>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

5709

-1991

 (ISO/IEC

9072-2

 : 1989

)

遠隔操作−

第 2 部  プロトコル仕様

Information processing systems

−Text communication−

Remote Operations

−Part 2 : Protocol specification

日本工業規格としてのまえがき 

この規格は,1989 年に第 1 版として発行された ISO/IEC 9072-2 (Information processing systems−Text

communication

−Remote Operations−Part 2 : Protocol specification)  を基に,技術的な内容及び規格票の様式

を変更することなく作成した日本工業規格である。

0.

序文  この規格は,遠隔操作サービス要素 (ROSE) が提供するサービスに対するプロトコルを規定す

る。ROSE は,分散した開放型システム環境において相互動作する応用を支援する応用サービス要素の一

つである。この規格は,多くの応用が共通に使用する一連の応用サービス要素を定義する規格の一つであ

る。

この規格は,分散した応用エンティティ間の相互動作を遠隔操作としてモデル化し,相互動作を遠隔操

作記法を用いて定義する。ROSE は,一方の応用エンティティが遠隔操作を要求し,他方の応用エンティ

ティがその実行を試みて,結果を報告するという相互動作のための遠隔操作を提供する。

1.

適用範囲  この規格は,遠隔操作(JIS X 5708 参照)のプロトコル(抽象構文)及び手順を規定する。

この規格は,次に示すサービス及びプロトコルを使用して ROSE サービスを提供する。

(1)

アソシエーション制御サービス要素(以下,ACSE という。

)サービス(JIS X 5701 参照)

(2) ACSE

プロトコル(JIS X 5702 参照)

(3)

プレゼンテーションサービス(JIS X 5601 参照)

(4)

任意選択として,高信頼転送サービス要素(以下,RTSE という。

)サービス(ISO/IEC 9066-1 参照)

(5)

任意選択として,RTSE プロトコル(ISO/IEC 9066-2 参照)

ROSE

手順を,次の点に関して定義する。

(1) RTSE

サービス又はプレゼンテーションサービスを使用した同位 ROSE プロトコル機械間の相互動作

(2) ROSE

プロトコル機械及びそのサービス利用者間の相互動作

この規格は,これらの手順を実装するシステムのための適合性の要件を規定する。

2.

引用規格  この規格で引用する規格を,次に示す。これらの規格がこの規格の本文中で引用された場

合は,この規格の規定の一部とみなす。

(1)

  ISO/IEC 7498 : 1984   Information processing systems − Open Systems Interconnection − Basic


2

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

Reference Model

備考  JIS X 5003(開放型システム間相互接続の基本参照モデル)−1987 が,この国際規格と技術

的に一致している。

(2)

  ISO/TR 8509 : 1987   Information processing systems − Open Systems Interconnection − Service

conventions

備考  JIS X 5201(開放型システム間相互接続−基本コネクション型セションサービス定義)−1991

参考(開放型システム間相互接続のサービス記法)が,この国際規格と技術的に一致

している。 

(3)

  ISO 8649 : 1988  Information processing systems−Open Systems Interconnection−Service definition

for the Association Control Service Element

備考  JIS X 5701(開放型システム間相互接続−アソシエーション制御サービス要素のサービス定

義)−1991 が,この国際規格と一致している。 

(4)

  ISO 8650 : 1988   Information processing systems − Open Systems Interconnection − Protocol

specification for the Association Control Service Element

備考  JIS X 5702(開放型システム間相互接続−アソシエーション制御サービス要素のプロトコル

仕様)−1991 が,この国際規格と一致している。 

(5)

  ISO 8822 : 1988   Information processing systems − Open Systems Interconnection − Connection

oriented presentation service definition

備考  JIS X 5601(開放型システム間相互接続−コネクション型プレゼンテーションサービス定義)

−1991 が,この国際規格と一致している。 

(6)

  ISO 8824 : 1987  Information processing systems−Open Systems Interconnection−Specification of

Abstract Syntax Notation One (ASN.1)

備考  この国際規格に対応する規格として,JIS X 5603[開放型システム間相互接続の抽象構文記

法 1 (ASN.1)  仕様]−1990 が制定されている。JIS X 5603 は,この国際規格に対して日

本語が使用できるように拡張されている。 

(7)

  ISO 8825 : 1987  Information processing systems−Open Systems Interconnection−Specification of

basic encoding rules for Abstract Syntax Notation One (ASN.1)

備考  JIS X 5604[開放型システム間相互接続の抽象構文記法 1 (ASN.1)  の基本符号化規則仕様]

−1990 が,この国際規格と一致している。 

(8)

  ISO/IEC 9066-1 : 1989  Information processing systems−Text communication−Reliable Transfer−

Part 1 : Model and service definition 

(9)

  ISO/IEC 9066-2 : 1989  Information processing systems−Text communication−Reliable Transfer−

Part 2 : Protocol specification 

(10)

  ISO/IEC 9072-1 : 1989  Information processing systems−Text communication−Remote Operations−

Part 1 : Model, notation and service definition

備考  JIS X 5708(遠隔操作−第 1 部モデル,記法及びサービス定義)−1991 が,この国際規格と

一致している。 

3.

用語の定義

3.1

基本参照モデルで定義した用語  この規格は,JIS X 5003 で定義した次の用語を使用する。


3

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

(a)

応用層  (Application Layer)

(b)

応用プロセス  (application-process)

(c)

応用エンティティ  (application-entity)

(d)

応用サービス要素  (application-service-element)

(e)

応用プロトコルデータ単位 (application-protocol-data-unit)

(f)

応用プロトコル制御情報  (application-protocol-control-information)

(g)

プレゼンテーションサービス (presentation-service)

(h)

プレゼンテーションコネクション  (presentation-connection)

(i)

セションサービス  (session-service)

(j)

セションコネクション  (session-connection)

(k)

転送構文  (transfer syntax)

(l)

利用者要素  (user-element)

3.2

サービス記法で定義した用語  この規格は,JIS X 5201 の参考で定義した次の用語を使用する。

(a)

サービス提供者 (service-provider)

(b)

サービス利用者  (service-user)

(c)

確認型サービス  (confirmed service)

(d)

非確認型サービス  (non-confirmed service)

(e)

提供者起動型サービス  (provider-initiated service)

(f)

プリミティブ  (primitive)

(g)

要求,要求プリミティブ  (request, request primitive)

(h)

指示,指示プリミティブ  (indication, indication primitive)

(i)

応答,応答プリミティブ  (response, response primitive)

(j)

確認,確認プリミティブ  (confirm, confirm primitive)

3.3

プレゼンテーションサービスで定義した用語  この規格は,JIS X 5601 で定義した次の用語を使用

する。

(a)

抽象構文  (abstract syntax)

(b)

抽象構文名  (abstract syntax name)

(c)

プレゼンテーションコンテキスト  (presentation context)

3.4

アソシエーション制御サービスで定義した用語  この規格は,JIS X 5701 で定義した次の用語を使

用する。

(a)

応用アソシエーション,アソシエーション  (application-association, association)

(b)

応用コンテキスト (application context)

(c)

アソシエーション制御サービス要素  (Association Control Service Element)

3.5

高信頼転送サービスで定義した用語  この規格は,ISO/IEC 9066-1 で定義した次の用語を使用する。

(a)

高信頼転送サービス要素  (Reliable Transfer Service Element)

3.6

ROSE

サービスで定義した用語  この規格は,JIS X 5708 で定義した次の用語を使用する。

(a)

ア ソ シ エ ー シ ョ ン 起 動 側 応 用 エ ン テ ィ テ ィ , ア ソ シ エ ー シ ョ ン 起 動 側

(association-initiating-application-entity, association-initiator)

(b)

ア ソ シ エ ー シ ョ ン 応 答 側 応 用 エ ン テ ィ テ ィ , ア ソ シ エ ー シ ョ ン 応 答 側 

(association-responding-application-entity, association-responder)


4

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

(c)

起動側応用エンティティ,起動者  (invoking-application-entity, invoker)

(d)

実行側応用エンティティ,実行者  (performing-application-entity, performer)

(e)

要求側  (requester)

(f)

受諾側 (acceptor)

(g)

連結操作  (linked-operations)

(h)

親操作  (parent-operation)

(i)

子操作  (child-operation)

(j)  RO

記法  (RO-notation)

(k)

遠隔操作サービス要素  (Remote Operation Service Element)

(l)  ROSE

提供者  (ROSE-provider)

(m)  ROSE

利用者  (ROSE-user)

(n)  RTSE

利用者  (RTSE-user)

(o)

遠隔操作  (Remote Operations)

3.7

この規格で定義する用語  この規格で定義する用語は,次のとおりとする。

3.7.1

遠隔操作プロトコル機械  (remote-operation-protocol-machine)    この規格で規定する遠隔操作サー

ビス要素のプロトコル機械。

3.7.2

要求側遠隔操作プロトコル機械  (requesting-remote-operation-protocol-machine)    サービス利用者が

ある遠隔操作サービス要素の要求側である遠隔操作プロトコル機械。

3.7.3

受諾側遠隔操作プロトコル機械  (accepting-remote-operation-protocol-machine)    サービス利用者が

ある遠隔操作サービス要素の受諾側である遠隔操作プロトコル機械。

4.

略語

4.1

データ単位  この規格では,データ単位に関する次の略語を使用する。

APDU

応用プロトコルデータ単位 (application-protocol-data-unit)

4.2

応用プロトコルデータ単位の種類  この規格では,応用プロトコルデータ単位に関する次の略語を

使用する。

ROIV RO-INVOKE

応用プロトコルデータ単位 (RO-INVOKE application-protocol-data-unit)

RORS RO-RESULT

応用プロトコルデータ単位 (RO-RESULT application-protocol-data-unit)

ROER RO-ERROR

応用プロトコルデータ単位 (RO-ERROR application-protocol-data-unit)

RORJ RO-REJECT

応用プロトコルデータ単位 (RO-REJECT application-protocol-data-unit)

4.3

その他の略語  この規格では,次の略語を使用する。

AE

応用エンティティ (Application Entity)

ACSE

アソシエーション制御サービス要素  (Association Control Service Element)

ASE

応用サービス要素  (Application Service Element)

RO

(又は ROS)  遠隔操作 (Remote Operations)

ROPM

遠隔操作プロトコル機械  (Remote Operations Protocol Machine)

ROSE

遠隔操作サービス要素  (Remote Operations Service Element)

RT

高信頼転送 (Reliable Transfer)

RTSE

高信頼転送サービス要素  (Reliable Transfer Service Element)


5

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

5.

記法  この規格は,ROSE の APDU フィールドを表形式で表す。7.では,各 ROSE APDU を表で規定

する。表中の各フィールドは,次のとおり表記する。

要求

送信側に関連する要求プリミティブ

指示

受信側に関連する指示プリミティブ

応答

送信側に関連する応答プリミティブ

確認

受信側に関連する確認プリミティブ

sp

送信側又は受信側が ROPM

各 ROSE APDU の構造については,JIS X 5603 の抽象構文記法を用いて,9.で規定する。

6.

プロトコルの概要

6.1

サービスの提供  この規格で規定するプロトコルは,JIS X 5708 で規定された ROSE サービスを提

供する。

これらのサービスを

表 に示す。

表 1  ROSE サービスの一覧

サービス

RO-INVOKE

非確認型

RO-RESULT

非確認型

RO-ERROR

非確認型

RO-REJECT-U

非確認型

RO-REJECT-P

提供者起動型

6.2

サービスの使用  この規格で規定するプロトコルは,同位の応用エンティティ (AE) 間において

ROSE APDU

の形式で情報を伝送するための転送サービスを必要とする。

転送サービスは,次のいずれかを使用してよい。

(a) RTSE

が応用コンテキストに含まれる場合,RTSE サービス

(b) RTSE

が応用コンテキストに含まれない場合,プレゼンテーションサービス

いずれの場合でも,ACSE サービスによって確立及び解放される応用アソシエーションが存在する。

6.2.1

RTSE

サービスの使用  RTSE が応用コンテキストに含まれる場合,ROPM は,RT-TRANSFER サ

ービス及び RT-TURN-GIVE サービスの唯一の利用者とする。

送信権をもっている起動側 AE だけが,RT-CLOSE サービスによって応用アソシエーションの解放を要

求することができる。このため,RTSE 利用者及び ROPM は,RT-TURN-PLEASE サービスの利用者となる。

ROPM

は,RT-U-ABORT 及び RT-P-ABORT のサービスを利用する。

6.2.2

プレゼンテーションサービスの使用  RTSE が応用コンテキストに含まれない場合,ROPM は

P-DATA

サービスの利用者とする。

6.3

モデル  ROPM は,JIS X 5708 で規定されたサービスプリミティブによって,サービス利用者と通

信を行う。起動された各 ROPM は,単一の応用アソシエーションを制御する。

次に示すサービスプリミティブが ROPM を起動する。

(1)

サービス利用者からの ROSE サービス要求プリミティブ

(2) RTSE

サービス又はプレゼンテーションサービスの指示プリミティブ及び確認プリミティブ

ROPM

は,起動後,次のプリミティブを発行する。

(1)

利用者に ROSE サービス指示プリミティブ

(2) RTSE

サービス又はプレゼンテーションサービスの要求プリミティブ


6

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

RTSE

が応用コンテキストに含まれる場合,ROPM は,RT-TRANSFER 指示,RT-TRANSFER 要求及び

RT-TRANSFER

確認のサービスプリミティブを使用する。RTSE が応用コンテキストに含まれない場合,

ROPM

は,プレゼンテーションサービスの P-DATA 要求及び P-DATA 指示のサービスプリミティブを使用

する。この場合,転送は,確認されない。

ROPM

は,次に示すサービスプリミティブの受信と,これに依存する動作の発生とを,分割できない。

(1) ROSE

サービスプリミティブ

(2) RTSE

サービス又はプレゼンテーションサービスのサービスプリミティブ

APDU

の交換中は,アソシエーション起動側 AE 及びアソシエーション応答側 AE の両方が存在するも

のとする。これらの AE の作成方法は,この規格では規定しない。

操作の実行中は,同位 AE 間に応用アソシエーションが存在するものとする。この応用アソシエーショ

ンの確立方法及び解放方法は,この規格では規定しない(JIS X 5708

JIS X 5701JIS X 5702ISO/IEC 

9066-1

及び ISO/IEC 9066-2 参照)

備考  終端システムでは,実装依存の内部的な機構によって,各応用アソシエーションを識別するこ

とができる。

これによって,ROSE サービス利用者及び ROPM が,アソシエーションを参照することがで

きる。

7.

手順要素  ROSE プロトコルは,次の手順要素から構成する。

(a)

起動

(b)

結果応答

(c)

誤り応答

(d)

利用者拒否

(e)

提供者拒否

7.

9.では,これらの各手順要素について,関連する APDU の概要を示し,ROSE サービスプリミティ

ブ,生成される APDU 及び使用される転送サービスの間の関係について規定する。ここでは,転送サービ

ス,転送サービス提供者,転送要求及び転送指示を一般的な用語として使用する。8.では,ROSE サービ

スプリミティブを,RTSE サービス又はプレゼンテーションサービスと対応付ける方法を規定する。

9.

では,JIS X 5603 で規定された記法を使用して,ROSE APDU について規定する。

7.1

起動

7.1.1

目的  AE(起動者)は,相手 AE(実行者)に対して操作の実行を要求するために,起動手順を使

用する。

7.1.2

使用する APDU  起動手順は,RO-INVOKE (ROIV) APDU を使用する。ROIV APDU のフィールド

表 に示す。

表 2  ROIV APDU のフィールド 

フィールド名

有無

送信側

受信側

起動 ID

必す

要求

指示

連結 ID

利用者選択

要求

指示

操作値

必す

要求

指示

引数

利用者選択

要求

指示

7.1.3

起動手順  起動手順は,次の事象の発生によって開始する。


7

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

(a)

要求者からの RO-INVOKE 要求プリミティブ

(b)

転送指示プリミティブの利用者データとしての ROIV APDU

7.1.3.1

RO-INVOKE

要求プリミティブ  要求側 ROPM は,RO-INVOKE 要求プリミティブのパラメタ値

から ROIV APDU を生成し,転送要求プリミティブを発行する。転送要求プリミティブの利用者データパ

ラメタは,ROIV APDU を含む。

要求側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は要求者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.1.3.2

ROIV APDU

  受諾側 ROPM は,その同位 ROPM から転送指示プリミティブの利用者データとし

て ROIV APDU を受信する。受諾側 ROPM は,ROIV APDU のフィールドを受諾できない場合,提供者拒

否手順を実行し,RO-INVOKE 指示プリミティブを発行しない。

受諾側 ROPM は,ROIV APDU を受諾できる場合,受諾者に RO-INVOKE 指示プリミティブを発行する。

RO-INVOKE

指示プリミティブのパラメタは,ROIV APDU から生成する。

受諾側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は受諾者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.1.4

ROIV APDU

フィールドの使用方法  ROIV フィールドの使用方法は,次のとおりとする。

7.1.4.1

起動 ID  これは,RO-INVOKE 要求プリミティブの起動 ID パラメタ値とする。これは,

RO-INVOKE

指示プリミティブの起動 ID パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とするが,提供者拒否手順で使用できる。

7.1.4.2

連結 ID  これは,RO-INVOKE 要求プリミティブの連結 ID パラメタ値とする。これは,

RO-INVOKE

指示プリミティブの連結 ID パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.1.4.3

操作値  これは,RO-INVOKE 要求プリミティブの操作値パラメタの値とする。これは,

RO-INVOKE

指示プリミティブの操作値パラメタの値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.1.4.4

引数  これは,RO-INVOKE 要求プリミティブの引数パラメタ値とする。これは,RO-INVOKE

指示プリミティブの引数パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.2

結果応答

7.2.1

目的  AE(実行者)は,成功した操作の結果を相手 AE(起動者)に転送するために,結果応答手

順を使用する。

7.2.2

使用する APDU  結果応答手順は,RO-RESULT (RORS) APDU を使用する。

RORS APDU

のフィールドを

表 に示す。

表 3  RORS APDU のフィールド

フィールド名

有無

送信側

受信側

起動 ID

必す

要求

指示

操作値

利用者選択

要求

指示

結果

利用者選択

要求

指示

7.2.3

結果応答手順  結果応答手順は,次の事象の発生によって開始する。

(a)

要求者からの RO-RESULT 要求プリミティブ

(b)

転送指示プリミティブの利用者データとしての RORS APDU


8

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

7.2.3.1

RO-RESULT

要求プリミティブ  要求側 ROPM は,RO-RESULT 要求プリミティブのパラメタ値

から RORS APDU を生成し,転送要求プリミティブを発行する。転送要求プリミティブの利用者データパ

ラメタは,RORS APDU を含む。

要求側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は要求者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.2.3.2

RORS APDU

  受諾側 ROPM は,その同位の ROPM から転送指示プリミティブの利用者データ

として RORS APDU を受信する。受諾側 ROPM は RORS APDU のフィールドを受諾できない場合,提供者

拒否手順を実行し,RO-RESULT 指示プリミティブを発行しない。

受諾側 ROPM は,

RORS APDU

を受諾できる場合,

受諾者に RO-RESULT 指示プリミティブを発行する。

RO-RESULT

指示プリミティブパラメタは,RORS APDU から生成する。

受諾側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は受諾者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.2.4

RORS APDU

フィールドの使用方法  RORS フィールドの使用方法は,次のとおりとする。

7.2.4.1

起動 ID  これは,RO-RESULT 要求プリミティブの起動 ID パラメタ値とする。これは,

RO-RESULT

指示プリミティブの起動 ID パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とするが,提供者拒否手順で使用できる。

7.2.4.2

操作値  これは,RO-RESULT 要求プリミティブの操作値パラメタの値とする。これは,

RO-RESULT

指示プリミティブの操作値パラメタの値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

このフィールドは,結果フィールドが存在する場合だけ,存在する。

7.2.4.3

結果  これは,RO-RESULT 要求プリミティブの結果パラメタ値とする。これは,RO-RESULT 指

示プリミティブの結果パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.3

誤り応答

7.3.1

目的  AE(実行者)によって操作が正常に処理されなかった場合,相手 AE(起動者)に対して誤

り情報を転送するために,誤り応答手順を使用する。

7.3.2

使用する APDU  誤り応答手順は,RO-ERROR (ROER) APDU を使用する。

ROER APDU

のフィールドを

表 に示す。

表 4  ROER APDU のフィールド

フィールド名

有無

送信側

受信側

起動 ID

必す

要求

指示

誤り値

必す

要求

指示

誤りパラメタ

利用者選択

要求

指示

7.3.3

誤り応答手順  誤り応答手順は,次の事象の発生によって開始する。

(a)

要求者からの RO-ERROR 要求プリミティブ

(b)

転送指示プリミティブの利用者データパラメタとしての ROER APDU

7.3.3.1

RO-ERROR

要求プリミティブ  要求側 ROPM は,RO-ERROR 要求プリミティブのパラメタ値か

ら ROER APDU を生成し,転送要求プリミティブを発行する。転送要求プリミティブの利用者データパラ

メタは,ROER APDU を含む。

要求側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は要求者からの他のサービスプリ


9

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

ミティブのいずれかを待つ。

7.3.3.2

ROER APDU

  受諾側 ROPM は,その同位 ROPM から転送指示プリミティブの利用者データと

して ROER APDU を受信する。受諾側 ROPM は,ROER APDU のフィールドを受諾できない場合,提供者

拒否手順を実行し,RO-ERROR 指示プリミティブは発行しない。

受諾側 ROPM は,ROER APDU を受諾できる場合,受諾者に RO-ERROR 指示プリミティブを発行する。

RO-ERROR

指示プリミティブのパラメタは,ROER APDU から生成する。

受諾側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は受諾者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.3.4

ROER APDU

フィールドの使用方法  ROER フィールドの使用方法は,次のとおりとする。

7.3.4.1

起動 ID  これは,RO-ERROR 要求プリミティブの起動 ID パラメタ値とする。これは,RO-ERROR

指示プリミティブの起動 ID パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とするが,提供者拒否手順で使用できる。

7.3.4.2

誤り値  これは,RO-ERROR 要求プリミティブの誤り値パラメタの値とする。これは,RO-ERROR

指示プリミティブの誤り値パラメタの値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.3.4.3

誤りパラメタ  これは,RO-ERROR 要求プリミティブの誤りパラメタのパラメタ値とする。これ

は,RO-ERROR 指示プリミティブの誤りパラメタのパラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.4

利用者拒否

7.4.1

目的  AE は,相手の AE の要求(起動)又は応答(結果又は誤り)を拒否するために,利用者拒

否手順を使用する。

7.4.2

使用する APDU  利用者拒否手順は,RO-REJECT (RORJ) APDU を使用する。更に提供者拒否手順

も,この RORJ APDU を使用する。利用者拒否手順が使用する RORJ APDU のフィールドを

表 に示す。

表 5  利用者拒否で使用する RORJ APDU のフィールド

フィールド名

有無

送信側

受信側

起動 ID

必す

要求

指示

問題(次のいずれか)

必す

要求

指示

起動上の問題

結果応答上の問題

誤り応答上の問題

7.4.3

利用者拒否手順  利用者拒否手順は,次の事象の発生によって開始する。

(a)

要求者からの RO-REJECT-U 要求プリミティブ

(b)

転送指示プリミティブの利用者データパラメタとしての RORJ APDU

7.4.3.1

RO-REJECT-U

要求プリミティブ  要求側 ROPM は,RO-REJECT-U 要求プリミティブのパラメ

タ値から RORJ APDU を生成し,転送要求プリミティブを発行する。転送要求プリミティブの利用者デー

タパラメタは,RORJ APDU を含む。

要求側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は要求者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.4.3.2

RORJ APDU

  受諾側 ROPM は,その同位 ROPM から転送指示プリミティブの利用者データパラ

メタとして RORJ APDU を受信する。受諾側 ROPM は,RORJ APDU のフィールドを受諾できない場合,

RO-REJECT-U

指示プリミティブを発行しない。


10

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

受諾側 ROPM は,RORJ APDU を受諾でき,かつ,そのフィールドが利用者拒否(すなわち,

“起動上の

問題”

“結果応答上の問題”又は“誤り応答上の問題”

)の場合は,受諾者に RO-REJECT-U 指示プリミテ

ィブを発行する。RO-REJECT-U 指示プリミティブのパラメタ(起動 ID 及び拒否理由)は,RORJ APDU

から生成する。

受諾側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は受諾者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.4.4

RORJ APDU

フィールドの使用方法  RORJ フィールドの使用方法は,次のとおりとする。

7.4.4.1

起動 ID  これは,RO-REJECT-U 要求プリミティブの起動 ID パラメタ値とする。これは,

RO-REJECT-U

指示プリミティブの起動 ID パラメタ値として使用する。

このフィールドの値は,ROPM に対して透過とする。

7.4.4.2

問題  これは,RO-REJECT-U 要求プリミティブの問題パラメタ値とする。これは,RO-REJECT-U

指示プリミティブの問題パラメタ値として使用する。

利用者拒否手順で使用する値は,次のいずれかとする。

(a)

起動上の問題  RO-INVOKE 指示プリミティブに対する利用者拒否は,次のいずれかの値とする。

(1)

二重起動  起動 ID パラメタが,JIS X 5708 の割当て規則に違反していることを示す。

(2)

認識不能操作  操作が ROSE 利用者間で合意したものでないことを示す。

(3)

引数型誤り  操作引数の型が ROSE 利用者間で合意したものでないことを示す。

(4)

資源限界  操作実行側 ROSE 利用者が資源限界のために起動された操作を実行できないことを示す。

(5)

起動側解放中  アソシエーション起動側が応用アソシエーションの解放中のため,起動された操作

を実行できないことを示す。

(6)

認識不能連結 ID  進行中の操作の中に,指定された連結 ID と同じ起動 ID をもつ操作がないことを

示す。

(7)

予期しない連結応答  起動された操作(連結 ID によって参照したもの)が親操作でないことを示

す。

(8)

予期しない子操作  起動された子操作が,起動された親操作(連結 ID によって参照したもの)の

許可したものでないことを示す。

(b)

結果応答上の問題  RO-RESULT 指示プリミティブに対する利用者拒否は,次のいずれかの値とする。

(1)

認識不能起動  進行中の操作の中に,指定された起動 ID をもつものがないことを示す。

(2)

予期しない結果応答  起動した操作が結果を報告しないことを示す。

(3)

結果型誤り  結果パラメタの型が ROSE 利用者間で合意したものでないことを示す。

(c)

誤り応答上の問題  RO-ERROR 指示プリミティブに対する利用者拒否は,次のいずれかの値とする。

(1)

認識不能起動  進行中の操作の中に,指定された起動 ID をもつものがないことを示す。

(2)

予期しない誤り応答  起動した操作が誤りを報告しないことを示す。

(3)

認識不能誤り  報告された誤りが ROSE 利用者間で合意したものでないことを示す。

(4)

予期しない誤り  報告された誤りが,起動された操作に対して該当しない報告であることを示す。

(5)

パラメタ型誤り  誤りパラメタの型が ROSE 利用者間で合意したものでないことを示す。

7.5

提供者拒否

7.5.1

目的  ROPM が問題を検出した場合,ROSE 利用者及び同位 ROPM にそのことを通知するために,

提供者拒否手順を使用する。


11

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

7.5.2

使用する APDU  提供者拒否手順は,RO-REJECT (RORJ) APDU を使用する。更に利用者拒否手順

でも,この RORJ APDU を使用する。

提供者拒否手順で使用する RORJ APDU のフィールドを

表 に示す。

表 6  提供者拒否で使用する RORJ APDU のフィールド

フィールド名

有無

送信側

受信側

起動 ID

必す sp 指示

問題

一般的な問題

必す sp 指示

7.5.3

提供者拒否手順  提供者拒否手順は,次の事象の発生によって開始する。

(a)

転送指示プリミティブの利用者データとして受諾不能な APDU

(b)

転送指示プリミティブの利用者データとして問題パラメータが“一般的な問題”である RORJ APDU

(c) APDU

の転送の失敗(例えば,アソシエーションの異常終了)

7.5.3.1

受諾不能 APDU  受信側 ROPM は,その同位 ROPM から転送指示プリミティブの利用者データ

として APDU を受信する。

受信側 ROPM は,

RORJ APDU

以外の APDU のフィールドを受諾できない場合,

問題フィールドに“一般的な問題”を指定し,かつ,起動 ID フィールドに拒否した APDU の起動 ID を指

定した RORJ APDU を生成し,転送要求プリミティブを発行する。転送要求プリミティブの利用者データ

は,RORJ APDU を含む。

受諾不能 APDU が RORJ APDU の場合,新しい RORJ APDU を生成及び転送しない。受諾不能 APDU が

RORJ APDU

の場合又は APDU を拒否した回数が局所的に指定した回数を超えた場合,応用アソシエーシ

ョンを異常解放する。

応用アソシエーションを異常解放しない場合,受信側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プ

リミティブ又は要求者からの他のサービスプリミティブのいずれかを待つ。

7.5.3.2

RORJ APDU

  受信側 ROPM は,その同位 ROPM から転送指示プリミティブの利用者データとし

て RORJ APDU を受信する。受信側 ROPM は,RORJ APDU のフィールドを受諾できない場合,受諾不能

APDU

に対する提供者拒否手順を実行する。

受信側 ROPM は,RORJ APDU を受諾でき,かつ RORJ APDU の問題フィールドが“一般的な問題”の

場合は,受諾者に RO-REJECT-P 指示プリミティブを発行する。RO-REJECT-P 指示プリミティブの起動 ID

パラメタ及び拒否理由パラメタは,RORJ APDU から生成する。

受信側 ROPM は,転送サービス提供者からの転送指示プリミティブ又は受諾者からの他のサービスプリ

ミティブのいずれかを待つ。

7.5.3.3

APDU

の転送の失敗  送信側 ROPM は,転送要求プリミティブによって APDU を転送できない

場 合 ( 例 え ば , ア ソ シ エ ー シ ョ ン の 異 常 解 放 の 場 合 ), 転 送 さ れ て い な い APDU ご と に 要 求 者 に

RO-REJECT-P

指示プリミティブを発行する。

RO-REJECT-P

指示プリミティブの返送パラメタは,RO-INVOKE 要求,RO-RESULT 要求,RO-ERROR

要求又は RO-REJECT-U 要求のサービスプリミティブのパラメタを含む。

転送されなかった APDU に対応する返送パラメタのすべてを要求者に発行した後に,応用アソシエーシ

ョンが存在する場合,この応用アソシエーションは,異常解放する。

7.5.4

RORJ APDU

フィールドの使用方法  RORJ フィールドの使用方法は,次のとおりとする。


12

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

7.5.4.1

起動 ID  これは,拒否された APDU の起動 ID フィールド及び RO-REJECT-P 指示プリミティブ

の起動 ID パラメタとする。拒否された APDU の起動 ID フィールドが検出されない場合,このフィールド

の型及び値は,NULL とする。この場合,RO-REJECT-P 指示プリミティブの起動 ID パラメタは,省略す

る。

7.5.4.2

問題(一般的な問題)  これは,RO-REJECT-P 指示プリミティブの問題パラメタ値とする。提供

者拒否手順で使用する値は,次のとおりとする。

(a)

一般的な問題  APDU に対する提供者拒否は,次のいずれかの値とする。

(1)

認識不能 APDU  型識別子によって示される APDU の型が,この規格で定義する四つ型のいずれで

もないことを示す。

(2)

型誤り APDU  APDU の構造がこの規格に適合しないことを示す。

(3)

構造不正 APDU  APDU の構造が JIS X 5603 及び JIS X 5604 で規定された記法及び符号化に適合し

ないことを示す。  

8.

使用するサービスとの対応付け  ここでは,ROPM が次のサービスのいずれかを使用して APDU を転

送する方法を規定する。

(a) RTSE

サービス

(b)

プレゼンテーションサービス

8.1

では RTSE サービスとの対応付けを規定し,8.2 ではプレゼンテーションサービスとの対応付けを規

定する。

すべての ROSE サービスは,使用中の名前付き抽象構文を識別し,この識別情報を使用する RTSE サー

ビス又はプレゼンテーションサービスに対応付ける。しかし,この対応付けは,この規格では規定しない。

参考 ROSE の抽象構文は,ROSE 利用者の抽象構文中に含まれる。したがって,ROSE は抽象構文名

をもたず,ROSE 利用者の抽象構文名をその ROSE 利用者及び ROSE の組合せに対する抽象構

文名とする。

8.1

RTSE

サービスとの対応付け  ここでは,ISO/IEC 9066-1 で規定された RTSE サービスプリミティ

ブを ROPM が使用する方法を規定する。

ROSE

サービスプリミティブ及び APDU と RTSE サービスプリミティブとの対応付けを

表 に示す。

表 7  RTSE サービスとの対応付け 

ROSE

サービス APDU

RTSE

サービス

RO-INVOKE

要求/指示 ROIV

RT-TRANSFER

要求/指示/確認

RO-RESULT

要求/指示 RORS

RT-TRANSFER

要求/指示/確認

RO-ERROR

要求/指示 ROER

RT-TRANSFER

要求/指示/確認

RO-REJECT-U

要求/指示 RORJ

RT-TRANSFER

要求/指示/確認

RO-REJECT-P

指示 RORJ

RT-TRANSFER

要求/指示/確認

送信権の管理(要求)

− RT-TURN-PLEASE 要求/指示

(譲渡)

− RT-TURN-GIVE 要求/指示

8.1.1

送信権の管理  ROPM は,RT-TRANSFER サービスを使用する前に送信権をもたなければならない。

送信権をもたない ROPM は,転送待機している APDU の優先順位の中で最も高い値を優先パラメタに指

定して RT-TURN-PLEASE 要求プリミティブを発行できる。

送信権をもつ ROPM は,転送する APDU がない場合,RT-TURN-GIVE 要求プリミティブを発行できる。


13

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

ROPM

は,RT-TURN-PLEASE 指示プリミティブで指示された以上の優先順位をもつ APDU がない場合,

RT-TURN-PLEASE

指示の応答として RT-TURN-GIVE 要求プリミティブを発行しなければならない。

ROPM

は,RO-TURN-GIVE 要求プリミティブを発行後,より低い優先順位をもち転送待機している APDU があ

る場合,その APDU の優先順位の中で最も高い値を優先パラメタに指定して RT-TURN-PLEASE 要求プリ

ミティブを発行できる。

8.1.1.1

RT-TURN-PLEASE

サービスの使用方法  ROPM は,送信権をもたない場合にだけ,送信権を要

求するために RT-TURN-PLEASE 要求プリミティブを発行できる。RT-TURN-PLEASE サービスは,非確認

型サービスとする。

RT-TURN-PLEASE

サービスパラメータの使用方法は,次のとおりとする。

(1)

優先順位  転送待機している APDU の優先順位の中で最も高い値を指定する。

8.1.1.2

RT-TURN-GIVE

サービスの使用方法  ROPM は,送信権をもつ場合にだけ,その同位 ROPM に

送信権を譲渡するために RT-TURN-GIVE 要求プリミティブを発行できる。RT-TURN-GIVE サービスは,

非確認型サービスとする。

8.1.2

APDU

の転送  APDU は,RT-TRANSFER サービスの利用者データとして転送する。ROPM は,送

信権をもち,かつ,未受信の RT-TRANSFER 確認プリミティブがない場合にだけ,RT-TRANSFER 要求プ

リミティブを発行できる。

8.1.2.1

RT-TRANSFER

サービスの使用方法  RT-TRANSFER サービスは,確認型サービスとする。

RT-TRANSFER

要求プリミティブのパラメタの使用方法は,次のとおりとする。

(1)  APDU

  転送される APDU。最大長の制限はない。

(2)

転送時間  送信側 ROPM の実装で指定する。APDU の優先順位に関連付けてもよい。

RT-TRANSFER

指示プリミティブのパラメタの使用方法は,次のとおりとする。

(1)  APDU

  転送された APDU。最大長の制限はない。

RT-TRANSFER

確認プリミティブのパラメタの使用方法は,次のとおりとする。

(1)  APDU

  転送時間内に転送されなかった APDU。結果パラメタの値が,

“APDU 未転送”の場合は,こ

のパラメタだけが通知される。この場合,ROPM は,返送パラメタをもつ RO-REJECT-P 指示プリミ

ティブを発行する。

(2)

結果  パラメタ値“APDU 転送済み”は肯定確認を示し,パラメタ値“APDU 未転送”は否定確認を

示す。

8.2

プレゼンテーションサービスとの対応付け  ここでは,JIS X 5601 で規定されたプレゼンテーショ

ンサービスプリミティブを ROPM が使用する方法を規定する。ROSE サービスプリミティブ及び APDU と

プレゼンテーションサービスプリミティブとの対応付けを

表 に示す。

表 8  プレゼンテーションサービスとの対応付け

ROSE

サービス APDU

プレゼンテーションサービス

RO-INVOKE

要求/指示 ROIV

P-DATA

要求/指示

RO-RESULT

要求/指示 RORS

P-DATA

要求/指示

RO-ERROR

要求/指示 ROER

P-DATA

要求/指示

RO-REJECT-U

要求/指示 RORJ

P-DATA

要求/指示

RO-REJECT-P

指示 RORJ

P-DATA

要求/指示

8.2.1 

参考  この箇条は,対応国際規格に合わせて欠番とする。

8.2.2

APDU

の転送  APDU は,P-DATA サービスの利用者データとして転送する。


14

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

8.2.2.1

P-DATA

サービスの使用  P-DATA サービスは,非確認型サービスとする。

P-DATA

要求及び P-DATA 指示のプリミティブのパラメタの使用方法は,次のとおりとする。

(1)   

利用者データ  転送される APDU。最大長の制限はない。

9.

APDU

の抽象構文定義  ここでは,JIS X 5603 の抽象構文記法を使用し,ROSE APDU の抽象構文を

規定する。ROSE APDU の抽象構文仕様を

図 に示す。

図 1  ROSE プロトコルの抽象構文仕様


15

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

図 1  ROSE プロトコルの抽象構文仕様(続き)


16

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

図 1  ROSE プロトコルの抽象構文仕様(続き)

10.

適合性  この規格に適合する実装は,10.110.3 で示す要件を満足しなければならない。

10.1

記述要件  この規格への適合性を主張する実装者は,使用する応用コンテキストを記述しなければ

ならない。

この記述は,実装システムでの下位サービスへの対応付けが次のいずれであるかを含まなければならな

い。

(a) ROSE

から RTSE への対応付け

(b) ROSE

からプレゼンテーションサービスへの対応付け

(c)  (a)

及び(b)の両方


17

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

10.2

静的要件  システムは,9.で規定した APDU の抽象構文定義に適合しなければならない。

10.3

動的要件  システムは,次の動的要件の両方を満たさなければならない。

(a)  7.

で規定した手順要素

(b) 8.

で規定した使用するサービスの対応付け


18

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 A(規定)  ROPM 状態遷移表

A.1

概要  この附属書は,状態遷移表によって一つの遠隔操作プロトコル機械 (ROPM) を規定する。状態

遷移表は,応用アソシエーションの状態,プロトコル上で発生する入力事象,実行される動作及びその結

果の応用アソシエーションの状態の間の関係を示す。

ROPM

状態遷移表は,ROPM の形式定義を構成するものではないが,7.及び 8.で規定した手順要素をよ

り正確に記述する。

この附属書は,次の表を含む。

(a)

附属書 表 は,各入力事象の省略名,発生元並びに名前及び説明を規定する。発生元は,次のいず

れかとする(

附属書 表 で使用する発生元の名称を括弧内に示す。)。

(1) ROSE

サービス利用者(ROSE 利用者)

(2)

同位の ROPM(同位 ROPM)

(3)

転送処理部以外の ROPM (ROPM)

(4) ROPM

の転送処理部 (ROPM-TR)

(5)

プレゼンテーションサービス提供者

(PS 提供者)

及びアソシエーション制御サービス要素 (ACSE),

又は高信頼転送サービス要素 (RTSE)

(b)

附属書 表 は,ROPM の状態の省略名を規定する。

(c)

附属書 表 は,ROPM-TR の状態の省略名を規定する。

(d)

附属書 表 は,出力事象の省略名,出力先並びに名前及び説明を規定する。出力先は,次のいずれ

かとする(

附属書 表 で使用する出力先の名称を括弧内に示す。)。

(1) ROSE

サービス利用者(ROSE 利用者)

(2)

同位の ROPM(同位 ROPM)

(3)

転送処理部以外の ROPM (ROPM)

(4) ROPM

の転送処理部 (ROPM-TR)

(5)

プレゼンテーションサービス提供者

(PS 提供者)

及びアソシエーション制御サービス要素 (ACSE),

又は高信頼転送サービス要素 (RTSE)

(e)

附属書 表 は,述語を規定する。

(f)

附属書 表 は,ROPM の状態遷移表を規定する。

(g)

附属書 表 は,RTSE が応用コンテキストに含まれている場合の ROPM-TR の状態遷移表を規定す

る。

(h)

附属書 表 は,RTSE が応用コンテキストに含まれていない場合の ROPM-TR の状態遷移表を規定

する。

A.2

記法  入力事象(行)と状態(列)との交点を欄という。

状態遷移表において,空欄は,ROPM で定義されていない入力事象と状態との組合せを表す(A.3.1 

照)

空白でない欄は,ROPM で定義された入力事象と状態との組合せを表す。この欄は,一つ以上の動作を

含む。動作には,必す(須)のもの又は条件によるものがある。必す(須)の動作は,その欄の唯一の動


19

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

作とする。

必す(須)の動作は,次の(a)及び(b)を含む。

(a)  0

個以上の出力事象

(b)

遷移後の状態

条件付きの動作は,次の(a)及び(b)を含む。

(a)

述語及び論理演算子(^は,NOT を表す。

)からなる述語式

(b)

必す(須)の動作[この必す(須)の動作は,述語式が真のときにだけ使用される。

A.3  ROPM

の動作  ROPM の状態遷移表は,0 個以上の出力事象及び遷移後の応用アソシエーションの状

態を用いて ROPM の動作を規定する。

A.3.1

無効な交点  空欄は,入力事象と状態との無効な交点を示す。交点が無効な場合,次のいずれかの

動作を行う。

(a)

入力事象が RTSE 利用者からのときは,ROPM の動作は,この規格では規定しない。

(b)

入力事象が受信 APDU,PS 提供者,ACSE 又は RTSE に関連しているときの動作は,次のいずれかと

する。

(1) ROPM

が AA-AB 要求事象を ROPM-TR に発行する。

(2) ROPM-TR

が ABORT 要求事象を RTSE 又は ACSE に発行し,

AA-AB

指示事象を ROPM に発行する。

A.3.2

有効な交点  状態と入力事象との交点が有効な場合は,次のいずれかの動作を行う。

(a)

欄が必す(須)の動作を含むときは,ROPM は,指定された動作を実行する。

(b)

欄が条件付きの動作を一つ以上含むときは,ROPM は,真である述語式のそれぞれについて指定され

た動作を実行する。すべての述語式が真でないときは,ROPM は,A.3.1 で規定した動作を実行する。


20

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 表 1  入力事象

省略名

発生元

名前及び説明

AA-ESTAB RTSE

肯定 RT-OPEN 応答プリミティブ又は肯定 RT-OPEN 確認プリミティブ

AA-ESTAB ACSE

肯定 A-ASSOCIATE 応答プリミティブ又は肯定 A-ASSOCIATE 確認プリミテ

ィブ

RO-INV

要求 ROSE 利用者 RO-INVOKE 要求プリミティブ

RO-RES

要求 ROSE 利用者 RO-RESULT 要求プリミティブ

RO-ERR

要求 ROSE 利用者 RO-ERROR 要求プリミティブ

RO-RJU

要求 ROSE 利用者 RO-REJECT-U 要求プリミティブ

ROIV

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである有効な RO-INVOKE APDU

RORS

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである有効な RO-RESULT APDU

ROER

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである有効な RO-ERROR APDU

RORJu

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである有効な RO-REJECT APDU

(利用者拒否)

RORJp

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである有効な RO-REJECT APDU

“一般的な問題”として提供者拒否)

APDUua

同位 ROPM TRANS 指示事象の利用者データである受諾できない APDU

TRANS

指示 ROPM-TR

APDU

の転送指示

TRANS

要求 ROPM

APDU

の転送要求

P-DATA

指示 PS 提供者 P-DATA 指示プリミティブ

RT-TR

指示 RTSE

RT-TRANSFER

指示プリミティブ

RT-TR

確認

 RTSE

肯定 RT-TRANSFER 確認プリミティブ

RT-TR

確認

 RTSE

否定 RT-TRANSFER 確認プリミティブ

RT-TR

指示 RTSE

RT-TURN-PLEASE

指示プリミティブ

RT-TG

指示 RTSE

RT-TURN-GIVE

指示プリミティブ

AA-REL RTSE

RT-CLOSE

応答プリミティブ又は RT-CLOSE 確認プリミティブ

AA-REL ACSE

肯定 A-RELEASE 応答プリミティブ又は肯定 A-RELEASE 確認プリミティブ

AA-AB

要求 ROPM

応用アソシエーションの異常中断

AA-AB

指示 ROPM-TR  異常中断された応用アソシエーション

ABORT

指示 RTSE

RT-P-ABORT

指示プリミティブ又は RT-U-ABORT 指示プリミティブ

ABORT

指示 ACSE

A-ABORT

指示プリミティブ又は A-P-ABORT 指示プリミティブ

附属書 表 2  ROPM の状態

省略名

名前及び説明

STA01

アイドル(アソシエーションなし)

STA02

アソシエーションあり

附属書 表 3  ROPM-TR の状態

省略名

名前及び説明

STA10

アイドル(アソシエーションなし)

STA20

アソシエーションあり,トークン割当てあり,転送なし

STA21

アソシエーションあり,トークン割当てあり,転送中

STA22

アソシエーションあり,トークン割当てなし,転送なし

STA23

アソシエーションあり,トークン割当てなし,転送要求あり

STA100

アイドル(アソシエーションなし)

STA200

アソシエーションあり


21

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 表 4  出力事象

省略名

出力先

名前及び説明

RO-INV

指示 ROSE 利用者 RO-INVOKE 指示プリミティブ

RO-RES

指示 ROSE 利用者 RO-RESULT 指示プリミティブ

RO-ERR

指示 ROSE 利用者 RO-ERROR 指示プリミティブ

RO-RJU

指示 ROSE 利用者 RO-REJECT-U 指示プリミティブ

RO-RJP

指示 ROSE 利用者 RO-REJECT-P 指示プリミティブ

ROIV

同位 ROPM TRANS 要求事象の利用者データである RO-INVOKE APDU

RORS

同位 ROPM TRANS 要求事象の利用者データである RO-RESULT APDU

ROER

同位 ROPM TRANS 要求事象の利用者データである RO-ERROR APDU

RORJu

同位 ROPM TRANS 要求事象の利用者データである RO-REJECT 利用者拒否 APDU

RORJp

同位 ROPM TRANS 要求事象の利用者データである RO-REJECT 提供者拒否 APDU

TRANS

要求 ROPM-TR

APDU

の転送要求

TRANS

指示 ROPM

APDU

の転送指示

P-DATA

要求 PS 提供者 P-DATA 要求プリミティブ

RT-TR

要求 RTSE

RT-TRANSFER

要求プリミティブ

RT-TP

要求 RTSE

RT-TURN-PLEASE

要求プリミティブ

RT-TG

要求 RTSE

RT-TURN-GIVE

要求プリミティブ

AA-AB

要求 ROPM-TR

応用アソシエーションの異常中断

AA-AB

指示 ROPM

異常中断された応用アソシエーション

ABORT

要求 RTSE

RT-U-ABORT

要求プリミティブ

ABORT

要求 ACSE

A-ABORT

要求プリミティブ

附属書 表 5  述語

符号

名前及び説明

p1

受諾できない APDU が RORJ APDU でなく,かつ,拒否の回数が定められた値を超えない。

p2

トークンが最初に ROPM-TR に割り当てられていた。


22

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 表 6  ROPM 状態遷移表 

 STA01

STA02

AA-ESTAB STA02

RO-INV

要求

ROIV

STA02

RO-RES

要求

RORS

STA02

RO-ERR

要求

ROER

STA02

RO-RJU

要求

RORJu

STA02

ROIV

RO-INV

指示

STA02

RORS

RO-RES

指示

STA02

ROER

RO-ERR

指示

STA02

RORJu

RO-RJU

指示

STA02

RORJp

RO-RJP

指示

STA02

APDUua

p1 :

RORJp

STA02

^

:

AA-AB

要求

STA01

AA-AB

指示

STA01

AA-REL

STA0l


23

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 表 7  RTSE による転送のための ROPM-TR 状態遷移表 

STA10 STA20 STA21 STA22 STA23

AA-ESTAB

p2 :

STA20

^

:

STA22

TRANS

要求

RT-TR

要求

RT-TP

要求

 STA21

 STA23

RT-TR

確認

  STA20

RT-TR

確認

RO-RJP

指示

  STA20

RT-TR

指示

   TRANS

指示 TRANS 指示

   STA22

STA23

RT-TP

指示

RT-TG

要求

STA22

STA21

RT-TG

指示

R

R

要求

   STA20

STA21

AA-AB

要求

RO-RJP

指示

RO-RJP

指示

ABORT

要求 ABORT 要求 ABORT 要求 ABORT 要求

STA10 STA10 STA10 STA10

ABORT

指示

RO-RJP

指示

RO-RJP

指示

AA-AB

指示 AA-AB 指示 AA-AB 指示 AA-AB 指示

STA10 STA10 STA10 STA10

AA-REL

STA10

RO-RJP

指示 STA10

RO-RJP

指示

  STA10

 STA10

附属書 表 8  プレゼンテーションサービスによる 

転送のための ROPM-TR 状態遷移表

 STA100

STA200

AA-ESTAB STA200

TRANS

要求

P-DATA

要求

STA200

P-DATA

指示

TRANS

指示

STA200

AA-AB

要求

ABORT

要求

STA100

ABORT

要求

AA-AB

指示

STA100

AA-REL

STA100


24

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 B(参考)  この規格と CCITT 勧告 X.410-1984 との差異 

この附属書では,遠隔操作の記法及びプロトコルに関して,CCITT

勧告 X.410-1984 をこの規格で変更し

た点を示す。

B.1

マクロ

B.1.1

新規マクロ  次の二つのマクロを追加した。

(a) BIND

マクロ

(b) UNBIND

マクロ

B.1.2

操作マクロ  次の変更を行った。

(a)

値記法  INTEGER を CHOICE {INTEGER, OBJECT IDENTIFIER}  に変更した。

(b)

結果生成規則における名前付き型  必す(須)から任意選択に変更した。更に,連結操作の生成規則

を追加した。

B.1.3  ERROR

マクロ  次の変更を行った。

(a)

値記法  INTEGER を CHOICE {INTEGER, OBJECT IDENTIFIER}  に変更した。

B.2

応用プロトコルデータ単位

B.2.1  APDU

  次の変更を行った。

(a)

選択代替  明示的タグ付けを暗黙的タグ付けに変更した。

B.2.2

起動  次の追加及び変更を行った。

(a) SEQUENCE

に任意選択で連結 ID 要素を追加した。

(b)

引数要素を必す(須)から任意選択に変更した。

B.2.3

結果返送  次の追加及び変更を行った。

(a)

操作値フィールド及び SEQUENCE を追加した。

(b)

結果要素を必す(須)から任意選択に変更した。

B.2.4

拒否  次の追加を行った。

(a)

“_起動上の問題”に値 3∼7 を追加した。

B.3

手順及び対応付け

B.3.1

使用サービスへの対応付け  次の二つの追加を行った。

(a) RTSE

が応用コンテキストに含まれない場合のプレゼンテーションサービスとの対応付け

(b) BIND

及び UNBIND の対応付け

B.4. 1984

年版と 1988 年版との実装間の相互接続  B.2.1 及び B.2.3(a)によって,1984 年版及び 1988 年版の

実装の間の相互接続は不可能である。

B.2.1

の変更は,

X.400

シリーズ実装者ガイド第 5 版に示されている。


25

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

附属書 C(参考)  オブジェクト識別子の値の割当て 

この規格及び JIS X 5708 で割り当てたオブジェクト識別子は,次のとおりである。

{iso-ccitt  共通  遠隔操作 (4)  記法 (0)} --JIS X 5708 で定義した ASN.1 モジュール

{iso-ccitt  共通  遠隔操作 (4)  apdus (1)} --この規格で定義した ASN.1 モジュール

{iso-ccitt  共通  遠隔操作 (4)  記法拡張 (2)} --JIS X 5708 で定義した ASN.1 モジュール

{iso-ccitt  共通  遠隔操作 (4)  aseID (3)} --この規格で定義した ASE 識別子

{iso-ccitt  共通  遠隔操作 (4)  aseID-ACSE (4)} --JIS X 5708 で定義した ASE 識別子


26

X 5709-1991 (ISO/IEC 9072-2 : 1989)

OSI

遠隔操作 JIS 原案作成委員会  構成表  (敬称略,順不同)

氏名

所属

(委員長)

西  村  卓  美

日本電信電話株式会社ネットワーク高度化推進本部

(幹事)

馬  渡  恭三郎

シャープ株式会社技術本部情報技術開発センター

(幹事)

茂  木  一  明

日本電気株式会社基本ソフトウェア開発本部方式開発部

粟  屋  英  司 

三菱電機株式会社コンピュータ製作所コンピューター方

式統轄部

井  上  雅  喜

株式会社日立製作所ソフトウェア開発本部第 2DC 設計部

篠  塚      誠 

沖電気工業株式会社コンピュータシステム開発本部ソフ

トウェア開発第 2 部

末  永  敏  昭 

日本ユニシス株式会社システムプロダクト本部通信シス

テム 2 部

西  本  一  志

松下電器産業株式会社情報通信関西研究所

吉  江  信  夫

住友電気工業株式会社情報電子研究所

沖  野  英  明

工業技術院標準部

吹  訳  正  憲

通商産業省機械情報産業局

(協力者)

大  越  冬  彦

三菱電機株式会社コンピュータ製作所

(協力者) 

白  川  美  佳 

沖電気工業株式会社コンピュータシステム開発本部ソフ

トウェア開発第 2 部

(協力者)

寺  島  理江子

松下電器産業株式会社情報通信関西研究所

(事務局)

宇  野  喜  博

財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター

情報部会  規格調整専門委員会 WG3  構成表(敬称略,順不同)

氏名

所属

(主査)

徳  永  英  二

日本アイ・ビー・エム株式会社標準推進担当

森      宗  正

日本ユニシス株式会社研究開発部

佐  藤      健

日本 INS ソフトウェア株式会社ネットワーク技術本部

高  畠  丈  夫

富士通株式会社技術管理本部