>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

2

2

  引用規格  

2

3

  用語,定義,略号及び記号  

6

3.1

  用語及び定義  

6

3.2

  略号  

15

3.3

  記号  

17

4

  適合性  

19

5

  情報配線システムの構造  

19

5.1

  一般  

19

5.2

  機能要素  

19

5.3

  配線サブシステム  

20

5.4

  サブシステムの接続  

21

5.5

  機能要素の配置  

23

5.6

  インタフェース  

23

5.7

  設備設計  

25

6

  平衡配線の性能  

30

6.1

  一般  

30

6.2

  レイアウト  

31

6.3

  平衡配線の分類  

32

6.4

  平衡配線性能  

33

7

  平衡配線の基準設計  

48

7.1

  一般  

48

7.2

  平衡配線  

48

8

  光ファイバ配線の性能  

52

8.1

  一般  

52

8.2

  要素の選択  

53

8.3

  チャネル減衰量  

53

8.4

  チャネルトポロジ  

53

8.5

  伝搬遅延  

55

9

  ケーブル要件  

55

9.1

  一般  

55

9.2

  平衡ケーブル  

55

9.3

  平衡ケーブルに対する漏話の追加の考察  

58

9.4

  光ファイバケーブル(ケーブル化された光ファイバ)  

59


X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)  目次

(2)

ページ

10

  接続器具の要件  

61

10.1

  一般要件  

61

10.2

  平衡配線の接続器具  

63

10.3

  光ファイバ接続器具  

76

11

  シールドの取扱い  

80

12

  管理  

80

13

  平衡コード  

80

13.1

  一般  

80

13.2

  挿入損失  

80

13.3

  反射減衰量  

80

13.4

  NEXT  

81

附属書 A(規定)平衡パーマネントリンク(常設リンク)及び CP リンク性能  

84

附属書 B(規定)試験手順  

101

附属書 C(規定)平衡配線用接続器具の機械的及び環境的性能試験  

104

附属書 D(参考)電磁特性  

107

附属書 E(参考)平衡ケーブルの略号 

108

附属書 F(参考)使用可能な応用システム  

110

附属書 G(参考)平衡配線のチャネル及びパーマネントリンクのモデル  

117

附属書 H(参考)JIS X 5150:1996 及びその追補 1:2000 に関する平衡配線要件の重要な変更  

131

参考文献  

137


X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

(3)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人電子

情報技術産業協会(JEITA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日

本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS X 5150:2004 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 X

5150

:2016

(ISO/IEC 11801

:2011

)

構内情報配線システム

Information technology-Generic cabling for customer premises

序文 

この規格は,2011 年に第 2.2 版として発行された ISO/IEC 11801 を基に,技術的内容及び構成を変更す

ることなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

この規格は,

一つ及び複数の源からの材料で実施することができるマルチベンダ配線システムを規定し,

次の事項に関連している。

a)  IEC

の委員会によって作成された,銅ケーブル及びそのコネクタ,並びに光ファイバケーブル及びそ

のコネクタなどの配線構成要素に対する国際規格(箇条 及び参考文献参照)

b)

情報配線の導入及び運用並びに敷設配線の試験のための規格(箇条 及び参考文献参照)

c)

IEC

の技術委員会,ISO/IEC JTC 1 の小委員会及び ITU-T の研究班によって作成された LAN,ISDN

などの応用システム

d)

構内配線システムの構成及び使用のための特定の応用システム(ISO/IEC 14709 シリーズなど)の要

求を考慮した計画立案及び導入ガイド

附属書 に記載した応用システムにとって物理層の要件は,この規格で規定した配線クラスとそれら応

用システムとの互換性を決定するために分析されている。これらの応用システムの要件は,構内の構造に

関する統計及び 7.2 に記述したモデルとともに,クラス A からクラス D 及び光クラスの配線システムに対

する要件を開発するために使用されている。新しいクラス E 及びクラス F は,将来のネットワーク技術を

見込んで開発された。

結果的に,この規格の中で定義する情報配線システムは,次のものを規定する。

a)

いろいろな応用システムをサポートする配線構造

b)

標準応用システムの要件に適合したクラス A,B,C,D 及び E チャネル並びにリンク

c)

将来の応用システムの開発及び実現をサポートするより高い性能の構成要素に基づいたクラス E 及び

クラス F チャネル並びにリンク

d)

標準応用システムの要件に適合した,かつ,将来開発される応用システムの導入を容易にする構成要

素の性能を引き出す OF-300,OF-500 及び OF-2 000 クラスの光チャネル並びに光リンク

e)

構成要素の要件を行使し,配線クラスの要件に適合する又は超えるパーマネントリンク及びチャネル

の性能を確かにする配線施工

f)

一般的な事務室環境向けであるが,限定ではない。

この規格は,10 年を超えた耐用期間をもつことが見込まれている情報配線システムを規定する。

JIS X 5150:2016

は,新しいクラス E

A

及びクラス F

A

チャネルに対する要件を規定し,JIS X 5150:2004 に


2

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

対して追加及び訂正を加えている。また,平衡配線モデル,カテゴリ 6

A

及びカテゴリ 7

A

構成要素に対す

る要件及び引用規格,クラス E

A

及びクラス F

A

リンクに対する要件,並びに光ファイバ配線に対する要件

への追補を規定する。

適用範囲 

この規格は,単一又は複数のビルを含む構内で使用する情報配線システムについて規定する。それは,

平衡配線及び光ファイバ配線を含む。

この規格は,通信サービスが提供できる 2 000 メートル以下の構内に対して最適化されている。この規

格の基本原則は,更に大きい設備に対しても適用できる可能性がある。

この規格で規定する配線は,音声,データ,テキスト,イメージ,ビデオなどの広範囲のサービスに使

用できる。

この規格は,直接に又は引用によって,次の事項を規定する。

a)

情報配線システムの構造及び最小構成

b)

通信アウトレット(TO)のインタフェース

c)

個々の配線リンク及びチャネルに対する性能要件

d)

施工要件及び任意選択要件(オプション)

e)

この規格で規定された最大距離に対して要求される配線構成要素に対する性能要件

f)

適合要件及び検証手順

安全(電気的な安全及び保護,火災など)要件及び電磁両立性(EMC)要件は,この規格の適用範囲外

とし,他の規格及び規制による。しかしながら,この規格に示す情報は,これらの要件に適合させるため

の助けになる。

この規格は,

附属書 にまとめた応用システム規格で規定された要件を考慮している。附属書 は,構

成要素及び試験方法が適用されるところで利用可能な規格を引用している。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO/IEC 11801:2011

,Information technology−Generic cabling for customer premises(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS C 5402-2-1

  電子機器用コネクタ−試験及び測定−第 2-1 部:導通及び接触抵抗試験−試験 2a:接

触抵抗−ミリボルトレベル法

注記  対応国際規格:IEC 60512-2-1,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−

Part 2-1: Electrical continuity and contact resistance tests−Test 2a: Contact resistance−Millivolt 
level method(IDT)

JIS C 5402-3-1

  電子機器用コネクタ−試験及び測定−第 3-1 部:絶縁試験−試験 3a:絶縁抵抗

注記  対応国際規格:IEC 60512-3-1,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−

Part 3-1: Insulation tests−Test 3a: Insulation resistance(IDT)


3

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

JIS C 5402-4-1

  電子機器用コネクタ−試験及び測定−第 4-1 部:電圧ストレス試験−試験 4a:耐電圧

注記  対応国際規格:IEC 60512-4-1,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−

Part 4-1: Voltage stress tests−Test 4a: Voltage proof(IDT)

JIS C 5402-5-2

  電子機器用コネクタ−試験及び測定−第 5-2 部:電流容量試験−試験 5b:電流・温度

の軽減

注記  対応国際規格:IEC 60512-5-2,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−

Part 5-2: Current-carrying capacity tests−Test 5b: Current-temperature derating(IDT)

JIS C 5901:2001

  光伝送用受動部品試験方法

注記  対応国際規格:IEC 61300-3-6:1997,Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 3-6: Examinations and measurements−Return loss

及び Amendment 1:1998(MOD)

JIS C 5964-20:2009

  光ファイバコネクタかん合標準−第 20 部:LC 形光コネクタ類

注記  対応国際規格:IEC 61754-20:2002,Fibre optic connector interfaces−Part 20: Type LC connector

family(IDT)

JIS C 6823

  光ファイバ損失試験方法

注記  対応国際規格:IEC 60793-1-40,Optical fibres−Part 1-40: Measurement methods and test

procedures−Attenuation(MOD)

JIS C 6832

  石英系マルチモード光ファイバ素線

注記  対応国際規格:IEC 60793-2-10,Optical fibres−Part 2-10: Product specifications−Sectional

specification for category A1 multimode fibres(MOD)

JIS C 6835

  石英系シングルモード光ファイバ素線

注記  対応国際規格:IEC 60793-2-50,Optical fibres−Part 2-50: Product specifications−Sectional

specification for class B single-mode fibres(MOD)

JIS C 61300-2-2:2011

,光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第 2-2 部:

繰返しかん合試験

注記  対応国際規格:IEC 61300-2-2:2009,Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 2-2: Tests−Mating durability(IDT)

JIS C 61300-3-34:2012

,光ファイバ接続デバイス及び光受動部品−基本試験及び測定手順−第 3-34

部:ランダム接続時の挿入損失

注記  対応国際規格:IEC 61300-3-34:2009,Fibre optic interconnecting devices and passive components

−Basic test and measurement procedures−Part 3-34: Examinations and measurements−Attenuation

of random mated connectors(IDT)

ISO/IEC 14763-2

,Information technology−Implementation and operation of customer premises cabling−Part

2: Planning and installation

ISO/IEC 14763-3

,Information technology−Implementation and operation of customer premises cabling−Part

3: Testing of optical fibre cabling

ISO/IEC 15018

,Information technology−Generic cabling for homes

ISO/IEC 18010

,Information technology−Pathways and spaces for customer premises cabling

ISO/IEC TR 24750:2007

,Information technology−Assessment and mitigation of installed balanced cabling

channels in order to support of 10GBASE-T


4

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

IEC 60352 (all parts)

,Solderless connections

IEC 60352-2

,Solderless connections−Part 2: Crimped connections−General requirements, test methods and

practical guidance

IEC 60352-3

,Solderless connections−Part 3: Solderless accessible insulation displacement connections−

General requirements, test methods and practical guidance

IEC 60352-4

,Solderless connections−Part 4: Solderless non-accessible insulation displacement connections

−General requirements, test methods and practical guidance

IEC 60352-5

,Solderless connections−Part 5: Press-in connections−General requirements, test methods and

practical guidance

IEC 60352-6

,Solderless connections−Part 6: Insulation piercing connections−General requirements, test

methods and practical guidance

IEC 60352-7

,Solderless connections−Part 7: Spring clamp connections−General requirements, test methods

and practical guidance

IEC 60352-8

,Solderless connections−Part 8: Compression mount connections−General requirements, test

methods and practical guidance

IEC 60512-25-1

,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−Part 25-1: Test 25a−

Crosstalk ratio

IEC 60512-25-2:2002

,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−Part 25-2: Test 25b−

Attenuation (insertion loss)

IEC 60512-25-4:2001

,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−Part 25-4: Test 25d−

Propagation delay

IEC 60512-25-5

,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−Part 25-5: Test 25e−Return

loss

IEC 60512-25-9:2008

,Connectors for electronic equipment−Tests and measurements−Part 25-9: Signal

integrity tests−Test 25i: Alien crosstalk

IEC 60512-26-100

, Connectors for electronic equipment − Tests and measurements − Part 26-100:

Measurement setup, test and reference arrangements and measurements for connectors according to IEC

60603-7−Tests 26a to 26g

IEC 60603-7

,Connectors for electronic equipment−Part 7: Detail specification for 8-way, unshielded, free and

fixed connectors

IEC 60603-7-1

,Connectors for electronic equipment−Part 7-1: Detail specification for 8-way, shielded, free

and fixed connectors

IEC 60603-7-2:2010

, Connectors for electronic equipment − Part 7-2: Detail specification for 8-way,

unshielded, free and fixed connectors, for data transmissions with frequencies up to 100 MHz

IEC 60603-7-3:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-3: Detail specification for 8-way, shielded,

free and fixed connectors, for data transmission with frequencies up to 100 MHz

IEC 60603-7-4:2010

, Connectors for electronic equipment − Part 7-4: Detail specification for 8-way,

unshielded, free and fixed connectors, for data transmissions with frequencies up to 250 MHz

IEC 60603-7-5:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-5: Detail specification for 8-way, shielded,

free and fixed connectors, for data transmissions with frequencies up to 250 MHz


5

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

IEC 60603-7-7:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-7: Detail specification for 8-way, shielded,

free and fixed connectors for data transmission with frequencies up to 600 MHz

IEC 60603-7-41:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-41: Detail specification for 8-way,

unshielded, free and fixed connectors, for data transmissions with frequencies up to 500 MHz

IEC 60603-7-51:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-51: Detail specification for 8-way,

shielded, free and fixed connectors, for data transmissions with frequencies up to 500 MHz

IEC 60603-7-71:2010

,Connectors for electronic equipment−Part 7-71: Detail specification for 8-way,

shielded, free and fixed connectors, for data transmission with frequencies up to 1 000 MHz

IEC 60793-1-44

,Optical fibres−Part 1-44: Measurement methods and test procedures−Cut-off wavelength

IEC 60794 (all parts)

,Optical fibre cables

IEC 60794-2-10

,Optical fibre cables−Part 2-10: Indoor optical fibre cables−Family specification for simplex

and duplex cables

IEC 60794-2-42

,Optical fibre cables−Part 2-42: Indoor optical fibre cables−Product specification for

simplex and duplex cables with A4 fibres

IEC 60794-2-50

,Optical fibre cables−Part 2-50: Indoor cables−Family specification for simplex and duplex

cables for use in terminated cable assemblies

IEC 60825 (all parts)

,Safety of laser products

IEC 60874-19-1:2007

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Connectors for optical

fibres and cables−Part 19-1: Fibre optic patch cord connector type SC-PC (floating duplex) standard 
terminated on multimode fibre type A1a, A1b−Detail specification

IEC 60874-19-2:1999

,Connectors for optical fibres and cables−Part 19-2: Fibre optic adaptor (duplex) type

SC for single-mode fibre connectors−Detail specification

IEC 60874-19-3:2007

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Connectors for optical

fibres and cables−Part 19-3: Fibre optic adaptor (duplex) type SC for multimode fibre connectors−Detail 
specification

IEC 61073-1

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Mechanical splices and fusion

splice protectors for optical fibres and cables−Part 1: Generic specification

IEC 61076-3-104

, Connectors for electronic equipment − Product requirements − Part 3-104: Detail

specification for 8-way, shielded free and fixed connectors for data transmissions with frequencies up to

1 000 MHz

IEC 61076-3-110

, Connectors for electronic equipment − Product requirements − Part 3-110: Detail

specification for shielded, free and fixed connectors for data transmission with frequencies up to 1 000

MHz

IEC 61156 (all parts)

,Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications

IEC 61156-1:2007

,Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications−Part 1: Generic

specification 及び Amendment 1:2009

IEC 61156-2:2010

, Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications − Part 2:

Symmetrical pair/quad cables with transmission characteristics up to 100 MHz−Horizontal floor wiring−

Sectional specification

IEC 61156-3:2008

,Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications−Part 3: Work area


6

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

cable−Sectional specification

IEC 61156-4:2009

,Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications−Part 4: Riser

cables−Sectional specification

IEC 61156-5:2009

, Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications − Part 5:

Symmetrical pair/quad cables with transmission characteristics up to 1 000 MHz−Horizontal floor wiring

−Sectional specification

IEC 61156-6:2010

, Multicore and symmetrical pair/quad cables for digital communications − Part 6:

Symmetrical pair/quad cables with transmission characteristics up to 1 000 MHz−Work area wiring−

Sectional specification

IEC 61300-1

,Fibre optic interconnecting devices and passive components−Basic test and measurement

procedures−Part 1: General and guidance

IEC 61935-1

,Specification for the testing of balanced and coaxial information technology cabling−Part 1:

Installed balanced cabling as specified in ISO/IEC 11801 and related standards

IEC 61935-2

,Specification for the testing of balanced and coaxial information technology cabling−Part 2:

Cords as specified in ISO/IEC 11801 and related standards

IEC 62153-4-12

,Metallic communication cable test methods−Part 4-12: Electromagnetic compatibility

(EMC)−Coupling attenuation or screening attenuation of connecting hardware−Absorbing clamp method

ITU-T Recommendation O.9: Measuring arrangements to assess the degree of unbalance about earth

用語,定義,略号及び記号 

3.1 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1.1

管理(administration)

配線システム及びその内容の文書化要件,機能要素の表示方式,並びに機能要素の移動・追加・変更の

記録手順を規定する方法。

3.1.2

エイリアン(外因的)漏話,エイリアンクロストーク[alien (exogenous) crosstalk]

あるチャネルの誘導対から他のチャネルの被誘導対への信号の結合。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対から,別のチャネルを構成するパ

ーマネントリンク又は部品内の被誘導対への信号の結合にも適用する。

3.1.3

エイリアン(外因的)遠端漏話(減衰量),AFEXT[alien (exogenous) far-end crosstalk (loss) (AFEXT)]

あるチャネルの誘導対から別のチャネルの被誘導対の遠端への信号の分離量。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対から,別のチャネルを構成するパ

ーマネントリンク又は部品内の被誘導対の遠端への信号の分離量にも適用する。

3.1.4

エイリアン(外因的)近端漏話(減衰量),ANEXT[alien (exogenous) near-end crosstalk (loss) (ANEXT)]

あるチャネルの誘導対から別のチャネルの被誘導対の近端への信号の分離量。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対から,別のチャネルを構成するパ


7

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ーマネントリンク又は部品内の被誘導対の近端への信号の分離量にも適用する。

3.1.5

応用システム(application)

通信配線による伝送方式を含むシステム。

3.1.6

減衰量(attenuation)

ポイント間で伝送する信号電力の減少量。

注記  減衰量は,ケーブルの総損失を意味し,入力電力と出力電力との比で表す。

3.1.7

減衰対エイリアン(外因的)遠端漏話比,AACR-F[attenuation to alien (exogenous) crosstalk ratio at the far-end

(AACR-F)]

あるチャネルの誘導対から他のチャネルの被誘導対へのエイリアン遠端漏話減衰量とその被誘導対の挿

入損失とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対からのエイリアン遠端漏話減衰量

及び別のチャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の挿入損失を使用する

計算にも適用する。

3.1.8

減衰対エイリアン(外因的)近端漏話比,AACR-N[attenuation to alien (exogenous) crosstalk ratio at the near-end

(AACR-N)]

あるチャネルの誘導対から他のチャネルの被誘導対へのエイリアン近端漏話減衰量とその被誘導対の挿

入損失とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対からのエイリアン近端漏話減衰量

及び別のチャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の挿入損失を使用する

計算にも適用する。

3.1.9

減衰対遠端漏話比,ACR-F[attenuation to crosstalk ratio at the far-end (ACR-F)]

あるチャネルの誘導対から同じチャネルの被誘導対への遠端漏話減衰量とその被誘導対の挿入損失との

デシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対からの遠端漏話減衰量及び同じチ

ャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の挿入損失を使用する計算にも適

用する。

3.1.10

減衰対近端漏話比,ACR-N[attenuation to crosstalk ratio at the near-end (ACR-N)]

あるチャネルの誘導対から同じチャネルの被誘導対への近端漏話減衰量とその被誘導対の挿入損失との

デシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対からの近端漏話減衰量及び同じチ

ャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の挿入損失を使用する計算にも適

用する。

3.1.11

平均電力和エイリアン(外因的)近端漏話(減衰量),PS ANEXT

avg

[average power sum alien (exogenous)


8

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

near-end crosstalk (loss)]

被誘導チャネルの複数対の電力和エイリアン近端漏話減衰量の平均値。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク内の複数対を使用する計算にも適用する。

3.1.12

平均電力和減衰対エイリアン(外因的)遠端漏話比,PS AACR-F

avg

[average power sum attenuation to alien

(exogenous) crosstalk ratio far-end]

被誘導チャネルの複数対のエイリアン遠端漏話減衰量に対する減衰量の電力和の平均値。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク内の複数対を使用する計算にも適用する。

3.1.13

平衡ケーブル(balanced cable)

一つ以上の対称形のメタルケーブル要素[よ(撚)り対線又はカッド]で構成するケーブル。

3.1.14

ビル内幹線ケーブル(building backbone cable)

ビル内配線盤とフロア配線盤との間を接続するケーブル。

注記  ビル内幹線ケーブルは,また,同一ビル内のフロア配線盤同士の接続に用いてもよい。

3.1.15

ビル内配線盤(building distributor)

ビル内幹線ケーブルを終端し,構内幹線ケーブルを接続する配線盤。

3.1.16

ビル内引込み設備(building entrance facility)

ビル内への通信ケーブルの入口として,必要な全ての機械的サービス及び電気的サービスを提供し,関

連する規定に適合する設備。

3.1.17

ケーブル(cable)

シース内の種類及びカテゴリが同一であって,

かつ,

一つ以上のケーブルユニットで構成しているもの。

注記 1  構成には,一括シールドを含むこともある。

注記 2  対応国際規格では,シールドではなく“screen”を用いている。

3.1.18

ケーブル要素(cable element)

ケーブル内の最小構成単位[例えば,よ(撚)り対線,カッド又は単一ファイバ]

注記  ケーブル要素には,シールドを含むこともある。

3.1.19

ケーブルユニット(cable unit)

同一種類又は同一カテゴリの一つ以上のケーブル要素から構成されているもの。

注記 1  ケーブルユニットには,シールドを含むこともある。

注記 2  バインダグループは,ケーブルユニットの一つの例である。

3.1.20

光ファイバケーブルのカテゴリ(cabled optical fibre category)

光ファイバ配線チャネル及びリンクにおいて,光ファイバケーブルの性能要件を定めるシステム。

注記  一部の標準では,性能コード(performance codes)と呼ばれている

1)


9

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

1)

  IEC 86 小委員会が作成した規格は,ISO/IEC JTC 1/SC 25 の規格に賛同してこの用語

の定義を用いている。

3.1.21

配線(cabling)

情報技術関連機器の接続を可能にする通信ケーブル,コード及び接続器具のシステム。

3.1.22

構内(campus)

一つ以上のビルを収容している建物を含めた敷地。

3.1.23

構内幹線ケーブル(campus backbone cable)

構内配線盤とビル内配線盤との間を接続するケーブル。

注記  構内幹線ケーブルは,ビル内配線盤同士を直接接続してもよい。

3.1.24

構内配線盤(campus distributor)

構内幹線ケーブルを放射状に接続する配線盤。

3.1.25

チャネル(channel)

応用システムの 2 台の特定機器を接続する伝送路。

注記  機器コード及びワークエリアコードは,チャネルに含める。ただし,特定応用機器内の接続器

具は,含まない。

3.1.26

集中式光ファイバ配線(centralized optical fibre cabling)

幹線系と水平系との間を結合したチャネルで構築した光ファイバの配線方式。このチャネルは,ワーク

エリアから集中式クロスコネクト又はインタコネクトまでを,引通しケーブル又はスプライスの使用を認

めて提供される。

3.1.27

接続器具(connecting hardware)

部品,ケーブル又はケーブル要素を接続するために使った部品を組み合わせたもの。

3.1.28

接続(connection)

かん合部品又は終端を含めた機器の組合せ。ケーブル又はケーブル要素をその他のケーブル,ケーブル

要素又は応用システムの特別な装置に接続しているもの。

3.1.29

分岐点,CP(consolidation point)

フロア配線盤から通信アウトレットまでの水平配線サブシステムにある接続点。

3.1.30

コード(cord)

一つ以上の終端をもつケーブル,ケーブルユニット又はケーブル要素。

3.1.31

結合減衰量(coupling attenuation)


10

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

導体を通じて伝送した電力と,励起したコモンモード電流の伝導によって生じた最大放射ピーク電力と

のデシベル(dB)差。

3.1.32

CP

ケーブル(CP cable)

分岐点を通信アウトレットに接続するケーブル。

3.1.33

CP

リンク(CP link)

両端に接続器具を含めた,フロア配線盤と分岐点との間のパーマネントリンクの一部。

3.1.34

クロスコネクト(cross-connect)

ケーブル要素の終端と他のケーブル要素の終端又は機器コードの終端とを主にパッチコード又はジャン

パによって行う装置。

注記  出入ケーブルは,定点で終端する。

3.1.35

配線盤(distributor)

ケーブルを接続するために使用する構成要素(パッチパネル,パッチコードなど)の集まり。

3.1.36

等レベル遠端漏話比,ELFEXT[equal level far-end crosstalk ratio (ELFEXT)]

あるチャネルの誘導対から同じチャネルの被誘導対への遠端漏話減衰量とその誘導対の挿入損失とのデ

シベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対からの遠端漏話減衰量及び同じチ

ャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対の挿入損失を使用する計算にも適用

する。

3.1.37

機器コード(equipment cord)

機器を配線盤に接続するコード。

3.1.38

機器インタフェース(equipment interface)

機器と配線システムとの接続が発生する位置。

3.1.39

機器室(equipment room)

配線盤及び応用システムの特定機器を収容する専用の部屋。

3.1.40

外部網インタフェース(external network interface)

公共網と私設網との間の境界点。

注記  多くの場合,外部網インタフェースは,ネットワークプロバイダの施設と顧客の構内配線との

接続ポイントである。

3.1.41

固定水平ケーブル(fixed horizontal cable)

分岐点が存在しているときにフロア配線盤から分岐点までを接続するケーブル,又は分岐点が存在しな


11

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

いときに通信アウトレットまでを接続するケーブル。

3.1.42

フロア配線盤(floor distributor)

水平ケーブルと他の配線サブシステム又は機器との間を接続するために使用する配線盤。

注記  3.1.79 参照。

3.1.43

情報配線システム(generic cabling)

広範囲な応用システムに使用する構造化した通信用配線システム。

注記  情報配線システムは,対象となる応用システムに関する予備知識がなくても設置することがで

きる。応用システムに特有なハードウェアは,情報配線システムの対象外とする。

3.1.44

水平ケーブル(horizontal cable)

フロア配線盤を通信アウトレットに接続するケーブル。

3.1.45

複合ケーブル(hybrid cable)

異なった種類又はカテゴリの二つ以上のケーブルユニット及び/又は異なった種類又はカテゴリのケー

ブルの集合を一つの一括シースで覆ったもの。

注記  集合体は,一括シールドを含む場合もある。

3.1.46

個別ワークエリア(individual work area)

一人の利用者に対して割り当てるビル内の最小領域。

3.1.47

挿入損失,IL(insertion loss)

信号源と等価インピーダンスの負荷との間に部品を挿入することで生じる損失。部品自体は,負荷及び

信号源と異なったインピーダンスになることもある。

注記  動作減衰量又は動作挿入損失の用語は,時々この定義と関係がある。

3.1.48

挿入損失偏差(insertion loss deviation)

構成要素をカスケード接続して測定した挿入損失と個々の構成要素の損失の和で決定した挿入損失との

差。

3.1.49

インタコネクト(interconnect)

機器コード(又は配線サブシステム)を終端し,配線サブシステムにパッチコード又はジャンパを使用

することなく接続する技法。

注記  出入ケーブルは,定点で終端される。

3.1.50

インタフェース(interface)

情報配線システムに接続する点。

3.1.51

ジャンパ(jumper)


12

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

クロスコネクト上でコネクタなしで接続するためのケーブル,ケーブルユニット又はケーブル要素。

3.1.52

キー(keying)

コネクタシステムの機械的特徴。極性を保証し,互換性のないソケット又は光ファイバアダプタの誤接

続を防ぐ。

3.1.53

リンク(link)

両端での接続を含む二つの配線システムインタフェース間の伝送路。

3.1.54

縦方向変換損,LCL(longitudinal conversion loss)

平衡対の近端での生起した差動モード信号に対する近端での同相モード入力信号の対数比をデシベル

(dB)で表したもの。

3.1.55

縦方向伝達変換損,LCTL(longitudinal conversion transfer loss)

平衡対の遠端での生起した差動モード信号に対する近端での同相モード入力信号の対数比をデシベル

(dB)で表したもの。

3.1.56

複数利用者通信アウトレット(multi-user telecommunications outlet assembly)

幾つかの通信アウトレットを 1 か所にグループ化したもの。

3.1.57

動作温度(operating temperature)

ある決まった周囲温度の中で動作するケーブルの安定した温度。

3.1.58

光ファイバケーブル,光ケーブル[optical fibre cable (or optical cable)]

一つ以上の光ケーブル要素から構成するケーブル。

3.1.59

光ファイバ 芯アダプタ(optical fibre duplex adapter)

二つの 2 芯コネクタ同士を,軸を合わせて接合するために設計した機械的部品。

3.1.60

光ファイバ 芯コネクタ(optical fibre duplex connector)

2 対の光ファイバ間で光信号を送受するために設計した機械的終端部品。

3.1.61

全モード励振(overfilled launch)

LED 光源のように,試験ファイバに対して放射した光が,角度及び位置に関して,十分満たすように放

射する状態。

注記 LED 光源を用いることによって,コア直径よりも広い範囲でマルチモード光ファイバのコア全

体に入光する方法。

3.1.62

対(pair)

平衡伝送線路の 2 導体。一般的には,よ(撚)り対線又はカッド内の側回路。


13

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

3.1.63

パッチコード(patch cord)

パッチパネル上の接続に使用するコネクタ付きのケーブル,ケーブルユニット又はケーブル要素。

3.1.64

パッチパネル(patch panel)

パッチコードの使用に対応した複数コネクタのアセンブリ。

注記  パッチパネルは,移動及び変更の管理を容易にする。

3.1.65

パーマネントリンク,常設リンク(permanent link)

水平配線においては,通信アウトレットとフロア配線盤との間の伝送路。また,幹線配線においては,

幹線ケーブルの両端のパッチパネル間の伝送路。

注記  パーマネントリンクは,ワークエリアコード,機器コード,パッチコード及びジャンパを含ま

ない。ただし,リンクの両端の接続は含む。パーマネントリンクは,CP リンクを含む場合もあ

る。

3.1.66

電力和エイリアン(外因的)遠端漏話(減衰量),PS AFEXT[power sum alien (exogenous) far-end crosstalk

(loss) (PS AFEXT)]

一つ以上のチャネルの複数の誘導対から別のチャネルの被誘導対の遠端への信号の分離量の電力和。

注記  チャネルを構成する一つ以上のパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,別のチャ

ネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の遠端で測定する信号の分離量の計

算にも適用する。

3.1.67

電力和エイリアン(外因的)近端漏話(減衰量),PS ANEXT[power sum alien (exogenous) near-end crosstalk

(loss) (PS ANEXT)]

一つ以上のチャネルの複数の誘導対から別のチャネルの被誘導対の近端への信号の分離量の電力和。

注記  チャネルを構成する一つ以上のパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,別のチャ

ネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の被誘導対の近端で測定する信号の分離量の計

算にも適用する。

3.1.68

電力和減衰対エイリアン(外因的)遠端漏話比,PS AACR-F[power sum attenuation to alien (exogenous)

crosstalk ratio at the far-end (PS AACR-F)]

一つ以上のチャネルの複数の誘導対から他のチャネルの被誘導対への電力和エイリアン遠端漏話減衰量

と,被誘導対の挿入損失とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成する一つ以上のパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,他のパー

マネントリンク又は部品内の被誘導対への電力和エイリアン遠端漏話減衰量と,被誘導対の挿

入損失とのデシベル(dB)差にも適用する。

3.1.69

電力和減衰対エイリアン(外因的)近端漏話比,PS AACR-N[power sum attenuation to alien (exogenous)

crosstalk ratio at the near-end (PS AACR-N)]

一つ以上のチャネルの複数の誘導対から他のチャネルの被誘導対への電力和エイリアン近端漏話減衰量


14

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

と,被誘導対の挿入損失とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成する一つ以上のパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,他のパー

マネントリンク又は部品内の被誘導対への電力和エイリアン近端漏話減衰量と,被誘導対の挿

入損失とのデシベル(dB)差にも適用する。

3.1.70

電力和減衰対遠端漏話比,PS ACR-F[power sum attenuation to crosstalk ratio at the far-end (PS ACR-F)]

チャネルの複数の誘導対から同じチャネルの被誘導対への電力和遠端漏話減衰量と被誘導対の挿入損失

とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,同じパーマネントリ

ンク又は部品内の被誘導対への電力和遠端漏話減衰量と,被誘導対の挿入損失とのデシベル

(dB)差にも適用する。

3.1.71

電力和減衰対近端漏話比,PS ACR-N[power sum attenuation to crosstalk ratio at the near-end (PS ACR-N)]

チャネルの複数の誘導対から同じチャネルの被誘導対への電力和近端漏話減衰量と被誘導対の挿入損失

とのデシベル(dB)差。

注記  チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の複数の誘導対から,同じパーマネントリ

ンク又は部品内の被誘導対への電力和近端漏話減衰量と,被誘導対の挿入損失とのデシベル

(dB)差にも適用する。

3.1.72

電力和等レベル遠端漏話比,PS ELFEXT[power sum equal level far-end crosstalk ratio (PS ELFEXT)]

一つのチャネルにおいて,一つの誘導対から特定の被誘導対への遠端漏話減衰量(FEXT)とその誘導対

の挿入損失とのデシベル(dB)差を,被誘導対を除く全ての誘導対に対して総和したもの。

注記  一つのチャネルにおいて,チャネルを構成するパーマネントリンク又は部品内の誘導対から特

定の被誘導対への遠端漏話減衰量(FEXT)とその誘導対の挿入損失とのデシベル(dB)差を,

被誘導対を除く全ての誘導対に対して総和する計算にも適用する。

3.1.73

カッド(quad)

共によられた四つの絶縁導体からなるケーブル要素。

注記  対角線上に位置する 2 導体で伝送対を構成する。

3.1.74

シールド平衡ケーブル(screened balanced cable)

一括シールド及び/又は個別シールドをもつ平衡ケーブル。

3.1.75

側回路(side circuit)

カッド内の対を形成する対角線上に位置する二つの導体。

3.1.76

小形コネクタ(small form factor connector)

IEC 60603-7

シリーズにおいて達成可能な,同じ実装密度で 2 本以上の光ファイバを収容するように設

計した光ファイバコネクタ。

3.1.77


15

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

スプライス(splice)

一般的に異なるシースからなる導体又は光ファイバ同士を接合すること。

3.1.78

電気通信(telecommunications)

符号,信号,文書,イメージ及び音声の伝送並びに送受信に関する技術。すなわち,有線,無線,光な

どの電磁気のシステムの特性に関する知識。

注記  この規格で用いる用語“電気通信”は,法的な意味をもたない。

3.1.79

配線室(telecommunications room)

通信機器,ケーブル終端,インタコネクト及びクロスコネクトを収納する閉ざされた空間。

3.1.80

通信アウトレット(telecommunications outlet)

水平ケーブルを終端する接続器具。

注記  通信アウトレットは,ワークエリア配線へのインタフェースを提供する。

3.1.81

試験インタフェース(test interface)

試験機器と被試験配線との接続が発生する位置。

3.1.82

横方向変換損(transverse conversion loss)

コモンモード信号電力と注入された差動モード信号電力との比。

3.1.83

よ(撚)り対線(twisted pair)

平衡伝送線路を形成するために,規定の形態によった二つの絶縁導体で構成するケーブル要素。

3.1.84

非シールド平衡ケーブル(unscreened balanced cable)

シールドがない平衡ケーブル。平衡ケーブルは,シールド平衡ケーブルと非シールド平衡ケーブルとに

分類される。

3.1.85

ワークエリア(work area)

利用者が通信端末機器を扱うビル内の領域。

3.1.86

ワークエリアコード(work area cord)

端末設備を通信アウトレットに接続するコード。

3.2 

略号 

この規格で用いる略号は,次による。

AACR-F

減衰対エイリアン遠端漏話比(Attenuation to alien crosstalk ratio at the far-end)

a.c.

交流(Alternating current)

ACR

減衰対漏話比(Attenuation to crosstalk ratio)

ACR-F

減衰対遠端漏話比(Attenuation to crosstalk ratio at the far-end)

ACR-N

減衰対近端漏話比(Attenuation to crosstalk ratio at the near-end)

AFEXT

エイリアン遠端漏話(減衰量)

[Alien far-end crosstalk (loss)]


16

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ANEXT

エイリアン近端漏話(減衰量)

[Alien near-end crosstalk (loss)]

APC

ななめ球面研磨(Angled physical contact)

ATM

非同期転送モード(Asynchronous transfer mode)

BCT

放送及び通信技術。時々HEM として参照される。

BD

ビル内配線盤(Building distributor)

B-ISDN

広帯域 ISDN(Broadband ISDN)

CD

構内配線盤(Campus distributor)

CP

分岐点(Consolidation point)

CSMA/CD

キャリア検知多重アクセス/衝突検出(Carrier sense multiple access with collision detection)

d.c.

直流(direct current)

DCE

データ回線終端装置(Data Circuit terminating equipment)

DTE

データ端末装置(Data terminal equipment)

DRL

分配反射減衰量(Distributed return loss)

EI

機器インタフェース(Equipment interface)

ELFEXT

等レベル遠端漏話比(Equal level FEXT)

ELTCTL

等レベル横方向伝達変換損(Equal level TCTL)

EMC

電磁両立性(Electromagnetic compatibility)

EQP

機器(Equipment)

ER

機器室(Equipment room)

FD

フロア配線盤(Floor distributor)

FDDI

光ファイバ分散データインタフェース(Fibre distributed data interface)

FEXT

遠端漏話減衰量[Far end crosstalk attenuation (loss)]

f.f.s.

対応国際規格中の略号 f.f.s.(for further study)は,略号とはせず,検討中又は暫定値と訳出して

いる。

FOIRL

光中継器間リンク(Fibre optic inter-repeater link)

HEM

家庭向け娯楽及びマルチメディア(Home Entertainment & Multimedia)

IC

集積回路(Integrated circuit)

ICT

情報通信技術(Information and communications technology)

IDC

圧接接続(Insulation displacement connection)

IEC 

国際電気標準会議(International Electrotechnical Commission)

IL

挿入損失(Insertion loss)

ILD

挿入損失偏差(Insertion loss deviation)

IPC

アイピーシー(Insulation piercing connection)

ISDN

サービス総合ディジタル網(Integrated services digital network)

ISLAN

サービス統合 LAN(Integrated services local area network)

ISO 

国際標準化機構(International Organization for Standardization)

IT

情報技術(Information technology)

JTC

合同専門委員会(Joint technical committee)

LAN

ローカルエリアネットワーク(Local area network)

LCL

縦方向変換損(Longitudinal to differential conversion loss)

LCTL

縦方向伝達変換損(Longitudinal to differential conversion transfer loss)

Min

最小(minimum)

MUTO

複数利用者通信アウトレット(Multi-user telecommunications outlet)

N/A

適用外(Not applicable)

NEXT

近端漏話減衰量[Near end crosstalk attenuation (loss)]

OF

光ファイバ(Optical fibre)

OFL

全モード励振(Overfilled launch)

PBX

構内交換機(Private branch exchange)

PC

物理的接触(Physical contact)


17

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

PMD

媒体依存物理層(Physical layer media dependent)

PS ACR

電力和減衰対漏話比(Power sum ACR)

PS AACR-F

電力和減衰対エイリアン遠端漏話比(Power sum attenuation to alien crosstalk ratio at the far-end)

PS AACR-F

avg

平均電力和減衰対エイリアン遠端漏話比(Average power sum attenuation to alien crosstalk ratio at 
the far-end)

PS ACR-F

電力和減衰対遠端漏話比(Power sum attenuation to crosstalk ratio at the far-end)

PS ACR-N

電力和減衰対近端漏話比(Power sum attenuation to crosstalk ratio at the near-end)

PS AFEXT

電力和エイリアン遠端漏話(減衰量)

[Power sum alien far-end crosstalk (loss)]

PS AFEXT

norm

正規化電力和エイリアン遠端漏話(減衰量)

(Normalized power sum alien far-end crosstalk (loss)]

PS ANEXT

電力和エイリアン近端漏話(減衰量)

[Power sum alien near-end crosstalk (loss)]

PS ANEXT

avg

平均電力和エイリアン近端漏話(減衰量)

[Average power sum alien near-end crosstalk (loss)]

PS ELFEXT

電力和等レベル遠端漏話比(Power sum ELFEXT)

PS FEXT

電力和遠端漏話(減衰量)

[Power sum FEXT (loss]

PS NEXT

電力和近端漏話(減衰量)

[Power Sum NEXT (loss)]

PVC

ポリ塩化ビニル(Polyvinyl chloride)

RL

反射減衰量(Return loss)

SC

光ファイバコネクタ(加入者コネクタ)

[Subscriber connector (optical fibre connector)]

SC-D 2 芯 SC コネクタ(Duplex SC connector) 
SFF

小形コネクタ(Small form factor connector)

TCL

横方向変換損(Transverse conversion loss)

TCTL

横方向伝達変換損(Transverse conversion transfer loss)

TE

端末設備(Terminal equipment)

TI

試験インタフェース(Test interface)

TO

通信アウトレット(Telecommunications outlet)

TP-PMD

よ(撚)り対線用 PMD(Twisted-pair physical medium dependent)

3.3 

記号 

この規格で用いる記号は,次による。

3.3.1 

変数 

A

伝送マトリックスの係数

B

幹線ケーブルの長さ又は伝送マトリックスの係数

C CP ケーブルの長さ,コネクタの名称又は伝送マトリックスの係数 
D

伝送マトリックスの係数

F

パッチコード又はジャンパ,機器コード及びワークエリアコードを組み合わせた長さ

H

固定水平ケーブルの最大長

K

ケーブル減衰量増加の係数

L

ケーブルの長さ

N

誘導チャネルの総数

X

固定水平ケーブルの減衰量に対するワークエリアケーブルの減衰量の比

Y

固定水平ケーブルの減衰量に対する CP ケーブルの減衰量の比

Z

複素インピーダンス

DRL

0

分配反射減衰量定数

NVP

光速に対する速さ(=v/c

Z

0

特性インピーダンス

Z

fit

最小二乗法による最適化曲線で求めたインピーダンス又は平均インピーダンス


18

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

c

真空中の光速

e

自然対数の底

f

周波数

i

誘導対の数

j

虚数を表す演算子

k

被誘導対の数

誘導チャネルの順序数

n

対の総数(l≦kn

t

時間

v

伝搬速度

k

1

ケーブル減衰量の最初の係数となる定数

k

2

ケーブル減衰量の 2 番目の係数となる定数

k

3

ケーブル減衰量の 3 番目の係数となる定数

k

c

コネクタ挿入損失の係数となる定数

ϑ

摂氏温度

ϑ_coeff %/℃で表されるケーブル減衰量の温度係数 
φ

度で表す位相角

α

減衰量

β

ラジアン/m,又はラジアンで表す伝搬信号の位相角

γ

複素伝搬定数(γα+jβ

π

定数

3.3.2 

添え字 

C2

フロア配線盤(2 番目のコネクタ)において,コネクタから測定した特性を示す記号

CH

チャネルを示す記号

CP

分岐点を示す記号

PL

パーマネントリンクを示す記号

TO TO から測定した特性を示す記号 
avg

同じチャネル又はパーマネントリンク内で,全ての対にわたって関連するパラメタの平均を示

す記号

cable

ケーブル特性を示す記号

channel

チャネル特性を示す記号

connector  コネクタ特性を示す記号

cord cable  コード用に使用するケーブル特性を示す記号 
in

入力状態を示す記号

local

ローカルで測定した特性を示す記号

norm

関連するパラメタのスケーリングを示す記号

remote

距離をおいて測定した特性を示す記号

term

終端した状態を示す記号

ϑ

温度依存特性を示す記号


19

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

適合性 

この規格に適合するために,配線設備は,次の要件を満たさなければならない。

a)

構成及び構造は,箇条 に規定する要件に適合する。

b)

平衡チャネルの性能は,箇条 に規定する要件に適合する。これは,次の条件のうち,いずれかで達

成される。

1)

規定したチャネル性能を確実に満足するチャネルの設計及び施工。

2)

箇条 及び

附属書 に規定する性能クラスを満足するパーマネントリンク又は CP リンクへの適切

な部材の取り付け。

附属書 の要件を満足するリンクの両端に一つ以上のコードを取り付けてでき

るチャネルは,いつの状態でもチャネル性能を保証しなければならない。

3)

統計的な性能達成方法に従った,箇条 の基準設計並びに,箇条 9,箇条 10 及び箇条 13 の要件を

満足する配線要素の使用。

c)

光ファイバケーブル配線チャネルの施工及び性能は,箇条 に規定する要件に適合する。

d) TO

における配線へのインタフェースは,インタフェースを合わせること及び性能に関して箇条 10 

要件に適合する。

e)

配線構成の中で他の場所の接続器具は,箇条 10 で規定する性能要件に適合する。

f)

シールドがある場合,シールドは,箇条 11 で規定するように扱う。

g)

システム管理は,箇条 12 の要件に適合する。

h)

設備の設置場所に依存する安全性及び EMC に関する規定に適合する。

箇条 及び

附属書 のチャネル及びリンク要件において,適合性を評価する試験方法は,平衡配線の場

合は,IEC 61935-1,光ケーブル配線の場合は,ISO/IEC 14763-3 にそれぞれ規定している。箇条 及び

属書 の要件を満たさない測定結果又は関連性のある測定確度の範囲内にある測定結果の取扱いは,

ISO/IEC 14763-2

に示す品質計画に基づき,明確に文章化しなければならない。

この規格に従った配線の施工及び管理は,ISO/IEC 14763-2 に従って保証されなければならない。

この規格は,どの試験及びサンプリング水準が選ばれなければならないかについて,規定していない。

ある特定の施工に対して,

測定する試験パラメタ及び適用するサンプリング水準は,

施工仕様及び ISO/IEC 

14763-2

に従って準備したその施工に対する品質計画の中で明確にしなければならない。

チャネルまでは提供しない場合は,リンクの適合性をもってこの規格への適合性を検証する。

(f.f.s.)

”の付いた仕様値は,この規格への適合性に関係しない暫定的な仕様値である。

情報配線システムの構造 

5.1 

一般 

ここでは,情報配線システムの機能要素を明らかにし,それらが接続したサブシステムを形成する方法

を説明し,情報配線システムに接続する応用システム側要素におけるインタフェースを明確にする。

応用システムは,装置を通信アウトレット及び配線盤に接続することによって実現される。

5.2 

機能要素 

情報配線システムの機能要素は,次のとおりとする。

−  構内配線盤(CD)

−  構内幹線ケーブル

−  ビル内配線盤(BD)

−  ビル内幹線ケーブル


20

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

−  フロア配線盤(FD)

−  水平ケーブル

−  分岐点(CP)

−  分岐点ケーブル(CP ケーブル)

−  複数利用者通信アウトレット(MUTO)

−  通信アウトレット(TO)

これらの機能要素の集まりは,相互に接続され,配線サブシステムを構成する。

5.3 

配線サブシステム 

5.3.1 

一般 

情報配線システムは,構内幹線,ビル内幹線及び水平配線の 3 種類の配線サブシステムからなる。サブ

システムの構成は,5.3.25.3.3 及び 5.3.4 で説明される。配線サブシステムは,相互に接続され,

図 

示されるような構造の情報配線システムを構成する。配線盤は,バス,スター及びリングのような異なっ

たトポロジの配線を実現する手段を与える。

図 1−構内情報配線システムの構造 

配線サブシステム間の接続には,応用システム特有の機器が必要な能動的なものと,そのような機器を

使用しない受動的なものとがある。応用システム機器の接続は,インタコネクト又はクロスコネクトのい

ずれかを採用する(

図 及び図 参照)。配線サブシステム間の受動的な接続は,通常,パッチコード又

はジャンパのいずれかによるクロスコネクトを使って行う。

集合式配線の場合,配線盤での受動的な接続は,クロスコネクト又はインタコネクトを使用して行う。

さらに,集中式光ファイバ配線システムでは,配線盤でスプライスを用いて接続することもできる。しか

し,この方法は,配線の再構築の可能性を減少させる。

5.3.2 

構内幹線配線サブシステム 

構内幹線配線サブシステムは,通常,構内配線盤から離れた別のビルに設置されているビル内配線盤ま

での施設とする。このサブシステムは,次のものを含む。

−  構内幹線ケーブル

−  ビル内引込み設備内の配線要素

−  構内配線盤内のジャンパ及びパッチコード

−  構内幹線ケーブルが終端される接続器具(構内及びビル内配線盤の両方)

機器コードは,伝送機器を配線サブシステムに接続するために使用されるが,それらは応用システム特

有のもので,配線サブシステムの一部ではない。ビル内配線盤がないところでの構内幹線配線サブシステ

ムは,構内配線盤からフロア配線盤までの施設とする。構内幹線配線が,ビル内配線盤の間を直接に接続


21

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

することも可能である。このような配線が提供される場合には,このような配線は,基本的な階層構造に

対して必要な配線の追加物としなければならない。

5.3.3 

ビル内幹線配線サブシステム 

ビル内幹線配線サブシステムは,ビル内配線盤からフロア配線盤までの施設とする。このサブシステム

は,次のものを含む。

−  ビル内幹線ケーブル

−  ビル内配線盤内のジャンパ及びパッチコード

−  ビル内幹線ケーブルが終端される接続器具(ビル内及びフロア配線盤の両方)

機器コードは,伝送機器を配線サブシステムに接続するために使用されるが,それらは応用システムの

一部であって,配線サブシステムの一部ではない。ビル内幹線配線に対して,フロア配線盤の間で直接接

続することもできる。このような配線が提供される場合には,このような配線は,基本的な階層構造に対

して必要な配線の追加物(オプション)としなければならない。

5.3.4 

水平配線サブシステム 

水平配線サブシステムは,

フロア配線盤から通信アウトレットまでの施設とする。

このサブシステムは,

次のものを含む。

−  水平ケーブル

−  フロア配線盤内のジャンパ及びパッチコード

−  通信アウトレットにおける水平ケーブルの機械的な終端

−  接続器具を含んだフロア配線盤における水平ケーブルの機械的な終端,例えば,インタコネクト又は

クロスコネクト

−  分岐点(任意追加)

−  通信アウトレット

ワークエリアコード及び機器コードは,端末及び伝送機器をそれぞれ配線サブシステムに接続するため

に使用されるが,それらは応用システムの一部であって,配線サブシステムの一部ではない。水平ケーブ

ルは,分岐点がなければフロア配線盤から通信アウトレットまで連続でなければならない(5.7.6 参照)

5.3.5 

設計目標 

水平配線は,現行及び今後現れる応用システムに最大限対応でき,長期間使用できるように設計するの

が望ましい。これによってワークエリアの混乱及び再配線によるコスト増を最小限に抑える。

ビル内幹線配線は,情報配線システムの全寿命期間に対して設計するとよい。しかし,特に良好な配線

経路があるところでは,現行及び予測できる応用システムの要求事項に応じる短期間対応の設計を採用す

るのが一般的となる。構内幹線配線の設計には,特に配線経路が制限を受ける場合には,ビル内幹線配線

より長期的な対策が必要となる。

5.4 

サブシステムの接続 

5.4.1 

一般 

情報配線システムにおいて,配線サブシステムの機能要素は,

図 及び図 で示されるような階層構造

を形成して接続する。

配線盤の機能を統合する場合(5.7.1 参照)

,中間の配線サブシステムは必要ない。


22

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 2−情報配線システムの階層構造 

図 3−集中式構内配線システムの階層構造 

5.4.2 

集中式配線システムのアーキテクチャ 

図 に示すような集中式配線の構造は,幹線/水平チャネルを構成する。チャネルは,配線盤の中の受

動的な接続で形成される。接続は,クロスコネクト又はインタコネクトのいずれかを用いて行う。さらに,

集中式光ファイバ配線システムでは,配線盤でスプライスの方法で接続することもできる。しかし,この

方法は,配線の再構築の可能性を減少させる。


23

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

5.5 

機能要素の配置 

図 は,機能要素がビル内にどのように配置されるかの例を示している。

機器室

ビル内引込み設備

図 4−機能要素の配置 

配線盤は,機器室又は配線室に設置することができる。配線盤を設置するための要件は,ISO/IEC 14763-2

による。

ケーブルは,配線経路を使って敷設する。様々なケーブル管理システムは,ケーブルダクト,配管及び

ケーブルトレー(ケーブルラックなど)を含む配線経路でのケーブルを保持するために使用される。配線

経路及びケーブル管理システムについての要件は,ISO/IEC 14763-2 による。

通常,通信アウトレットは,ワークエリアに設置される。

5.6 

インタフェース 

5.6.1 

機器インタフェース及び試験インタフェース 

情報配線システムの機器インタフェースは,それぞれのサブシステムの端に存在する。いかなる配線盤

のどのポートも,外部サービスへの機器インタフェースをもつことができ,

図 で示すインタコネクト又

図 で示すクロスコネクトのいずれかを使用することができる。分岐点は,情報配線システムの機器イ

ンタフェースとしては使用しない。

図 に水平配線及び幹線配線サブシステムの主な機器インタフェース

を示す。

情報配線システムの試験インタフェースは,各サブシステムの端及び分岐点が存在するところに位置す

る。

図 に水平配線サブシステムにおける主な試験インタフェースを示す。


24

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

=  接続点

=  伝送/端末機器

EQP

配線サブシステム

配線サブシステム

EQP

配線サブシステム

機器コード

図 5−インタコネクトモデル 

配線サブシステム

EQP

機器コード

パッチコード
又はジャンパ

配線サブシステム

配線サブシステム

パッチコード
又はジャンパ

=  伝送機器

EQP

図 6−クロスコネクトモデル 

C

  =  接続点 


25

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

EI

TI

TI

TI

TI

C

:接続点

水平配線

EQP C

C

C

TE

C

C

TI

EI

C

EI

TO

CP

EI

TI

TI

TI

バックボーン配線

EQP C

C

C

TE

C

C

TI

EI

C

EI

EI

EI:機器インタフェース 
TI:試験インタフェース

図 7−機器及び試験インタフェース 

5.6.2 

チャネル及びパーマネントリンク 

特定のチャネル及びパーマネントリンクに関して,情報配線システムの伝送性能は,箇条 6,箇条 

附属書 に規定する。チャネルは,LAN スイッチ,ハブ(図 の EQP)などの機器と端末装置(図 7

の TE)との間の伝送経路とする。一般的なチャネルは,ワークエリアコード及び機器コードを共に含んだ

水平系のサブシステムからなる。サービスの範囲を広げるために,チャネルは二つ以上のサブシステム(こ

の中にはワークエリアコード及び機器コードを含む。

の接続で構成されることもある。

チャネルの性能は,

応用システム特有の装置の接続部を含まない。

パーマネントリンクは,敷設されたケーブル両端の接続器具を含んだ,敷設された配線サブシステムの

伝送経路とする。水平配線サブシステムの中で,パーマネントリンクは,通信アウトレット,水平ケーブ

ル,任意選択の CP 及びフロア配線盤での水平ケーブルの終端を含む。

5.6.3 

外部網インタフェース 

公衆電気通信サービスを提供する公衆網との接続は,外部網インタフェースで行う。

5.7 

設備設計 

5.7.1 

配線盤 

情報配線システムに含まれるサブシステムの数及び種類は,敷地の形状・規模,ビルの形状・規模及び

利用者の計画によって決まる。通常は,構内に一つの構内配線盤,ビルごとに一つのビル内配線盤及びフ

ロアごとに一つのフロア配線盤が存在する。構内が,一つのビル内配線盤で十分であるほど小さな一つの

幹線配線


26

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ビルの場合,構内幹線配線サブシステムは必要ない。また,大きなビル群では,構内配線盤を介して相互

接続される複数のビル内配線盤が使用される。

フロア配線盤の設計は,パッチコード又はジャンパ及び機器コードの長さが確実に最小になるように,

行うとよい。さらに,設計長が,システム運用中にも維持されるよう管理されることが望ましい。

配線盤は,最終のケーブル長が箇条 及び箇条 のチャネル性能要件を満たすように設置されなければ

ならない。

箇条 に述べられた基準設計の場合,配線盤は,

表 にあるチャネル長を超過しないことを確実にする

よう設置されなければならない(しかし,ある種の応用システムは,1 種類のケーブルを用いれば,

表 1

で示された最大の長さの上で利用可能となる。

表 33,表 34 及び表 35 は,敷設されたチャネルで,個々

の応用システムを利用できるようにするために必要な配線の媒体及び性能規定の組合せを示している。

表 1−最大チャネル長 

チャネル

距離

m

水平配線 100

水平配線+ビル内幹線+構内幹線 2 000

注記  箇条 の水平配線のある実施例では,FD∼TO 間の距離

が示された最大長までは利用できないこともある。

各フロアに最低 1 個のフロア配線盤を設置することが望ましく,オフィスに提供されるフロアスペース

1 000  m

2

ごとに最低 1 個のフロア配線盤が設置されることが望ましい。床面積当たりの人数が少ない階の

場合,例えば,ロビーのような場所では,隣接階に設置されているフロア配線盤からその階にサービスを

提供してもよい。複数の配線盤の機能を一つに統合してもよい。

図 に情報配線システムの例を示す。前

方にあるビルは,それぞれの配線盤が別々に設置されていることを示す。後方にあるビルは,ビル内配線

盤とフロア配線盤の機能を,一つの配線盤に統合していることを示す。


27

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 8BD と FD とが統合された情報配線システムの例 

状況によっては,例えば,安全性又は信頼性のために,配線設計に冗長性を組み込むことがある。

図 9

は,複数箇所の障害に対する防御策として,冗長配置された機能要素の接続の一例である。冗長性は,ビ

ルの情報配線システム設計の基本となるものであり,火災,公衆網加入者ケーブルの故障などの危険に対

する保護機能を提供する。


28

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 9−冗長配置された機能要素の相互関係 

5.7.2 

ケーブル 

推奨されたケーブル種類の使用の詳細は,箇条 による。ケーブルを接続するための接続器具は,それ

ぞれの導体の先端で直接接続されなければならない。入力用導体又は出力用導体を分岐接続してはならな

い(例えば,ブリッジタップは使ってはならない)

5.7.3 

ワークエリアコード及び機器コード 

ワークエリアコードは,通信アウトレットと端末機器とを接続する。機器コードは,配線盤において,

機器と情報配線システムとを接続する。ワークエリアコード及び機器コードは,恒久・固定的なものでは

なく,応用システムに依存する。ワークエリアコード及び機器コードに関する前提は,これらのコードの

長さ及び伝送性能を考慮しながら作られた。この前提は,必要に応じて明らかにされる。これらコードの

性能寄与分は,チャネルの設計で考慮しなければならない。箇条 で,情報配線システムの基準設計とし

て,コード長の指針を示している。

5.7.4 

パッチコード及びジャンパ 

パッチコード及びジャンパは,

配線盤でのクロスコネクト施工に利用される。

これらのコードの性能は,

チャネルの設計の中で考慮しなければならない。箇条 では,情報配線システムの基準設計として,ジャ

ンパ及びパッチコードの長さの指針を示す。

5.7.5 

通信アウトレット(TO 

5.7.5.1 

一般要件 

情報配線システムの設計では,利用可能なフロア全体に通信アウトレットを設置することが望ましい。

通信アウトレットを高密度に配置すると,配線の変更に柔軟に対応できる。通信アウトレットは,個別に

又は 1 か所にまとめて設置してもよい。

−  それぞれの個別ワークエリアに,少なくとも二つの通信アウトレットを設置しなければならない。ま

た,ワークエリアのサイズに対する要件は,ISO/IEC 14763-2 による。

−  最初のアウトレットは,

10.2.1

の規定に従って終端される 4 対平衡ケーブル用とすることが望ましい。

ビル引込み
ケーブル 
設備 

ビル引込み
ケーブル 
設備 


29

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

−  二つ目のアウトレットは,次の用途に使用することが望ましい。

a)

光ファイバ

b)  10.2.1

の規定に従って終端される 4 対平衡ケーブル

−  それぞれの通信アウトレットには,利用者に見える恒久的な識別子を付けなければならない。

−  バラン及びインピーダンス整合アダプタのような機器を使用する場合,アウトレットの外部に置かな

ければならない。

平衡ケーブルに対して,通信アウトレットごとに 2 対を 4 対の代わりに用いてもよい。しかしながら,

このことは,対の再配置が必要となり,幾つかの応用システムを利用不可能とする(

附属書 参照)。最

初の対の割当て,及びその後の全ての変更は,注意深く記録しておくとよい(管理要件の詳細は,ISO/IEC 

14763-2

を参照する)

。挿入器具(インサート)によって対の再割当てを行ってもよい。

5.7.5.2 

単一利用者通信アウトレット 

情報配線システムの一般的な施工では,一組の通信アウトレットは,一つのワークエリアにだけ機能を

提供する。ワークエリアコードの長さは,最小限にすることが望ましい。施工トポロジは,7.2.2.2(平衡

配線用)及び 8.4(光ファイバ配線用)に示す配線モデルから選択されなければならない。このような通信

アウトレットの組を,単一利用者通信アウトレットという。

単一利用者通信アウトレットが使われるところでは,次の追加要件を満たさなければならない。

a)

単一利用者通信アウトレットは,使用者がアクセスしやすい配置にすることが望ましい。

b)

ワークエリアコード,パッチコード及び機器コードの性能寄与分は,箇条 6(平衡配線用)及び箇条 8

(光ファイバ配線用)のチャネルの必要要件が,確実に満たされように考慮されなければならない。

5.7.5.3 

複数利用者通信アウトレット(MUTO 

オープンオフィス環境では,一組の通信アウトレットは,一つ以上のワークエリアに機能を提供しても

よい。施工トポロジは,7.2.2.2(構成)及び 8.4(チャネルトポロジ)で示されたオプションから選択され

なければならない。このような通信アウトレットの組を,複数利用者通信アウトレットという。

複数利用者通信アウトレットが使われるところでは,次の追加要件を満たさなければならない。

a)

複数利用者通信アウトレットは,開放型のワークエリアにおいて,各ワークエリアグループに少なく

とも一つは割り当てなければならない。

b)

複数利用者通信アウトレットは,最大で 12 のワークエリアに対応するように制限されるのが望まし

い。

c)

複数利用者通信アウトレットは,建物の柱又は壁面のような恒久的で使用者がアクセスしやすい場所

に配置することが望ましい。

d)

複数利用者通信アウトレットは,支障となるような場所に取り付けてはならない。

e)

ワークエリアコード,パッチコード及び機器コードの性能寄与分は,箇条 6(平衡配線用)及び箇条 8

(光ファイバ配線用)

のチャネルの必要要件が,

確実に満たされるように考慮されなければならない。

f)

ワークエリアコードの長さは,ワークエリアでのケーブルの管理を確実にするために制限されること

が望ましい。

5.7.6 

分岐点 

ワークエリア内で通信アウトレット(TO)の移動の柔軟性が要求されるオープンオフィス環境では,水

平配線のフロア配線盤と通信アウトレットとの間に分岐点を設置するとよい。一つのフロア配線盤(FD)

と他のどの通信アウトレット(TO)との間においても,一つの分岐点が許される。分岐点は,受動的な接

続器具だけで構成されなければならず,クロスコネクト接続として使ってはならない。


30

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

分岐点が使われる場所は,次の追加要件を満足しなければならない。

a)

分岐点は,各ワークエリアのグループに少なくとも一つ配置されなければならない。

b)

分岐点は,最大で 12 までのワークエリアに対応するように制限されるのが望ましい。

c)

分岐点は,アクセスしやすい場所に配置するのが望ましい。

d)

分岐点は,管理システムの一部でなければならない。

5.7.7 

配線室及び機器室 

配線室には,その部屋に備え付けられる受動部品,能動装置及び外部網インタフェースに必要な全ての

設備(空間,電源,環境制御,その他)を設置する。各配線室では,幹線配線サブシステムを直接接続す

ることが望ましい。

機器室は,ビル内の機器を設置する場所とする。機器室は,装置[例えば,構内交換機(PBX)又は大

形計算装置]の性質又は複雑性によって,配線室とは異なった扱いをされる。複数の配線盤を一つの機器

室に配置してもよい。一つの配線室に複数のビル配線盤を収容する場合の収容場所は,機器室とみなすこ

とができる。

5.7.8 

ビル内引込み設備 

構内幹線ケーブル,公衆網ケーブル及び私設網ケーブル(アンテナを含む。

)がビルに引き込まれ,構内

ケーブルに接続される場合は,必ず,ビル内引込み設備が必要となる。その設備は,ビルの外部からの入

口点と,

構内配線盤又はビル内配線盤に通じる配線経路とによって構成される。

各種関連規則によっては,

外部ケーブルを終端するところでは,特別な設備が要求される。この終端点では,外部ケーブルから構内

ケーブルへの切替を可能とする。

5.7.9 

外部サービス配線 

外部サービス供給点から配線盤までの距離は,重要になる。これらのポイント間のケーブル性能は,初

期設計の段階及び顧客の応用システムの施工時に,考慮することが望ましい。

平衡配線の性能 

6.1 

一般 

ここでは,一般的な平衡配線の最低限の性能を規定する。平衡配線の性能は,チャネル,パーマネント

リンク及び CP リンクについて規定する(

図 10 参照)。

=  接続点

EQP

TE

機器コード

パッチコード/

ジャンパ

CPケーブル  ワークエリアコード

FD

CP

TO

CPリンク

パーマネントリンク

チャネル

図 10−平衡配線のチャネル,パーマネントリンク及び CP リンク 


31

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ケーブルを共有している場合は,平衡配線に追加要件を考慮しなければならない。平衡配線についての

追加の漏話要件は,9.3 で規定する。

平衡配線についての性能規定は,六つのクラス(A∼F)に分類される。これによって,応用システム及

び必要とされる最低限のクラスを述べている

附属書 に従ったチャネル上で,応用システムの伝送が可能

になる。

ここで規定するチャネル性能要件は,この規格を実施する場合の設計及び検証に用いてもよい。必要な

場合には,ここで規定又は引用する試験方法を用いる。加えて,これらの要件は,応用システムの開発又

はトラブルシューティングに用いることもできる。

附属書 で規定するパーマネントリンク及び CP リンクの性能要件は,この規格を実施する場合の受入

れ試験に用いてもよい。必要な場合には,

附属書 で規定又は引用する試験方法を用いる。

ここでの仕様は,

7.2

の規定とは別の距離上での応用システムの定義されたクラスの伝送及び/又は箇条

9

,箇条 10 及び箇条 13 の規定と異なる性能の媒体及び構成要素の使用を認めている。

関連するクラスのチャネル,パーマネントリンク及び CP リンクの性能仕様は,配線システムが運用さ

れる全ての温度に適合しなければならない。

関連する規格又は製造業者の仕様に示されたのと同様に,配線構成要素がもつ温度特性を考慮し,適当

なマージン(余裕)がなければならない。特に,最悪の温度条件(60  ℃)での性能の測定,又は他の温度

で測った測定値を最悪温度条件に換算する場合は,注意を要する。

同じチャネル又はパーマネントリンクに使われるケーブル間の適合性は,配線システム全体を通して維

持されなければならない。

例えば,

異なる公称特性インピーダンスをもつケーブルは結合してはならない。

6.2 

レイアウト 

チャネルの性能は,能動機器への接続点及びその間で規定される。チャネルは,受動要素のケーブル,

接続器具,ワークエリアコード,機器コード及びパッチコードだけで構成され,能動機器につながるハー

ドウェアインタフェースでの接続点は,考慮されない。

応用システムのサポートは,チャネル性能にだけ依存する。チャネル性能は,ケーブル長,接続点の数,

コネクタ終端技術,作業者の技量及び構成要素の性能に依存する。長さが伸びても,接続点を少なくする

か,よりよい性能の構成要素を使うかすることで,同等のチャネル性能が実現可能である(

附属書 参照)。

平衡配線チャネルについての性能規格値は,6.4 で与えられる。これらの規格値は,箇条 で規定した基

準設計を用いて,箇条 及び箇条 10 の構成要素の性能規格値から導き出される。

図 11 は,ワークエリアにおいて,カスケードされた二つの異なるメディアのチャネルを用いて,伝送機

器に接続された端末機器の例を示す。実際は,FD 内の能動機器を経由して平衡配線チャネルに接続する

光ファイバ配線チャネル(箇条 参照)が存在する。四つのチャネルインタフェースが存在し,二つは平

衡配線チャネルの両端であり,もう二つは光ファイバ配線チャネルの両端である。


32

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

TE

OE EQP

EQP

C

C

C

CD

C

C

BD

C

C

C

C

C

C

FD

C

C

TO

光ファイバ配線チャネル

平衡配線チャネル

C

C

OE EQP = 光電機器

= 任意の接続点

= 接続点

図 11−配線インタフェースの場所及び関連するチャネルの範囲を示したシステムの例 

パーマネントリンクの性能は,TO と水平ケーブルのもう一方側の最初のパッチパネルとの間の水平配

線システムで規定される。これは CP を含んでもよい。CP リンクの性能は,CP と水平ケーブルのもう一

方側の最初のパッチパネルとの間の水平配線システムで規定される。幹線配線システムについては,パー

マネントリンクは,幹線ケーブルの両端のパッチパネル間で規定される。パーマネントリンク及び CP リ

ンクは,ケーブル及び接続器具の受動部分だけを含む。

平衡配線のパーマネントリンク及び CP リンクの性能規格値は,

附属書 で規定する。これらの規格値

は,箇条 で規定した基準設計を用いて,箇条 及び箇条 10 の構成要素の性能規格値から導き出される。

6.3 

平衡配線の分類 

この規格では,平衡配線について次のクラスを定義する。

  クラス A 100

kHz まで

  クラス B 1

MHz まで

  クラス C 16

MHz まで

  クラス D 100

MHz まで

  クラス E 250

MHz まで

  クラス E

A

 500

MHz まで

  クラス F 600

MHz まで

  クラス F

A

 1 000

MHz まで

クラス A のチャネルは,クラス A の応用システムをサポートするための最小限の伝送性能を提供するこ

とができるように規定される。同様に,クラス(B,C,D,E,E

A

,F 及び F

A

)のチャネルは,クラス(B,

C,D,E,E

A

,F 及び F

A

)の応用システムをそれぞれにサポートするための伝送性能を提供する。与えら

れたクラスのリンク及びチャネルは,

より低いクラスの全ての応用システムをサポートする。

クラス A は,

最も低いクラスとみなされる。

水平配線システムでのチャネル,パーマネントリンク及び CP リンクは,クラス D の性能を最低限提供

するよう施工しなければならない。

附属書 は,既知の応用システムをクラス別に列記している。


33

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

6.4 

平衡配線性能 

6.4.1 

一般 

ここで規定するパラメタは,特に明示しない限り,個別シールド及び一括シールドの有無によらず,ど

のケーブル要素にも共通にそれぞれのチャネルに適用する。

チャネルの公称インピーダンスは,100  Ω とする。これは適切な設計及び配線要素の適当な選択によっ

て(これらの要素の公称インピーダンスとは関係なく)達成される。この規格では,挿入損失は,信号源

及び 100 Ω の負荷インピーダンスで測定する。

ここでの要求事項は,定義された周波数帯域で公式を使って,小数第一位まで計算された規格値によっ

て与えられる。伝搬遅延及び伝搬遅延時間差についての規格値は,小数第三位まで計算される。追加の表

は参考であり,主要な周波数での公式から導かれる規格値を含む。評価が必要な場合は,チャネル性能は,

この箇条に特に規定がなければ,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

6.4.2 

反射減衰量 

反射減衰量の要求事項は,クラス C,D,E,E

A

,F 及び F

A

にだけ適用する。

チャネルの各対の反射減衰量(RL)は,

表 での等式から導かれる要求値を満たさなければならない。

反射減衰量の要求値は,配線の両端で満たさなければならない。挿入損失(IL)が 3.0 dB を下回る周波

数における反射減衰量(RL)の値は,参考とする。

必要な場合は,反射減衰量(RL)は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。100  Ω 終端は,

チャネルの遠端で試験中の配線要素に接続されなければならない。

表 2−チャネルの反射減衰量 

クラス

周波数

MHz

最小反射減衰量

dB

C 1≦f≦16 15.0 
D 1≦f<20 17.0

20≦f≦100 30−10 lg(f)

E 1≦f<10 19.0

10≦f<40 24−5 lg(f
40≦f≦250 32−10 lg(f)

E

A

1≦f<10 19.0

10≦f<40 24−5 lg(f
40≦f<398.1 32−10 lg(f)

398.1≦f≦500 6.0

F 1≦f<10 19.0

10≦f<40 24−5 lg(f
40≦f<251.2 32−10 lg(f)

251.2≦f≦600 8.0

F

A

1≦f<10 19.0

10≦f<40 24−5 lg(f
40≦f<251.2 32−10 lg(f)

251.2≦f<631 8.0 
631≦f≦1 000

36−10 lg(f)


34

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 3−主要周波数におけるチャネルの反射減衰量 

周波数

MHz

最小反射減衰量

dB

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 15.0  17.0  19.0  19.0  19.0  19.0

16 15.0  17.0  18.0  18.0  18.0  18.0

100

適用外 10.0  12.0  12.0  12.0  12.0

250

適用外

適用外 8.0  8.0  8.0  8.0

500

適用外

適用外

適用外 6.0  8.0  8.0

600

適用外

適用外

適用外

適用外 8.0  8.0

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 6.0

6.4.3 

挿入損失/減衰量 

この規格の前の版では,ケーブル産業でいまだに幅広く使われている“減衰量”という用語を用いてい

る。しかし,配線システムにおいて,特に高周波でのインピーダンス不整合のために,この特性は,

“挿入

損失”と表現したほうがよい。この版では,チャネル,リンク及び構成要素の長さ全てにわたる信号の減

衰を表現するために,一貫して“挿入損失”という用語を採用している。減衰量とは異なり,挿入損失は,

長さに比例しない。

“減衰量”という用語は,次のパラメタについて引き続き使われる。

−  減衰対近端漏話比(ACR-N)−6.4.5 参照

−  減衰対遠端漏話比(ACR-F)−6.4.6 参照

−  不平衡減衰量−6.4.14 参照

−  結合減衰量−6.4.14 参照

ACR-NPS ACR-NACR-及び PS ACR-の計算で,挿入損失(IL)の相当する値が使われなければな

らない。

チャネルの各対の挿入損失(IL)は,

表 の公式から導かれる要求値を満たさなければならない。

必要な場合は,挿入損失は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

表 4−チャネルの挿入損失 

クラス

周波数

MHz

最大挿入損失

a)

dB

A

f=0.1 16.0

B

f=0.1 5.5 
f=1 5.8

C 1≦f≦16

(

)

2

.

0

4

23

.

3

05

.

1

×

+

×

f

D 1≦f≦100

(

)

f

f

f

f

04

.

0

4

2

.

0

2

022

.

0

8

910

.

1

05

.

1

×

+

+

×

+

×

E 1≦f≦250

(

)

f

f

f

f

02

.

0

4

25

.

0

9

016

.

0

82

.

1

05

.

1

×

+

+

×

+

×

E

A

1≦f≦500

(

)

f

f

f

f

02

.

0

4

25

.

0

1

009

.

0

82

.

1

05

.

1

×

+

+

×

+

×

F 1≦f≦600

(

)

f

f

f

f

02

.

0

4

2

.

0

01

.

0

8

.

1

05

.

1

×

+

+

×

+

×

F

A

1≦f≦1 000

(

)

f

f

f

f

02

.

0

4

25

.

0

005

.

0

8

.

1

05

.

1

×

+

+

×

+

×

a)

  計算値が 4.0 dB 以下となる周波数における最大挿入損失は,4.0 dB とする。


35

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 5−主要周波数におけるチャネルの挿入損失 

周波数

MHz

最大挿入損失

dB

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 16.0  5.5  適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

1

適用外 5.8

4.2  4.0  4.0  4.0  4.0  4.0

16

適用外

適用外 14.4

9.1  8.3  8.2  8.1  8.0

100

適用外

適用外

適用外 24.0  21.7  20.9  20.8  20.3

250

適用外

適用外

適用外

適用外 35.9  33.9  33.8  32.5

500

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 49.3  49.3  46.7

600

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 54.6  51.4

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 67.6

6.4.4 

近端漏話減衰量(NEXT 

6.4.4.1 

対間近端漏話減衰量 

チャネルの各対の組合せ間における NEXT は,

表 の公式から導かれる要求値に適合しなければならな

い。

NEXT の要求値は,配線の両端で適合しなければならない。挿入損失(IL)が 4.0 dB 未満となる周波数

における NEXT の値は,参考とする。

必要な場合は,NEXT は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

表 6−チャネルの近端漏話減衰量 

クラス

周波数

MHz

最小 NEXT

a)

dB

A

f=0.1 27.0

B 0.1≦f≦1 25−15 lg(f
C 1≦f≦16 39.1−16.4 lg(f
D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

83

20

lg

15

3

.

65

10

2

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )

10

2

10

lg

20

20

lg

20

94

20

lg

15

3

.

74





×

+

f

f

E

A

1≦f≦500

( )

( )

10

2

10

lg

20

20

lg

20

94

20

lg

15

3

.

74





×

+

f

f

b)d)

F 1≦f≦600

( )

( )





×

+

20

lg

15

4

.

102

20

lg

15

4

.

102

10

2

10

lg

20

f

f

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )





×

+

20

lg

20

3

.

116

20

lg

15

4

.

105

10

2

10

lg

20

f

f

c)d)

a)

  計算値が 65.0 dB 以上となる周波数における最小 NEXT は,65.0 dB とする。

b)

 450

MHz におけるクラス E

A

のチャネルの挿入損失が 12 dB 未満のときは,450

MHz から 500 MHz において,上記の式から 1.4[(f-450)/50]の項を減じる。

c)

 900

MHz におけるクラス F

A

のチャネルの挿入損失が 17 dB 未満のときは,900

MHz から 1 000 MHz において,上記の式から 2.8[(f-900)/100]の項を減じる。

d)

  式の中の項は,配線要素の性能を表すものではない。


36

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 7−主要周波数におけるチャネルの近端漏話減衰量 

周波数

MHz

チャネルの最小 NEXT

dB

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 27.0  40.0  適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

1

適用外

25.0 39.1 63.3 65.0 65.0 65.0 65.0

16

適用外

適用外

19.4 43.6 53.2 53.2 65.0 65.0

100

適用外

適用外

適用外 30.1  39.9  39.9  62.9  65.0

250

適用外

適用外

適用外

適用外 33.1  33.1  56.9  59.1

500

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 27.9  52.4  53.6

600

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 51.2  52.1

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 47.9

6.4.4.2 

電力和近端漏話減衰量(PS NEXT 

PS NEXT の要求値は,クラス D,E,E

A

,F 及び F

A

だけに適用する。

チャネルの各対の PS NEXT は,

表 の公式から求められる要求値を満足しなければならない。

PS NEXT 要求値は,配線の両端で満足されなければならない。挿入損失(IL)が 4.0 dB 未満となる周波

数における PS NEXT の値は,参考とする。

対 の PS NEXT

k

は,式(1)によって計算する。

=

=

n

k

i

i

NEXT

k

ik

NEXT

PS

,

1

10

10

lg

10

  (1)

ここに,

i

誘導対の順序数

k

被誘導対の順序数

n

総対数

NEXT

ik

i

から対

k

に結合される近端漏話減衰量

表 8−チャネルの PS NEXT 

クラス

周波数

MHz

最小 PS NEXT

a)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

80

20

lg

15

3

.

62

10

2

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )





×

+

20

lg

20

90

20

lg

15

3

.

72

10

2

10

lg

20

f

f

E

A

1≦f≦500

( )

( )





×

+

20

lg

20

90

20

lg

15

3

.

72

10

2

10

lg

20

f

f

b)d)

F 1≦f≦600

( )

( )





×

+

20

lg

15

4

.

99

20

lg

15

4

.

99

10

2

10

lg

20

f

f

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )





×

+

20

lg

20

3

.

113

20

lg

15

4

.

102

10

2

10

lg

20

f

f

c)d)

a)

  計算値が 62.0 dB 以上となる周波数における最小 PS NEXT は,62.0 dB とする。

b)

 450

MHz におけるクラス E

A

のチャネルの挿入損失が 12 dB 未満のときは,450

MHz から 500 MHz において,上記の式から 1.4[(f-450)/50]の項を減じる。

c)

 900

MHz におけるクラス F

A

のチャネルの挿入損失が 17 dB 未満のときは,900

MHz から 1 000 MHz において,上記の式から 2.8[(f-900)/100]の項を減じる。

d)

  式の中の項は,配線要素の性能を表すものではない。


37

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 9−主要周波数におけるチャネルの PS NEXT  

周波数

MHz

最小 PS NEXT

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 60.3 62.0 62.0 62.0 62.0

16 40.6 50.6 50.6 62.0 62.0

100 27.1 37.1 37.1 59.9 62.0 
250

適用外

30.2 30.2 53.9 56.1

500

適用外

適用外 24.8  49.4  50.6

600

適用外

適用外

適用外 48.2  49.1

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外 44.9

6.4.5 

減衰対近端漏話比(ACR-N 

6.4.5.1 

一般 

ACR-N

及び

PS ACR-N

の要求値は,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

だけに適用する。

用語を除いては,

ACR-N

及び

PS ACR-N

に対する定義及び公式は,この規格の前の版の

ACR

及び

PS ACR

に対して使われていた定義及び公式とそれぞれ同一である。

6.4.5.2 

対間 ACR-N 

対間

ACR-N

は,デシベル(

dB

)単位での対間

NEXT

と挿入損失(

IL

)との差とする。

チャネルの各対の組合せにおける

ACR-N

は,それぞれのクラスの

表 

NEXT

要求値と

表 の挿入損失

IL

)要求値との差を満足しなければならない。

ACR-N

要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

i

から対

k

への

ACR-N

ik

は,式

(2)

によって計算する。

ACR-N

ik

NEXT

ik

IL

k

  (2)

ここに,

i

誘導対の順序数

k

被誘導対の順序数

NEXT

ik

i

から対

k

に結合される近端漏話減衰量

IL

k

k

の挿入損失

表 10−主要周波数におけるチャネルの ACR-N  

周波数

MHz

最小 ACR-N

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 59.3 61.0 61.0 61.0 61.0

16 34.5 44.9 45.0 56.9 57.0

100  6.1 18.2 19.0 42.1 44.7 
250

適用外

−2.8

−0.8 23.1 26.7

500

適用外

適用外

−21.4 3.1 6.9

600

適用外

適用外

適用外

−3.4 0.7

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

−19.6

6.4.5.3 

電力和 ACR-NPS ACR-N 

チャネルの各対の

PS ACR-N

は,それぞれのクラスの

表 

PS NEXT

要求値と

表 の挿入損失(

IL

)と

の差を満足しなければならない。

PS ACR-N

の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

k

PS ACR-N

k

は,式

(3)

によって計算する。


38

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

PS ACR-N

k

PS NEXT

k

IL

k

  (3)

ここに,

k

被誘導対の順序数

PS NEXT

k

k

の電力和近端漏話減衰量

IL

k

k

の挿入損失

表 11−主要周波数におけるチャネルの PS ACR-N  

周波数

MHz

最小 PS ACR-N

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 56.3 58.0 58.0 58.0 58.0

16 31.5 42.3 42.4 53.9 54.0

100  3.1 15.4 16.2 39.1 41.7 
250

適用外

−5.8

−3.7 20.1 23.7

500

適用外

適用外

−24.5 0.1 3.9

600

適用外

適用外

適用外

−6.4

−2.3

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

−22.6

6.4.6 

減衰対遠端漏話比(ACR-F 

6.4.6.1 

一般 

ACR-F

及び

PS ACR-F

の要求値は,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

だけに適用する。

注記

  ACR-F

及び

PS ACR-F

は,この規格の前の版で規定されていた

ELFEXT

及び

PS ELFEXT

の特性

を,それぞれ置き換える。誘導対の挿入損失を用いて計算された

ELFEXT

に対して,

ACR-F

被誘導対の挿入損失を用いて計算されている。誘導対及び被誘導対の各々は,同一の挿入損失

要件を前提にしているからである(

表 参照)。表 12 及び表 14 で示された要求事項は,クラス

D

E

及び

F

に対しては変更されていない。

6.4.6.2 

対間 ACR-F 

チャネルの各対組合せにおける

ACR-F

は,

表 12 の公式から求められる要求値を満足しなければならな

い。

i

から対

k

への

ACR-F

ik

は,式

(4)

によって計算する。

ACR-F

ik

FEXT

ik

IL

k

  (4)

ここに,

i

誘導対の順序数

k

被誘導対の順序数

FEXT

ik

i

から対

k

へ結合される遠端漏話減衰量

IL

k

k

の挿入損失


39

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 12−チャネルの ACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 ACR-F

a)b)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

75

20

lg

20

8

.

63

10

4

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

83

20

lg

20

8

.

67

10

4

10

lg

20

f

f

E

A

1≦f≦500

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

83

20

lg

20

8

.

67

10

4

10

lg

20

f

f

F 1≦f≦600

( )

( )





×

+

20

lg

15

90

20

lg

20

94

10

4

10

lg

20

f

f

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )





×

+

20

lg

20

9

.

103

20

lg

20

3

.

95

10

4

10

lg

20

f

f

a)

  測定された FEXT が,70 dB 以上となる周波数における ACR-は,参考値とす

る。

b)

  計算値が 65.0 dB 以上となる周波数における最小 ACR-は,65.0 dB とする。

表 13−主要周波数におけるチャネルの ACR-F  

周波数

MHz

最小 ACR-F

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 57.4 63.3  63.3 65.0 65.0

16 33.3 39.2  39.2 57.5 63.3

100 17.4 23.3  23.3 44.4 47.4 
250

適用外 15.3  15.3  37.8  39.4

500

適用外

適用外 9.3 32.6 33.4

600

適用外

適用外

適用外 31.3  31.8

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外 27.4

6.4.6.3 

電力和 ACR-FPS ACR-F 

チャネルの各対の

PS ACR-F

は,

表 14 の公式によって得られた値を満足しなければならない。

k

PS ACR-F

k

は,式

(5)

によって計算する。

k

n

k

i

i

FEXT

k

IL

F

ACR

PS

ik



=

=

,

1

10

10

lg

10

-

  (5)

ここに,

i

誘導対の順序数

k

被誘導対の順序数

n

全対数

FEXT

ik

i

から対

k

へ結合される遠端漏話減衰量

IL

k

k

の挿入損失


40

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 14−チャネルの PS ACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 PS ACR-F

a)b)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

72

20

lg

20

8

.

60

10

4

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )

10

4

10

lg

20

20

lg

20

1

.

80

20

lg

20

8

.

64





×

+

f

f

E

A

1≦f≦500

( )

( )

10

4

10

lg

20

20

lg

20

1

.

80

20

lg

20

8

.

64





×

+

f

f

F 1≦f≦600

( )

( )





×

+

20

lg

15

87

20

lg

20

91

10

4

10

lg

20

f

f

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )





×

+

20

lg

20

9

.

100

20

lg

20

3

.

92

10

4

10

lg

20

f

f

a)

  測定された PS FEXT が,67 dB 以上となる周波数における PS ACR-は,参考値とする。

b)

  計算値が 62.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ACR-は,62.0 dB とする。

表 15−主要周波数におけるチャネルの PS ACR-F 

周波数

MHz

最小 PS ACR-F

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 54.4  60.3  60.3  62.0  62.0

16 30.3  36.2  36.2  54.5  60.3

100 14.4  20.3  20.3  41.4  44.4 
250

適用外 12.3  12.3  34.8  36.4

500

適用外

適用外 6.3 29.6 30.4

600

適用外

適用外

適用外 28.3  28.8

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外 24.4

6.4.7 

直流(d.c.)ループ抵抗 

チャネルの各対の直流ループ抵抗は,

表 16 の要求値を満足しなければならない。

必要な場合には,直流ループ抵抗は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

表 16−チャネルの直流(d.c.)ループ抵抗 

最大 d.c.ループ抵抗

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D,E,E

A

,F,F

A

560 170  40

25

6.4.8 

直流(d.c.)抵抗不平衡 

チャネルの各対の

2

導体間の直流抵抗不平衡は,全てのクラスで

3 %

又は

0.200  Ω

のいずれか大きい方

を超えてはならない。これは,設計で満たさなければならない。一つのチャネル内における対間の最大

d.c.

抵抗の不平衡は,検討中である。

6.4.9 

電流容量 

クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

のチャネルの最小電流容量は,

表 17 に合致していなければならない。これ

は,適切な設計で満たさなければならない。


41

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 17−チャネルの電流容量 

最小電流容量

直流(A d.c.)

動作温度(t

0.300

t≦(T

R

−10)

0.175 (T

R

−10)<tT

R

注記  T

R

は,その配線サブシステムを構成している部品に対し

て規定された最も低い最大動作温度とする。

平衡配線によって供給された電源を使用する応用システムに関する電流容量の情報は,ISO/IEC TR 

29125

を参照する。

6.4.10 

耐電圧 

シールドがない場合,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

チャネルの耐電圧は,導体−導体間は,最低

1 000 V

d.c.

とし,導体−絶縁体間又は導体−接地間は,最低

1 000 V d.c.

とする。これは,設計で満たさなければ

ならない。

6.4.11 

電力容量 

規定なし。

6.4.12 

伝搬遅延 

チャネルの各対の伝搬遅延は,

表 18 の公式に基づく要求値を満足しなければならない。

必要な場合には,伝搬遅延は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

表 18−チャネルの伝搬遅延 

クラス

周波数

MHz

最大伝搬遅延

μs

A

f=0.1 20.000

B 0.1≦f≦1 5.000

C,D,E,E

A

,F,F

A

1≦f

a)

5

002

.

0

4

036

.

0

534

.

0

×

+

+

f

a)

  伝搬遅延の公式は,そのクラスの上限の周波数を適用する。

表 19−主要周波数におけるチャネルの伝搬遅延参考値 

周波数

MHz

最大伝搬遅延(μs)

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 20.000  5.000  適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

1

適用外 5.000 0.580 0.580 0.580 0.580 0.580 0.580

16

適用外

適用外 0.553 0.553 0.553 0.553 0.553 0.553

100

適用外

適用外

適用外 0.548 0.548 0.548 0.548 0.548

250

適用外

適用外

適用外

適用外 0.546 0.546 0.546 0.546

500

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 0.546 0.546 0.546

600

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 0.545  0.545

1 000

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外

適用外 0.545

6.4.13 

伝搬遅延時間差 

チャネルの全ての対間の伝搬遅延時間差は,

表 20 の要求値を満足しなければならない。

必要な場合には,伝搬遅延時間差は,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。


42

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 20−チャネルの伝搬遅延時間差 

クラス

周波数

MHz

最大伝搬遅延時間差

μs

A

f=0.1

適用外

B 0.1≦f≦1

適用外

C 1≦f≦16 0.050

a)

D 1≦f≦100 0.050

a)c)

E 1≦f≦250 0.050

a)c)

E

A

1≦f≦500 0.050

a)c)

F 1≦f≦600 0.030

b)c)

F

A

1≦f≦1 000

0.030

b)c)

a)

  これは 0.045+4×0.001 25 の計算結果。

b)

  これは 0.025+4×0.001 25 の計算結果。

c)

  施工されたいかなるチャネルにおいても,伝搬遅延時間差は,日々の温度変化

の影響を受けても,

この要件の範囲内で 0.010 μs を超えて変動してはならない。

6.4.14 

不平衡減衰量及び結合減衰量 

6.4.14.1 

一般 

この規格は,非シールドシステムの不平衡減衰量(

TCL

及び

ELTCTL

)及びシールドシステムの結合減

衰量について規定するものである。これらのパラメタに関する更なる情報は,

附属書 を参照する。

6.4.14.2 

近端不平衡減衰量 

近端不平衡減衰量は,横方向変換損(

TCL

)として測定される。チャネルの

TCL

は,

表 21 の要求値に

適合しなければならない。

TCL

の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

TCL

の性能要件は,クラス

A

B

C

D

E

E

A

F

及び

F

A

のチャネルに適用され,また,製造業者の

説明書に従った設計及び施工によって達成されなければならない。

表 21−非シールドシステムのチャネルの TCL 

クラス

周波数

MHz

最小 TCL

a)

dB

A

f=0.1 30

B

f=0.1 
f=1

45 
20

C 1≦f≦16 30−5 lg(f)

D,E,E

A

,F,F

A

1≦f<30

30≦f

b)

53−15 lg(f)

60.3−20 lg(f)

注記  この TCL の公式は,そのクラスの上限の周波数まで適用する。 

a)

  計算値が 40 dB 以上となる周波数における最小 TCL は,40 dB とする。

b)

 250

MHz を超える周波数における TCL は,参考値とする。

TCL

は,構成要素及びコネクタの終端で作ったチャネルの代表的なサンプルを,実験室環境で測定する

ことによって評価することができる。

6.4.14.3 

遠端不平衡減衰量 

遠端不平衡減衰量は,等レベル横方向伝達変換損(

ELTCTL

)として測定される。チャネルの

ELTCTL

は,

表 22 の要求値に適合しなければならない。

ELTCTL

の要求値は,配線の両端で満足しなければならな

い。

ELTCTL

の性能要件は,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

のチャネルに適用され,また,製造業者の説明書


43

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

に従った設計及び施工によって達成されなければならない。

表 22−非シールドシステムのチャネルの ELTCTL 

クラス

周波数

MHz

最小 ELTCTL

dB

D,E,E

A

,F,F

A

1≦f≦30 30−20 lg(f)

ELTCTL

は,構成要素及びコネクタの終端で作ったチャネルの代表的なサンプルを,実験室環境で測定

することによって評価することができる。

6.4.14.4 

結合減衰量(カップリングアッテネーション) 

チャネルの結合減衰量は,

表 23 の要求値に配線の両端で適合しなければならない。

結合減衰量の性能要件は,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

のチャネルに適用され,また,製造業者の説明

書に従った設計及び施工によって達成されなければならない。

結合減衰量は,構成要素及びコネクタの終端で作ったチャネルの代表的なサンプルを,実験室環境で測

定することによって評価することができる。

表 23−シールドシステムのチャネルの結合減衰量 

クラス

周波数

MHz

最小結合減衰量

a)

dB

D,E,E

A

,F,F

A

 30≦f

b)

 80−20 lg(f)

a)

  計算値が 40 dB 以上となる周波数における最小結合減衰量は,40 dB とする。

b)

  結合減衰量は,1 000 MHz まで測定するが,このチャネルの結合減衰量の式は,

そのクラスの上限の周波数まで適用する。

6.4.15 

エイリアンクロストーク(エイリアン漏話) 

6.4.15.1 

一般 

次のエイリアンクロストークの要求値は,クラス

E

A

及び

F

A

だけに適用する。クラス

F

のエイリアンク

ロストークは,クラス

E

A

で規定するエイリアンクロストークと同じである。クラス

E

のエイリアンクロ

ストークについての指針は,ISO/IEC TR 24750 に示される。

クラス

E

A

又はクラス

F

チャネルの結合減衰量が,

表 23 の値よりも

10 dB

よい,又はクラス

F

A

の結合減

衰量が,

表 23 の値よりも

25 dB

よい場合,

PS ANEXT

及び

PS AACR-F

は,設計によって適合する。

6.4.15.2 

電力和エイリアン NEXTPS ANEXT 

チャネルの各対の

PS ANEXT

は,

表 24 の公式から求められる要求値に適合しなければならない。

PS ANEXT

の要件は,チャネルの両端で適合しなければならない。

k

PS ANEXT

k

は,式

(6)

によって計算する。

=



N

l

n

i

ANEXT

k

k

i

l

ANEXT

PS

1

1

10

,

,

10

lg

10

  (6)

ここに,

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

i

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

l

誘導チャネルの順序数

N

複数の誘導チャネルの数

n

誘導チャネル

l

の複数の誘導対の数

ANEXT

l,i,k

誘導チャネル

l

の対

i

から被誘導チャネルの対

k

へのエイ

リアン

NEXT


44

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 24−チャネルの PS ANEXT 

クラス

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

a)

dB

E

A

b)c)

1≦f<100 80−10 lg(f)

100≦f≦500 90−15 lg(f)

F

A

1≦f<100 95−10 lg(f)

100≦f≦1 000

105−15 lg(f)

a)

  計算値が 67 dB 以上となる周波数における最小 PS ANEXT は,67 dB とする。

b)

 100

MHz での総被誘導対の平均挿入損失(IL

100MHz,avg

)が 7 dB より小さい場合,

f≧100 MHz について次の値を差し引く。

×

×

×

400

100

6

7

400

100

7

minimum

avg

MHz,

100

avg

MHz,

100

f

IL

IL

f

ここに,f  :周波数(MHz)

=

=

4

1

MHz,

100

avg

MHz,

100

4

1

i

i

IL

IL

IL

100MHz,i

:100 MHz における対 の挿入損失

c)

  結合減衰量が表 23 の計算値より 10 dB 以上よい場合,注

b)

は適用されない。

表 25−主要周波数におけるチャネルの PS ANEXT 

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

dB

クラス E

A

クラス F

A

1 67.0  67.0

100 60.0  67.0 
250 54.0  67.0 
500 49.5  64.5

1 000

適用外 60.0

6.4.15.3 

平均電力和エイリアン NEXTPS ANEXT

avg

 

チャネルの

PS ANEXT

avg

は,

表 26 の要求値に適合しなければならない。

PS ANEXT

avg

の要件は,チャネルの両端で適合しなければならない。

PS ANEXT

avg

は,式

(7)

によって計算する。

=

=

n

k

k

ANEXT

PS

n

ANEXT

PS

1

avg

1

  (7)

ここに,

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

n

被誘導チャネルの複数の誘導対の数

PS ANEXT

k

: 被誘導チャネルの対

k

に対する電力和エイリアン

NEXT


45

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 26−チャネルの PS ANEXT

avg

クラス

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

avg

a)b)c)d)

dB

E

A

1≦f<100 82.25−10 lg(f)

100≦f≦500 92.25−15 lg(f)

a)

  計算値が 67 dB 以上となる周波数における最小 PS ANEXT

avg

は,67 dB とする。

b)

 100

MHz での総被誘導対の平均挿入損失(IL

100MHz,avg

)が 7 dB より小さい場合,

f≧100 MHz について次の値を差し引く。





×

×

×

400

100

6

7

400

100

7

minimum

avg

,

MHz

100

avg

,

MHz

100

f

IL

IL

f

ここに,f  :周波数(MHz)

=

=

4

1

,

MHz

100

avg

MHz,

100

4

1

i

i

IL

IL

IL

100MHz,i

:100 MHz における対 の挿入損失

c)

  結合減衰量が表 23 の計算値より 10 dB 以上よい場合,注

b)

は適用されない。

d)

  表 24 におけるクラス F

A

の PS ANEXT 要件が適合していれば,クラス F

A

チャネ

ルの PS ANEXT

avg

は適合する。

表 27−主要周波数におけるチャネルの PS ANEXT

avg

周波数

MHz

クラス E

A

最小 PS ANEXT

avg

dB

1 67.0

100 62.3 
250 56.3 
500 51.8

6.4.15.4 

電力和エイリアン ACR-FPS AACR-F 

チャネルの各対の

PS AACR-F

は,

表 28 の要求値に適合しなければならない。

PS AACR-F

の要求値は,チャネルの両端で適合しなければならない。

PS AACR-F

は,誘導チャネル及び被誘導チャネルの挿入損失並びに

AFEXT

に基づいて計算する。

6.4.15.5 

クラス E

A

チャネルの PS AFEXT 

クラス

E

A

PS AFEXT

は,次のとおり計算する。

結合減衰量が,

表 23 の値より

10 dB

以上よい場合,

PS AFEXT

は,式

(13)

によって決定される。

誘導チャネル

l

から被誘導チャネル内の対

k

への対間

AFEXT

の測定値は,誘導チャネルと被誘導チャネ

ルとの挿入損失の差によって正規化される。

AFEXT

norm

は,式

(8)

∼式

(11)

によって計算する。

もし,

IL

k

IL

l,i

0  (8)

の場合,

AFEXT

norm l,i,k

は,



+

=

i

l

k

k

i

l

k

i

l

k

i

l

IL

IL

IL

IL

AFEXT

AFEXT

,

,

,

,

,

,

norm

lg

10

  (9)

もし,


46

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

IL

k

IL

l,i

0  (10)

の場合,

AFEXT

norm l,i,k

は,

AFEXT

norm l,i,k

AFEXT

l,i,k

  (11)

ここに,

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

i

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

l

誘導チャネルの順序数

AFEXT

l,i,k

誘導チャネル

l

の対

i

から被誘導チャネルの対

k

に結合さ

れたエイリアン遠端漏話減衰量

IL

k

被誘導チャネルの対

k

の挿入損失

IL

l,i

誘導チャネル

l

の対

i

の挿入損失

PS AFEXT

は,式

(12)

によって決定される。

(

)

=



10

1

1

,

,

norm

10

lg

10

k

i

l

AFEXT

N

l

n

i

k

AFEXT

PS

  (12)

ここに,

N

誘導チャネルの総数

n

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

i

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

l

誘導チャネルの順序数

6.4.15.6 

クラス F

A

チャネルの PS AFEXT 

PS AFEXT

は,式

(13)

によって決定される。

(

)

=



10

1

1

,

,

10

lg

10

k

i

l

AFEXT

N

l

n

i

k

AFEXT

PS

   (13)

ここに,

N

誘導チャネルの総数

n

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

i

誘導チャネル

l

の誘導対の順序数

l

誘導チャネルの順序数

AFEXT

l,i,k

誘導チャネル

l

の対

i

から被誘導チャネルの対

k

に結合さ

れたエイリアン遠端漏話減衰量

6.4.15.7 

クラス E

A

及びクラス F

A

チャネルの PS AACR-F 

クラス

E

A

及びクラス

F

A

の被誘導対

k

PS AACR-F

k

は,式

(14)

によって決定される。

PS AACR-F

の要求値は,チャネルの両端で適合しなければならない。

PS AACR-F

k

PS AFEXT

k

IL

k

  (14)

ここに,

IL

k

被誘導チャネルの対

k

の挿入損失

PS AFEXT

k

k

に結合された電力和エイリアン遠端漏話減衰量

表 28−チャネルの PS AACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

a)

dB

E

A

1≦f≦500 77−20 lg(f)

F

A

1≦f≦1 000

92−20 lg(f)

a)

  PS AFEXT 計算値が,67.0 dB 又は 102−15 lg(f) dB より大き

くなる周波数における PS AACR-は,参考値とする。


47

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 29−主要周波数におけるチャネルの PS AACR-F 

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

dB

クラス E

A

クラス F

A

1

a)

 64.7

64.8

100 37.0

52.0

250 29.0

44.0

500 23.0

38.0

1 000

適用外 32.0

a)

 1

MHz における PS AACR-値は,計算された挿入損失に影響される。

6.4.15.8 

クラス E

A

及びクラス F

A

チャネルの PS AACR-F

avg

チャネルの

PS AACR-F

avg

は,

表 30 の値を満足しなければならない。

PS AACR-F

avg

は,チャネルの両端で満足しなければならない。

PS AACR-F

avg

は,式

(15)

によって計算する。

=

=

n

k

k

F

AACR

PS

n

F

AACR

PS

1

avg

-

1

-

   (15)

ここに,

k

被誘導チャネルの被誘導対の順序数

n

被誘導チャネルの被誘導対の数

PS AACR-F

k

被誘導チャネルの対

k

の挿入損失に関係する被誘導チ

ャネルの対

k

に結合された電力和エイリアン遠端漏話

減衰量

表 30−チャネルの PS AACR-F

avg

クラス

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

avg

a)b)

dB

E

A

1≦f≦500 81−20 lg(f)

a)

  PS AFEXT の値が,67.0 dB 又は 102−15 lg(f) dB より大きく

なる周波数における PS AACR-F

avg

は,参考値とする。

b)

  クラス F

A

チャネルの PS AACR-F

avg

の要求値は,

表 28 で規

定した PS AACR-と等しい。

表 31−主要周波数におけるチャネルの PS AACR-F

avg

周波数

MHz

クラス E

A

最小 PS AACR-F

avg

dB

1

a)

 64.7

100 41.0 
250 33.0 
500 27.0

a)

 1

MHz における最小 PS AACR-F

avg

値は,

計算された挿入損失に影響される。


48

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

平衡配線の基準設計 

7.1 

一般 

ここでは,箇条 9,箇条 10 及び箇条 13 に引用している構成要素及び組立完成品を利用した構内情報配

線の設計を説明する。これらの基準設計は,箇条 の要件に適合し,さらに,ISO/IEC 14763-2 に従って

施工されることによって,箇条 のチャネル性能要件に適合する。

7.2 

平衡配線 

7.2.1 

一般 

箇条 及び箇条 10 における平衡した構成要素は,インピーダンス及びカテゴリについて定義される。こ

の箇条の基準設計において,個々の配線チャネルで使われている構成要素は,9.2 に従って同一の公称イン

ピーダンスをもたなければならない。基準設計は,

20

℃での要素の性能に基づく。ケーブル性能への温度

の影響は,

表 33 及び表 34 に示すように長さの軽減によって考慮しなければならない。

カテゴリの違うケーブルと接続器具とが,一つのチャネルの中に混在するかもしれないが,配線性能は

最も低い性能要素のカテゴリで決定される。

7.2.2 

水平配線 

7.2.2.1 

要素の選択 

平衡配線要素の選択は,サポートされる応用システムのクラスによって決定される。指針は,

附属書 F

に示す。

この細分箇条で説明する平衡配線は,動作温度が

20

℃を超えた場合のチャネル長の縮小を含む。その

ような条件(周囲温度の影響,及び/又は配線でサポートされている応用システムの影響による)の下で

特定のチャネル長を維持するために,次のいずれも必要であるかもしれない。

この細分箇条で詳細を示しているそれらより少ない挿入損失のケーブルを指定する。

適切な保護を施し,チャネルの動作温度を下げる。

7.2.2.2

の構成を用いて,次の配線性能を提供する。

カテゴリ

5

要素は,クラス

D

平衡ケーブル配線性能を提供する。

カテゴリ

6

要素は,クラス

E

平衡ケーブル配線性能を提供する。

カテゴリ

6

A

要素は,クラス

E

A

平衡ケーブル配線性能を提供する。

カテゴリ

7

要素は,クラス

F

平衡ケーブル配線性能を提供する。

カテゴリ

7

A

要素は,クラス

F

A

平衡ケーブル配線性能を提供する。

注記

この規格より前の版のクラス及びカテゴリの関連及び要件は,

附属書 参照。

7.2.2.2 

構成 

図 12 は,ここで規定した水平配線構成と箇条 のチャネル仕様との相互関係を表すモデルを示す。


49

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

TE

EQP C

C

C

C

FD

機器コード

固定水平ケーブル

チャネル = 最大100m

C

:接続点

TE

b) クロスコネクト-TOモデル

EQP C

C

C

FD

機器コード

固定水平ケーブル

チャネル = 最大100m

C

:接続点

C

C

パッチコード

/ジャンパ

TO

TO

ワークエリアコード

ワークエリアコード

TE

c) インタコネクト-CP-TOモデル

EQP C

C

C

C

FD

機器コード

固定水平ケーブル

チャネル = 最大100m

C

:接続点

TE

d) クロスコネクト-CP-TOモデル

EQP C

C

C

FD

機器コード

固定水平ケーブル

チャネル = 最大100m

C

:接続点

C

C

パッチコード

/ジャンパ

TO

ワークエリア

コード

C

C

CP

ケーブル

CP

TO

ワークエリア

コード

CP

ケーブル

CP

d)

  クロスコネクト−CPTO モデル 

図 12−水平配線モデル 

図 12 a)

は,一つのインタコネクト及び一つの

TO

だけを含むチャネルを示す。

図 12 b)

は,クロスコ

ネクトとして追加の接続点を含んでいる。

図 12 a)

及び

図 12 b)

の場合には,固定水平ケーブルは,

FD

TO

又は

MUTO

との間を結ぶ。そのチャネルは,パッチコード/ジャンパ,機器コード及びワークエリア

コードを構成するコードを含む。

c)

  インタコネクト−CPTO モデル 

b)

  クロスコネクト−TO モデル 

a)

  インタコネクト−TO モデル 


50

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 12 c)

は,インタコネクト,

CP

及び

TO

を含むチャネルを示す。

図 12 d)

は,クロスコネクトとして

追加の接続点を含んでいる。

図 12 c)

及び

図 12 d)

の場合には,固定水平ケーブルは,

FD

CP

との間を

結ぶ。そのチャネルは,パッチコード/ジャンパ,機器コード及びワークエリアコードを構成するコード

を含む。

表 32 は,箇条 9,箇条 10 及び箇条 13 の構成要素を使用することでチャネル性能を有効にするのに使用

される数学的モデルの長さの前提を含んでいる。それらの前提長は,チャネル及びパーマネントリンクを

構築するときに絶対制限ではないが,基準設計の指針として使用することができる。

表 32−平衡水平配線の数学的モデルで使用する前提長 

部分

最小

m

最大

m

FD−CP 15

85

CP−TO 5

FD−TO(CP なし) 15 90 
ワークエリアコード

a)

 2  5

パッチコード 2

機器コード

b)

 2

5

全てのコード

− 10

a)

 CP がない場合,ワークエリアコードの最小長さは 1 m とする。

b)

  クロスコネクトがない場合,機器コードの最小長さは 1 m とする。

コードだけでなく,

図 12 c)

及び

図 12 d)

に示すチャネルは,

CP

ケーブルを含む。

CP

ケーブルの挿入

損失仕様は,固定水平ケーブル及びコードの両方の挿入損失と異なってもよい。異なった挿入損失をもつ

ワークエリアコード,

CP

ケーブル,パッチコード,ジャンパ及び機器コードに使用されるケーブルに対応

するために,チャネル内で使用するケーブルの長さは,

表 33 に示す公式によって決定しなければならな

い。

表 33−水平チャネル長公式 

公式

モデル

クラス D

チャネル

クラス E 及び E

A

チャネル

クラス F 及び F

A

チャネル

インタコネクト−TO

12 a) 

H=109−FX

H=107−3

a)

FX

H=107−2

a)

FX

クロスコネクト−TO

12 b) 

H=107−FX

H=106−3

a)

FX

H=106−3

a)

FX

インタコネクト−CP−TO

12 c) 

H=107−FX−CY

H=106−3

a)

FX−CY

H=106−3

a)

FX−CY

クロスコネクト−CP−TO

12 d) 

H=105−FX−CY

H=105−3

a)

FX−CY

H=105−3

a)

FX−CY

H  固定水平ケーブルの最大長(m) 
F  パッチコード/ジャンパ,機器コード及びワークエリアコードの長さの総和(m) 
C CP ケーブルの長さ(m) 
X  水平ケーブルの挿入損失(dB/m)に対するコードケーブルの挿入損失(dB/m)との比 
Y  水平ケーブルの挿入損失(dB/m)に対する CP ケーブルの挿入損失(dB/m)との比 
注記 20 ℃を超える使用温度では,の値はシールドケーブルでは 1  ℃当たり 0.2 %減じ,非シールドケーブルで

は 20∼40  ℃で 1  ℃当たり 0.4 %減じ,40∼60  ℃で 1  ℃当たり 0.6 %減じる。

a)

  この長さの減少は,挿入損失偏差を調整するために,割り当てられたマージンを与える。

表 33 の計算の目的には,次の事項を前提とする。

これらのコード内の可とうケーブルは,固定水平ケーブルよりも高い挿入損失をもつ(箇条 参照)


51

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

チャネル内の全てのコードは,共通の挿入損失仕様をもつ。

次の一般制限事項を適用する。

チャネルの物理長は,

100 m

を超えてはならない。

固定水平ケーブルの物理長は,

90 m

を超えてはならない。パッチコード,機器コード及びワークエリ

アコードの合計長が

10 m

を超える場合,

表 33 に従って固定水平ケーブルの許容物理長を減らさなけ

ればならない。

 CP

は,フロア配線盤から少なくとも

15 m

以上離れた位置に置かなければならない。

複数利用者

TO

が使用される場合には,ワークエリアコードの長さは,

20 m

を超えないのがよい。

パッチコード/ジャンパの長さは,

5 m

を超えないのがよい。

固定水平ケーブルの最大長は,チャネル内で用いられるコードの全長に依存する。敷設配線の運用中に

は,チャネルを構成しているコード,ジャンパ,及びもしあるならば

CP

ケーブルが,フロア,建物又は

装置のための設計規則に確実に適合するよう管理を行うとよい。

7.2.3 

幹線配線 

7.2.3.1 

要素の選択 

平衡構成要素の選択は,必要なチャネル長及びサポートされる応用システムのクラスによって決定され

る。指針は,

附属書 に示す。

7.2.3.2 

構成 

図 13 は,箇条 のチャネル仕様とこの細分箇条で規定する配線構成との相互関係モデルを示す。(建物

又は構内の)幹線チャネルは,クロスコネクトを両端に含む。これは,クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

幹線

チャネルの最大構成を表している。

EQP

EQP C

C

C

FD又はBD

機器コード

幹線ケーブル

チャネル

C :接続点(対接続)

C

C

パッチコード

/ジャンパ

EQP : 装置

C

機器コード

パッチコード

/ジャンパ

図 13−幹線配線モデル 

チャネルは,パッチコード/ジャンパ及び機器コードを構成している追加のコードを含む。

表 34 は,次の事項を前提としている。

これらのコード内の可とうケーブルは,使用している幹線ケーブルよりも高い挿入損失をもつ。

チャネル内の全てのコードは,共通の挿入損失仕様をもつ。

パッチコード,ジャンパ及び機器コードに用いるケーブルのより高い挿入損失に対応するために,与え


52

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

られたクラス(5.7.9 参照)のチャネル内で使用されるケーブルの長さは,

表 34 で示される公式によって

決定される。

クラス

D

E

E

A

F

及び

F

A

には,次の一般制限事項を適用する。

チャネルの物理長は,

100 m

を超えてはならない。

チャネル内で四つの接続点がある場合には,幹線ケーブルの物理長は少なくとも

15 m

にすることが

望ましい。

幹線ケーブルの最大長は,チャネル内で用いられるコードの全長に依存する。コードの最大長は,設計

段階で決められなければならない。管理システムは,配線システムの運用中に確実にこれらの長さが超え

ないようにする。

表 34−幹線チャネル長公式 

公式

a)

要 素

カ テ

ゴリ

クラス A  クラス B

クラス C  クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

5 2

000  B

250−FX

B

170−FX

B

105−FX

6 2

000  B

260−FX

B

185−FX

B

111−FX

B

105−3

b)

FX

6

A

 2

000  B

260−FX

B

189−FX

B

114−FX

B

108−3

b)

FX

B

105−3

b)

FX

7 2

000  B

260−FX

B

190−FX

B

115−FX

B

109−3

b)

FX

B

107−3

b)

FX

B

105−3

b)

FX

7

A

 2

000  B

260−FX

B

192−FX

B

117−FX

B

111−3

b)

FX

B

105−3

b)

FX

B

105−3

b)

FX

B

110−3

b)

FX

B  幹線ケーブルの最大長(m) 
F  パッチコード/ジャンパ及び機器コードの長さの総和(m) 
X  幹線ケーブルの挿入損失(dB/m)に対するコードケーブルの挿入損失(dB/m)の比 
注記 1  チャネルが,図 13 のモデルとは接続数が異なる場合,固定ケーブル長は,カテゴリ 5 のケーブルは接続当

たり 2 m,カテゴリ 6 及び 7 のケーブルは接続当たり 1 m 減じるべきであり(接続がより多い場合)

,又は

加えてもよい(接続がより少ない場合)

。さらに,NEXT,反射減衰量(RL)及び ACR-の性能を検証する

ことが望ましい。

注記 2 20

℃を超える使用温度では,の値は,シールドケーブルの場合には,1  ℃当たり 0.2 %を減じ,非シー

ルドケーブルの場合には,20∼40  ℃の範囲では 1  ℃当たり 0.4 %減じ,また,40∼60  ℃の範囲では,1  ℃
当たり 0.6 %減じる。

a)

  チャネル長が 100 m を超えると,伝搬遅延又は伝搬遅延時間差によって制約された応用システムは動作しな

いかもしれない。

b)

  この長さの減少は,挿入損失偏差を調整するために,割り当てられたマージンを与える。

光ファイバ配線の性能 

8.1 

一般 

情報配線システムに使用する光ファイバチャネルの設計は,

附属書 を参照して選択するとよい。ここ

では,光ファイバ配線の次のクラスを規定する。

クラス

OF-300

チャネルは,応用システムを,箇条 で示す光ファイバケーブルカテゴリ上で

300 m

までサポートする。

クラス

OF-500

チャネルは,応用システムを,箇条 で示す光ファイバケーブルカテゴリ上で

500 m


53

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

までサポートする。

クラス

OF-2 000

チャネルは,応用システムを,箇条 で示す光ファイバケーブルカテゴリ上で

2 000 m

までサポートする。

光ファイバ配線チャネルは,箇条 及び箇条 10 に適合した要素から構成されなければならない。これら

の箇条は,物理構造(コア/クラッドの直径及び開口数)及び伝送性能を規定している。ここでの基準設

計では,ここの配線チャネルで使用された光ファイバケーブルは,同じ仕様のものでなければならない。

8.2 

要素の選択 

光ファイバ部材は,サポートされる最初の応用システムのクラス及び要求されるチャネルの長さを考慮

して選択しなければならない。さらに配線の期待耐用年数の間サポートされる応用システムクラスの,い

かなる予測される変更も考慮して選択するべきである。

波長多重及び復調構成要素の要件は,応用システムの標準に規定される。波長多重通信方式に関して,

情報配線システムに対する特別な要件はない。

8.3 

チャネル減衰量 

チャネル減衰量は,

表 35 の値を超えてはならない。その値は,接続器具に対する

1.5 dB

の総割当てに

基づく。応用システムのパワー配分に余裕があれば,コネクタ又はスプライスを追加してもよい。チャネ

ルの減衰量は,ISO/IEC 14763-3 に従って測定しなければならない。指定された波長でのチャネル及びパ

ーマネントリンクの減衰量は,その波長で構成要素に規定された減衰量の合計を超えてはならない(ある

長さの光ファイバケーブルの減衰量が,減衰量係数にその長さを乗じて計算される場合)

表 35−チャネル減衰量 

チャネル減衰量

dB

チャネル

マルチモード

シングルモード

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

1 550 nm

OF-300

2.55 1.95 1.80 1.80

OF-500

3.25 2.25 2.00 2.00

OF-2

000

8.50 4.50 3.50 3.50

8.4 

チャネルトポロジ 

図 13 及び図 14 のモデルは,水平及び幹線光ファイバ配線に,それぞれ適用できる。光配線を終端する

接続システムは,かん合した接続器具及びスプライス(恒久又は再使用可)を含んでもよい。クロスコネ

クトは,再使用可能なスプライスを含んでもよい。

TO

への光ファイバケーブルの配線では,一般に(幹線配線サブシステムでの光ファイバ設計と水平配

線サブシステムでの光ファイバの設計とが,異ならない限り)

FD

において伝送機器を必要としない。こ

れは,

図 14 に示すように,幹線/水平配線チャネルの結合を許容する。三つの図は,パッチチャネル,

スプライスチャネル及びダイレクトチャネル(

FD

を必要としない)を示す。パッチチャネル及びスプラ

イスチャネル設計は,構内/ビル内幹線を統合したチャネルに適用でき,構内/ビル内/水平チャネルを

統合したものを考慮してもよい。

恒久的なスプライスチャネル及びダイレクトチャネルの使用は,チャネル減衰量を減少させる手段とし

て,又は応用システムの配線を集中化するために使われる。しかし,配線の集中化は,一方で情報配線シ

ステム全体の柔軟性を減少させる結果となる。


54

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

a) 

“パッチ”結合チャネル 

b) 

“スプライス”結合チャネル 

c) 

“ダイレクト”結合チャネル 

図 14−結合  幹線/水平チャネル 

与えられたクラスのチャネル内で使用されるかん合接続点及びスプライスの増加量に応じて,チャネル

の全体長は,追加される減衰量に応じて減らさなければならない。


55

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

8.5 

伝搬遅延 

幾つかの応用システムのために,光ファイバ配線チャネルの遅延の知識が重要となる。これは,多段カ

スケードチャネルからなっている複雑なネットワークのエンド−エンドの遅延要件の順守を確保する。こ

の理由のために,

光ファイバ配線チャネル長を知ることが重要となる。

ケーブル性能に基づく伝搬遅延は,

計算によって導き出してもよい(箇条 参照)

ケーブル要件 

9.1 

一般 

ここでは,箇条 の基準設計に対する最小のケーブル性能要件を規定している。ここでの要件は,

20

の温度で規定している。この性能要件には,a)c)

が含まれる。

a)

箇条 で規定されている水平及び幹線配線サブシステムで施工されたケーブル並びに平衡配線に対す

る箇条 及び光ファイバ配線に対する箇条 の基準設計で使われるケーブル。

b)

ジャンパとして使われる平衡ケーブル又はケーブル要素。

c)

箇条 13 で規定され,

同様に箇条 の基準設計で使われているコードとして組み込まれる平衡ケーブル。

平衡ケーブルは,IEC 61156-1 の一般仕様に従い試験しなければならない。また,9.2 の要件を満足しな

ければならない。

光ファイバケーブルは,関連する試験方法及びケーブル特性を規定している IEC 60794 シリーズのそれ

らの要件に適合しなければならない。また,それらの要件は,9.4 に示す。

9.2 

平衡ケーブル 

9.2.1 

平衡ケーブルの性能 

機械的及び電気的要件は,IEC 61156-1 の一般仕様及び関連した部分仕様の中で述べられ,更に 7.2 の基

準設計を用い,箇条 で規定した性能クラスを満たすための最小要件を網羅する。ケーブルは,

表 36 

要件を満足しなければならない。9.2.2 の追加要件が満足されるならば,この規格のカテゴリ

5

は,

表 36

で参照されている規格のカテゴリ

5e

に相当する。

表 36−平衡ケーブルの性能 

IEC 61156-2:2010

第 3 版

デジタル通信用多心及び対称対/カッドケーブルの部分仕様−水平配線

IEC 61156-3:2008

第 3 版

デジタル通信用多心及び対称対/カッドケーブルの部分仕様−ワークエリア配線

IEC 61156-4:2009

第 3 版

デジタル通信用多心及び対称対/カッドケーブルの部分仕様−垂直配線

IEC 61156-5:2009

第 2 版

1 000 MHz 以下の伝送特性をもつデジタル通信用多心及び対称対/カッドケーブルの
部分仕様−第 5 部水平配線

IEC 61156-6:2010

第 3 版

1 000 MHz 以下の伝送特性をもつデジタル通信用多心及び対称対/カッドケーブルの
部分仕様−第 6 部ワークエリア配線

9.2.2 

追加要件 

9.2.2.1 

一般 

ここで規定する追加の機械的及び電気的要件は,満足しなければならない。測定は,IEC 61156-1 に基

づき実施しなければならない。参照した規格に対して不一致があった場合は,この規格の値を適用する。


56

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

9.2.2.2 

平衡ケーブルの機械的特性 

表 37−平衡ケーブルの機械的特性 

ケーブル特性

単位

要件

1.1

導体の直径

a)

 mm

0.4∼0.8

1.2

心線の直径

b)

 mm

≦1.6

1.3

幹線ケーブルの外径

c)

 mm

≦90

1.4

機械的,電気的劣化がない温度範囲

施工時:0∼+50

動作時:−20∼+60

1.5

最小曲げ半径(施工後)

d)

直径 6 mm 以下の 4 対ケーブルは 25 mm

直径 6 mm を超える 4 対ケーブルは 50 mm

a)

  直径 0.5 mm 未満の導体及び直径 0.65 mm 超過の導体は,必ずしも全ての接続器具と適合する必要はない。

b)

 1.7

mm 以上の被覆導体が使用されてもよい。ただし,その他全ての性能要件が満足されているのであれば,

これらのケーブルは,全ての接続器具に適合しなくてもよい。

c)

  ダクト及びクロスコネクト配線容量を最大に利用するために,ケーブル外径を最小にするとよい(箇条 10

参照)

d)

  最小曲げ半径に関して,施工中の必要要件は,製造業者の推奨事項を参照する。

9.2.2.3 

特性インピーダンス 

IEC 61156-5

:2009

の 6.3.10 を参照し,標準長

100 m

で,IEC 61156-1

:2007

の 6.3.10.1.1 に従って測定しな

ければならない。公称インピーダンスは,

100 Ω

でなければならない。

これらの要件に相互関係があることが認められている代替試験方法を使用してもよい。

9.2.2.4 

減衰量 

カテゴリ

5

ケーブルの減衰量に関して,IEC 61156-5

:2009

の 6.3.3.2 で規定された定数を使用しなければ

ならない。

減衰量の測定値は,

IEC 61156-5

:2009

の 6.3.3.1 

表 に記載されている値よりも低い値となる。

例えば,

100 MHz

のとき,

21.3 dB/100 m

となる。

計算値が

4 dB

以下となった減衰量の必要要件は,

4 dB

とする。

9.2.2.5 ACR-F

及び PS ACR-F 

9.2.2.5.1 ACR-F 

各対の組合せの

ACR-F

は,

表 38 の公式によって得られた要件を満足しなければならない。

表 38−ケーブルの ACR-F 

周波数

 

MHz

最小 ACR-F

a)b)

dB

ケーブルカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 63.8−20 lg(f)

1≦f≦250

− 67.8−20 lg(f)

1≦f≦500

− 67.8−20 lg(f)

1≦f≦600

− 94.0−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 105.3−20 lg(f)

a)

  測定された FEXT が,70 dB 以上となる周波数における ACR-は,参考値とする。

b)

  計算値が,75.0 dB 以上となる周波数における最小 ACR-は,75.0 dB とする。


57

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 39−主要周波数におけるケーブルの ACR-F  

周波数

 

MHz

最小 ACR-F

dB

ケーブルカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1 63.8 67.8 67.8 75.0 75.0

100 23.8 27.8 27.8 54.0 65.3 
250

−  19.8 19.8 46.0 57.3

500

− 13.8 40.0 51.3

600

− 38.4 49.7

1 000

− 45.3

9.2.2.5.2 PS 

ACR-F 

各対の組合せの

PS ACR-F

は,

表 40 の公式によって得られた要件を満足しなければならない。

表 40−ケーブルの PS ACR-F 

周波数

 

MHz

最小 PS ACR-F

a)b)

dB

ケーブルカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 60.8−20 lg(f)

1≦f≦250

− 64.8−20 lg(f)

1≦f≦500

− 64.8−20 lg(f)

1≦f≦600

− 91.0−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 102.3−20 lg(f)

a)

  測定された PS FEXT が,67 dB 以上となる周波数における PS ACR-は,参考値とする。

b)

  計算値が,72.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ACR-は,72.0 dB とする。

表 41−主要周波数におけるケーブルの PS ACR-F  

周波数

 

MHz

最小 PS ACR-F

dB

ケーブルカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1 60.8 64.8 64.8 72.0 72.0

100 20.8 24.8 24.8 51.0 62.3 
250

−  16.8 16.8 43.0 54.3

500

−  10.8 37.0 48.3

600

− 35.4 46.7

1 000

− 42.3

9.2.2.6 

電流容量 

導体当たりの最小直流電流容量は,

表 42 に示した値でなければならない。


58

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 42−最小電流容量 

最小電流

A d.c.

使用温度(t

0.300

t≦(T

R

−10)

0.175 (T

R

−10)<tT

R

注記  T

R

は,配線サブシステムを形成するケーブルに

規定された,最も低い最大動作温度とする。

これは,設計で満たさなければならない。

異なった設置条件における電流容量に関する追加情報は,ISO/IEC TR 29125 を参照する。

9.2.2.7 

結合減衰量 

シールドケーブルは,IEC 61156-5 に記載されているタイプ

II

の要件を満足しなければならない。

9.2.2.8 

伝達インピーダンス 

シールドケーブルは,IEC 61156-5 に記載されている等級

2

の要件を満足しなければならない。

9.2.2.9 

近端不平衡減衰量 

非シールドケーブルは,IEC 61156-5 に記載されているレベル

2

の要件を満足しなければならない。

9.2.3 

可とうケーブルの追加性能要件 

ここでは,平衡配線に用いられるパッチコード,ワークエリアコード及び機器コードに使用されるケー

ブルの追加要件について説明する。これらのケーブルの電気的特性は,それぞれのカテゴリにおいて,9.2.2

で規定された平衡ケーブルの一般要件に適合しなければならない。ただし,ここで規定する減衰量,直流

ループ抵抗及び反射減衰量(

RL

)については除く。

減衰量(

dB/100 m

)及び直流ループ抵抗は,9.2.2 で規定されたものより

50 %

以上大きくなってはなら

ない。追加の長さの制限については,7.2 を考慮する。

注記

反射減衰量(

RL

)は,試験長

100 m

で測定しなければならない。これらの要件と相互関係があ

ることが認められている代替試験方法を使用してもよい。

9.3 

平衡ケーブルに対する漏話の追加の考察 

9.3.1 

ケーブルの共有 

複数の信号に対応できる幹線ケーブルは,9.3.2 の要件に適合しなければならない。

水平配線サブシステムにおいて,

1

本のケーブルで複数の通信アウトレットを用いる場合,二つ以上の

通信アウトレットに接続するケーブル要素の近端漏話は,9.3.3 の要件を満足しなければならない。9.3.3

の要件は,水平サブシステム又は幹線サブシステム内で使用する複合ケーブル及びマルチユニットケーブ

ルのユニット間にも適用する。

9.3.2 

幹線ケーブルの電力和 

ここでは,幹線サブシステムに使用され,一つのケーブルユニット中に二つ以上の要素をもつケーブル

について規定する。この細分箇条の要件に適合したケーブルは,9.2 のそれぞれの要件に適合しなければな

らない。これらのケーブルは,束ねられたケーブルにおける

PS NEXT

の要件,すなわち,IEC 61156-5

:2002

の 3.3.10 にも適合しなければならない。

注記 1

IEC 61156-5

:2002

の規定は,以前の ISO

/

IEC

要件に比べて

2 dB

厳しくなっている。

注記 2

  PS NEXT

は,全ての漏話の電力量を考慮してある。したがって,より多くの対を考慮すれば,

より多くの対間近端漏話も加算することになり,結果として,それが

PS NEXT

になる。


59

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

9.3.3 

複数の通信アウトレットに接続された複合ケーブル,マルチユニットケーブル及び複数の通信アウ

トレットに接続された全てのケーブル 

ここでは,複数の通信アウトレットに接続された複合ケーブル,マルチユニットケーブル及び複数の通

信アウトレットに接続された全てのケーブルについて示す。ケーブルユニットは,同じ種類のものでも異

なる種類のものでもよく,同じカテゴリでも異なるカテゴリでもよい。ここでの要件を満足するケーブル

は,9.2 の同様のケーブル種類に対する要件も満足しなければならない。

この要件を満足することを要請されるケーブルに対しては,任意の平衡ケーブルユニット間又は要素間

PS NEXT

は,IEC 61156-5

:2002

の 3.3.10.1 で規定された要件に適合しなければならない。

注記 1

この要件は,同一シース内において複数の応用システムが干渉し合う可能性を少なくする。

近端漏話の電力和の要件を満足するケーブルであっても,異なる符号化方式をもつサービス

には対応できないことがある。銅ケーブル配線の同一シース内で,最大電力差が

3 dB

を超え

る異なる応用システムの利用は,保証されない。銅ケーブル配線の同一シース内での異なる

応用システムの利用を考慮して,ハイブリッドケーブルでは,異なるシース内の各対から,

一つの対への

PS NEXT

は,

NEXT

の規格値に対して

3 dB

以上よくなければならないと規定さ

れている。

注記 2

カテゴリ

6

PS NEXT

は,箇条 の実装を用いて,箇条 の要件を満たすのに要求される値

よりも

1 dB

厳しくなっている。

9.3.4 

エイリアン漏話 

クラス

E

A

及びクラス

F

A

のチャネルで使用するケーブルは,それぞれ IEC 61156-5 及び IEC 61156-6 

規定したカテゴリ

6

A

及びカテゴリ

7

A

のエイリアン漏話の要件を満足しなければならない。

9.4 

光ファイバケーブル(ケーブル化された光ファイバ) 

9.4.1 

光ファイバケーブルのカテゴリ 

様々な種類の応用システムに対応する

6

種類の光ファイバケーブルが規定されており,四つはマルチモ

ードのカテゴリ(

OM1

OM2

OM3

及び

OM4

)とし,二つはシングルモードのカテゴリ(

OS1

及び

OS2

とする。

9.4.2 

一般性能要件 

9.4.2.1 

光ファイバケーブル減衰量 

表 43−光ファイバケーブルの減衰量 

光ファイバケーブルの最大減衰量

dB/km

 OM1,OM2,OM3 及び OM4

マルチモード

OS1 シングルモード OS2 シングルモード

波長

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

1 550 nm

1 310 nm

1 383 nm

1 550 nm

減衰量

3.5 1.5 1.0 1.0 0.4 0.4 0.4

9.4.2.2 

伝搬遅延 

ケーブル性能の情報がない場合は,代表的な伝搬遅延である

5.00 ns/m

0.667 c

)を換算値として用いて

もよい。この値は,検証しないでチャネルの伝搬遅延の計算に使用することができる(箇条 参照)

注記

光ファイバケーブル内を光信号が伝搬する速度は,真空中の光速(

3.0

×

10

8

 m/s

)を,その光フ

ァイバケーブル固有の群屈折率(

IOR

)で除した値となる。光ファイバケーブルの

IOR

は,通


60

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

常は製造業者から得ることができるが,既設のケーブルを測定する場合など,固有の性能が不

明な場合は,

IOR

として

1.5

を代用することができる。測定値を報告する場合は,用いた

IOR

を報告書に明記することが望ましい。

9.4.3 

マルチモード光ファイバケーブル 

マルチモード光ファイバケーブルの要件には,次を満足することが含まれている。

a)

光ファイバケーブルの性能

b)

ファイバのタイプ

c)

物理的ケーブル性能

カテゴリ

OM1

及び

OM2

に指定される光ファイバケーブルは,JIS C 6832 で規定している

SGI-62.5/125

又は

SGI-50/125-A1

に適合した開口数をもち,コア/クラッドの直径の公称値が,

50/125 µm

又は

62.5/125

µm

のマルチモードのグレーデッドインデックス型光ファイバでなければならない。

カテゴリ

OM3

及び

OM4

に指定される光ファイバケーブルは,

JIS C 6832

で規定している

SGI-50/125-A2

及び IEC 60793-2-10

:2011

で規定している

A1a.3

に適合した開口数をもち,コア/クラッドの直径の公称値

が,

50/125 µm

のマルチモードのグレーデッドインデックス型光ファイバでなければならない。

光ファイバケーブルの伝送性能は,

表 43 及び表 44 に規定する。減衰量は,JIS C 6823 に従って測定し

なければならない。

光ファイバケーブルは,IEC 60794 シリーズの関連した規格の機械的及び環境的要件に適合しなければ

ならない。

表 44−マルチモード光ファイバの帯域 

最小モード帯域

MHz・km

全モード励振帯域

限定モード励振帯域

波長

850 nm

1 300 nm

850 nm

光ファイバ種別

コア径(μm)

OM1 50 又は 62.5 200  500

規定なし

OM2 50 又は 62.5 500  500

規定なし

OM3 50 1 500

500

000

OM4 50 3 500

500

700

注記  帯域の要件は,光ファイバケーブルのカテゴリを構成する光ファイバに適用され,JIS C 6832

に規定されたパラメタ及び試験方法で保証される。全モード励振帯域にだけ適合する光ファイ
バは,

附属書 で規定した幾つかの応用システムに対応できないおそれがある。

9.4.4 

シングルモード光ファイバケーブル 

シングルモード光ファイバケーブルの要件には,次を満足することが含まれている。

a)

光ファイバケーブルの性能

b)

ファイバのタイプ

c)

物理的ケーブル性能

カテゴリ

OS1

として指定する光ファイバケーブルは,

JIS C 6835

で規定するシングルモード光ファイバ,

すなわち,

SSMA

SSMA

U

又は

SSMF

A

のそれぞれに適合した光ファイバ導波路を使用して構成される。

カテゴリ

OS2

に指定される光ファイバケーブルは,JIS C 6835 で規定するシングルモード光ファイバ,

すなわち,

SSMA

SSMA

U

又は

SSMF

A

のそれぞれに適合した光ファイバ導波路を使用して構成される。

注記 1

異なるタイプの

OSX

光ファイバケーブルを接続する場合は,追加指針として IEC TR 


61

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

62000

:2010

を参照する。

光ファイバケーブルの伝送性能要件は,次のとおり規定する。

a)

JIS C 6823

に従って測定した場合の最大減衰量を,

表 43 に示す。

b)

IEC 60793-1-44

に従って測定した場合のカットオフ波長は,

1 260 nm

未満である。

光ファイバケーブルは,IEC 60794 シリーズの関連した規格の機械的及び環境的要件に適合しなければ

ならない。

注記 2

  1 383 nm

で規定した減衰量をもつチャネルは,

SSMA

U

又は

SSMF

A

のいずれかの光ファイ

バだけを使用することによって構成できる。

注記 3

チャネルが,光ファイバケーブルの

OS1

及び

OS2

の両方のカテゴリを含むかもしれない場

合には,

SSMA

の光ファイバは推奨しない。

注記 4

光ファイバ又はケーブルの曲げ半径が

25 mm

未満でなければならないと想定される場合は,

SSMF

A

の光ファイバを推奨する。

10 

接続器具の要件 

10.1 

一般要件 

10.1.1 

適用 

ここでは,情報配線システムで使用される接続器具の指針及び要件を規定する。コネクタは,配線シス

テムで分離可能な部分を接続するための部品であり,通常,ケーブルに取り付けるか又は一つの機器(ア

ダプタを除く。

)に取り付ける。ほかに規定がない限り,この規格はリンク又はチャネルの一部としてかん

合コネクタの最低性能を規定する。この細分箇条の要件は,かん合接続部に適用する。また,ここで引用

される自由コネクタ(モジュラプラグ)及び固定コネクタ(モジュラジャック)の詳細仕様についても要

件を満足しなければならない。

要件が適用されるのは個々のコネクタで,通信アウトレット,パッチパネル,分岐点コネクタ,スプラ

イス及びクロスコネクトを含む。これらの構成要素の全要件は,−

10

∼+

60

℃の温度範囲で適用する。性

能要件には,クロスコネクトのジャンパ又はパッチコードの影響は含まない。平衡コードの要件は,箇条

13

で規定する。

注記

受動的又は能動的電子回路をもち,特定応用システムを実現すること,又は他の規則及び規制

に適合することをその主目的とする装置は,ここでの要件の対象外とする。例としては,メデ

ィアアダプタ,インピーダンス整合トランス,終端抵抗器,

LAN

用機器,フィルタ及び保護装

置がある。このような装置は,情報配線システムの範囲外で,ネットワーク性能に影響を及ぼ

すことがある。したがって,配線システム及び機器との適合性を使用前に考慮しておくことが

重要となる。

10.1.2 

配置 

接続器具は,次のとおり設置する。

a)

ビル内幹線配線及び構内幹線配線と機器(設置されている場合)とに接続が可能な構内配線盤

b)

幹線配線と機器(設置されている場合)とに接続が可能なビル内配線盤

c)

幹線配線と水平配線との間でクロスコネクト接続を行い,機器(設置されている場合)に接続が可能

なフロア配線盤

d)

水平配線分岐点(設置されている場合)

e)

通信アウトレット


62

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

f)

ビル内引込み設備

10.1.3 

設計 

接続器具は,基本的な目的に加えて次の機能をもつように設計するとよい。

a)

箇条 12 に記載するように施工及び管理のための配線識別手段

b)

系統的なケーブル管理手段

c)

配線及び機器の監視又は試験のためのアクセス手段

d)

物理的損傷又は汚染物質の侵入に対する保護

e)

空間を十分に保ち,ケーブル管理及び配線システムの継続的管理も容易にする終端密度

f)

適用可能な場合,スクリーニング及びボンディングできる手段

10.1.4 

動作環境 

接続器具は,−

10

∼+

60

℃の温度範囲で,その性能を維持しなければならない。接続器具は,物理的損

傷を受けないように,また,湿気及びその他の腐食要素に直接触れないように保護しなければならない。

このような保護は,関連する IEC 規格に従って,器具を屋内に設置するか又は環境を考慮した適切なきょ

う(筐)体の中に設置することによっても行うことができる。

10.1.5 

実装 

接続器具は,直接取り付ける場合でも,又は取付板若しくはきょう(筐)体を用いる場合でも柔軟にで

きるように設計するとよい(例えば,壁面,壁の中,ラック内,他のタイプの配線盤フレーム,取付固定

具などに取り付けのために便利なものがあるとよい。

10.1.6 

施工方法 

配線方法は,設置後の配線システムの性能及び運用性に大きく影響する。施工及びケーブル管理の注意

事項には,引張り,急な曲げ及びケーブルを強く束ねることで生じるケーブル応力の排除がある。

接続器具は,次の事項が可能となるように設置しなければならない。

a)

最小限の信号劣化及び最大のシールド効果(シールド付配線が使用されている場合)

。このためには,

適切なケーブルの準備,

(製造業者の指針に従った)

終端処理及びよく系統立てられたケーブル管理を

行う。

b)

配線システムに関連する通信機器を取り付ける場所の確保。ラックには,保守整備用の十分な余裕及

びケーブルを取り付けできる空間をもたせる。

接続器具は,ISO/IEC 14763-2 の要求事項に従って識別しなければならない。接続器具の設計及び施工

は,ISO/IEC 14763-2 に従って行うことが望ましい。

注記 1

構内配線の配線経路及びスペースに関する情報は,ISO/IEC 18010 を参照する。

注記 2

接続の一部を,二つの要素間で交差機能を果たすために使用し,送信及び受信接続用配線リ

ンクを正しく構成する。

注記 3

平衡ケーブル心線又はシールドのいずれかの終端処理が不適切であると,伝送性能の悪化,

放射の増加及びノイズ耐性の減少を招く。

10.1.7 

表示及び色別 

一貫した正確なポイントツーポイント接続を維持するために,コネクタ位置及び対応するケーブル心線

に関して正しい配置で終端することを確実にする対策がなされなければならない。

その対策は,

色の使用,

英数字の識別子又はその他の手段について考慮し,ケーブルがシステム全体を通じて一定の方法で接続さ

れることを確実にする。

物理的に似ている二つの配線種別が同じサブシステムに使用されている場合,各配線種別が明確に識別


63

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

できるように表示されなければならない。例えば,異なる性能区分,異なる公称インピーダンス及び異な

る光ファイバコア直径には,特有の表示又は色別を施し,目視で識別しやすいようにする。

10.2 

平衡配線の接続器具 

10.2.1 

一般 

次の要件は,箇条 の要件に従う平衡ケーブルの電気的接続に使用される全接続器具に適用する。平衡

ケーブルを直接終端するために使用する器具は,

IPC

タイプ又は

IDC

タイプにすることが望ましい。以上

の要件に加えて,シールド付配線に使用される接続器具は,箇条 11 の全ての要件に従わなければならない。

10.2.3

及び 10.2.4 の要件は,箇条 の配線基準設計で規定した接続器具のカテゴリに基づく。箇条 

配線基準設計によらず,箇条 4 b)

の 1)2)3)

に示すチャネル,パーマネントリンク及び

CP

リンク設計

方法を採用する場合は,10.2.3 及び 10.2.4 によらない他の接続器具を

TO

以外の場所で使用できる。

10.2.2 

性能表示 

平衡配線での使用を目的とする接続器具には,製造業者の判断による伝送性能の表示があることが望ま

しい。この表示がある場合,施工中に目に見えるようにしなければならない。また,この表示は,10.1.7

又は箇条 12 で規定された他の表示,

地域の規則又は規制によって要求された表示に取って代わるものでは

ない。

10.2.3 

機械的特性 

平衡配線に使用する接続器具は,

表 45 に示す要件を満たさなければならない。

表 45−平衡配線に使用する接続器具の機械的特性 

機械的特性

要件

該当条項又は試験標準

a)  物理寸法

(TO だけ)

カテゴリ 5  非シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-2 

カテゴリ 5  シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-3 

カテゴリ 6  非シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-4 

カテゴリ 6  シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-5 

カテゴリ 6

A

  非シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-41 

カテゴリ 6

A

  シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-51 

カテゴリ 7

A

  非シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-7 

h)

カテゴリ 7

A

  シールド

かん合寸法及び計測方法

IEC 60603-7-71 

h)i)

b)  ケーブル終端の互換性

公称導体径 mm 0.5∼0.65

a)

ケーブルの種類

パッチ

d)

よ(撚)り線又は単線導体

ジャンパ

よ(撚)り線又は単線導体

その他

単線導体

絶縁導体公称径 
mm

カテゴリ 5 及び 6 0.7∼1.4

b)c)

カテゴリ 6

A

,7 及び 7

A

 0.7∼1.6

b)c)

導体の数

通信アウトレット 8

目視検査

その他

≧2×nn=1,2,3,…)

ケーブル外径 
mm

アウトレット

≦20

プラグ

≦9

e)

シールドを接続する手段

f)

機械的及び環境的性能

附属書 及び箇条 11


64

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 45−平衡配線に使用する接続器具の機械的特性(続き) 

機械的特性

要件

該当条項又は試験標準

c)  機械的特性(耐久性)

ケーブル終端

(サイクル)

再利用不可能 IDC 1

IEC 60352-3

又は IEC 60352-4

再利用可能 IDC

≧20

IEC 60352-3

又は IEC 60352-4

再利用不可能 IPC 1

IEC 60352-6

ジャンパ終端(サイクル)

≧200

g)

IEC 60352-3

又は IEC 60352-4

TO 型インタフェース(サイクル)

≧750

IEC 60603-7

(非シールド)又は

IEC 60603-7-1

(シールド付)

他の接続

≧200

附属書 

a)

  接続器具は,この適用範囲外のケーブルと互換性をもつ必要はない。ただし,径が 0.4 mm 程の細径導体又は

0.8 mm 程の太い導体ケーブルを使用する場合は,接続器具のケーブルとの互換性を確保するよう特別な注意
を払わなければならない。

b)

  IEC 60603-7 シリーズで規定されたコネクタ(モジュラプラグ)の使用は,通常,絶縁導体外径が 0.8 mm∼

1.0 mm の間のケーブルに制限される。

c)

  接続器具は,この適用範囲外のケーブルと互換性をもつ必要はない。ただし,径が 1.6 mm 程の太い導体ケー

ブルを使用する場合は,接続器具のケーブルとの互換性を確保するよう特別な注意を払わなければならない。

d)

  コネクタは,ワークエリアコード又は機器コードとして選定された単線又はよ(撚)り線ケーブルに適合し

なければならない。

e)

  個々のケーブルユニットだけ適用可能。

f)

  シールド付配線を使用する場合,コネクタがシールドを終端するようになっていることに注意する。対よ(撚)

り線が個々にシールドで覆われ,かつ,全体シールドで覆われたケーブルを終端するコネクタと,全体シー

ルドだけで覆われたケーブルを終端するコネクタとには,違う場合がある(

附属書 参照)。

g)

  この耐久性の要件は,配線システムの変更を行う接続(例えば,配線盤において)に対してだけ適用できる。

h)

 BCT(ISO/IEC 15018 参照)のような,他の要素が IEC 60603-7-7 及び IEC 60603-7-71 で提案されている下位

互換性よりも優先される設備では,IEC 61076-3-104 に規定するインタフェースが使用される可能性がある。

i)

  下位互換性が要求されない場合,IEC 61076-3-110 で規定したコネクタ(プラグ)が使用される可能性がある。

10.2.4 

電気的特性 

10.2.4.1 

一般 

平衡配線で使用する接続器具は,次の性能要件を満足しなければならない。接続器具は,使用されるケ

ーブルの公称特性インピーダンスに合致するテストリードで終端して試験しなければならない

9.2 参照)

次の表に,周波数範囲での要件を示す。離散的周波数での性能値は,参照用としてだけ示される。

10.2.4.2 

通信アウトレット 

与えられたカテゴリの通信アウトレットは,

表 46 で定めた対応する性能要件を満たさなければならない。

さらに,その他全ての場所で通信アウトレットとして同型のインタフェースをもつコネクタは,10.2.5 

規定されている対の割当て及び

表 46 の一つ以上の基準に従わなければならない。10.2.4.3 の要件は,あら

ゆる

TO

に適合しなければならない。


65

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 46−平衡配線に使用する通信アウトレットの電気的特性 

通信アウトレットの電気的特性

要件

該当条項又は試験標準

インタフェースの種類

周波数範囲

MHz

カテゴリ 5  非シールド d.c.,

1∼100

全てのパラメタ

IEC 60603-7-2

カテゴリ 5  シールド d.c.,

1∼100

全てのパラメタ

IEC 60603-7-3 

カテゴリ 6  非シールド d.c.,

1∼250

全てのパラメタ

IEC 60603-7-4 

カテゴリ 6  シールド d.c.,

1∼250

全てのパラメタ

IEC 60603-7-5 

カテゴリ 6

A

  非シールド d.c.,

1∼500

全てのパラメタ

IEC 60603-7-41 

カテゴリ 6

A

  シールド d.c.,

1∼500

全てのパラメタ

IEC 60603-7-51 

カテゴリ 7

A

  非シールド d.c.,

1∼600

全てのパラメタ

IEC 60603-7-7 

a)

カテゴリ 7

A

  シールド d.c.,

1∼1 000

全てのパラメタ

IEC 60603-7-71 

a)

a)

 BCT(ISO/IEC 15018 参照)のような,他の要素が IEC 60603-7-7 及び IEC 60603-7-71 で提案されている下位

互換性よりも優先される設備では,IEC 61076-3-104 に規定するインタフェースが使用される可能性がある。

10.2.4.3 

配線盤及び分岐点で使用する接続器具 

配線盤及び分岐点で使用する所与のカテゴリの接続器具は,使用されるかん合インタフェースにかかわ

らず,次の表に示す各性能要件を満足しなければならない。10.2.4.2 に該当しない全てのプラグジャック

接続は,

附属書 で規定する非シールドコネクタ及びシールドコネクタの機械的及び環境的性能要件に従

わなければならない。全ての電気的要件は,

附属書 で規定する機械的及び環境的性能試験の前後で満足

されなければならない。

クラス

F

A

3

コネクタパーマネントリンク(

図 A.1 

PL3

)の

CP

リンク部に IEC 61156-5 に従ったケ

ーブルを使用する場合,

CP

の接続器具は,

表 51 及び表 53 で規定するカテゴリ

7

A

の要件より

6 dB

よい

NEXT

及び

PS NEXT

性能が要求される。

パッチコード又はジャンパを使用せずにクロスコネクトを行う接続器具について,電気的性能は,同じ

カテゴリの二つのコネクタ及び

5 m

のパッチコードがもつ特性よりも悪化してはならない。適用するパラ

メタは,挿入損失,入出力間抵抗,入出力不平衡抵抗,伝搬遅延,伝搬遅延時間差及び伝達インピーダン

スとする。さらに,そのような器具の漏話,反射減衰量及び不平衡減衰量(近端,横方向変換損)は,

47

で規定される最小値よりも

6 dB

以上下回ってはならない。そのような器具の一例に,ジャンパ又はパ

ッチコードの代わりとなる“内部”切替えをもつクロスコネクトがある。

表 47−コネクタの反射減衰量 

周波数

 

MHz

最小反射減衰量

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7  7

A

1≦f≦100 60−20 lg(f)

IEC 60512-25-5

1≦f≦250

− 64−20 lg(f)

1≦f≦500

− 68−20 lg(f)

1≦f≦600

− 68−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 68−20 lg(f)

b)

a)

  計算値が 30 dB 以上となる周波数における最小反射減衰量は,30 dB とする。

b)

  計算値が 10 dB 未満の場合,10 dB とする。


66

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 48−主要周波数におけるコネクタの反射減衰量(参考値) 

周波数

 

MHz

最小反射減衰量

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  30.0 30.0 30.0 30.0 30.0

100  20.0 24.0 28.0 28.0 28.0 
250

−  16.0 20.0 20.0 20.0

500

−  14.0 14.0 14.0

600

− 12.4 12.4

1 000

− 10.0

表 49−コネクタの挿入損失 

周波数

 

MHz

最大挿入損失

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100

f

04

.

0

IEC 60512-25-2

1≦f≦250

f

02

.

0

1≦f≦500

f

02

.

0

1≦f≦600

f

02

.

0

1≦f≦1 000

f

02

.

0

a)

  計算値が 0.1 dB 以下となる周波数における最大挿入損失は,0.1 dB とする。

表 50−主要周波数におけるコネクタの挿入損失(参考値) 

周波数

 

MHz

最大挿入損失

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  0.10 0.10 0.10 0.10 0.10

100  0.40 0.20 0.20 0.20 0.20 
250

−  0.32 0.32 0.32 0.32

500

−  0.45 0.45 0.45

600

− 0.49 0.49

1 000

− 0.63


67

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 51−コネクタの近端漏話減衰量(NEXT 

周波数

 

MHz

最小 NEXT

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 83−20 lg(f)

IEC 60512-25-1

1≦f≦250

− 94−20 lg(f)

94−20 lg(f)

1≦f≦500

− 46.04−

30 lg(f/250)

1≦f≦600

− 102.4−15 lg(f) 116.3−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 60.73−

40 lg(f/600)

a)

  計算値が 75.0 dB 以上となる周波数における最小 NEXT は,75.0 dB とする。

表 52−主要周波数におけるコネクタの NEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小 NEXT

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  75.0 75.0 75.0 75.0 75.0

100  43.0 54.0 54.0 72.4 75.0 
250

− 46.0 46.0 66.4 68.3

500

− 37.0 61.9 62.3

600

− 60.7 60.7

1 000

− 51.9

表 53−コネクタの電力和近端漏話減衰量(PS NEXT)(参考値) 

周波数

 

MHz

最小 PS NEXT

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 80−20 lg(f)

IEC 60512-25-1

1≦f≦250

− 90−20 lg(f)

90−20 lg(f)

1≦f≦500

− 42.04−

30 lg(f/250)

1≦f≦600

− 99.4−15 lg(f) 113.3−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 57.73−

40 lg(f/600)

a)

  計算値が 72.0 dB 以上となる周波数における最小 PS NEXT は,72.0 dB とする。


68

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 54−主要周波数におけるコネクタの PS NEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小 PS NEXT

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  72.0 72.0 72.0 72.0 72.0

100  40.0 50.0 50.0 69.4 72.0 
250

−  42.0 42.0 63.4 65.3

500

− 33.0 58.9 59.3

600

− 57.7 57.7

1 000

− 48.9

表 55−コネクタの遠端漏話減衰量(FEXT 

周波数

 

MHz

最小 FEXT

a)b)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 75.1−20 lg(f)

IEC 60512-25-1

1≦f≦250

− 83.1−20 lg(f)

1≦f≦500

− 83.1−20 lg(f)

1≦f≦600

− 90−15 lg(f)

1≦f≦1 000

− 103.9−20 lg(f)

a)

  計算値が 75.0 dB より大きい周波数における最小 FEXT は,75.0 dB とする。

b)

  コネクタでは,FEXT と ACR-との違いは微小である。したがって,コネクタの FEXT 要件は,リン

ク及びチャネルにおける ACR-の性能要件をモデル化するために使用する。

表 56−主要周波数におけるコネクタの FEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小 FEXT

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  75.0 75.0 75.0 75.0 75.0

100  35.1 43.1 43.1 60.0 63.9 
250

−  35.1 35.1 54.0 55.9

500

−  29.1 49.5 49.9

600

− 48.3 48.3

1 000

− 43.9


69

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 57−コネクタの電力和遠端漏話減衰量(PS FEXT 

周波数

 

MHz

最小 PS FEXT

a)b)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 72.1−20 lg(f)

IEC 60512-25-1

1≦f≦250

− 80.1−20 lg(f)

1≦f≦500

− 80.1−20 lg(f)

1≦f≦600

− 87.0−15 lg(f)

1≦f≦1 000

− 100.9−20 lg(f)

a)

  計算値が 72.0 dB より大きい周波数における最小 PS FEXT は,72.0 dB とする。

b)

  コネクタでは,PS FEXT と PS ACR-との違いは微小である。したがって,コネクタの PS FEXT 要件

は,リンク及びチャネルにおける PS ACR-の性能要件をモデル化するために使用する。

表 58−主要周波数におけるコネクタの PS FEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小 PS FEXT

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  72.0 72.0 72.0 72.0 72.0

100  32.1 40.1 40.1 57.0 60.9 
250

−  32.1 32.1 51.0 52.9

500

−  26.1 46.5 46.9

600

− 45.3 45.3

1 000

− 40.9

表 59−入出力間抵抗 

周波数

最大入出力間抵抗

mΩ

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

d.c.  200 200 200 200 200

JIS C 5402-2-1

試験 2a

表 60−入出力間抵抗不平衡 

周波数

最大入出力間抵抗不平衡

mΩ

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

d.c.  50 50 50 50 50

JIS C 5402-2-1

試験 2a


70

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 61−電流容量 

周波数

最小電流容量

a)b)

A

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

d.c.  0.75 0.75 0.75 0.75 0.75

JIS C 5402-5-2

試験 5b

a)

  周囲温度 60  ℃に適用する。

b)

  シールド(ある場合)を含む各導体に適用する。

表 62−伝搬遅延 

周波数

 

MHz

最大伝搬遅延

ns

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 2.5

IEC 60512-25-4

1≦f≦250

− 2.5 −

1≦f≦500

− 2.5 −

1≦f≦600

− 2.5 −

1≦f≦1 000

− 2.5

このパラメタは,設計で満足しなければならない。

表 63−伝搬遅延時間差 

周波数

 

MHz

最大伝搬遅延時間差

ns

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 1.25

IEC 60512-25-4

1≦f≦250

− 1.25  −

1≦f≦500

− 1.25 −

1≦f≦600

− 1.25 −

1≦f≦1 000

− 1.25

このパラメタは,設計で満足しなければならない。

表 64−横方向変換損(TCL 

周波数

 

MHz

最小横方向変換損(TCL

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 66−20 lg(f)

ITU-T 

Recommendation 

O.9 

1≦f≦250

− 68−20 lg(f)

1≦f≦500

− 68−20 lg(f)

1≦f≦600

− 68−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 68−20 lg(f)

a)

  計算値が 50.0 dB 以上となる周波数における最小 TCL は,50.0 dB とする。


71

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 65−コネクタの主要周波数における TCL 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小横方向変換損(TCL

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  50.0 50.0 50.0 50.0  50.0

100  26.0 28.0 28.0 28.0  28.0 
250

−  20.0 20.0 20.0  20.0

500

− 14.0 14.0 14.0

600

− 12.4 12.4

1 000

− 8.0

表 66−横方向伝達変換損(TCTL 

周波数

 

MHz

最小横方向伝達変換損(TCTL

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦100 66−20 lg(f)

ITU-T 

Recommendation 

O.9 

1≦f≦250

− 68−20 lg(f)

1≦f≦500

− 68−20 lg(f)

1≦f≦600

− 68−20 lg(f)

1≦f≦1 000

− 68−20 lg(f)

a)

  計算値が 50.0 dB 以上となる周波数における最小 TCTL は,50.0 dB とする。

表 67−コネクタの主要周波数における TCTL 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小横方向伝達変換損(TCTL

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  50.0 50.0 50.0 50.0  50.0

100  26.0 28.0 28.0 28.0  28.0 
250

−  20.0 20.0 20.0  20.0

500

− 14.0 14.0 14.0

600

− 12.4 12.4

1 000

− 8.0

表 68−伝達インピーダンス(シールド付コネクタだけ) 

周波数

 

MHz

最大伝達インピーダンス

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1≦f≦10 0.1

0.3

 0.1

0.3

 0.1

0.3

 0.05

0.3

 0.05

0.3

IEC 60512-26-100

試験 26e

10<f≦80 0.02

f 0.02

f 0.02

f 0.01

f 0.01

f


72

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 69−主要周波数における伝達インピーダンス値(シールド付コネクタだけ)(参考値) 

周波数

 

MHz

最大伝達インピーダンス

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  0.10 0.10 0.10 0.05 0.05

10  0.20 0.20 0.20 0.10 0.10 
80  1.60 1.60 1.60 0.80 0.80

表 70−結合減衰量(シールド付コネクタだけ) 

周波数

 

MHz

最小結合減衰量

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

30≦f≦100

≧45.0

≧45.0

≧45.0

≧45.0

≧45.0

IEC 62153-4-12

100<f

a)

− 85−20 lg(f)

85−20 lg(f)

85−20 lg(f)

85−20 lg(f)

a)

  結合減衰量は,1 000 MHz まで測定するが,各クラスの規格値は,測定するクラスの上限周波数まで

を適用する。

表 71−主要周波数における結合減衰量値(シールド付コネクタだけ)(参考値) 

周波数

 

MHz

最小結合減衰量

dB

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

30  45.0 45.0 45.0 45.0 45.0

100  45.0 45.0 45.0 45.0 45.0 
250

−  37.0 37.0 37.0 37.0

500

−  31.0 31.0 31.0

600

− 29.4 29.4

1 000

− 25.0

表 72−絶縁抵抗 

周波数

最小絶縁抵抗

MΩ

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

JIS C 5402-3-1

試験 3a

方法 C

500 V d.c.

d.c.  100 100 100 100 100


73

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 73−耐電圧 

電気的特性

周波数

最小耐電圧

V

試験基準

コネクタのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

導体と導体との間

d.c.

1 000

1 000

1 000

1 000

1 000

JIS C 5402-4-1

試験 4a

導体とテストパネル(及

びシールド)との間

d.c.

1 500

1 500

1 500

1 500

1 500

表 74−電力和エイリアン近端漏話減衰量(PS ANEXT 

周波数

 

MHz

最小電力和エイリアン近端漏話(PS ANEXT)

a)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

6

A

7

A

1≦f≦500 110.5−20 lg(f)

IEC 60512-25-9 

1≦f≦1 000

− 125.5−20 lg(f)

a)

  計算値が 72.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ANEXT は,72.0 dB とする。

表 75−主要周波数における PS ANEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小電力和エイリアン近端漏話(PS ANEXT)

dB

コネクタのカテゴリ

6

A

7

A

1 72.0

72.0

10 70.5

72.0

250 62.5

72.0

500 56.5

71.5

1 000

− 65.5

表 76−電力和エイリアン遠端漏話減衰量(PS AFEXT 

周波数

 

MHz

最小電力和エイリアン遠端漏話(PS AFEXT)

a)b)

dB

試験基準

コネクタのカテゴリ

6

A

7

A

1≦f≦500 107−20 lg(f)

IEC 60512-25-9 

1≦f≦1 000

− 122−20 lg(f)

a)

  計算値が 72.0 dB 以上となる周波数における最小 PS AFEXT は,72.0 dB とする。

b)

  コネクタでは,PS AFEXT と PS AACR-との違いは微小である。したがって,

コネクタの PS AFEXT 要件は,リンク及びチャネルでの PS AACR-F  性能をモデ

ル化するために使用する。


74

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 77−主要周波数における PS AFEXT 値(参考値) 

周波数

 

MHz

最小電力和エイリアン遠端漏話(PS AFEXT)

dB

コネクタのカテゴリ

6

A

7

A

1 72.0

72.0

10 67.0

72.0

250 59.0

72.0

500 53.0

68.0

1 000

− 62.0

10.2.5 TO

の要件 

全ての配線クラスにおいて,各々の水平平衡ケーブルは,10.2.3 及び 10.2.4 の仕様に適合するキーをも

たない固定コネクタ(ジャック)を備えた通信アウトレットにおいて終端しなければならない。端子及び

対グループの配列は,

図 15,図 16 又は図 17 のとおりとする。

図 15−カテゴリ 5及び 6

A

の IEC 60603-7 シリーズインタフェースの端子配列及び 

対の割当て固定コネクタ(ジャック)の前面図(正確な縮尺ではない) 


75

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

注記 1  ピン 1,2,3

,4

,5

,6

,7 及び 8 は,カテゴリ 7 及び 7

A

で使用し,1,

2,3,4,5,6,7 及び 8 は,カテゴリ 5,6 及び 6

A

で使用する。

注記 2  図 16 は,固定コネクタ(ジャック)の前面図を示す。正確な縮尺ではない。

図 16−カテゴリ 及び 7

A

の IEC 60603-7 シリーズインタフェースの端子配列及び対の割当て 

注記 1  端子割当ては,IEC 60603-7 シリーズインタフェースに一致する。 
注記 2  図 17 は,固定コネクタ(ジャック)の前面図を示す。正確な縮尺ではない。

図 17−カテゴリ 及び 7

A

IEC 61076-3-104)インタフェースの端子配列及び対の割当て 

同じリンク又はチャネル内の配線盤,

CP

又は

TO

において違う種類の接続器具を利用する場合は,配線

接続は,エンド−エンド間の接続性を保証する端子/対の割当てとなるように構成しなければならない。

通信アウトレットにおける対の再割当ては,水平ケーブル終端の変更で行うべきでない。通信アウトレッ

トで対の再割当てを行う場合には,アウトレットの終端配列は,明確に表示しなければならない。

相互接続可能な自由コネクタ及び固定コネクタ(プラグ及びジャック)は,異なった性能カテゴリと下

位互換性をもたなければならない。下位互換性とは,異なった性能カテゴリからなる自由コネクタ及び固

定コネクタ(プラグ及びジャック)とのかん合は,低いカテゴリ要素での要求を全て満たさなければなら

ないことを意味する。

表 78 は,かん合された自由コネクタ及び固定コネクタ(プラグ及びジャック)性

能の下位互換性接続を表している。


76

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 78−かん合された自由コネクタ及び固定コネクタ(プラグ及びジャック)性能の下位互換性 

 TO での固定コネクタ(ジャック)性能 

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 6

A

カテゴリ 7

カテゴリ 7

A

自由コネクタ 
(プラグ)

カテゴリ 5

カテゴリ 5

カテゴリ 5

カテゴリ 5

カテゴリ 5

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 6

カテゴリ 6

カテゴリ 6

カテゴリ 6

A

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 6

A

カテゴリ 6

A

カテゴリ 6

A

カテゴリ 7

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 6

A

カテゴリ 7

カテゴリ 7

カテゴリ 7

A

カテゴリ 5

カテゴリ 6

カテゴリ 6

A

カテゴリ 7

カテゴリ 7

A

注記 1  二つの物理的に類似した配線リンクを同じ設備の中で使用する場合,通信アウトレットにおいてそれら

の配線リンクを適切に識別できるように,特別な注意を必要とする。例えば,そのような識別が必要で

ある場合には,異なった性能クラス又は異なった公称インピーダンスをもつケーブルが含まれているお
それがある(箇条 12 参照)

注記 2  正しい接続のため,対が通信アウトレット及びフロア配線盤で一貫して終端されるように注意しなけれ

ばならない。リンクの両端で複数の対を異なった位置で終端した場合,導通は維持されるかもしれない
が,一貫した接続性は失われる。配線システムの管理については,箇条 12 を参照する。

10.2.6 

施工 

接続器具は,ケーブルを接続器具に終端することによって生じるより戻し長ができるだけ短くなるよう

に設計されていることが望ましい。

終端位置からケーブルシースの端までの対の露出した部分の長さは,最小にすることが望ましい。さら

に,ケーブルシースを切り裂き,取り除く長さは,終端及びトリミングに必要な長さだけにしておくこと

が望ましい。これらの推奨事項は,終端が伝送性能に与える影響を最小にするためにあり,ケーブル又は

ジャンパ構造のより長を制約しない。

接地要件及びシールドの連続性については,箇条 11 を参照する。

10.3 

光ファイバ接続器具 

10.3.1 

一般要件 

10.3.2

10.3.5 の要件は,次の例外を除き箇条 に記載された光ファイバケーブル間の接続に使用する全

ての接続器具に適用する。10.3.4 及び

表 79 の a)

項の要件は,通信アウトレットにだけ適用する。

光ファイバのアダプタ及びコネクタが明確にかん合されていない状態では,それらは,ほこり及びその

他の汚染物質から保護されることが望ましい。コネクタの端面は,ISO/IEC 14763-3 に従って点検し,必

要な場合は,接続する前にきれいにしなければならない。

10.3.2 

表示及び色分け 

例えば,色付けによって,コネクタ及びアダプタを一貫して識別することは,次のような場合には,接

続を特定するために望ましい。

異なるマルチモード光ファイバケーブルの種類

非互換シングルモード接続器具(例えば,

PC

研磨コネクタの青,

APC

研磨コネクタの緑など)

,さら

に,二重リンクに対しても正しい極性を確実に維持できるように,キー及び光ファイバ位置表示を用

いることができる。

注記 1

これらの表示は,箇条 12 に規定された他の表示又は各種関連規則に要求されたものに付加

するのもであって,置き替えるものではない。

注記 2

次のカラーコードは,IEC 60874-19-1 における

2

SC

コネクタ及び IEC 60874-14

2)

におけ

る単芯

SC

コネクタに適用するが,他のコネクタタイプにも適用することができる。


77

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

マルチモード

50 µm

及び

62.5 µm

ベージュ又は黒

シングルモード

PC

シングルモード

APC

2)

IEC 60874-14

  光ファイバ及びケーブルのコネクタ−第

14

章:光ファイバコネ

クタのための部分的仕様−

SC

タイプ。この規格は,

2002

年に廃版になったが,

必要なときには,まだ注文できる。

10.3.3 

機械的及び光学的特性 

光ファイバ接続器具は,

表 79 の要件に適合しなければならない。10.3.4 の適用を受けない全ての接続は,

IEC 60874-19-1

に規定された光学的性能,機械的性能及び環境的性能要件と少なくとも同等の性能要件に

適合しなければならない。

表 79−光ファイバ接続器具の機械的及び光学的特性 

機械的及び光学的特性

要件

器具又は試験規格

a)  物理的寸法(TO の場合だけ)

a)

かん合寸法及び計測方法

JIS C 5964-20

の箇条 のかん合標準

IEC 61754-20-5

b)  ケーブル終端互換性

公称クラッド径

μm

125

JIS C 6832

の箇条 5( SGI-50/125,

SGI-62.5/125)及び JIS C 6835 の箇条 5

公称緩衝層径 mm

IEC 60794-2-10 

ケーブル外径 mm

IEC 60794-2-42

及び IEC 60794-2-50

c)  機械的耐久性(耐久力)サイクル

≧500

JIS C 61300-2-2 

d)  かん合部の伝送性能

最大挿入損失

b)

 dB

その他 100

%≦0.75 dB

95 %≦0.50 dB 
50 %≦0.35 dB

JIS C 61300-3-34 

スプライス 0.3

IEC 61073-1 

最小反射減衰量 dB

マルチモード 20

JIS C 5901 

シングルモード

35

a)

  10.3.4 参照。

b)

  スプライス及びコネクタの挿入損失は,光源が制御された入射状態である基準の試験方法を用いて,満足し

なければならない。光源を適格とする必要な基準は,エンサークルドフラックスである。必要な入射状態は,

IEC 61300-1

に規定されており,LED がベースにならなければならない。レーザのような限定モード光源は,

挿入損失の値が低くなる。

10.3.4 TO

の要件 

ワークエリアの光ファイバケーブルは,

JIS C 5964-20

に適合する双方向通信が可能な

LC

コネクタで

TO

のところで水平ケーブルと接続する。

IEC 60874-19-1

SC-D

)コネクタ及びアダプタの配線基盤をもつネットワークは,それらの光ファイバ

ネットワークに,既存の及び将来追加される

SC-D

コネクタ及びアダプタとともに残存してもよい(かん

合寸法及び計測方法ついては,マルチモードは,IEC 60874-19-3 を,シングルモードは,IEC 60874-19-2

を参照する。

TO

で使用する光ファイバコネクタは,10.3.3 の要件を満足しなければならない。

10.3.5 

光ファイバ配線の接続 

10.3.5.1 

一般 

2

芯光ファイバ接続の一貫した極性は,物理的なキー及び管理方法(すなわち,表示)又はその両方の


78

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

手段で配線システム全体を通じて維持されなければならない。次のガイドラインは,コネクタ及びアダプ

タを適切に取り付け,機能的で保守しやすい光ファイバ配線システムを確実にする。特定のネットワーク

応用システムに対するこれらのガイドラインの適合性を決定するために,機器製造業者及びシステム構築

業者へ相談する必要がある。さらに,全ての光ポートは,IEC 60825 シリーズに従うことが望ましい。

TO

及び配線パネルの配線側において,最大の柔軟性を確保するため,

図 19 に示すように光水平ケーブ

ル及び光幹線ケーブルの終端部に,単芯コネクタを使用することを推奨する。

TO

のワークエリア側及び配線パネルのインタコネクト/クロスコネクト側では,光ファイバ

2

芯以外

の心数を使用する伝送システムが認められるまでは,

2

芯光ファイバ伝送システムにおいて,

2

芯コネクタ

は,送信及び受信の正しい極性を維持する。配線盤で,このことを実現するには,できるだけ JIS C 5964-20

の箇条 のかん合標準

IEC 61754-20-5

で規定されているような間隔及び位置を維持する光ファイバ

2

芯ア

ダプタで行う。

光ファイバの

TO

における極性は,位置

A

と位置

B

というように指定する。この極性を配線システム全

体に展開するために,同じ方向,色付け,標示及び光ファイバの構成が一貫して適用されることが重要と

なる。一旦システムが設置され,かつ,正しい極性が検証されれば,光ファイバ配線システムの送信及び

受信用の光ファイバの正しい極性は,維持される。

10.3.5.2 TO

での接続オプション 

光ファイバ設置基盤(配線基盤)がない場合は,

LC

コネクタの接続性は,

TO

において規定され,ラッ

チ,キー,ラベルの組合せによって極性を識別する手段を提供しなければならない(

図 18 の例参照)。

構内配線が,

SC-D

の配線基盤をもつところでは,

TO

の追加接続は,

図 19 に示すような方向性のキー

を備える

SC-D

の接続性によって行われる。

注記  影部分及び A/B マークは参考。

図 18−極性識別の例を伴う 芯 LC 接続構成 


79

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

注記  影部分及び A/B マークは参考。

図 19芯 SC 接続構成 

10.3.5.3 

他の位置での接続のオプション 

TO

以外の位置での極性は,配線盤及び分岐点における接続の変更の厳しい管理,又は 10.3.5.2 に詳述さ

れた構成を採用することによって維持できる。

TO

以外の場所のコネクタは,それらが他のかん合インタ

フェースをもっていても,IEC 60874-19-1 に規定された光学的,機械的及び環境的要件を満足しなければ

ならない。

10.3.5.4 

他の 芯コネクタ 

代替のコネクタの設計は,

2

LC

コネクタ及び

2

SC

コネクタと同様の表示方法及び識別方法を採用

しなければならない。代替の

2

芯コネクタの設計では,位置

A

及び位置

B

は,

図 19 と同じ配置にしなけ

ればならない。ラッチ(掛けがね)を利用している代替のコネクタの設計では,ラッチは,キー及びキー

溝と同じ方法で位置決めを明確にする。

10.3.5.5 

パッチコード終端構成 

パッチコード及び機器コードと光ファイバ

2

芯アダプタとの接続は,

2

芯コネクタアセンブリによって

なされることを推奨する。

機器へのクロスコネクト又はインタコネクトのいずれに用いられても,光ファイバパッチコードは,光

ファイバ対では,

1

本の光ファイバ上で位置

A

は位置

B

と結ばれ,他方の光ファイバ上では位置

B

は位置

A

と結ばれるような交差接続でなければならない(

図 20)。そのコネクタが二つの単芯要素に分離できる

ならば,光ファイバパッチコードの各端末には,位置

A

か位置

B

のいずれかであることを示す識別を施さ

なければならない。ラッチを利用している代替のコネクタの設計では,ラッチはキーと同じ方法で位置決

めを明確にする。

単芯コネクタの場合,受信側へ差し込むコネクタは位置

A

,送信側へ差し込むコネクタは位置

B

でなけ

ればならない。


80

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 20−光ファイバコード 

11 

シールドの取扱い 

シールドの取扱いについては,ISO/IEC 14763-2 を参照する。

12 

管理 

管理は,ISO/IEC 14763-2 を参照する。

13 

平衡コード 

13.1 

一般 

ここでは,IEC 61156 シリーズで規定された平衡ケーブルで構成された平衡コード及び箇条 10 で規定し

た二つの自由コネクタ(プラグ)について規定する。これらのコードに用いられる構成品は,箇条 及び

箇条 10 の要件をそれぞれに満足しなければならない。平衡コードを作るために使われているケーブルは,

対応するカテゴリで IEC 61156-5 又は IEC 61156-6 の要件を満たさなければならない。コードの目的は,

箇条 10 でも定義している固定コネクタ(ジャック)を利用している接続器具に接続することである。この

箇条で規定していない伝送パラメタの適合性は,設計で満たされているとみなしている。

注記

IEC 60603-7

シリーズ以外のインタフェースを備えたコネクタを使用するコードも,ここでの

要求条件を満足することを前提としている。

接続器具の性能は,プラグ終端の特性に影響を受ける。したがって,コードは,組立完成品で品質を決

定するために試験することが望ましい。ここでは,コードに対する最低限の要求条件について規定する。

試験方法及び機械的な強度は,IEC 61935-2 に規定されている。この箇条の全ての要求条件は,機械的強

度試験を受けた後に満足しなければならない。コードは,IEC 61935-2 の電気的・機械的要求条件を満足

しなければならない。

13.2 

挿入損失 

コードの挿入損失(

IL

)は,その長さで定められた値を超えてはならない。挿入損失性能は,設計によ

って達成する。

13.3 

反射減衰量 

平衡コードは,

表 80 で規定する反射減衰量(

RL

)の要件を満足しなければならない。コードは,IEC 

61935-2

の電気的特性及び機械的特性に適合しなければならない。


81

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 80−平衡コードの最小反射減衰量 

周波数

 

MHz

反射減衰量(RL)

a)

MHz

カテゴリ 5

コード

カテゴリ 6

コード

カテゴリ 6

A

コード

カテゴリ 7

コード

カテゴリ 7

A

コード

1≦f≦25 19.8+3 lg(f) 19.8+3 lg(f) 19.8+3 lg(f) 19.8+3 lg(f)

19.8+3 lg(f)

25<f≦100 38.0−10 lg(f) 38.0−10 lg(f)

38.0−10 lg(f)

38.0−10 lg(f) 38.0−10 lg(f)

100<f≦250

− 38.0−10 lg(f)

38.0−10 lg(f)

38.0−10 lg(f) 38.0−10 lg(f)

250<f≦500

− 14−15 lg(f/250)

38.0−10 lg(f) 38.0−10 lg(f)

500<f≦600

− 38.0−10 lg(f) 38.0−10 lg(f)

600<f≦1 000

− 38.0−10 lg(f)

b)

a)

 4

MHz 以下の周波数での反射減衰量(RL)の値は,参考とする。

b)

 10.0

dB 以下の計算値は,10.0 dB とする。

表 81−平衡コードの主要周波数での反射減衰量の値(参考値) 

周波数

 

MHz

反射減衰量

MHz

カテゴリ 5

コード

カテゴリ 6

コード

カテゴリ 6

A

コード

カテゴリ 7

コード

カテゴリ 7

A

コード

1 19.8 19.8 19.8 19.8 19.8

100 18.0 18.0 18.0 18.0 18.0 
250

−  14.0 14.0 14.0 14.0

500

− 9.5 11.0

11.0

600

− 10.2 10.2

1 000

− 10.0

13.4 NEXT 

平衡コードは,IEC 61935-2 に従って測定し,式

(16)

の要件に適合しなければならない。

RFEXT

NEXT

IL

NEXT

NEXT



+

=

×

+

10

)

2

(

10

cord

connector

L

cable,

connectors

10

10

lg

10

  (16)

ここに,

NEXT 

cord

コードの

NEXT

NEXT 

connectors

挿入損失を考慮したコードの両端コネクタの

NEXT

NEXT 

cable,L

長さに応じたケーブルの

NEXT

IL 

connector

一つのコネクタの挿入損失

RFEXT

反射

FEXT

注記

全ての変数は,

dB

で示す。

さらに,

(

)

[

]



+

=

+

+

20

2

20

connectors

connector

cable

remote

local

10

10

lg

20

IL

IL

NEXT

NEXT

NEXT

   (17)

connector

remote

local

NEXT

NEXT

NEXT

=

=

   (18)

×

100

m

cable,100

cable

L

IL

α

   (19)

ここに,

NEXT 

local

コードの近端側コネクタでの

NEXT

NEXT 

remote

コードの遠端側コネクタでの

NEXT


82

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

IL 

cable

ケーブルの挿入損失

IL 

connector

コネクタの挿入損失

NEXT 

connector

表 43 に規定する各コネクタの

NEXT

ただし,

87

20 lg(f)

で規定するカテゴリ

5

を除く。

α

 cable,100 m

コードに使用するケーブル

100 m

の挿入損失

L

コードのケーブル長

注記

メートルで表現する

L

を除き,全ての変数は,

dB

で示す。

コードのケーブル長によって

NEXT

は,式

(20)

によって補正する。

=









5

5

100

m

cable,100

L

cable,

m

cable,100

m

cable,100

10

1

10

1

lg

10

α

α

L

NEXT

NEXT

  (20)

ここに,  NEXT 

cable,100 m

: 長さ 100 m のケーブルの NEXT

計算した NEXT 限界値が 65 dB を超える場合は,65 dB とする。

表 83∼表 85 は,表 82 に示した変数を

使用した異なる長さのコードの主要周波数での NEXT の参考値を示す。

表 82NEXT の参考値の計算で使用する配線要素のための前提 

変数

配線要素のカテゴリ

a)b)

5 6 6

A

 7 7

A

α

cable, 100 m





+

+

×

f

f

f

2

.

0

2

022

.

0

8

910

.

1

5

.

1





+

+

×

f

f

f

25

.

0

017

.

0

82

.

1

5

.

1





+

+

×

f

f

f

25

.

0

1

009

.

0

82

.

1

5

.

1





+

+

×

f

f

f

2

.

0

01

.

0

8

.

1

5

.

1





+

+

×

f

f

f

25

.

0

005

.

0

8

.

1

5

.

1

NEXT

cable, 100 m

 65.3−15 lg(f) 74.3−15 lg(f) 102.4−15 lg(f) 105.4−15 lg(f)

IL

connector

f

04

.

0

f

02

.

0

NEXT

connector

 87−20 lg(f) 94−20 lg(f) 94−20 lg(f)

f≦250

46.04−30 lg(f/250)

f>250

102.4−15 lg(f) 116.3−20 lg(f)

f≦600

60.73−40 lg(f/600)

f>600

RFEXT 

0 0.5

a)

  全ての公式は,ほかに指示がなければ 1 MHz からそのカテゴリの上限周波数まで適用する。

b)

  計算に使用する数値は,IEC 61156-5 及び IEC 61156-6 に規定された値と異なってもよい。

表 832 m 平衡コードの主要周波数での NEXT の値(参考値) 

周波数

 

MHz

NEXT

dB

コードのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  65.0 65.0 65.0 65.0 65.0

100  39.0 46.2 46.2 65.0 65.0 
250

−  38.7 38.7 60.7 62.6

500

−  31.0 56.5 57.1

600

− 55.4 55.6

1 000

− 47.4


83

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 845 m 平衡コードの主要周波数での NEXT の値(参考値) 

周波数

 

MHz

NEXT

dB

コードのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  65.0 65.0 65.0 65.0 65.0

100  37.4 45.1 45.1 65.0 65.0 
250

−  38.0 38.0 61.2 63.3

500

−  31.3 57.2 58.0

600

− 56.2 56.7

1 000

− 48.9

表 8510 m 平衡コードの主要周波数での NEXT の値(参考値) 

周波数

 

MHz

NEXT

dB

コードのカテゴリ

5 6 6

A

 7 7

A

1  65.0 65.0 65.0 65.0 65.0

100  36.4 44.2 44.2 65.0 65.0 
250

−  37.6 37.6 61.9 64.1

500

− 31.7 58.0 59.1

600

− 57.0 57.8

1 000

− 50.2


84

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 A

(規定)

平衡パーマネントリンク(常設リンク)及び CP リンク性能

A.1 

一般 

この附属書は,

図 A.1 に示す平衡パーマネントリンク及び CP リンクの性能要件を含む。

構成 PL1,PL2 及び PL3 の被測定配線は,パーマネントリンクと呼ぶ。構成 PL1 及び PL2 は,固定配線

だけから成る。構成 PL3 は,固定配線及び CP と TO との間の CP ケーブルから成る。CP ケーブルが変更

になった場合は,この構成の性能も変化する。構成 CP1 の被測定配線は,固定配線だけが含まれており,

CP リンクと呼ぶ。CP リンクと PL2 リンクとの違いは,将来 CP リンクは,配線要素の追加によってパー

マネントリンクへ拡張することを想定している。PL2 仕様と PL3 仕様との違いは,

表 32 の数学的モデル

長の前提及びチャネルを構成するためのコードの追加に関連する。

全ての構成でパーマネントリンク又は CP リンクの試験の基準面は,試験コードの内側にある。被測定

パーマネントリンク又は CP リンクの終端点とかん合する試験コードの接続は,被測定リンクの一部とす

る。

色々な温度で性能を測定する場合,最悪状況の温度(60  ℃)での最悪状況(最も挿入損失が大きくなる

とき)の性能を計算することを考慮すべきである。

d)

  構成  CP1 

PP=パッチパネル,C=接続点,CP=分岐点,TO=通信アウトレット

図 A.1−リンクオプション 

a)

  構成  PL1 

b)

  構成  PL2 

c)

  構成  PL3 


85

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

A.2 

平衡配線 

A.2.1 

一般 

この附属書で規定するパラメタは,特に明示しない限り,ケーブル要素が個別シールド及び一括シール

ドの有無によらず,平衡パーマネントリンク及び CP リンクに適用する。要求されたとき,パーマネント

リンク及び CP リンク測定(パーマネントリンク及び CP リンク計算を要求されている場合を含む。

)は,

この附属書で特に規定されていない限り,IEC 61935-1 に従って測定しなければならない。

平衡パーマネントリンク及び CP リンクの公称インピーダンスは,100 Ω とする。このインピーダンスは,

適切な設計及び適切な配線要素の選択によって達成する(公称インピーダンスは関係ない)

この附属書での要求値は,定義する周波数範囲で公式を用いて小数第 1 位までの計算によって与えられ

る。伝搬遅延及び伝搬遅延時間差の限界値は,小数第 3 位まで計算する。

主要周波数における最大敷設長の表に関連して,L,Y 及び n の値は,L=90,Y=1,及び n=3 である。

パーマネントリンク及び CP リンクの不平衡減衰量及び結合減衰量の要求値は,検討中である。

A.2.2 

反射減衰量(RL 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の反射減衰量(RL)は,

表 A.1 の公式よって求められた要求

値を満足しなければならない。

パーマネントリンクの主要周波数における各対の反射減衰量(RL)は,参考情報として

表 A.2 に示す。

反射減衰量(RL)の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

100 Ω 終端は,チャネルの遠端で被試験配線要素に接続しなければならない。

表 A.1−パーマネントリンク又は CP リンクの反射減衰量 

クラス

周波数

MHz

最小反射減衰量

a)

dB

C 1≦f≦16 15.0 
D 1≦f≦20 19.0

20<f≦100 32−10 lg(f)

E 1≦f≦10 21.0

10<f≦40 26−5 lg(f
40<f≦250 34−10 lg(f)

E

A

1≦f≦10 21.0

10<f≦40 26−5 lg(f
40<f≦398.1 34−10 lg(f)

398.1<f≦500 8.0

F 1≦f≦10 21.0

10<f≦40 26−5 lg(f
40<f≦251.2 34−10 lg(f)

251.2<f≦600 10.0

F

A

1≦f≦10 21.0

10<f≦40 26−5 lg(f
40<f≦251.2 34−10 lg(f)

251.2<f≦631 10.0 
631<f≦1 000

38−10 lg(f)

a)

  挿入損失が,3.0 dB 以下の周波数における反射減

衰量は,参考情報とする。


86

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.2−主要周波数におけるパーマネントリンクの反射減衰量 

周波数

MHz

最小反射減衰量

dB

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1  15.0 19.0 21.0 21.0 21.0 21.0

16  15.0 19.0 20.0 20.0 20.0 20.0

100

−  12.0 14.0 14.0 14.0 14.0

250

−  10.0 10.0 10.0 10.0

500

− 8.0

10.0

10.0

600

− 10.0 10.0

1 000

− 8.0

A.2.3 

挿入損失/減衰量 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の挿入損失は,

表 A.3 の公式によって求められた要求値を満

足しなければならない。

リンク性能を満たす方法は,測定値と

表 A.4 のチャネルの限界値とのマージンが十分あり,チャネルを

構成するいかなる追加配線要素にも適応することを実証することである。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の挿入損失を参考情報として

表 A.4 に示す。

表 A.3−パーマネントリンク又は CP リンクの挿入損失 

クラス

周波数

MHz

最大挿入損失

a)

dB

A

f=0.1 16.0

B

f=0.1 5.5 
f=1 5.8

C 1≦f≦16

(

)

2

.

0

3

23

.

3

9

.

0

×

×

f

D 1≦f≦100

(

)

(

)

f

n

f

f

f

L

×

×

×

×

0.04

2

.

0

2

022

.

0

8

910

.

1

100

E 1≦f≦250

(

)

(

)

f

n

f

f

f

L

×

×

×

×

0.02

25

.

0

9

016

.

0

82

.

1

100

E

A

1≦f≦500

(

)

(

)

f

n

f

f

f

L

×

×

×

×

0.02

25

.

0

1

009

.

0

82

.

1

100

F 1≦f≦600

(

)

(

)

f

n

f

f

f

L

×

×

×

×

0.02

2

.

0

01

.

0

8

.

1

100

F

A

1≦f≦1 000

(

)

(

)

f

n

f

f

f

L

×

×

×

×

0.02

25

.

0

005

.

0

8

.

1

100

注記 
L  L

FC

L

CP

×Y

L

FC

  固定ケーブル長(m)

L

CP

 CP コード長(存在する場合)(m)

Y CP ケーブル挿入損失(dB/m)と固定水平ケーブル挿入損失(dB/m)との比率(7.2.2.2 

照)

n

構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[

図 A.1 の a)b)及び d)  参照]

n

構成 PL3 の場合,3[

図 A.1 の c)  参照]

a)

  計算値が 4.0 dB 以下となる周波数における最大挿入損失(IL)は,4.0 dB とする。


87

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.4−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの挿入損失 

周波数

MHz

最大挿入損失

dB

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 16.0  5.5

1

−  5.8  4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0

16

− 12.2 7.7 7.1 7.0 6.9 6.8

100

−  20.4 18.5 17.8 17.7 17.3

250

− 30.7

28.9 28.8 27.7

500

− 42.1

42.1 39.8

600

− 46.6

43.9

1 000

− 57.6

A.2.4 

近端漏話減衰量(NEXT 

A.2.4.1 

対間 NEXT 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の組合せ間の NEXT は,

表 A.5 の公式によって求めた要求値

を満足しなければならない。

最大敷設長パーマネントリンクの各対の組合せの NEXT は,

表 A.6 に参考情報として示す。

NEXT の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

表 A.5−パーマネントリンク又は CP リンクの NEXT 

クラス

周波数

MHz

最小 NEXT

a)b)h)

dB

A

f=0.1 27.0

B 0.1≦f≦1 25−5 lg(f
C 1≦f≦16 40.1−15.8 lg(f
D 1≦f≦100

( )

( )





+

20

lg

20

83

20

lg

15

3

.

65

10

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

94

20

lg

15

3

.

74





+

f

f

E

A

h)

1≦f≦300

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

94

20

lg

15

3

.

74





+

f

f

300<f≦500 87.46−21.57 lg(f)

c)d)

F 1≦f≦600

( )

( )





+

20

lg

15

4

.

102

20

lg

15

4

.

102

10

10

lg

20

f

f

F

A

g)

1≦f≦600 106.1−18.5 lg(f)

600<f≦1000 124.85−25.25 lg(f)

e)f)

a)

  計算値が 65.0 dB 以上となる周波数における最小 NEXT は,65.0 dB とする。

b)

  挿入損失が 4.0 dB 未満となる周波数の NEXT 値は,参考情報とする。

c)

  構成が PL3[図 A.1 の c)参照]の場合の公式は,102.22−27.54 lg(f)とする。

d)

  構成が PL1,PL2 及び CP1 の場合,450 MHz におけるクラス E

A

のパーマネントリンクの

挿 入 損 失 が 12 dB 以 下 の と き は , 450 MHz ∼ 500 MHz に お い て , 上 記 の 式 か ら
1.4[(f-450)/50]の項を減じる。

e)

  構成が PL3[図 A.1 の c)  参照]の場合の公式は,139.7−30.6 lg(f)とする。

f)

  構成が PL1,PL2 及び CP1 の場合,900 MHz におけるクラス F

A

のパーマネントリンクの

挿入損失が 17 dB 以下のときは,900 MHz∼1 000 MHz において,上記の式から
2.8[(f-900)/100]の項を減じる。


88

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.5−パーマネントリンク又は CP リンクの NEXT(続き) 

g)

  性能を高めた接続器具を CP として使用する場合は(10.2.4.3 参照),CP リンクの制限値

は,適切な最小性能要件を表さない。そのために適合しない。この場合は,代替えとし

て,PL3 の適合性試験を行わなければならない。

h)

  式の中の項は,配線要素の性能を表すものではない。 

表 A.6−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの NEXT  

周波数

MHz

最大挿入損失

dB

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 27.0  40.0  −

1

−  25.0 40.1 64.2 65.0  65.0 65.0  65.0

16

− 21.1 45.2 54.6 54.6

65.0 65.0

100

− 32.3 41.8 41.8

65.0 65.0

250

− 35.3 35.3

60.4 61.7

500

− 29.2

(27.9)

a)

55.9 56.1

600

− 54.7 54.7

1 000

− 49.1

(47.9)

a)

a)

  構成が PL3 のとき,(  )内の値を適用する[図 A.1 の c)  参照]。

A.2.4.2 

電力和 NEXTPS NEXT 

PS NEXT の要求値は,クラス D,E,E

A

,F 及び F

A

だけに適用する。

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の PS NEXT は,

表 A.7 の公式によって求められた要求値を満

足しなければならない。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の PS NEXT は,

参考情報として

表 A.8 に示す。

PS NEXT の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

対 の PS NEXT

k

は,式(A.1)によって計算する。

=

=

n

k

i

i

NEXT

k

ik

NEXT

PS

,

1

10

10

lg

10

  (A.1)

ここに,

i: 誘導対の順序数

k: 被誘導対の順序数

n: 全対数

NEXT

ik

対 から対 へ結合された NEXT


89

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.7−パーマネントリンク又は CP リンクの PS NEXT 

クラス

周波数

MHz

最小 PS NEXT

a)b)c)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





+

20

lg

20

80

20

lg

15

3

.

62

10

10

lg

20

f

f

E 1≦f≦250

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

90

20

lg

15

3

.

72





+

f

f

E

A

 h)

1≦f≦300

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

90

20

lg

15

3

.

72





+

f

f

300<f≦500 87.56−22.67 lg(f)

c)d)

F 1≦f≦600

( )

( )





+

20

lg

15

4

.

99

20

lg

15

4

.

99

10

10

lg

20

f

f

F

A

 g)

1≦f≦600 103.1−18.5 lg(f)

600<f≦1 000

121.85−25.25 lg(f)

e)f)

a)

  計算値が 62.0 dB 以上となる周波数における最小 PS NEXT は,62.0 dB とする。

b)

  挿入損失が 4.0 dB 未満となる周波数の PS NEXT 値は,参考情報とする。

c)

  構成が PL3[図 A.1 の c)  参照]の場合の公式は,104.65−29.57 lg(f)とする。

d)

  構成が PL1,PL2 及び CP1 の場合,450 MHz におけるクラス E

A

のパーマネントリンクの

挿入損失が 12 dB 以下のときは,450 MHz∼500 MHz において,上記の式から 1.4[(f
450)/50]の項を減じる。

e)

  構成が PL3[図 A.1 の c)  参照]の場合の公式は,139.7−30.6 lg(f)とする。

f)

  構成が PL1,PL2 及び CP1 の場合,900 MHz におけるクラス F

A

のパーマネントリンクの

挿入損失が 17 dB 以下のときは,900 MHz∼1 000 MHz において,上記の式から 2.8[(f
900)/100]の項を減じる。

g)

  性能を高めた接続器具を CP として使用する場合(10.2.4.3 参照)は,CP リンクの制限値

は,適切な最小性能要件を表さない。この場合は,代替えとして,PL3 の適合性試験を

行わなければならない。

h)

  公式の中の項は,配線要素の性能を表すものではない。

表 A.8−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの PS NEXT 値(参考値) 

周波数

MHz

最小 PS NEXT

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1 57.0 62.2 62.0 62.0 62.0

16 42.2 52.2 52.2 62.0 62.0

100 29.3 39.3 39.3 62.0 62.0 
250

− 32.7 32.7

57.4 58.7

500

− 26.4

(24.8)

a)

52.9 53.1

600

− 51.7 51.7

1 000

− 46.1

(44.9)

a)

a)

  (  )内の数値は,構成が PL3 の場合に適用する[図 A.1 の c)  参照]。

A.2.5 

減衰対近端漏話比(ACR-N 

A.2.5.1 

一般 

ACR-の要求値は,クラス D,E,E

A

,F 及び F

A

だけに適用する。


90

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

A.2.5.2 

対間 ACR-N 

対間 ACR-は,デシベル単位での配線の対間 NEXT と挿入損失との差である。

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の組合せにおける ACR-は,それぞれのクラスの

表 A.5 

NEXT 要求値と表 A.3 の挿入損失要求値との差を満足しなければならない。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の組合せにおける対間 ACR-は,

表 A.9 に参

考情報として示す。

ACR-の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

対 と対 との間の ACR-N

ik

は,式(A.2)によって計算する。

ACR-N

ik

NEXT

ik

IL

k

  (A.2)

ここに,

i: 誘導対の順序数

k: 被誘導対の順序数

NEXT

ik

対 から対 へ結合された NEXT

IL

k

対 の挿入損失

表 A.9−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの ACR-N 値(参考値) 

周波数

MHz

最小 ACR-N

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1  60.2  61.0 61.0 61.0 61.0

16  37.5  47.5 47.6 58.1 58.2

100  11.9  23.3 24.0 47.3 47.7 
250

4.7  6.4 31.6 34.0

500

−12.9

(−14.3)

a)

13.8 16.4

600

− 8.1

10.8

1 000

−8.5

(−9.7)

a)

a)

  (  )内の数値は,構成が PL3 の場合に適用する[図 A.1 の c)  参照]。

A.2.5.3 

電力和 ACR-NPS ACR-N 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の PS ACR-は,それぞれのクラスの

表 A.7 の PS NEXT 要求

値と

表 A.3 の挿入損失要求値との差を満足しなければならない。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の組合せにおける PS ACR-の最大値を参考

情報として

表 A.10 に示す。

PS ACR-の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

対 の PS ACR-N

k

は,式(A.3)によって計算する。

PS ACR-N

k

PS NEXT

k

IL

k

  (A.3)

ここに,

k: 被誘導対の順序数

PS NEXT

k

対 の PS NEXT

IL

k

対 の挿入損失


91

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.10−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの PS ACR-N 値(参考値) 

周波数

MHz

最小 PS ACR-N

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1  53.0 58.0 58.0 58.0 58.0

16  34.5 45.1 45.2 55.1 55.2

100  8.9 20.8 21.5 44.3 44.7 
250

2.0  3.8 28.6 31.0

500

−15.7

(−16.3)

a)

10.8 13.4

600

− 5.1

7.8

1 000

−11.5

(−12.7)

a)

a)

  (  )内の数値は,構成が PL3 の場合に適用する[図 A.1 の c)  参照]。

A.2.6 

減衰対遠端漏話比(ACR-F 

A.2.6.1 

一般 

ACR-の要求値は,クラス D,E,E

A

,F 及び F

A

に適用する。

A.2.6.2 

対間 ACR-F 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の組合せにおける ACR-は,式(A.4)によって求めた要求値を

満足しなければならない。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対線の組合せの対間 ACR-を参考情報として

表 A.12 に示す。

対 から対 への ACR-F

ik

は,式(A.4)によって計算する。

ACR-F

ik

FEXT

ik

IL

k

   (A.4)

ここに,

i: 誘導対の順序数

k: 被誘導対の順序数

FEXT

ik

対 から対 へ結合された FEXT

IL

k

対 の挿入損失

注記  FEXT と被誘導対の挿入損失との差は,信号対雑音の結果に関係している。式(A.4)に計算され

た結果は,対の挿入損失と対応する FEXT の全ての可能な組合せをカバーする。


92

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.11−パーマネントリンク又は CP リンクの ACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 ACR-F

a)b)c)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

75

20

lg

20

8

.

63

10

10

lg

20

f

f

n

E 1≦f≦250

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

1

.

83

20

lg

20

8

.

67





×

+

f

f

n

E

A

1≦f≦500

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

1

.

83

20

lg

20

8

.

67





×

+

f

f

n

F 1≦f≦600

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

15

90

20

lg

20

94





×

+

f

f

n

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

9

.

103

20

lg

20

3

.

95





×

+

f

f

n

注記 1  n      構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[図 A.1 の a)b)  及び d)  参照] 
注記 2  n      構成 PL3 の場合,3[図 A.1 の c)  参照] 

a)

 FEXT の測定値が 70.0 dB 以上となる周波数における ACR-は,参考情報とする。

b)

  計算値が 65.0 dB 以上となる周波数における最小 ACR-は,65.0 dB とする。

c)

  公式の各項は,配線要素の性能を意味するものではない。

表 A.12−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの ACR-F 値(参考値) 

周波数

MHz

最小 ACR-F

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1  58.6 64.2 64.2 65.0 65.0

16  34.5 40.1 40.1 59.3 64.8

100  18.6 24.2 24.2 46.0 48.8 
250

−  16.2 16.2 39.2 40.8

500

− 10.2 34.0 34.8

600

− 32.6 33.2

1 000

− 28.8

A.2.6.3 

電力和減衰対遠端漏話比(PS ACR-F 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の PS ACR-は,

表 A.13 の公式によって求められた要求値を

満足しなければならない。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の PS ACR-は,参考情報として

表 A.14 に示

す。

対 の PS ACR-F

k

は,式(A.5)によって計算する。

k

n

k

i

i

FEXT

k

IL

F

ACR

PS

ik



=

=

,

1

10

10

lg

10

-

  (A.5)

ここに,

i: 誘導対の順序数

k: 被誘導対の順序数

n: 全対数

FEXT

ik

対 から対 へ結合された遠端漏話減衰量

IL

k

対 の挿入損失


93

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.13−パーマネントリンク又は CP リンクの PS ACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 PS ACR-F

a)b)c)

dB

D 1≦f≦100

( )

( )





×

+

20

lg

20

1

.

72

20

lg

20

8

.

60

10

10

lg

20

f

f

n

E 1≦f≦250

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

1

.

80

20

lg

20

8

.

64





×

+

f

f

n

E

A

1≦f≦500

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

1

.

80

20

lg

20

8

.

64





×

+

f

f

n

F 1≦f≦600

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

15

87

20

lg

20

91





×

+

f

f

n

F

A

1≦f≦1 000

( )

( )

10

10

lg

20

20

lg

20

9

.

100

20

lg

20

3

.

92





×

+

f

f

n

注記 1  n      構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[図 A.1 の a)b)  及び d)  参照] 
注記 2  n      構成 PL3 の場合,3[図 A.1 の c)  参照] 

a)

  PS FEXT の測定値が 70.0 dB 以上となる周波数における PS ACR-は,参考情報とする。

b)

  計算値が 62.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ACR-は,62.0 dB とする。

c)

  公式の各項は,配線要素の性能を意味するものではない。

表 A.14−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの PS ACR-F 値(参考値) 

周波数

MHz

最小 PS ACR-F

dB

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

1  55.6 61.2  61.2 62.0 62.0

16  31.5 37.1  37.1 56.3 61.7

100  15.6 21.2  21.2 43.0 45.8 
250

− 13.2 13.2

36.2 37.8

500

− 7.2

31.0

31.8

600

− 29.6 30.2

1 000

− 25.8

A.2.7 

直流(d.c.)ループ抵抗 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の直流ループ抵抗は,

表 A.15 の公式によって求められた要求

値を満足しなければならない。

測定値と

表 16 のチャネルの限界値とのマージンが十分あり,チャネルを構成するいかなる追加配線要素

にも適応することを実証することが,リンク性能を満たす方法となる。これは,パーマネントリンク又は

CP リンクの挿入損失要件及び伝搬遅延時間差要件が満たされていて,かつ,各導体の直流接続試験が実行

合格していれば満足する。

最大敷設長パーマネントリンクの各対の直流ループ抵抗は,

表 A.16 に示す。


94

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.15−パーマネントリンク又は CP リンクの直流ループ抵抗 

クラス

最大直流ループ抵抗

A 530 
B 140 
C 34 
D (L/100)×22+n×0.4

E (L/100)×22+n×0.4

E

A

(L/100)×22+n×0.4

F (L/100)×22+n×0.4

F

A

(L/100)×22+n×0.4

ここに, L

L

FC

L

CP

×Y

L

FC

  固定ケーブル長(m)

L

CP

 CP コード長(存在する場合)(m)

Y CP ケーブル挿入損失(dB/m)と固定水平ケーブル挿入損失(dB/m)

との比率(7.2.2.2 参照)

n

構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[

図 A.1 の a)b)  及び d)  参照]

n

構成 PL3 の場合,3[

図 A.1 の c)  参照]

表 A.16−最大敷設長パーマネントリンクの直流ループ抵抗 

最大直流ループ抵抗

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

530 140 34 21 21 21 21 21

A.2.8 

直流(d.c.)抵抗不平衡 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の 2 導体間の直流抵抗不平衡は,全てのクラスにおいて 3 %

を超えても 0.150 Ω を超えてもいけない。これは,設計によって達成しなければならない。

A.2.9 

伝搬遅延 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の伝搬遅延は,

表 A.17 の公式によって求められた要求値を満

足しなければならない。

測定値と

表 18 のチャネルの限界値とのマージンが,チャネルを構成するいかなる追加配線要素にも適応

するのに十分であることを実証することが,リンク性能を満たす方法となる。これは,パーマネントリン

ク又は CP リンクの挿入損失要件及び伝搬遅延時間差要件が満たされていれば満足する。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの各対の伝搬遅延は,参考情報として

表 A.18 に示す。


95

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.17−パーマネントリンク又は CP リンクの伝搬遅延 

クラス

周波数

MHz

最大伝搬遅延

µs

A

f=0.1 19.400

B 0.1≦f≦1 4.400 
C 1≦f≦16

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

D 1≦f≦100

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

E 1≦f≦250

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

E

A

1≦f≦500

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

F 1≦f≦600

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

F

A

1≦f≦1 000

(

)

(

)

5

002

.

0

036

.

0

534

.

0

100

/

×

+

+

×

n

f

L

ここに, L

L

FC

L

CP

L

FC

  固定ケーブル長(m)

L

CP

 CP コード長(存在する場合)(m)

n

構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[

図 A.1 の a)b)  及び d)  参照]

n

構成 PL3 の場合,3[

図 A.1 の c)  参照]

表 A.18−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの伝搬遅延 

周波数

MHz

最大伝搬遅延

µs

クラス A

クラス B

クラス C

クラス D

クラス E

クラス E

A

クラス F

クラス F

A

0.1 19.400  4.400

1

−  4.400 0.521 0.521 0.521 0.521 0.521 0.521

16

−  0.496 0.496 0.496 0.496 0.496 0.496

100

−  0.491 0.491 0.491 0.491 0.491

250

−  0.490 0.490 0.490 0.490

500

−  0.490 0.490 0.490

600

− 0.489

0.489

1 000

− 0.489

A.2.10 

伝搬遅延時間差 

パーマネントリンク又は CP リンクの全ての対間の伝搬遅延時間差は,

表 A.19 の公式によって求められ

た要求値を満足しなければならない。

測定値と

表 20 のチャネルの限界値とのマージンが,チャネルを構成するいかなる追加配線要素にも適応

するのに十分であることを実証することが,リンク性能を満たす方法となる。これは,パーマネントリン

ク又は CP リンクの挿入損失要件及び伝搬遅延要件が満たされていれば満足する。

主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの全ての対間の伝搬遅延時間差は,参考情報として

表 A.20 に示す。


96

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.19−パーマネントリンク又は CP リンクの伝搬遅延時間差 

クラス

周波数

MHz

最大伝搬遅延時間差

µs

A

f=0.1

適用外

B 0.1≦f≦1

適用外

C 1≦f≦16 (L/100)×0.045+n×0.001 25 
D 1≦f≦100 (L/100)×0.045+n×0.001 25 
E 1≦f≦250 (L/100)×0.045+n×0.001 25

E

A

1≦f≦500 (L/100)×0.045+n×0.001 25

F 1≦f≦600 (L/100)×0.025+n×0.001 25

F

A

1≦f≦1 000

(L/100)×0.025+n×0.001 25

ここに, L

L

FC

L

CP

L

FC

  固定ケーブル長(m)

L

CP

 CP コード長(存在する場合)(m)

n

構成 PL1,PL2 及び CP1 の場合,2[

図 A.1 の a)b)  及び d)  参照]

n

構成 PL3 の場合,3[

図 A.1 の c)  参照]

表 A.20−主要周波数における最大敷設長パーマネントリンクの伝搬遅延時間差 

クラス

周波数

MHz

最大伝搬遅延時間差

µs

A

f=0.1

適用外

B 0.1≦f≦1

適用外

C 1≦f≦16 0.044

a)

D 1≦f≦100 0.044

a)

E 1≦f≦250 0.044

a)

E

A

1≦f≦500 0.044

a)

F 1≦f≦600 0.026

b)

F

A

1≦f≦1 000

0.026

b)

a)

 0.9×0.045+3×0.001 25 の計算結果。

b)

 0.9×0.025+3×0.001 25 の計算結果。

A.2.11 

エイリアンクロストーク(エイリアン漏話) 

A.2.11.1 

一般 

次のエイリアン漏話の要件は,クラス E

A

及び F

A

だけに適用する。クラス F のエイリアン漏話は,クラ

ス E

A

で規定するエイリアン漏話性能と同等とみなしている。クラス E 配線のエイリアン漏話性能につい

ての情報は,ISO/IEC TR 24750 を参照する。

クラス E

A

又は F のパーマネントリンク又は CP リンクの結合減衰量が,それぞれに対応するチャネルの

結合減衰量の要件(箇条 参照)より少なくとも 10 dB 大きい場合,そして,クラス F

A

のパーマネントリ

ンク又は CP リンクの結合減衰量では,少なくとも 25 dB 大きい場合,A.2.11 の要件は,設計によって満

足する。

A.2.11.2 

電力和エイリアン NEXTPS ANEXT 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の PS ANEXT は,

表 A.21 の公式によって求められた要求値を

満足しなければならない。

PS ANEXT の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

対 の PS ANEXT

k

は,式(A.6)によって計算する。


97

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

=



10

1

1

,

,

10

lg

10

k

i

l

ANEXT

N

l

n

i

k

ANEXT

PS

  (A.6)

ここに,

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

i: 誘導リンク の誘導対の順序数

l: 誘導リンクの順序数

N: 誘導リンクの総数

n: 誘導リンク の誘導対数

ANEXT

l,i,k

誘導リンク の対 から被誘導リンクの対 へ結合される
エイリアン NEXT

表 A.21−パーマネントリンク又は CP リンクの PS ANEXT 

クラス

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

a)

dB

E

A

 b)

1≦f<100 80−10 lg (f)

100≦f≦500 90−15 lg (f)

F

A

1≦f<100 95−10 lg (f)

100≦f≦1 000

105−15 lg (f)

a)

  計算値が 67.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ANEXT は,67.0 dB とする。

b)

 100

MHz における総被誘導対の平均挿入損失(IL

100MHz,avg

)が 7 dB 未満の場合,100 MHz

以上では,それぞれの公式から次の式を引く。

×

×

×

400

100

6

,

7

400

100

7

minimum

avg

MHz,

100

avg

MHz,

100

f

IL

IL

f

ここに,

  f:  周波数(MHz)

IL

100MHz,avg

=

4

1

100MHz,

4

1

i

i

IL

IL

100MHz,

i

: 100 MHz における対 の挿入損失

表 A.22−主要周波数におけるパーマネントリンクの PS ANEXT 

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

dB

クラス E

A

クラス F

A

1 67.0 67.0

100 60.0 67.0 
250 54.0 67.0 
500 49.5 64.5

1 000

− 60.0

A.2.11.3 

平均電力和エイリアン NEXTPS ANEXT

avg

 

各パーマネントリンク又は CP リンクの PS ANEXT

avg

は,

表 A.23 の公式によって求められた要求値を満

足しなければならない。

PS ANEXT

avg

の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

PS ANEXT

avg

は,式(A.7)によって計算する。

=

=

n

k

k

ANEXT

PS

n

ANEXT

PS

1

avg

1

   (A.7)


98

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ここに,

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

n: 被誘導リンクの対数

PS ANEXT

k

: 被誘導チャネルの対 に対する電力和エイリアン NEXT

表 A.23−パーマネントリンク又は CP リンクの PS ANEXT

avg

クラス

周波数

MHz

最小 PS ANEXT

avg

a)b)c)

dB

E

A

1≦f≦100 82.25−10 lg (f)

100≦f≦500 92.25−15 lg (f)

a)

  計算値が 67.0 dB 以上となる周波数における最小 PS ANEXT

avg

は,67.0 dB とする。

b)

 100

MHz における総被誘導対の平均挿入損失(IL

100MHz,avg

)が 7 dB 未満の場合,100 MHz

以上では,それぞれの公式から次の式を引く。





×

×

×

400

100

6

,

7

400

100

7

minimum

avg

MHz,

100

avg

MHz,

100

f

IL

IL

f

ここに,

  f:  周波数(MHz)

IL

100MHz,avg

=

4

1

100MHz,

4

1

i

i

IL

IL

100MHz,

i

: 100 MHz における対 の挿入損失

c)

  表 A.21 におけるクラス F

A

の PS ANEXT 規定値が満足している場合,クラス F

A

リンクの

PS ANEXT

avg

は満足する。

表 A.24−主要周波数におけるパーマネントリンクの PS ANEXT

avg

周波数

MHz

クラス E

A

最小 PS ANEXT

avg

dB

1 67.0

100 62.3 
250 56.3 
500 51.8

A.2.11.4 

クラス E

A

パーマネントリンク又は CP リンクの PS AFEXT 

クラス E

A

の PS AFEXT は,次の式によって計算する。

AFEXT

norm

は,式(A.8)∼式(A.11)によって計算する。

もし,

IL

k

IL

l,i

>0  (A.8)

の場合,



+

=

i

l

k

k

i

l

k

i

l

k

i

l

IL

IL

IL

IL

AFEXT

AFEXT

,

,

,

,

,

,

norm

lg

10

   (A.9)

誘導リンク からある被誘導リンクの対 への対間エイリアン FEXT 測定値は,誘導リンクの挿入損失

と被誘導リンクの挿入損失との差によって正規化される。

もし,

IL

k

IL

l,i

≦0  (A.10)

の場合,

AFEXT

norml,i,k

AFEXT

l,i,k

  (A.11)


99

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ここに,

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

i: 誘導リンク の誘導対の順序数

l: 誘導リンクの順序数

AFEXT

l,i,k

対 から対 へ結合されるエイリアン遠端漏話減衰量

IL

k

被誘導リンクの対 の挿入損失測定値

IL

l,i

誘導リンク の対 の挿入損失測定値

PS AFEXT

k

は,式(A.12)に従って決定する。



=



N

l

n

i

AFEXT

k

k

i

l

AFEXT

PS

1

1

10

,

,

norm

10

lg

10

  (A.12)

ここに,

N: 誘導リンクの総数

n: 誘導リンク の誘導対数

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

i: 誘導リンク の誘導対の順序数

l: 誘導リンクの順序数

A.2.11.5 

クラス F

A

パーマネントリンク又は CP リンクの PS AFEXT 

PS AFEXT

k

は,式(A.13)に従って決定する。



=



N

l

n

i

AFEXT

k

k

i

l

AFEXT

PS

1

1

10

,

,

10

lg

10

  (A.13)

ここに,

N: 誘導リンクの総数

n: 誘導リンク の誘導対数

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

i: 誘導リンク の誘導対の順序数

l: 誘導リンクの順序数

A.2.11.6 

クラス E

A

及びクラス F

A

パーマネントリンク又は CP リンクの PS AACR-F 

パーマネントリンク又は CP リンクの各対の PS AACR-は,

表 A.25 の公式によって求められた要求値を

満足しなければならない。

PS AACR-は,配線の両端で満足しなければならない。 
PS AACR-は,誘導リンク及び被誘導リンクの挿入損失及び AFEXT を基に計算する。

被誘導対 の PS AACR-F

k

は,式(A.14)に従って決定する。

PS AACR-F

k

PS AFEXT

k

IL

k

  (A.14)

表 A.25−パーマネントリンク又は CP リンクの PS AACR-F 

クラス

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

a)b)

dB

E

A

1≦f≦500 77−20 lg (f)

F

A

1≦f≦1 000

92−20 lg (f)

a)

  PS AFEXT の 67.0 dB 又は 102−15 lg (f) dB を超える計算値に対応した周波数における

PS AACR-は,参考情報にすぎない。

b)

  計算値が 67.0 dB 以上となる周波数における最小 PS AACR-は,67.0 dB とする。


100

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 A.26−主要周波数におけるパーマネントリンクの PS AACR-F 

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

dB

クラス E

A

クラス F

A

1 67.0 67.0

100 37.0 52.0 
250 29.0 44.0 
500 23.0 38.0

1 000

− 32.0

A.2.11.7 

クラス E

A

及びクラス F

A

パーマネントリンク又は CP リンクの PS AACR-F

avg

各パーマネントリンク又は CP リンクの PS AACR-F

avg

は,

表 A.27 の公式によって求められた要求値を満

足しなければならない。

PS AACR-F

avg

の要求値は,配線の両端で満足しなければならない。

PS AACR-F

avg

は,式(A.15)によって計算する。

=

=

n

k

k

F

AACR

PS

n

F

AACR

PS

1

avg

-

1

-

  (A.15)

ここに,

k: 被誘導リンクの被誘導対の順序数

n: 誘導リンク の誘導対数

PS AACR-F

k

被誘導チャネルの対 の挿入損失に関係する被誘導チ
ャネルの対 に結合された電力和エイリアン遠端漏話
減衰量

表 A.27−パーマネントリンク又は CP リンクの PS AACR-F

avg

クラス

周波数

MHz

最小 PS AACR-F

avg

a)b)c)

dB

E

A

1≦f≦500 81−20 lg (f)

a)

  PS AFEXT

avg

の 67.0 dB 又は 102−15 lg (f) dB を超える計算値に対応した周波数における

PS AACR-F

avg

は,参考情報にすぎない。

b)

  計算値が 67.0 dB 以上となる周波数における最小 PS AACR-F

avg

は,67.0 dB とする。

c)

  表 A.25 のクラス F

A

の PS AACR-規定値が満足している場合,クラス F

A

リンクの PS 

AACR-F

avg

は満足する。

表 A.28−主要周波数におけるパーマネントリンクの PS AACR-F

avg

周波数

MHz

クラス E

A

最小 PS AACR-F

avg

dB

1 67.0

100 41.0 
250 33.0 
500 27.0


101

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 B

(規定) 
試験手順

B.1 

一般 

この附属書は,チャネルの試験,パーマネントリンクの試験及び CP リンクの試験が,この規格に確実

に適合するための要件及び推奨事項を含む。

B.2 

チャネル及びリンクの性能試験 

B.2.1 

一般 

性能試験は,次のいずれかの状況で実施する。

−  実験室では,規定された配線要素を使用して,規定どおり施工したチャネル,パーマネントリンク及

び CP リンクに対して実施する。

−  現場では,施工後に試験装置を使用して実施する。

この試験は,ISO/IEC 14763-2 にあるような,施工仕様に含まれる受入試験のいかなる要件からも独立

している。

適合試験には,次の 2 種類がある。

a)

基準適合試験  この試験は,箇条 の適合基準に対する評価が要求されている場合,実験室において

施工された配線の試料に対して行われる。評価文書は,試験されたチャネル又はリンクの数,評価基

準,供給者の公表及び証明書,研究室認証,校正証明などの詳細を含む。

この試験は,次の評価でも使うことが可能である。

−  実験室の試験装置及びフィールド試験器で行われた試験結果の比較

−  実験室環境における配線モデルの評価

−  施工状態で試験することができないパラメタの評価

b)

施工適合試験  この試験は,箇条 の適合基準に対する評価が要求されている場合,フィールドにお

いて完成した配線に対して行われる。

両方の種類の適合試験は,適合のより大きな保証を与えるために,独立又は第三者機関によって行われ

てもよい。基準試験は,タイプ試験としても知られている。

B.2.2 

平衡配線のチャネル,パーマネントリンク及び CP リンクの施工適合試験 

箇条 の要件の適合性を確認するための試験は,オプションである。施工適合試験は,次の場合に行う

べきである。

a)

チャネル,パーマネントリンク又は CP リンクが,箇条 の基準設計に規定する長さを超える場合又

は,より多くの構成要素をもつ場合。

b)

パーマネントリンク又は CP リンクが,箇条 及び箇条 10 に規定している伝送性能よりも低い構成要

素を使用している場合。

c)

チャネルが,箇条 9,箇条 10 及び箇条 13 に規定している伝送性能よりも低い構成要素を使用してい

る場合。

d)

チャネルが,箇条 及び

附属書 に適合したリンクの両端に複数のコードを接続して作られる場合。

e)

応用システムの特定のグループで使用可能かどうかを決めるために配線の評価をする場合。


102

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

f)

箇条 9,箇条 10 及び箇条 13 を用いて,箇条 に従って設計した配線性能の確認。

g)

表 32 で想定された範囲外の長さがあるケーブル部分を含むチャネル。

平衡配線のチャネル,パーマネントリンク及び CP リンクの試験手順は,IEC 61935-1 による。

B.2.3 

光ファイバ配線のチャネル,パーマネントリンク及び CP リンクの施工適合試験 

箇条 の要件の適合性を確認するための試験は,オプションである。施工適合試験は,次の場合に行う

べきである。

a)

特定グループの応用システムが使用できるかどうか判断するために配線を評価する場合。

b)

箇条 8,箇条 及び箇条 10 に従って設計した配線の性能を確認する場合。

光ファイバ配線のチャネル,

パーマネントリンク及び CP リンクの試験手順は,

ISO/IEC 14763-3

による。

B.3 

試験体系の概要 

各 2 種類の適合試験(B.2.1 参照)のための試験体系は,各伝送パラメタで定義する。平衡配線の基準適

合試験及び施工適合試験の試験体系は,

表 B.1 に示す。光ファイバ配線の基準適合試験及び施工適合試験

の試験体系は,

表 B.2 に示す。

表 B.1−基準適合試験及び施工適合試験の試験体系−平衡配線 

伝送パラメタ

b)

基準適合試験

施工適合試験

反射減衰量 N

N

挿入損失

N N

対間近端漏話減衰量(Pair-to-pair NEXT) N

N

電力和近端漏話減衰量(PS NEXT) C

C

対間減衰対近端漏話比(Pair-to-pair ACR-N) C

C

電力和減衰対近端漏話比(PS ACR-N) C

C

対間減衰対遠端漏話比(Pair-to-pair ACR-F) N

N

電力和減衰対遠端漏話比(PS ACR-F) C

C

直流ループ抵抗 N

N

直流抵抗不平衡 N

I

伝搬遅延

N N

伝搬遅延時間差 N

N

不平衡減衰量,近端(TCL) N

I

不平衡減衰量,遠端(ELTCTL) N

I

結合減衰量 N

I

電力和エイリアン(外因的)近端漏話減衰量(PS ANEXT) N

N

S

平均電力和エイリアン(外因的)近端漏話減衰量(PS ANEXT

avg

) C

C

電力和減衰対エイリアン(外因的)遠端漏話比(PS AACR-F) N  N

S

平均電力和減衰対エイリアン(外因的)遠端漏話比(PS AACR-F

avg

C C

ワイヤマップ N

N

連続性

−  信号導体

−  シールド導体(ある場合) 
−  回路短絡

−  回路開放

N N

長さ

a)

I I


103

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 B.1−基準適合試験及び施工適合試験の試験体系−平衡配線(続き) 

ここに, 
C  :計算値 
I

:参考(オプション)試験

N  :設計に適合しない場合,規定(100 %)試験 
Ns  :設計に適合しない場合,規定(サンプル)試験。テストされるべきサンプル量は,ISO/IEC 14763-2 による。
注記  “設計に適合しない”とは,適切な材料の選択及び施工技術に対する要件に適合しないこと。 

a)

  長さは,合格/不合格の基準ではない。

b)

  附属書 で要求する配線のクラスごとに規定したパラメタに限り試験する必要がある。

表 B.2−基準適合試験及び施工適合試験の試験体系−光ファイバ配線 

伝送パラメタ

基準適合試験

施工適合試験

減衰量

N N

伝搬遅延

a)

 I

I

極性

N N

長さ

I I

コネクタ反射減衰量

b)

 N

N

ここに, 
I

:参考(オプション)試験

N  :規定(100 %)試験 

a)

  伝搬遅延は,合格/不合格の基準ではない。

b)

  これは,接続器具の反射減衰量に対する要求事項である(箇条 10 参照)。


104

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 C 
(規定)

平衡配線用接続器具の機械的及び環境的性能試験

C.1 

一般 

接続器具の機械的及び環境的性能は,配線システムで重要な意味をもつ。操作(挿抜)及び環境負荷に

よって起こる接触抵抗の変化は,

配線システムの伝送特性に悪影響を与えることがある。

製品受入試験は,

試験する製品を種々の機械的及び環境的条件に置いて,あらかじめ定めた時間ごとに,かつ,それぞれ条

件付けされた手順を経て,抵抗値の偏差を測定することによって完了する。さらに,製品は,環境試験中

又は環境試験後に,機械的終端の緩み,安全又はその他の機能属性に関して,劣化の形跡(様相)があっ

てはならない。

しばしば接続器具は,無はんだ接続と分離できる接触インタフェース(自由コネクタインタフェース/

固定コネクタインタフェース)との組合せを含む。全ての接続点は,試験しなければならない。接続点及

び/又は分離できる接触インタフェースの組合せを一緒に試験する場合は,試験計画が接続のタイプで異

なるため,最も厳しい試験計画の適用を確実にするように注意するべきである。

この附属書は,特定の IEC のコネクタ規格に含まれていない接続のための機械的な接続性能要件を提供

する。この附属書は,国際規格が利用可能になり次第,その規格と差し替えられることになる。

注記  IEC 60603-7(非シールド)又は IEC 60603-7-1(シールド)の機械的及び環境的性能要件に適

合する接続インタフェースは,この附属書に適合する。これは,これらの規格が適切な試験を

指定しているからである。IEC 60603-7 以外の国際規格に含まれる接続インタフェースは,こ

の附属書で規定する機械的及び環境的性能要求を最低限満足しなければならない。

C.2 

無はんだ接続 

絶縁された導体でできている平衡ケーブルの無はんだ終端を確実に保証するため,

かつ,

接続器具内で,

構成要素間の無はんだ接続を確実に保証するために,無はんだ接続は,

表 C.1 の該当する規格の要件を満

たさなければならない。

表 C.1−無はんだ接続の規格 

接続タイプ

規格

圧着接続(Crimped connection)

IEC 60352-2 

接触可能圧接接続(Accessible IDC)

IEC 60352-3 

接触不可能圧接接続(Non-accessible IDC)

IEC 60352-4 

押し込み結線(Press-in connection)

IEC 60352-5 

アイピーシー(IPC)

IEC 60352-6 

バネクランプ結線(Spring clamp connection)

IEC 60352-7 

圧縮接続(Compression mount)

IEC 60352-8 

この箇条の次の部分で規定する場合を除き,

表 C.1 の関連規格の初期の評価基準及び状態を適用する。

圧接接続(IDC)では,最大の初期接触抵抗は,2.5 mΩ とする。環境試験中及び試験後の接触抵抗の最

大変化量は,初期値から 5 mΩ でなければならない。

次の試験条件は,IEC 60352 シリーズの形式試験(タイプ試験)要件によって詳しく規定されている。


105

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

−  耐振動試験:10 Hz∼500 Hz

−  低温(LCT)

:−40  ℃

−  電気的負荷及び温度試験:試験電流(直流 1 A)

C.3 

自由コネクタ及び固定コネクタ(モジュラプラグ及びモジュラジャック) 

自由コネクタ及び固定コネクタ(モジュラプラグ及びモジュラジャック)は,

表 C.2 で規定する適用規

格の信頼性要件に適合しなければならない。

表 C.2−自由コネクタ及び固定コネクタ(モジュラプラグ及びモジュラジャック)の 

無はんだ接続の規格 

カテゴリ及びシールドタイプ

規格

カテゴリ 3  非シールド

IEC 60603-7 

カテゴリ 3  シールド

IEC 60603-7-1 

カテゴリ 5  非シールド

IEC 60603-7-2 

カテゴリ 5  シールド

IEC 60603-7-3 

カテゴリ 6  非シールド

IEC 60603-7-4 

カテゴリ 6  シールド

IEC 60603-7-5 

カテゴリ 6

A

  非シールド

IEC 60603-7-41 

カテゴリ 6

A

  シールド

IEC 60603-7-51 

カテゴリ 7  シールド

IEC 60603-7-7 

カテゴリ 7

A

  シールド

IEC 60603-7-71

IEC 61076-3-104 又は

IEC 61076-3-110 

この箇条の次の部分で規定する場合を除き,

表 C.2 の関連規格の初期の評価基準及び状態を適用する。

自由コネクタ及び固定コネクタ

(モジュラプラグ及びモジュラジャック)

かん合回数

(挿入及び引抜き)

並びに無はんだ接続における導体の再終端の回数は,

表 C.3 の仕様による。

表 C.3−自由コネクタ及び固定コネクタ(モジュラプラグ及びモジュラジャック)操作マトリックス 

接続器具タイプ

挿入及び引抜き操作並びに導体再終端操作

最小操作回数

自由コネクタ 
(モジュラプラグ)

固定コネクタ(モジュラジャック)の挿入及び引抜き

750

ケーブル再終端 0

固定コネクタ

(モジュラジャック)

自由コネクタ(モジュラプラグ)の挿入及び引抜き 750

ケーブル再終端 20

a)b)

a)

  この値は再終端をする場合であり,再終端を意図しない接続器具の場合の値は,0 である。

b)

  導体サイズの範囲及びタイプは,製造業者の取扱説明書による。

再終端を行うときには,無はんだ接続では,検査して破片及び異物を取り除かなければならない。

C.4 

その他の接続器具 

その他の接続器具には,次のものが含まれる。

−  クロスコネクトブロック及びプラグ

−  ピン及びソケットコネクタ

自由コネクタ及び固定コネクタ(モジュラプラグ及びモジュラジャック)を除き,接続器具の信頼性は,

表 C.4 に示す規格中の適用可能な要件に適合することを実証しなければならない。接続器具は,製造業者


106

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

の使用上の取扱説明書に従って,終端,搭載及び操作しなければならない。最低 100 個の個別の電気的な

接触経路(例えば,接続器具の入力から出力)を試験し,不合格は,0 でなければならない。

次の試験は,製造業者の仕様書に従わなければならない。

−  寸法及び質量の試験

−  挿入及び引抜き力要件

−  コネクタ結合装置要件の有効性

−  ゲージング及びゲージングの連続性要件

−  接触抵抗試験の計画

−  振動(動的応力)試験の計画

表 C.4−その他の接続器具の信頼性試験の基準 

カテゴリ及びシールドタイプ

規格

全てのカテゴリ  非シールド

IEC 60603-7 

箇条 及び箇条 7

a)

全てのカテゴリ  シールド

IEC 60603-7

及び IEC 60603-7-1

a)

  ピン指定及びペア組み指定,沿面距離(絶縁物表面に沿った導電部相互間の最短距離)及び空間

距離,伝送特性,伝達インピーダンス及び試験グループ EP(伝送試験)を説明した副節を除く。

この箇条で規定していない場合,

表 C.4 の関連規格の標準的な評価基準及び状態を適用する。

その他の接続器具のかん合回数

(挿入及び引抜き)

並びに無はんだ接続における導体の再終端の回数は,

表 C.5 の仕様による。

表 C.5−その他の接続器具の操作マトリックス 

接続器具タイプ

挿入及び引抜き操作並びに導体再終端操作

最小操作回数

その他の接続器具 
自由コネクタ

固定コネクタの挿入及び引抜き 200

ケーブル再終端 0

その他の接続器具

固定コネクタ

自由コネクタの挿入及び引抜き 200

ケーブル再終端 20

a)b)

ジャンパ再終端 200

a)

  この値は再終端をする場合であり,再終端を意図しない接続器具の場合の値は,0 である。

b)

  導体サイズの範囲及びタイプは,製造業者の取扱説明書による。

再終端を行うときには,無はんだ接続では,検査して破片及び異物を取り除かなければならない。


107

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 D 
(参考) 
電磁特性

配線は,受動部品から構成される。そのため配線は,応用システム特定機器に接続した際に電磁両立性

(電磁適合性ともいう。

CISPR 22 及び CISPR 24)への適合性を検証することだけが可能となる。しか

し,ネットワーク設備の電磁特性は,配線の平衡度及び/又は配線のシールド性能などのパラメタによっ

て影響を受ける。

平衡度は,不平衡減衰量によって特性付けられる。不平衡減衰量は,不要なコモンモード信号電力と送

信された差動モード信号電力との比とする。配線システム内での非対称などの欠陥によって発生するこの

コモンモード信号は,電磁放射を引き起こし,ノイズ耐性に影響を及ぼす。不平衡減衰量は,ケーブル及

び接続器具を含む構成品に対して特性付けられる。

不平衡減衰量の限界値は,

配線に対しても与えられる。

構成品の不平衡減衰量試験方法は,100 MHz までの周波数で十分に確立されている。

シールドの効果は,ケーブル,接続器具及びパッチコードを含む構成品に対して特性付けられる。周波

数約 30 MHz までにおいては,構成品のシールド効果は,伝達インピーダンスによって特性付けることが

できる。伝達インピーダンスは,シールド内に流れる電流に対するシールドの 2 次側に出力された縦方向

電圧の比である。この不要な電流は,放射を引き起こし,ノイズ耐性に影響を及ぼす。より高い周波数で

は,シールド効果は,シールド減衰量によって特性付けてもよい。シールド減衰量は,シールド内部の導

体を流れるコモンモード信号とシールドの外部へ放出された信号との比とする。

平衡度及びシールド効果の特性は,一つのパラメタ,すなわち,結合減衰量に統合することができる。

結合減衰量は,必要な信号電力と配線から放出される不要電力との比とする。結合減衰量は,通常,30 MHz

から 1 000 MHz まで測定する。

結合減衰量は,シールドケーブル,非シールドケーブル,接続器具及び配線に適用できる。

構成品に対する試験方法及び要求事項は,開発されている。配線における結合減衰量の特性は,今後の

検討課題とする。

電磁特性のよい構成品の使用,システム全体でのシールド構成又は非シールド構成の使用及び製造業者

の説明に従った施工は,電磁特性のよい配線を達成するための一助となる。

応用システムの特定電子機器が構築され,CISPR 22 及び CISPR 24 への適合性を試験する場合には,こ

の規格で引用された構成品の電磁特性を,指針として用いるとよい。CISPR 要求事項とこれらの特性項目

との相互関係は,今後の課題の一つとする。


108

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 E

(参考)

平衡ケーブルの略号

ケーブル構造には多くの種類があり,それらの構造を短縮形で表現する記述体系も多い。これらの省略

形は,インピーダンスの違いを表すとともに構造の違いを表すために使われてきた。このような略語は,

多くの商品の資料に使われているが,標準規格で明確に定義されていなかったため,それぞれの文脈で同

じ用語が異なった種類の構造を意味することもできた。

この附属書は,このような状況を明らかにし,通信ケーブルに使われる主要ケーブル構造の省略形をど

のように使うかのガイダンスを与えることを目的とする。この附属書で述べられているケーブル構造とし

て,このドキュメントでは,平衡ケーブル,非シールド/シールドケーブル,及び非シールド/シールド

ケーブル要素という用語を用いる。

混乱を少なくするため,より体系的な命名法を,

図 E.1 で規定する。これらの考え方に基づいたケーブ

ル名称は,構造の種類だけを表すこととし,インピーダンスのような伝送特性は,表さないことが了解さ

れている。全てのシールドケーブル(個別又は全体か,フォイルされているか,編組されているか,又は

両方か)には,関係するシールドの全てを処理することが可能な,適合する接続器具が必要となる。

図 E.2 は,ケーブルの構造の例及びこの命名法に基づいた名称を示す。

X X / Y Z Z

略号

U=非シールド

F=フォイルシールド

S=編組シールド

SF=編組及びフォイルシールド

全体構造

U=非シールド

F=フォイルシールド

要素

TP=対撚り

TQ=カッド撚り

ペア又はカッド

 
U/UTP=全体が非シールドされたケーブルで非シールドの対よ(撚)り(しばしば UTP とも呼ばれる。)
F/UTP=全体がシールドされたケーブルで非シールドの対よ(撚)り(しばしば FTP とも呼ばれる。)
S/FTP=全体が編組シールドされたケーブルでフォイルシールドの対よ(撚)り(しばしば STP 又は

PiMF とも呼ばれる。)

SF/UTP=全体が編組及びフォイルシールドされたケーブルで非シールドの対よ(撚)り

図 E.1−ケーブル命名法 

よ(撚)り

対よ(撚)り


109

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

図 E.2−ケーブルの種類 

U/UTP:

U/UT

ケーブルシース

導体

ケーブルシース 
カッド

対/側回路

導体

F/UT
 
ケーブルシース 
フォイルシールド 

 
導体

U/FTQ:

U/FT

ケーブルシース

フォイル対シールド

ケーブルシース
フォイルシールド

カッド

対/側回路

導体

導体

SF/UT :

 
ケーブルシース 
編組シールド

フォイルシールド 

導体

S/FT :

S/FTP:

 
ケーブルシース   
編組シールド

フォイル対シールド

ケーブルシース

編組シールド 
フォイルシールド
カッド 
対/側回路

導体

導体

U/UTP: 

F/UTP: 

U/FTP: 

SF/UTP: 

S/FTP: 

S/FTQ: 

U/FTQ: 

U/UTQ: 


110

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 F

(参考)

使用可能な応用システム

F.1 

平衡配線システムで使用可能な応用システム 

この規格で規定した平衡配線システムは,この附属書に記載している応用システムを使用可能とするこ

とを意図している。表に記載されていない他の応用システムが使用可能となることもある。

平衡配線システムで使用可能となる応用システムは,この規格の箇条 で規定するチャネル性能クラス

と相互関係がある。

情報配線システムは,

光及び電気的平衡伝送を使用可能とするために設計されている。

不平衡伝送を用いる応用システムは,この規格の範囲外とする。

表 F.1 は,成熟した,又は技術的に堅実な国際仕様(例えば,発行された ITU 勧告,ATM フォーラム

規格,又は ISO/IEC 規格,少なくとも ISO/IEC で DIS の状態にあるもの)が規定している応用システム

から成っている。


111

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.1−平衡配線で使用可能な応用システム 

応用システム

参考規格

制定

備考

クラス A(最大 0.1 MHz)

PBX

各国の規格

X.21

ITU-T Rec.X.21 

1992

V.11

ITU-T Rec.V.11 

1996

クラス B(最大 1 MHz)

S0 バス(拡張)

ITU-T Rec.I.430 

1993 ISDN 基本群(物理層)

S0 ポイントツーポイント

ITU-T Rec.I.430 

1993 ISD2 基本群(物理層)

S1/S2

ITU-T Rec.I.431 

1993 ISDN 一次群(物理層)

クラス C(最大 16 MHz)

Ethernet 10BASE-T

IEEE 802.3, Clause 14

a)

 2005

CSMA/CD

IEEE 802.3i

Token Ring 4 Mbit/s

ISO/IEC 8802-5 

1999

ATM LAN 25.60 Mbit/s

ATM Forum af-phy-0040.000

1995

ATM-25/

カテゴリ 3

ATM LAN 51.84 Mbit/s

ATM Forum af-phy-0018.000

1994

ATM-52/

カテゴリ 3

ATM LAN 55.52 Mbit/s

ATM Forum af-phy-0047.000

1995

ATM-155/

カテゴリ 3

クラス D 1995(最大 100 MHz)

Token Ring 16 Mbit/s

ISO/IEC 8802-5 

1999

IEEE 80.5:1998

ATM LAN 155.52 Mbit/s

ATM Forum af-phy-0015.000

1994

ATM-155/

カテゴリ 5

Ethernet 100BASE-TX

a)b)

IEEE 802.3, Clause 25

a)

 2005

ファーストイーサネット,IEEE 802.3u 

Token Ring 100 Mbit/s

IEEE 8802-5t 

2000

PoE

IEEE 802.3 af 

2005

パワーオーバイーサネット,IEEE 802.3af

クラス D 2002(最大 100 MHz)

Ethernet 1000BASE-T

IEEE 802.3, Clause 40

a)

 2005

ギガビットイーサネット,IEEE 802.3

a)b)

Fibre Channel 1 Gbit/s

ISO/IEC 14165-115 

2007

ツイストペアファイバチャネル 1G

Firewire 100 Mbit/s

IEEE 1394b 

2002

ファイヤワイヤ/カテゴリ 5

PoE+

IEEE 802.3at

b)

 2009

パワーオーバイーサネットプラス

クラス E 2002(最大 250 MHz)

ATM LAN 1.2Gbit/s

ATM Forum af-phy-0162.000

2001

ATM-1200

/カテゴリ 6

クラス E

A

 2008(最大 500 MHz)

Ethernet 10GBASE-T

IEEE 802.3, Clause 44

2006

10 ギガビットイーサネット,IEEE 802.3an

Fibre Channel 2 Gbit/s

INCITS 435

2007

ツ イ ス ト ペ ア フ ァ イ バ チ ャ ネ ル
2G-FCBASE-T

Fibre Channel 4 Gbit/s

INCITS 435

2007

ツ イ ス ト ペ ア フ ァ イ バ チ ャ ネ ル
4G-FCBASE-T

クラス F 2002(最大 600 MHz)

FC-100 MByte/s

ISO/IEC 14165-114 

2005 FC-100-DF-EL-S

注記 1  与えられたクラスによってサポートされた応用システムは,より上位のクラスによっても,また,サポー

トされる。より下位のクラスでも,当該チャネルにおいて応用システムの性能基準を満たす場合,幾つか

の応用システムは動作する。

注記 2  クラス E 2002 チャネルの最小性能では,10GBase-T をサポートしない。ISO/IEC TR 24750 で規定した追加

要件を満たせば,カテゴリ 6 の 2002 構成要素を使って敷設されたチャネルは,10GBase-T をサポートする。

これは,チャネルが 100 m より短い場合に限られる。新しい施設に対しては,クラス E

A

又はそれ以上のク

ラスが推奨される。

a)

  IEEE 802.3af:2003(PoE)及び IEEE 802.3at:2009(PoE Plus)によって定義された遠隔電力供給を含む。

b)

  遠隔電力を要求する応用システムをサポートするために使われるチャネルに対しては,ISO/IEC TR 29125 

参照する。


112

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.2−応用システムにおけるモジュラコネクタピン配列 

応用システム

ピン 1 及び 2

ピン 3 及び 6

ピン 4 及び 5

ピン 7 及び 8

PBX

クラス A

a)

クラス A

a)

クラス A

クラス A

a)

X.21

クラス A

クラス A

V.11

クラス A

クラス A

S0 バス(拡張)

b) 

クラス B

クラス B

b) 

S0 ポントツーポイント

b) 

クラス B

クラス B

b) 

S1/S2

クラス B

c) 

クラス B

b) 

Ethernet 10BASE-T

クラス C

クラス C

b) b) 

Token Ring 4 Mbit/s

クラス C

クラス C

ATM-25  カテゴリ 3

クラス C

 クラス C

ATM-51  カテゴリ 3

クラス C

 クラス C

ATM-155  カテゴリ 3

クラス C

 クラス C

Token Ring 16 Mbit/s

クラス D

クラス D

ATM-155  カテゴリ 5

クラス D

 クラス D

Ethernet 100BASE-TX

クラス D

クラス D

Token Ring 100 Mbit/s

クラス D

クラス D

Ethernet 1000BASE-T

クラス D

クラス D

クラス D

クラス D

1G FCBASE-T

クラス D

クラス D

クラス D

クラス D

ATM-1200  カテゴリ 6

クラス E

クラス E

クラス E

クラス E

Ethernet 10GBASE-T

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

2G FCBase-T

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

4G FCBase-T

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

クラス E

A

FC-100-DF-EL-S

d)

クラス F

クラス F

a)

  製造業者による任意選択

b)

  付加的な電源供給

c)

  シールドケーブルの連続性のための任意選択

d)

  ISO/IEC 14165-114 に IEC 61076-3-104 として規定された屋外の任意通信アウトレット

F.2 

光ファイバ配線で使用可能な応用システム 

この規格で規定する光ファイバ配線は,この附属書に記載されている応用システムを使用可能とするこ

とを意図している。表に記載されていない他の応用システムが使用可能となることもある。

光ファイバ配線の応用システムは,箇条 で規定するチャネル性能クラスと相互関係がある。

表 F.3 

成熟した,

又は技術的に堅実な国際仕様

(例えば,

発行された ITU 勧告,

ATM

フォーラム規格,

又は ISO/IEC

規格,少なくとも ISO/IEC で DIS の状態にあるもの)が規定している応用システムから成っている。さら

に,

表 F.3 には,将来の国際規格として準備されている応用システムが記載されている。

応用システムの詳細は,箇条 に含まれるそれぞれの光ファイバ種類のために示されている。そして,

最大チャネル長に関しては,付加情報が

表 F.3,表 F.4 及び表 F.5 に示されている。光ファイバ種類 OM1,

OM2,OM3,OM4,OS1 及び OS2 については,箇条 に述べられている。

最大チャネル長は,チャネル内の接続器具による合計接続減衰量 1.5 dB を前提としている。


113

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.3−光ファイバ配線システムで使用可能な応用システム 

ネットワーク

応用システム

最大チャネル挿入損失 dB

JIS X 5150

チャネル適用

マルチモード

a)

シングル

モード

OM1 光ファイバ OM2 光ファイバ OM3/OM4 光ファイバ OS1/OS2 光ファイバ

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

850 nm

1 300 nm

850 nm

1 300 nm

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

1 550 nm

IEEE 802.3: 10BASE-Fland FB

b)

 12.5

(6.8)

− OF-2

000

 OF-2

000

 OF-2

000

ISO/IEC TR 11802-4: 4 and 16 
Mbit/s Token Ring

b)

13.0 (8.0)

− OF-2

000

 OF-2

000

 OF-2

000

ATM at 52 Mbit/s

c)

 NA

10.0

(5.3)

10.0

 OF-2

000  OF-2

000

OF-2 000

OF-2 000

ATM at 155 Mbit/s

c)

7.2

10.0 (5.3)

7.0

OF-500

OF-2 000

OF-500

OF-2 000

OF-500

OF-2 000

OF-2 000

ATM at 622 Mbit/s

b)c)d)

 4.0  6.0

(2.0)

7.0

OF-300

OF-500

OF-300

OF-500

OF-300

OF-500

OF-2 000

ISO/IEC 14165-111: Fibre Channel 
(FC-PH) at 1062 Mbit/s

c)d)

4.0

− 6.0

OF-300

 OF-500

 OF-500

 OF-2

000

IEEE 802.3: 1000BASE-SX

d)

 2.6

(3.56)  −

e) 

 OF-500

 OF-500

IEEE 802.3: 1000BASE-LX

c)d)

− 2.35  4.56  OF-500  OF-500

 OF-500

OF-2

000

JIS X 5263: FDDI PMD

b)

− 11.0

(6.0)

 OF-2

000  OF-2

000

 OF-2

000

ISO/IEC 9314-4: FDDI SMF-PMD

c)

− 10.0

 OF-2

000

ISO/IEC 8802-3: 100BASE-FX

b)

11.0

(6.0)

 OF-2

000  OF-2000

 OF-2

000

IEEE 802.3: 10GBASE-LX4

2.00

6.20

 OF-300  OF-300

 OF-300

OF-2

000

IEEE 802.3: 10GBASE-ER/EW

10.9

 OF-2

000

IEEE 802.3: 10GBASE-SR/SW

1.60 (62.5) 
1.80 (OM2 50)
2.60 (OM3)

 OF-300

IEEE 802.3: 10GBASE-LR/LW

c)

− 6.20

 OF-2

000

IEEE 802.3: 40GBASE-SR4

1.9 (OM3) 
1.5 (OM4)

IEEE 802.3: 40GBASE-LR4

− 6.7

 OF-2

000

IEEE 802.3: 100GBASE-SR4

1.9 (OM3) 
1.5 (OM4)

IEEE 802.3: 100GBASE-LR4

− 8.3

 OF-2

000

IEEE 802.3: 100GBASE-ER4

− 18.0

 OF-2

000

1 Gbit/s FC (1.0625 GBd)

3.85 (OM2 50)
2.62 (OM-3)

− 7.8

 OF-500

 OF-500

 OF-2

000

11
3

X 51

50

201

6

 (ISO/IEC

 1

1

801


20
1

1

)


114

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.3−光ファイバ配線システムで使用可能な応用システム(続き) 

ネットワーク

応用システム

最大チャネル挿入損失 dB

JIS X 5150

チャネル適用

マルチモード

a)

シングル

モード

OM1 光ファイバ OM2 光ファイバ OM3/OM4 光ファイバ OS1/OS2 光ファイバ

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

850 nm

1 300 nm

850 nm

1 300 nm

850 nm

1 300 nm

1 310 nm

1 550 nm

2 Gbit/s FC (2.125 GBd)

2.1 (OM1 50) 
2.62 (OM2 50)
3.31 (OM3)

− 7.8

 OF-300

 OF-300

 OF-2

000

4 Gbit/s FC (4.25 GBd)

2.06 (OM2 50)
2.88 (OM3) 
3.02 (OM4)

− 4.8

 OF-300

 OF-2

000

8 Gbit/s FC (8.5 GBd)

1.68 (OM2 50)
2.19 (OM3) 
2.22 (OM4)

− 6.4

 OF-2

000

16 Gbit/s FC (14.025 GBd)

1.63 (OM2 50)
1.95 (OM3) 
1.97 (OM4)

− 6.4

 OF-2

000

a)

  示された値は,62.5/125 及び 50/125 のマルチモードファイバに対応する。ただし,50/125 で異なるものを括弧内に示す。

b)

  チャネル長は,50 μm 光ファイバに制限される。詳細については,関連する応用システムの規格を参照。

c)

  シングルモード光ファイバでのチャネル長は,もっと長いことがある。しかし,これはこの規格の範囲外である。詳細については,関連する応用システムの規

格を参照。

d)

  示されたチャネル長で帯域幅制限となる応用システム。示された値を超えるチャネルを作るために,より低い減衰量の構成要素を使うことは推奨されない。

e)

  表 F.4 参照。

1

14

X 51

50

201

6

 (ISO/IEC

 1

1

801


20
1

1

)


115

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.4−マルチモードファイバのための光ファイバ応用システムで使用可能な最大チャネル長 

ネットワーク応用システム

公称伝送波長

nm

最大チャネル長 m

50/125 µm 光ファイバ

62.5/125 µm 光ファイバ

IEEE 802.3: FOIRL

850

514

1 000

IEEE 802.3: 10BASE-FL & FB

850

1 514

2 000

ISO/IEC TR 11802-4: 4 & 16 Mbit/s Token Ring

850

1 857

2 000

ATM at 155 Mbit/s

850

1 000

b)

 1 000

a)

ATM at 622 Mbit/s

850

300

b)

 300

a)

ISO/IEC 14165-111: Fibre Channel (FC-PH) at 
1 062 Mbit/s

d)

850 500

b)

 300

a)

IEEE 802.3: 1000BASE-SX

d)

 850

550

b)

 275

a)

IEEE 802.3: 10GBASE-SR

d)

 850

300

e)

IEEE 802.3: 40GBASE-SR4

d)

 850

100

c)

,150

f)

IEEE 802.3: 100GBASE-SR10

d)

 850

100

c)

,150

f)

1 Gbps FC (1.0625 GBd)

d)

 850

500

300

b)

2 Gbps FC (2.125 GBd)

d)

 850

150

a)

,300

b)

4 Gbps FC (4.25 GBd)

d)

 850

150

b)

,380

c)

,420

e)

8 Gbps FC (8.5 GBd)

d)

 850

50

b)

,150

c)

,190

e)

16 Gbps FC (14.025 GBd)

d)

 850

35

b)

,100

c)

,125

e)

JIS X 5263: FDDI PMD

1 300

2 000

2 000

IEEE 802.3: 100BASE-FX

1 300

2 000

2 000

IEEE 802.5t: 100 Mbit/s Token Ring

1 300

2 000

2 000

ATM at 52 Mbit/s

1 300

2 000

2 000

ATM at 155 Mbit/s

1 300

2 000

2 000

ATM at 622 Mbit/s

1 300

330

500

IEEE 802.3: 1000BASE-LX

d)

 1 300

550

b)

 550

a)

IEEE 802.3: 10GBASE-LX4

d)

 1 300

300

a)

 300

a)

a)

  カテゴリ OM1 の光ファイバ性能に規定される。

b)

  カテゴリ OM2 の光ファイバ性能に規定される。

c)

  カテゴリ OM3 の光ファイバ性能に規定される。

d)

  これらの応用システムでは示されたチャネル長で帯域幅制限がある。示された値を超えるチャネルを作るた

めに,より低い減衰の構成要素を使うことは推奨されない。

e)

  カテゴリ OM4 の光ファイバ性能に規定される。

f)

  カテゴリ OM4 の光ファイバ性能に規定される(最大の接続損失として 1.0 dB)。


116

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 F.5−シングルモードファイバのための光ファイバ応用システムで使用可能な最大チャネル長 

ネットワーク応用システム

公称伝送波長 nm

最大チャネル長  m

ISO/IEC 9314-4: FDDI SMF-PMD

1 310

2 000

ATM at 52 Mbit/s

1 310

2 000

ATM at 155 Mbit/s

1 310

2 000

ATM at 622 Mbit/s

1 310

2 000

ISO/IEC 14165-111: Fibre Channel (FC-PH) at 1 062 Mbit/s

1 310

2 000

IEEE 802.3: 1000BASE-LX

1 310

2 000

IEEE 802.3: 40GBASE-LR4

1 310

2 000

IEEE 802.3: 100GBASE-LR4

1 310

2 000

1 Gbit/s/s FC (1.0625 GBd)

1 310

2 000

2 Gbit/s/s FC (2.125 GBd)

1 310

2 000

4 Gbit/s/s FC (4.25 GBd)

1 310

2 000

8 Gbit/s/s (8.5 GBd)

1 310

2 000

16 Gbit/s/s (14.025 GBd)

1 310

2 000

10 Gbit/s/s FC

1 310

検討中

IEEE 802.3: 10GBASE-LR/LW

1 310

2 000

1 Gbit/s/s FC

1 550

2 000

2 Gbit/s/s FC

1 550

2 000

IEEE 802.3: 10GBASE-ER/EW

1 550

2 000

IEEE 802.3: 100GBASE-ER4

1 550

1 550


117

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

附属書 G 
(参考)

平衡配線のチャネル及びパーマネントリンクのモデル

G.1 

一般 

定義されたチャネル及びパーマネントリンク配線構成の限界値は,使用された配線構成要素の性能に依

存する。チャネル構成は,5.6 で説明する。配線の固定部分を表すパーマネントリンク構成は,二つの可能

なトポロジをもっている。

−  一つのケーブルの両端に接続がある構成(2 コネクタトポロジ)

−  一つのケーブルの両端に接続があり,その片方の接続は別のケーブルと接続され,別のケーブルの反

対側にも接続がある構成(3 コネクタトポロジ)

この附属書は,この規格でチャネル及びパーマネントリンクの試験構成の限界値を立証するモデル及び

前提を含む。これらは,IEC 規格で規定されるケーブル及び接続器具の性能要件に基づく。

パーマネントリンクの限界値は,全ての場合において,チャネルの限界値より厳しく設定される。この

ことは,前もって保証されたパーマネントリンクに適切なパッチコードを追加したチャネルが,適用され

る性能限界値を満たすことになるという合理的な保証を与えている。

注記  この附属書は,両端にパッチコードを追加することによってチャネルとなるパーマネントリン

ク構成の部分である固定された配線の試験構成を解説するものではない。この附属書で示され

た方法は,これらの構成部分の適切な限界値を究明するために使用することができる。

G.2 

挿入損失 

G.2.1 

チャネルにおける挿入損失 

チャネルにおける挿入損失(IL)の限界値は,全てのクラスにおいて,次と等しい。

−  四つのコネクタ,90 m 水平ケーブル,及び 10 m パッチケーブルの挿入損失(IL)の総合計。

−  挿入損失偏差の許容量。

IL

CH

IL

cable 90 m

IL

cord 10 m

+4IL

connector

IL

dev

  (G.1)

ここに,

IL

CH

チャネルの挿入損失の限界値(dB)

IL

cable 90 m

=0.9α

cable 100 m

ϑ

   (G.2)

式(G.2)は,90 m の単線水平ケーブルの挿入損失の限界値(dB)

これは,

ϑ  ℃での 100 m の単線ケーブルの限界値の 0.9 倍と等しい。

IL

cord 10 m

=0.1IL

cord 100 m

ϑ

=0.15α

cable 100 m

ϑ

  (G.3)

式(G.3)は,挿入損失が単線ケーブルより単位長さ当たり 50 %高いよ(撚)り導体の 10 m ケーブルの限

界値(dB)

ここに,  IL

connector

コネクタ一つの挿入損失の限界値(dB)

IL

dev

挿入損失偏差(dB)

注記  挿入損失偏差は,リンク構成内の反射の結果生じる。リンクの実際の挿入損失は,リンク内の

配線構成要素の挿入損失と挿入損失偏差との総計とする。


118

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

表 G.1−挿入損失偏差 

クラス

チャネル構成での ILD の重要性

推定値

C

重要ではない 0

dB(1 MHz∼16 MHz)

D

重要ではない 0

dB(1 MHz∼100 MHz)

E

重要:ただし,全体配線長の縮小又は改善された

構成要素の使用によって調整される。

1.0 dB(250 MHz)

F

重要:ただし,全体配線長の縮小又は改善された

構成要素の使用によって調整される。

2.0 dB(600 MHz)

全てのケーブル寄与分は結合でき,結果として式(G.4)の等式が成り立つ。

IL

CH

=1.05α

cable 100 m

ϑ

+4IL

connector

IL

dev

   (G.4)

G.2.2 

パーマネントリンクにおける挿入損失 

全てのパーマネントリンク試験構成の挿入損失(IL)の限界値は,全てのクラスにおいて,最大の長さ

の水平配線,パッチケーブル配線,及び三つのコネクタの挿入損失の合計に挿入損失偏差の許容量を加え

たものと等しい。

式(G.5)を適用する。

IL

PL

=0.9α

cable 100 m

ϑ

+3IL

connector

IL

dev

   (G.5)

G.2.3 

挿入損失の前提 

G.2.3.1 

ケーブルの挿入損失の温度依存性 

ツイストペアケーブルの挿入損失(IL)は温度に敏感である。ケーブルの性能要件は 20  ℃で規定され

る。温度 ϑ(℃)における 100 m 当たりの挿入損失は,式(G.6)である。

(

)

ϑ

ϑ

+

=

ϑ

100

_

20

1

m

100

cable

m

100

cable

coeff

α

α

  (G.6)

ここに,  α

cable 100 m ϑ

温度

ϑ

(℃)での 100 m ケーブルの挿入損失(dB)

α

cable 100 m

20  ℃での 100 m ケーブルの挿入損失(dB)

ϑ

_coeff: 温度係数(%/℃)

この公式は,

20  ℃以外の動作温度でのチャネル及びパーマネントリンクの試験で限界値を計算するため

に用いることができる。温度係数値については,

表 33

及び

表 34

注記

を参照する。

G.2.3.2 

パーマネントリンクの挿入損失の前提 

次の前提は,挿入損失のチャネル及びパーマネントリンクモデルに適用可能となる。

−  コネクタ二つだけをもつパーマネントリンクを試験する場合,パーマネントリンク内のコネクタ三つ

の前提は緩和される。両端に適切なパッチコードを追加することによって得られたチャネルは,結果

として常に適切なチャネルとなる。しかし,分岐点を含むコネクタ三つのパーマネントリンクとなる

ように追加配線するのであれば,このパーマネントリンク構成について再試験を行うことが望ましい。

パーマネントリンクの ILD は,チャネルの ILD よりも小さい。

G.3 NEXT 

G.3.1 

チャネルにおける NEXT 

チャネルにおける NEXT の限界値は,全てのクラスにおいて,次の式に示すように,ケーブルの NEXT

と接続器具の NEXT の 2 倍との電圧和で計算される。


119

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

)

dB

(

10

2

10

lg

20

20

20

CH

connector

m

100

cable



×

+

=

NEXT

NEXT

NEXT

  (G.7)

ここに,

NEXT

CH

チャネルにおける NEXT の限界値(dB)

NEXT

cable 100 m

長さ 100 m のケーブルでの規定された NEXT(dB)

NEXT

connector

一つのコネクタでの NEXT の限界値(dB)

四つあるコネクタのうちの近端の二つだけが,チャネルにおける NEXT 性能に著しく影響を与える。

G.3.2 

パーマネントリンクにおける NEXT 

全てのパーマネントリンクにおける NEXT の限界値は,全てのクラスにおいて,次の式に示すように,

ケーブルの NEXT と接続器具一つの NEXT との電圧和に等しい。

)

dB

(

10

10

lg

20

20

20

PL

connector

m

100

cable



+

=

NEXT

NEXT

NEXT

   (G.8)

ここに,  NEXT

PL

: パーマネントリンクの NEXT の限界値(dB)

パーマネントリンクは,付加的なコネクタ(CP)を含んでいるかもしれないが,規格限界の計算は付加

的なコネクタを全く反映しない。CP の影響は,

G.3.3.1

において説明しているように,より精度の高いモ

デルを使って調整する。

G.3.3 NEXT

の前提 

G.3.3.1 

より精度の高い NEXT のモデリング 

チャネル及びパーマネントリンクの限界値を計算する方法は,ケーブル及び接続器具の NEXT の仕様値

を使って推定できる NEXT の非常に正確な量を表現するとはいえない。配線構成要素の性能によるチャネ

ル及びパーマネントリンクの NEXT 評価をより詳細な方法で予測すると,より正確な予測となるが,この

モデルは,

G.3.3.2

で更に示されるように確度制限も含んでいる。

次に,より詳細な方法の原則を示す。

1)

  チャネル又はパーマネントリンクの個々の構成要素の,入力に差し戻された NEXT の影響分を決定す

る。このことは,一つの要素が,測定点で直接的に(NEXT をもつもの)ではなく,その要素自体及

び測定点間の全ての要素の往復の挿入損失によって改善された NEXT をもつことを意味する。

2)

  距離及び試験周波数の適切な選択によって,NEXT の位相は同相で加算できるので,コネクタからの

全ての寄与分を電圧和(最も悪いケース)の方法で加算する。

3)

  ケーブルからの全ての寄与分は,NEXT 寄与分の位相の相互関係がないので,電力和の方法で加算す

る。

4)

  コネクタの NEXT 及びケーブルの NEXT は,2 者の間で相互関係がないので,二つの合計を電力和の

方法で加算する。

この方法の例は,ワークエリア位置(CP と TO とは近接)から測定される 3 コネクタのパーマネントリ

ンク構成に基づく(

図 G.1

参照)

C2

(単線)

(単線)

測定方向

CP

TO

図 G.1

より高い精度をもつ NEXT の計算の例 


120

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ステップ 1

:TO の寄与分

NEXT

connector

TO

NEXT

connector

  (G.9)

ここに,  NEXT

connector

TO

端から見た TO の NEXT の影響分

TO: 測定点と直接接続された構成要素

ステップ 2

:ケーブル d の寄与分

100 m 以下のケーブルの NEXT は,次の式(

IEC 61156-1

参照,この公式は全ての条長で使用される。

による。

=

5

5

m

100

cable

cable,

m

100

cable

cable,

10

1

10

1

lg

10

α

L

IL

L

NEXT

NEXT

  (G.10)

ここに,

  NEXT

cable,L

長さ

L m

のケーブルの

NEXT

α

cable 100 m

長さ

100 m

のケーブルの挿入損失(

dB

また,

m

100

cable

cable,

100

α

L

K

IL

L

=

単線導体ケーブルは K=1,より導体ケーブルは K=1.5

したがって,長さ L

d

のケーブル d の NEXT の寄与分は,次の式による(K=1 のとき,TO の 2 倍の挿入

損失によって改善される。

)

dB

(

2

10

1

10

1

lg

10

connector

5

5

100

m

100

cable

d

cable,

m

100

cable

m

100

cable

d

IL

NEXT

NEXT

L

+





=

α

α

 ···· (G.11)

ステップ 3

:分岐点コネクタの寄与分

)

dB

(

100

2

m

100

cable

d

connector

connector

CP

connector,

+

+

=

α

L

IL

NEXT

NEXT

  (G.12)

ここに,

  NEXT

connector,CP

端から見た

CP

NEXT

の影響分

ステップ 4

:ケーブル

c

の寄与分

+

+





=

m

100

cable

d

connector

5

5

100

m

100

cable

c

cable,

100

2

2

10

1

10

1

lg

10

m

100

cable

m

100

cable

c

α

α

α

L

IL

NEXT

NEXT

L

 ··· (G.13)

ステップ 5

:フロア配線盤のコネクタ C2 の寄与分

(

)

)

dB

(

100

2

2

m

100

cable

c

d

connector

connector

C2

connector,

+

+

+

=

α

L

L

IL

NEXT

NEXT

···· (G.14)

ここに,  NEXT

connector,C2

端から見た C2 の NEXT の影響分

ステップ 6

:コネクタからの全ての NEXT の寄与分を電圧和の方法で加算



+

+

=

20

20

20

all

connector,

C2

connector,

CP

connector,

TO

connector,

10

10

10

lg

20

NEXT

NEXT

NEXT

NEXT

 · (G.15)


121

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ステップ 7

:ケーブルからの全ての NEXT の寄与分を電力和の方法で加算



+

=

10

10

all

cable,

c

cable,

d

cable,

10

10

lg

10

NEXT

NEXT

NEXT

  (G.16)

ステップ 8

:全てのケーブル及び全てのコネクタからの NEXT の寄与分を電力和の方法で加算



+

=

10

10

TO

PL,

all

connector,

all

cable,

10

10

lg

10

NEXT

NEXT

NEXT

  (G.17)

ここに,  NEXT

PL,TO

TO 側から見たパーマネントリンクにおける NEXT

同じ方法を,チャネル構成及び全てのパーマネントリンク構成に対して両端から適用できる。

この詳細なモデルの結果を

G.3.2

による予測と比較した場合,簡潔なモデルは,クラス D 及びクラス E

の,チャネルとパーマネントリンクとでは,2∼3 dB 悪いことが分かる。このマージンは,実質的には長

さとは無関係である(短いリンクでは,ケーブルからの NEXT はさほど重要ではないが,遠端のコネクタ

からの NEXT が大きく影響する。長いリンクでは,これらの状態が逆になる。最初の近似において,これ

らの効果を互いに相殺する。

。クラス F のリンクでは,詳細な予測は,短いチャネル及びパーマネントリ

ンクでは悪くなる。したがって,挿入損失の合計がこの標準で決められた値より低いときは,クラス F リ

ンクの限界値は適用しなくてもよい。

計算された限界値のマージンのもう一つの結果は,配線構成要素がそれらの個々の要件を満足していな

いことがあり,そのような構成要素を使って敷設されたリンクでも,適切なリンク要件に対して合格する

ことがある。

G.3.3.2 NEXT

の追加前提 

次の前提は,NEXT のチャネル及びパーマネントリンクモデルに適用することが可能である。

−  チャネル及びリンク内に生じる反射と組合さっている FEXT 及び ACR-は,NEXT を加えることがで

きる。主な反射は,コネクタ及び接続されたケーブル間のインピーダンス不整合から生じる。これら

の反射は,チャネル,パーマネントリンク又はコードの終端に到達した NEXT に加わる。この影響は,

G.3.3.1

の説明と類似した方法で評価することができる。ケーブルの ACR-は,

G.4.3

の方程式を使用

して計算することができる。ケーブルの NEXT は,式(G.10)で計算する。その影響は,接続器具の FEXT

及び反射減衰量(RL)並びにケーブルの ACR-の 20 dB/decade の傾斜によって,より高い周波数でよ

り大きい。近端の構成要素は,最も大きな影響を与える。

−  不平衡信号,差動−同相及び同相−差動モード結合に起因している追加の NEXT 寄与分は,そのモデ

ルには含まれておらず,検討中である。

−  計算をモデル化する上で,与えられた統計的に可変のパラメタ[FEXTNEXT 又は反射減衰量(RL)

の様々な組合せは,電圧和又は電力和のいずれか若しくはその各々の和の組合せで加えられる。各々

の方法は,構成要素の性能の異なる分布及び位相遅れの分布を簡単に表現するために使われる。電圧

和は,最悪のケースを表し,全ての構成要素は,限界値にあることを前提としている。幾つかの周波

数では,全ての位相が同相で加わり,そして,この最悪ケースが生じるかもしれない。この最悪のケ

ースを避けるために,理論的なシナリオの電圧和が使われた。しかし,全ての構成要素が限界値より

も優れた平均値をもち,3σ(シグマ)の正規分布であるときには,統計的方法が採用された。3σ(シ

グマ)の最悪のケースは,構成要素の限界線にある。そして,統計上のシミュレーション(250 回)

が用いられた。その前提は,限界値をぴったり満足する構成要素だけがリンクに含まれるのではない


122

X 5150

:2016 (ISO/IEC 11801:2011)

ことである。使用された入力値は,

G.8

において,クラス E

A

は,

表 G.3

に,クラス F

A

は,

表 G.4

にそ

れぞれ示す。

G.4 ACR-F 

G.4.1 

チャネルにおける ACR-F 

チャネルにおける ACR-の限界値は,全てのクラスにおいて,100 m のケーブルの ACR-と接続器具の

FEXT 4 個分とを電圧加算することで算出でき,次の式で示す。



×

+

=

20

20

-

CH

connector

m

100

cable

10

4

10

lg

20

-

FEXT

F

ACR

F

ACR

  (G.18)

ここに,

ACR-F

CH

チャネルにおける ACR-の限界値(dB)

ACR-F

cable 100 m

長さ 100 m のケーブルでの ACR-の限界値(dB)

FEXT

connector

一つのコネクタでの ACR-の限界値(dB)

G.4.2 

パーマネントリンクにおける ACR-F 

パーマネントリンクにおける ACR-の限界値は,全てのクラスにおいて,100 m のケーブルの ACR-F

と接続器具の FEXT 3 個分とを電圧加算したものであり,次の式で示す(FEXT 及び挿入損失は,パーマネ

ントリンク内の全てのコネクタによる影響を著しく受ける。

)

dB

(

10

3

10

lg

20

-

20