75 以下

接点 X 25X

34

接点 Y 26Y

35

接点 Z 50Z

68

備考 B8 及び B10 は,絶縁物の開口部を示す。この開口部に,雌接点(図には示していない。)が適合しなければな

らない。


10

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 2  ケーブル用(第 形式)及び ケーブル用の非シールドコネクタ−ケーブル側

単位 mm

記号 50 接点 68 接点

A1 34.85

46.28

A2

 5.69

 5.69

A3

 2.54

 2.54

A4

 1.27

 1.27

A5 30.48

41.91

A6

15

°

15

°

A7 1.04R

1.04R

A8 0.40

±0.010 0.40±0.010

A9 0.23

0.23

A10 0.61

±0.03 0.61±0.03

A11 0.23

0.23

A12 0.05

0.05

A13 5.16

±0.15 5.16±0.15

A14 4.39

以下 4.39 以下

A15 3.02

以上 3.02 以上

接点 X 25X

34

接点 Y 26Y

35

接点 Z 50Z

68


11

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 3  ケーブル用(第 形式)の非シールドコネクタ−装置側

単位 mm

記号

寸法

D1

2.54

D2 82.80

D3

2.54

D4

8.89

D5 72.64

D6 78.74

D7 13.94

D8 4.19

±0.25

D9

6.10

D10

6.60

(

1

) 2.54mm

間隔(全長60.96mm)で25本2列の接点。

備考  指示のない寸法許容差は,±0.127mm とし,累積しない。


12

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 4  ケーブル用(第 形式)の非シールドコネクタ−ケーブル側

単位 mm

記号

寸法

C1

2.54

C2 60.96

C3

2.54

C4

3.30

C5 32.38

C6 68.07

C7

6.10

C8 7.62

以下

(

1

) 1.27mm

の千鳥状間隔(全長60.23mm で50個の接点)

備考1.  指示のない寸法許容差は,±0.127mm とし,累積しない。

2.

コネクタカバー及びストレインレリーフの採用は,任意とする。

5.3.2

シールドコネクタ  A ケーブルに用いるシールドコネクタ 2 種類及び B ケーブルに用いるシール

ドコネクタ 1 種類を規定する。各シールドコネクタは,ケーブル終端で,そのシールドと終端 SCSI 装置

のキャビネットの金属部とを直流抵抗 10m

Ω以下で接続する。

デージチェーン接続をするために,各 SCSI 装置は,シールドコネクタ(装置側)を 2 個備える。2 個の

コネクタを,1 対 1 に配線して,これを引込み線で SCSI 装置の駆動回路及び受信回路に接続する。この場

合,引込み線の規定長を超えてはならない。場合によっては,それぞれのシールドコネクタから,引込み

線の規定長を超えない範囲で 2 本のケーブルによって駆動回路及び受信回路にそれぞれ接続してもよい。

キャビネット内のケーブル長は,SCSI バスのケーブル合計長に含める。

参考  JIS X 6051 の附属書 D(参考)(推奨シールドコネクタ)では,3 種類のシールドコネクタシス

テムが示されていたが,その第 1 形式は,シールド高密度コネクタに変更された。第 2 形式の

変更はない。EUROCARD ボックス方式は,削除された。


13

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.3.2.1

A

ケーブル用シールドコネクタ(第 形式)  A ケーブル用第 1 形式の高密度シールドコネクタ

(装置側)は,接点の間隔が 1.27mm の 25 本 2 列の雌接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)とする。

図中の非かみ合い部分は,参考とする。

A

ケーブル用第 1 形式の高密度シールドコネクタ(ケーブル側)は,接点の間隔が 1.27mm の 25 本 2 列

の雄接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。

5.3.2.2

A

ケーブル用シールドコネクタ(第 形式)  A ケーブル用第 2 形式の低密度シールドコネクタ

(装置側)は,25 本 2 列のリボンケーブル用で,かつ間隔が 2.16mm の接点からなる 50 接点コネクタ(

7

参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。

A

ケーブル用第 2 形式の低密度シールドコネクタ(ケーブル側)は,間隔が 2.16mm の 25 本 2 列のリボ

ンケーブル用接点からなる 50 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。

5.3.2.3

B

ケーブル用シールドコネクタ  B ケーブル用高密度シールドコネクタ(装置側)は,接点の間

隔が 1.27mm の 34 本 2 列の雌接点からなる 68 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分

は,参考とする。

B

ケーブル用高密度シールドコネクタ(ケーブル側)は,接点の間隔が 1.27mm の 34 本 2 列の雄接点か

らなる 68 接点コネクタ(

図 参照)とする。図中の非かみ合い部分は,参考とする。


14

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 5  ケーブル用(第 形式)及び ケーブル用のシールドコネクタ−装置側

単位 mm

記号 50 接点 68 接点

B1 34.70  46.13

B2

 5.54

 5.54

B3

 2.54

 2.54

B4

 1.27

 1.27

B5 30.48  41.91

B6

15

°

15

°

B7 1.00R 1.00R

B8 0.61

±0.05 0.61±0.05

B9 0.15  0.15

B10 0.86

±0.10 0.86±0.10

B11 0.15  0.15

B12 0.05  0.05

B13 5.10

±0.05 5.10±0.05

B14 5.00

±0.13 5.00±0.13

B15 1.85

以下 1.85 以下

B16 1.50

±0.03 1.50±0.03

B17 42.29

±0.10 53.72±0.10

接点 X 25X

34

接点 Y 26Y

35

接点 Z 50Z

68

備考 B8 及び B10 は,絶縁物の開口部を示す。この開口部に,雌接点(図には示していない。)が適合しなければな

らない。


15

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 6  ケーブル用(第 形式)及び ケーブル用のシールドコネクタ‐ケーブル側

単位 mm

記号 50 接点 68 接点

A1 34.85  46.28

A2

 5.69

 5.69

A3

 2.54

 2.54

A4

 1.27

 1.27

A5 30.48  41.91

A6

15

°

15

°

A7 1.04R  1.04R

A8 0.40

±0.010 0.40±0010

A9 0.23  0.23

A10 0.61

±0.03 0.61±0.03

A11 0.23  0.23

A12 0.05

0.05

A13 4.90

±0.10 4.90±0.10

A14 4.27

以下 4.27 以下

A15 2.64

以上 2.64 以上

A16 0.25

±0.13 0.25±0.13

接点 X 25X

34

接点 Y 26Y

35

接点 Z 50Z

68


16

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 7  ケーブル用(第 形式)のシールドコネクタ−装置側

(

1

)

この寸法は,4-40又は6-32のねじに適合する。

(

2

)

この寸法は,参考値とする。

備考  指示のない寸法許容差は,±0.127mm とし,累積しない。


17

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 8  ケーブル用(第 形式)のシールドコネクタ‐ケーブル側 

(

1

)

この寸法は,参考値とする。

備考  指示のない寸法許容差は,±0.127mm とし,累積しない。

5.3.3

コネクタの接点割当て  コネクタの接点割当てを表 1に示す。表 は,表 2の使用法及び接

点配列形式を表す。


18

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 1  コネクタ接点割当ての関係

コネクタの形式

駆動回路及び受信回
路の形式

ケーブル コネクタの形状図 接点配列表  接点配列

形式

非シールド第 1 形式

シングルエンド A

図 及び図 2

表 2 2

非シールド第 1 形式

シングルエンド B

図 及び図 2

表 3

非シールド第 1 形式

差動 A

図 及び図 2

表 4 2

非シールド第 1 形式

差動 B

図 及び図 2

表 5

非シールド第 2 形式

シングルエンド A

図 及び図 4

表 2 1

非シールド第 2 形式

差動 A

図 及び図 4

表 4 1

シールド第 1 形式

シングルエンド A

図 及び図 6

表 2 2

シールド第 1 形式

シングルエンド B

図 及び図 6

表 3

シールド第 1 形式

差動 A

図 及び図 6

表 4 2

シールド第 1 形式

差動 B

図 及び図 6

表 5

シールド第 2 形式

シングルエンド A

図 及び図 8

表 2 2

シールド第 2 形式

差動 A

図 及び図 8

表 4 2

表 2  シングルエンド ケーブル用コネクタの接点割当て

接点番号

接点番号

信号名

第 2 形式

第 1 形式

ケーブル導体番号

第 1 形式

第 2 形式

信号名

接地

1 1 1 2 2 26

−DB (0)

接地

2 3 3 4 4 27

−DB (1)

接地

3 5 5 6 6 28

−DB (2)

接地

4 7 7 8 8 29

−DB (3)

接地 5  9  9  10  10  30

−DB (4)

接地 6  11 11 12 12 31

−DB (5)

接地 7  13 13 14 14 32

−DB (6)

接地 8  15 15 16 16 33

−DB (7)

接地 9  17 17 18 18 34

−DB (P)

接地

10 19 19 20 20 35

接地

接地 11 21 21 22 22 36

接地

保留

12 23 23 24 24 37

保留

開放

13 25 25 26 26 38

TERMPWR

保留

14 27 27 28 28 39

保留

接地

15 29 29 30 30 40

接地

接地

16 31 31 32 32 41

−ATN

接地

17 33 33 34 34 42

接地

接地

18 35 35 36 36 43

−BSY

接地

19 37 37 38 38 44

−ACK

接地

20 39 39 40 40 45

−RST

接地

21 41 41 42 42 46

−MSG

接地

22 43 43 44 44 47

−SEL

接地

23 45 45 46 46 48

−C/D

接地

24 47 47 48 48 49

−REQ

接地

25 49 49 50 50 50

−I/0

備考1.  信号の  “−”  印は,その信号が0.0∼0.4V DC のとき,真となることを示す。

2.

ケーブルの導体番号は,導体中心間 1.27mm のフラットリボンケーブル及び低密度コネクタ
を用いた場合,又は導体中心間 0.635mm のフラットリボンケーブル及び高密度コネクタを用

いた場合の導体番号を示す。この表と同じ接点割当てが可能ならば,他の形式のケーブルを
使用してもよい。

3.

接点番号配列形式は,コネクタ(

表 参照)による。

4.

保留とされている信号の扱いは,5.4.4 による。


19

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 3  シングルエンド ケーブル用コネクタの接点割当て

信号名

接点番号

ケーブル

接点番号

信号名

接地 1

1

2

35

接地

接地 2

3

4

36

−DB (8)

接地 3

5

6

37

−DB (9)

接地 4

7

8

38

−DB (10)

接地 5

9

10

39

−DB (11)

接地 6

11

12

40

−DB (12)

接地 7

13

14

41

−DB (13)

接地 8

15

16

42

−DB (14)

接地 9

17

18

43

−DB (15)

接地

10 19

20 44

−DB (P1)

接地 11

21

22

45

−ACKB

接地

12 23

24 46

接地

接地

13 25

26 47

−REQB

接地

14 27

28 48

−DB (16)

接地

15 29

30 49

−DB (17)

接地

16 31

32 50

−DB (18)

TERMPWRB  17 33

34 51 TERMPWRB

TERMPWRB  18 35

36 52 TERMPWRB

接地

19 37

38 53

−DB (19)

接地

20 39

40 54

−DB (20)

接地

21 41

42 55

−DB (21)

接地

22 43

44 56

−DB (22)

接地

23 45

46 57

−DB (23)

接地

24 47

48 58

−DB (P2)

接地

25 49

50 59

−DB (24)

接地

26 51

52 60

−DB (25)

接地

27 53

54 61

−DB (26)

接地

28 55

56 62

−DB (27)

接地

29 57

58 63

−DB (28)

接地

30 59

60 64

−DB (29)

接地

31 61

62 65

−DB (30)

接地

32 63

64 66

−DB (31)

接地

33 65

66 67

−DB (P3)

接地

34 67

68 68

接地

備考1.  信号の  “−”  印は,その信号が0.0∼0.4V DC のとき,真となることを示す。

2.

ケーブルの導体番号は,導体中心間 0.635mm のフラットリボンケーブル及び高密度コネクタを

用いた場合の導体番号を示す。この表と同じ接点割当てが可能ならば,他の形式のケーブルを
使用してもよい。

参考 16 ビット幅及び 32 ビット幅のデータ転送機能を 1 本のケーブルで行うことが検討されている。


20

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 4  差動 ケーブル用コネクタの接点割当て

接点番号

接点番号

信号名

第 2 形式

第 1 形式

ケーブル導体番号

第 1 形式

第 2 形式

信号名

接地

1 1 1 2 2 26

接地

+DB

(0)  2 3 3 4 4 27

−DB (0)

+DB

(1)  3 5 5 6 6 28

−DB (1)

+DB

(2)  4 7 7 8 8 29

−DB (2)

+DB (3)

5

9

9

10

10

30

−DB (3)

+DB

(4)  6  11 11 12 12 31

−DB (4)

+DB

(5)  7  13 13 14 14 32

−DB (5)

+DB

(6)  8  15 15 16 16 33

−DB (6)

+DB

(7)  9  17 17 18 18 34

−DB (7)

+DB

(P)  10 19 19 20 20 35

−DB (P)

DIFFSENS

11 21 21 22 22 36

接地

保留

12 23 23 24 24 37

保留

TERMPWR

13 25 25 26 26 38

TERMPWR

保留

14 27 27 28 28 39

保留

+ATN

15 29 29 30 30 40

−ATN

接地

16 31 31 32 32 41

接地

+BSY

17 33 33 34 34 42

−BSY

+ACK

18 35 35 36 36 43

−ACK

+RST

19 37 37 38 38 44

−RST

+MSG  20 39 39 40 40 45

−MSG

+SEL

21 41 41 42 42 46

−SEL

+C/D

22 43 43 44 44 47

−C/D

+REQ

23 45 45 46 46 48

−REQ

+I/O

24 47 47 48 48 49

−I/O

接地

25 49 49 50 50 50

接地

備考1.  ケーブルの導体番号は,導体中心間1.27mm のフラットリボンケーブル及び低密度コネクタを用いた

場合又は導体中心間0.635mm のフラットリボンケーブル及び高密度コネクタを用いた場合の導体番
号を示す。この表と同じ接点割当てが可能ならば,他の形式のケーブルを使用してもよい。

2.

接点番号配列形式は,コネクタ(

表 参照)による。

3.

保留とされている信号の扱いは,5.4.4 による。


21

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 5  差動 ケーブル用コネクタの接点割当て

信号名

接点番号

ケーブル

接点番号

信号名

接地 1

1

2

35

接地

+DB (8)

2

3

4

36

−DB (8)

+DB (9)

3

5

6

37

−DB (9)

+DB (10)

4

7

8

38

−DB (10)

+DB (11)

5

9

10

39

−DB (11)

+DB (12)

6

11

12

40

−DB (12)

+DB (13)

7

13

14

41

−DB (13)

+DB (14)

8

15

16

42

−DB (14)

+DB (15)

9

17

18

43

−DB (15)

+DB

(P1)

10 19

20 44

−DB (P1)

+ACKB 11

21

22

45

−ACKB

接地

12 23

24 46 DIFFSENS

+REQB

13 25

26 47

−REQB

+DB

(16)

14 27

28 48

−DB (16)

+DB

(17)

15 29

30 49

−DB (17)

+DB

(18)

16 31

32 50

−DB (18)

TERMPWRB  17 33

34 51 TERMPWRB

TERMPWRB  18 35

36 52 TERMPWRB

+DB

(19)

19 37

38 53

−DB (19)

+DB

(20)

20 39

40 54

−DB (20)

+DB

(21)

21 41

42 55

−DB (21)

+DB

(22)

22 43

44 56

−DB (22)

+DB

(23)

23 45

46 57

−DB (23)

+DB

(P2)

24 47

48 58

−DB (P2)

+DB

(24)

25 49

50 59

−DB (24)

+DB

(25)

26 51

52 60

−DB (25)

+DB

(26)

27 53

54 61

−DB (26)

+DB

(27)

28 55

56 62

−DB (27)

+DB

(28)

29 57

58 63

−DB (28)

+DB

(29)

30 59

60 64

−DB (29)

+DB

(30)

31 61

62 65

−DB (30)

+DB

(31)

32 63

64 66

−DB (31)

+DB

(P3)

33 65

66 67

−DB (P3)

接地

34 67

68 68

接地

備考1.  ケーブルの導体番号は,導体中心間0.635mm のフラットリボンケーブル及び高密度コネクタを

用いた場合の導体番号を示す。この表と同じ接点割当てが可能ならば,他の形式のケーブルを

使用してもよい。

2.

接点番号配列形式は,コネクタ(

表 参照)による。

参考 16 ビット幅及び 32 ビット幅のデータ転送機能を 1 本のケーブルで行うことが検討されている。 

5.4

電気的特性  電気的特性の測定では,SCSI バスの終端回路が SCSI 装置の外部にあるものとする。

保留とされている信号の終端方法は,5.4.4 による。SCSI 装置は,装置内部に終端回路を備えてもよい。

5.4.1

シングルエンド形  保留,接地,開放及び TERMPWR を除くすべての信号は,ケーブルの両端で

終端しなければならない。終端の方法は,次の 2 種類のいずれかとする(

図 及び図 10 参照)。

(a)

方法 1  各信号は,220±11

Ω (±5%)  の抵抗で TERMPWR に接続し,330±16.5Ω (±5%)  の抵抗で

接地する(

図 参照)。±1%の抵抗を使用することによって,雑音許容度を向上させることができ

る。

(b)

方法 2  各信号の終端は,次の条件を満足しなければならない(図 10 参照)。


22

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(1)

終端回路の特性インピーダンスは,100∼132

Ωとする。

(2)

終端回路の電力は,TERMPWR から供給する。TERMPWR 以外から電力の供給を受けてもよいが,

TERMPWR

からの電力だけで正常に動作できなければならない(5.4.3 参照)

(3)

駆動回路が信号を真 (0.5V DC) にするための電流は,48mA 以下とする。この内 44.8mA の電流は,

二つの終端回路電源から供給できなければならない。

(4) TERMPWR

の電圧が規定値内(5.4.3 参照)にある場合,開放されている信号の電圧は,2.5V DC 以上

とする。

(5)  1

台以上の装置の TERMPWR が供給されている場合,合計 8 台までのイニシエータ及びターゲットに

対して,(1)(4)の条件を満足しなければならない。

(a)

の終端方法は,SCSI-1 の規定と同じとする。高い信号品質が必要な場合,(b)の終端方法を使用する

ことが望ましい。

5.4.1.1

出力特性  信号の駆動には,オープンコレクタ又は 3 状態回路の駆動回路を使用する。SCSI 装置

が駆動する各種の信号の出力特性は,その SCSI 装置のコネクタ点で測定して,次のとおりとする。

V

OL

(低出力電圧)  0.0∼0.5V DC(信号が真で,シンク電流が 48mA のとき)

V

OH

(高出力電圧)  2.5∼5.25V DC(信号が偽のとき)

5.4.1.2

入力特性  電源が投入されている SCSI 装置は,(受信回路及び非駆動状態の駆動回路を含めて)

信号に対して次の入力特性をもたなければならない。

V

IL

(低入力電圧)  0.0∼0.8V DC(信号が真のとき)

V

IH

(高入力電圧)  2.0∼5.25V DC(信号が偽のとき)

I

IL

(低入力電流)  −0.4∼0.0mA(入力電圧が 0.5V DC のとき)

I

IH

(高入力電流)  0.0∼0.1mA(入力電圧が 2.7V DC のとき)

最小ヒステリシス電圧  0.2V DC

最大入力容量          25pF(装置コネクタと引込み線との接続点で測定)

各信号は,電源断の状態でも,上の I

IL

及び I

IH

の入力特性を満足することが望ましい。

雑音耐性を高めるため及び複合ケーブル構成での動作を確実にするためには,真及び偽のしきい値の差

を,約 1.4V にすることが望ましい。

5.4.2

差動形  信号は,+信号及び−信号からなる。+信号が−信号よりも“高”のときを真とし,−信

号が+信号よりも“高”のときを偽とする。5.6 に規定する A ケーブル及び B ケーブルのすべての信号線

は,ケーブルの両端で

図 11 に示す回路で終端する。図 11 で使用する抵抗は,許容値が±5%のもの又はそ

れより精度の高いものを使用する。

DIFFSENS

信号(

図 12 参照)は,“高”のとき差動形駆動回路に動作を許可する。したがって,誤って

シングルエンド形の装置又は終端回路が接続された場合,DIFFSENS 信号が接地され,差動形駆動回路の

動作を抑止することができる。

差動形の終端回路の特性インピーダンスは,122

Ωとする。

5.4.2.1

出力特性  SCSI 装置が駆動する各種の信号の出力特性は,その SCSI 装置のコネクタ点で測定し

て,次のとおりとする。

V

OL

(低出力電圧)  1.7V 以下[I

OL

(低出力電流)が 55mA のとき]

V

OH

(高出力電圧)  2.7V 以上[I

OH

(高出力電流)が−55mA のとき]

V

OD

(差動電圧)    1.0V 以上(同相電圧が−7∼12V のとき)

V

OL

及び V

OH

は,出力端子と SCSI 装置の論理接地との間で測定する。


23

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

また,出力特性は,ISO/IEC 8482 にも適合しなければならない。

5.4.2.2

入力特性  SCSI 装置は,受信回路及び非駆動状態の駆動回路を含めて,信号に対して次の入力特

性をもたなければならない。

I

I

(+,−両端子への入力電流)−2.0∼+2.0mA

最大入力容量                    25pF

I

I

の特性は,電源の供給の有無に関係なく,入力電圧が−7∼+12V DC の範囲で満足しなければならな

い。入力ヒステリシスは,35mV 以上とする。

また,出力特性は,ISO/IEC 8482 にも適合しなければならない。

5.4.3

終端回路電源  イニシエータは,TERMPWR を介して終端回路電源を供給しなければならない。

任意機能の複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合,イニシエータは,TERMPWRB にも終端回路電

源を供給する。終端電源は,ダイオードなどを挿入して,電流の逆流に対する予防処置をとらなければな

らない。ターゲット及び一時的にイニシエータとなる SCSI 装置(例えば,コピー管理機能を備えた装置,

非同期事象報告機能を備えた装置など)の終端回路電源の供給は,任意とする。必要に応じて,任意の SCSI

装置に終端回路電源を組み込んでもよい。ケーブル最終端の終端電圧を維持することによって,インタフ

ェースの誤り率を下げることができる。

終端回路は,その位置に関係なく,TERMPWR 及び TERMPWRB から電源供給を受ける。終端回路の電

源を供給する SCSI 装置には,誤接続を防止するためにキー付きコネクタを使用することが望ましい。

備考  国によって,法規,法令などで終端回路電源供給線の最大電流(短絡時)が制限されることが

ある。したがって,TERMPWR に 1.5A 及び TERMPWRB に 2A の電流制限器を付けることが望

ましい。複数イニシエータシステムの場合,イニシエータは,追加の電源供給線又は電流制限

装置をもってもよい。最大供給電流は,5A 以下とする。

SCSI

装置は,内部終端回路に流す電流を除いて,TERMPWR 及び TERMPWRB からそれぞれ 1.0mA 以

上の電流を引き込んではならない。

(a)  A

ケーブルに使用するシングルエンド用終端回路電源の特性は,次のとおりとする。

終端電源電圧  4.25∼5.25V DC

供給電流容量  900mA 以上

(b)  A

ケーブルに使用する差動用終端回路電源の特性は,次のとおりとする。

終端電源電圧  4.0∼5.25V DC

供給電流容量  600mA 以上

(c)  B

ケーブルに使用するシングルエンド用終端回路電源の特性は,次のとおりとする。

終端電源電圧  4.25∼5.25V DC

供給電流容量  1 500mA 以上

(d)  B

ケーブルに使用する差動用終端回路電源の特性は,次のとおりとする。

終端電源電圧  4.0∼5.25V DC

供給電流容量  1 000mA 以上

備考  信号品質を高めるため及び雑音防止のために,それぞれの装置の終端回路用電源の受電側に,

2.2

µF 以上の高周波コンデンサを用いることが望ましい。


24

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 9  シングルエンド用終端回路(方法 1

図 10  シングルエンド用終端回路(方法 2

*

電圧調整器は,参照電圧として 1.25V を用いた可変電圧のものとする。R1 及び R2 は,出力電流約 10mA に調
整,選択する。電圧調整器の電圧降下は,最大出力電流で,1.25V 以下とする。

備考  低価格機では,出力電圧を 2.63V とし,次の値の抵抗を用いてもよい。

R1

: 110

Ω, 1%

R2

: 124

Ω, 1%

R3

∼R20  : 100

Ω, 2%


25

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 11  差動用終端回路

図 12  差動形回路の保護回路

5.4.4

保留信号線の扱い  A ケーブルの保留信号線(表 及び表 参照)のコネクタ接点は,ケーブルの

終端で又は終端の SCSI 装置内部で接地しなければならない。終端以外の装置では,保留信号線を開放と

することが望ましいが,接地してもよい。

5.5

SCSI

バス  バスには 8 台までの SCSI 装置を接続できるが,ある瞬間における情報転送は,2 台の

SCSI

装置の間にだけ許される。各 SCSI 装置には,

図 13 に示す SCSI ID ビットを割り当てる。図 14 に 3

種類の構成例を示す。SCSI バスは,イニシエータ及びターゲットをそれぞれ 1 台以上含むならば,8 台ま

での SCSI 装置を任意に組み合わせて接続できる。

図 13  SCSI ID ビット

2

台の SCSI 装置がバスを使用して交信するとき,1 台がイニシエータとして動作し,他の 1 台がターゲ

ットとして動作する。イニシエータは操作を起動し,ターゲットは操作を実行する。SCSI 装置は,通常,

イニシエータ又はターゲットとしての一方の機能だけをもつが,1 台で両方の機能をもってもよい。

イニシエータは,ターゲットに接続される 8 台までの周辺装置のアドレスを指定できる。

ターゲットは,


26

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

周辺装置の内部に組み込まれていてもよい。

図 14  SCSI 構成例 

イニシエータは,バスの使用権を獲得することができ,任意のターゲットを選択することができる。タ


27

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ーゲットは,コマンド,データ,状態バイト,その他の情報の転送を要求できる。ターゲットは,任意機

能でバスを切断することができ,バスの切断後,操作を継続するために,バスの使用権を獲得してイニシ

エータを再選択することができる。

DATA BUS

上の情報は,原則として REQ・ACK 応答確認を用いた非同期方式で転送される。A ケーブル

で,

各応答確認によって 1 バイトの情報を転送する。複数バイト幅データ転送機能を組み込んでいる場合,

B

ケーブルで,1 又は 3 バイト幅の情報を 1 回の応答確認で転送する。SCSI 装置は,非同期データ転送の

ほかに,任意機能として同期データ転送機能を組み込むことができる。

5.6

SCSI

バス信号  SCSI バスでは,A ケーブルが 18 本の信号線をもち,B ケーブルが 29 本の信号線を

もつ。この内 11 本を制御用に使用し,36 本(パリティビットを含む。

)を情報(メッセージ,コマンド,

状態バイト及びデータ)用に使用する。各信号の主な機能は,次のとおりとする。

(a)  BSY (BUSY) 

  バス使用中を示す信号(OR 接続)

(b)  SEL  (SELECT) 

  イニシエータによるターゲットの選択及びターゲットによるイニシエータの再選

択に用いる信号(OR 接続)

参考 SCSI-1 では,SEL の OR 接続を規定していないが,この規格では,将来の標準化に備えて,SEL

の OR 接続を規定している。ただし,この規格 (SCSI-2) による製品と SCSI-1 製品との混在接

続に対する支障はない。

(c)  C/D  (CONTROL/DATA)

  DATA BUS 上の情報を,制御情報とデータとに区別するためにターゲッ

トが送出する信号。この信号が真のとき,制御情報を示す。

(d)  I/O (INPUT/OUTPUT)

  DATA BUS 上の情報の転送方向(対イニシエータ)を示すためにターゲッ

トが送出する信号。この信号が真のとき,イニシエータへの入力を示す。

この信号は,SELECTION フェーズと RESELECTION フェーズとを区別するためにも用いる。

(e)  MSG (MESSAGE)

  MESSAGE フェーズの間,ターゲットが送出する信号。

(f)  REQ (REQUEST) 

  情報転送において,ターゲットが A ケーブルによる ACK を要求する信号。

(g)  REQB (REQUEST) 

  情報転送において,

ターゲットが B ケーブルによる ACKB を要求する信号

(複

数バイト幅データ転送機能使用時)

(h)  ACK (ACKNOWLEDGE) 

  情報転送において,イニシエータが A ケーブルの REQ に対して応答す

る信号。

(i)  ACKB (ACKNOWLEDGE) 

  データ転送において,イニシエータが B ケーブルの REQB に対して応

答する信号(複数バイト幅データ転送機能使用時)

(j)  ATN (ATTENTION) 

  アテンション状態を示すためにイニシエータが送出する信号。

(k)  RST (RESET) 

  リセット状態を示す信号(OR 接続)

(l)  DB (7

0, P) (DATA BUS)    データバスは,8 ビットのデータ信号及びパリティビット信号からなる。

DB (7)

は,最上位ビットとし,更に ARBITRATION フェーズでは最も高い優先順位を示す。ビット

番号,ビットの重み及び優先順位は,DB (0)  に向かって低くなる。各ビットは,信号値が真のとき

を “1” とし,偽のときを “0” とする。パリティビットの生成及び検査は,奇数とする。パリティ

検査は,ARBITRATION フェーズ中無効とする。

(m)  DB

318P1P2 及び P3  (DATA BUS)    拡張データバス(B ケーブル)は,24 ビットのデー

タ信号及び 3 本のパリティビット信号からなる。DB(P1,P2 及び P3)は,パリティビットとし,

P1

は DB (15∼8)  に,P2 は DB (23∼16)  に,P3 は DB (31∼24)  に,それぞれ割り当てる。各ビッ

トは,信号値が真のときを “1” とし,偽のときを “0” とする。パリティビットの生成及び検査は,


28

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

奇数とする(複数バイト幅データ転送機能使用時)

5.6.1

信号値  信号は,真又は偽の値をとる。これらの信号は,OR 接続又は非 OR 接続駆動回路で駆動

する。いずれの場合も,真の値を送出するときは,信号を真に駆動する。OR 接続信号の場合は,信号を

偽に駆動してはならない。この場合,すべての SCSI 装置が信号を開放したとき終端回路のバイアスによ

って信号を偽にし,任意の駆動回路が真に駆動したとき信号を真にする。非 OR 接続駆動回路の場合は,

信号を偽に駆動してもよい。この規格で,

“偽にする”という用語は,信号を偽に駆動すること又は信号を

単に開放することの両方を示す。後者の場合は,バイアス回路で信号を偽にする。信号を偽に駆動するこ

とによって,真から偽への遷移が速くなり,雑音に強くなる。この方法は,差動形駆動回路及び長いケー

ブルを使用して高速転送を行う場合に用いるとよい。

5.6.2

OR

接続信号  BSY,SEL 及び RST 信号は,OR 接続とする。通常,BSY 及び RST 信号は,同時

に複数の駆動回路によって真に駆動される。BSY,RST 及び DB (P) 以外の信号は,同時に複数の駆動回

路によって駆動されることはない。BSY,SEL 及び RST 以外の信号は,OR 接続又は非 OR 接続のいずれ

の駆動回路を用いてもよい。ARBITRATION フェーズ中は,DB (P)  を偽に駆動してはならないが,他のフ

ェーズでは偽に駆動してもよい。BSY 及び RST 以外の信号では,OR 接続及び非 OR 接続の駆動回路を混

在させても動作上の支障はない。

5.6.3

信号源  表 は,どの SCSI 装置が信号源となるかを示す。この表では,真,偽又は開放のいずれ

にするかは示していない。信号源以外の SCSI の駆動回路は,開放状態とする。RST は,任意の時点で,

任意の SCSI 装置が駆動してよい。

表 6  信号源

A

ケーブル信号

B

ケーブル信号

バスフェーズ

BSY SEL

C/D,

I/O,

MSG, REQ

ACK,

ATN

DB (7-0) ,

DB (P)

REQB

ACKB

DB (31-8) ,

DB (P1, P2,

P3)

BUS

FREE

None

None None None None

None

None  None

ARBITRATION All

Win

None

None  S

ID  None None

None

SELECTION I&T

Init  None Init  Init None

None  None

RESELECTION

I&T

Targ Targ Init  Targ

None

None None

COMMAND Targ

None Targ Init  Init None

None None

DATA

IN

Targ None  Targ  Init

Targ  Targ Init

Targ

DATA

OUT

Targ None  Targ

Init

Init  Targ Init

Init

STATUS Targ

None

Targ

Init

Targ

None

None

None

MESSAGE IN

Targ

None

Targ

Init

Targ

None

None

None

MESSAGE OUT

Targ

None

Targ

Init

Init

None

None

None

備考    All  :アービトレーションに参加するすべての SCSI 装置が駆動する。

S ID

:アービトレーションに参加する SCSI 装置は,その装置に割り当てられた特定の 1 個のデータビッ

ト (SCSI ID) を駆動する。他の 7 個のデータビットの駆動回路は,開放状態(非駆動状態)とする。
このフェーズの間,パリティビット [DB (P)] は,開放としても又は真に駆動してもよいが,偽に
駆動してはならない。

I&T

:SELECTION フェーズ中及び RESELECTION フェーズ中にイニシエータ,ターゲット又はその両方

が駆動する。

Init

:バスの使用権をもつイニシエータが駆動する。

None

:すべての装置が開放する。この場合,終端回路のバイアスによって偽になる。

Win

:バスの使用権を獲得した 1 台の SCSI 装置だけが駆動する。

Targ

:選択されたターゲットだけが駆動する。


29

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.7

SCSI

バスのタイミング  表 に示す SCSI 装置の信号の遅延時間は,特に指定がない限り,その SCSI

装置の装置コネクタ点での信号状態で測定する。これらの測定ではケーブルの遅延を考慮しなくてもよい

(ケーブルスキュー遅延時間の測定を除く。

。タイミング特性を

表 に示す。

表 7  SCSI 装置の信号の遅延時間

遅延時間名称

時間

アービトレーション遅延時間 2.4

µs

送出時間 90ns 
バス開放遅延時間 800ns

バスフリー遅延時間 800ns 
バス設定遅延時間 1.8

µs

バス安定遅延時間 400ns

ケーブルスキュー遅延時間 10ns 
データ開放遅延時間 400ns 
デスキュー遅延時間 45ns

切断遅延時間 200

µs

保持時間 45ns 
非送出時間 90ns

電源投入から選択可能までの時間 10s(推奨値) 
リセットから選択可能までの時間 250ms(推奨値) 
リセット保持時間 25

µs

選択アボート時間 200

µs

選択タイムアウト遅延時間 250ms(推奨値) 
転送間隔時間 SDTR メッセージ交換で設定(6.6.21 参照)

高速送出時間* 30ns 
高速ケーブルスキュー遅延時間* 5ns 
高速デスキュー遅延時間* 20ns

高速保持時間* 10ns 
高速非送出時間* 30ns

*

高速同期データ転送機能を組み込むときに要求される遅延時間。

5.7.1

アービトレーション遅延時間  SCSI 装置が,アービトレーションのために BSY を真にしてから,

アービトレーション結果を判断するまでに,待たなければならない最小時間。最大時間は,規定しない。

5.7.2

送出時間  同期データ転送中に,ターゲットが REQ(又は REQB)を真にしていなければならな

い最小時間,及びイニシエータが ACK(又は ACKB)を真にしていなければならない最小時間。REQB 及

び ACKB に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合に適用する。

5.7.3

バス開放遅延時間  次の条件の後で,SCSI 装置がすべてのバス信号の駆動を停止するまでの最大

時間。

(a) BUS

FREE

フェーズ(6.1.1 参照)を検出した場合。

(b) ARBITRATION

フェーズ中に,他の SCSI 装置から SEL を受け取った場合。

(c) RST

が真に遷移した場合。

(a)

の場合,

SCSI

装置がバスを開放するまでの最大時間は,

BSY

及び SEL がともに偽になってから 1 200ns

とする。SCSI 装置が BUS FREE フェーズを検出するのに,バス安定遅延時間よりも長い時間を必要とする

場合,その SCSI 装置は,バス開放遅延時間からその超過時間を減じた時間以内にバスを開放しなければ

ならない。

5.7.4

バスフリー遅延時間  BUS FREE フェーズ(6.1.1 参照)を検出してから,ARBITRATION フェーズ

に遷移するための BSY を送出するまでに,SCSI 装置が待たなければならない最小時間。


30

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.7.5

バス設定遅延時間  BUS FREE フェーズ(6.1.1 参照)を検出してから,ARBITRATION フェーズに

遷移するために,BSY を真にし,その SCSI ID ビットを DATA BUS に送出するまでの最大時間。

5.7.6

バス安定遅延時間  イニシエータ及びターゲットが,プロトコル定義で決めている制御信号の変更

を行った後で、バスが安定するまで待たなければならない最小時間。

5.7.7

ケーブルスキュー遅延時間  任意の 2 台の SCSI 装置間で測定して,任意の 2 本の信号間で許容さ

れる伝搬時間の最大差。

5.7.8

データ開放遅延時間  I/O が偽から真に遷移した時点から,イニシエータが DATA BUS を開放する

までの最大時間。

5.7.9

デスキュー遅延時間  信号間のずれを補正するために必要な最小時間。

5.7.10

切断遅延時間  ターゲットが,イニシエータからの DISCONNECT メッセージを受け取ったことに

よって BSY を開放した後,ARBITRATION フェーズに参加するまでに待たなければならない最小時間。

5.7.11

保持時間  同期データ転送中に,イニシエータ又はターゲットが ACK(又は ACKB)又は REQ(又

は REQB)

を真にしてから,

データ信号を変更するまでに待たなければならない最小時間。

REQB

及び ACKB

に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合に適用する。

5.7.12

非送出時間  同期データ転送中に,ターゲットが REQ(又は REQB)を偽にしていなければなら

ない最小時間,及びイニシエータが ACK(又は ACKB)を偽にしていなければならない最小時間。REQB

及び ACKB に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合に適用する。

5.7.13

電源投入から選択可能までの時間  電源が投入されてから,ターゲットが TEST UNIT READY コ

マンド,INQUIRY コマンド及び REQUEST SENSE コマンドに対する状態バイト及びセンスデータの準備

を終了するまでの推奨最大時間。

5.7.14

リセットから選択可能までの時間  リセット状態が発生してから,ターゲットが TEST UNIT

READY

コマンド,INQUIRY コマンド及び REQUEST SENSE コマンドに対する状態バイト及びセンスデー

タの準備を終了するまでの推奨最大時間。

5.7.15

リセット保持時間  RST を送出していなければならない最小時間。最大時間は,規定しない。

5.7.16

選択アボート時間  ターゲット(又はイニシエータ)が選択(又は再選択)されたことを検出して

から,BSY 応答までの最大時間。このタイムアウト時間は,SELECTION フェーズ(又は RESELECTION

フェーズ)を打ち切ったとき,ターゲット(又はイニシエータ)が BSY を応答しないことを確実にする。

ただし,この時間は,選択タイムアウト遅延時間ではない(6.1.3.1 及び 6.1.4.2 参照)

5.7.17

選択タイムアウト遅延時間  イニシエータ(又はターゲット)が,SELECTION フェーズ(又は

RESELECTION

フェーズ)中に,タイムアウト手順を始めるまでに,BSY の応答を待つ最小時間。

備考  この時間は,推奨値とする。

5.7.18

転送間隔時間  同期データ転送中に,連続する REQ 及び連続する ACK のそれぞれの始端間に許

容される最小時間(6.1.5.2 及び 6.6.21 参照)

5.8

高速同期データ転送機能  高速同期データ転送とは,装置間で同期データ転送の転送間隔時間が

200ns

未満の場合を指す。転送間隔時間が 200ns 以上の場合の信号のタイミングは,5.7 による。転送間隔

時間が 200ns 未満の場合は,5.8.15.8.5 で信号の遅延時間の値を再定義する。再定義されていない遅延時

間は,5.7 による。高速同期データ転送の最小転送間隔時間は,100ns とする。

5.8.1

高速送出時間  高速同期データ転送中に,ターゲットが REQ(又は REQB)を真にしていなけれ

ばならない最小時間,及びイニシエータが ACK(又は ACKB)を真にしていなければならない最小時間。

REQB

及び ACKB に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合に適用する。


31

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

5.8.2

高速ケーブルスキュー遅延時間  高速同期データ転送機能を組み込む場合に,任意の 2 台の SCSI

装置間で測定して,任意の 2 本の信号間で許容される伝搬時間の最大差。

5.8.3

高速デスキュー遅延時間  高速同期データ転送機能を組み込む場合に,信号間のずれを補正するた

めに必要な最小時間。

5.8.4

高速保持時間  高速同期データ転送中に,イニシエータ又はターゲットが ACK(又は ACKB)又

は REQ(又は REQB)を真にしてから,データ信号を変更するまでに待たなければならない最小時間。REQB

及び ACKB に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を使用する場合に適用する。

5.8.5

高速非送出時間  高速同期データ転送中に,ターゲットが REQ(又は REQB)を偽にしていなけ

ればならない最小時間,及びイニシエータが ACK(又は ACKB)を偽にしていなければならない最小時間。

REQB

及び ACKB に関する規定は,複数バイト幅データ転送機能を組み込む場合に適用する。

6.

論理的特性

6.1

SCSI

バスフェーズ  SCSI バスがとることのできるフェーズは,次の 8 種類とする。

(a) BUS

FREE

フェーズ

(b) ARBITRATION

フェーズ

(c) SELECTION

フェーズ

(d) RESELECTION

フェーズ

(e) COMMAND

フェーズ

(f) DATA

フェーズ          情報転送フェーズ

(g) STATUS

フェーズ

(h) MESSAGE

フェーズ

(e)

(h)のフェーズを,まとめて情報転送フェーズと呼ぶ。

SCSI

バスは,同時に二つ以上のフェーズをとることはない。6.で規定しない信号は,真にしない。

6.1.1

BUS FREE

フェーズ  BUS FREE フェーズは,動作中の入出力プロセスがなく,任意の SCSI 装置

がバスを接続できる状態にあることを示す。

SCSI

装置は,バス安定遅延時間以上,SEL 及び BSY がともに連続して偽になったことによって,BUS

FREE

フェーズを検出する。

SCSI

装置は,バス安定遅延時間以上,SEL 及び BSY がともに連続して偽になった後,バス開放遅延時

間以内にすべてのバス信号を開放しなければならない。SCSI 装置が,BUS FREE フェーズを検出するため

にバス安定遅延時間以上の時間を必要とする場合は,バス開放遅延時間から BUS FREE フェーズを検出す

るための超過時間を減じた時間以内にすべてのバス信号を開放する。バスを開放するまでの時間は,バス

安定遅延時間にバス開放遅延時間を加えた時間を超えないものとする。

通常の動作では,ターゲットが BSY を開放したことによって BUS FREE フェーズに入る。しかし,

SELECTION

フェーズ又は RESELECTION フェーズのタイムアウトの後では,SEL の開放で BUS FREE フ

ェーズに入ってもよい。

通常,イニシエータは,次のいずれかの場合以外,ターゲットの BSY 開放による BUS FREE フェーズ

を正常とは見なさない。

(a)

リセット状態を検出した後。

(b)

ターゲットが ABORT メッセージを正常に受信した後。

(c)

ターゲットが BUS DEVICE RESET メッセージを正常に受信した後。


32

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(d)

ターゲットが DISCONNECT メッセージを正常に送信した後(6.6.6 参照)

(e)

ターゲットが COMMAND COMPLETE メッセージを正常に送信した後(6.6.5 参照)

(f)

ターゲットが RELEASE RECOVERY メッセージを正常に受信した後。

(g)

ターゲットが ABORT TAG メッセージを正常に受信した後。

(h)

ターゲットが CLEAR QUEUE メッセージを正常に受信した後。

上の場合以外に,イニシエータがターゲットからの BSY の開放を検出したとき,イニシエータは,これ

をターゲットからの誤り状態通知(予定外切断)として扱う。ターゲットは,ATN の状態に関係なく BUS

FREE

フェーズに遷移してよい。イニシエータは,この状態を,ターゲットが入出力プロセスの失敗によ

って終了したと見なす。ターゲットは,関連する結合に対して保留しているデータ及び状態バイトの情報

をすべてクリアして入出力プロセスを終了する。この場合,ターゲットは,任意機能として,REQUEST

SENSE

コマンドで報告するためのセンスデータを準備してもよい。

6.1.2

ARBITRATION

フェーズ  ARBITRATION フェーズでは,1 台の SCSI 装置だけが入出力プロセス

の起動又は再開を行うためにバスの使用権を獲得する。

SCSI

装置がバスの使用権を獲得する手続きは,次のとおりとする。

(a) SCSI

装置は,最初に BUS FREE フェーズを待つ。BUS FREE フェーズは,BSY 及び SEL がともに

偽となり,この状態がバス安定遅延時間以上続いたことによって検出される。

備考  伝送回路では,BSY を真に駆動した場合,“wired‐OR グリッチ”と呼ぶ現象によって,BSY

が瞬間的に偽になることがある。このためにバス安定遅延時間が必要となる。

(b) SCSI

装置は,BUS FREE フェーズ(すなわち,BSY 及び SEL の信号が両方ともバス安定遅延時間

偽になった後)を検出した後,信号を駆動する前に,バスフリー遅延時間以上待つ。

(c)

手順(b)のバスフリー遅延時間経過後,アービトレーションに参加する SCSI 装置は,BSY を真にす

るとともにその装置自身の SCSI ID ビットを真にして DATA BUS に送出し,バスの使用権を要求す

る。ただし,BUS FREE フェーズでなくなった場合,その時点からバス設定遅延時間以内にバスの

使用権を要求しなければならない。

備考 SCSI 装置は,バスが(b)のバス FREE フェーズに留まっている限り,いつでもバスの使用権を要

求できる。ただし,BUS FREE フェーズを検出してからバスの使用権を要求するまでの応答時

間が,バス安定遅延時間にバス設定遅延時間を加えた時間より遅い SCSI 装置は,応答の速い

SCSI

装置と競合した場合,バスの使用権を獲得できないことがある。

(d) BSY

を真にした時点からアービトレーション遅延時間以上待って,SCSI 装置は,DATA BUS を検

査する。DATA BUS で,その装置の SCSI ID より高い優先順位の SCSI ID ビット[DB (7)  が最高順

位]が真の場合,その SCSI 装置は,バスの使用権を獲得できない。バスの使用権を獲得できなか

った SCSI 装置は,この時点で信号を開放して,手順(a)に戻ってもよい。より高い優先順位の SCSI

ID

ビットが真でなければ,SCSI 装置は,バスの使用権を獲得し,SEL を真にする。バスの使用権

を獲得できなかった SCSI 装置は,SEL が真になった時点からバス開放遅延時間以内に BSY 及び自

身の ID ビットを開放して,手順(a)に戻る。

備考1.  手順(c)で ARBITRATION フェーズを開始した装置は,(d)で SEL が真になった時点で

ARBITRATION

フェーズを終了しなければならない。これによって,バスが機能停止状態に

なることを防止する。

2.

新しく設計する場合,バスの使用権を獲得できなかった装置は,SEL が真になるまで,BSY

及び自身の SCSI ID を開放するのを待つほうがよい。


33

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(e)

バスの使用権を獲得した SCSI 装置は,SEL を真にした後,バス開放遅延時間にバス安定遅延時間

を加えた時間以上待って,信号を変更する。

備考 SCSI ID ビットは,DATA BUS の一つのビットとし,SCSI 装置に固有の SCSI アドレスに対応

する。このとき,SCSI 装置は,他の 7 ビットを駆動してはならない。ARBITRATION フェーズ

の間,パリティ検査は,無効とする。SCSI 装置は,ARBITRATION 中,DB (P) を開放しても

又は真に駆動してもよいが,偽に駆動してはならない。

6.1.3

SELECTION

フェーズ  SELECTION フェーズでは,ターゲットの操作(例えば,読取り又は書込

み)を起動するために,イニシエータがターゲットを選択する。SELECTION フェーズの間,RESELECTION

フェーズと区別するために,I/O を偽にする。

バスの使用権を獲得した SCSI 装置は,バス開放遅延時間にバス安定遅延時間を加えた時間以上,BSY

及び SEL をともに真にした後,ARBITRATION フェーズを終了する。バスの使用権を獲得した SCSI 装置

は,SELECTION フェーズの間 I/O を真にしないことによって,イニシエータとなる。

イニシエータは,

自身の SCSI ID ビット及び選択するターゲットの SCSI ID ビットを真にして DATA BUS

に送出し,ATN を真(SELECTION フェーズの後に MESSAGE OUT フェーズを続けることを指示する。

にする。イニシエータは,デスキュー遅延時間の 2 倍の時間以上待って,BSY を開放する。イニシエータ

は,バス安定遅延時間以上待って,ターゲットからの応答を検査する。

ターゲットは,バス安定遅延時間以上,SEL 及び自身の SCSI ID ビットがともに真であり,かつ BSY 及

び I/O が偽であることによって,選択されたことを認識する。選択されたターゲットは,DATA BUS を検

査して,選択したイニシエータの SCSI ID を識別する。選択されたターゲットは,選択タイムアウト手順

が正しく行えるように,選択されたことを検出してから選択アボート時間以内に BSY を真にする。

ターゲットは,パリティ誤りを検出したとき又は DATA BUS 上で 3 個以上の真の SCSI ID ビットを検出

したときは,選択に対して応答してはならない。

備考 SCSI-2 のイニシエータは,SCSI-1 の任意機能である単一イニシエータシステム又は ATN の伴

わない選択を使用できなくてもよいが,SCSI-2 のターゲットは,これらの任意機能をもつ

SCSI-1

のイニシエータとの接続を許してもよい。この接続を許す場合,SCSI-2 のターゲットは,

自身の SCSI ID だけが真であっても,これを誤りとせず,SCSI-1 の規定に従って動作する。

イニシエータは,BSY の真を検出した後,デスキュー遅延時間の 2 倍の時間以上待って,SEL を開放す

る。その後,DATA BUS の内容を変更してもよい。ターゲットは,SEL が偽になるのを待って,REQ を真

にして情報転送フェーズに入る。

6.1.3.1

選択タイムアウト手順  イニシエータは,選択タイムアウト遅延時間以上待っても,ターゲット

から BSY を真にした応答がない場合,バスを開放する。選択タイムアウト手順は,次の 2 種類のいずれか

とする。

(a)

イニシエータは,RST(6.2.2 参照)を真にする。

(b)

イニシエータは,SEL 及び ATN の真を継続し,DATA BUS を開放する。イニシエータは,選択アボ

ート時間にデスキュー遅延時間の 2 倍を加えた時間以上経過しても BSY の真を検出できなかった場

合,SEL 及び ATN を偽にして BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットが選択に応答して選択

アボート時間以内に BSY を真にした場合,イニシエータは,その選択を有効とする。この規定を満

足しない場合,無効な選択(例えば,同一イニシエータと 2 台のターゲットとの接続,イニシエー

タと誤ったターゲットとの接続,ターゲットとイニシエータでないものとの接続など)が行われる

可能性がある。


34

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

6.1.4

RESELECTION

フェーズ  一度イニシエータによって選択され起動されたターゲットは,ターゲ

ット自身の事情で切断を行い,後で残りの操作を再開するために,このフェーズでイニシエータと再接続

できる。RESELECTION フェーズの組込みは,任意とする。

6.1.4.1

再選択  バスの使用権を獲得した SCSI 装置は,バス開放遅延時間にバス安定遅延時間を加えた

時間以上,BSY 及び SEL をともに真にした後,ARBITRATION フェーズを終了する。バスの使用権を獲得

した SCSI 装置は,I/O を真にすることによって(再選択の表示)ターゲットとなり,自身の SCSI ID ビッ

ト及び再選択するイニシエータの SCSI ID ビットを真にして DATA BUS に送出する。ターゲットは,デス

キュー遅延時間の 2 倍の時間以上待って,BSY を開放する。ターゲットは,バス安定遅延時間以上待って,

イニシエータからの応答を検査する。

イニシエータは,バス安定遅延時間以上,SEL,I/O 及び自身の SCSI ID ビットがともに真であり,かつ

BSY

が偽であることによって,再選択されたことを認識する。再選択されたイニシエータは,DATA BUS

を検査して,再選択したターゲットの SCSI ID を識別する。再選択されたイニシエータは,選択タイムア

ウト手順が正しく行えるように,再選択されたことを検出してから選択アボート時間以内に BSY を真にす

る。イニシエータは,パリティ誤りを検出したとき又は DATA BUS 上で真になっている SCSI ID ビットが

2

個でないことを検出したときは,再選択に応答してはならない。

ターゲットは,BSY の真を検出した後,BSY を真にし,デスキュー遅延時間の 2 倍の時間以上待って,

SEL

を開放する。その後,I/O 及び DATA BUS の内容を変更してもよい。再選択されたイニシエータは,

SEL

が偽になるのを待って,BSY を開放しなければならない。ターゲットは,バスを開放するまで,BSY

の真を保持する。

備考  ターゲットが BSY を真にしている間に,イニシエータが BSY を開放すると,信号がケーブル

を往復する遅延時間の間に,

“wired‐OR グリッチ”と呼ぶ現象によって,瞬間的に BSY が偽

になることがある。このため,BUS FREE フェーズは,BSY 及び SEL がともにバス安定遅延時

間以上継続して偽になったときにだけ検出する。使用する駆動回路,受信回路及びケーブルに

十分な雑音余裕があるとしても,25m を超えるケーブルを使用してはならない。ケーブル長が

長くなると,雑音継続時間が長くなり,SCSI 装置が誤って BUS FREE フェーズを検出する可能

性が高くなる。

6.1.4.2

再選択タイムアウト手順  ターゲットは,選択タイムアウト遅延時間以上待っても,イニシエー

タから BSY を真にした応答がない場合,バスを開放する。再選択タイムアウト手順は,次の 2 種類のいず

れかとする。

(a)

ターゲットは,RST(6.2.2 参照)を真にする。

(b)

ターゲットは,SEL 及び I/O を真にし続け,DATA BUS を開放する。ターゲットは,選択アボート

時間にデスキュー遅延時間の 2 倍を加えた時間以上経過しても,

BSY

の真を検出できなかった場合,

SEL

及び I/O を偽にして BUS FREE フェーズに遷移する。イニシエータが再選択に応答して選択ア

ボート時間以内に BSY を真にした場合,ターゲットは,その再選択を有効とする。この規定を満足

しない場合,無効な再選択(例えば,一つのターゲットと 2 台のイニシエータとの接続,ターゲッ

トと誤ったイニシエータとの接続など)が行われる可能性がある。

6.1.5

情報転送フェーズ  COMMAND,DATA,STATUS 及び MESSAGE の各フェーズは,いずれも DATA

BUS

を介してデータ又は制御情報を転送するので,まとめて情報転送フェーズとして規定する。ここでは,

DATA BUS

の転送内容は,規定しない。

各種の情報転送フェーズを識別するために,C/D,I/O 及び MSG を使用する(

表 参照)。


35

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ターゲットは,これら 3 種類の信号を使用して,情報転送の各フェーズ間の遷移を制御する。イニシエ

ータは,ATN を真にすることによって MESSAGE OUT フェーズへの遷移を要求できる。一方,ターゲッ

トは,MSG,C/D,I/O 及び BSY を開放して,BUS FREE フェーズに遷移することができる。

情報転送フェーズでは,複数の REQ・ACK 応答確認を使用しで情報転送を制御する。各 REQ・ACK 応答

確認で,1 バイトの情報を転送する。情報転送フェーズの間ターゲットは,BSY を真に,SEL を偽に保持

して,REQ・ACK 応答確認を継続する。この場合,最初の応答確認で REQ を真にする時点よりバス安定遅

延時間以上前に,C/D,I/O 及び MSG をそれぞれ設定する。これらの信号は,最後の REQ・ACK 応答確認

の ACK が偽になるまで変更してはならない。

備考1.  このフェーズにおける最後の転送の ACK が偽になった時点で,ターゲットは,次の情報転

送フェーズに遷移するために,C/D,I/O 及び MSG を変化してもよい。この場合,複数の信

号を同時に変化させてもよいし,それぞれ単独に変化させてもよい。変更の順序及び回数は

任意とするが,各信号の変化は1回にすることが望ましい。新しいフェーズは,その最初の情

報バイトの REQ が真になるまで開始されない。

2.

このフェーズは,ACK が偽になった後の C/D,I/O 又は MSG が変化した時点で終了する。フ

ェーズ終了から,REQ を真にして始まる新しいフェーズ開始までの時間は,任意とする。イ

ニシエータは,終了したフェーズから変化を予測して後続のフェーズのために情報を用意し

てもよい。ただし,後続のフェーズは,REQ が真になるまで確定しない。

表 8  情報転送フェーズ

備考    0:偽

1

:真

*

:将来の標準化のために保留

6.1.5.1

非同期情報転送  ターゲットは,I/O によって情報転送の方向を制御する。情報は,I/O が真のと

きターゲットからイニシエータに転送され,I/O が偽のときイニシエータからターゲットに転送される。

I/O

が真の場合,ターゲットは,最初,DB (7∼0, P)  に情報を送出し,デスキュー遅延時間にケーブルス

キュー遅延時間を加えた時間以上待って,REQ を真にする。ターゲットは,ACK の真を検出するまで,

DB (7

∼0, P)  の内容を保持しなければならない。イニシエータは,REQ が真になってから,DB (7∼0, P)  の

内容を読み取り,情報受信の応答として ACK を真にする。ターゲットは,ACK が真になった後,REQ を

偽にする。この時点でターゲットは,DB (7∼0, P)  の内容を変更又は開放してよい。イニシエータは,REQ

が偽になった後,ACK を偽にする。ターゲットは,ACK が偽になった後,DB (7∼0, P) を駆動し,REQ

を真にすることによって情報転送を継続することができる。


36

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

I/O

が偽の場合,ターゲットは,REQ を真にすることによって,情報を要求する。イニシエータは,DB

(7

∼0, P) に情報を送出し,デスキュー遅延時間にケーブルスキュー遅延時間を加えた時間以上待って,

ACK

を真にする。

イニシエータは,

REQ

が偽になるまで,

DB (7

∼0, P)  の内容を保持しなければならない。

ターゲットは,ACK が真になった後,DB (7∼0, P)  の内容を読み取り,応答として REQ を偽にする。イ

ニシエータは,REQ が偽になった後,ACK を偽にする。この時点でイニシエータは,DB (7∼0, P)  の内容

を変更又は開放できる。ACK が偽になった後,ターゲットは,DB (7∼0, P)  を駆動し,REQ を真にするこ

とによって情報転送を継続することができる。

6.1.5.2

同期データ転送  同期データ転送機能の組込みは,任意とし,データフェーズでだけ使用する。

同期データ転送は,SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST メッセージ(6.6.21 参照)によってイニ

シエータとターゲットとの間で合意が得られた後のデータフェーズでだけ使用できる。

このメッセージは,

イニシエータとターゲットとの間の同期データ転送モードにおける REQ・ACK のオフセット及び転送間隔

時間を設定する。

REQ

・ACK オフセットは,イニシエータから送られる ACK を検出するより前に,ターゲットが送ること

のできる REQ の数を指定する。REQ の数と ACK の数との差が,REQ・ACK オフセットで指定する数を超

えた場合,ターゲットは,後続の ACK の前縁を受信するまで REQ を真にしてはならない。データフェー

ズが正常に終了するためには,ACK の数と REQ の数とが等しくなければならない。

同期データ転送の場合,ターゲットは,送出時間以上,REQ を真にする。ターゲットは,REQ を真の状

態に遷移してから転送間隔時間又は REQ を偽の状態に遷移してから非送出時間のいずれか長いほうの時

間以上待ってから,次の REQ を真にする。

イニシエータは,受信した一つの REQ に対して,一つの ACK を送出する。イニシエータは,対応する

REQ

の前縁を受信した時点で ACK を真にしてよい。イニシエータは,送出時間以上 ACK を真にする。イ

ニシエータは,ACK を真の状態に遷移してから転送間隔時間又は ACK を偽の状態に遷移してから非送出

時間のいずれか長いほうの時間以上待って,後続の ACK を真にする。

I/O

が真の場合,ターゲットは,最初 DB (7∼0, P) にデータを送出し,デスキュー遅延時間にケーブル

スキュー遅延時間を加えた時間以上待って,REQ を真にする。REQ を真にした後,デスキュー遅延時間に

ケーブルスキュー遅延時間及び保持時間を加えた時間以上,DB (7∼0, P)  の内容を保持する。ターゲット

は,送出時間以上,REQ を真に保持する。ターゲットは,その後,REQ を偽にして,DB (7∼0, P)  の内容

を変更又は開放できる。イニシエータは,REQ が真の状態に遷移してから保持時間以内に,DB (7∼0, P)  の

内容を読み取る。イニシエータは,ACK を真にして応答する。

I/O

が偽の場合,ターゲットは,REQ を真にすることによって,データを要求する。イニシエータは,

受信した各 REQ の真の遷移に対して 1 バイトのデータを転送する。イニシエータは,REQ の前縁を検出

した後 DB (7∼0, P)  にデータを送出し,デスキュー遅延時間にケーブルスキュー遅延時間を加えた時間以

上待って,ACK を真にする。ACK を真にした後,イニシエータは,デスキュー遅延時間にケーブルスキ

ュー遅延時間及び保持時間を加えた時間以上,DB (7∼0, P)  の内容を保持する。イニシエータは,送出時

間以上,ACK を真に保持する。イニシエータは,その後,ACK を偽にし,DB (7∼0, P) の内容を変更又

は開放できる。ターゲットは,ACK が真に遷移してから保持時間以内に,DB (7∼0, P)  の内容を読み取る。

参考 SCSI-1 の規定では,合意された REQ・ACK のオフセットを超えた最初の REQ の前縁が,合意

された最終 ACK の後縁の後でなければ発生しないように解釈できる。この解釈で作られた製

品は,最終 ACK の前縁で後続の REQ を送出する製品と組み合わせた場合,同期データ転送モ

ードでデータ破壊が発生することがある。前者の解釈で作られた製品を使用する場合,データ


37

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

の完全性を保つために,REQ・ACK のオフセットの値を理論値より小さくしてもよい。

6.1.5.3

複数バイト幅データ転送  複数バイト幅データ転送機能の組込みは,任意とし,データフェーズ

でだけ使用する。複数バイト幅データ転送は,WIDE DATA TRANSFER REQUEST メッセージ(6.6.23 参照)

で複数バイト幅データ転送が有効になっている場合にだけ使用できる。このメッセージで,複数バイト幅

データ転送モードのデータフェーズにおけるバイト幅を設定する。

複数バイト幅データ転送では,16 又は 32 ビットの転送幅が設定できる。必す(須)ではないが,32 ビ

ットの転送幅をもつターゲット及びイニシエータは,16 ビットの転送幅をもつことが望ましい。8 ビット

(1 バイト)幅のデータ転送の機能は,すべての SCSI 装置が備えなければならない。

16

ビット(2 バイト)幅データ転送の場合,各データフェーズで,最初の論理データバイトが A ケーブ

ルを介して DB (7∼0, P)  として転送され,第 2 の論理データバイトが B ケーブルを介して DB (15∼8, P1)

として転送される。同様に,第 3 バイト以降も,A ケーブルと B ケーブルを使って,2 バイト単位で転送

される(

図 15 参照)。

32

ビット(4 バイト)幅データ転送の場合,各データフェーズで,最初の論理データバイトが A ケーブ

ルを介して DB (7∼0, P)  として転送され,

第 2∼第 4 バイトが B ケーブルを介して DB (15∼8, P1)  ,

DB (23

∼16, P2)  及び DB (31∼24, P3)  としてそれぞれ転送される。同様にして,第 5 バイト以降も,A ケーブル

及び B ケーブルを使って,4 バイト単位で転送される(

図 15 参照)。

参考 16 ビット幅及び 32 ビット幅のデータ転送機能を,1 本のケーブルで行うことが検討されている。

図 15  複数バイト幅データ転送におけるデータの順序

備考  この図は,イニシエータの記憶装置の中での配列を示したものではない。

複数バイト幅データ転送モードの最終データバイト転送で,

高位ビットに対応するデータがない場合

[例

えば,16 ビット(2 バイト)幅転送モードで DB (15∼8, P1)  がない場合又は 32 ビット幅転送モードで DB

(31

∼24, P3)  にデータがない場合]の高位ビットの内容は,規定しないが,それぞれのパリティビットは,

正しいものでなければならない。

データの完全性を保つために,A ケーブルの REQ・ACK 応答確認と B ケーブルの REQB・ACKB 応答確

認との間に次の規則を設ける。

(a) REQB

及び ACKB は,複数バイト幅データ転送の合意が得られている場合のデータフェーズの間に

だけ挿入することができる。他のフェーズでは,REQB 及び ACKB を挿入してはならない。

(b)  A

ケーブル及び B ケーブルは,同じ転送方式(非同期転送又は同期データ転送)で使用しなければ

ならない。同期データ転送の場合,A ケーブル及び B ケーブルは,同一の REQ・ACK オフセット及

び転送間隔時間を使用する。

(c)  6.1.5.1

及び 6.1.5.2 で規定する A ケーブルの REQ,

ACK

及び DB (7∼0, P)  に関する情報転送手順は,

B

ケーブルの REQB,ACKB 及び DB(31∼8, P1, P2 及び P3)に関する転送手順にも適用する。タ


38

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ーゲットは,二つのケーブルのタイミング関係を REQ 及び REQB だけを使って制御する。同様に,

イニシエータは,二つのケーブルのタイミング関係を ACK 及び ACKB だけで制御する。

(d)

ターゲットは,他のフェーズに遷移する前に REQ・ACK 応答確認の数と REQB・ACKB 応答確認の

数とが等しいことを確実にしなければならない。

ターゲットは,

最後の REQ・ACK 及び REQB・ACKB

の応答確認に対する ACK 及び ACKB がともに偽になるまで,

他のフェーズに遷移してはならない。

備考  ターゲットは,イニシエータが(a)(d)の規則に違反したことを検出した場合,データフェーズ

を打ち切って,CHECK CONDITION 状態で終了する。データフェーズを終了させることができ

ない場合は,予定外切断を行って,入出力プロセスを強制終了する。イニシエータは,ターゲ

ットが(a)(d)の規則に違反したことを検出した場合,INITIATOR DETECTED ERROR メッセ

ージをターゲットに送る。イニシエータは,入出力プロセスを正常に終了できない場合,リセ

ット状態を発生してもよい。

6.1.6

COMMAND

フェーズ  COMMAND フェーズでは,ターゲットの要求によって,イニシエータか

らターゲットにコマンド情報が転送される。

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間 C/D を真にし,I/O 及び MSG を偽にする。

6.1.7

データフェーズ  データフェーズは,DATA IN フェーズ及び DATA OUT フェーズからなる。

6.1.7.1

DATA IN

フェーズ  DATA IN フェーズでは,ターゲットの要求によって,ターゲットからイニシ

エータにデータが転送される。

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間,I/O を真にし,C/D 及び MSG を偽にする。

6.1.7.2

DATA OUT

フェーズ  DATA OUT フェーズでは,ターゲットの要求によって,イニシエータから

ターゲットにデータが転送される。

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間,I/O,C/D 及び MSG を偽にする。

6.1.8

STATUS

フェーズ  STATUS フェーズでは,ターゲットの要求によって,ターゲットからイニシエ

ータに状態情報が転送される。

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間,C/D 及び I/O を真にし,MSG を偽にする。

6.1.9

メッセージフェーズ  メッセージフェーズは,MESSAGE IN フェーズ及び MESSAGE OUT フェー

ズからなる。いずれのフェーズも,複数のメッセージを転送できる。メッセージフェーズで転送される最

初の情報は,単一バイトメッセージ又は複数バイトメッセージの第 1 バイトのいずれかとする。複数バイ

トのメッセージは,一つのメッセージフェーズで転送する。

6.1.9.1

MESSAGE IN

フェーズ  MESSAGE IN フェーズでは,ターゲットの要求によって,ターゲット

からイニシエータにメッセージが転送される。

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間,I/O,C/D 及び MSG を真にする。

6.1.9.2

MESSAGE OUT

フェーズ  MESSAGE OUT フェーズでは,ターゲットの要求によって,イニシ

エータからターゲットにメッセージが転送される。ターゲットは,イニシエータからのアテンション状態

によって,このフェーズに遷移する(6.2.1 参照)

ターゲットは,このフェーズの REQ・ACK 応答確認の間,C/D 及び MSG を真にし,I/O を偽にする。タ

ーゲットは,メッセージを拒否する場合を除いて,ATN が真でなくなるまで応答確認を継続する。

ターゲットは,受信したメッセージバイト中に一つでもパリティ誤りを検出した場合,ATN が偽になっ

た後,他のフェーズに遷移する前に REQ を真にしてメッセージの再送を要求することができる。イニシエ

ータは,この状態を検出したとき,このフェーズで送信したすべてのメッセージをそのままの順序で再送

する。複数のメッセージバイトを再送するとき,イニシエータは,第 1 バイトの ACK を真にするよりも,


39

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

デスキュー遅延時間の 2 倍の時間前までに ATN を真にし,最終バイトが転送されるまで ATN を真の状態

に保持しなければならない(6.2.1 参照)

ターゲットは,MESSAGE OUT フェーズの再送をしない場合又は再送回数の限界に達した場合,次のい

ずれかを行ってよい。

(a) CHECK

CONDITION

状態バイトを返送し,センスキーを ABORTED COMMAND に,追加センスコ

ードを MESSAGE ERROR にそれぞれ設定する。

(b)

予定外切断を行って例外状態にあることを示す。

ターゲットは,パリティ誤りを検出するまで,受信したメッセージに従って動作してよいし,パリティ

誤りを検出した後,そのアテンション状態で受信したすべてのメッセージを無視してもよい。ターゲット

がパリティ誤りを検出したことによって,

イニシエータがメッセージを再送してきた場合,ターゲットは,

最初にアテンション状態で受け取った(パリティ誤りを含む)メッセージに従って動作してはならない。

ターゲットは,メッセージのすべてをパリティ誤りなしに受け取った場合,MESSAGE OUT 以外の情報

転送フェーズに遷移して 1 バイト以上の情報転送を行うことによって,再送の必要のないことを知らせる。

ターゲットは,メッセージ(例えば,ABORT メッセージ又は BUS DEVICE RESET メッセージ)を誤りな

く受け取った場合,BUS FREE フェーズに遷移してよい。

6.1.10

フェーズ間の信号規則  ある情報転送フェーズから他の情報転送フェーズに遷移するとき,バスの

信号に対して次の規則を用いる。

(a) BSY

,SEL,REQ,REQB,ACK 及び ACKB を変更してはならない。

(b) C/D

,I/O,MSG 及び DATA BUS の内容は,変更してもよい。ただし,DATA BUS の転送方向を出

力(イニシエータ駆動)から入力(ターゲット駆動)に切り換えるとき,ターゲットは,I/O を真

にした後,データ開放遅延時間にバス安定遅延時間を加えた時間以上待ってから,DATA BUS を駆

動する。イニシエータは,I/O が真に遷移した後,データ開放時間以内に DATA BUS を開放する。

DATA BUS

の転送方向を入力から出力に切り換える場合,ターゲットは,I/O を偽にした後,デス

キュー遅延時間内に DATA BUS を開放する。

(c) ATN

及び RST の扱いは,6.2.1 及び 6.2.2 による。

6.2

SCSI

バスの状態  バスは,アテンション状態及びリセット状態の二つの非同期状態をもつ。これら

の状態は,SCSI 装置に定められた動作を行わせ,フェーズの順序を変更させる。

SCSI

装置は,同時に電源が投入されるとは限らない。この規格では,電源の投入順序は,規定しない。

しかし,SCSI 装置は,電源が投入されたとき,それぞれの内部でリセット及び検査を行うことが望ましい。

ターゲットは,電源が投入されたとき,TEST UNIT READY,INQUIRY 又は REQUEST SENSE のコマンド

に対して報告するための状態バイト及びセンスデータを用意することが望ましい。

6.2.1

アテンション状態  アテンション状態は,イニシエータがターゲットに対してメッセージ転送の要

求があることを知らせるために用いる。ターゲットは,MESSAGE OUT フェーズに遷移することによって,

このメッセージを受け取ることができる。

イニシエータは,ARBITRATION フェーズ及び BUS FREE フェーズの間を除き,ATN を真にすることに

よっていつでもアテンション状態を生成できる。

イニシエータは,

表 10 の最後の欄に“○”の付いたメッセージの場合,メッセージ転送の最後のバイト

に対する ACK を真にするよりもデスキュー遅延時間の 2 倍の時間前までに,ATN を偽にしなければなら

ない。ターゲットは,イニシエータがこの規定時間内に ATN を偽にしなかったことを検出したときは,タ

ーゲットは,BUS FREE フェーズに遷移する(6.1.1 の予定外切断参照)


40

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

イニシエータは,新しいフェーズに遷移する前にアテンション状態を生成したい場合,メッセージ転送

の最後のバイトに対する ACK を偽にするよりもデスキュー遅延時間の 2 倍の時間前までに,ATN を真に

しなければならない。ATN を真にするのが遅れた場合,アテンション状態の生成は,後続のフェーズが終

わるまで待たされることになり,期待する結果が得られなくなる可能性が生じる。

ターゲットは,アテンション状態に対して,MESSAGE OUT フェーズで次のとおり応答する。

(a)

ターゲットは,COMMAND フェーズ中に ATN が真になった場合,コマンド記述ブロックの一部又

は全部の転送が終了したときに,MESSAGE OUT フェーズに遷移する。

(b)

ターゲットは,データフェーズ中に ATN が真になった場合,ターゲットの都合のよいとき(例えば,

論理ブロックの境界など)に,MESSAGE OUT フェーズに遷移する。イニシエータは,ターゲット

が MESSAGE OUT フェーズに遷移するまで,それまでの REQ・ACK 応答確認を継続する。

(c)

ターゲットは,STATUS フェーズ中に ATN が真になった場合,状態バイトに対する応答を受信した

後で MESSAGE OUT フェーズに遷移する。

(d)

ターゲットは,MESSAGE IN フェーズ中に ATN が真になった場合,後続のメッセージバイトを転

送する前に MESSAGE OUT フェーズに遷移する。これによって,イニシエータは,MESSAGE

PARITY ERROR

メッセージとともに適切なメッセージを送ることができる。

(e)

ターゲットは,イニシエータが SELECTION フェーズ中の BSY を開放する前に ATN が真になった

場合,SELECTION フェーズの終了直後に MESSAGE OUT フェーズに遷移する。

(f)

ターゲットは,RESELECTION フェーズ中に ATN が真になった場合,IDENTIFY メッセージを送出

した後で MESSAGE OUT フェーズに遷移する。

備考  イニシエータは,RESELECTION フェーズの場合,BUS DEVICE RESET 又は DISCONNECT の

メッセージ送出のときにだけ ATN を真にする。それ以外の場合に ATN を真にすると,結合に

あいまいな結果が生ずることがある。

イニシエータは,複数バイトのメッセージ転送が必要な場合,ATN を引き続き真に保持する。

イニシエータは,MESSAGE OUT フェーズ中(このとき,ATN を偽にしてはならない。

)で ACK が真

になっているときを除いて任意の時点で ATN を偽にしてよい。通常,MESSAGE OUT フェーズの最後の

REQ

・ACK 応答確認で,REQ が真で,かつ ACK が偽のとき,ATN を偽にする。

6.2.2

リセット状態  リセット状態は,すべての SCSI 装置を直ちにバスから開放させるために使用する。

この状態は,他のすべてのフェーズ及び状態に優先する。どの SCSI 装置も,リセット保持時間の間,RST

を真に保持することによって,リセット状態を生成することができる。

すべての SCSI 装置は,RST が真に遷移してから,バス開放遅延時間以内にすべてのバス信号(RST を

除く。

)を開放する。リセット状態に続くフェーズは,常に BUS FREE フェーズとする。

SCSI

装置は,ハードリセット(6.2.2.1 参照)又はソフトリセット(6.2.2.2 参照)のいずれかを組み込ま

なければならない。

リセット状態に対する未完了入出力プロセス,

予約及び操作モードについての対応は,

SCSI

装置がハードリセット又はソフトリセットのいずれを組み込んでいるかによって異なる。ターゲット

は,組み込んでいるリセット機能を INQUIRY データのソフトリセット (SftRe) ビット(8.2.5 参照)で報

告する。

備考  環境条件(例えば,静電放電)によって,RST に瞬間的にグリッチが発生する。SCSI 装置は,

このグリッチに対する対策をとることが望ましいが,具体的な方法は規定しない。RST が真に

遷移した後のバス開放遅延時間は,RST が真になったことを確認した時点からではなく,実際

に RST が真に遷移した時点から測定する。これによって,バス開放遅延時間の最大値に対する


41

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

RST

確認時間を制限する。

6.2.2.1

ハードリセット機能  ハードリセット機能をもつ SCSI 装置は,リセット状態を検出したとき,

次の動作を行う。

(a)

待ち行列中の入出力プロセスを含め,すべての入出力プロセスをクリアする。

(b)

すべての予約を解除する。

(c)

すべての操作モード(MODE SELECT,    PREVENT ALLOW MEDIUM REMOVAL などのコマンドに

対する操作モード)を,電源投入時と同じ省略時値に戻す。MODE SELECT パラメタの値を記憶す

る機能がある場合は,最後に記憶した値に戻す。記憶した値がないときは,省略時値に設定する。

(d)

ユニットアテンション状態(7.9 参照)を設定する。

ターゲットは,ハードリセット状態によってリセットを行った後で選択された場合,TEST UNIT READY,

INQUIRY

及び REQUEST SENSE のコマンドに対して,適切な状態バイト及びセンスデータの応答ができ

ることが望ましい。

6.2.2.2

ソフトリセット機能  ソフトリセット機能をもつ SCSI 装置は,リセット状態を検出したとき,

次の動作を行う。

(a)

正常に認識している未完了の入出力プロセスを完了するよう試みる。

(b)

すべての予約を保持する。

(c)

すべての操作モード(MODE SELECT,PREVENT ALLOW MEDIUM REMOVAL などのコマンドに

対する操作モード)を保持する。

(d) RESET

状態に先立って,待ち行列中の入出力プロセスの処理を継続するのに必要なすべての情報を

保持する。

ソフトリセット機能は,複数イニシエータシステムにおいて,他のイニシエータの操作を妨げることな

く,1 台のイニシエータがバスをリセットする。ソフトリセットを行うには,次の条件を必要とする。

(a)

イニシエータは,IDENTIFY メッセージ(待ち行列タグ付きメッセージが付加されていてもよい。

をターゲットに送り,ターゲットが他の情報転送フェーズに遷移して情報の転送又は転送要求をす

るまで,入出力プロセスが確立したとは見なさない。

(b)

ターゲットは,イニシエータが ATN を偽にしている場合,IDENTIFY メッセージ(待ち行列タグメ

ッセージが付加されていてもよい。

)を正常に受信したときに,

入出力プロセスが確立したと見なす。

(c)

イニシエータが論理ユニットを選択した場合,論理ユニットがそのイニシエータからの同じ待ち行

列タグをもつ入出力プロセスを処理中のとき,ターゲットは,

処理中の入出力プロセスをクリアし,

新しい入出力プロセスを実行する。

(d)

ターゲットがイニシエータを再選択した場合,イニシエータにその記録がないとき,イニシエータ

は,再選択した入出力プロセスのタグの有無によって ABORT メッセージ又は ABORT TAG メッセ

ージを送って,入出力プロセスを打ち切る。

(e)

イニシエータは,正常に受信した COMMAND COMPLETE メッセージに対して,その ACK を送り

終わった(ACK を偽に遷移した)ときに,入出力プロセスが完了したと見なす。

(f)

ターゲットは,ATN が偽で,かつ COMMAND COMPLETE メッセージに対する ACK が偽に遷移し

たときに,入出力プロセスが完了したと見なす。

(g)

イニシエータは,現行ポインタの値を実際に記憶データポインタに記録するまで SAVE DATA

POINTER

メッセージに対する ACK を送ってはならない。

(h)

ターゲットは,SAVE DATA POINTER メッセージを送った場合,ATN が偽で,かつそのメッセージ


42

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

に対する ACK が偽に遷移したときに,現行データポインタの値が記憶データポインタに記録され

たと見なす。

(i)

ターゲットは,SAVE DATA POINTER メッセージのために REQ を真にした後,ACK が偽に遷移す

る前にリセット状態が発生した場合は,記憶データポインタに記録されたか否かの確認ができない

ため,CHECK CONDITION 状態バイトで入出力プロセスを終了する。ターゲットは,センスキーに

ABORTED COMMAND

を設定する。これは,ターゲットが,実際に記憶されている記憶データポイ

ンタがいずれであるか決定できない場合に必要となる。

備考  (f)又は(h)で,ATN が真ならば,ターゲットは,通常,MESSAGE OUT フェーズに遷移し,メ

ッセージバイトを受信するよう試みる。メッセージバイトを正しく受信する前に,リセット状

態が発生した場合,ターゲットは,イニシエータが COMMAND COMPLETE メッセージ又は

SAVE DATA POINTER

メ ッ セ ー ジ を 正 し く 受 信 で き な か っ た と 見 な す 。 COMMAND

COMPLETE

メッセージの場合,ターゲットは,イニシエータを再選択し,再び COMMAND

COMPLETE

メッセージを送ることを試みる。SAVE DATA POINTER メッセージの場合,ターゲ

ットは,イニシエータを再選択し,(i)の手順で入出力プロセスを終了する。

6.3

SCSI

バスのフェーズ遷移順序  バスのフェーズは,次の順序で遷移する。

リセット状態は,すべてのフェーズを打ち切ることができ,その後,BUS FREE フェーズが続く。BUS

FREE

フェーズは,すべてのフェーズの後に続くが,その多くは誤り状態による(6.1.1 の予定外切断参照)

遷移可能なバスのフェーズを,

図 16 に示す。通常,BUS FREE フェーズの後に ARBITRATION フェー

ズ,ARBITRATION フェーズの後に SELECTION フェーズ又は RESELECTION フェーズ,更に SELECTION

フェーズ又は RESELECTION フェーズの後に一つ以上の情報転送フェーズ(COMMAND,DATA,STATUS

又は MESSAGE のフェーズ)が,それぞれ続く。通常,情報転送フェーズの最後は,DISCONNECT 又は

COMMAND COMPLETE

のメッセージのための MESSAGE IN フェーズとし,その後に BUS FREE フェー

ズが続く。


43

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

図 16  フェーズ遷移図

6.4

SCSI

ポインタ  図 17 に,入出力プロセスを実行するためのイニシエータとターゲットとの間の経

路を簡略化して示す。

SCSI

のイニシエータは,コマンド,データ及び状態バイトに対して,それぞれ 3 種類の現行ポインタ及

び記憶ポインタを備える。イニシエータは,すべての入出力プロセスに共通な一組の現行ポインタ及び各

入出力プロセスごとの記憶ポインタをもつ。入出力プロセスを起動すると,3 種類の記憶ポインタの内容

を現行ポインタに複写する。現行ポインタは,イニシエータとターゲットとの間で,それぞれ,その次に

転送するコマンド,データ又は状態バイトに対するイニシエータの記憶装置の開始アドレスを示す。

記憶コマンドポインタは,常に入出力プロセスに対応するコマンド記述ブロック(7.2 参照)の開始アド

レスを記憶する。記憶状態バイトポインタは,常に入出力プロセスに対応する状態バイト領域の開始アド

レスを記憶する。

記憶データポインタは,

入出力プロセスに対する SAVE DATA POINTER メッセージ

6.6.20


44

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

参照)を受け取るまで,入出力プロセスに対応するデータ領域の開始アドレスを記憶する。

図 17  簡略化した SCSI システム

SAVE DATA POINTER

メッセージを受け取ったイニシエータは,現行データポインタの値を,入出力プ

ロセスに対応する記憶データポインタに複写して記憶する。ターゲットは,RESTORE POINTERS メッセ

ージ(6.6.19 参照)をイニシエータに送って,起動した入出力プロセスに対応する記憶ポインタの値で現

行ポインタを復元することを要求できる。RESTORE POINTERS メッセージを受け取ったイニシエータは,

3

種類(コマンド,データ及び状態バイト)の記憶ポインタの値を,それぞれの現行ポインタに複写する。

ターゲットがバスから切断されているときは,各記憶ポインタに記憶された値だけが保持される。入出力

プロセスの再接続で,各記憶ポインタに記憶されていた値がそれぞれの現行ポインタに復元される。

備考  データポインタの値は,入出力プロセスの終了までにターゲットが変更することがあるため確

実ではないので、転送長の検査に使用してはならない。

6.5

メッセージシステム仕様  インタフェースを管理するために,メッセージシステムを用いて,イニ

シエータとターゲットとの間の通信を行う。メッセージは,1 バイト又は複数バイトからなる。複数バイ

トのメッセージの通信は,一つのメッセージフェーズ内で行うこととし,複数のメッセージフェーズに分

割してはならない。イニシエータは,

表 10 に示すメッセージの送信を完了した場合,ATN を偽にして

MESSAGE OUT

フェーズを終了しなければならない。

ここでは,1 バイトメッセージ,2 バイトメッセージ及び拡張メッセージの形式を規定する。

表 に示す

とおり,メッセージの第 1 バイトの値がメッセージの形式を決定する。

表 9  メッセージの形式

第 1 バイトの値

メッセージの形式

00h 1

バイトメッセージ (COMMAND COMPLETE)

01h

拡張メッセージ

02

∼1Fh 1 バイトメッセージ

20

∼2Fh 2 バイトメッセージ

30

∼7Fh

保留

80

∼FFh 1 バイトメッセージ (IDENTIFY)

1

バイトメッセージは,一つのメッセージフェーズで転送する 1 バイトメッセージからなる。第 1 バイ

トのコード及びメッセージの意味を

表 10 に示す。


45

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 10  メッセージコード

組込み

コード

I T

メッセージ名称

転送方向  最終 ACK 前の

ATN

の偽(

5

)

00h M

M

COMMAND

COMPLETE

入力

01h

拡張メッセージ

(

4

)

O

O

MODIFY DATA POINTER

入力

(

4

)

O

O

SYNCHROUNOUS DATA TRANSFER REQUEST

入力  出力

(

4

)

O

O

WIDE DATA TRANSFER REQUEST

入力  出力

02h

O

O

SAVE DATA POINTER

入力

03h O

O

RESTORE

POINTERS

入力

04h O

O

DISCONNECT

入力

04h O

O

DISCONNECT

    出力

05h

M

M

INITIATOR DETECTED ERROR

    出力

06h O

M

ABORT

    出力

07h M

M

MESSAGE

REJECT

入力  出力

08h M

M

NO

OPERATION

    出力

09h

M

M

MESSAGE PARITY ERROR

    出力

0Ah

O

O

LINKED COMMAND COMPLETE

入力

0Bh

O

O

LINKED COMMAND COMPLETE (WITH FLAG)

入力

0Ch

O

M

BUS DEVICE RESET

    出力

0Dh O

O

ABORT

TAG(

1

)

    出力

0Eh 

O O

CLEAR

QUEUE(

1

)

    出力

0Fh O

O

INITIATE

RECOVERY

入力

0Fh O

O

INITIATE

RECOVERY(

2

)

    出力

10h O

O

RELEASE

RECOVERY

    出力

11h

O

O

TERMINATE I/O PROCESS

    出力

12

∼1Fh

保留

待ち行列タグメッセージ(2 バイト)

20h O

O

SIMPLE

QUEUE

TAG

入力  出力

×

21h

O

O

HEAD OF QUEUE TAG

    出力

×

22h O

O

ORDERED

QUEUE

TAG

    出力

×

23h O

O

IGNORE

WIDE

RESIDUE

(2 バイト)

入力

24

∼2Fh

2

バイトメッセージのために保留

30

∼7Fh

保留

80h(

3

) M

O

IDENTIFY

入力

80h(

3

) M

M

IDENTIFY

    出力

×

(

1

) ABORT

TAG

メッセージ及び CLEAR QUEUE メッセージは,タグ付き待ち行列機能を組み込む場合,必

す(須)とする。

(

2

)

イニシエータが発行する INITIATE RECOVERY は,非同期事象報告プロトコルの間だけ有効とする。

(

3

) 80

∼FFh のコードは,IDENTIFY メッセージで使用する(

表 13 参照)。

(

4

)

拡張メッセージ(

表 11 及び表 12 参照)。

(

5

)

情報転送フェーズでイニシエータが ATN を偽にするタイミング。

○:最後の ACK の前に ATN を偽にしなければならない(6.2.1 参照)

×:最後の ACK の前に ATN を偽にしなくてもよい(6.2.1 参照)

−:適用外。

備考  組込みの項目は,イニシエータ (I) 及びターゲット (T) でのメッセージの組込みが必す(須) (M) 又

は任意選択 (O) のいずれであるかを示す。

2

バイトメッセージは,一つのメッセージフェーズで転送する 2 バイトのメッセージからなる。第 1 バ

イトのコード及びメッセージの意味を

表 10 に示す。第 2 バイトは,パラメタバイトとする(6.6 参照)。

メッセージの第 1 バイト(バイト 0)が 01h の場合は,拡張メッセージとする。拡張メッセージで送る


46

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

バイト数は,3 バイト以上とする。拡張メッセージの形式及びコードを,

表 11 及び表 12 に示す。

表 11  拡張メッセージの形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

拡張メッセージ (01h)

1

拡張メッセージ長 (n)

2

拡張メッセージコード (y)

3

n

+1

拡張メッセージ引数

バイト 1 の拡張メッセージ長は,後続の拡張メッセージコード及び拡張メッセージ引数のバイト数の合

計を示す。拡張メッセージ全体のバイト数は,拡張メッセージ長に 2 を加えたものに等しい。拡張メッセ

ージ長が 0 の場合,その後に 256 バイトが続くことを示す。

拡張メッセージコードは,

表 12 のとおりとする。拡張メッセージ引数は,6.6 で規定する。

表 12  拡張メッセージコード

コード

意味

00h

MODIFY DATA POINTER

01h SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

02h

保留*

03h

WIDE DATA TRANSFER REQUEST

04

∼7Fh

保留

80

∼FFh

製造者指定

*

拡張メッセージコードの 02h は,SCSI-1 で EXTENDED

IDENTIFY

として使用している。

SELECTION

フェーズの後で,イニシエータが最初に送るメッセージは,IDENTIFY,ABORT 又は BUS

DEVICE RESET

とする。ターゲットは,SELECTION フェーズの後でこれら以外のメッセージを最初に受

け取った場合,BUS FREE フェーズに遷移しなければならない(6.1.1 の予定外切断参照)

最初のメッセージが IDENTIFY メッセージの場合,その直後に,例えば,SYNCHRONOUS DATA

TRANSFER REQUEST

などのメッセージが続いてもよい。タグ付き待ち行列機能を使用する場合は,

IDENTIFY

メッセージ(6.6.7 参照)の後に待ち行列タグメッセージを発行する。IDENTIFY メッセージは,

イニシエータと,ターゲット内の特定の論理ユニット又はターゲットルーチンとの間に I_T_L 結合又は

I_T_R

結合と呼ぶ論理的接続を確立する。RESELECTION フェーズの後で,ターゲットが最初に送るメッ

セージは,IDENTIFY とする。このメッセージによって,I_T_L 結合又は I_T_R 結合が再確立される。い

ずれの接続でも,ただ一つの論理ユニット又はターゲットルーチンが識別される。ターゲットは,接続中

に異なった論理ユニット番号又はターゲットルーチン番号を指定した二つ目の IDENTIFY メッセージを受

け取った場合,BUS FREE フェーズに遷移しなければならない(6.1.1 の予定外切断参照)

。その他のアド

レス誤りの扱いは,7.5 による。

イニシエータ及びターゲットは,

表 10 で,それぞれ必す(須)とされているメッセージの機能を組み込

まなければならない。

イニシエータは,切断を許している I_T_L 結合又は I_T_R 結合が確立されている場合,その論理ユニッ

ト又はターゲットルーチンに対する記憶ポインタの値と現行ポインタの値とを等しく保たなければならな

い。すなわち,再接続を行う場合,記憶ポインタの値を現行ポインタに自動的に複写しなければならない。

6.6

メッセージ  SCSI で使用するメッセージは,次のとおりとする。


47

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

6.6.1

ABORT

  このメッセージは,I_T_x 結合している入出力プロセスをクリアするために,イニシエ

ータがターゲットに送る。このメッセージを受け取ったターゲットは,BUS FREE フェーズに遷移する。

他の結合に関連する保留中のデータ,状態バイト及び入出力プロセスをクリアしてはならない。

一つの I_T 結合だけが確立されているとき,ターゲットは,ABORT メッセージで BUS FREE フェーズ

に遷移する。このとき,その入出力プロセスに関する状態バイト又はメッセージを送ってはならず,他の

入出力プロセスに影響を与えてはならない。

備考1.  一つの I_T 結合だけが有効な場合の ABORT メッセージは,パリティ誤りでターゲットから

の IDENTIFY メッセージを受け取れないときに,イニシエータが現在の結合を終了させるの

に用いるとよい。この場合,その I_T 結合に関連する保留中のデータ若しくは状態バイト又

は待ち行列中の入出力プロセスに影響を与えてはならない。

2.

6.2.1(f)

の規定によって,再接続における I_T 結合を打ち切ることができない。

このメッセージを,実行中又は待ち行列中の入出力プロセスをもたない I_T_x 結合に発行することは誤

りではない。

設定されている MODE SELECT パラメタ,予約,拡張誤り情報保持状態などの条件を ABORT メッセー

ジで変更してはならない。

備考  BUS DEVICE RESET,CLEAR QUEUE,ABORT 及び ABORT TAG のメッセージは,正常終了

以前に一つ以上の入出力プロセスをクリアする。BUS DEVICE RESET メッセージは,ターゲッ

トのすべての論理ユニット及びターゲットルーチンに存在し,すべてのイニシエータに関係す

る入出力プロセスのすべてをクリアする。CLEAR QUEUE メッセージは,ターゲットの特定の

論理ユニット又はターゲットルーチンに存在し,すべてのイニシエータに関係する入出力プロ

セスのすべてをクリアする。ABORT メッセージは,ターゲットの特定の論理ユニット又はタ

ーゲットルーチンに存在し,選択したイニシエータに関係する入出力プロセスのすべてをクリ

アする。ABORT TAG メッセージは,実行中の入出力プロセスだけをクリアする。

6.6.2

ABORT TAG

  このメッセージは,タグ付き待ち行列機能を組み込んでいる場合には必す(須)と

し,タグなし待ち行列機能を組み込んでいる場合には任意とする。このメッセージを受け取ったターゲッ

トは,BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットは,実行中の入出力プロセスをクリアする。ターゲッ

トがその入出力プロセスの実行を開始している場合,その入出力プロセスの実行を停止する前に媒体の内

容が変更されていてもよい。

他の実行中又は待ち行列中の入出力プロセスに関連する保留中の状態バイト,

データ及びコマンドに影響を与えてはならない。待ち行列中で I_T_x 結合に関係している他の入出力プロ

セスの実行を打ち切ってはならない。

設定されていた MODE SELECT パラメタ,予約及び拡張誤り情報保持状態などの条件は,ABORT TAG

メッセージで変更してはならない。

再接続時には,ABORT TAG メッセージは,完全に認識できている入出力プロセスを打ち切る。認識で

きていない場合(すなわち,I_T_L 結合は存在するが,ターゲットが I_T_L_Q 結合に再接続されている場

合)

,入出力プロセスを打ち切らず,ターゲットは,BUS FREE フェーズに遷移する。

備考 ATN が IDENTIFY メッセージの途中又は前で真になり,かつターゲットがそのイニシエータに

対してタグ付き入出力プロセスだけをもっている場合,再接続における結合が認識できない。


48

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

6.6.3

BUS DEVICE RESET

  このメッセージは,SCSI 装置のすべての入出力プロセスをクリアするため

に,イニシエータがターゲットに送る。このメッセージは,選択したターゲットに対し,ハードリセット

状態を発生させる。このメッセージを受け取ったターゲットは,BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲ

ットは,すべてのイニシエータに対してユニットアテンション状態を生成する(7.9 参照)

6.6.4

CLEAR QUEUE

  このメッセージは,タグ付き待ち行列機能を組み込んでいる場合には必す(須)

とし,タグなし待ち行列機能を組み込んでいる場合には任意とする。このメッセージを受け取ったターゲ

ットは,BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットは,各イニシエータから一連の ABORT メッセージ

を受け取ったのと同様に動作する。待ち行列に存在する指定された論理ユニットに対するすべてのイニシ

エータからの入出力プロセスを,待ち行列からすべてクリアする。実行中の入出力プロセスをすべて停止

する。実行を停止する前に,媒体が書き換えられていてもよい。論理ユニット又はターゲットルーチンに

ついて,保留中のすべてのイニシエータに対するすべての状態バイト又はデータをクリアするが,状態バ

イト又は終了メッセージは,いずれのイニシエータにも送らない。ターゲットは,論理ユニット又はター

ゲットルーチンが実行中又は待ち行列中の入出力プロセスをもっている他のイニシエータに対してユニッ

トアテンション状態を生成する。ユニットアテンション状態を報告するとき,追加センスコードに

COMMAND CLEARED BY ANOTHER INITIATOR

を設定する。

以前に設定された MODE SELECT パラメタ,予約,拡張誤り情報保持状態などの条件は,CLEAR QUEUE

メッセージで変更してはならない。

6.6.5

COMMAND COMPLETE

  このメッセージは,入出力プロセスが終了し,有効な状態バイトを送

ったことを知らせるために,ターゲットがイニシエータに送る。このメッセージを送ったターゲットは,

BSY

を開放して BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットは,イニシエータが ATN を偽にして,メッ

セージに対する ACK を偽にしたことを検出したとき,このメッセージの転送が成功したと見なす。

備考  入出力プロセスが成功したかどうかは,状態バイトで示す。

6.6.6

DISCONNECT

  このメッセージは,現在の接続を切断(ターゲットによる BSY の開放)したい

ことを知らせるために,ターゲットがイニシエータに送る。この場合,入出力プロセスを終了するために

は,後で再接続が必要となる。イニシエータは,このメッセージで,現行ポインタの値を記憶ポインタに

記憶してはならない。ターゲットは,このメッセージを送った後,BSY を開放して,BUS FREE フェーズ

に遷移する。ターゲットは,イニシエータが ATN を偽にして,DISCONNECT メッセージに対する ACK

を偽にしたことを検出したとき,このメッセージの転送が成功したと見なす。

データ転送を複数の接続に分割したいターゲットは,それぞれの接続を切断するとき(最終の接続は,

除外してもよい。

,SAVE DATA POINTER メッセージの後で,DISCONNECT メッセージを送る。

このメッセージは,イニシエータがターゲットに対して,SCSI バスの切断を指示するためにも使用する。

切断機能を組み込んだターゲットは,このメッセージを受け取った後,MESSAGE IN フェーズに遷移して,

イニシエータに DISCONNECT メッセージを送った後(通常,SAVE DATA POINTER メッセージを先に送

る。

,BSY を開放して,BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットは,BSY を開放した後,切断遅延時

間又は切断・再接続ページ(8.3.3.2 参照)で指定された切断制限時間のいずれか大きいほうの時間まで,

ARBITRATION

フェーズに遷移しようとしてはならない。ターゲットは,イニシエータから DISCONNECT

メッセージを受け取った場合,ターゲットがこの機能をもっていないとき又は切断が不可能なときは,

MESSAGE REJECT

メッセージでイニシエータに応答する。

6.6.7

IDENTIFY

  このメッセージ(

表 13 参照)は,I_T_L 結合又は I_T_R 結合を確立するために,イ

ニシエータ又はターゲットが発行する。


49

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

備考 I_T_R 結合を設定する IDENTIFY メッセージは,ターゲットのもつ 8 個までのターゲットルー

チン又は機能を設定できる。これらのターゲットルーチンは,保守用及び診断用に用いる。

表 13  IDENTIFY メッセージの形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0 Idntfy

DiscPriv

LUNTAR

保留

保留 LUNTRN

備考    Idntfy

:識別      DiscPriv:切断特権

LUNTAR

:論理ユニットターゲット

LUNTRN

:論理ユニット番号ターゲットルーチン番号

識別 (Idntfy) ビットは,IDENTIFY メッセージであることを示すために “1” に設定する。

切断特権 (DiscPriv) ビットは,イニシエータがターゲットに切断を許す場合に, “1” に設定する。こ

のビットが “0” の場合,ターゲットは,切断を行ってはならない。

論理ユニットターゲット (LUNTAR) ビットが “0” の場合は,入出力プロセスが論理ユニットで実行さ

れる。このビットが “1” の場合は,入出力プロセスがターゲットルーチンで実行される。

論理ユニット番号ターゲットルーチン番号 (LUNTRN) は,LUNTAR ビットが “0” のとき論理ユニット

番号を表し,LUNTAR ビットが “1” のときターゲットルーチン番号を表す。この番号に誤りがあった場

合の処理は,

7.5.3

による。

ターゲットルーチンに対する有効なコマンドは,

INQUIRY

及び REQUEST SENSE

だけとする。ターゲットルーチンに対してそれ以外のコマンドを受け取ったターゲットは,そのコマンド

を CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を設定する。

保留ビットが “1” の IDENTIFY メッセージ及びターゲットルーチンをもたないターゲットに対する

LUNTAR

ビットが “1” の IDENTIFY メッセージは,無効とする。無効なメッセージを受け取ったターゲ

ットは,

直ちに MESSAGE REJECT メッセージを送るか又は CHECK CONDITION 状態バイトで終了する。

CHECK CONDITION

状態バイトで終了した場合は,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコ

ードに INVALID BITS IN IDENTIFY MESSAGE をそれぞれ設定する。

入出力プロセスは,ただ一つの論理ユニット番号又はターゲットルーチン番号だけを識別する。イニシ

エータは,一つの接続について,複数の IDENTIFY メッセージを送ってもよい。ただし,BUS FREE フェ

ーズに遷移する前に,異なった値の LUNTAR 又は LUNTRN を設定した IDENTIFY メッセージを送っては

ならない。BUS FREE フェーズに遷移する前に異なった値の IDENTIFY メッセージを受け取ったターゲッ

トは,BUS FREE フェーズに遷移する(6.1.1 の予定外切断参照)

。イニシエータは,DiscPriv ビットを変更

してもよいが,ほかの入出力プロセスに切り換える試みはしなくてよい[データ転送切断制御 (DTDC) に

ついては,8.3.3.2 の切断・再接続ページ参照]

。再接続の間に,ターゲットからの IDENTIFY メッセージ

を受け取ったイニシエータは,次のフェーズの ACK を真にする前に,RESTORE POINTERS メッセージを

受け取ったときと同じ動作を行う。

再接続中に IDENTIFY メッセージがイニシエータに送られた場合,次のフェーズで ACK を真にする前

に,イニシエータは,RESTORE POINTERS メッセージに対するのと同じ動作を暗黙的に実行する。

再接続中の MESSAGE IN フェーズで結合の識別ができた後で,かつ次の転送に対する ACK を偽にする

前に,イニシエータは,RESTORE POINTERS メッセージに対するのと同じ動作を暗黙的に実行する。

初期接続中又はイニシエータ再接続中の識別は,IDENTIFY メッセージの転送に誤りがなく,かつ,

SELECTION

フェーズの後の MESSAGE OUT フェーズで任意機能の待ち行列タグメッセージがあるときに

成功したと見なす。IDENTIFY 及び待ち行列タグメッセージの順序は,6.5 による。MESSAGE OUT フェ

ーズ中の誤りの扱いは,6.1.9.2 による。


50

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ターゲット再接続中の識別は,RESELECTION フェーズの直後の MESSAGE IN フェーズにおいて,

I_T_L_Q

結合のための IDENTIFY メッセージ又は SIMPLE QUEUE TAG メッセージのいずれかの転送中に

ATN

が真にならなかったときに成功と見なす。IDENTIFY メッセージ及び待ち行列タグメッセージの順序

は,6.5 による。MESSAGE IN フェーズ中の誤りの扱いは,6.2.1(d)による。

6.6.8

IGNORE WIDE RESIDUE

  表 14 に示す IGNORE WIDE RESIDUE メッセージは,複数バイト幅デ

ータ転送の DATA IN フェーズにおいて,最終の REQ・ACK 及び REQB・ACKB の応答確認で,合意してい

るデータ幅より少ないデータ幅で転送したことを示すために,ターゲットがイニシエータに送る。無効バ

イトコードは,転送された最終データの中の無効とするバイト位置(ビット番号表示)を示す。ターゲッ

トは,このメッセージを DATA IN フェーズの直後で,かつ他のメッセージ転送の前に送る。

表 14  IGNORE WIDE RESIDUE メッセージ

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

メッセージコード (23h)

1

無効バイトコード

無効バイトコードと無効とするバイトとの関係は,

表 15 のとおりとする。

備考  一つの入出力プロセスの中で,複数の IGNORE WIDE RESIDUE メッセージが送られてもよい。

表 15  無効バイトコード

無効データのビット番号

コード

32

ビット幅転送の場合 16 ビット幅転送の場合

00h

保留

保留

01h DB

(31

∼24) DB

(15

∼8)

02h DB

(31

∼16)

保留

03h DB

(31

∼8)

保留

04

∼FFh

保留

保留

無効とするバイトについても正しいパリティビットを付加しなければならない。16 ビット(2 バイト)

幅転送の場合,DB (31∼16)  は,常に無効とし,対応するパリティビットも無効とする。

6.6.9

INITIATE RECOVERY

  拡張誤り情報保持状態の機能を組み込んだターゲットは, CHECK

CONDITION

状態バイト又は COMMAND TERMINATED 状態バイトの後で,このメッセージをイニシエー

タに送って,拡張誤り情報保持状態に入ることを知らせる。拡張誤り情報保持状態は,7.7 で規定する終了

まで,その状態を継続する。

非同期事象が発生した場合,ターゲットは,一時的にイニシエータになって,IDENTIFY メッセージ及

び待ち行列タグ付きメッセージを送った後で,非同期事象を通知する SEND コマンドの COMMAND フェ

ーズの前に INITIATE RECOVERY メッセージを送って,この状態に遷移してもよい(7.5.5 参照)

。このメ

ッセージ転送が成功したことによって,拡張誤り情報保持状態が確立される。拡張誤り情報保持状態は,

7.7

で規定する終了まで,その状態を継続する。

備考  ターゲットが複数のイニシエータに非同期事象を通知する場合,ただ一つの通知だけに

INITIATE RECOVERY

メッセージを入れる。

INITIATE RECOVERY

メッセージに対する応答として,MESSAGE REJECT メッセージが返された場合

は,拡張誤り情報保持状態を確立してはならない。INITIATE RECOVERY メッセージの拒否は,拡張誤り

情報保持状態の有効・無効(8.3.3.1 参照)の切換えをしない。


51

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

6.6.10  INITIATOR DETECTED ERROR

  このメッセージは,イニシエータが誤り(ターゲットが再試行

可能な誤りを含む。

)を検出したことを知らせるために,ターゲットに送る。誤りの原因は,SCSI バスの

以前の操作又はイニシエータ内部状態に関連していてもよいし,SCSI バスの以前の操作に関連していなく

てもよい。ポインタの内容が不確実な場合,ターゲットは,RESTORE POINTERS メッセージを転送する

か,又は SAVE DATA POINTER メッセージを伴わない切断の後で再接続を行うことによって,ポインタを

以前の状態に復元できる。

6.6.11  LINKED COMMAND COMPLETE

  このメッセージは,リンクコマンドの実行を完了し,状態バ

イトを送ったことを知らせるために,ターゲットがイニシエータに送る。このメッセージを受け取ったイ

ニシエータは,後続のリンクするコマンドのために,ポインタの初期化を行う。

6.6.12  LINKED COMMAND COMPLETE (WITH FLAG) 

  このメッセージは,フラグビットを “1” に

設定したリンクコマンドの実行を完了し,状態バイトを送ったことを知らせるために,ターゲットがイニ

シエータに送る。このメッセージを受け取ったイニシエータは,後続のリンクするコマンドのために,ポ

インタの初期化を行う。このメッセージは,主として,二つのリンクされたコマンド間でイニシエータに

割込みを発生させるために使用する。

6.6.13  MESSAGE PARITY ERROR

  このメッセージは,最後に受信したメッセージにパリティ誤り

6.1.9.2 参照)があったことを知らせるために,イニシエータがターゲットに送る。

このメッセージを送る場合,パリティ誤りの検出されたメッセージバイトをターゲットが確認できるよ

うに,イニシエータは,パリティ誤りを検出したメッセージバイトの REQ・ACK 応答確認の ACK を偽に

する前に ATN を真にする。イニシエータにメッセージを転送した後でないときにこのメッセージを受け取

ったターゲットは,致命的な誤りが発生したと見なして,それ以上,情報転送を行わずに BSY を開放する

6.1.1 予定外切断参照)

このメッセージを受け取った後,ターゲットは,他のフェーズに遷移する前に MESSAGE IN フェーズに

戻って,パリティ誤りの発生したメッセージ全体を再送する。

6.6.14  MESSAGE REJECT

  このメッセージは,最後に受信したメッセージ若しくはメッセージバイトが

不適切であること,又はその機能が組み込まれていないことを知らせるために,イニシエータ又はターゲ

ットが相手に送る。

このメッセージを送る場合,イニシエータは,拒否するメッセージバイトをターゲットが確認できるよ

うに,拒否するメッセージバイトの REQ・ACK 応答確認の ACK を偽にする前に ATN を真にする。イニシ

エータにメッセージを転送した後でないときにこのメッセージを受け取ったターゲットは,このメッセー

ジを拒否する。

ターゲットがこのメッセージを送る場合,拒否するメッセージバイトをイニシエータが確認できるよう

に,後続のメッセージバイトの転送をイニシエータに要求する前に,MESSAGE IN フェーズに遷移して,

このメッセージを送る。

ターゲットがこのメッセージを送った後で,ATN の真が続いている場合,ターゲットは,MESSAGE OUT

フェーズに戻らなければならない。このときの MESSAGE OUT フェーズの転送は,メッセージの第 1 バイ

トから始まる。

6.6.15  MODIFY DATA POINTER

  このメッセージ(

表 16 参照)は,現行データポインタの値に,符号

付き引数(負の場合は,2 の補数)の値を加えるために,ターゲットがイニシエータに送る。


52

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 16  MODIFY DATA POINTER

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

メッセージコード (01h)

1

拡張メッセージ長 (06h)

2

MODIFY DATA POINTER

コード (00h)

3

(最上位ビット)

6

引数

(最下位 ビット)

6.6.16  NO OPERATION

  このメッセージは,イニシエータに MESSAGE OUT フェーズで転送するメッ

セージがないことを示すために,イニシエータがターゲットに送る。

例えば,ターゲットがアテンション状態に応答するのが遅く,MESSAGE OUT フェーズに遷移した時点

でイニシエータの用意したメッセージが無効になっていたような場合に,このメッセージを使用する。

6.6.17

待ち行列タグメッセージ  表 17 に待ち行列タグメッセージの形式を示す。ターゲットが任意選択

機能のタグ付き待ち行列機能を組み込む場合,これらのメッセージが必要になる。

待ち行列タグメッセージは,HEAD OF QUEUE TAG,ORDERED QUEUE TAG 及び SIMPLE QUEUE TAG

の 3 種とする。タグ付き待ち行列は,論理ユニットだけに使用し,ターゲットルーチンには使用しない。

表 17  待ち行列タグメッセージ

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

メッセージコード(20h,21h 又は 22h)

1

待ち行列タグ (00h∼FFh)

タグ付き待ち行列機能をもっていないターゲットが待ち行列タグメッセージを受け取った場合及びター

ゲットルーチンが待ち行列タグメッセージを受け取った場合は,MESSAGE REJECT メッセージで応答し,

待ち行列タグがないものとして入出力プロセスを受け入れる。

待ち行列タグメッセージは,I_T_L_Q 結合を確立する入出力プロセスの識別子として,待ち行列タグを

用いる。最初の接続のとき,イニシエータは,識別子として 8 ビットの符号なし整数を割り当てる。各 I_T_L

結合の入出力プロセスの待ち行列タグは,一意でなければならない。ターゲットが I_T_L 結合で使用中の

ものと同じ待ち行列タグを受け取った場合は,7.5.2 に従って応答する。待ち行列タグは,入出力プロセス

が終了したときに再割当てが可能となる。待ち行列タグの値は,実行順序には関係しない。

備考  イニシエータは,ターゲットの各論理ユニットに対して,入出力プロセスに 256 個までの待ち

行列タグを割り当てることができる。したがって,バスに 7 台のイニシエータが接続されてい

る場合,8 台の論理ユニットをもつ 1 台のターゲットは,14 336 個の入出力プロセスをもつこ

とができる。

イニシエータは,ターゲットと接続するとき,入出力プロセスに対する I_T_L 結合を確立するために,

IDENTIFY

メッセージの後,

同じ MESSAGE OUT フェーズの中で,

適切な待ち行列タグメッセージを送る。

一つの接続で,入出力プロセスに対するただ一つの I_T_L_Q 結合を確立してもよい。待ち行列タグメッセ

ージが転送されない場合,入出力プロセスに対してただ一つの I_T_x 結合を確立する(タグなしコマンド)

ターゲットは,イニシエータと再接続するとき,入出力プロセスに対する I_T_L 結合を続けるために,

IDENTIFY

メッセージの後,同じ MESSAGE IN フェーズの中で,SIMPLE QUEUE TAG メッセージを送っ

て,入出力プロセスに対する I_T_L_Q 結合を復活させる。一つの接続で,入出力プロセスに対するただ一

つの I_T_L_Q 結合を確立してもよい。SIMPLE QUEUE TAG メッセージが転送されない場合,入出力プロ


53

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

セスに対してただ一つの I_T_x 結合を復活する(タグなしコマンド)

ターゲットが無効な待ち行列タグを使って再接続しようとした場合,イニシエータは,ABORT メッセ

ージで応答する。

6.6.17.1  HEAD OF QUEUE TAG

  HEAD OF QUEUE TAG メッセージは,その入出力プロセスを論理ユニ

ットのコマンド待ち行列の先頭におくことを指定する。この入出力プロセスと実行中の入出力プロセスと

の実行順序を入れ換えることはしない。その後に受け取った HEAD OF QUEUE TAG メッセージの付いた

入出力プロセスは,後入れ先出しの順序で、待ち行列に入れる。

6.6.17.2  ORDERED QUEUE TAG

  ORDERED QUEUE TAG メッセージは,受け取った順序で入出力プロ

セスを実行できるように論理ユニットのコマンド待ち行列に入れることを指定する。この入出力プロセス

より前に受け取ったタグ付き入出力プロセスは,この入出力プロセスより前に実行する。この入出力プロ

セスより後に受け取ったタグ付き入出力プロセスは,HEAD OF QUEUE TAG の付いた入出力プロセスを除

いて,この入出力プロセスより後に実行する。

6.6.17.3 SIMPLE 

QUEUE 

TAG

  SIMPLE QUEUE TAG メッセージは,入出力プロセスを論理ユニットの

コマンド待ち行列に入れることを指定する。実行順序は,7.8 による。

6.6.18  RELEASE RECOVERY

  このメッセージは,INITIATE RECOVERY メッセージでターゲットが確

立した拡張誤り情報保持状態を終了させるために,イニシエータがターゲットに送る。

このメッセージは,

IDENTIFY

メッセージの後,同じ MESSAGE OUT フェーズの中で転送する。拡張誤り情報保持状態は,こ

のメッセージを正しく受け取ったときに終了する。このメッセージを受け取った後,ターゲットは,BUS

FREE

フェーズに遷移する。

拡張誤り情報保持状態の機能を組み込んでいるが拡張誤り情報保持状態の存在しないターゲットがこの

メッセージを受け取った場合,ターゲットは,これを拒否せずに BUS FREE フェーズに遷移する。

6.6.19  RESTORE POINTERS

  このメッセージは,イニシエータに入出力プロセスに対応するコマンド,

データ及び状態バイトの記憶ポインタの値を現行ポインタに複写させるために,ターゲットが送る。コマ

ンド及び状態バイトの現行ポインタは,

その時点でのコマンド及び状態バイトの開始アドレスを復元する。

データの現行ポインタは,SAVE DATA POINTER メッセージを受け取っていない場合,データ領域の開始

アドレスを復元し,SAVE DATA POINTER メッセージを受け取っている場合,最後の SAVE DATA POINTER

メッセージで記憶した値を復元する。

6.6.20  SAVE DATA POINTER

  このメッセージは,イニシエータに実行中の入出力プロセスに対するデ

ータの現行ポインタの値を記憶ポインタに複写させるために,ターゲットが送る(6.4 参照)

6.6.21  SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

  SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

メッセージ(

表 18 参照)は,以前に設定した同期データ転送に関する合意が無効になったとき,イニシエ

ータとターゲットとの間で相互に交換する。次に示す状態が発生した後は,同期データ転送に関する合意

が不確定となるため,それまでの合意を無効とする。

(1)

ハードリセット状態の後。

(2)  BUS DEVICE RESET

メッセージ受信の後。

(3)

電源切断の後。


54

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 18  SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

メッセージコード (01h)

1

拡張メッセージ長 (03h)

2

SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST

コード (01h)

3

転送間隔時間係数

4 REQ

・ACK オフセット

SCSI

装置は,SYNCHRONOUS DATA TRANSFER REQUEST (SDTR)  メッセージの相互交換によって,

データ転送方式(非同期転送又は同期データ転送)に関する折衝を起動してもよい。同期データ転送が可

能な SCSI 装置は,SDTR メッセージを MESSAGE REJECT メッセージで拒否してはならない。

備考1.  効率低下を招くおそれがあるため,選択のたびに SDTR メッセージを交換するのは,避けた

ほうがよい。

2.

初期に製造された機器の場合,SDTR メッセージを受け付けないホストアダプタがあり,電

源を投入したときにターゲットが同期転送の折衝を起動できない場合がある。同期データ転

送機能を組み込んだホストアダプタは,ターゲットが独立に電源を投入する場合,REQUEST

SENSE

コマンド及び INQUIRY コマンドの都度,同期データ転送の折衝を起動することによ

って,上の障害を避けてもよい。しかし,この方式は,SCSI バスの負荷が高くなるため,推

奨しない。同期データ転送機能を組み込んでいない場合又は同期データ転送を行いたくない

場合,SDTR メッセージを MESSAGE REJECT で拒否するのが正しい方法である。この方法

によって,複数バイトデータ転送機能及び将来の拡張機能との共通性を保つことができる。

SDTR

メッセージによって,2 台の装置の間のすべての論理ユニット及びターゲットルーチンに対する

転送間隔時間及び REQ・ACK オフセットの値を設定する。この合意は,データフェーズだけに適用する。

転送間隔時間係数の 4 倍が転送間隔時間(ns 単位)になる。転送間隔時間は,連続する REQ 及び連続

する ACK のそれぞれの始点間について,装置が受信可能な最小時間とする。

REQ

・ACK オフセットは,応答としての ACK の前縁を受信する前にターゲットが送出することができる

REQ

の最大数とする。REQ・ACK オフセットは,装置のバッファ及びオフセットカウンタにあふれを生じ

ない値に設定する。REQ・ACK オフセットの値が 00h の場合は,非同期転送を示し,FFh の場合は,オフ

セットに制限がないことを示す。

起動側(最初に SDTR メッセージを送出する装置)は,その装置で受信可能な転送間隔時間及び REQ・

ACK

オフセットの値を設定して,SDTR メッセージを送る。このメッセージを受け取った装置は,その装

置がそれらの値で受信可能(その装置の転送間隔時間が指定された値以下で,かつ REQ・ACK オフセット

の値が指定された値以上の場合)ならば,同じ値を設定した SDTR メッセージを返送する。指定された値

では,受信不可能(その装置の転送間隔時間が指定された値より大きいとき,REQ・ACK オフセットの値

が指定された値より小さいとき又はその両方)の場合,その装置で受信可能な値に置き換えて SDTR メッ

セージを返送する。各装置は,データを転送するとき,相手からの SDTR メッセージで指定された値を使

用しなければならないが,相手から指定された転送間隔時間より大きい値,相手から指定された REQ・ACK

オフセットより小さい値又はその両方の値を使用するのはよい。SDTR メッセージの交換によって,次の

事項が合意される。


55

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

返送側の応答メッセージ

合意事項

(a) REQ

・ACK オフセットが 0 でない。 各装置は,相手からの STDR で受け取った転送間

隔時間以上の値及び受け取った REQ・ACK オフセ
ット以下の値を転送する。

(b) REQ

・ACK オフセットが 0。

非同期転送。

(c) MESSAGE

REJECT

メッセージ。

非同期転送。

イニシエータは,同期転送についての折衝を必要とする場合,この折衝を開始するために,ATN を真に

して,SDTR メッセージを送る。MESSAGE OUT フェーズの終了後,ターゲットは,ターゲット自身の SDTR

メッセージで応答する。異常状態が発生して,ターゲットが正しい応答を返せない場合,イニシエータと

ターゲットとの間のデータ転送は,非同期転送モードとなる。

ターゲットが,上の(a)で応答した後で,イニシエータが ATN を真にして,MESSAGE OUT フェーズで

MESSAGE PARITY ERROR

メッセージ又は MESSAGE REJECT メッセージを送ったときは,両者間の合意

がなかったものとする。この場合,イニシエータとターゲットとの間のデータ転送は,非同期データ転送

モードとする。MESSAGE PARITY ERROR メッセージの場合は,SDTR メッセージの交換を再度行って成

功すれば,合意が成立する。ターゲットは,製造者が指定する回数(1 回以上)再交換を行っても,MESSAGE

PARITY ERROR

メッセージしか受け取れないときは,再交換を打ち切る。このとき,ターゲットは,他の

情報転送フェーズに遷移して 1 バイト以上の情報を転送するか,又は BUS FREE フェーズに遷移(6.1.1

参照)する。イニシエータは,これらの動作を受け入れて折衝を打ち切り,これによってイニシエータと

ターゲットとのデータ転送は,非同期転送モードとなる。

ターゲットは,同期転送についての折衝を必要とする場合,SDTR メッセージをイニシエータに送る。

イニシエータは,SDTR メッセージの最後のバイトの ACK を偽にする前に,ATN を真にして,SDTR メッ

セージ又は MESSAGE REJECT メッセージで応答する。異常状態が発生して,イニシエータが正しい応答

を返せない場合,イニシエータとターゲットとの間のデータ転送は,非同期転送モードとなる。

イニシエータの SDTR メッセージの後,ターゲットが MESSAGE OUT フェーズから他のフェーズに遷

移して,折衝に合意したことを示すまで,合意が得られたとしてはならない。ターゲットは,製造者が指

定する回数(1 回以上)再交換を行っても,イニシエータからの SDTR メッセージの応答を受け取れない

ときは,情報転送を行わずに BUS FREE フェーズに遷移(6.1.1 参照)する。これは,致命的な誤り状態が

発生したことを示す。これによってイニシエータとターゲットとのデータ転送は,非同期転送モードとな

る。

イニシエータの SDTR 応答に対して,ターゲットが MESSAGE IN フェーズに遷移して MESSAGE

REJECT

を返した場合は,両者間の合意がなかったものとする。この場合,イニシエータとターゲットと

の間のデータ転送は,非同期転送モードとなる。

合意は,BUS DEVICE RESET メッセージの受信まで,ハードリセット状態の発生まで又はイニシエータ

とターゲットとの間の合意の変更の開始まで,保持される。省略時のデータ転送は,非同期転送モードと

する。電源投入,BUS DEVICE RESET メッセージ受信又はハードリセット状態発生によって,省略時の転

送モードとなる。

6.6.22  TERMINATE I/O PROCESS

  TERMINATE I/O PROCESS メッセージは,媒体を変更することなく

実行中入出力プロセスを打ち切るために,イニシエータがターゲットに送る。

次の(a)及び(b)の例外を除いて,ターゲットは,現在の入出力プロセスを打ち切って COMMAND

TERMINATED

状態バイトを返す。このとき,センスキーに NO SENSE を,追加センスコード及び修飾子


56

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

に I/O PROCESS TERMINATED をそれぞれ設定する。

打ち切ろうとする入出力プロセスがデータフェーズ(DATA IN 又は DATA OUT のフェーズ)を伴う場合,

センスデータの有効ビットに “1” を設定し,情報バイトを次のとおり設定する。

(a)

コマンド記述ブロックが割当て長又はパラメタリスト長を指定している場合,情報バイトに指定さ

れたバイト数と実際に転送したバイト数との差を設定する。

(b)

コマンド記述ブロックが転送長を指定している場合,情報バイトに REQUEST SENSE コマンド

8.2.14 参照)で指定した値を設定する。

関連する入出力プロセスで誤りが検出された場合,TERMINATED I/O PROCESS メッセージを無視する。

状 態 バ イ ト の 転 送 が 未 了 で あ る が , 関 連 す る 入 出 力 プ ロ セ ス の 操 作 が 完 了 し て い る 場 合 は ,

TERMINATED I/O PROCESS

メッセージを無視する。

ターゲットが TERMINATED I/O PROCESS メッセージの機能をもたない場合又はその入出力プロセスの

停止が不可能な場合は,イニシエータに MESSAGE REJECT メッセージを送り,通常の入出力プロセスの

操作を継続する。

コマンド待ち行列に対する TERMINATE I/O PROCESS の効果は,制御モードパラメタページで指定する

待ち行列誤り処理 (QERR) (8.3.3.1 参照)及び誤り情報保持状態の生成の有無による。

備考  このメッセージは,イニシエータが現在のコマンドに対して転送されたデータ量で十分であり,

これ以上の転送を中止したいときに使用する。イニシエータは,実際に送られてきたバイト数

又はブロック数をセンスデータで知ることができる。このメッセージは,通常,イニシエータ

が優先順位の高いコマンドを早く実行したい場合,転送長の長い読取り,書込み又は検証の操

作を終結させたいときに用いる。イニシエータは,必要ならば,後でこのコマンドを完了させ

る。

6.6.23  WIDE DATA TRANSFER REQUEST

  WIDE DATA TRANSFER REQUEST メッセージ(表 19 参照)

は,以前に設定した複数バイト幅データ転送に関する合意が無効になったとき,イニシエータとターゲッ

トとの間で相互に交換する。次に示す状態が発生した後は,同期データ転送に関する合意が不確定となる

ため,それまでの合意を無効とする。

(a)

ハードリセット状態の後。

(b)  BUS DEVICE RESET

メッセージ受信の後。

(c)

電源断の後。

表 19  WIDE DATA TRANSFER REQUEST

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

メッセージコード (01h)

1

拡張メッセージ長 (02h)

2

WIDE DATA TRANSFER REQUEST

コード (03h)

3

転送幅指数

SCSI

装置は,WIDE DATA TRANSFER REQUEST (WDTR)  メッセージの相互交換によって,データ転送

幅に関する折衝を起動してもよい。複数バイト幅データ転送[2 バイト(16 ビット)幅以上の転送]が可

能な SCSI 装置は,WDTR メッセージを MESSAGE REJECT メッセージで拒否してはならない。

備考  効率低下を招くおそれがあるため,選択のたびに WDTR メッセージを交換するのは,避けたほ

うがよい。


57

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

WDTR

メッセージによって,2 台の SCSI 装置の間でデータの転送フェーズ中のデータ転送幅を設定す

る。この合意は,データフェーズだけに適用する。他の情報転送フェーズでは,1 バイト(8 ビット)幅の

転送を行う。

任意機能として,同期データ転送及び複数バイト幅データ転送の両方の機能をもつ SCSI 装置は,同期

データ転送の折衝を行う前に,複数バイト幅データ転送の折衝を行う。同期データ転送に関する合意は,

複数バイト幅データ転送の折衝によって解除され,非同期転送モードに戻される。

転送幅は,2 の転送幅指数乗 (2

m

)

バイトとする。複数バイト幅データ転送は,イニシエータ及びターゲ

ットのすべての論理ユニットに対して確立される。有効な転送幅は,1 バイト[8 ビット (m=00h)]

,2 バ

イト[16 ビット (m=01h)]及び 4 バイト[32 ビット (m=02h)]とする。02h を超える m の値の使用は,

保留とする。

起動側(最初に WDTR メッセージを送出する装置)は,その装置で使用可能な最大データ転送幅の値を

設定して,WDTR メッセージを送る。このメッセージを受け取った装置は,その値で転送可能ならば,同

じ値を設定した WDTR メッセージを返送する。指定された値では,転送不可能ならば,その装置で転送可

能な値に置き換えて WDTR メッセージを返送する。WDTR メッセージの交換によって,次の事項が合意

される。

返送側の応答メッセージ

合意事項

(a)

転送幅が 0 でない。

各装置は,応答側の WDTR で示された
転送幅でデータ転送を行う。

(b)

転送幅が 0。

1

バイト幅転送。

(c)  MESSAGE REJECT

メッセージ。

1

バイト幅転送。

イニシエータは,複数バイト幅データ転送について折衝を必要とする場合,

この折衝を開始するために,

ATN

を真にして,WDTR メッセージを送る。MESSAGE OUT フェーズの終了後,ターゲットは,ターゲ

ット自身の WDTR メッセージで応答する。異常状態が発生して,ターゲットが正しい応答を返せない場合,

イニシエータとターゲットとの間のデータ転送は,1 バイト幅データ転送モードになる。

ターゲットが,上の(a)で応答した後,イニシエータが ATN を真にして,MESSAGE OUT フェーズで

MESSAGE PARITY ERROR

メッセージ又は MESSAGE REJECT メッセージを送ったときは,両者間の合意

がなかったものとする。この場合,イニシエータとターゲットとの間のデータ転送は,1 バイト幅データ

転送モードとなる。MESSAGE PARITY ERROR メッセージの場合は,WDTR メッセージの交換を再度行っ

て成功すれば,合意が成立する。ターゲットは,製造者が指定する回数(1 回以上)再交換を行っても,

MESSAGE PARITY ERROR

メッセージしか受け取れないときは,再交換を打ち切る。このとき,ターゲッ

トは,他の情報転送フェーズに遷移して 1 バイト以上の情報を転送するか,又は BUS FREE フェーズに遷

移(6.1.1 参照)する。イニシエータは,これらの動作を受け入れて折衝を打ち切る。これによってイニシ

エータとターゲットとのデータ転送は,1 バイト幅データ転送モードとなる。

ターゲットは,複数バイト幅データ転送について折衝を必要とする場合,WDTR メッセージをイニシエ

ータに送る。

イニシエータは,

WDTR

メッセージの最後のバイトの ACK を偽にする前に ATN を真にして,

WDTR

メッセージ又は MESSAGE REJECT メッセージで応答する。異常状態が発生して,イニシエータが

正しい応答を返せない場合,イニシエータとターゲットとの間のデータ転送は,1 バイト幅データ転送モ

ードとなる。

イニシエータは,WDTR メッセージの応答の後,ターゲットが MESSAGE OUT フェーズから他のフェ

ーズに遷移して折衝に合意したことを示すまで,合意が得られたとしてはならない。ターゲットは,製造


58

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

者が指定する回数(1 回以上)再交換を行っても,イニシエータからの WDTR メッセージの応答を受け取

れないときは,情報転送を行わずに BUS FREE フェーズに遷移(6.1.1 参照)する。これは,致命的な誤り

状態が発生したことを示す。これによってイニシエータとターゲットとのデータ転送は,1 バイト幅デー

タ転送モードとなる。

イニシエータの WDTR 応答に対して,ターゲットが MESSAGE IN フェーズに遷移して MESSAGE

REJECT

を返した場合は,両者間の合意がなかったものとする。この場合,イニシエータとターゲットと

の間のデータ転送は,1 バイト幅データ転送モードとなる。

複数バイト幅データ転送についての合意は,BUS DEVICE RESET メッセージの受信まで,ハードリセッ

ト状態の発生まで又はイニシエータとターゲットとの間の合意の変更の開始まで,保持される。省略時の

データ転送は,1 バイト幅データ転送モードとなる。電源投入,BUS DEVICE RESET メッセージの受信又

はハードリセット状態の発生によって,省略時の転送モードとなる。

7.

SCSI

のコマンド及び状態バイト  ここでは,SCSI のコマンド及び状態バイトを規定し,参考のため

に,その例を示す。

イニシエータとターゲットとの間の通信のために必要最小限の機能を保持することによって,一つのプ

ロトコルを用いて,同じ環境の中で種々の機能をもつ広範囲の周辺装置を動作させることができる。SCSI

のアーキテクチャの一部だけで SCSI 装置が実現できるように,任意機能を明記する。

7.1

コマンド組込みの要件  コマンドの第 1 バイトは,操作コードとする。ターゲットは,8.及び各装置

種別の箇条で必す(須)とされている操作コードの機能をすべて組み込まなければならない(7.1.2 参照)

7.1.1

保留  将来の標準化のために,一部のビット,フィールド,バイト及びコードの使用を保留する。

その使用法及び解釈は,将来の規格の拡張による。使用を保留されたビット,フィールド又はバイトは,“0”

に設定するか又はこの規格の将来の拡張に合致したものに設定する。保留とされているビット,フィール

ド若しくはバイトの値として “0” 以外の値を受け取ったとき又は保留とされているコードを受け取った

とき,ターゲットは,CHECK CONDITION 状態バイトでコマンドを終了し,センスキーに ILLEGAL

REQUEST

を設定する。ターゲットは,この規格の将来の拡張に従って,これらのビット,フィールド,

バイト又はコードを解釈してもよい。

7.1.2

操作コードの分類  操作コードの分類は,次のとおりとする。

表 20  操作コードの分類

操作コード

意味

M

:必す(須)コマンド

組込みが義務づけられているコマンド。

O

:任意コマンド

組込みが任意とされているコマンド。組み込む場合
は,この規格の規定による。

V

:製造者指定コマンド

製造者が指定して使用できるコマンドの操作コー
ド。製造者間で互換性があることが望ましい。

R

:保留

将来の標準化のために保留されている操作コード。

7.2

コマンド記述ブロック  コマンドは,コマンド記述ブロックの形式によって,イニシエータからタ

ーゲットに送られる。コマンドによっては,コマンド記述ブロック転送後の DATA OUT フェーズでパラメ

タリストを転送する(コマンドの詳細については,それぞれのコマンドの箇条参照)

コマンド記述ブロックでは,最初の 1 バイトを操作コードとし,最後の 1 バイトを制御バイトとする。

いずれのコマンドの場合でも,コマンド記述ブロックの中に無効なパラメタがあったとき,ターゲット

は,媒体の内容及び位置を変更しないでコマンドを終了しなければならない。


59

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 21  バイトコマンドの代表的なコマンド記述ブロック

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード

1

論理ユニット番号

(最上位ビット)

2

3

論理ブロックアドレス

(最下位 ビット)

4

転送長,パラメタリスト長又は割当て長

5

制御バイト

表 22  10 バイトコマンドの代表的なコマンド記述ブロック

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード

1

論理ユニット番号

保留

2

(最上位ビット)

3

4

5

論理ブロックアドレス

(最下位 ビット) 

6

保留

7

(最上位ビット)

8

転送長,パラメタリスト長

又は割当て長

(最下位 ビット)

9

制御バイト

表 23  12 バイトコマンドの代表的なコマンド記述ブロック

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード

1

論理ユニット番号

保留

2

(最上位ビット)

3

4

5

論理ブロックアドレス

(最下位 ビット)

6

(最上位ビット)

7

8

9

転送長,パラメタリスト長

又は割当て長

(最下位 ビット)

10

保留

11

制御バイト

7.2.1

操作コード  コマンド記述ブロックの操作コード(表 24 参照)は,グループコード及びコマンド

コードからなる。3 ビットのグループコードでコマンドコードを 8 グループに大分類し,5 ビットのコマン

ドコードで各グループ内を 32 のコマンドに分類する。

したがって,

256

個までの操作コードが利用できる。

操作コードは,8.18.で規定する。グループコードは,次のグループを指定する。

(a)

グループ 0:6 バイトコマンド(

表 21 参照)

(b)

グループ 1:10 バイトコマンド(

表 22 参照)

(c)

グループ 2:10 バイトコマンド(

表 22 参照)

(d)

グループ 3:保留

(e)

グループ 4:保留


60

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(f)

グループ 5:12 バイトコマンド(

表 23 参照)

(g)

グループ 6:製造者指定

(h)

グループ 7:製造者指定

表 24  操作コード

ビット

7 6 5 4 3 2 1 0

グループコード

コマンドコード

7.2.2

論理ユニット番号  論理ユニット番号は,IDENTIFY メッセージ(6.6.7 参照)で指定する。IDENTIFY

メッセージを受け取ったターゲットは,コマンド記述ブロックの論理ユニット番号を無視する。コマンド

記述ブロックの論理ユニット番号は,0 とすることが望ましい。

備考  コマンド記述ブロックの論理ユニット番号は,JIS X 6051-1990 による一部の装置(SCSI-1 装置)

との互換性をとるために使用する。コマンド記述ブロックの論理ユニット番号は,将来,SCSI-3

の規格で再び使用する可能性がある。この規格では,I_T_L 結合を確立するために,イニシエ

ータが発行する IDENTIFY メッセージを使用する。

7.2.3

論理ブロックアドレス  論理ユニット又は装置のボリュームの一つの区分中に存在する論理ブロ

ックアドレスは,0 から始まり,その論理ユニット上又はその装置のボリューム区分の最後のブロックま

で連続していなければならない。

6

バイトコマンドのコマンド記述ブロックでは,21 ビットの論理ブロックアドレスを使用する。10 バイ

ト及び 12 バイトのコマンド記述ブロックでは,32 ビットの論理ブロックアドレスを使用する。追加のパ

ラメタデータの論理ブロックアドレスは,それぞれのコマンドの箇条で規定する。

7.2.4

転送長  転送長は,転送するデータ量を,通常,ブロック数で指定する。一部のコマンドでは,デ

ータ量をバイト数で指定する。その場合,転送長は,異なった名称で呼ばれる。名称は,7.2.57.2.6 及び

それぞれのコマンドの箇条で示す。

1

バイトの転送長を使用するコマンドでは,256 ブロックまでのデータを一つのコマンドで転送する。1

∼255 までの値は,転送するブロックの数を表す。0 の場合は,転送するブロックの数が 256 であることを

示す。

複数バイトの転送長を使用するコマンド(10 バイト及び 12 バイトのコマンド記述ブロック使用)の場

合,転送長が 0 のときは,データ転送を行わない。転送長が 0 以外のときは,転送するデータのブロック

数を示す。

詳細は,それぞれのコマンドの箇条による。

7.2.5

パラメタリスト長  パラメタリスト長は,DATA OUT フェーズ中に転送するパラメタリストのバイ

ト数を指定する。パラメタリスト長は,パラメタ(例えば,モードパラメタ,診断パラメタ,ログパラメ

タなど)を必要とするコマンド記述ブロックに用いる。パラメタリスト長が 0 の場合,データ転送を行わ

ない。この状態を誤りとしてはならない。

7.2.6

割当て長  割当て長は,イニシエータに返送されるデータに割り当てた最大長をバイト数で指定す

る。割当て長が 0 の場合,データ転送を行わない。この状態を誤りとしてはならない。ターゲットは,割

当て長のバイト数を転送し終わったとき又はすべてのデータを転送し終わったときの,いずれか早い時点

で DATA IN フェーズを終了する。

割当て長は,イニシエータに返送されるデータ(例えば,センスデータ,モードデータ,ログデータ,

診断データなど)の最大長を制限するために用いる。


61

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

7.2.7

制御バイト  コマンド記述ブロックの最終バイトは,制御バイトとする。制御バイトの構成を表

25

に示す。

表 25  制御バイト

ビット

7 6 5 4 3 2 1 0

製造者指定

保留

フラグ

リンク

フラグビットは,リンクビットが “1” の場合,コマンドを正常に終了したときに,ターゲットがイニシ

エータに返送するメッセージの種類を指定する。フラグビットの組込みは,任意とする。

フラグビットは,リンクビットが “0” の場合, “0” とする。リンクビットが “0” で,フラグビットが

“1”

の場合,ターゲットは,CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST

を設定する。

ターゲットは,リンクビットが “1” のコマンドを正常に終了した場合,フラグビットが “0” のときは,

LINKED COMMAND COMPLETE

メ ッ セ ー ジ を 返 送 し , フ ラ グ ビ ッ ト が  “1” の と き は , LINKED

COMMAND COMPLETE (WITH FLAG)

メッセージを返送する。

備考  フラグビットは,リンクされているコマンド間で,イニシエータに割込みを起こさせるために

使用する。

リンクビットは,複数コマンドにわたって入出力プロセスを続けるために使用する。リンクビットの機

能の組込みは,任意とする。

リンクビットが “1” の場合,イニシエータが入出力プロセスを継続することを示し,ターゲットは,コ

マンドを正常に終了したときに,再び,COMMAND フェーズに遷移する。

リンクビットが “1” の場合,ターゲットは,コマンドを正常に終了したときに,INTERMEDIATE 又は

INTERMEDIATE-CONDITION MET

の 状 態 バ イ ト を 返 送 し , フ ラ グ ビ ッ ト の 有 無 に よ っ て LINKED

COMMAND COMPLETE

メッセージ又は LINKED COMMAND COMPLETE (WITH FLAG)  メッセージを送

る。

リンクビット及びフラグビットがともに “1” の場合で、ターゲットにコマンドのリンク機能がないとき,

ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL

REQUEST

を設定する。

7.3

状態バイト  状態バイト及び状態バイトコードは,表 26 及び表 27 に示すとおりとする。ターゲッ

トは,次の事象によってコマンドを終了できない場合を除いて,コマンドが終了した後の STATUS フェー

ズで,状態バイトをイニシエータに送る。

(a) ABORT

メッセージの受信。

(b) ABORT

TAG

メッセージの受信。

(c)  BUS DEVICE RESET

メッセージの受信。

(d) CLEAR

QUEUE

メッセージの受信。

(e)

ハードリセット状態の発生。

(f)

予定外切断の発生(6.1.1 参照)

通常,STATUS フェーズに遷移するのはコマンド終了時とするが,特別な場合,コマンド記述ブロック

転送前に STATUS フェーズに遷移してもよい。


62

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 26  状態バイト

ビット

7 6 5 4 3 2 1 0

保留

状態バイトコード

保留

表 27  状態バイトコード

状態バイトのビット

7 6 5 4 3 2 1 0

状態バイトの意味

R R 0 0 0 0 0 R

GOOD

R R 0 0 0 0 1 R

CHECK

CONDITION

R R 0 0 0 1 0 R

CONDITION

MET

R R 0 0 1 0 0 R

BUSY

R R 0 1 0 0 0 R

INTERMEDIATE

R R 0 1 0 1 0 R

INTERMEDIATE-CONDITION

MET

R R 0 1 1 0 0 R

RESERVATION

CONFLICT

R R 1 0 0 0 1 R

COMMAND

TERMINATED

R R 1 0 1 0 0 R

QUEUE

FULL

その他のコード

保留

備考  R:保留ビット

状態バイトコードの意味は,次のとおりとする。

7.3.1

GOOD

  この状態バイトは,ターゲットが正常にコマンドを終了したことを示す。

7.3.2

CHECK CONDITION

  この状態バイトは,誤り情報保持状態(7.6 参照)が発生したことを示す。

7.3.3

CONDITION MET

  この状態バイト及び INTERMEDIATE-CONDITION MET 状態バイトは,要求

された操作結果の条件(SEARCH DATA コマンド及び PRE-FETCH コマンドの箇条参照)が満たされたこ

とを示す。

7.3.4

BUSY

  この状態バイトは,ターゲットが使用中であることを示す。この状態バイトは,ターゲッ

トが受付け可能(すなわち,予約の矛盾のない)とされているイニシエータからのコマンドが,その時点

では受け入れられないことを示す。BUSY 状態バイトを返されたイニシエータは,時間をおいてそのコマ

ンドを再発行することが望ましい。

7.3.5

INTERMEDIATE

  この状態バイト及び INTERMEDIATE-CONDITION MET 状態バイトは,リンク

さ れ た 一 連 の コ マ ン ド ( 最 終 コ マ ン ド を 除 く 。) の そ れ ぞ れ の コ マ ン ド が , CHECK CONDITION,

RESERVATION CONFLICT

又は COMMAND TERMINATED の状態バイトで終了しないで,正常に終了した

ことを示す。

7.3.6

INTERMEDIATE-CONDITION MET

  こ の 状 態 バ イト は , INTERMEDIATE 状 態 バ イ ト 及 び

CONDITION MET

状態バイトの組合せとする。

7.3.7

RESERVATION CONFLICT

  この状態バイトは,イニシエータが論理ユニット又は論理ユニット

の領域をアクセスしようとした場合,それらが他の SCSI 装置によって予約(RESERVE コマンド及び

RELEASE

コマンドの箇条参照)されていて,アクセスがその予約と矛盾したことを示す。RESERVATION

CONFLICT

状態バイトを返されたイニシエータは,時間をおいてそのコマンドを再発行することが望まし

い。

7.3.8

COMMAND TERMINATED

  この状態バイトは,ターゲットが TERMINATE I/O PROCESS メッセ

ージ(6.6.22 参照)を受け取って,現在の入出力プロセスを打ち切ったことを示す。この状態バイトは,

誤り情報保持状態が発生したことも示す(7.6 参照)


63

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

7.3.9

QUEUE FULL

  この状態バイトは,タグ付き待ち行列機能を組み込む場合,必要となる。この状

態バイトは,SIMPLE QUEUE TAG,ORDERED QUEUE TAG 又は HEAD OF QUEUE TAG のいずれかのメ

ッセージを受け取ったときに,コマンド待ち行列に空きがないことを示す。この場合,入出力プロセスは,

コマンド待ち行列に登録されない。

7.4

コマンド処理の例  ここでは,SCSI 環境における代表的なコマンドの処理の例を示す。

7.4.1

単独コマンドの例  待ち行列タグのない一つの READ コマンドによる入出力プロセスを例として

取り上げ,SCSI バスにおける入出力プロセスの動作を示す。この例では,誤り又は例外状態の発生がない

ものとする。

イニシエータは,一組の現行ポインタ(コマンドポインタ,データポインタ及び状態バイトポインタ)

及び入出力プロセスの並行管理を可能にするための複数組の記憶ポインタをもつ。イニシエータは,入出

力プロセスに対応する記憶装置のアドレスを記憶ポインタに記憶し,必要に応じて,記憶ポインタの内容

を現行ポインタに複写する。イニシエータは,ARBITRATION フェーズに遷移してバスの使用権を獲得し,

ターゲットを選択する。選択されたターゲットは,その後の入出力プロセスの制御を行う。

イニシエータは,SELECTION フェーズ中に ATN を真にして,ターゲットにメッセージを送りたいこと

を伝える。ターゲットは,MESSAGE OUT フェーズに遷移して,イニシエータから IDENTIFY メッセージ

を受け取る。このメッセージは,使用する論理ユニットをターゲットに知らせる。この時点で,入出力プ

ロセスに対する I_T_L 結合が確立される。この結合は,イニシエータのポインタと入出力プロセスとを関

係付ける。

ターゲットは,COMMAND フェーズに遷移して,イニシエータからコマンド記述ブロックを受け取る。

ここでは,コマンド記述ブロックの内容が READ コマンドであると仮定する。ターゲットは,コマンドを

解釈して,DATA IN フェーズに遷移してデータを転送した後,STATUS フェーズに移り,GOOD 状態バイ

トを送る。ターゲットは,MESSAGE IN フェーズに遷移して,COMMAND COMPLETE メッセージを転送

する。COMMAND COMPLETE メッセージの転送が正常に終了した後,ターゲットは,BSY を開放して

BUS FREE

フェーズに遷移し,入出力プロセスを完了する。

7.4.2

切断の例  上の単独コマンドの例では,データ入力の時間に物理的な位置決めの時間が含まれる。

ターゲットは,システムの処理能力を向上させるために,イニシエータとの接続を切断してもよい。この

切断によって,SCSI バスは,開放されて他の入出力プロセスの処理に使用できる。

ターゲットは,READ コマンドを受け取った後,データ転送の準備に時間がかかると判断した場合,イ

ニシエータに DISCONNECT メッセージを送って切断を行い,BUS FREE フェーズに遷移する。

ターゲットは,要求されたデータを周辺装置から読み取った後,ARBITRATION フェーズに遷移する。

ターゲットは,バスの使用権を獲得することによって,イニシエータを再選択し,MESSAGE IN フェーズ

で IDENTIFY メッセージをイニシエータに送る。ここで I_T_L 結合が再確立され,イニシエータは,その

入出力プロセスに対する各ポインタを再設定できる。イニシエータは,最後に記憶した記憶ポインタの値

(この場合,初期値)を現行ポインタに複写して復元する。この後,ターゲットは,

7.4.1 と同様に)操

作を継続して入出力プロセスを終了する。

ターゲットは,一部のデータを転送した後で切断を行いたい場合(例えば,シリンダの境界を超えた場

合など)は,SAVE DATA POINTER メッセージ及び DISCONNECT メッセージを送って切断してもよい。

これによって,再接続を行った後の現行ポインタは,SAVE DATA POINTER メッセージを送ったときの値

に復元される。

誤り又は例外状態が発生した場合に,ターゲットは,RESTORE POINTERS メッセージを送るか,又は


64

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

SAVE DATA POINTER

メッセージを送らずに切断して再接続するかのいずれかを行ってから,それまでの

データを再送してもよい。通常,再接続が行われた後,現行データポインタは,記憶データポインタに記

憶されていた値に復元される。

7.4.3

コマンドリンクの例  複数のコマンドを“リンク”させて,一つの入出力プロセスとして扱っても

よい。リンクしている先行コマンドが正常に終了したとき,ターゲットは,自動的にその入出力プロセス

にリンクする後続のコマンドの処理に移る。リンクされた一連のコマンドは,同じ結合として指定され,

一つの入出力プロセスとして扱われる。

一連のコマンドは,完全には独立していない。相対アドレス (RelAdr) ビット(9.1.11 参照)を使用する

場合,あるコマンドで最後にアクセスした論理ブロックのアドレスを後続のコマンドで使用できる。例え

ば,ある特定フィールドのデータパターンを探索キーとした SEARCH DATA コマンドで探索に成功した場

合,リンクしている後続の READ コマンドで,そのデータパターンをもつ論理ブロックのデータを読み取

ることができる。さらに,その論理ブロックからの相対的なアドレスも使用できる。

ターゲットは,LINKED COMMAND COMPLETE メッセージ又は LINKED COMMAND COMPLETE

(WITH FLAG)

メッセージをイニシエータに送って,リンクしているコマンドが完了したことを知らせる。

イニシエータは,そのリンク中の後続のデータ転送コマンドで相対アドレスを使用できるように,記憶ポ

インタを更新する。リンクされているコマンドの操作は,相対アドレスが使用できることを除いて,単独

コマンドの操作と同じとする。例えば,SEARCH DATA EQUAL コマンドで探索に成功した場合,これに

リンクされた後続の READ コマンドでリンクビットを “1” に,かつ論理ブロックアドレスを 0 にするこ

とによって,ターゲットは,この READ コマンドで,直前の探索に成功した論理ブロックを読み取ってイ

ニシエータに送ることができる。

7.5

コマンド処理及びその例外状態  ここでは,誤り及び例外状態が発生した場合のコマンドの処理及

びコマンドの遷移について規定する。

7.5.1

プログラム可能な操作定義  特定のイニシエータに適合させるために,論理ユニットの操作定義の

変更が必要となることがある。プログラム制御による操作定義の変更は,新しく開発したターゲットの操

作定義をオペレーティングシステムに適合させるために用いる。この機能は,SCSI-2 の低水準のハードウ

ェアの定義にシステムを適合させるために必要となる。

論理ユニットに対する操作定義によって変更できるパラメタには,製造者識別,装置種別,装置形式,

SCSI

適合水準,SCSI 規格種別,コマンドセットなどを含む。信号のタイミング,パリティの定義などの

低水準のハードウェア機能は,操作定義では変更できない。イニシエータは,INQUIRY コマンドを発行す

ることによって,論理ユニットに関する操作定義の現状を知ることができる。一部の製造者指定のパラメ

タを知るためには,MODE SELECT コマンド及び/又は READ CAPACITY コマンドの発行を必要とする。

各論理ユニットは,固有の操作定義で操作を始める。論理ユニットは,CHANGE DEFINITION コマンド

の機能を組み込んでいる場合,現在の操作定義をその論理ユニットがもっている別の操作定義に変更する

ことができる。論理ユニットの実際の操作定義は,製造者指定とする。操作定義を CHANGE DEFINITION

コマンドを含まないものに変更した場合でも,ターゲットは,CHANGE DEFINITION コマンドを受け入れ

られるようにするのがよい。

CHANGE DEFINITION

コマンドの実行中に誤りが発生した場合,コマンドの終了後も,元の操作定義を

有効とする。新しい操作定義が有効になるのは,CHANGE DEFINITION が正常に終了した後だけとする。

既に実行中の入出力プロセスの実行には新しい操作定義が適用されないため,ターゲットは,実行中の

入出力プロセスを終了させるために切断を行ってもよい。他のイニシエータからの通常の操作との矛盾が


65

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

発生する可能性のある操作定義の変更を行う場合は,他のイニシエータに対して,ユニットアテンション

状態を生成して知らせる。このとき,追加センスコードに CHANGED OPERATING DEFINITION を設定す

る。

イニシエータは,ターゲットに対して INQUIRY コマンドを発行して,ターゲットが組み込んでいる操

作定義の一覧表及びその説明を要求してもよい。

7.5.2

無効なイニシエータとの接続  再接続の場合,次の状態が発生すると無効なイニシエータとの接続

が発生する。

(a)

イニシエータが入出力プロセスと再接続しようとした場合に,

(b)

ソフトリセット状態でなく,かつ

(c)

イニシエータが IDENTIFY メッセージと同じ MESSAGE OUT フェーズで,ABORT,ABORT TAG,

BUS DEVICE RESET

,CLEARE QUEUE 又は TERMINATE I/O PROCESS のいずれのメッセージも送

っていないとき。

接続の場合にも,イニシエータが次のいずれかの状態のとき,

無効なイニシエータとの接続が発生する。

(a)

以前の接続で確立した I_T_L 結合が存在したままで,I_T_L_Q 結合を確立しようとしたとき。

(b)

以前の接続で確立した I_T_L_Q 結合が存在しており,かつその論理ユニット又はターゲットルーチ

ンに対する拡張誤り情報保持状態又は誤り情報保持状態が存在しない場合に,I_T_L 結合を確立し

ようとしたとき。

無効なイニシエータとの接続を検出したターゲットは,その論理ユニット又はターゲットルーチンに関

するすべての接続を切断して,CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ABORTED

COMMAND

を,追加センスコードに OVERLAPPED COMMAND ATTEMPTED をそれぞれ設定する。

イニシエータが,入出力プロセスと再接続するときに,ソフトリセット状態が発生していれば,6.2.2.2

の条件を満たす。

備考1.  無効なイニシエータとの接続は,入出力プロセス操作の致命的な誤りを示すものであり,か

つこれが検出されなかった場合,入出力プロセスの操作のためのポインタの設定誤りを引き

起こす。これは,イニシエータ側の致命的な誤りとなる。したがって,製造者指定の誤り回

復手順には,媒体上のデータの完全性の保証を要求してもよい。ターゲットは,誤り回復手

順に役立つ追加センスデータ(例えば,順次アクセス装置の場合,後続のコマンドを受け取

ったときの未書込みブロック数,未読取りブロック数など)を返送してもよい。

2.

一部のターゲットは,コマンド記述ブロックを受け取るまで無効なイニシエータとの接続を

検出できないことがある。

7.5.3

無効な論理ユニットの選択  ここでは,無効な論理ユニットが選択された場合のターゲットの応答

を規定する。

論理ユニットの無効の理由及びその応答方法は,次のとおりとする。

(a)

ターゲットがその論理ユニットを組み込んでいない場合(例えば,周辺装置が 1 台だけの場合)

,タ

ーゲットは,

INQUIRY

コマンドに対して,

8.2.5.1

で定義する周辺装置限定子コードを返す。

INQUIRY

及び REQUEST SENSE を除く他のコマンドに対しては,コマンドを CHECK CONDITION 状態バイ

トで終了する。REQUEST SENSE コマンドに対しては,センスデータで応答する。このとき,セン

スキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに LOGICAL UNIT NOT SUPPORTED をそれぞ

れ設定する。

(b)

ターゲットは,その論理ユニットを組み込むことができるが,現在ターゲットに接続していない場


66

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

合,INQUIRY コマンドに対して,8.2.5.1 で定義する周辺装置限定子のコードを返す。INQUIRY 及

び REQUEST SENSE を除く他のコマンドに対しては,コマンドを CHECK CONDITION 状態バイト

で終了する。REQUEST SENSE コマンドに対しては,センスデータで応答する。このとき,センス

キーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに LOGICAL UNIT NOT SUPPORTED をそれぞれ

設定する。

(c)

ターゲットは,その論理ユニットを組み込んでおり,かつ接続しているが,現在操作可能でない場

合,INQUIRY コマンドに対して,8.2.5.1 で定義する周辺装置限定子コードを返す。INQUIRY 及び

REQUEST SENSE

を除く他のコマンドに対する応答は,製造者指定とする。

(d)

ターゲットは,その論理ユニットを組み込んでいるが,その周辺装置を接続しているかどうか又は

アクセス不可能な状態にあって操作できないのかどうかの決定ができない場合,INQUIRY コマンド

に対して,

8.2.5.1

で定義する周辺装置限定子コードを返す。

REQUEST SENSE

コマンドに対しては,

センスデータで応答する。このとき,前からの誤り状態がなければ,センスキーに NO SENSE を設

定する。INQUIRY 及び REQUEST SENSE を除く他のコマンドに対する応答は,製造者指定とする。

7.5.4

パラメタの調整  ターゲットに送るコマンドの一部のパラメタは,値の範囲を示す。ターゲットは,

その範囲の中の特定の値を選択して組み込んでもよい。ターゲットは,組み込んでいないパラメタの値を

受け取った場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL

REQUEST

を設定してもよいし,その値を組み込んでいる値に調整して受け入れてもよい。ターゲットは,

そのパラメタの調整が許されていない場合,コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了する。

パラメタの調整が許されている場合,ターゲットは,次の規則に従って調整を行う。ターゲットは,受

け取ったパラメタの値が,組み込んでいる値(組込み値)と一致しない場合,パラメタの値を組込み値に

調整し,コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに RECOVERED ERROR を,

追加センスコードに ROUNDED PARAMETER をそれぞれ設定する。イニシエータは,ターゲットが調整

したパラメタの値を知るために適切なコマンドを発行する。

備考  最大値を指定するパラメタの場合,ターゲットは,パラメタの値をイニシエータの指定した値

に最も近く,かつその値より小さい組込み値に調整する。最小値を指定するパラメタの場合,

パラメタの値をイニシエータの指定した値に最も近く,かつその値より大きい組込み値に調整

する。一部のパラメタでは,その規定の中で調整の形式(切上げ又は切捨て)を明示する。

7.5.5

非同期事象通知  非同期事象通知(以下,AEN という。)機能の組込みは,任意とする。このプロ

トコルは,非同期事象が発生したことを処理装置に知らせるために使用する。REQUEST SENSE に対する

データ転送に先行して,処理装置に,AEN ビットを “1” に設定した SEND コマンドを発行する。AEN 機

能をもち,INQUIRY コマンドに処理装置として応答する SCSI 装置は,非同期事象の発生通知をこのプロ

トコルで送ってもよい。イニシエータとして動作する SCSI 装置は,AEN の機能をもたなければならない。

備考  一時的にイニシエータの機能を行う装置(例えば,COPY コマンドを実行する装置)は,処理

装置と見なされないので,AEN 機能を使用できない。

AEN

に影響するパラメタは,制御モードページ(8.3.3.1 参照)に含まれる。

AEN

の四つの使用法は,次のとおりとする。

(a)  1

台の処理装置に対する,コマンド終了後に発生した誤りの通知。

(b)

すべての処理装置に対する,新たに初期化され,使用可能になった装置の通知。

(c)

接続中を除くすべての処理装置に対する,ユニットアテンション状態の通知。

(d)

接続中を除くすべての処理装置に対する,非同期事象発生の通知。


67

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(a)

の例として,キャッシュメモリを使用する書込みの場合を示す。ターゲットが,キャッシュメモリの

データを媒体に書き込めない場合,ターゲットは,AEN を使ってイニシエータにその故障を通知する。拡

張誤り情報保持状態は,AEN で用いたのと同じ I_T_L 結合で設定してよい(6.6.9 参照)

(c)

の例として,交換可能な媒体を組み込む装置の場合を示す。AEN は,使用不可能状態から使用可能状

態への遷移(例えば,媒体交換完了)又は操作者が起動した事象(例えば,記憶保護スイッチの切換え,

起動・停止ボタンの押下など)の通知に使用する。

(d)

の例として,順次アクセス装置で,即時ビットを “1” にした REWIND コマンドの場合を示す。この

場合,媒体始端に達したとき,AEN でイニシエータに通知する。CD-ROM 装置で,PLAY AUDIO コマン

ドが完了したときも,(d)の例に含まれる。

非同期事象の通知は,AEN ビットを “1” にした SEND コマンドで実行される。状態を識別する情報は,

DATA OUT

フェーズ中に送られる。その形式は,SEND コマンド(12.2.2 参照)に示す。

誤り状態又はユニットアテンション状態は,その状態の発生の都度通知しなければならない。ターゲッ

トは,これらの状態が発生した場合,非同期事象報告又は後続コマンドに対する CHECK CONDITION 状

態バイトのいずれかで通知してよいが,

その両方で通知してはならない。

コマンドに関連する誤り状態は,

入出力プロセスを起動した処理装置だけに通知する。

AEN

プロトコルは,システム資源の使用が可能になったことを処理装置に通知するのに使用できる。タ

ーゲットが,この手段を選択した場合,処理装置に送るセンスデータのセンスキーに UNIT ATTENTION

を設定する。

AEN

プロトコルは,

INQUIRY

コマンドに対する応答として,

非同期事象通知可能 (AENC) ビットに “1”

を設定し,周辺装置限定子コードに処理装置を設定して返す SCSI 装置だけが使用できる。選択に応答し

た SCSI 装置の論理ユニット 0 に,INQUIRY コマンドを発行することが望ましい。この手続きは,AEN よ

り前に行い,かつ適切な間隔をおいて又は現在の情報の有効性が不確かになる都度(例えば,これらの状

態は,6.6.21 参照)

,繰り返すのがよい。

AENC

ビットに “1” を設定し,周辺装置限定子コードに処理装置を設定して返した SCSI 装置には,非

同期事象の通知の受信準備ができているかどうかを確認するために TEST UNIT READY コマンドを発行す

る。CHECK CONDITION 状態バイトを返した SCSI 装置には,REQUEST SENSE コマンドを発行する。こ

のコマンドで,保留中のユニットアテンション状態をクリアする。AENC ビットに “1” を,周辺装置限定

子コードに処理装置をそれぞれ設定して返し,かつ TEST UNIT READY コマンドのときに GOOD 状態バ

イトを返した SCSI 装置は,AEN ビットが “1” の SEND コマンドを受け入れなければならない。

備考  初期化のときに非同期事象を通知できる SCSI 装置は,この通知機能を抑止できることが望ま

しい。抑止は,スイッチ又は結線で行うことができる。パラメタ保存機能をもつ装置は,SCSI

装置ごとに又はシステム全体に対する非同期事象通知の許可を保存してもよい。いずれの場合

でも,INQUIRY コマンドに応答する装置は,AEN ビットを “1” にした SEND コマンドの適切

な転送先の選択を確実に行う(バス上の装置又は SCSI ID は,変更されることがある。

7.5.6

予定外再接続  予定外再接続は,SCSI 装置が結合の存在しない入出力プロセスとの再接続を試み

た場合に発生する。予定外再接続に対して,SCSI 装置は,ABORT MESSEAGE を送ることによって応答す

る。


68

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

7.6

誤り情報保持状態  誤り情報保持状態は,CHECK CONDITION 又は COMMAND TERMINATED の

状態バイトを送った後に発生する。I_T_x 結合に対する誤り情報保持状態は,それがクリアされるまで継

続する。誤り情報保持状態は,ハードリセットの発生,ABORT メッセージ若しくは BUS DEVICE RESET

メッセージの受信又はその I_T_x 結合に対する後続コマンドによってクリアされる。誤り情報保持状態の

間,ターゲットは,イニシエータに対するセンスデータを保持する。

誤り情報保持状態にあって,ターゲットがイニシエータごとにセンスデータを保持できないとき,ター

ゲットは,他のイニシエータからの論理ユニット又はターゲットルーチンに対する要求に BUSY で応答す

る。誤り情報保持状態の存在する I_T_L 結合に対する待ち行列中のすべてのタグ付き入出力プロセスの実

行は,誤り情報保持状態がクリアされるまで延期される。

7.7

拡張誤り情報保持状態  拡張誤り情報保持状態の組込みは,任意とする。拡張誤り情報保持状態で

は,誤り情報保持状態を I_T_x 結合にまで拡張する。この状態は,ターゲットが CHECK CONDITION 又

は COMMAND TERMINATED の状態バイトに続いて INITIATE RECOVERY メッセージを送ってから,

COMMAND COMPLETE

メッセージを送るまでの間に生成される。この状態は,BUS DEVICE RESET メ

ッセージ,RELEASE RECOVERY メッセージ又はハードリセットでクリアされるまで継続する。

拡張誤り情報保持状態にある間,ターゲットは,論理ユニットに対する他のイニシエータからの要求に

BUSY

で応答する。拡張誤り情報保持状態の存在するすべての入出力プロセスに対する待ち行列中のコマ

ンドの実行は,ターゲットが RELEASE RECOVERY メッセージを受け取るまで延期される。

備考1.  拡張誤り情報保持状態は,すべての CHECK CONDITION 又は COMMAND TERMINATED の

状態バイトに対して生成されるとは限らない。拡張誤り情報保持状態を必要としない単純な

誤りは,誤り情報保持状態のプロトコルで扱ってもよい。

2.

拡張誤り情報保持状態が存在する間に適切な誤り回復手順を実行してよい。このような場合,

データの訂正,待ち行列中のコマンドの修正・削除,LOG SENSE コマンドの実行及び診断

データの獲得ができるようなコマンドが使用される。拡張誤り情報保持状態は,他のイニシ

エータに影響を与えずに複数段階の誤り回復状態のプロトコルを実行したい場合に用いると

よい。

拡張誤り情報保持状態は,AEN プロトコルを用いて生成してもよい。非同期事象を検出したとき,その

装置は,イニシエータの役割を引き受け,AEN ビットを “1” にした SEND コマンドを適切な装置に送る

12.2.2 参照)

AEN

で拡張誤り情報保持状態を生成しようとする装置は,IDENTIFY メッセージの後に INITIATE

RECOVERY

メッセージを送り(待ち行列タグメッセージが付加されてもよい。

,その後,COMMAND フ

ェーズに遷移して SEND コマンドを発行する。拡張誤り情報保持状態は,1 回に 1 個の L_T_L 結合だけを

生成する。拡張誤り情報保持状態は,INITIATE RECOVERY メッセージを送った装置から RELEASE

RECOVERY

メッセージを受け取ったときにクリアされる。拡張誤り情報保持状態は,ハードリセット状

態の発生又は BUS DEVICE RESET メッセージの受信によっても,クリアされる。

拡張誤り情報保持状態にある間は,INITIATE RECOVERY メッセージを送った SCSI 装置から受け取っ

たタグなし入出力プロセスだけが,この論理ユニットのためにターゲットによって実行される。イニシエ

ータが待ち行列タグ付きメッセージを送った場合,ターゲットは,QUEUE FULL 状態バイトで応答する。

拡張誤り情報保持状態がクリアされた後,待ち行列中のコマンドが実行される。

7.8

待ち行列入出力プロセス  入出力プロセスの待ち行列機能の組込みは,任意とする。ターゲットは,

待ち行列機能によって複数の入出力プロセスの受付けが可能となる。


69

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

待ち行列は,タグ付き及びタグなしの 2 種類に分類する。ターゲットは,タグ付き待ち行列によって,

各イニシエータからの論理ユニットに対する複数の入出力プロセスを受け付ける。ターゲットは,タグな

し待ち行列によって,論理ユニットごとに又はターゲットルーチンごとに,各イニシエータからの一つの

入出力プロセスだけを受け付ける。タグなし待ち行列機能は,SCSI-1 及び SCSI-2 の装置で使用する。タ

グ付き待ち行列機能は,SCSI-2 装置だけで使用する。

ターゲットは,タグ付き及びタグなしの両方の待ち行列を使用できる。イニシエータは,一つの論理ユ

ニットに対して,タグ付き及びタグなしの待ち行列を混在して使用してはならない。ただし,タグなし待

ち行列だけが使用できる誤り情報保持状態及び拡張誤り情報保持状態の間を除く。1 台のイニシエータが

タグなし待ち行列を使用しているときに,他のイニシエータがタグ付き待ち行列を選択してもよい。

7.8.1

タグなし待ち行列  ターゲットは,一つのイニシエータからの入出力プロセスの実行中に,他のイ

ニシエータからの論理ユニット又はターゲットルーチンに対するタグなし待ち行列コマンドを受け付ける。

各 I_T_x 結合に対して一時に一つのコマンドだけを受け付ける。

入出力プロセスは,他のイニシエータからの入出力プロセスの動作中であっても,BUS FREE フェーズ

であれば,任意の時点で起動してよい。IDENTIFY メッセージが受け取った入出力プロセスの切断特権を

許可していない場合,他の入出力プロセスを延期してもよいし,又は接続中の入出力プロセスに対する

BUSY

状態バイトを返してもよい。

I_T_x

結合は,I_T_x 結合当たり 1 個の入出力プロセスが発行されている場合に限り,ターゲットがイニ

シエータに再接続してポインタを復元できるように関係を定める。一時に一つの入出力プロセスだけを発

行するのは,イニシエータ側の責任とする(7.5.2 参照)

7.8.2

タグ付き待ち行列  ターゲットは,タグ付き待ち行列で,その論理ユニットのコマンド待ち行列領

域がすべて使用されるまで,同一又は別のイニシエータからの複数の入出力プロセスを受け付ける。ター

ゲットは,コマンド待ち行列の領域がすべて使用されているとき,入出力プロセスを QUEUE FULL 状態

バイトで終了する。

コマンド待ち行列の領域は,ターゲットが論理ユニットごとに設定する。イニシエータは,コマンド待

ち行列に対して入出力プロセスの追加及び削除を行ってもよい。イニシエータは,入出力プロセスを追加

する場合,その実行順序を,発行された順序,ターゲットが決める順序又は実行中の入出力プロセスの直

後のいずれとするかを指定できる。

IDENTIFY

メッセージがタグ付き入出力プロセスに対する切断特権を許可していない場合,ターゲット

は,BUSY 状態バイトを返す。

待ち行列タグメッセージ(6.6.17 参照)は,イニシエータが各入出力プロセスを識別する一意な I_T_L_Q

結合を設定することを許す。I_T_L_Q 結合は,ターゲットに特定の入出力プロセスと再接続することを許

し,イニシエータにその入出力プロセスに対するポインタを復元することを許す。イニシエータは,それ

ぞれが一意な結合になっていれば,

同一又は別の論理ユニットに複数個の入出力プロセスをもってもよい。

SIMPLE QUEUE TAG

メッセージだけを用いた場合,ターゲットは,制御モードページの待ち行列アル

ゴリズムの制約の範囲(8.3.3.1 参照)で,最適と見なされる順序でコマンドを実行してよい。

ORDERED QUEUE TAG

メッセージを用いた場合,ターゲットは,そのコマンドを他の ORDERED

QUEUE TAG

メッセージを伴ったコマンドとともに,受け取った順序で実行する。ORDERED QUEUE TAG

メッセージを伴ったコマンドより前に受け取った SIMPLE QUEUE TAG メッセージを伴ったコマンドは,

発行したイニシエータに関係なく ORDERED QUEUE TAG メッセージを伴ったコマンドより前に実行する。

ORDERED QUEUE TAG

メッセージを伴ったコマンドより後に受け取った SIMPLE QUEUE TAG メッセー


70

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ジを伴ったコマンドは,発行したイニシエータに関係なく ORDERED QUEUE TAG メッセージを伴ったコ

マンドより後に実行する。

HEAD OF QUEUE TAG

メッセージを伴ったコマンドは,そのコマンドを実行中のコマンドの次に実行で

きるように,コマンド待ち行列の先頭に置かれる。ターゲットは,HEAD OF QUEUE TAG を伴ったコマン

ドの入出力プロセスを他のタグ付き入出力プロセスより先に実行する。連続した HEAD OF QUEUE TAG

メッセージを伴ったコマンドは,後入れ先出し方式で実行する。

タグ付きの入出力プロセスのコマンド待ち行列が存在している場合に待ち行列タグメッセージを伴わな

い入出力プロセスを受け取ったときは,誤り情報保持状態又は拡張誤り情報保持状態が存在していなけれ

ば,無効なイニシエータとの接続(7.5.2 参照)になる。

一連のリンクされたコマンドは,単一の入出力プロセスとして構成する。その待ち行列タグは,最初の

接続の時点で設定される。ターゲットは,一度開始した HEAD OF QUEUE TAG を伴った一連のリンクさ

れたコマンドを中止してはならない。

RESERVE

及び RELEASE のコマンドは,

ORDERED QUEUE TAG

メッセージを伴って発行するのがよい。

HEAD OF QUEUE TAG

メッセージを伴ったこれらのコマンドは,先に発行されたコマンドとの間で矛盾を

起こす原因となる。

備考  イニシエータは,予約を要求する場合,その予約をターゲットが受け付けるまで他の入出力プ

ロセスを発行してはならない。これによって,手順誤り又はファイルシステムの破壊を防止で

きる。

誤り情報保持状態の後のコマンド待ち行列の扱いは,次の 2 種類とする。扱い方法は,制御モードペー

ジ(8.3.3.1 参照)で指定する。

第 1 の扱い方法では,誤り情報保持状態又は拡張誤り情報保持状態がクリアされた後で,コマンドの実

行を再開する。誤り情報保持状態又は拡張誤り情報保持状態が存在する間,ターゲットは,他のイニシエ

ータに BUSY 状態バイトを返す。この間,タグ付き入出力プロセスは,すべて一時停止の状態に置かれる。

回復操作に使用する入出力プロセスは,すべてタグなしとする。回復手続きの一部として,待ち行列中の

コマンドは,全部又は一部を削除することによって変更されてもよい。

待ち行列アルゴリズムによって,例外状態が複数のコマンドに影響する場合,影響の及ぶコマンド全部

に誤り情報保持状態を生成する。

第 2 の扱い方法では,誤り情報保持状態又は拡張誤り情報保持状態がクリアされた後で,入出力プロセ

スをすべて破棄する。他のすべてのイニシエータに対してユニットアテンション状態を生成し,追加セン

スデータに COMMAND CLEARED BY ANOTHER INITIATOR を設定する。

タグ付き待ち行列機能が使用できない(例えば,待ち行列機能を組み込んでいない,制御モードページ

の DQue ビットで待ち行列機能が抑止されている又は CHANGE DIFINITION コマンドで待ち行列機能のな

い操作定義に切り換えられている)装置は,待ち行列タグメッセージに対して,MESSAGE REJECT メッ

セージで応答する。ターゲットは,タグなし入出力プロセスと見なして入出力プロセスを継続する。

タグ付き待ち行列は,初期化の間,内部資源の使用状態などの SCSI 装置内部の理由で,一時的に使用

不能になってもよい。この間,ターゲットは,タグ付き待ち行列メッセージに対して,QUEUE FULL 状態

バイトを返してもよいし,MESSAGE REJECT メッセージで応答してもよい。

ある種のメッセージを用いて,待ち行列中のコマンドの全部又は一部をクリアしてもよい(6.の ABORT,

ABORT TAG

,BUS DEVICE RESET 及び CLEAR QUEUE の各メッセージ参照)


71

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

7.8.3

タグ付き入出力プロセスの例  参考のために,入出力プロセスの待ち行列の例を次に示す。ここで

は,待ち行列で実際に実行される機能を説明するために,各コマンド終了後のターゲットの待ち行列の状

態を示す。

7.8.3.1

タグ付き待ち行列の代表的な実行例  通常,タグ付き待ち行列の入出力プロセスは,次の順序で

実行される。まず,イニシエータがアービトレーションに参加してバスの使用権を獲得し,適切な SCSI

装置を選択する。イニシエータは,SELECTION フェーズ中に ATN を真にして MESSAGE OUT フェーズ

に遷移することを要求する。イニシエータが最初に転送するメッセージは,IDENTIFY メッセージとする。

イニシエータは,この MESSAGE OUT フェーズ中 ATN を真に保持して,後続のメッセージがあることを

知らせる。この後,メッセージバイトとして適切な待ち行列タグメッセージの第 1 バイトを転送する。こ

の場合,SIMPLE QUEUE TAG メッセージとする。メッセージバイトの 3 番目(最後)は,待ち行列タグ

メッセージの第 2 バイト,すなわち待ち行列タグとする。これらの転送が終了すると,ATN を偽にしてメ

ッセージ転送の終了を示す。ここで,ターゲットは COMMAND フェーズに遷移し,イニシエータはコマ

ンド記述ブロックを転送する。ターゲットは,そのコマンドに対して切断を必要とする場合,DISCONNECT

メッセージをイニシエータに送り,その後,BUS FREE フェーズに遷移する。ターゲットは,I_T_L_Q 結

合を識別し,コマンドを待ち行列の適切な位置に配置する。

ターゲットが実行のために入出力プロセスをコマンド待ち行列から取り出したとき,物理的な回転待ち

時間が生じる。回転待ち時間が終わって,データ転送の準備ができたとき,ターゲットは,アービトレー

ションに参加して,バスの使用権を獲得し,RESELECTION フェーズに遷移する。再選択終了後,ターゲ

ットは,IDENTIFY メッセージに続いて,イニシエータから先に転送された待ち行列タグの値をもつ

SIMPLE QUEUE TAG

メッセージを送る。イニシエータは,I_T_L_Q 結合を使って,入出力プロセスに対

応する記憶ポインタ及びコマンド記述ブロックを識別し,データ転送に必要な条件を設定する。ターゲッ

トは,データの転送を開始する。データ転送が完了したとき,ターゲットは,GOOD 状態バイトを返し,

COMMAND COMPLETE

メッセージで入出力プロセスを終了する。

7.8.3.2

タグ付き待ち行列の図解  タグ付き待ち行列の操作について,5 個の待ち行列入出力プロセスを

使って図解する。タグ付き入出力プロセスは,1 台のイニシエータから 1 台のターゲットの一つの論理ユ

ニットに発行されるものとする。5 個の入出力プロセスは,

表 28 のとおりとする。ターゲットは,直接ア

クセス装置とする。

入出力プロセスの開始時点におけるヘッドの位置は,

論理ブロック 10 000 と仮定する。

表 28  ターゲットが受け取ったコマンドの順序

コマンド

待ち行列タグ

メッセージ

待ち行列
タグの値

論理ブロック

アドレス

転送長

状態

READ SIMPLE

01h

10

000

1

000

待ち行列中

READ SIMPLE

02h

100

1

待ち行列中

READ

ORDERED

03h

1 000

1 000

待ち行列中

READ SIMPLE

04h

10

000

1

待ち行列中

READ

SIMPLE

05h

2 000

1 000

待ち行列中

実行順序を最適化するには,ヘッドが,最初にアクセスした論理ブロックに近い位置から次第に遠い位

置に移動するようにすればよい。ただし,待ち行列タグ 03h のコマンドが ORDERED QUEUE TAG メッセ

ージを伴った入出力プロセス(順序指定入出力プロセス)であるため,このコマンドより前に受け取った

SIMPLE QUEUE TAG

を伴った入出力プロセス(単純指定入出力プロセス)は,このコマンドより前に実

行しなければならず,このコマンドより後に受け取った単純指定入出力プロセスのコマンドは,このコマ

ンドより後に実行しなければならない。


72

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ターゲットは,最適化アルゴリズムを備えている場合,

表 29 の順序で入出力プロセスを実行することが

できる。

表 29  ターゲットが実行するコマンドの順序

コマンド

待ち行列タグ

メッセージ

待ち行列
タグの値

論理ブロック

アドレス

転送長

状態

READ SIMPLE

01h

10

000

1

000

待ち行列中

READ SIMPLE

02h

100

1

待ち行列中

READ

ORDERED

03h

1 000

1 000

待ち行列中

READ

SIMPLE

05h

2 000

1 000

待ち行列中

READ SIMPLE

04h

10

000

1

待ち行列中

01h

及び 02h の待ち行列タグをもつ入出力プロセスは,最初のヘッド位置が 01h の入出力プロセスの実

行位置 (10 000) にあるため,受け取った順序と同じになる。03h の入出力プロセスが 01h 及び 02h の後,

かつ 04h 及び 05h の前に受け取った順序指定入出力プロセスであるため,02h の単純指定入出力プロセス

は,03h の入出力プロセスより前に実行する。03h の順序指定入出力プロセスは,02h の単純指定入出力プ

ロセスの後で実行する。04h 及び 05h の単純指定入出力プロセスは,03h の順序指定入出力プロセスより後

で実行する。04h の入出力プロセスを実行するときのヘッド位置より 05h の入出力プロセスを実行すると

きのヘッド位置のほうが 03h の入出力プロセスの終了時のヘッド位置に近いため,05h の入出力プロセス

を先に実行し,最後に 04h の入出力プロセスを実行する。

HEAD OF QUEUE TAG

メッセージを伴った入出力プロセス(優先指定入出力プロセス)の例として,上

の例で 03h の順序指定入出力プロセスを実行中に,08h の待ち行列タグの付いた新しい優先指定入出力プ

ロセスを受け取った場合を仮定する。03h の入出力プロセスの実行は,継続され,その後,08h の優先指定

入出力プロセスが他のすべての入出力プロセスより先に実行される。この場合の 03h の入出力プロセスよ

り後の実行順序を

表 30 に示す。

表 30  HEAD OF QUEUE TAG メッセージで変更したコマンドの実行順序

コマンド

待ち行列タグ

メッセージ

待ち行列 
タグの値

論理ブロック

アドレス

転送長

状態

READ

ORDERED

03h

1 000

1 000

実行中

READ

HEAD OF QUEUE

08h

0

8

待ち行列中

READ

SIMPLE

05h

2 000

1 000

待ち行列中

READ SIMPLE

04h

10

000

1

待ち行列中

タグ付き待ち行列機能を用いて最大効率を得るためには,ターゲットに組み込む待ち行列アルゴリズム

が重要となる。イニシエータは,最大数の単純指定入出力プロセス及び最小数の順序指定入出力プロセス

で処理を実行できるようにしなければならない。周辺装置で実行中のコマンドと周辺装置に記憶されてい

るデータとの間の関係を正しく保つために,RESERVE,RELEASE 及び SET LIMIT のコマンド並びに適切

なソフトウェアによる保護規則を用いなければならない。この規格では,保護規則は,規定しない。

7.9

ユニットアテンション状態  ターゲットは,BUS DEVICE RESET メッセージの受信,ハードリセッ

ト状態又は電源投入によってリセットされた場合,すべてのイニシエータに対して,ターゲットの各論理

ユニットについてユニットアテンション状態を生成しなければならない。ターゲットは,次に示す事象の

いずれかが発生した場合,すべてのイニシエータに対して,その事象が影響するような論理ユニットにつ

いてユニットアテンション状態を生成する。

(a)

可換形媒体が交換された場合。

(b)

そのイニシエータの操作に影響を与えるモードパラメタが,他のイニシエータによって変更された


73

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

場合。

(c)

マイクロコードの水準又は種類が変更された場合。

(d)

そのイニシエータからの待ち行列中のタグ付きコマンドが,他のイニシエータによってクリアされ

た場合。

(e) INQUIRY

データに変更があった場合。

(f)

そのイニシエータの動作に影響を与えるモードパラメタが,不揮発性記憶領域から読み込まれて復

元された場合。

(g)

同期スピンドルの状態に変更があった場合。

(h)

その他,イニシエータの注意を喚起したい場合。

備考1.  ターゲットは,論理ユニットのユニットアテンション状態の生成を待ち行列方式で行っても

よい。最初のユニットアテンション状態がクリアされた後,他のユニットアテンション状態

を生成してもよい(例えば,電源投入の後でのマイクロコードの変更)

2.

無効な論理ユニットの接続に関する事項は,7.5.3 による。

イニシエータに対する論理ユニットのユニットアテンション状態は,イニシエータが次に示す方法でク

リアするまで継続する。

ターゲットは,ユニットアテンション状態の論理ユニットに対する INQUIRY コマンドを(ターゲット

が誤り情報保持状態を生成する前に)受け取った場合,ユニットアテンション状態をクリアせずにそのコ

マンドを実行する。ターゲットが保留中のユニットアテンション状態に対して誤り情報保持状態を生成し

た後で INQUIRY コマンドを受け取った場合,ターゲットは,ユニットアテンション状態をクリアして

INQUIRY

コマンドを実行する。

ターゲットは,保留中のユニットアテンション状態に対して誤り情報保持状態を生成した後で,

INQUIRY

及び REQUEST SENSE 以外のコマンドを受け取った場合,論理ユニットのユニットアテンショ

ン状態をクリアし,

保留中の他のユニットアテンション状態がなければ,

受け取ったコマンドを実行する。

保留中の他のユニットアテンション状態があるときは,そのコマンドを実行せずに別の誤り情報保持状態

を生成する。

ターゲットは,ユニットアテンション状態のイニシエータから REQUEST SENSE コマンドを(ターゲッ

トが誤り情報保持状態を生成する前に)受け取った場合,次のいずれかの方法で応答してよい。

(a)

保留中のセンスデータを報告し,論理ユニットのユニットアテンション状態を保持する。

(b)

ユニットアテンション状態を報告する。そのイニシエータに対する保留中のセンスデータは捨てて

もよく,そのイニシエータに対する論理ユニットのユニットアテンション状態をクリアしてもよい。

ターゲットがユニットアテンション状態のイニシエータに対して,既に誤り情報保持状態を生成してい

る場合は,上の(b)の方法による。

イニシエータに対するユニットアテンション状態をもつターゲットがそのイニシエータから,INQUIRY

及び REQUEST SENSE 以外のコマンドを(ターゲットがそのユニットアテンション状態に対する誤り情報

保持状態を生成する前に)受け取った場合,ターゲットは,そのコマンドを実行してはならない。ターゲ

ットは,ユニットアテンション状態より高い優先順位の状態バイト(例えば,BUSY,RESERVATION

CONFLICT

)を保留中でなければ,CHECK CONDITION 状態バイトを報告しなければならない。

保留中のユニットアテンション状態に対する誤り情報保持状態が生成された後で,その論理ユニットが

REQUEST SENSE

以外のコマンドを受け取った場合,そのコマンドを実行し,そのイニシエータに対する

ユニットアテンション状態をクリアしなければならない。この場合,センスデータが失われる(7.6 参照)


74

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

AEN

ビットを “1” にした SEND コマンドを発行するためにターゲットが一時的にイニシエータになっ

た場合,ターゲットは,これによってユニットアテンション状態をイニシエータ(一時的なターゲット)

に通知し,SEND コマンドを GOOD 状態バイトで終了したときに,そのイニシエータに対する論理ユニッ

トのユニットアテンション状態をクリアしなければならない(7.5.5 参照)

8.

全装置共通事項

8.1

全装置共通のモデル  ここでは,SCSI 装置に要求される一般的な機能をもつモデルを定義する。こ

のモデルは,この規格の規定の要件を定義するものでも,変更するものでもない。全装置に共通なモデル

に必要な情報は,7.でも示す。

8.1.1

SCSI

アドレス  SCSI では,二つの段階のアドレスを用いる。一つは SCSI 装置アドレスとし,他

の一つは論理ユニット番号又はターゲットルーチン番号とする。

8.1.1.1

SCSI

装置アドレス  SCSI 装置は,SCSI バス上で固有なアドレスをもつ。SCSI 装置は,0∼7 の

8

個のうちの一つのアドレスをもち,これを設定するための手段(例えば,スイッチ,結線など)を用意

する。このアドレスは,SCSI のバスアービトレーション,選択及び再選択で使用する。SCSI バス上の各

装置には,一意に識別可能なアドレスが割り当てられる。

通常,SCSI アドレスは,システムが設置されたときに設定し,その後変更しない。システム及び装置に

よっては,このアドレスの変更を指定するのに製造者固有の方法を用いる。

8.1.1.2

論理ユニット  ターゲットは,論理ユニット番号 0 から始まる一つ以上の論理的なユニットをも

つ。論理ユニットは,最大 8 台まで接続できる。論理ユニットは,通常,周辺装置に直接割り当てられる。

論理ユニットは,周辺装置の一部であっても,複数の周辺装置を含んでいてもよい。イニシエータは,タ

ーゲットが論理ユニットをもっているかどうかを INQUIRY コマンドを発行して,返送された周辺装置限

定子及び周辺装置種別を調べることによって知ることができる。論理ユニットの概念は,イニシエータに

はない(SCSI 装置は,イニシエータ及びターゲットの両者からなるが,この論理ユニットの概念は,ター

ゲットだけに適用される。

8.1.1.3

ターゲットルーチン  SCSI のターゲットは,任意機能として番号 0 から始まる一つ以上のターゲ

ットルーチンをもつことができる。ターゲットルーチンは,最大 8 個までとする。ターゲットルーチンは,

ターゲット上で直接実行され,特定の論理ユニット又は周辺装置に結び付かないプロセスとする。ターゲ

ットルーチンは,

IDENTIFY

メッセージの論理ユニットターゲットルーチン (LUNTAR) ビットによって指

定する(6.6.7 参照)

ターゲットルーチンは,INQUIRY コマンド及び REQUEST SENSE コマンドに対して,ターゲットのも

っている情報を返送することを主な目的とする。

8.1.2

全 SCSI 装置の必す(須)コマンド  この規格では,すべての SCSI-2 のターゲットに対する必す

(須)のコマンドとして,INQUIRY,REQUEST SENSE,SEND DIAGNOSTIC,TEST UNIT READY の四

つのコマンドを規定する。これらのコマンドは,システムを構成するため,ターゲットを試験するため並

びに誤り及び例外状態に関する重要な情報を得るために使用する。

8.1.2.1

INQUIRY

コマンドの使用法  INQUIRY コマンドは,システムが SCSI バスの構成情報を得るた

めに使用する。ターゲットは,周辺装置種別及び規格種別を含んだ情報を返す。この情報には,製造者識

別情報,型番,その他の情報が入っていてもよい。ターゲットは,電源投入による初期化が終了したとき

に,これらの情報(入手可能な一部でもよい。

)を返送できるようにすることが望ましい。SCSI 装置は,

これらの情報を媒体から読み取る場合,時間がかかってもよい。


75

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.1.2.2

REQUEST SENSE

コマンドの使用法  REQUEST SENSE コマンドは,誤り情報保持状態(7.6 

照)が発生したときに使用する。誤りの通知を受け取ったイニシエータは,誤り情報保持状態の原因を示

すセンスデータを得るために REQUEST SENSE コマンドを発行する。センスデータは,イニシエータが

REQUEST SENSE

以外のコマンドを発行したときに失われる。

8.1.2.3

SEND DIAGNOSTIC

コマンドの使用法  SEND DIAGNOSTIC コマンドは,ターゲットに対して

自己診断の実行を要求する。診断試験は,ターゲット固有のものとし,試験に対する要求の方法だけを規

定する。試験に対する応答は,試験に成功した場合,GOOD 状態バイトとし,失敗した場合,CHECK

CONDITION

状態バイトとする。このコマンドは,RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドとともに使

った場合,更に強力な機能となるが,その機能は,任意機能とする。

8.1.2.4

TEST UNIT READY

コマンドの使用法  イニシエータは,TEST UNIT READY コマンドで,論理

ユニットが使用可能になるまでポーリングすることができる。この場合,返送データ用の記憶領域を必要

としない。取外し可能媒体を使用する論理ユニットでは,媒体の状態の検査に使用するとよい。ターゲッ

トは,装置の現在の状態を示すために,即時に応答することが望ましい(すなわち,ターゲットは,GOOD

状態バイトを応答しようとして,時間のかかる切断をしないほうがよい。

8.2

全装置共通コマンド  全装置共通コマンド用の操作コードを表 31 に示す。

表 31  全装置共通コマンド

コマンド名

操作コード

分類

規定箇所

CHANGE DEFINITION

40h

O

8.2.1

COMPARE 39h

O

8.2.2

COPY 18h

O

8.2.3

COPY AND VERIFY

3Ah

O

8.2.4

INQUIRY 12h

M

8.2.5

LOG SELECT

4Ch

O

8.2.6

LOG SENSE

4Dh

O

8.2.7

MODE SELECT (06)

15h

Z

8.2.8

MODE SELECT (10)

55h

Z

8.2.9

MODE SENSE (06)

1Ah

Z

8.2.10

MODE SENSE (10)

5Ah

Z

8.2.11

READ BUFFER

3Ch

O

8.2.12

RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

1Ch

O

8.2.13

REQUEST SENSE

03h

M

8.2.14

SEND DIAGNOSTIC

1Dh

M

8.2.15

TEST UNIT READY

00h

M

8.2.16

WRITE BUFFER

3Bh

O

8.2.17

備考    M:必す(須)コマンド。組込みが必す(須)とされているコマンド

O

:任意コマンド。組込みが任意とされているコマンド

Z

:装置の形式によって異なる意味をもつコマンド 

8.2.1

CHANGE DEFINITION

コマンド  CHANGE DEFINITION コマンドは,次のとおりとする。

表 32  CHANGE DEFINITION コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (40h)

1

論理ユニット番号

保留

2

保留 Save


76

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

3

保留

定義パラメタ

4

保留

5

保留

6

保留

7

保留

8

パラメタデータ長

9

制御バイト

備考 Save:制御記憶可能

表 32 の CHANGE DEFINITION コマンドに対して,ターゲットは,そのコマンドを発行したイニシエー

タ又は他のすべてのイニシエータに対して,ターゲット又は論理ユニットの操作定義を変更する。ターゲ

ットは,制御記憶可能 (Save) ビットが “0” の場合,操作定義を保存しない。Save ビットが “1” の場合,

不揮発性記憶領域に,この操作定義を保存する。

定義パラメタを

表 33 に示す。

表 33  定義パラメタ

パラメタ

定義パラメタの意味

00h

現在使用中の操作定義

01h SCSI-1

(JIS X 6051)

の操作定義

02h

共通コマンドセット (Common Command Set, CCS) の操作
定義

03h 

SCSI-2

(この規格)の操作定義

04

∼3Fh 

保留

40

∼7Fh 

製造者指定

備考  現在使用中の操作定義パラメタの値には,SCSI 仕様に適合する適切な操作定義を設定する。製

造者指定によるパラメタの値は,複雑な操作定義に変更することが必要な応用に用いる。装置

によって使用可能な定義は,実装操作定義ページ(8.3.4.3 参照)による。

参考  パラメタ値 02h の共通コマンドセット (CCS) は,規格ではないが,SCSI-1 の規格制定に際し

て製品の互換性を維持するために ANSI が発行した設計指針である。任意機能の一部を必要機

能として定め,製造者指定の項目を規範化したものである。この規格は,CCS の機能をすべて

含んでいる。

パラメタデータ長は,イニシエータからターゲットに転送するパラメタのバイト数を指定する。パラメ

タデータ長が 0 のときは,データを転送しない。この状態を誤りとしてはならない。その他の値は,転送

するパラメタデータのバイト数を示す。パラメタデータは,製造者指定とする。

備考  パラメタデータは,操作定義変更を確認するパスワードを指定するために用いてもよい。

CHANGE DEFINITION

コマンドによる操作定義の変更は,次のとおりとする。

(a)

コマンドを発行したイニシエータに関連する各論理ユニットの操作定義変更  この場合,ターゲッ

トは,システム中のそのイニシエータに対して,各論理ユニットごとにそれぞれの操作定義を維持

できる。

(b)

コマンドを発行したイニシエータに関連するターゲットの操作定義変更  この場合,ターゲットは,

システム中のそのイニシエータに対して,ターゲットの全論理ユニットについて一つの操作定義を

維持できる。

(c)

システム中のすべてのイニシエータに関連する各論理ユニットの操作定義変更  この場合,ターゲ


77

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ットは,システム中の全イニシエータに対して,各論理ユニットごとにそれぞれの操作定義を維持

できる。

(d)

システム中のすべてのイニシエータに関連するターゲットの操作定義変更  この場合,ターゲット

は,一つの操作定義だけを維持できる。

備考1.  この規格では,ターゲットが,上の(a)(d)に示す四つの方法のうち,いずれを組み込んでい

るかを決定する直接的な方法は,規定しない。イニシエータが操作定義の変更を行ったとき

に,ターゲットが,関連するイニシエータにユニットアテンション状態を示すことによって

間接的に知らせる。

2.

上の(c)及び(d)の場合,システム中に SCSI-2 より低い水準で動作するイニシエータがあると

きは,正常に動作しないことがある。

操作定義は,コマンドが正常終了した後に変更される。ターゲットは,COMMAND COMPLETE メッセ

ージに対する ACK を確認したときに,コマンドが正しく終了したと見なす。イニシエータは,INQUIRY

コマンドで実装操作定義ページ(8.3.4.1 参照)を要求して,新しい操作定義を確認する。

SCSI-1

の操作定義に変更された SCSI-2 装置は,CHANGE DEFINITION コマンドを受け入れてもよい。

備考  操作定義の変更方法は,組み込まれている機能による。組込み方法によっては,電源投入又は

ハードリセット発生のときと同様にターゲットの動作モードを再び初期化する必要が生ずる。

組込み方法によっては,CHANGE DEFINITION コマンドで指定された操作定義だけを変更して

もよい。

CHANGE DEFINITION

コマンドが正しく実行できなかった場合,操作定義は,CHANGE DEFINITION

コマンドを受け取る前と同じとする。元の操作定義に戻ることが不可能な場合には,ターゲットは,ユニ

ットアテンション状態を生成する。

備考  ターゲットが使用中の操作定義は,INQUIRY コマンドを使って,常時問い合わせることができ

る。CCS 又は SCSI-1 の操作定義に変更できる SCSI-2 のターゲットは,既存の SCSI-1 のイニシ

エータとの互換性を保つために,その一部の変更が必要になる。推奨する変更を次に示す。

(a)

ターゲットは,イニシエータが非同期事象通知機能をもっているかどうかを確定するために

他の SCSI 装置に選択の起動をすることを避けたほうがよい。ターゲットは,非同期事象通

知の受信及び送信のできる装置がないと見なして,AEN を使用しないほうがよい。

(b)

ターゲットは,INITIATE RECOVERY メッセージを発行することによって,拡張誤り情報保

持状態を生成しないほうがよい。

(c)

ターゲットは,割当て長が 0 の REQUEST SENSE コマンドを受け取った場合,4 バイトのセ

ンスデータを返すのがよい。

(d)

ターゲットは,INQUIRY コマンドを受け取った場合,規格種別及び応答データ形式のフィー

ルドに適切な値を設定して,INQUIRY データ(

表 45 参照)を返送するのがよい。任意機能

のビットは,0 に設定するのがよい。

(e)

操作定義の変更で,製造者識別子,周辺装置種別,装置形式,SCSI 実装水準,コマンドセッ

ト,その他の操作特性を変更してもよい。

ターゲットは,電源投入又はハードリセット発生の後,保存機能がある場合には操作定義に最後に保存

した値を設定し,保存機能がない場合には省略時値を設定する。

8.2.2

COMPARE

コマンド  COMPARE コマンドは,次のとおりとする。

表 34  COMPARE コマンド


78

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (39h)

1

論理ユニット番号

保留

パッド

2

保留

3

(最上位ビット)

4

5

パラメタリスト長

(最下位 ビット)

6

7

8

保留

9

制御バイト

表 34 の COMPARE コマンドに対して,ターゲットは,論理ユニットのデータと,他の論理ユニット又

は同じ論理ユニットのデータとを COPY コマンド(8.2.3 参照)に準じた方法で比較する。

このコマンドの記述ブロックは,COPY コマンドのコマンド記述ブロックと同じとし,転送元からのデ

ータと転送先のデータとを 1 バイトごとに比較する。このパラメタリストは,比較の対象とする論理ユニ

ット及び比較する長さを示す(パラメタは,8.2.3 参照)

両者のデータが一致しない場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキ

ーに MISCOMPARE を設定する。センスデータのその他のフィールドの定義は,COPY コマンドと同じと

する。

8.2.3

COPY

コマンド  COPY コマンドは,次のとおりとする。

表 35 の COPY コマンドに対して,ターゲットは,異なる論理ユニット間で又は同一論理ユニット内で,

データのコピーを行う。

表 35  COPY コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (18h)

1

論理ユニット番号

保留

パッド

2

(最上位ビット)

3

4

パラメタリスト長

(最下位 ビット)

5

制御バイト

COPY

コマンドを受け取って,実行する論理ユニットをコピー管理者と呼ぶ。コピー管理者は,転送元

論理ユニットから転送先論理ユニットへのデータのコピーについて責任をもつ。それぞれの論理ユニット

は,同じ SCSI 装置又は異なる SCSI 装置にあってもよい(両方とも同じ論理ユニットでもよい。

。COPY

コマンドを組み込んだ SCSI 装置は,他の SCSI 装置との間のコピー又は第三者コピー(すなわち,転送元

及び転送先の両論理ユニットがそれぞれ異なる SCSI 装置に存在するコピー)の機能がなくてもよい。

パッドビットは,セグメント記述子の連結ビット(8.2.3.7 参照)とともに使用し,転送先ブロック長と

の整合がとれなかった場合の動作を指定する。パラメタリスト長は,コマンドの DATA OUT フェーズで転

送するパラメタリストのバイト長を示す。パラメタリスト長が 0 の場合,データを転送しない。この状態

を誤りとしてはならない。

COPY

パラメタリスト(

表 36 参照)は,コピー機能コード及び優先順位を含む 4 バイトのヘッダの後に

一つ以上のセグメント記述子が続く。


79

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 36  COPY パラメタリスト

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

コピー機能コード

優先順位

1

製造者指定

2

保留

3

保留

セグメント記述子

0

n

セグメント記述子 0

表 3841 参照)

・ 

0

n

セグメント記述子 x

表 3841 参照)

コピー機能コードは,

セグメント記述子の形式を指定する。

コピー機能コードは,

表 37 のとおりとする。

ターゲットは,周辺装置種別に対する機能コードをすべて使用できなくてもよい。

COPY

パラメタリストの優先順位は,この COPY コマンドと同一ターゲットで実行する他のコマンドと

の相対的な優先順位を定める。他のコマンドは,すべて 1h の優先順位をもつものとする。0h を最高の優

先順位とし,値が大きくなるに従って優先順位が低くなる。

セグメント記述子の形式は,

コピー機能コード別に指定する。

ブロック形装置

(追記形記憶装置,CD-ROM

装置,光記憶装置及び直接アクセス装置)に使用するセグメント記述子の形式は,同一とする。連続形装

置(すなわち,印字装置,通信装置,処理装置及び順次アクセス装置)に用いるセグメント記述子の形式

は,同一とする。例えば,追記形記憶装置から印字装置へのコピーは,直接アクセス装置から順次アクセ

ス装置へのコピーのセグメント記述子の形式を使用する(

表 37 参照)。セグメント記述子の形式は,表 37

41 のとおりとする。セグメント記述子は,最大 256 個まで記述でき,番号 0 から昇順に番号付けして識

別する。


80

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 37  COPY 機能コード

周辺装置種別名(コード)

転送元

転送先

COPY

機能コード セグメント記述

子の表番号

備考

ブロック形装置

連続形装置 00h 38

(0, 4, 5, 7)

(1, 2, 3, 9)

連続形装置

ブロック形装置 01h

38

*

(1, 3, 9)

(0, 4, 5, 7)

ブロック形装置

ブロック形装置 02h

39

(0, 4, 5, 7)

(0, 4, 5, 7)

連続形装置

連続形装置 03h 40

(1, 3, 9)

(1, 2, 3, 9)

順次アクセス装置

順次アクセス装置

04h 41

イメージコピー

(1) (1)

*

 COMPARE

コマンドの場合,転送先を CD-ROM 装置又は読取り専用の光記憶装置にして

もよい。

備考1. COPY 機能コードの05∼0Fh は,保留とする。

2. COPY

機能コードの 10∼1Fh は,製造者指定とする。

3.

周辺装置種別名の下のコードは,

8.2.5.1 参照)による。

8.2.3.1

管理中の SCSI 装置が検出する誤り  COPY コマンド実行中に発生する例外状態は,2 種類とす

る。第 1 の例外状態は,COPY コマンドを受信して管理する SCSI 装置が COPY コマンド実行中に検出す

る例外状態とし,COPY コマンド転送時のパリティ誤り,状態バイト転送時のパリティ誤り,COPY コマ

ンド中の無効なパラメタ,パラメタリスト中の無効なセグメント記述子の指定及びコピー機能を管理する

SCSI

装置の動作継続不可能状態を含む。これらの例外状態が発生した場合,COPY コマンドを管理する

SCSI

装置は,次のことを行う。

(a) CHECK

CONDITION

状態バイトで COPY コマンドを終了する。

(b)

センスデータの有効ビットに “1” を設定する。セグメント番号は,例外状態を検出したときに処理

中のセグメント番号とする。センスキーに発生した例外状態を設定する(COPY ABORTED とはし

ない。

。情報フィールドに,

[(障害発生時に処理中であったセグメント記述子のブロック数)−(正

常にコピーした論理ブロック数)

]を設定する。この数は,未処理のブロック数に等しい。

8.2.3.2

管理されているターゲットが検出する誤り  第 2 の例外状態は,COPY コマンドを管理する SCSI

装置からのコマンドによって,データを転送する SCSI 装置が検出した例外状態とする。COPY コマンド

を管理する SCSI 装置(コピー管理者)は,管理している SCSI 装置から CHECK CONDITION 状態バイト

を受け取ることなどによって,例外状態を検出する。COPY コマンドを管理する SCSI 装置は,その後,

例外状態に関連したセンスデータを収集する。

COPY

コマンドを管理する SCSI 装置は,転送元論理ユニット,転送先論理ユニット又はその両方にな

ることができ,コピーの管理の失敗とデータ転送の失敗とを区別し,適切なセンスデータを内部で作成す

る。

COPY

コマンドを管理する SCSI 装置は,誤りが検出された場合,センスデータを収集した後で,次の

ことを行う。

(a) COPY

コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了する。

(b)

センスデータの有効ビットに “1” を,セグメント番号に例外状態を検出したときに処理中のセグメ

ント記述子の番号を,センスキーに COPY ABORTED をそれぞれ設定する。情報フィールドに[

(障

害発生時に処理中であったセグメント記述子のブロック数)−

(正常にコピーした論理ブロック数)


81

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

を設定する。この数は,未処理のブロック数に等しい。

コマンド指定情報(

表 65 参照)の第 1 バイトは,転送元の論理ユニットからの状態バイト及びセンスデ

ータの開始バイトの番号,すなわち,このセンスデータの第 1 バイトからの相対バイト位置を示す。この

バイト位置から始まる領域に,転送元論理ユニットの状態バイト及びセンスデータをそのまま入れる。第

1

バイトの値が 0 の場合,転送元論理ユニットからの状態バイト及びセンスデータが返送されなかったこ

とを示す。

コマンド指定情報の第 2 バイトは,転送先の論理ユニットからの状態バイト及びセンスデータの開始バ

イトの番号,すなわち,このセンスデータの第 1 バイトからの相対バイト位置を示す。このバイト位置か

ら始まる領域に,転送先論理ユニットの状態バイト及びセンスデータをそのまま入れる。第 2 バイトの値

が 0 の場合,転送先論理ユニットからの状態バイト及びセンスデータが返送されなかったことを示す。

8.2.3.3

コピー機能コードの 00h 及び 01h  直接アクセス装置と順次アクセス装置との間のコピー転送に

用いるセグメント記述子の形式を

表 38 に示す。この形式は,コピー機能コードの 00h 及び 01h で用いる。

セグメント記述子は,コマンド記述ブロックで指定するパラメタリスト長の範囲内で最大 256 回まで繰り

返すことができる。

表 38  コピー機能コードの 00h 及び 01h のセグメント記述子

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

転送元アドレス

保留

連結

転送元論理ユニット番号

1

転送先アドレス

保留

転送先論理ユニット番号

2

(最上位ビット)

3

順次アクセス装置ブロック長

(最下位 ビット)

4

(最上位ビット)

7

直接アクセス装置ブロック数

(最下位 ビット)

8

(最上位ビット)

11

直接アクセス装置論理ブロックアドレス

(最下位 ビット)

転送元アドレス及び転送元論理ユニット番号は,COPY コマンドで転送元のセグメントが存在する装置

の SCSI ID 及び論理ユニット番号を指定する。転送先アドレス及び転送先論理ユニット番号は,COPY コ

マンドで,このセグメントのデータをコピーする装置の SCSI ID 及び論理ユニット番号を指定する。SCSI

装置は,自身がコピーの転送元でも転送先でもない第三者コピーを行えなくてもよい。SCSI 装置は,その

装置の中だけでのコピーを行い,他の SCSI 装置との間のコピーを行えなくてもよい。組み込まれていな

いコピー操作が要求された場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキー

に ILLEGAL REQUEST を,センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST(8.2.3.1 参照)をそれ

ぞれ設定する。

連結ビット(任意機能)が “1” の場合,転送先が最後のブロックの終端に達しても転送元が最後のブロ

ックの終端に達していないとき,コピー管理者は,転送元の現在のセグメントの後続ブロックを転送元の

後続のセグメントの最初のブロックに連結させる。連結ビットが “0” の場合の定義は,コマンド記述ブロ

ック中のパッドビットによって決まる(8.2.3.7 参照)

順次アクセス装置のブロック長は,その論理ユニットで使用する論理ブロックの長さを指定する。コピ

ー管理者の SCSI 装置は,使用できないブロック長を検出した場合,COPY コマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN

PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する。

順次アクセス装置に対する読取り又は書込みの操作を実行中に,


82

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

無効なブロック長を検出した場合,そのコマンドを CHECK CONDITION で終了し,センスキーに COPY

ABORTED

を設定する(8.2.3.2 参照)

直接アクセス装置ブロック数は,

コピーを行うセグメントのブロック数を指定する。

この値が 0 の場合,

そのセグメントの転送を行わない。

直接アクセス装置の論理ブロックアドレスは,論理ユニットの論理ブロックの開始アドレスを指定する。

8.2.3.4

コピー機能コードの 02h  直接アクセス装置間のコピー転送に用いるセグメント記述子の形式を

表 39 に示す。この形式は,コピー機能コードの 02h で用いる。セグメント記述子は,コマンド記述ブロッ

クで指定するパラメタリスト長の範囲内で 256 回まで繰り返すことができる。

表 39  コピー機能コードの 02h のセグメント記述子

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

転送元アドレス DC

連結

転送元論理ユニット番号

1

転送先アドレス

保留

転送先論理ユニット番号

2

保留

3

保留

4

(最上位ビット)

7

ブロック数

(最下位 ビット)

8

(最上位ビット)

11

転送元論理ブロックアドレス

(最下位 ビット)

12

(最上位ビット)

15

転送先論理ブロックアドレス

(最下位 ビット)

備考 DC:転送先カウント

転送元アドレス,転送元論理ユニット番号,転送先アドレス,転送先論理ユニット番号及び連結ビット

は,8.2.3.3 の定義と同じとする。

ブロック数は,転送先カウント (DC) ビットが “0” のとき,転送元論理ユニットのブロック数とする。

DC

ビットが “1” のとき,転送先論理ユニットのブロック数とする。

ブロック数は,装置に転送される又は装置から転送するブロックの数を指定する。この値が 0 の場合,

転送を行わない。

転送元論理ブロックアドレスは,転送元装置の論理ブロックの開始アドレスを指定する。転送先論理ブ

ロックアドレスは,転送先装置の論理ブロックの開始アドレスを指定する。

8.2.3.5

コピー機能コードの 03h  順次アクセス装置間のコピー転送に用いるセグメント記述子の形式を

表 40 に示す。この形式は,コピー機能コードの 03h で用いる。セグメント記述子は,コマンド記述ブロッ

クで指定するパラメタリスト長の範囲内で 256 回まで繰り返すことができる。


83

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 40  コピー機能コードの 03h のセグメント記述子

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

転送元アドレス DC

連結

転送元論理ユニット番号

1

転送先アドレス

保留

転送先論理ユニット番号

2

保留

3

保留

4

(最上位ビット)

5

転送元ブロック長

(最下位 ビット)

6

(最上位ビット)

7

転送先ブロック長

(最下位 ビット)

8

(最上位ビット)

9

10

11

ブロック数

(最下位 ビット)

備考 DC:転送先カウント

転送元アドレス,転送元論理ユニット番号,転送先アドレス,転送先論理ユニット番号及び連結ビット

は,8.2.3.3 の定義と同じとする。

ブロック数は,転送先カウント (DC) ビットが “0” のときは,転送元論理ユニットのブロック数とする。

DC

ビットが “1” のときは,転送先論理ユニットのブロック数とする。

転送元ブロック長は,コピー動作における転送元のセグメントのブロック長を示す。この値が 0 の場合

は,可変ブロック長を示す。値が 0 以外の場合は,論理ユニットの実際のブロック長とこの値とが一致し

ていなければならない。

コピー管理者が,読取り操作の開始に先立ってブロック長の不一致を検出した場合,そのコマンドを

CHECK CONDITION

で終了し,

センスキーに ILLEGAL REQUEST を,

追加センスコードに INVALID FIELD

IN PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する(8.2.3.1 参照)

コ ピ ー 管 理 者 が 読 取 り 操 作 中 に ブ ロ ッ ク 長 の 不 一 致 を 検 出 し た 場 合 , そ の コ マ ン ド を CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに COPY ABORTED(8.2.3.2 参照)を,追加センスコード

に INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞれ設定する。

転送先ブロック長は,転送先論理ユニットで使用するブロック長を指定する。転送先ブロック長と実際

のブロック長との不一致を検出した場合,転送元ブロック長の不一致の場合と同じ方法で処理する。

ブロック数は,SCSI 装置から又は SCSI 装置への転送ブロック数を指定する(DC ビットによる。

。こ

の値が 0 の場合は,転送を行わない。

8.2.3.6

コピー機能コードの 04h  順次アクセス装置間におけるイメージのコピーに用いるセグメント記

述子の形式を

表 41 に示す。この形式は,コピー機能コードの 04h で用いる。セグメント記述子は,コマン

ド記述ブロックで指定するパラメタリスト長の範囲で 256 回まで繰り返すことができる。


84

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 41  コピー機能コードの 04h のセグメント記述子

ビット

バイト

7 6 5  4 3 2 1 0

0

転送元アドレス

保留

連結

転送元論理ユニット番号

1

転送先アドレス

保留

転送先論理ユニット番号

2

カウント

3

7

保留

8

11

製造者指定

転送元アドレス,転送元論理ユニット番号,転送先アドレス,転送先論理ユニット番号及び連結ビット

は,8.2.3.3 の定義と同じとする。COPY コマンドは,転送元の媒体から転送先の媒体に対して,それぞれ

の現在の位置からコピーを開始する。コピー機能は,転送元装置が次のいずれかの状態になったときに終

了する。

(a)

転送元装置の区分終端に達したとき。

(b)

転送元装置のデータ終端を検出したとき(すなわち,センスキーが BLANK CHECK)

(c)

転送元装置から転送先装置に対して,カウントで指定された数の連続するファイルマークのコピー

を完了したとき。

(d)

装置構成ページの RSmk ビットが “1” の場合,転送元装置から転送先装置に対して指定された数の

連続するセットマークのコピーを完了したとき(10.3.3.1 参照)

カウントが 0 の場合は,連続するファイルマーク及びセットマークがあっても終了しない。他の誤り又

は例外状態(例えば,転送先装置での区分終端の警告)が発生した場合は,COPY コマンドの完了を待た

ずに終了させてもよい。正常にコピーできなかった場合は,センスデータの情報フィールドに 0 を設定す

る。

8.2.3.7

ブロック長が一致しない場合のコピー  データをコピーする場合,二つの装置間でブロック長が

一致しないとき,最後の転送元ブロックが,転送先ブロックの一つ以上のセグメントとして書き込むのに

十分な長さがなくても,コピーすることができる。この場合,コピー管理者の動作を援助するために,任

意機能のパッドビット及び連結ビットを定義する。

(コマンド記述ブロックの)パッドビット及び(セグメ

ント記述子の)連結ビットの機能は,

表 42 のとおりとする。

表 42  パッドビット及び連結ビットの定義

パッド

連結

コピー管理者の動作

0 0

ブロック長の一致しないセグメントに対して,コピー管理者は,COPY コマンド

を CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST
を設定するか,短いブロックの書込み若しくは受付け(順次アクセス装置の可変
長モードの場合)を行うか,又は転送先ブロックに対するパッドキャラクタ (00h)

の付加若しくは転送元ブロックに対するパッドキャラクタの除去のいずれかを行
う。いずれを行うかは,装置固有とする。

1 0

コピー管理者は,ブロック長の一致しないセグメントに対して,転送先ブロック
が終了するまでパッドキャラクタ (00h) を付加するか,又は転送先ブロックから
のパッドキャラクタを取り除く。

X* 1

コピー管理者は,常にブロック完了まで書込み又は読出しを行う。ブロック長の
一致しないセグメントについては,ブロックの残りに後続のセグメントからのデ
ータを書き込む。このコードは,最終セグメントでは無効とする。

*

X

:0 でも 1 でもよい。


85

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

備考  パッドキャラクタは,ブロック長の異なる 2 台の装置間における COPY コマンドを管理するた

めに使用し,ブロックに部分的な残りが発生することを許す。COPY コマンドを発行するイニ

シエータは,これらのパッド領域を記憶しておき,その管理に責任をもつ。イニシエータは,

COPY

コマンドを発行する前にバックアップ用として転送先媒体にコピーパラメタリスト情報

を書き込んでおき,COPY コマンドを発行する前にこの情報を読み出す方法をとってもよい。

8.2.4

COPY AND VERIFY

コマンド  COPY AND VERIFY コマンドは,次のとおりとする。

表 43  COPY AND VERIFY コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (3Ah)

1

論理ユニット番号

保留 BytChk

パッド

2

保留

3

(最上位ビット)

4

5

パラメタリスト長

(最下位 ビット)

6

7

8

保留

9

制御バイト

備考 BytChk:バイト検査

表 43 の COPY AND VERIFY コマンドは,データ書込み後に,転送先論理ユニットに書き込んだデータ

の検査を行う点を除いて COPY コマンドと同じ機能をもつ。ターゲットに転送されるパラメタリストは,

COPY

コマンドと同じとする。このパラメタリストは,コピーを行う論理ユニットについての識別情報及

びコピー長を含む(8.2.3 参照)

バイト検査 (BytChk) ビットが “0” の場合,データの比較を行わず,読取り検証(例えば,CRC,ECC

など)だけを行う。“1”  の場合は,転送元媒体から転送されたデータと,転送先媒体に書き込まれている

データとを 1 バイトごとに比較する。比較した結果,不一致があった場合,コピー管理者は,CHECK

CONDITION

状態バイトを返送し,センスキーに MISCOMPARE を設定する。その他のセンスデータは,

COPY

コマンドと同じとする。

8.2.5

INQUIRY

コマンド  INQUIRY コマンドは,次のとおりとする。

表 44  INQUIRY コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (12h)

1

論理ユニット番号

保留 EVPD

2

ページコード

3

保留

4

割当て長

5

制御バイト

備考 EVPD:製造データ有効

表 44 の INQUIRY コマンドに対して,ターゲットは,ターゲット及びターゲットに接続されている周辺

装置に関するパラメタ情報をイニシエータに返送する。任意機能として,イニシエータは,ターゲット又

は論理ユニットについての追加情報(8.2.5.2 参照)を要求できる。


86

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

イニシエータは,製造データ有効 (EVPD) ビットを “1” に設定することによって,ページコードで指

定した製造データ(任意機能)を得ることができる。ターゲットが製造データをもっていない場合に,こ

のビットを “1” に設定されたときは,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで

終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ

設定する。

EVPD

ビットが “0” の場合,ターゲットは,標準 INQUIRY データ(

表 45 参照)を返送する。ページコ

ードの値が 0 以外の場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,セ

ンスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。

ページコードは,ターゲットに対して,製造データのどのページを返送するかを指定する(8.3.4 参照)

ターゲットは,INQUIRY コマンドに対して要求された INQUIRY データを返送できないときにだけ,そ

のコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了する。

備考  周辺装置は,他のコマンドに対して動作不可能な場合でも INQUIRY コマンドに対してはデー

タを返送できることが望ましい。

ターゲットは,ユニットアテンション状態にある場合,イニシエータから INQUIRY コマンドを受信し

た場合(例えば,既にターゲットが CHECK CONDITION 状態バイトを報告している場合)

,INQUIRY コ

マンドを実行し,かつユニットアテンション状態を維持する(7.9 参照)

備考1. INQUIRY コマンドは,一般にリセット又は電源投入の後,イニシエータがシステム構築のた

めに周辺機器の種類を決定するのに用いる。リセット又は電源投入をした場合,INQUIRY デ

ータ生成までの時間を最短にするために媒体のアクセスによる時間の影響を受けないように

しなければならない。ターゲットは,INQUIRY データを装置に記憶している場合,有効なデ

ータを得るまで対応するフィールドに0又は間隔文字 (20h) を設定しておいてもよい。

2. INQUIRY

データは,ターゲットの初期化の過程又は CHANGE DEFINITION コマンドに対す

る応答で変更されてもよい。例えば,ターゲットは,その不揮発性記憶領域に最小限のコマ

ンドセットをもち,装置が動作可能状態になった時点で最終的なファームウェアをロードし

てもよい。ファームウェアがロードされた後,ターゲットは,任意機能の使用が可能となり,

その結果,INQUIRY データでより多くの任意機能に関する情報を返送してもよい。

8.2.5.1

標準の INQUIRY データ  標準の INQUIRY データ形式(表 45 参照)は,36 バイトの必須情報と

後続の可変長の製造者定義パラメタとから構成される。バイト 56∼95 については返送してもよいが,その

意味は,将来の標準化のために保留とする。


87

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 45  標準 INQUIRY データ形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

周辺装置限定子

周辺装置種別

1 RMB

装置種別変更子

2

規格種別

(ECMA 規格種別)

(ANSI 規格種別)

3 AENC

TrmIOP

保留

応答データ形式

4

追加データ長

5

保留

6

保留

7 RelAdr

WBus32

WBus16

Sync

Linked

保留 CmdQue SftRe

8

(最上位ビット)

15

製造者識別子

(最下位 ビット)

16

(最上位ビット)

31

製品識別子

(最下位 ビット)

32

(最上位ビット)

35

製品改訂版番号

(最下位 ビット)

36

55

製造者指定

56

95

保留

製造者指定パラメタ

96

n

製造者指定

備考    RMB

:交換可能媒体 AENC

:非同期事象通知機能

TrmIOP

:入出力処理打切り RelAdr :相対アドレス

WBus32

:32 ビット幅転送 WBus16

:16 ビット幅転送

Sync

:同期転送 Linked

:コマンド連結

CmdQue

:コマンド待ち行列 SftRe  :ソフトリセット

周辺装置限定子及び周辺装置種別は,その時点で論理ユニットに接続されている装置を示す。ターゲッ

トが論理ユニットに接続されている装置を使用できない場合,このフィールドを 7Fh に設定しなければな

らない(周辺装置限定子に 011b を,周辺装置種別に 1Fh をそれぞれ設定する。

。周辺装置限定子コード

表 46 に,周辺装置種別コードを表 47 に示す。


88

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 46  周辺装置限定子コード

コード

意味

000b

指定された種類の周辺装置が,その時点で指定した論理ユニットに接続されてい

る。ターゲットがその時点で接続されている物理的な装置の識別ができない場合,

INQUIRY

データを返送するときにこの周辺装置限定子を用いる。

  この周辺装置限定子は,装置がイニシエータによってアクセス可能であること

を意味するものではない。

001b

ターゲットは,指定された周辺装置を論理ユニットに接続して使用できる。ただ

し,この物理的な装置は,現在論理ユニットに接続されていない。

010b

保留

011b

ターゲットは,この論理ユニットに接続されている物理的な装置を使用できない。

この周辺装置限定子を使う場合,SCSI-1 (JIS X 6051)  との互換性を保つために周
辺装置の種別を 1Fh に限定する。その他の周辺装置種別の値は,この周辺装置限
定子の場合,保留とする。

1XXb

*

製造者指定

*

X

:0 でも 1 でもよい。

表 47  周辺装置種別コード

コード

意味

00h

直接アクセス装置(例えば,磁器ディスク装置)

01h

順次アクセス装置(例えば,磁器テープ装置)

02h

印字装置

03h

処理装置

04h

追記形記憶装置(例えば,ある種の光ディスク装置)

05h CD-ROM

装置

06h

スキャナ装置

07h

光記憶装置(例えば,ある種の光ディスク装置)

08h

媒体交換装置(例えば,ジュークボックス形媒体交換装置)

09h

通信制御装置

0A

∼0Bh

保留

参考  印刷におけるグラフィック表現のための装置用とし

て,将来,標準化する予定

0C

∼1Eh

保留

1Fh

種別不明又は種別コードなし。

交換可能媒体ビット (RMB) が “0” の場合は,媒体が交換できない。RMB ビットが “1” の場合は,媒

体が交換できる。

装置種別変更子は,SCSI-1 (JIS X 6051)  では,機種限定コードとして製造者が指定できるように定義さ

れていた。このフィールドは,SCSI-1 との互換のために用いる。このフィールドを使用しないターゲット

は,0 を返送する。

規格種別は,

表 48 のとおりとする。

表 48  規格種別

コード

意味

0h

適合規格種別不明

1h SCSI-1

(JIS X 6051)

に適合する SCSI 装置

2h SCSI-2

(この規格)に適合する SCSI 装置

3h

保留

参考 ANSI 規格種別及び ECMA 規格種別のコードは,アメリカ規格協会及び欧州電子計算機工業会

がそれぞれ規定する。複数の SCSI 規格に合致していることを示してもよい。


89

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

非同期事象通知機能 (AENC) ビットは,SCSI 装置が 7.5.5 に示す非同期事象通知機能を使用できること

を示す。

(a)

処理装置の場合,AENC ビットが “1” のとき,その装置は,非同期事象通知機能をもつ。AENC ビ

ットが “0” のとき,その装置は,非同期事象通知機能をもたない。

(b)

処理装置以外の場合,このビットを使用しない。

入出力処理打切り (TrmIOP) ビットが “1” の場合,SCSI 装置は,6.6.22 で定義する TERMINATE I/O

PROCESS

メッセージを使用する。TrmIOP ビットが “0” の場合,SCSI 装置は,TERMINATE I/O PROCESS

メッセージを使用しない。

応答データ形式の値が 0h の場合,INQUIRY データ形式は,SCSI-1 (JIS X 6051)  の規定による。応答デ

ータ形式の値が 1h の場合,この規格の制定以前に設計された製品と互換性をもつ。応答データ形式の値が

2h

の場合は,この規格による。3h の応答データ形式の値は,保留とする。

追加データ長は,パラメタのバイト数を示す。コマンド記述ブロックで割り当てられた長さがすべての

パラメタを転送するには短い場合でも,切捨てのために追加データ長を調整してはならない。

相対アドレス (RelAdr) ビットが “1” の場合,この論理ユニットは,相対アドレスモードを使用する。

相対アドレスの使用は,リンクされたコマンドだけに限られる。このビットが “1” の場合,コマンド連結

(Linked)

ビットは,“1”  でなければならない。RelAdr ビットが “0” の場合,この論理ユニットで相対アド

レスモードが使用できない。

32

ビット幅転送 (WBus32) ビットが “1” の場合,この論理ユニットが 32 ビット幅のデータ転送を使用

できる。WBus32 ビットが “0” の場合,32 ビット幅のデータ転送を使用できない。

16

ビット幅転送 (WBus16) ビットが “1” の場合,この論理ユニットは,16 ビット幅のデータ転送を使

用できる。WBus16 ビットが “0” の場合,16 ビット幅のデータ転送を使用できない。

備考 WBus32,WBus16 の両方のビットがともに “0” の場合は,この論理ユニットは 8 ビット幅の

データ転送だけが使用できる。

同期転送 (Sync) ビットが “1” の場合,この論理ユニットは,同期データ転送機能を使用できる。Sync

ビットが “0” の場合,同期データ転送機能を使用できない。

コマンド連結 (Linked) ビットが “1” の場合,この論理ユニットは,コマンドのリンク機能を使用でき

る。Linked ビットが “0” の場合,この論理ユニットは,コマンドのリンク機能を使用できない。

コマンド待ち行列 (CmdQue) ビットが “1” の場合,この論理ユニットは,タグ付きコマンドの待ち行

列機能をもつ。CmdQue ビットが “0” の場合,この論理ユニットは,タグ付きコマンドの待ち行列機能を

もたない。

ソフトリセット (SftRe) ビットが “0” の場合,この論理ユニットは,リセット状態に対して 6.2.2.1 

ハードリセット形式で応答する。SftRe ビットが “1” の場合,リセット状態に対して 6.2.2.2 のソフトリセ

ット形式で応答する。

バイト 8∼55 は,図形文字データのフィールドとし,JIS X 0201 の図形文字コード(すなわち,20∼7Eh

のコード)だけを含む。左詰め(最上位合わせ)の場合,右側の未使用バイトを間隔文字 (20h) で埋める。

右詰め(最下位合わせ)の場合,左側の未使用バイトを間隔文字 (20h) で埋める。

製造者識別子は,製品の製造者を示す 8 バイトの図形文字コードで構成する。データは,このフィール

ドに左詰めで設定する。

備考  このフィールドは,SCSI 装置製造者を一意に識別することを目的とする。公式な登録手続きが

決定するまでは,ANSI X3T10 が製造者識別コードを管理する。製造者は,製造者識別コード


90

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

の重複を避けるために ANSI X3T10 に自発的に申し入れを行う必要がある(

附属書 に現時点

での製造者識別コードを示す。

製品識別子は,16 バイトとし,製造者が定義する。このフィールドのデータは,左詰めとする。

製品改訂版番号は,4 バイトとし,製造者が定義する。このフィールドのデータは,左詰めとする。

8.2.5.2

製造データ  製造データの使用は,任意とする。返送されるデータは,構成情報(例えば,製造

者識別子,製品識別子,型番,製造番号など)

,製造情報(例えば,工場名,製造日時など)

,現地交換可

能単位,その他についての製造者又は装置が指定するデータとする。

イニシエータは,製造データ有効 (EVPD) ビットに “1” を設定し,必要な製造データパラメタ(8.3.4

参照)のページを指定することによって製造データを要求する。ターゲットは,指定されたページを組み

込んでいない場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL

REQUEST

を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。

備考1.  ターゲットは,通常のコマンドが実行できない装置誤りが発生した場合でも INQUIRY コマ

ンドの実行を可能とすることが望ましい。その場合,INQUIRY コマンド及び REQUEST

SENSE

コマンド以外のコマンドは,CHECK CONDITION 状態バイトで終了するのがよい。

返送するセンスデータには,現地交換可能単位のコードを含んでもよい。製造データは,

INQUIRY

コマンドによって故障した装置からも得られるほうがよい。

2.

この規格では,INQUIRY コマンドによって得られた製造データをイニシエータのソフトウェ

アで,装置に関係なく表示するための形式を定義する。例えば,イニシエータは,センスデ

ータで得られた現地交換可能単位の情報を組み合わせて表示してもよい。データの内容は,

製造者が定める。したがって,装置の詳細な情報がない場合,そのデータは,利用できない。

3.

この規格は,製造データの設定位置又は配列方法を規定しない。イニシエータがデータを読

み取るまでに装置内の初期化動作を完了させるための時間的遅れがあってもよい。厳密な時

間的条件は,実装上の事項とし,この規格では規定しない。

8.2.6

LOG SELECT

コマンド  LOG SELECT コマンドは,次のとおりとする。

表 49  LOG SELECT コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (4Ch)

1

論理ユニット番号

保留 PCR

SP

2 PC

保留

3

保留

4

保留

5

保留

6

保留

7

(最上位ビット)

8

パラメタリスト長

(最下位 ビット)

9

制御バイト

備考    PCR :パラメタコードリセット SP

:パラメタ保存

PC

:ページ制御

表 49 の LOG SELECT コマンドで,イニシエータは,ターゲット又はターゲットに接続されている論理

ユニットを管理するための統計情報を得る。LOG SELECT コマンドを組み込むターゲットは,LOG SENSE

コマンドも組み込まなければならない。ログデータの管理のために,ログページ内のログパラメタの構成


91

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

を定義する。LOG SELECT コマンドは,DATA OUT フェーズで,0 個以上のログページを送信する。この

規格では,ログページの形式について規定するが,その内容の厳密な状態又は事象は,規定しない。

パラメタコードリセット (PCR) ビットが “1” であって,かつパラメタリスト長が 0 の場合,ターゲッ

トは,すべてのパラメタを省略時値(例えば 0)にする。PCR ビットが “1” でパラメタリスト長が 0 より

大きい場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST

を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。PCR ビットが “0” の場合は,ロ

グパラメタをリセットしない。

パラメタ保存 (SP) ビットが “1” の場合,ターゲットは,指定された LOG SELECT 動作を行った後,

ログページ内の保存不可 (DS) ビット(8.3.2 参照)に従って,全パラメタを製造者が指定する不揮発性記

憶領域に保存する。SP ビットが “0” の場合,パラメタを保存しない。

ログパラメタの保存は,任意機能とし,その機能は,ログページ内の DS ビットによって示される。ロ

グパラメタは,ターゲット保存不可 (TSD) ビット(8.3.2 参照)に従って,製造者の指定する回数だけ記

憶してもよい。ターゲットがログパラメタを記憶する機能を組み込んでいない場合で、かつ SP ビットが

“1”

のとき,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに

ILLEGAL REQUEST

を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。

SP

ビットを “1” に設定し,かつログパラメタの DS ビットを “1” に設定することは,誤りではない。

この場合,ログパラメタの値を保存しない。

ページ制御 (PC) は,選択するパラメタの値の種別を指定する。ページ制御コードを

表 50 に示す。

表 50  ページ制御コード

パラメタの値

コード

LOG SENSE

の場合 LOG

SELECT

の場合

00b

使用中のしきい値

しきい値

01b

使用中の累積値

累積値

10b

省略時のしきい値

省略時のしきい値

11b

省略時の累積値

省略時の累積値

使用中の累積値は,ターゲットによって又はイニシエータからの LOG SELECT コマンドによって,ター

ゲットで発生した事象に従って更新してもよい。各ログパラメタのパラメタ制御バイト(8.3.2 参照)によ

って,使用中の累積値の更新又は記録の動作を制御する。

ターゲットは,LOG SELECT コマンドで PC フィールドに 10b を,かつパラメタリスト長に 0 を設定さ

れた場合,使用中のしきい値パラメタに省略時のしきい値を設定する。

ターゲットは,LOG SELECT コマンドで PC フィールドを 11b,かつパラメタリスト長を 0 に設定され

た場合,すべての累積パラメタに省略時の値を設定する。

使用中のしきい値は,イニシエータからの LOG SELECT コマンドによってだけ変更できる。イニシエー

タが使用中のしきい値を変更しようとして,無効なログパラメタ又はターゲットが組み込んでいないログ

パラメタを発行した場合,ターゲットは,LOG SELECT コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終

了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する。使用中のしきい値パラメタの記録及び基準値は,パラメタ制御バイト(8.3.2 参照)

中のビットによって制御する。

備考  現在利用できないページ又はログパラメタは,ある程度の時間経過した後で利用可能となるこ

とがある(例えば,装置が利用可能になった後)

パラメタリスト長は,DATA OUT フェーズでイニシエータからターゲットに送信されるパラメタリスト


92

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

のバイト数を示す。パラメタリスト長が 0 の場合,ページデータは,転送しない。この状態を誤りとして

はならない。イニシエータが,ターゲットが保留としている若しくは組み込んでいないパラメタリストを

含むページコード又はパラメタコードを転送した場合,ターゲットは,LOG SELECT コマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID

FIELD IN PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する。

パラメタリスト長がログパラメタの長さより短いとき,ターゲットは,そのコマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID

FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。

DATA OUT

フェーズで複数のページを転送する場合,イニシエータは,ページコードの値の昇順にペー

ジを転送する。

DATA OUT

フェーズで一つのページ内の複数のログパラメタを送る場合,

イニシエータは,

パラメタコードをその値の昇順に転送する。イニシエータが昇順以外の順序でページ又はパラメタコード

を転送した場合,ターゲットは,LOG SELECT コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,セ

ンスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞ

れ設定する。

備考  イニシエータは,使用するページ及びページ長を決定するため,LOG SELECT コマンドに先立

って LOG SENSE コマンドを発行するのがよい。

ターゲットは,イニシエータと論理ユニットとの組合せ又はイニシエータと複数論理ユニットとの組合

せに対応するそれぞれのログパラメタセットを用意してもよい。ターゲットは,このようなログパラメタ

セットを使用できない場合,他のイニシエータに影響を与えるログパラメタが一つでも変更されたとき,

LOG SELECT

コマンドを発行したイニシエータ以外のイニシエータに対してユニットアテンション状態

7.9 参照)を生成する。このユニットアテンション状態は,追加センスコードの LOG PARAMETER

CHANGED

を伴って報告される。

ターゲットは,イニシエータがターゲットの使用していないログパラメタを指定した場合,そのコマン

ドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコード

に INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞれ設定する。

8.2.7

LOG SENSE

コマンド  LOG SENSE コマンドは,次のとおりとする。


93

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 51  LOG SENSE コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (4Dh)

1

論理ユニット番号

保留 PPC

SP

2 PC

ページコード

3

保留

4

保留

5

(最上位ビット)

6

パラメタポインタ

(最下位 ビット)

7

(最上位ビット)

8

割当て長

(最下位 ビット)

9

制御バイト

備考    PPC :パラメタポインタ制 SP

:パラメタ保存

PC

:ページ制御

表 51 の LOG SENSE コマンドで,イニシエータは,装置又はその装置の論理ユニットについて保持され

ている統計情報を得る。このコマンドは,LOG SELECT コマンドと補完的な関係をもつ。

パラメタポインタ制御 (PPC) ビットは,ターゲットから要求されたパラメタの種類を制御する。その制

御方法は,次のとおりとする。

(a) PPC

ビットが “1” の場合,ターゲットは,最後の LOG SELECT コマンド又は LOG SENSE コマン

ドの後で変更されたパラメタコードを含むログページを返送する。ターゲットは,パラメタポイン

タで指定されたコード以降の該当するパラメタコードを返送する。

(b) PPC

ビット “0” の場合,ターゲットは,指定されたログページのパラメタポインタで指定されたパ

ラメタコードから転送を開始し,パラメタコードの昇順に,割当て長で指定されたバイト数を返送

する。PPC ビットが “0” の場合で,かつパラメタポインタが 0 のときは,指定された割当て長に従

って,指定ログページ内の利用可能なすべてのログパラメタをイニシエータに返送する。

パラメタの保存は,LOG SENSE コマンドの任意機能とする。ターゲットがログパラメタの保存機能を

組み込んでいない場合でパラメタ保存 (SP) ビットが “1” のとき,ターゲットは,そのコマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID

FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。

SP

ビットが “0” の場合,ターゲットは,指定された LOG SENSE コマンドを実行するが,ログパラメ

タを保存しない。ログパラメタの保存機能が組み込まれている場合,SP ビットを “1” に設定されたとき,

ターゲットは,指定された LOG SENSE コマンドを実行し,保存不可 (DS) ビット(8.3.2 参照)で保存可

能と指定されたログパラメタを製造者が指定する不揮発性記憶領域に保存する。

ページ制御 (PC) は,選択されたパラメタ値の種別を定義する(ページ制御の定義は,8.2.6 参照)

。LOG

SENSE

コマンドで返送されるパラメタの値は,次のとおりとする。

(a)

指定されたパラメタの最後に更新された値(LOG SELECT コマンドの応答,LOG SENSE コマンド

の応答又はターゲットの自動更新によって更新された累積値)

(b)

電源投入,ハードリセット状態又は BUS DEVICE RESET メッセージ受信の後,一度も更新されて

いない場合で,かつパラメタ保存機能が組み込まれているときは,保存している値。

(c)

電源投入,ハードリセット状態又は BUS DEVICE RESET メッセージ受信の後,一度も更新されて

いない場合で,かつパラメタが利用できないとき又は保存機能が組み込まれていないときは,省略


94

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

時値。

ページコードは,要求するページを示す(8.3.2 参照)

。そのページコードの機能が保留とされている場

合又は組み込まれていない場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了

し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定

する。

イニシエータは,パラメタポインタで指定したパラメタコードから始めて,割当て長で指定されたバイ

ト数又はターゲットが組み込んでいる最終パラメタまでのバイト数のいずれか少ないバイト数のパラメタ

データを受け取ることができる。指定したページで,ターゲットが返送可能なパラメタコードの最大値よ

りもパラメタポインタの値が大きい場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイ

トで終了し,センスキーを ILLEGAL REQUEST に,追加センスコードを INVALID FIELD IN CDB にそれ

ぞれ設定する。

指定されたログページ内のログパラメタは,パラメタコードの昇順に転送する。

8.2.8

MODE SELECT (06) 

コマンド  MODE SELECT (06)  コマンドは,次のとおりとする。

表 52  MODE SELECT (06)  コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (15h)

1

論理ユニット番号 PF

保留 SP

2

保留

3

保留

4

パラメタリスト長

5

制御バイト

備考 PF:ページ形式 SP:ページ保存

表 52 の MODE SELECT (06)  コマンドで,イニシエータは,媒体,論理ユニット又は周辺装置のパラメ

タをターゲットに指定する。MODE SELECT コマンドを組み込むターゲットは,MODE SENSE コマンド

も組み込まなければならない。イニシエータは,使用するページ,ページ長,その他のパラメタを決定す

るために,MODE SELECT コマンドに先立って MODE SENSE コマンドを発行するのがよい。

ターゲットがページの保存機能をもつ場合,ターゲットは,各論理ユニットごとに一つの記録だけを保

存してすべてのイニシエータにこれを提供してもよいし,各イニシエータに対して論理ユニットごとに個

別の記録をもってもよい。個別に記録を行う場合,ターゲットは,各 I_T_L 結合に対して個別に使用中の

値を管理しなければならない。すべてのイニシエータに共通のページを使う場合は,複数の記録をもたな

くてもよい。

イニシエータが MODE SELECT コマンドでパラメタを変更した場合,他のイニシエータに影響を与える

ときは,ターゲットは,MODE SELECT コマンドを発行したイニシエータ以外のすべてのイニシエータに

対してユニットアテンション状態(7.9 参照)を生成する。ターゲットは,追加センスコードに MODE

PARAMETERS CHANGED

を設定する。

ターゲットは,

接続されている各論理ユニット又は論理ユニットとイニシエータとの組合せに対応して,

それぞれのパラメタセットをもってもよい。そのパラメタセットをもっている場合で,かつ第三者による

予約が要求されたときは,RESERVE コマンドを発行したイニシエータが使用しているパラメタを,第三

者装置のパラメタセットに複写する(9.2.12.3 及び 10.2.10.1 参照)

ページ形式 (PF) ビットが “0” の場合,MODE SELECT コマンドのパラメタは,SCSI-1 の規格  (JIS X 


95

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

6051)

による(すなわち,ブロック記述子以降のパラメタは,すべて製造者指定とする。

。PF ビットが “1”

の場合,ヘッダ及びブロック記述子以降の MODE SELECT コマンドのパラメタは,この規格に従って,関

連するパラメタページで構成される。

ページ保存 (SP) ビットが “0” の場合,ターゲットは,指定された MODE SELECT 動作を行うが,ペ

ージの保存を行わない。SP ビットが “1” の場合,ターゲットは,指定された MODE SELECT の動作を行

い,DATA OUT フェーズで送られたものを含めてすべての保存可能なページを,製造者が指定する不揮発

性記憶領域に保存する。SP ビットは,ターゲットがモードページを使用できる場合を含めて任意機能とす

る。どのページを保存するかは,MODE SENSE コマンドによって返送された各モードページの PS ビット

で識別する(8.3.3 参照)

。MODE SENSE データ内の PS ビットが “1” に設定されている場合,そのページ

は,SP ビットを設定した MODE SELECT コマンドの発行によって保存できる。ターゲットは,ページ保

存機能を使用できない場合,SP ビットが “1” のときは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイト

で終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞ

れ設定する。

パラメタリスト長は,DATA OUT フェーズでイニシエータからターゲットに転送するモードパラメタリ

ストのバイト数を指定する。パラメタリスト長が 0 の場合,データを転送しない。この状態を誤りとして

はならない。

パラメタリスト長でモードパラメタヘッダ,モードパラメタブロック記述子又はモードページが打ち切

られた場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに

ILLEGAL REQUEST

を,追加センスコードに PARAMETER LIST LENGTH ERROR をそれぞれ設定する。

MODE SELECT

コマンド及び MODE SENSE コマンドのモードパラメタリストは,8.3.3 による。各モー

ドパラメタリストの一部は,装置種別ごとに規定する。

ターゲットは,次の場合に,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに

ILLEGAL REQUEST

を,

追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞれ設定する。

この場合,モードパラメタの変更を行わない。

(a)

ターゲットが変更不可能と報告したフィールドを,イニシエータが使用中の設定値以外の値に変更

しようとした場合。

(b)

イニシエータがモードパラメタヘッダ又はブロック記述子に使用できない値を設定しようとした場

合。

(c)

イニシエータが MODE SENSE コマンドで報告されたページ長に等しくない長さで,モードページ

を設定しようとした場合。

(d)

ターゲットが使用可能な値以外のモードパラメタ値をイニシエータが転送した場合で,かつターゲ

ットにそのパラメタに対する調整機能がない場合。

(e)

イニシエータがモードパラメタリストで保留とされているフィールドに 0 以外の値を設定しようと

した場合。

ターゲットは,使用可能な値以外のモードパラメタ値を転送された場合,そのモードパラメタに対する

調整機能があるときは,更に次のいずれかを行う。

(a)

パラメタを受入れ可能な値に調整し,そのコマンドを 7.5.4 に従って終了させる。

(b)

そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,

追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞれ設定する。

ターゲットは,

他のモードパラメタが変更された場合,

その結果として

(変更不可能と報告していても)


96

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

任意のモードページの任意のモードパラメタを変更してよい。

ターゲットは,MODE SELECT コマンドを受け取る前に,既存の使用中のモードパラメタに従って,変

更不可能なモードパラメタを確認する。

備考  ターゲットが計算した使用中の値が,イニシエータの操作に影響することがあるので,イニシ

エータは,各 MODE SELECT コマンドの後で,MODE SENSE コマンドを発行するのがよい。

8.2.9

MODE SELECT (10) 

コマンド  MODE SELECT (10)  コマンドは,次のとおりとする。

表 53  MODE SELECT (10)  コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (55h)

1

論理ユニット番号 PF

保留 SP

2

保留

3

保留

4

保留

5

保留

6

保留

7

(最上位ビット)

8

パラメタリスト長

(最下位 ビット)

9

制御バイト

備考 PF:ページ形式 SP:パラメタ保存

表 53 の MODE SELECT (10)  コマンドで,イニシエータは,媒体,論理ユニット又は周辺装置のパラメ

タをターゲットに指定する。このコマンドのフィールドの定義は,MODE SELECT (06) コマンド(8.2.8

参照)と同じとする。イニシエータは,使用するモードページ,モードページ長,その他のパラメタを決

定するために,MODE SELECT コマンドに先立って MODE SENSE コマンドを発行するのがよい。

MODE SELECT (10)

コマンドを組み込むターゲットは,MODE SENSE (10)  コマンドも組み込まなけれ

ばならない。

8.2.10  MODE SENSE (06) 

  コマンド  MODE SENSE (06)  コマンドは,次のとおりとする。

表 54  MODE SENSE (06)  コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (1Ah)

1

論理ユニット番号

保留 DBD

保留

2 PC

ページコード

3

保留

4

割当て長

5

制御バイト

備考 PC:ページ制御 DBD:ブロック記述子無効化

表 54 の MODE SENSE (06)  コマンドに対して,ターゲットは,イニシエータにモードパラメタを報告す

る。このコマンドは,MODE SELECT (06)  コマンドと補完的な関係をもつ。

ブロック記述子無効化 (DBD) ビットが “0” の場合,ターゲットは,その判断で返送する MODE SENSE

データ(8.3.3 参照)中で 0 個以上のブロック記述子を返送してもよい。DBD ビットが “1” の場合,ター

ゲットは,MODE SENSE データでブロック記述子を返送しない。ページ制御フィールドは,モードページ

内で返送されるモードパラメタ値の種別を定義する。ページ制御コードを

表 55 に示す。

表 55  ページ制御コード


97

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

コード

パラメタの内容

規定箇所

00b

使用中の値

8.2.10.1

01b

変更可能な値

8.2.10.2

10b

省略時値

8.2.10.3

11b

保存されている値

8.2.10.4

備考  ページ制御は,モードページ内のモードパラメタにだけ有効とする。ただし,他のパラメタと

組み合わせるとき,PS ビット,ページコード及びページ長は,意味をもたないため,使用中の

値を返送するのがよい。モードパラメタヘッダ及びモードパラメタブロック記述子は,使用中

の値を返送するのがよい。

ページコードは,どのモードページを返送するかを指定する。使用するページコードは,

表 56 のとおり

とする。

表 56  全装置対応ページコード

ページコード

意味

00h

製造者定義ページ(ページ形式不要)

01

∼1Fh

各装置種別参照

20

∼3Eh

製造者定義ページ(ページ形式必要)

3Fh

全ページ返送

イニシエータは,ターゲットが転送可能な 1 個又はすべてのモードページの返送を要求する。イニシエ

ータが MODE SENSE コマンドでターゲットが使用できないページコードを設定した場合,

ターゲットは,

そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加セ

ンスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。

ページコードが 3Fh の場合,ターゲットに組み込まれているすべてのモードページをイニシエータに返

送する。モードパラメタリストが,MODE SENSE (06) コマンドで 256 バイトを超える場合又は MODE

SENSE (10)

コマンドで 65 536 バイトを超える場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。

00h

のページは,それが組み込まれている場合,他のすべてのページの後で返送される。

備考1.  モードページは,モードページ00h を除いて,昇順で返送される。

2. PC

及びページコードのフィールドがともに 0 に設定された場合,

(存在すれば)パラメタヘ

ッダ及びブロック記述子を返送する。これは,SCSI-1 の規格  (JIS X 6051)  に適合するイニシ

エータとの互換性を与える。

すべての装置種別に共通な MODE SELECT コマンド及び MODE SENSE コマンドのモードパラメタリス

トは,8.3.3 のとおりとする。モードパラメタリストの一部は,装置種別ごとに規定する。

8.2.10.1

使用中の値  ページ制御 (PC) フィールドの値が 00h の場合,ターゲットは,使用中のモードパ

ラメタ値を返送する。返送される使用中の値は,次のとおりとする。

(a)

正常に動作した MODE SELECT コマンドによって最後に設定された値。

(b)

ターゲットが電源の投入,ハードリセット状態の受信又は BUS DEVICE RESET メッセージの受信

の後で,かつ MODE SELECT コマンドを受信していない場合は,保存されている値。

(c)

保存された値が使用不可能な場合又は保存機能がない場合は,省略時値。


98

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.2.10.2

変更可能な値  PC フィールドが 01h の場合,ターゲットは,変更可能なモードパラメタのマス

ク情報を返送する。要求されたページは,どのパラメタが変更可能かを示す情報を含めて返送される。マ

スク情報で変更可能なパラメタのビットは,すべて “1” に設定する。ターゲットが定義し,イニシエータ

が変更できないパラメタのビットは,すべて “0” に設定する。

備考1.  ターゲット定義のパラメタを MODE SELECT コマンドによって変更しようとした場合は,誤

りとする(8.2.8参照)

2.

イニシエータは,MODE SELECT コマンドを発行する前に,MODE SENSE コマンドの PC フ

ィールドに 01b を,ページコードフィールドに 3Fh をそれぞれ設定して発行し,使用可能な

モードページ,モードページ中の変更可能なモードパラメタ及び各モードページの使用可能

な長さについて問い合わせるのがよい。

8.2.10.3

省略時値  PC フィールドが 10h の場合,ターゲットは,モードパラメタの省略時値を返送する。

省略時値は,装置が動作できない場合でも読取り可能とする。ターゲットが使用できないパラメタは,0

に設定する。

8.2.10.4

保存されている値  PC フィールドが 11b の場合,ターゲットは,保存していたモードパラメタ

の値を返送する。モードパラメタの保存機能の組込みは,任意とする。ターゲットが使用できないパラメ

タは,0 に設定する。保存機能を組み込んでいない場合は,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイ

トで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに SAVING PARAMETERS NOT

SUPPORTED

をそれぞれ設定する。

備考  パラメタの保存方式は,製造者指定とする。その場合,ターゲットは,電源を切断した場合で

もパラメタを保存する。すべての保存可能なページは,ページ保存 (SP) ビットを “1” にした

MODE SELECT

コマンドが GOOD 状態バイトで終了したとき,又は FORMAT UNIT コマンド

が正常に終了したときに,保存されたと見なされる。

8.2.10.5

初期応答  電源投入時又はハードリセット発生後,ターゲットは,次のとおりに応答する。

(a)

省略時値が要求された場合は,省略時値を返送する。

(b)

保存している値が要求された場合は,すでに読み取っていた有効なモードパラメタを返送するか又

はモードパラメタを記憶領域から読み取ってその値を返送する。保存していたモードパラメタが製

造者が指定する不揮発性記憶領域から読み出せない場合は,そのコマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに NOT READY を設定する。パラメタの保存機能が組み込まれて

いない場合の応答については,8.2.10.4 による。

(c)

使用中の値が要求され,その値がイニシエータから(MODE SELECT コマンドによって)設定され

ていない場合,ターゲットは,(a)又は(b)の省略時値又は保存していた値を返送する。使用中の値が

設定されている場合は,その値を返送する。

8.2.11  MODE SENSE (10) 

コマンド  MODE SENSE (10)  コマンドは,次のとおりとする。


99

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 57  MODE SENSE (10)  コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (5Ah)

1

論理ユニット番号

保留 DBD

保留

2 PC

ページコード

3

保留

4

保留

5

保留

6

保留

7

(最上位ビット)

8

割当て長

(最下位ビット)

9

制御バイト

備考 DBD:ブロック記述子無効化 PC:ページ制御

表 57 の MODE SENSE (10)  コマンドに対して,ターゲットは,イニシエータにモードパラメタを報告す

る。このコマンドは,MODE SELECT (10)  コマンドと補完的な関係をもつ。MODE SELECT (10)  コマン

ドが組み込まれている場合,MODE SENSE (10) コマンドも組み込まれなければならない。このコマンド

のフィールドの定義は,MODE SENSE (06)  コマンドと同じとする。

8.2.12  READ BUFFER

コマンド  READ BUFFER コマンドは,次のとおりとする。

表 58  READ BUFFER コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (3Ch)

1

論理ユニット番号

保留

モード

2

バッファ ID

3

(最上位ビット)

4

5

バッファオフセット

(最下位ビット)

6

(最上位ビット)

7

8

割当て長

(最下位ビット)

9

制御バイト

表 58 の READ BUFFER コマンドは,WRITE BUFFER コマンドとともに,ターゲットのバッファ及び SCSI

バスの完全性を調べるための自己診断機能として使用する。READ BUFFER コマンドで,媒体の内容を書

き換えてはならない。

READ BUFFER

コマンドの機能及びコマンド記述ブロック内の各フィールドの意味は,モードの値によ

る。モードは,

表 59 に示すとおりとする。


100

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 59  READ BUFFER のモード

モード

意味

組込み要件

000b

ヘッダとデータとの結合の読取り

任意

001b

製造者指定

製造者指定

010b

データの読取り

任意

011b

記述子

任意

100b

保留

保留

101b

保留

保留

110b

保留

保留

111b

保留

保留

備考  モードの 000b 及び 001b は,この規格制定以前に開発された製品と

の互換性を保つためのものとする。これらの製品では,最大転送長
が 65 535 バイトに制限される。

8.2.12.1

ヘッダとデータとの結合モード (000b)   ヘッダとデータとの結合モードでは,ターゲットは,

データバイトに先立って,DATA IN フェーズ中に 4 バイトのヘッダをイニシエータに返送する。バッファ

ID

及びバッファオフセットのフィールドは,保留とする。

4

バイトの READ BUFFER ヘッダ(

表 60 参照)は,ターゲットのバッファ中のデータバイトに先立って

送られる。

表 60  READ BUFFER ヘッダ

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

保留

1

(最上位ビット)

2

3

バッファ容量

(最下位ビット)

バッファ容量は,ターゲットのバッファ中の有効なデータのバイト数を指定する。

バッファ容量の値は,

割当て長又は WRITE BUFFER コマンドで実際に書き込まれていたバイト数によって調整されない。ター

ゲットは,READ BUFFER ヘッダに続いてバッファからデータを転送する。ターゲットは,イニシエータ

に対して割当て長のヘッダ及びデータを転送し終わったとき又はすべてのヘッダ及びデータを転送し終わ

ったときのいずれか早い時点で,DATA IN フェーズを終了する。

8.2.12.2

製造者指定モード (001b)   この規格では,製造者指定モードにおけるバッファ ID,バッファオ

フセット及び割当て長の内容については規定しない。

8.2.12.3

データモード (010b)   データモードでは,DATA IN フェーズでバッファのデータを転送する。

バッファ ID は,転送するデータが存在するターゲットのバッファを指定する。製造者は,ターゲットの

バッファにバッファ ID コードを割り当てる。バッファ ID コードの 0 は,必す(須)とする。2 個以上の

バッファを組み込む場合,追加のバッファ ID には,1 から始まる連続した値を割り当てる。READ BUFFER

コマンドにおけるバッファ ID コードの割当ては,

WRITE BUFFER

コマンドにおける割当てと同じとする。

組み込まれていないバッファ ID コードが指定された場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに ILLEGAL

FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。ターゲットは,イニシエータに割当て長のデータを転送し終わった

とき又はすべてのデータを転送し終わったときのいずれか早い時点で,DATA IN フェーズを終了する。

バッファオフセットは,指定されたバッファの先頭からデータ転送を開始するバイトまでのバイト数を

指定する。


101

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

イニシエータは,返送された READ BUFFER 記述子中のオフセット境界の要件に従うのがよい(8.2.12.4

参照)

。ターゲットは,指定されたバッファオフセットが受け入れられない場合,そのコマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに ILLEGAL

FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。

8.2.12.4

記述子モード (010b)   記述子モードでは,最大 4 バイトの READ BUFFER 記述子情報が返され

る。ターゲットは,バッファ ID(8.2.12.3 参照)で指定されたバッファに関する記述子情報を返送する。

指定されたバッファ ID に対応するバッファがない場合,ターゲットは,READ BUFFER 記述子にすべて 0

を設定して返送する。バッファオフセットは,記述子モードでは保留とする。割当て長は,4 以上を設定

するのがよい。ターゲットは,割当て長又は READ BUFFER 記述子の 4 バイトのいずれか小さいほうを転

送しなければならない。READ BUFFER 記述子は,

表 61 に示すとおりとする。

表 61  READ BUFFER 記述子

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

オフセット境界

1

(最上位ビット)

2

3

バッファ容量

(最下位ビット)

オフセット境界は,後続の WRITE BUFFER コマンド及び READ BUFFER コマンドで指定するバッファ

の境界位置を返す。オフセット境界の値は,2 のべきで表す。

後続の WRITE BUFFER コマンド及び READ BUFFER コマンドのバッファオフセットの値は,

表 62 に示

すとおり,2 の(オフセット境界)乗で表した値とする。

表 62  バッファオフセット境界

オフセット境界  2 の(オフセット境界)乗

で表した値

バッファオフセットの値

0 2

0

=1

バイト境界

1 2

1

=2

偶数バイト境界

2 2

2

=4 4 バイト境界

3 2

3

=8 8 バイト境界

4 2

4

=16 16 バイト境界

FFh

使用しない

バッファオフセットは,0 と見なす。

バッファ容量は,選択したバッファの容量をバイト数で返送する。

備考  マルチタスクシステムでは,WRITE BUFFER コマンドと READ BUFFER コマンドとの間に,

他のタスクによってバッファが変更されている可能性がある。したがって,バッファを試験す

る場合,この動作を確実にするために一つのタスクだけが動作していることを確認してもよい。

(装置上のすべての論理ユニットの)予約又はリンクコマンドの使用は,WRITE BUFFER コマ

ンドと READ BUFFER コマンドとの間におけるバッファの変更を避けるために有効である。

8.2.13  RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

コマンド  RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドは,次

のとおりとする。


102

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 63  RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (1Ch)

1

論理ユニット番号

保留

2

保留

3

(最上位ビット)

4

割当て長

(最下位ビット)

5

制御バイト

表 63 の RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドに対して,ターゲットは,SEND DIAGNOSTIC コマ

ンド(8.2.15 参照)の完了によって作成した解析データを転送する。ターゲットが任意機能のページ形式

を組み込んでいるときは,先行の SEND DIAGNOSTIC コマンドのページコードで,返送するデータ形式を

あらかじめ指定する。

備考1.  自己診断解析情報が他のイニシエータから送出されたコマンドによって破壊されないように,

SEND DIAGNOSTIC

コマンドと RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドとをリンクして

おくか又はその論理ユニットを予約しておくことが望ましい。

2.

一般に自己診断ソフトウェアは,装置固有であるが,RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマ

ンド及び SEND DIAGNOSTIC コマンドがこの装置固有の自己診断ソフトウェアとオペレー

ティングシステムのソフトウェアとを分離する手段を提供する。したがって,オペレーティ

ングシステムを装置に無関係に作ることができる。更に,オペレーティングシステムの自己

診断ソフトウェアを他のオペレーティングシステムに移植することを容易にする。

RECIEVE DIAGNOSTIC RESULTS

のページ形式は,8.3.1 による。

8.2.14  REQUEST SENSE

コマンド  REQUEST SENSE コマンドは,次のとおりとする。

表 64  REQUEST SENSE コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (03h)

1

論理ユニット番号

保留

2

保留

3

保留

4

割当て長

5

制御バイト

REQUEST SENSE

コマンド(

表 64 参照)に対して,ターゲットは,センスデータをイニシエータに転

送する。

センスデータを使用するのは,次の場合とする。

(a) I_T_x

結合に対して誤り情報保持状態が存在する場合。

(b)

その他の情報(例えば,媒体位置)が,有効な場合。

(c)

予定外切断が発生した場合にも使用してよい。

ターゲットが返送するセンスデータをもっていない場合は,センスキーに NO SENSE を,追加センスコ

ードに NO ADDITIONAL SENSE INFORMATION をそれぞれ設定して返送する。

ターゲットは,イニシエータが REQUEST SENSE コマンドでセンスデータを読み取るまで,又は同じ

I_T_x

結合に対する REQUEST SENSE 以外のコマンドを受け取るまで,このセンスデータを保持しなけれ


103

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ばならない。センスデータは,同じ I_T_x 結合に対する後続のコマンド(REQUEST SENSE コマンドを含

む。

)を受け取ったときにクリアされる。

備考  ターゲットによっては CHECK CONDITION 状態バイト又は COMMAND TERMINATED 状態バ

イトで終了したコマンドだけがセンスデータを更新する。したがって,論理ユニットが動作可

能状態になるのを監視するとき,イニシエータは,GOOD 状態バイトが戻るまで TEST UNIT

READY

コマンドを発行することが望ましい。必要ならば,イニシエータは,TEST UNIT READY

コマンドが CHECK CONDITION 状態バイト又は COMMAND TERMINATED 状態バイトで終了

した後,REQUEST SENSE コマンドを使ってセンスデータを読み取ってもよい。

ターゲットが REQUEST SENSE コマンドに対して CHECK CONDITION 状態バイトで終了するのは,コ

マンド自体に誤りがあったときだけとする。

例えば,次のような場合とする。

(a)

ターゲットが,コマンド記述ブロック内で “0” でない保留ビットを受信した場合。

(b)

データバス上で回復できないパリティ誤りを検出した場合。

(c)

ターゲットの誤動作によって,センスデータを返送できない場合。

REQUEST SENSE

コマンド実行中に回復可能な誤りが発生したとき,ターゲットは,センスデータを設

定して,GOOD 状態バイトを返送する。ターゲットが REQUEST SENSE コマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了したとき,センスデータは,無効になってもよい。

備考  無効な論理ユニットの選択に対するセンスデータについては,7.5.3 による。

ターゲットは,REQUEST SENSE コマンドに対して 18 バイトのデータを返送する。割当て長が 18 バイ

ト以上の場合に,ターゲットが 18 バイト未満のデータを返したとき,イニシエータは,転送されなかった

バイトを,すべて 0 であると見なす。イニシエータは,コマンド記述ブロックの割当て長パラメタ及びセ

ンスデータの追加センス長を調べることによって,返送されたセンスデータのバイト数を知ることができ

る。ターゲットは,割当て長がセンスデータの長さより短い場合でも,追加センス長をこれに合わせて調

整してはならない。

誤りコード 70h(現在の誤り)及び誤りコード 71h(据置き誤り)のセンスデータ形式を

表 65 に示す。

72

∼7Eh の誤りコードは保留とし,7Fh の誤りコードは製造者指定のセンスデータ形式とする。ターゲッ

トは,誤りコード 70h の組込みを必す(須)とし,誤りコード 71h の組込みを任意とする。00∼6Fh の誤

りコードは,この規格では規定せず,更にその使用を推奨することもしない。


104

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 65  誤りコードの 70h 及び 71h のセンスデータ形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

有効

誤りコード(70 又は 71h)

1

セグメント番号

2

ファイル

マーク

EOM ILI

保留

センスキー

3

(最上位ビット)

4

5

6

情報バイト

(最下位ビット)

7

追加センス長 (n−7)

8

(最上位ビット)

9

10

11

コマンド指定情報

(最下位ビット)

12

追加センスコード

13

追加センスコード限定子

14

現地交換可能単位コード

15 SKSV

16

17

センスキー指定

18

n

追加センスバイト

備考 EOM:媒体終端 ILI:不正長表示 SKSV:センスキー指定有効

有効ビットが “0” の場合は情報バイトを無効とし,“1”  の場合は情報バイトを有効とする。ターゲット

は,有効ビットの機能を組み込まなければならない。

REQUEST SENSE

コマンドを COPY,

COMPARE

又は COPY AND VEFIRY のコマンドの後で用いるとき,

セグメント番号は,使用中のセグメント記述子番号を示す。セグメント番号は,0 から始まる 256 個まで

の値を用いる。

ファイルマークビットの使用は,順次アクセス装置では必す(須)とし,その他の装置種別では保留と

する。ファイルマークビットが “1” の場合,実行したコマンドでファイルマーク又はセットマークを検出

したことを示す。ファイルマーク又はセットマークのいずれを検出したかを示すために,追加センスコー

ドを使用してもよい。セットマークの報告は,任意とし,使用する場合,順次アクセス装置の装置構成ペ

ージのセットマーク報告 (RSmk) ビットで示す(10.3.3.1 参照)

媒体終端 (EOM) ビットは,順次アクセス装置及び印字装置では必す(須)とし,その他の装置ではそ

の使用を保留とする。EOM ビットが “1” の場合,媒体終端の状態(区分終端,区分始端,用紙切れなど)

を示す。順次アクセス装置の場合,このビットは,順方向を指定するコマンドで論理ユニットが媒体終端

早期警告状態に到達したこと若しくはその状態を過ぎたこと,又は逆方向を指定するコマンドで論理ユニ

ットが媒体始端を検出したためにコマンドが完了できなかったことを示す。

不正長 (ILI) ビットが “1” の場合,要求された論理ブロック長が媒体上の論理ブロック長と一致しなか

ったことを示す。

センスキー,追加センスコード及び追加センスコード限定子は,階層化された情報とする。階層化は,

イニシエータが,誤り又は例外状態に関する情報の決定を降順に行えるようにすることを目的とする。セ


105

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ンスキーは,報告された誤り及び例外状態の大分類とする。イニシエータは,通常,センスキーを高い水

準での誤り回復手順に使う。追加センスコードは,センスキーを分類した中分類とする。追加センスコー

ド限定子は,追加センスコードを更に分類した小分類とする。追加センスコード及び追加センスコード限

定子は,イニシエータの複雑な誤り回復手順に必要な誤り及び例外状態に関する詳細な情報として使うこ

とができる。

センスキーは,必す(須)とし,誤り又は例外状態についての大分類とする。センスキーは,8.2.14.3

による。

情報バイトの内容は,装置種別及びコマンドに固有とし,それぞれの装置種別又はコマンドの対応する

箇条で規定する。ターゲットは,情報バイトを組み込まなければならない。指定がない限り,このフィー

ルドには,次の情報が含まれる。

(a)

直接アクセス装置(周辺装置種別 00h)

,追記形装置(周辺装置種別 04h)

,CD-ROM 装置(周辺装

置種別 05h)及び光記憶装置(周辺装置種別 07h)の場合は,センスキーで示す状態が発生した(符

号なしの)論理ブロックアドレス。

(b)

順次アクセス装置(周辺装置種別 01h)

,印字装置(周辺装置種別 02h)

,処理装置(周辺装置種別

03h

)及びある種の直接アクセス装置の場合は,(d)の規定を除き,

[(コマンドで指定されたバイト

又はブロックの数)−(実際に転送したデータのバイト又はブロックの数)

]の符号付き 2 進数(負

の場合は,2 の補数)

(c) COPY

コマンド,COMPARE コマンド及び COPY AND VERIFY コマンドの場合,

[(そのセグメン

ト記述子で指定されたブロック数)−(正常にコピーした又は比較したブロック数)

]の値。

(d)

バッファモードの 1h 又は 2h で動作している順次アクセス装置では,書込みの終了していないデー

タブロック,ファイルマーク又はセットマークがバッファ内に残っている場合に書込み誤りが発生

したとき,すべてのコマンドに対して情報バイトに次の値を設定する。

(1)

装置が固定長ブロックモード

(MODE SENSE ブロック記述子のブロック長フィールドが 0 でなく,

かつ WRITE コマンドの固定ビットが “1” )の場合,バッファ中のデータブロック,ファイルマ

ーク及びセットマークの合計数。

(2)

装置が可変長モード(WRITE コマンドの固定ビットが “0” )の場合,バッファ中のデータブロッ

ク,ファイルマーク及びセットマークの合計バイト数。

追加センス長は,後続の追加センスバイトのバイト数を指定する。コマンド記述ブロックの割当て長が

追加センスバイトを転送するには短い場合でも,追加センス長をこれに合わせて調整してはならない。

コマンド指定情報は,実行したコマンドに依存する情報が含まれる。コマンド指定情報の内容は,それ

ぞれのコマンドの規定による。コマンド指定情報の機能は,ターゲットが COPY,COMPARE,COPY AND

VERIFY

,SEARCH DATA 群及び REASSIGN BLOCKS のコマンドを組み込む場合,必す(須)とする。

追加センスコードは,センスキーで報告した誤り又は例外状態に関する詳細な情報を示す。ターゲット

は,追加センスコードを組み込まなければならない。この規格で規定していない追加センスコードの組込

みは,任意とする。追加センスコードは,8.2.14.3 による。ターゲットは,誤り又は例外状態に関する情報

がない場合,追加センスコードに NO ADDITIONAL SENSE INFORMATION を設定する。

追加センスコード限定子は,追加センスコードに関連した更に詳細な情報を示す。追加センスコード限

定子の組込みは,任意とする。装置からの誤り又は例外状態の報告が可能な場合,8.2.14.3 で規定する値を

報告する。ターゲットは,誤り又は例外状態に関連した詳細な情報がない場合,追加センスコード限定子

に 0 を設定する。


106

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

現地交換可能単位コードが 0 でない場合,故障した装置固有の機構又は単位を定義する。このフィール

ドが 0 の場合,故障と判断される装置固有の機構若しくは単位が特定できないか又はこのフィールドのデ

ータが無効であるかを示す。現地交換可能単位コードの組込みは,任意とする。このフィールドの情報の

形式は,この規格では規定しない。現地交換可能単位に関する追加情報は,ターゲットが文字情報ページ

8.3.4.2 参照)を組み込んでいる場合,使用してもよい。

センスキー指定は,8.2.14.1 による。

追加センスバイトは,CHECK CONDITION 状態バイトの原因を詳細に示したコマンド固有,周辺装置固

有又は製造者指定のデータを含んでもよい。

8.2.14.1

センスキー指定  センスキー指定は,センスキー指定有効 (SKSV) ビットが “1” の場合,この

規格のとおりとする。SKSV ビット及びセンスキー指定フィールドの組込みは,任意とする。センスキー

指定フィールドの定義は,センスキーの値による。センスキー指定は,次に示すもの以外を保留とする。

SKSV

ビットが “0” の場合,センスキー指定の内容がこの規格によらないことを示す。

センスキーが ILLEGAL REQUEST に,かつ SKSV ビットが “1” に設定されている場合,センスキー指

定フィールドは,フィールドポインタバイトとし,

表 66 のとおりとする。フィールドポインタは,コマン

ド記述ブロック又はパラメタデータの中で,誤りとなった不正なパラメタの位置を示す。

表 66  フィールドポインタバイト

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

15 SKSV C/D

保留

保留 BPV

ビットポインタ

16

(最上位ビット)

17

フィールドポインタ

(最下位ビット)

備考 C/D:コマンド・データ BPV:ビットポインタ有効

コマンド・データ (C/D) ビットが “1” の場合,コマンド記述ブロック中に,不正なパラメタがあるこ

とを示す。C/D ビットが “0” の場合,イニシエータが DATA OUT フェーズで送ったパラメタデータ中に,

不正なパラメタがあることを示す。

ビットポインタ有効 (BPV) ビットが “0” の場合,ビットポインタの値が無効であることを示す。BPV

ビットが “1” の場合,ビットポインタで誤りを起こした(フィールドポインタで示すバイト中の)ビット

位置を示す。複数ビットに誤りがある場合,ビットポインタは,誤りのあるビットのうち,最上位ビット

を示す。

フィールドポインタは,

コマンド記述ブロック又はパラメタデータのどのバイトに誤りがあるかを示す。

このバイトの位置は,コマンド又はデータの規定と同じ形式で示し,0 から番号を付ける。複数バイトに

誤りがある場合,フィールドポインタは,誤りのあるバイトのうち,最上位バイトを示す。

備考  誤りがあるとされるバイト位置は,必ずしも誤りを訂正するために変更しなければならない場

所でなくてもよい。

センスキーが,RECOVERED ERROR,  HARDWARE ERROR 又は MEDIUM ERROR で、かつ SKSV ビ

ットが “1” の場合,センスキー指定フィールドは,再試行実行回数バイトとし,

表 67 のとおりとする。


107

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 67  再試行実行回数バイト

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

15 SKSV

保留

16

(最上位ビット)

17

再試行実行回数

(最下位ビット)

再試行実行回数は,誤り又は例外状態からの回復に用いる回復アルゴリズムの実際に再試行する回数に

ついての組込み固有情報を返す。

備考  再試行実行回数は,MODE SELECT コマンドの誤り回復ページの再試行回数と関係付けられて

いることが望ましい。

センスキーが NOT READY で,かつ SKSV ビットが “1” の場合,センスキー指定は,フォーマットの

進行表示を表す。その形式は,

表 68 のとおりとする。進行表示は,FORMAT UNIT コマンドで,かつ即時

ビットが “1” の場合にだけ意味をもつ。

表 68  初期化進行表示バイト

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

15 SKSV

保留

16

(最上位ビット)

17

進行表示

(最下位ビット)

進行表示フィールドは,進行状況の割合を示し,65 536 (10000h)  を分母とした場合の分子で表す。進行

状況は,検証操作又は初期化操作を含む初期化操作の全体を基準として表す。

備考  進行表示は,時間に関する情報とする。初期化にかかる時間は,欠陥数などによって変化する

ため,ターゲットは,処理過程中の各段階でこの値を割り当てていくのがよい。進行表示段階

の精度は,イニシエータが,処理過程の進行を確認できる程度でよい。

8.2.14.2

据置き誤り  誤りコード 70h(実行中誤り)は,報告した CHECK CONDITION 状態バイト又は

COMMAND TERMINATED

状態バイトが,そのコマンドによって発生した誤り又は例外状態の結果として

の CHECK CONDITION 状態バイト,COMMAND TERMINATED 状態バイト又は予定外切断であることを

示す。これには,そのコマンドの実際の処理過程で発生した誤りも含む。更に,そのコマンドに直接関係

したものではないが,そのコマンドの実行に際して最初に発見された誤りも含む。後者の誤り形式の例と

しては,ディスク装置のサーボ機構のトラック外れ誤り,電源投入時の初期診断誤りなどがある。

誤りコード 71h(据置き誤り)は,報告した CHECK CONDITION 状態バイトが,既に GOOD 状態バイ

トを報告したコマンドの実行中に発生した誤り又は例外状態の結果であることを示す。即時ビットを “1”

にしたコマンド,キャッシュメモリを使用するコマンド,バッファに入っている複数のコマンドなどの場

合に,据置き誤りが発生する。これらの機能をもつターゲットは,据置き誤りの報告機能を組み込まなけ

ればならない。

イニシエータ及びターゲットの両方で非同期事象通知(7.5.5 参照)の機能を組み込んでいる場合,ター

ゲットは,非同期事象通知の処理を選択した時点で据置き誤りの通知をしてもよい。

非同期事象通知を組み込んでいない場合,次に示すとおり,適切なイニシエータに CHECK CONDITION

状態バイトを報告することによって据置き誤りを示してもよい。後続の REQUEST SENSE コマンドで,据

置き誤りのセンス情報を返す。

据置き誤りによる CHECK CONDITION 状態バイトが存在する場合,その状態バイトを返送したコマン


108

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ドで媒体に記録操作又は出力操作を行ってはならない。ターゲットは,論理ユニットで据置き誤り状態を

検出した後,次の規則に従って,据置き誤りの通知を行わなければならない。

(a)

外部システムからの介入なしに据置き誤りが回復できる場合は,MODE SELECT コマンドの誤り処

理パラメタで指定されない限り,据置き誤りの通知を行ってはならない。誤り統計又は誤りログの

機能が組み込まれている場合,誤りの発生をログに記録してもよい。

(b)

据置き誤りを,その原因となったイニシエータに関連付けることができる場合及び特定の機能又は

特定のデータの部分集合に関連付けることができる場合で,かつ,この誤りが回復できないか又は

モードパラメタで報告を要求されているとき,この据置き誤りは,原因となったイニシエータに通

知される。据置き誤りの原因となったイニシエータ以外のイニシエータが,据置き誤りと関連のあ

る特定の機能又は特定のデータの部分集合へのアクセスを試みた場合,このアクセスを試みたコマ

ンドに対する応答として,そのイニシエータに BUSY 状態バイトを返送する。

備考  すべての装置が,誤りとなった機能又は誤りとなったデータを識別できる能力を備える必要は

ない。これらを識別できない装置は,次に示す誤り処理を行うことが望ましい。

(c)

据置き誤りがその原因となった特定のイニシエータ又は特定のデータの部分集合に関連付けること

ができない場合,ターゲットは,誤りを起こした論理ユニットのために,それぞれのイニシエータ

に対して据置き誤りの通知を行う。イニシエータに対する据置き誤りが複数個累積している場合は,

最後の誤りだけを通知する。

(d)

据置き誤りの原因となった特定の論理ユニットに関連付けることができない場合,ターゲットは,

組み込んでいるすべての論理ユニットに代わって,適切なイニシエータに据置き誤りを通知すると

よい。

(e)

コマンドの実行を始める前に据置き誤りが発生した場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状

態バイトで終了し,センスデータに据置き誤りの情報を設定する。通常,ターゲットが COMMAND

フェーズから後続の正常なフェーズに切り換えたことによって,コマンドの実行が開始されたと見

なされる。コマンド実行中に据置き誤りが発生し,そのコマンドがこの誤りの影響を受けた場合,

コマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスデータに誤り情報を設定する。この

場合,この誤り情報が据置き誤りの状態を適切に示していないときは,誤り情報で示す状態を回復

した後に据置き誤りの通知を行う。ターゲットは,コマンドを実行中に据置き誤りが発生し,かつ

そのコマンドを正常に終了した場合,コマンドの処理完了後に据置き誤りを通知するようにしても

よい。

備考  据置き誤りには,以前に GOOD 状態バイトを報告したデータ転送を伴うコマンドの操作に失敗

があったことを示す場合がある。他の部分から複写又は回復ができないデータをバッファに格

納して後で記録する場合,イニシエータは,イニシエータがもっている重要なデータを破棄す

る前にバッファの同期処理を行うコマンド類を発行することが望ましい。これは,データの格

納中に据置き誤りが発生した場合の回復動作を確実にするために必要となる。非同期事象通知

を組み込んでいない場合,イニシエータは,ターゲットがバッファを使用する操作を完全に終

了したことを確実にし,更に,CHECK CONDITION 状態バイト及びそれに続く据置き誤りのセ

ンス情報の報告ができるように,バッファの同期化処理を行うコマンドを発行することが望ま

しい。

8.2.14.3

センスキー及びセンスコード  センスキーは,表 6970 に示すとおりとする。


109

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 69  センスキー (07h)  の意味

センスキー

意味

0h

NO SENSE

:指定された論理ユニットに,報告すべき特定のセンスキー情報がないこ

とを示す。コマンドが成功した場合又はファイルマーク,EOM 若しくは ILI のビッ
トのいずれかを “1” に設定した CHECK CONDITION 状態バイトを報告する場合,こ
のセンスキーを設定する。

1h

RECOVERED ERROR

:直前のコマンドで実行時に誤りを発生したが,ターゲット

によって行われた誤り回復処理で正常に終了したことを示す。追加センスバイト及び

情報バイトのフィールドを調べることによって,その詳細を知ることができる。一つ
のコマンド中に複数の RECOVERED ERROR が発生した場合,いずれの誤り(最初,
最後,最重要など)を報告するかは,装置指定とする。

2h

NOT READY

:指定された論理ユニットがアクセスできないことを示す。この状態を

回復するために,オペレータの介入を必要とする場合がある。

3h

MEDIUM ERROR

:媒体の欠陥又は記録データの誤りが原因と考えられる未回復誤

り状態でコマンドを終了したことを示す。このセンスキーは,ターゲットが媒体の欠
陥か,ハードウェア上の故障(センスキー:4h)かを識別できない場合に返してもよ
い。

4h

HARDWARE ERROR

:ターゲットが,コマンド実行中又は自己診断中に,回復不可

能なハードウェア障害(例えば,制御装置障害,周辺装置障害,パリティ誤り)を検
出したことを示す。

5h

ILLEGAL REQUEST

:コマンド記述ブロック中又はある種のコマンド(FORMAT

UNIT

,SEARCH DATA 群など)のデータとして与えられた追加パラメタ中に不正な

パラメタがあったことを示す。ターゲットは,コマンド記述ブロック中に不正なパラ

メタを検出した場合,媒体の内容及び位置を変化させずにそのコマンドを終了しなけ
ればならない。ターゲットは,データとして受け取った追加パラメタ中に無効なパラ
メタを検出した場合,媒体を変更していてもよい。このセンスキーは,無効な

IDENTIFY

メッセージを受け取った場合に用いてもよい(6.6.7 参照)

6h

UNIT ATTENTION

:取外し可能な媒体が交換された可能性があること又はターゲッ

トのリセットが行われたことを示す。ユニットアテンション状態は,7.9 による。

7h

DATA PROTECT

:コマンドで指定されたブロックが媒体の読取り操作又は書込み操

作を禁止されていることを示す。この場合,読取り操作又は書込み操作は,実行され
ない。


110

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 70  センスキー (8Fh)  の意味

センスキー

意味

8h

BLANKCHECK

:追記形装置若しくは順次アクセス装置が読取り中に空白ブロック

を検出したこと,その媒体で定義されているデータの終端を検出したこと又は追記形
装置が書込み中に非空白ブロックを検出したことを示す。

9h

VENDER

SPECIFIC:このセンスキーは,製造者指定とする。

Ah

COPY ABORTED

:COPY,COMPARE 又は COPY AND VERIFY のコマンドが,転送

元装置,転送先装置又はその両方の装置の誤り状態によって打ち切られたことを示す

8.2.3.2 参照)

Bh

ABORTED COMMAND

:ターゲットが,コマンドを打ち切ったことを示す。イニシ

ェータは,コマンドを再発行して誤り状態を回復してもよい。

Ch

EQUAL

:SEARCH DATA コマンドで,探索が一致条件で満足したことを示す。

Dh

VOLUME OVERFLOW

:バッファ付き周辺装置で媒体終端に達したのに,媒体に対

する書込みが終わっていないデータがバッファに残っていることを示す。この場合,

イ ニ シ エ ー タ は , 未 書 込 み デ ー タ を バ ッ フ ァ か ら 読 み 取 る た め に RECOVER

BUFFERED DATA

コマンドを発行してもよい。

Eh

MISCOMPARE

:COMPARE,VERIFY,WRITE AND VERIFY 及び COPY AND VERIFY

のコマンドで,比較データと媒体から読み込んだデータとが一致しなかったことを示
す。

Fh

このセンスキーの使用は,保留とする。

追加センスコード及び追加センスコード限定子を,

表 71 に英語名のアルファベット順で示す。


111

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  追加センスコード及び追加センスコード限定子の割当て

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

13h

00h

D

W        O

ADDRESS MARK NOT FOUND FOR DATA FIELD

(データフィールドのアドレスマーク検出せず)

12h

00h

D

W        O

ADDRESS MARK NOT FOUND FOR ID FIELD

(ID フィールドのアドレスマーク検出せず)

00h

11h

    R

AUDIO PLAY OPERATION IN PROGRESS

(音声の再生操作中)

00h

12h

    R

AUDIO PLAY OPERATION PAUSED

(音声の操作中断中)

00h

14h

    R

AUDIO PLAY OPERATION STOPPED DUE TO ERROR

(誤りによる音声再生操作停止)

00h

13h

    R

AUDIO PLAY OPERATION SUCCESSHLLY COMPLETED

(音声の再生操作正常完了)

00h

04h

  T

    S

BIGINNING-OF-PARTITION/MEDIUM DETECTED

(区分始端又は媒体始端を検出)

14h

04h

  T

BLOCK SEQUENCE ERROR

(ブロックの順序誤り)

30h

02h

D T

W R    O

CANNOT READ MEDIUM-INCOMPATIBLE FORMAT

(非互換フォーマットのため読取り不可能)

30h

01h

D T

W R  O

CANNOT READ MEDIUM-UNKNOWN FORMAT

(未知フォーマットのため読取り不可能)

52h

00h

  T

CARTRIDGE FAULT

(カートリッジ障害)

3Fh

02h

D T L P

W R S O  M C  CHANGED OPERATING DEFINIT10N

(ターゲットの操作状態変更)

11h

06h

W R    O

CIRC UNRECOVERED ERROR

(CIRC の回復不可能誤り)

30h

03h

D T

CLEANING CARTRIDGE INSTALLED

(クリーニングカートリッジ装着)

4Ah

00h

D T L P

W R S O  M C  COMMAND PHASE ERROR

(コマンドフェーズ誤り)

2Ch

00h

D T L P

W R S O  M C  COMMAND SEQUENCE ERROR

(コマンド順序誤り)

2Fh

00h

D T L P

W R S O  M C  COMMAND CLEARED BY ANOTHER INITIATOR

(他のイニシエータによるコマンドのクリア)

2Bh

00h

D T L P

W R S O

    C  COPY CANNOT EXECUTE SINCE HOST CANNOT DISCONNECT

(ホストが切断できないためコピー操作不可能)


112

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

41h

00h

D

DATA PATH FAILURE (SHOULD USE 40h-NNh)

(データ経路故障)

4Bh

00h

D T L P

W R S O  M C  DATA PHASE ERROR

(データフェーズ誤り)

11h

07h

W    O

DATA RESYNCHRONIZATION ERROR

(データの再同期誤り)

16h

00h

D

W    O

DATA SYNCHRONIZATION MARK ERROR

(データ同期マーク誤り)

19h

00h

D

      O

DEFECT LIST ERROR

(欠陥リスト誤り)

19h

03h

D

      O

DEFECT LIST ERROR IN GROWN LIST

(累積欠陥リスト誤り)

19h

02h

D

      O

DEFECT LIST ERROR IN PRIMARY LIST

(初期欠陥リスト誤り)

19h

01h

D

      O

DEFECT LIST NOT AVAILABLE

(欠陥りストの使用不能)

1Ch

00h

D

      O

DEFECT LIST NOT FOUND

(欠陥リスト検出不能)

32h

01h

D

W    O

DEFECT LIST UPDATE FAILURE

(欠陥りスト更新故障)

40h

NNh

D T L P

W R S O  M C  DIAGNOSTIC FAILURE ON COMPONENT NN (80h-FFh)

(診断で構成要素 NN に故障)

63h

00h

    R

END OF USER AREA ENCOUNTED ON THIS TRACK

(現在のトラック上で利用者領域終端検出)

00h

05h

  T

    S

END-OF-DATA DETECTED

(データ終端検出)

14h

03h

  T

END-OF-DATA NOT FOUND

(データ終端検出せず)

00h

02h

  T

    S

END-OF-PARTITION/MEDIUM DETECTED

(区分終端又は媒体終端を検出)

51h

00h

  T

      O

ERASE FAILURE

(消去故障)

0Ah

00h

D T L P

W R S O  MC

ERROR LOG OVERFLOW

(誤りログのあふれ)

11h

02h

D T

W    S O

ERROR TOO LONG TO CORRECT

(誤り長が長すぎて誤り訂正不可能)


113

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

03h

02h

  T

EXCESSIVE WRITE ERRORS

(書込み再試行回数に到達)

3Bh

07h

    L

FAILED TO SENSE BOTTOM

−OFFORM

(用紙終端検出失敗)

3Bh

06h

    L

FAILED TO SENSE TOP

−OF−FORM

(用紙始端検出失敗)

00h

01h

  T

FILEMARK DETECTED

(ファイルマーク検出)

14h

02h

  T

FILEMARK OR SETMARK NOT FOUND

(ファイルマーク又はセットマークを検出せず)

09h

02h

W R    O

FOCUS SERVO FAILURE

(焦点サーボ故障)

31h

01h

D L

      O

FORMAT COMMAND FAILED

(フォーマットコマンド失敗)

58h

00h

      O

GENERATION DOES NOT EXIST

(世代なし)

1Ch

02h

D

      O

GROWN DEFECT LIST NOT FOUND

(累積欠陥リスト検出せず)

00h

06h

D T L P

W R S O  M C  I/O PROCESS TERMINATED

(入出力プロセスの打切り)

10h

00h

D

W        O

ID CRC OR ECC ERROR

(ID の CRC 又は ECC の誤り)

22h

00h

D

ILLEGAL FUNCTION (SHOULD USE20-00, 24-00 OR26-00)

(不正操作)

(20-00,24-00 又は 26-00 を使用するほうがよい)

64h

00h

  R

ILLEGAL MODE FOR THIS TRACK

(現在のトラックに対する不正モード)

28h

01h

M

IMPORT OR EXPORT ELEMENT ACCESSED

(投入機構又は排出機構へのアクセスあり)

30h

00h

D T

W R    O

M

INCOMPATIBLE MEDIUM INSTALLED

(非互換媒体の装着)

11h

08h

  T

INCOMPLETE BLOCK READ

(ブロックの不完全読取り)

48h

00h

D T L P

W R S O  M C  INITIATOR DETECTED ERROR MESSAGE RECEIVED

(INITIATOR DETECTED ERROR メッセージ受信)

3Fh

03h

D T L P

W R S O  M C  INQUIRY DATA HAS CHANGED

(INQUIRY データ変更)


114

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

44h

00h

D T L P

W R S O  M C  INTERNAL TARGET FAILURE

(ターゲット内部故障)

3Dh

00h

D T L P

W R S O  M C  INVALID BITS IN IDENTIFY MESSAGE

(IDENTIFY メッセージの不正ビット)

2Ch

02h

    S

INVALID COMBINATION OF WINDOWS SPECIFIED

(ウィンドウ指定の組合せが不正)

20h

00h

D T L P

W R S O  M C  INVALID COMMAND OPERATION CODE

(コマンドの操作コードが不正)

21h

01h

  M

INVALID

ELEMENT

ADRESS

(機構アドレスが不正)

24h

00h

DTLP

W R S O  M C  INVALID FIELD IN CDB

(CDB 中のフィールドが不正)

26h

00h

DTLP

W R S O  M C  INVALID FIELD IN PARAMETER LIST

(パラメタリストのフィールドが不正)

49h

00h

DTLP

W R S O  M C  INVALID MESSAGE ERROR

(不正メッセージ誤り)

11h

05h

W R    O

L-EC UNCORRECTABLE ERROR

(L-EC の回復不可能誤り)

60h

00h

    S

LAMP FAILURE

(光源灯故障)

5Bh

02h

DTLP

W R S O  MC

LOG COUNTER AT MAXIMUM

(ログカウンタが最大値に到達)

5Bh

00h

DTLP

W R S O  MC

LOG EXCEPT10N

(ログ例外)

5Bh

03h

DTLP

W R S O  MC

LOG LIST CODES EXHAUSTED

(ログリストコードをすべて使用)

2Ah

02h

D T L

W R S O  M C  LOG PRAMETERS CHANGED

(ログパラメタ変更)

21h

00h

D T

W R    O

M

LOGICAL BLOCK ADDRESS OUT OF RANGE

(論理ブロックアドレスが範囲外)

08h

00h

D T L

W R S O  M C  LOGICAL UNIT COMMUNICATION FAILURE

(論理ユニットの通信の故障)

08h

02h

D T L

W R S O  M C  LOGICAL UNIT COMMUNICATION PARITY ERROR

(論理ユニットの通信のパリティ誤り)

08h

01h

D T L

W R S O  M C  LOGICAL UNIT COMMUNICATION TIME-OUT

(論理ユニットの通信のタイムアウト)


115

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O

M C

意味

05h

00h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT DOES NOT RESPOND TO SELECTION

(論理ユニットが選択に応答せず)

4Ch

00h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT FAILED SELF-CONFIGURATION

(論理ユニットが自己構成に失敗)

3Eh

00h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT HAS NOT SELF-CONFIGURED YET

(論理ユニットが自己構成未了)

04h

01h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT IS IN PROCESS OF BECOMING READY

(論理ユニットが動作可能にする処理の途中)

04h

00h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT NOT READY, CAUSE NOT REPORTABLE

(論理ユニットが動作不可能,原因未詳)

04h

04h

D T L

            O

LOGICAL UNIT NOT READY, FORMAT IN PROGRESS

(論理ユニットが動作不可能,初期化中)

04h

02h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT NOT READY, INITIALIZING COMMAND REQUIRED

(論理ユニットが動作不可能,初期化コマンド必要)

04h

03h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT NOT READY, MANUAL INTERVENTION REQUIRED

(論理ユニットが動作不可能,人手介入必要)

25h

00h

D T L P

W R S O  M C  LOGICAL UNIT NOT SUPPORTED

(論理ユニットが使用できない)

15h

01h

D T L

W R S O  M

MECHANICAL POSITIONING ERROR

(機械的位置決め誤り)

53h

00h

D T L

W R S O  M

MEDIA LOAD OR EJECT FAILED

(媒体の装着又は排出の失敗)

3Bh

0Dh

M

MEDIUM DESTINATION ELEMENT FULL

(媒体搬送先に空きなし)

31h

00h

D T

W    O

MEDIUM FORMAT CORRUPTED

(媒体のフォーマット不良)

3Ah

00h

D T L

W R S O  M

MEDIUM NOT PRESENT

[媒体未装着(媒体なし)

53h

02h

D T

W R    O

M

MEDIUM REMOVAL PREVENTED

(媒体の取外し禁止)

3Bh

0Eh

  M

MEDIUM

SOURCE

ELEMENT

EMPTY

(媒体搬送元に媒体なし)

43h

00h

D T L P

W R S O  M C  MESSAGE ERROR

(メッセージ誤り)

3Fh

01h

D T L P

W R S O  M C  MICROCODE HAS BEEN CHANGED

(マイクロコード変更)


116

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

1Dh

00h

D

W    O

MISCOMPARE DURING VERIFY OPERATION

(検証中に相違点検出)

11h

0Ah

D T

      O

MISCORRECTED ERROR

(誤訂正誤り)

2Ah

01h

D T L

W R S O

M C

MODE PARAMETERS CHANGED

(モードパラメタ変更)

07h

00h

D T L

W R S O

M

MULTIPLE PERIPHERAL DEVICES SELECTED

(複数の周辺装置選択)

11h

03h

D T

W    S O

MULTIPLE READ ERRORS

(複数読取り誤り)

00h

00h

D T L P

W R S O

M C

NO ADDITIONAL SENSE INFORMATION

(追加センス情報なし)

00h

15h

    R

NO CURRENT AUDIO STATUS TO RETURN

(音声の再生操作に関する状態バイトなし)

32h

00h

D

W    O

NO DEFECT SPARE LOCATION AVAILABLE

(使用可能な交替領域なし)

11h 09h

T

  NO

GAP

FOUND

(間隔を検出せず)

01h

00h

D

W    O

NO INDEX/SECTOR SIGNAL

(インデックス又はセクタの信号なし)

06h

00h

D

W R    O

M

NO REFERENCE POSITION FOUND

(参照位置を検出せず)

02h

00h

D

W R    O

M

NO SEEK COMPLETED

(シーク完了せず)

03h

01h

  T

NO WRITE CURRENT

(書込み電流なし)

28h

00h

D T L P

W R S O

M C

NOT READY TO READY TRANSITION, MEDIUM MAY HAVE CHANGED

(動作不可能状態から動作可能状態への遷移あり。媒体交換の可能性あり。

5Ah

01h

D T

W R    O

M

OPERATOR MEDIUM REMOVAL REQUEST

(操作員に媒体取外しを要求)

5Ah

00h

D T L P

W R S O

M

OPERATOR REQUEST OR STATE CHANGE INPUT (UNSPECIFIED)

[操作員介入の要求又は状態変更入力の要求(未定義)

5Ah

03h

D T

W    O

OPERATOR SELECTED WRITE PERMIT

(操作員が書込み保護の解除を選択)

5Ah

02h

D T

W    O

OPERATOR SELECTED WRITE PROTECT

(操作員が書込み保護を選択)


117

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

61h

02h

    S

OUT OF FOCUS

(焦点外れ)

4Eh

00h

D T L P

W R S O  M C  OVERLAPPED COMMAND ATTEMPTED

(コマンド重複)

2Dh

00h

T

OVERWRITE ERROR ON UPDATE IN PLACE

(同一箇所の重ね書き更新誤り)

3Bh

05h

    L

PAPER JAM

(用紙詰まり)

1Ah

00h

D T L P

W R S O  M C  PARAMETER LIST LENGTH ERROR

(パラメタリスト長誤り)

26h

01h

D T L P

W R S O  M C  PARAMETER NOT SUPPORTED

(パラメタ使用できず)

26h

02h

D T L P

W R S O  M C  PARAMETER VALUE INVALID

(パラメタ中の値不正)

2Ah

00h

D T L

W R S O  M C  PARAMETERS CHANGED

(パラメタ変更)

03h

00h

D T L

W    S O

M C  PERIPHERAL DEVICE WRITE FAULT

(周辺装置の書込み障害)

50h

02h

  T

POSITION ERROR RELATED TO TIMING

(タイミングに関連する位置誤り)

3Bh

0Ch

    S

POSITION PAST BIGINNING OF MEDIUM

(媒体始端を通過した位置決め)

3Bh

0Bh

    S

POSITION PAST END OF MEDIUM

(媒体終端を通過した位置決め)

15h

02h

D T

W R    O

POSITIONING ERROR DETECTED BY READ OF MEDIUM

(媒体の読取りによって検出した位置決め誤り)

29h

00h

D T L P

W R S O  M C  POWER ON, RESET OR BUS DEVICE RESET OCCURRED

(電源投入,RESET 又は BUS DEVICE RESET の発生)

42h

00h

D

POWER-ON OR SELF-TEST FAILURE (SHOULD USE 40-NN)

(電源投入又は自己試験の故障)

(40-NN を使用するほうがよい)

1Ch

01h

D

      O

PRIMARY DEFECT LIST NOT FOUND

(初期欠陥リスト検出せず)

40h

00h

D

RAM FAILURE (SHOULD USE40NN)

(RAM 故障)

(40-NN を使用するほうがよい)

15h

00h

D T L

W R S O

RANDOM POSITIONING ERROR

(ランダム位置決め誤り)


118

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

3Bh

0Ah

        S

READ PAST BIGINNING OF MEDIUM

(媒体始端を通過した読取り)

3Bh

09h

        S

READ PAST END OF MEDIUM

(媒体終端を通過した読取り)

11h

01h

D T

W    S O

READ RETRIES EXHAUSTED

(読取り試行数が規定数に到達)

14h

01h

D T

W R  O

RECORD NOT FOUND

(レコード検出せず)

14h

00h

D T L

W R S O

RECORDED ENTITY NOT FOUND

(レコード実体検出せず)

18h

02h

D

W R  O

RECOVERED DATA-DATA AUTO-REALLOCATED

(読み取れたデータ,データは,再配置)

18h

05h

D

W R    O

RECOVERED DATA-RECOMMEND REASSIGNMENT

(読み取れたデータ,要再割当て)

18h

06h

D

W R    O

RECOVERED DATA-RECOMMEND REWRITE

(読み取れたデータ,要再書込み)

17h

05h

D

W R    O

RECOVERED DATA USING PREVIOUS SECTOR ID

(先行セクタの ID を使って読み取れたデータ)

18h

03h

  R

RECOVERED DATA WITH CIRC

(CIRC こよって読み取れたデータ)

18h

01h

D

W R  O

RECOVERED DATA WITH ERROR CORRECTION & RETRIES APPLIED

(誤り訂正及び再試行を行って読み取れたデータ)

18h

00h

DT

W R    O

RECOVERED DATA WITH ERROR CORRECTION

(誤り訂正によって読み取れたデータ)

18h

04h

  R

RECOVERED DATA WITH L-EC

(L-EC によって読み取れたデータ)

17h

03h

D T

W R    O

RECOVERED DATA WITH NEGATIVE HEAD OFFSET

(ヘッドを負方向にオフセットして読み取れたデータ)

17h

00h

D T

W R S O

RECOVERED DATA WITH NO ERROR CORRECTION APPLIED

(誤り訂正なしに読み取れたデータ)

17h

02h

D T

W R    O

RECOVERED DATA WITH POSITIVE HEAD OFFSET

(ヘッドを負方向にオフセットして読み取れたデータ)

17h

01h

D T

W R S O

RECOVERED DATA WITH RETRIES

(再試行によって読み取れたデータ)

17h

04h

W R    O

RECOVERED DATA WITH RETRIES AND/OR CIRC APPLIED

(再試行及び/又は CIRC によって読み取れたデータ)


119

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

17h

06h

D

W    O

RECOVERED DATA WITHOUT ECC-DATA AUT-REALLOCATION

(ECC を使用せずに読み取れたデータ,チータは,自動再配置)

17h

07h

D

W    O

RECOVERED DATA WITHOUT ECC

−RECOMMEND REASSIGNMENT

(ECC を使用せずに読み取れたデータ,要再割当て)

17h

08h

D

W    O

RECOVERED DATA WITHOUT ECC-RECOMMEND REWRITE

(ECC を使用せずに読み取れたデータ,要再書込み)

1Eh

00h

D

W    O

RECOVERED ID WITH ECC CORRECTION

(ECC を使って読み取れたデータ)

3Bh

08h

  T

REPOSITION ERROR

(再位置設定誤り)

36h

00h

    L

RIBON, INK, OR TONER FAILURE

(リボン,インク又はトナーの故障)

37h

00h

D T L

W R S O  M C  ROUNDED PARAMETER

(パラメタ調整実行)

5Ch

00h

D

      O

RPL STATUS CHANGE

(RPL 状態バイト変更)

39h

00h

D T L

W R S O  M C  SAVING PARAMETERS NOT SUPPORTED

(パラメタ保存機能なし)

62h

00h

    S

SCAN HEAD POSITIONING ERROR

(操作ヘッド位置決め誤り)

47h

00h

D T L P

W R S O  M C  SCSI PARITY ERROR

(SCSI パリティ誤り)

54h

00h

          P

SCSI TO HOST SYSTEM INTERFACE FAILURE

(SCSI とホストシステムとの間のインタフェース故障)

45h

00h

D T L P

WRSO

MC

SELECT OR RESELECT FAILURE

(選択又は再選択の故障)

3Bh

00h

  T L

SE

(QUENTIAL POSITIONING ERROR

(順次位置決め誤り)

00h

03h

  T

SETMARK DETECTED

(セットマーク検出)

3Bh 04h

L

  SLEW

FAILURE

(用紙早送り故障)

09h

03h

W R    O

SPINDLE SERVO FAILURE

(スピンドルサーボ故障)

5Ch

02h

D

      O

SPINDLES NOT SYNCHRONIZED

(スピンドル同期外れ)


120

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

D T L P

W R S O  M C

意味

5Ch

01h

D

      O

SPINDLES SYNCHRONIZED

(スピンドル同期中)

1Bh

00h

D T L P

W R S O  M C  SYNCHRONOUS DATA TRANSFER ERROR

(同期データ転送誤り)

55h

00h

     P

SYSTEM RESOURCE FAILURE

(システム資源故障)

33h

00h

  T

TAPE LENGTH ERROR

(テープ長誤り)

3Bh

03h

    L

TAPE OR ELECTRONIC VERTICAL FORMS UNIT NOT READY

(テープ式又は電子式の垂直書式制御機構が動作不可能)

3Bh

01h

  T

TAPE POSITION ERROR AT BIGINNING-OF-MEDIUM

(テープ始端位置誤り)

3Bh

02h

  T

TAPE POSITION ERROR AT END-OF-MEDIUM

(テープ終端位置誤り)

3Fh

00h

D T L P

W R S O  M C  TARGET OPERATING CONDITIONS HAVE CHANGED

(ターゲットの操作状態変更)

5Bh

01h

D T L P

W R S O  M

THRESHOLD CONDITION MET

(しきい値条件に合致)

26h

03h

D T L P

W R S O  MC

THRESHOLD PARAMETERS NOT SUPPORTED

(しきい値使用できず)

2Ch

01h

    S

TOO MANY WINDOWS SPECIFIED

(ウィンドウ指定数の超過)

09h

00h

D T

W R    O

TRACK FOLLOWING ERROR

(トラック追随誤り)

09h

01h

W R    O

TRACKING SERVO FAILURE

(トラック追随サーボ故障)

61h

01h

    S

UNABLE TO ACQUIRE VIDEO

(ビデオ信号獲得不能)

57h

00h

  R

UNABLE TO RECOVER TABLE-OF-CONTENTS

[内容表 (TOC) 読取り不能]

53h

01h

  T

UNLOAD TAPE FAILURE

(テープ取外し故障)

11h

00h

D T

W R S O

UNRECOVERED READ ERROR

(回復不可能読取り誤り)

11h

04h

D

W        O

UNRECOVERED READ ERROR-AUTO REALLOCATE FAILED

(回復不可能読取り誤り,自動再配置に失敗)


121

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 71  (続き)

ASC

ASCQ

DTLP

W R S O  M C

意味

11h

0Bh

D

W    O

UNRECOVERED READ ERROR-RECOMMEND REASSIGNMENT

(回復不可能読取り誤り,要再割当て)

11h

0Ch

D

W        O

UNRECOVERED READ ERROR-RECOMMEND REWRITE THE DATA

(回復不可能読取り誤り,要再書込み)

46h

00h

D T L P

W R S O  M C  UNSUCCESSFUL SOFT RESET

(ソフトリセット失敗)

59h

00h

      O

UPDATED BLOCK READ

(更新ブロックの読取り)

61h

00h

    S

VIDEO ACQUISITION ERROR

(ビテオ信号獲得誤り)

50h

00h

  T

WRITE APPEND ERROR

(追加書込み誤り)

50h

01h

  T

WRITE APPEND POSITION ERROR

(追加書込み位置誤り)

0Ch

00h

  T

    S

WRITE ERROR

(書込み誤り)

0Ch

02h

D

W    O

WRITE ERROR-AUTO REALLOCATION FAILED

(書込み誤り,自動再配置で失敗)

0Ch

01h

D

W    O

WRITE ERROR RECOVERED WITH AUTO REALLOCATION

(書込み誤り,自動再配置で回復)

27h

00h

D T

W    O

WRITE PROTECTED

(書込み保護)

80h

XXh

 

  製造者指定の追加センスコード

FFh

XXh

 

XXh

80h

 

  標準の追加コードに対する製造者指定の追加センスコード限定子

XXh

FFh

 

備考  附属書 に,コード順に配列した ASC 及び ASCQ の表を示す。


122

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.2.15  SEND DIAGNOSTIC

コマンド  SEND DIAGNOSTIC コマンドは,次のとおりとする。

表 72  SEND DIAGNOSTIC コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (1Dh)

1

論理ユニット番号 PF

保留 SelfTest

DevOfL

UnitOfL

2

保留

3

(最上位ビット)

4

パラメタリスト長

(最下位 ビット) 

5

制御バイト

備考    PF

:ページ形式 SelfTest

:自己試験

DevOfL

:SCSI 装置オフライン UnitOfL

:論理ユニットオフライン

表 72 の SEND DIAGNOSTIC コマンドに対して,ターゲットは,ターゲット自身,論理ユニット又はそ

の両方に対する診断を行う。ターゲットは,このコマンドに対して,パラメタリスト長が 0 のときの自己

試験機能を組み込まなければならない。自己試験 (SelfTest) ビットが “1” の場合を除いて,このコマンド

の後に,通常,RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドが続く。

ページ形式 (PF) ビットが “1” の場合,SEND DIAGNOSTIC コマンドのパラメタがこの規格で規定する

ページ構造に適合する。PF ビットの組込みは,任意とする。診断ページは,8.3.1 による。PF ビットが “0”

の場合,SEND DIAGNOSTIC パラメタは,SCSI-1 (JIS X 6051)  による(すなわち,パラメタは,すべて製

造者指定)

SelfTest

ビットが “1” の場合,ターゲットは,その省略時の自己試験を行う。ターゲットは,自己試験

が正常に終了した場合,そのコマンドを GOOD 状態バイトで終了する。自己試験が正常に終了しなかった

場合,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに HARDWARE ERROR を設

定する。

SelfTest

ビットが “0” の場合,ターゲットは,パラメタリストで指定された診断操作を行う。診断操作

によって,ターゲットが診断結果を示すデータを返送する必要の有無が異なる。データ返送の必要がない

場合,GOOD 状態バイトを返送することで,診断操作が正常に終了したことを示す。データ返送が必要な

場合,ターゲットは,次に示す操作のいずれかを行う。

(a)

要求された診断操作を行って返送データを設定し,GOOD 状態バイトを返送することによって診断

操作の終了を伝える。イニシエータは,そのデータを得るために,RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

コマンドを発行する。

(b)

パラメタリストを受け取り,

そのパラメタリストに誤りがなければ,

GOOD

状態バイトを返送する。

RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

コマンドを受け取った時点で,要求された診断操作を行い,返送

するデータを設定する。

備考  診断コマン ド情報 が,他 のイニシエ ータか らのコ マンドで破 壊され ないよ うに,SEND

DIAGNOSTIC

コマンドと RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドとをリンクするか,又は

その論理ユニットを予約しておくことが望ましい。

パラメタリストは,診断のための応用ソフトウェアによって設定されるが,SCSI 装置オフライン

(DevOfL)

ビット及び論理ユニットオフライン (UnitOfL) ビットは,一般にオペレーティングシステムの

ソフトウェアが設定する。これらのビットは,接続されているターゲットに対して,イニシエータが既知

の製造者指定の診断操作を行うことを許可する。これらのビットで一部の操作を禁止することによって,


123

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ターゲットがオペレーティングシステムによる資源保護を助ける。

UnitOfL

ビットが “1” の場合,イニシエータは,利用者のアクセスが可能な論理ユニット上の媒体に影

響を与える可能性のある診断操作をターゲットに許可する。利用者のアクセスが可能な媒体への書込み,

順次アクセス装置上の媒体の位置決めなどがこの操作の例となる。UnitOfL ビットの組込みは,任意とす

る。UnitOfL ビットが “0” の場合,後続の入出力処理で検出される可能性のある診断操作をすべて禁止す

る。

DevOfL

ビットが “1” の場合,イニシエータは,ターゲット上のすべての論理ユニットに影響を与える

可能性のある診断操作をターゲットに許可する。例えば,予約,ログパラメタ,センスデータの変更など

がこの操作の例となる。DevOfL ビットの組込みは,任意とする。DevOfL ビットが “0” の場合,後続の

入出力プロセスで検出される可能性のある診断操作をすべて禁止する。

パラメタリスト長は,イニシエータからターゲットに転送されるパラメタリストのバイト数を示す。パ

ラメタリスト長が 0 の場合,データを転送しない。この状態を誤りとしてはならない。PF ビットが “1” の

場合,指定されたパラメタリスト長によってパラメタリストの転送が 1 ページ以上打ち切られたとき,タ

ーゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST

を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する(8.2.13 の RECEIVE DIAGNOSTIC

RESULTS

コマンドの

備考 1.及び備考 2.参照)。

8.2.16  TEST UNIT READY

コマンド  TEST UNIT READY コマンドは,次のとおりとする。

表 73  TEST UNIT READY コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (00h)

1

論理ユニット番号

保留

2

保留

3

保留

4

保留

5

制御バイト

表 73 の TEST UNIT READY コマンドによって,イニシエータは,論理ユニットが動作可能状態である

かどうかを調べることができる。これは,自己試験を要求するものではない。論理ユニットが,媒体をア

クセスする適切なコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了することなく受け入れられる場合,

このコマンドに対して GOOD 状態バイトを返す。論理ユニットが動作可能でない場合,又は論理ユニット

を動作可能状態にするためにはイニシエータの操作(例えば,START STOP コマンド)が必要な場合,タ

ーゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに NOT READY を設

定する。

表 74 に,TEST UNIT READY コマンドに対する望ましい応答を示す。これらの応答よりも優先順位の高

い応答(例えば,BUSY 状態バイト又は RESERVATION CONFLICT 状態バイト)をしてもよい。


124

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

表 74  TEST UNIT READY に対する望ましい応答

状態バイト

センスキー

追加センスコード及び追加センスコード限定子

GOOD NO

SENSE

追加センス情報なし又は他の有効な追加センスコードな

し (00 00)

CHECK CONDITION

ILLEGAL REQUEST

論理ユニットが使用できない (25 00)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが選択に応答せず (05 00)

CHECK CONDITION

NOT READY

媒体未装着(媒体なし) (3A 00)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが動作不可能,原因未詳 (04 00)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが動作可能にする処理の途中 (04 01)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが動作不可能,初期化コマンド必要 (04 02)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが動作不可能,人手介入必要 (04 03)

CHECK CONDITION

NOT READY

論理ユニットが動作不可能,初期化中 (04 04)

8.2.17  WRITE BUFFER

コマンド  WRITE BUFFER コマンドは,次のとおりとする。

表 75  WRITE BUFFER コマンド

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

操作コード (3Bh)

1

論理ユニット番号

保留

モード

2

バッファ ID

3

(最上位ビット)

4

5

バッファオフセット

(最下位 ビット) 

6

(最上位ビット)

7

8

パラメタリスト長

(最下位 ビット) 

9

制御バイト

表 75 の WRITE BUFFER コマンドは,READ BUFFER コマンドとともにターゲットのバッファ及び SCSI

バスの完全性を調べるための自己診断機能として使用される。マイクロコードのダウンロード及びその保

存のためのモードも規定する。

このコマンドで,データモード又はヘッダとデータとの結合モードが指定された場合,ターゲットは,

媒体の内容を変更してはならない。

このコマンドの機能及びコマンド記述ブロック内の各フィールドの意味は,

モードの値によって定まる。

モードは,

表 76 のとおりとする。

表 76  WRITE BUFFER のモード

モード

意味

組込み要件

000b

ヘッダとデータとの結合の書込み

任意

001b

製造者指定

製造者指定

010b

データの書込み

任意

011b

保留

保留

100b

マイクロコードのダウンロード

任意

101b

マイクロコードのダウンロード及びその保存

任意

110b

保留

保留

111b

保留

保留

備考  モード 000b 及び 001b は,この規格制定以前に設計された共通コマンド

セット (CCS) 製品との互換性のために設ける。これらの製品は,最大転
送長が 65 535 バイトに制限される。


125

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.2.17.1

ヘッダとデータとの結合モード (000b)   このモードでは,転送するデータの前に 4 バイトのヘ

ッダが先行する。ヘッダの 4 バイトは,すべて保留とする。バッファ ID 及びバッファオフセットのフィ

ールドは,0 とする。パラメタリスト長は,DATA OUT フェーズで転送する最大バイト数を指定する。こ

の値は,ヘッダの 4 バイトを含むため,ターゲットのバッファに記憶されるデータ長は,パラメタリスト

長から 4 を引いた値とする。イニシエータは,パラメタリスト長を,モードが 000b の READ BUFFER コ

マンドのヘッダで返された利用可能なバッファ容量(8.2.12.1 参照)に 4 を加えた値を超えないように設定

しなければならない。

パラメタリスト長が利用可能なバッファ長と 4 との和を超える場合,ターゲットは,

そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,

センスキーに ILLEGAL REQUEST を設定する。

8.2.17.2

製造者指定モード (001b)   このモードにおけるバッファ ID,バッファオフセット及びパラメタ

リスト長の各フィールドは,この規格では規定しない。

8.2.17.3

データモード (010b)   このモードでは,DATA OUT フェーズでバッファに書き込むデータを転

送する。バッファ ID は,ターゲット内の特定のバッファを指定する。製造者は,バッファ ID のコードを

ターゲット内のバッファに割り当てる。バッファ ID の 0 の割当ては,必す(須)とする。2 個以上のバッ

ファを組み込む場合,追加のバッファ ID には,1 から始まる連続した値を割り当てる。組み込まれていな

いバッファ ID コードが指定された場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイト

で終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞ

れ設定する。

データは,バッファオフセットで指定された位置から,ターゲットのバッファに書き込まれる。イニシ

エータは,READ BUFFER 記述子によって返されたオフセット境界の要件に従うことが望ましい。ターゲ

ットは,指定されたバッファオフセットを受け入れられない場合,そのコマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB

をそれぞれ設定する。

パラメタリスト長は,指定されたバッファ内のバッファオフセットで始まる位置から記録するために

DATA OUT

フェーズで転送するデータの最大バイト数を指定する。イニシエータは,パラメタリスト長と

バッファオフセットとの和が,指定されたバッファの容量を超えないようにする。バッファの容量は,

READ BUFFER

記述子のバッファ容量から決定できる。

バッファオフセットとパラメタリスト長との和が,

バッファ容量を超える場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,

センスキーに ILLEGAL REQUEST を,

追加センスコードに INVALID FIELD IN CDB をそれぞれ設定する。

8.2.17.4

マイクロコードのダウンロードモード (100b)   このモードでは,製造者指定のマイクロコード

又は制御情報をターゲットの制御記憶装置に転送する。電源の切断・投入又はリセットの後,装置は,製

造者指定の状態に戻る。バッファ ID,バッファオフセット及びパラメタリスト長の各フィールドは,この

規格では規定せず,各フィールドを 0 とする必要もない。マイクロコードのダウンロードが正常に終了し

た場合,ターゲットは,WRITE BUFFER コマンドを発行したイニシエータ以外のすべてのイニシエータに

対して,ユニットアテンション状態(7.9 参照)を生成し,追加センスコードに MICROCODE HAS BEEN

CHANGED

を設定する。


126

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.2.17.5

マイクロコードのダウンロード及び保存のモード (101b)   このモードでは,製造者指定のマイ

クロコード又は制御情報をターゲットに転送する。WRITE BUFFER コマンドが正常に終了した場合,転送

されたマイクロコード又は制御情報は,

半導体,

ディスク又はその他の不揮発性の記憶領域に保存される。

ダウンロードされたコードは,

再度のマイクロコードのダウンロード及び保存操作で置き換えられるまで,

電源の切断・投入及びリセットの後も有効とする。バッファ ID,バッファオフセット及びパラメタリスト

長のフィールドは,この規格では規定せず,各フィールドを 0 とする必要もない。ターゲットは,マイク

ロコードのダウンロード及び保存が正常に終了した場合,WRITE BUFFER コマンドを発行したイニシエー

タ以外のすべてのイニシエータに対してユニットアテンション状態を生成する。このとき,追加センスコ

ードに MICROCODE HAS BEEN CHANGED を設定する。

8.3

全装置共通のパラメタ

8.3.1

診断パラメタ  ここでは,診断ページの構造及びすべての SCSI 装置に共通に適用する診断ページ

を規定する。装置種別で固有のページについては,各装置の対応する箇条(例えば,9.3.110.3.1 など)

で規定する。

SEND DIAGNOSTIC

コマンドの場合,ページ形式 (PF) ビットが “1” のときは,SEND DIAGNOSTIC

パラメタリストは,0 個以上の診断ページから構成される。後続の RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマ

ンドは,ここで規定する診断ページ形式(

表 77)を使用してデータを返送する。

各診断ページは,ターゲットが行わなければならない機能又は操作を指定する。ページには,ページヘ

ッダ及びそれに続く分析データが含まれる。その形式は,先行する SEND DIAGNOSTIC コマンドで指定さ

れたページコードによる。

診断ページを組み込んだターゲットは,各コマンドごとに一つの診断ページを受け入れる。

表 77  診断ページ形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

ページコード

1

保留

2

(最上位ビット)

3

ページ長 (n−3)

(最下位 ビット)

4

n

診断パラメタ

ページコードは,どの診断ページを送受信するかを指定する。ページコードは,

表 78 のとおりとする。

ページ長は,このフィールドに続く診断パラメタのバイト長を示す。イニシエータがパラメタの打切り

を起こすようなページ長を送った場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイト

で終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER

LIST

をそれぞれ設定する。

診断パラメタは,各ページコードごとに定める。ページ内の診断パラメタの指定は,SEND DIAGNOSTIC

コマンドと RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドとで異なってもよい。

表 78  診断ページコード

ページコード

意味

規定箇所

00h

組込み診断ページ一覧表ページ

8.3.1.1

01

∼3Fh

保留(全装置種別共通)

40

∼7Fh

各装置種別の箇条参照

80

∼FFh

製造者指定ページ


127

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

8.3.1.1

組込み診断ページ一覧表ページ  組込み診断ページ一覧表ページ(表 79 参照)は,ターゲット

に組み込まれている診断ページの一覧表を報告する。ターゲットが,SEND DIAGNOSTIC コマンド及び

RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

コマンドに対する任意機能のページ形式を組み込む場合,このページを

組み込まなければならない。

表 79  組込み診断ページ一覧表ページ

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

ページコード (00h)

1

保留

2

(最上位ビット)

3

ページ長 (n−3)

(最下位 ビット)

4

n

組込み診断ページ一覧表

SEND DIAGNOSTIC

コマンドの場合,このページは,最初の 4 バイトだけを使用する。ページ長が 0 で

ない場合,ターゲットは,このコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了し,センスキーに

ILLEGAL REQUEST

を,

追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST をそれぞれ設定する。

このページは,ターゲットが後続の RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS コマンドで報告するためにすべて

の組込み診断ページの一覧表を用意することを示す。

RECEIVE DIAGNOSTIC RESULTS

コマンドの場合,このページは,ターゲットに組み込まれている診断

ページの一覧表とする。

ページ長は,このフィールドに続く組込み診断ページ一覧表のバイト数を示す。

組込み診断ページ一覧表では,ターゲットに組み込まれているすべての診断ページコードの一覧表をペ

ージコード 00h から始まる昇順で示す。

8.3.2

ログパラメタ  ここでは,ログページの構造及びすべての SCSI 装置に適用するログページについ

て規定する。装置種別で固有のページについては,各装置の対応する箇条(例えば 9.3.210.3.2 など)で

規定する。LOG SELECT コマンドは,0 個以上のログページを送ることができる。LOG SENSE コマンド

は,コマンド記述ブロック(8.2.7 参照)のページコードで指定された一つのログページを返す。

ログページは,4 バイトのヘッダで始まり,そのページに対して指定された 0 個以上の可変長のログパ

ラメタが続く。ログページの形式は,

表 80 のとおりとする。

表 80  ログページ形式

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

保留

ページコード

1

保留

2

(最上位ビット)

3

ページ長 (n−3)

(最下位 ビット)

ログパラメタ

4

x

+3

ログパラメタ(最初)

(長さ x)

・ 

n

−y

n

ログパラメタ(最終)

(長さ y)


128

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

ページコードは,どのログページを転送するかを指定する。

ページ長は,それに続くログパラメタのバイト長を指定する。イニシエータが,パラメタの打切りを起

こすようなページ長を送った場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終

了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する。

大部分のログページは,ログパラメタ(

表 81 参照)と呼ぶ一つ以上の特別なデータ構造をもつ。ログパ

ラメタは,特定事象の回数を記録するデータカウンタでもよいし,特定事象の記述を含む一覧表パラメタ

(文字列)でもよい。

表 81  ログパラメタ

ビット

バイト

7 6 5 4 3 2 1 0

0

(最上位ビット)

1

パラメタコード

(最下位 ビット)

2 DU

DS

TSD

ETC

TMC

保留 LP

3

パラメタ長 (n−3)

4

n

パラメタ値

備考    DU  :更新不可 DS:保存不可 TSD:ターゲット保存不可

ETC

:しきい値比較可能 TMC:基準適合しきい値 LP:一覧表パラメタ

ログパラメタは,

4

バイトのパラメタヘッダとそれに続く 1 バイト以上のパラメタ値データとからなる。

パラメタコードは,そのログページに対して,どのログパラメタを転送するかを指定する。

更新不可 (DU), 保存不可 (DS), ターゲット保存不可 (TSD), しきい値比較可能 (ETC), 基準適合しき

い値 (TMC) 及び一覧表パラメタ (LP) のフィールドを,まとめてパラメタ制御バイトという。パラメタ

制御バイトの各フィールドの定義を次に示す。

LOG SELECT

コマンド及び LOG SENSE コマンドのコマンド記述ブロックのページ制御 (PC) によって

示される累積ログパラメタ値に対して,DU ビットを次のように定義する。

(a) DU

ビットが “0” の場合,ターゲットは,そのパラメタで示すべき事象をすべて反映するように,

ログパラメタの値を更新する。

(b) DU

ビットが “1” の場合,ターゲットは,そのパラメタの新しい値を指定する LOG SELECT コマ

ンドに対する応答以外では,ログパラメタの値を更新しない。

備考  累積ログパラメタの値を更新する場合,パラメタ保存 (SP) ビットが “1” の LOG SELECT コ

マンド又は LOG SENSE コマンドを受け取るまで又はターゲットが指定した事象が起こるまで,

ターゲットは,これらの値を保存するために揮発性記憶領域を使ってもよい。その場合,電源

の切断・投入を行ったとき,更新された累積ログパラメタ値が失われてもよい。

LOG SENSE

のコマンド記述ブロックの PC フィールドで指定されるしきい値又はログパラメタの LP ビ

ットで指定されるリストパラメタについては,DU ビットを定義しない。この場合,ターゲットは,LOG

SELECT

コマンドの DU ビットの値を無視する。

DS

ビットが “0” の場合,ターゲットは,そのログパラメタの保存機能を組み込んでいることを示す。

ターゲットは,SP ビットが “1” の LOG SELECT コマンド又は LOG SENSE コマンドに対して,コマンド

記述ブロックの PC フィールドの値によって,その時点での累積パラメタ又はしきい値パラメタを保存す

る。DS ビットが “1” の場合,ターゲットは,SP ビットが “1” の LOG SELECT コマンド又は LOG SENSE


129

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

コマンドに対して,そのログパラメタの保存機能を組み込んでいないことを示す。

TSD

ビットが “0” の場合,ターゲットは,そのターゲット固有のログパラメタ保存手段をもつことを

示す。ターゲットは,この暗黙の保存操作を頻繁に行って,電源の切断・投入を行っても,累積パラメタ

の値が統計的な意味を失わないようにする。TSD ビットが “1” の場合,ターゲットは,そのターゲット

固有のログパラメタ保存手段をもっていないこと又はターゲット固有の手段がイニシエータによって抑止

されていることを示す。

ETC

ビットが “1” の場合,累積値を更新するときには,常にしきい値との比較を行うことを示す。ETC

ビットが “0” の場合,比較を行わないことを示す。

TMC

フィールド(

表 82)は,累積値及びしきい値の比較基準を定義する。TMC フィールドは,ETC ビ

ットが “1” の場合にだけ有効とする。

ETC

ビットが “1” で,比較の結果が真の場合,ターゲットは,すべてのイニシエータに対してユニッ

トアテンション状態を生成しなければならない。ユニットアテンション状態を報告するとき,ターゲット

は,センスキーに UNIT ATTENTION を,追加センスコードに THRESHOLD CONDITION MET をそれぞれ

設定する。

表 82  しきい値比較基準

コード

比較基準

00b

累積値を更新するとき。

01b

累積値がしきい値と等しいとき。

10b

累積値がしきい値と等しくないとき。

11b

累積値がしきい値より大きいとき。

LP

ビットは,ログパラメタの形式を示す。イニシエータが LP ビットの値を LOG SENSE コマンドで返

されたパラメタの値と異なる値に設定しようとした場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK

CONDITION

状態バイトで終了し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID

FIELD IN PARAMETER LIST

をそれぞれ設定する。

LP

ビットが “0” の場合,パラメタがデータカウンタであることを示す。データカウンタは,そのペー

ジが指定する一つ以上の事象と関係する。データカウンタは,DU ビットが “0” の場合,これらの事象の

うちの一つが起こるごとにカウンタ値を増加させて更新する。各データカウンタは,ターゲット固有の最

大値と関係する。この最大値に達したとき,データカウンタを増加させてはならない(折返しはしない。

データカウンタがこの最大値に達したとき,ターゲットは,関係するページの DU ビットを “1” に設定す

る。データカウンタがコマンドの実行時に既に最大値であったとき又は実行中に最大値に達したとき,タ

ーゲットは,コマンドを完了させなければならない。コマンドを正常に終了した場合(データカウンタが

その最大値に達したときを除く。

,かつ制御モードページ(8.3.3.1 参照)の例外状態ログ通知 (RLEC) ビ

ットが “1” に設定されているとき,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終

了し,センスキーに RECOVERED ERROR を,追加センスコードに LOG COUNTER AT MAXIMUM をそれ

ぞれ設定する。

LP

ビットが “1” の場合,そのパラメタが一覧表パラメタであることを示す。一覧表パラメタは,カウ

ンタではないため,ETC フィールド及び TMC フィールドを “0” に設定する。一覧表パラメタは,図形文

字コード列,すなわち,20∼7Eh までのコード値の列とする。

1

個以上の一覧表パラメタが 1 個のログページに定義されている場合,パラメタコードの割当てに次の

規則を適用する。


130

X 6053-1996 (ISO/IEC 9316 : 1995)

(a)

最後に更新されたパラメタコードは,規則(b)で規定する場合を除いて,それ以前のパラメタコード

よりも大きくなければならない。

(b)

パラメタコードがターゲットで利用可能な最大値に達したとき,ターゲットは,後続のログパラメ

タとしてパラメタコードの最小値を割り当てなければならない。関連するコマンドが正常に終了し

た場合(パラメタコードが最大値に達したときを除く。

,かつ制御モードページ(8.3.3.1 参照)の

RLEC

ビットが “1” に設定されているとき,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION

状態バイトで終了し,

センスキーに RECOVERED ERROR を,

追加センスコードに LOG LIST CODES

EXHAUSTED

をそれぞれ設定する。

備考  一覧表パラメタは,次に示す方法で欠陥ブロックの位置を記憶するために使うことができる。

欠陥ブロックの位置が識別された場合,欠陥の位置及び原因を示すために一覧表パラメタを更

新する。その次の欠陥を検出した場合,その欠陥を記録するために,前より大きいパラメタコ

ードをもつ一覧表パラメタを更新する。ページの大きさは,記憶装置の容量に関係するために,

ターゲット固有とすることができる。有効な一覧表パラメタの数を保存しておくため及び最初

に記録した欠陥についてのパラメタコードを記憶しておくために,ページに 1 個以上のデータ

カウンタパラメタを定義しておくことが望ましい。この方法は,他の種類の情報を記録するこ

とにも適用できる。

パラメタ長は,後続のパラメタのバイト長を指定する。イニシエータが,パラメタの打切りを起こすよ

うなページ長の値を送った場合,ターゲットは,そのコマンドを CHECK CONDITION 状態バイトで終了

し,センスキーに ILLEGAL REQUEST を,追加センスコードに INVALID FIELD IN PARAMETER LIST を

それぞれ設定する。

イニシエータがターゲットで利用できないログパラメタ値を送った場合,ターゲットは,そのパラ