>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

(1)

目  次

ページ

序文  

1

0

  適用範囲 

1

1

  導入  

1

1.1

  導入  

1

1.2

  記法  

2

1.3

  名前空間  

2

1.4

  RELAX-NG スキーマ  

3

1.5

  文書処理及び適合性  

4

1.6

  空白処理  

5

1.7

  メディア型及びファイル名拡張子  

5

2

  文書構造 

5

2.1

  文書ルート  

6

2.1.1

  文書ルート要素内容モデル  

6

2.1.2

  文書ルート属性  

8

2.2

  文書メタデータ  

8

2.2.1

  定義済みメタデータ対カスタムメタデータ  

8

2.2.2

  サンプルメタデータ  

9

2.3

  本体要素及び文書型  

9

2.3.1

  テキスト文書  

10

2.3.2

  描画文書  

12

2.3.3

  プレゼンテーション文書  

13

2.3.4

  スプレッドシート文書  

13

2.3.5

  チャート文書  

14

2.3.6

  画像文書  

15

2.4

  アプリケーション設定  

16

2.4.1

  設定順序  

16

2.4.2

  基底設定  

17

2.4.3

  列のインデクスアクセス  

17

2.4.4

  対応付けエントリ  

17

2.4.5

  列の名前アクセス  

18

2.4.6

  カーソル位置設定  

18

2.5

  スクリプト  

19

2.5.1

  スクリプト  

19

2.6

  フォント書体宣言  

19

2.7

  スタイル  

20


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(2)

ページ

2.7.1

  スタイルの位置  

20

2.8

  ページスタイル及びレイアウト  

23

3

  メタデータ要素  

23

3.1

  定義済みメタデータ要素  

23

3.1.1

  生成器  

23

3.1.2

  タイトル  

24

3.1.3

  記述  

24

3.1.4

  主題  

24

3.1.5

  キーワード  

24

3.1.6

  最初の作成者  

24

3.1.7

  作成者  

25

3.1.8

  印刷者  

25

3.1.9

  作成日時  

25

3.1.10

  修正日時  

25

3.1.11

  印刷日時  

25

3.1.12

  文書テンプレート  

26

3.1.13

  自動再ロード  

26

3.1.14

  ハイパリンクの振る舞い  

27

3.1.15

  言語  

28

3.1.16

  編集サイクル  

28

3.1.17

  編集継続時間  

28

3.1.18

  文書統計量  

29

3.2

  利用者定義のメタデータ  

31

3.3

  カスタムメタデータ  

31

4

  テキスト内容  

32

4.1

  見出し,段落及び基本テキスト構造  

32

4.1.1

  見出し  

32

4.1.2

  段落  

33

4.1.3

  共通段落要素属性  

33

4.2

  ページ列  

34

4.2.1

  ページ  

35

4.3

  リスト  

35

4.3.1

  リストブロック  

36

4.3.2

  リスト項目  

37

4.3.3

  リスト見出し  

38

4.3.4

  番号付き段落  

38

4.4

  テキスト節  

39

4.4.1

  節属性  

40

4.4.2

  節ソース  

41


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(3)

ページ

4.4.3

  DDE ソース  

42

4.5

  ページに結び付けられた図形内容  

43

4.6

  変更履歴管理  

43

4.6.1

  履歴管理された変更  

43

4.6.2

  変更された区画  

43

4.6.3

  挿入  

44

4.6.4

  削除  

45

4.6.5

  書式変更  

46

4.6.6

  変更情報  

46

4.6.7

  変更マーク  

46

4.7

  ソフト改ページ  

47

4.8

  テキスト宣言  

47

5

  段落要素の内容  

48

5.1

  基本的なテキスト内容  

48

5.1.1

  空白文字  

48

5.1.2

  ソフトハイフン,ハイフン及び行区切りのないブランク  

50

5.1.3

  属性付きテキスト  

50

5.1.4

  ハイパリンク  

51

5.2

  ブックマーク及び参照  

53

5.2.1

  ブックマーク  

53

5.2.2

  参照  

54

5.3

  注  

56

5.3.1

  注要素  

56

5.4

  ルビ  

57

5.5

  テキスト注釈  

58

5.6

  インデクスマーク  

58

5.7

  変更履歴管理及び変更マーク  

58

5.8

  行内図形及びテキストボックス  

58

6

  テキストフィールド  

58

6.1

  フィールド要素の共通的特徴  

59

6.2

  文書フィールド  

59

6.2.1

  日付フィールド  

60

6.2.2

  時間フィールド  

61

6.2.3

  ページ番号フィールド  

62

6.2.4

  ページ継続テキスト  

64

6.2.5

  送り手フィールド  

64

6.2.6

  作成者フィールド  

67

6.2.7

  章フィールド  

67

6.2.8

  ファイル名フィールド  

68


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(4)

ページ

6.2.9

  文書テンプレート名フィールド  

69

6.2.10

  シート名フィールド  

70

6.3

  変数フィールド  

70

6.3.1

  単純変数の宣言  

71

6.3.2

  単純変数の設定  

71

6.3.3

  単純変数の表示  

72

6.3.4

  単純変数の入力フィールド  

72

6.3.5

  利用者変数の宣言  

73

6.3.6

  利用者変数の表示  

73

6.3.7

  利用者変数の入力フィールド  

74

6.3.8

  列変数の宣言  

75

6.3.9

  列フィールドの使用  

76

6.3.10

  式フィールド  

77

6.3.11

  テキスト入力フィールド  

78

6.4

  メタデータフィールド  

78

6.4.1

  最初の作成者  

78

6.4.2

  文書作成日付  

78

6.4.3

  文書作成時刻  

79

6.4.4

  文書記述  

79

6.4.5

  利用者定義の文書情報  

79

6.4.6

  印刷時刻  

80

6.4.7

  印刷日付  

80

6.4.8

  印刷者名  

80

6.4.9

  文書のタイトル  

81

6.4.10

  文書主題  

81

6.4.11

  文書キーワード  

81

6.4.12

  文書改訂番号  

81

6.4.13

  文書編集継続時間  

81

6.4.14

  文書修正時刻  

82

6.4.15

  文書修正日付  

82

6.4.16

  文書修正者名  

82

6.4.17

  文書統計フィールド  

82

6.5

  データベースフィールド  

83

6.5.1

  データベースフィールドのデータ元  

84

6.5.2

  データベース内容の表示  

85

6.5.3

  次のデータベース行の選択  

85

6.5.4

  行番号の選択  

86

6.5.5

  行番号の表示  

87

6.5.6

  現在のデータベース及び表の表示  

87


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(5)

ページ

6.6

  その他のフィールド  

88

6.6.1

  ページ変数フィールド  

88

6.6.2

  プレースホルダ  

89

6.6.3

  条件付きテキストフィールド  

89

6.6.4

  非表示テキストフィールド  

90

6.6.5

  参照フィールド  

91

6.6.6

  スクリプトフィールド  

94

6.6.7

  マクロフィールド  

95

6.6.8

  非表示段落フィールド  

95

6.6.9

  DDE 結合フィールド  

96

6.6.10

  測定フィールド  

96

6.6.11

  表数式フィールド  

97

6.7

  共通フィールド属性  

97

6.7.1

  変数の値型及び値  

97

6.7.2

  固定値  

99

6.7.3

  変数名  

100

6.7.4

  記述  

100

6.7.5

  表示  

100

6.7.6

  数式  

101

6.7.7

  書式スタイル  

102

6.7.8

  数の書式スタイル  

102

7

  テキスト索引  

102

7.1

  索引符号  

103

7.1.1

  目次索引符号  

103

7.1.2

  利用者定義による索引符号  

104

7.1.3

  アルファベット順索引符号  

105

7.1.4

  文献索引符号  

106

7.2

  索引構造  

107

7.2.1

  索引ソース  

108

7.2.2

  索引本体部分  

108

7.2.3

  索引タイトル部分  

108

7.3

  目次  

109

7.3.1

  目次ソース  

109

7.3.2

  目次エントリテンプレート  

111

7.4

  図の索引  

112

7.4.1

  図索引ソース  

112

7.4.2

  図索引エントリテンプレート  

114

7.5

  表の索引  

114

7.5.1

  表索引ソース  

114


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(6)

ページ

7.5.2

  表索引エントリテンプレート  

115

7.6

  オブジェクトの索引  

115

7.6.1

  オブジェクト索引ソース  

115

7.6.2

  オブジェクト索引エントリテンプレート  

117

7.7

  利用者定義索引  

117

7.7.1

  利用者定義ソース  

117

7.7.2

  利用者定義の索引エントリテンプレート  

119

7.8

  アルファベット順索引  

119

7.8.1

  アルファベット順索引ソース  

120

7.8.2

  自動符号ファイル  

123

7.8.3

  アルファベット順索引エントリテンプレート  

123

7.9

  参考文献  

124

7.9.1

  参考文献索引ソース  

124

7.9.2

  参考文献エントリテンプレート  

124

7.10

  索引ソーススタイル  

125

7.10.1

  索引ソーススタイル  

125

7.11

  索引タイトルテンプレート  

126

7.12

  索引テンプレートエントリ  

126

7.12.1

  章情報  

126

7.12.2

  エントリテキスト  

127

7.12.3

  ページ番号  

127

7.12.4

  固定文字列  

127

7.12.5

  参考文献情報  

127

7.12.6

  タブ位置  

128

7.12.7

  ハイパリンクの開始及び終了  

129

7.12.8

  索引エントリ構成の例  

130

8

  表  

131

8.1

  基本的な表モデル  

131

8.1.1

  表要素  

131

8.1.2

  表の行  

134

8.1.3

  表セル  

136

8.2

  高度な表モデル  

141

8.2.1

  列記述  

141

8.2.2

  見出し列  

142

8.2.3

  列グループ  

143

8.2.4

  見出し行  

143

8.2.5

  行グループ  

144

8.2.6

  部分表  

144

8.3

  高度な表  

147


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(7)

ページ

8.3.1

  表セルの参照  

147

8.3.2

  リンクされた表  

148

8.3.3

  シナリオ表  

150

8.3.4

  形状  

153

8.4

  高度な表セル  

153

8.4.1

  リンクした表セル  

153

8.4.2

  セル注釈  

154

8.4.3

  探索  

154

8.4.4

  探索操作  

154

8.4.5

  強調範囲  

155

8.5

  スプレッドシート文書内容  

156

8.5.1

  文書保護  

156

8.5.2

  計算設定  

156

8.5.3

  表セル内容検証  

159

8.5.4

  ラベル範囲  

163

8.5.5

  名前付きの式  

164

8.6

  データベース範囲  

165

8.6.1

  データベース範囲  

166

8.6.2

  データベースソース SQL  

168

8.6.3

  データベースソース表  

169

8.6.4

  データベースソース問合せ  

169

8.6.5

  ソート  

170

8.6.6

  ソート基準  

171

8.6.7

  小計規則グループ  

172

8.6.8

  小計ソートグループ  

173

8.6.9

  小計規則  

174

8.6.10

  小計フィールド  

174

8.7

  フィルタ  

175

8.7.1

  表フィルタ  

175

8.7.2

  AND フィルタ  

177

8.7.3

  OR フィルタ  

177

8.7.4

  フィルタ条件  

177

8.8

  ピボットデータ表グループ  

179

8.8.1

  ピボットデータ表  

179

8.8.2

  ソースセル範囲  

184

8.8.3

  ソースサービス  

184

8.8.4

  ピボットデータフィールド  

185

8.8.5

  ピボットデータレベル  

188

8.8.6

  ピボットデータ小計グループ  

188


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(8)

ページ

8.8.7

  ピボットデータ小計  

188

8.8.8

  ピボットデータメンバグループ  

189

8.8.9

  ピボットデータメンバ  

189

8.8.10

  ピボットデータ表示情報  

190

8.8.11

  ピボットデータソート情報  

191

8.8.12

  ピボットデータレイアウト情報  

192

8.8.13

  ピボットデータフィールド参照  

193

8.8.14

  ピボットデータグループ  

194

8.8.15

  ピボットデータグループ  

196

8.8.16

  ピボットデータグループメンバ  

197

8.9

  統合  

197

8.10

  DDE リンク  

199

8.11

  スプレッドシート中の変更履歴  

199

8.11.1

  履歴管理された変更  

199

8.11.2

  挿入  

199

8.11.3

  依存グループ  

201

8.11.4

  依存  

201

8.11.5

  削除グループ  

201

8.11.6

  セル内容の削除  

201

8.11.7

  変更削除  

202

8.11.8

  削除  

202

8.11.9

  打切り  

203

8.11.10

  挿入打切り  

204

8.11.11

  移動打切り  

204

8.11.12

  移動  

205

8.11.13

  目標範囲アドレス及びソース範囲アドレス  

205

8.11.14

  変更履歴セル  

207

8.11.15

  セル内容変更  

208

8.11.16

  セルアドレス  

208

8.11.17

  変更前  

209

8.11.18

  共通変更履歴属性  

209

9

  図形内容 

209

9.1

  図形アプリケーションのための増強されたページ機能  

210

9.1.1

  配布資料マスタ  

210

9.1.2

  層の集合  

211

9.1.3

  層  

211

9.1.4

  ぺージの描画  

212

9.1.5

  プレゼンテーション注  

215

9.2

  描画形状  

216


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(9)

ページ

9.2.1

  四角形  

216

9.2.2

  線  

217

9.2.3

  折線  

218

9.2.4

  多角形  

219

9.2.5

  正多角形  

220

9.2.6

  経路  

221

9.2.7

  円  

222

9.2.8

  だ円  

225

9.2.9

  コネクタ  

226

9.2.10

  標題  

229

9.2.11

  測定  

230

9.2.12

  制御  

231

9.2.13

  ページサムネイル  

231

9.2.14

  グループ化  

232

9.2.15

  共通描画形状属性  

233

9.2.16

  テキスト文書及びスプレッドシート文書のための共通形状属性  

237

9.2.17

  共通描画形状内容  

238

9.2.18

  共通形状属性グループ  

239

9.2.19

  接合点  

239

9.2.20

  タイトル及び記述  

241

9.2.21

  事象リスナ  

241

9.3

  枠  

241

9.3.1

  テキストボックス  

244

9.3.2

  画像  

246

9.3.3

  オブジェクト  

247

9.3.4

  アプレット  

249

9.3.5

  プラグイン  

251

9.3.6

  パラメタ  

251

9.3.7

  浮動枠  

252

9.3.8

  輪郭  

252

9.3.9

  ハイパリンク  

253

9.3.10

  クライアント側の画像対応付け  

255

9.4

  3D 形状  

259

9.4.1

  場面  

259

9.4.2

  光源  

263

9.4.3

  立方体  

264

9.4.4

  球面  

264

9.4.5

  立体化  

265

9.4.6

  回転  

265


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(10)

ページ

9.5

  カスタム形状  

266

9.5.1

  増強された幾何形状  

267

9.5.2

  増強された幾何形状−立体化属性  

270

9.5.3

  増強された幾何形状−経路属性  

275

9.5.4

  増強された幾何形状−テキスト経路属性  

279

9.5.5

  増強された幾何形状−式  

281

9.5.6

  増強された幾何形状−ハンドル属性  

282

9.6

  プレゼンテーション形状  

285

9.6.1

  共通プレゼンテーション形状属性  

285

9.7

  プレゼンテーションアニメーション  

287

9.7.1

  音  

288

9.7.2

  形状の表示  

289

9.7.3

  テキストの表示  

292

9.7.4

  形状の非表示  

293

9.7.5

  テキストの非表示  

293

9.7.6

  ぼかし  

293

9.7.7

  再生  

294

9.7.8

  効果グループ  

294

9.8

  SMIL プレゼンテーションアニメーション  

294

9.8.1

  SMIL の推奨された使用法  

294

9.8.2

  文書依存の SMIL アニメーション属性値  

296

9.8.3

  SMIL プレゼンテーションアニメーション属性  

298

9.9

  プレゼンテーション事象  

301

9.10

  プレゼンテーションテキストフィールド  

304

9.10.1

  ヘッダフィールド  

304

9.10.2

  フッタフィールド  

304

9.10.3

  日付フィールド及び時間フィールド  

304

9.11

  プレゼンテーション文書内容  

304

9.11.1

  プレゼンテーション宣言  

304

9.11.2

  ヘッダフィールド宣言  

305

9.11.3

  フッタフィールド宣言  

305

9.11.4

  日付フィールド及び時間フィールド宣言  

305

9.11.5

  プレゼンテーション設定  

306

9.11.6

  ショーの定義  

310

10

  チャート内容  

310

10.1

  チャート文書への導入  

311

10.2

  チャート  

311

10.3

  タイトル,サブタイトル及びフッタ  

314

10.3.1

  タイトル  

314


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(11)

ページ

10.3.2

  サブタイトル  

315

10.3.3

  フッタ  

315

10.4

  凡例  

316

10.5

  描画領域  

318

10.5.1

  3D 描画領域  

319

10.6

  壁面  

319

10.7

  床面  

320

10.8

  軸  

320

10.8.1

  グリッド  

322

10.9

  データ系列  

323

10.9.1

  領域  

324

10.10

  分類  

324

10.11

  データ点  

325

10.12

  平均値  

325

10.13

  誤り指標  

326

10.14

  回帰曲線  

326

10.14.1

  株式チャートマーカ  

326

11

  フォーム内容  

327

11.1

  フォーム  

328

11.1.1

  動作  

329

11.1.2

  目標枠  

330

11.1.3

  メソッド  

330

11.1.4

  符号化型  

330

11.1.5

  削除許可  

331

11.1.6

  挿入許可  

331

11.1.7

  更新許可  

331

11.1.8

  フィルタ適用  

331

11.1.9

  コマンド型  

331

11.1.10

  コマンド  

332

11.1.11

  データ元  

332

11.1.12 

マスタフィールド  

332

11.1.13

  詳細フィールド  

333

11.1.14

  エスケープ処理  

333

11.1.15

  フィルタ  

333

11.1.16

  結果無視  

333

11.1.17

  ナビゲーション・モード  

333

11.1.18

  順序  

334

11.1.19

  タブ循環  

334

11.1.20

  結合資源  

335


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(12)

ページ

11.2

  XForms モデル  

335

11.2.1

  XForms モデル  

335

11.3

  制御  

335

11.3.1

  テキスト  

336

11.3.2

  テキスト領域  

337

11.3.3

  パスワード  

338

11.3.4

  ファイル  

338

11.3.5

  書式付きテキスト  

339

11.3.6

  数  

340

11.3.7

  日付及び時間  

341

11.3.8

  固定テキスト  

343

11.3.9

  コンボボックス  

343

11.3.10

  リストボックス  

344

11.3.11

  ボタン  

346

11.3.12

  画像  

347

11.3.13

  チェックボックス  

348

11.3.14

  ラジオボタン  

349

11.3.15

  枠  

350

11.3.16

  画像枠  

350

11.3.17

  非表示  

351

11.3.18

  グリッド  

351

11.3.19

  値の範囲  

352

11.3.20

  汎用制御  

354

11.4

  フォーム及び制御の共通属性  

354

11.4.1

  名前  

354

11.4.2

  制御実装  

354

11.4.3

  XForms への結合  

354

11.5

  共通制御属性  

355

11.5.1

  ボタン型  

355

11.5.2

  制御識別子  

355

11.5.3

  現在の選択  

356

11.5.4

  値及び現在値  

356

11.5.5

  無効かどうか  

357

11.5.6

  ドロップダウン  

358

11.5.7

  関連  

358

11.5.8

  画像データ  

359

11.5.9

  ラベル  

359

11.5.10

  最大の長さ  

359

11.5.11

  印刷可能  

360


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(13)

ページ

11.5.12

  読出し専用  

360

11.5.13

  選択中かどうか  

361

11.5.14

  大きさ  

361

11.5.15

  タブインデクス  

361

11.5.16

  タブ位置  

362

11.5.17

  目標枠  

362

11.5.18

  目標位置  

363

11.5.19

  タイトル  

363

11.5.20

  視覚効果  

363

11.5.21

  相対画像位置  

364

11.5.22

  データベース結合のための属性  

365

11.6

  事象リスナ  

367

11.7

  特性  

368

11.7.1

  特性集合  

368

11.7.2

  特性  

368

11.7.3

  リスト特性  

369

12

  共通内容  

371

12.1

  注釈  

371

12.1.1

  作成者  

372

12.1.2

  作成日及び時間  

372

12.1.3

  作成日時の文字列  

372

12.2

  数の書式  

372

12.2.1

  接頭辞及び接尾辞  

372

12.2.2

  書式仕様  

372

12.2.3

  数書式中の文字同期  

373

12.3

  変更履歴メタデータ  

373

12.4

  事象リスナ表  

374

12.4.1

  事象リスナ  

374

12.4.2

  事象型  

375

12.5

  数学的な内容  

376

12.6

  DDE 結合  

376

12.6.1

  DDE 結合宣言用コンテナ  

377

12.6.2

  テキストフィールドのための DDE 結合宣言  

377

12.6.3

  表のための DDE 結合の宣言  

378

13

  SMIL アニメーション  

379

13.1

  基本的なアニメーション要素  

379

13.1.1

  アニメーション化  

380

13.1.2

  集合  

380

13.1.3

  アニメーションの動き  

380


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(14)

ページ

13.1.4

  アニメーションの色  

381

13.1.5

  アニメーションの変換  

382

13.1.6

  遷移フィルタ  

382

13.2

  アニメーションモデル属性  

384

13.3

  共通アニメーション属性  

384

13.3.1

  アニメーション目標属性  

384

13.3.2

  アニメーション関数属性  

384

13.4

  アニメーションのタイミング  

387

13.4.1

  アニメーションのタイミング属性  

387

13.4.2

  並列アニメーション  

390

13.4.3

  連続するアニメーション  

390

13.4.4

  反復するアニメーション  

391

13.5

  媒体要素  

392

13.5.1

  音声  

392

13.6

  特別要素  

392

13.6.1

  コマンド  

392

14

  スタイル  

393

14.1

  スタイル要素  

393

14.1.1

  スタイル対応付け  

397

14.2

  省略時のスタイル  

399

14.3

  ページレイアウト  

399

14.3.1

  ヘッダ及びフッタのスタイル  

400

14.4

  マスタページ  

400

14.4.1

  ヘッダ及びフッタ  

402

14.4.2

  プレゼンテーション注記  

404

14.5

  表テンプレート  

405

14.5.1

  行及び列スタイル  

407

14.6

  フォント書体宣言  

408

14.6.1

  CSS2/SVG フォント記述子  

409

14.6.2

  名前  

412

14.6.3

  装飾  

413

14.6.4

  フォントファミリジェネリック  

413

14.6.5

  フォントピッチ  

413

14.6.6

  フォント文字集合  

413

14.7

  データスタイル  

413

14.7.1

  数スタイル  

414

14.7.2

  通貨スタイル  

417

14.7.3

  百分率スタイル  

418

14.7.4

  日付スタイル  

419


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(15)

ページ

14.7.5

  時間スタイル  

424

14.7.6

  真理値スタイル  

427

14.7.7

  テキストスタイル  

428

14.7.8

  共通データスタイル要素  

428

14.7.9

  共通データスタイル属性  

429

14.7.10

  字訳  

431

14.7.11

  共通データスタイル子要素属性  

432

14.8

  テキストスタイル  

434

14.8.1

  テキストスタイル  

434

14.8.2

  段落スタイル  

434

14.8.3

  節スタイル  

435

14.8.4

  ルビスタイル  

435

14.9

  強化された文字スタイル  

435

14.9.1

  行番号付け構成  

435

14.9.2

  注記構成要素  

438

14.9.3

  参考文献構成  

441

14.10

  リストスタイル  

443

14.10.1

  共通リストレベルスタイル属性  

444

14.10.2

  数レベルスタイル  

444

14.10.3

  細別符号レベルスタイル  

445

14.10.4

  画像レベルスタイル  

447

14.10.5

  リストレベルスタイル例  

448

14.11

  アウトラインスタイル 

448

14.11.1

  アウトラインレベルスタイル  

449

14.12

  表スタイル  

450

14.12.1

  表スタイル  

450

14.12.2

  表列スタイル  

450

14.12.3

  表行スタイル  

450

14.12.4

  表セルスタイル  

451

14.13

  図形スタイル  

451

14.13.1

  図形及びプレゼンテーションのスタイル  

451

14.13.2

  描画ページスタイル  

452

14.14

  増強図形スタイル要素  

453

14.14.1

  階調  

453

14.14.2

  SVG の階調  

455

14.14.3

  ハッチング  

458

14.14.4

  塗りつぶしに使う画像  

460

14.14.5

  不透明階調  

461

14.14.6

  マーカ  

462


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(16)

ページ

14.14.7

  ストローク破線  

462

14.15

  プレゼンテーションページレイアウト  

464

14.15.1

  プレゼンテーションプレースホルダ  

464

14.16

  チャートスタイル  

465

15

  書式付け特性  

465

15.1

  単純な書式付け特性及び複雑な書式付け特性  

466

15.1.1

  単純な書式付け特性  

466

15.1.2

  複雑な書式付け特性  

466

15.1.3

  書式付け特性のための処理規則  

466

15.2

  ページレイアウト書式付け特性  

467

15.2.1

  ページサイズ  

467

15.2.2

  ページ番号書式  

468

15.2.3

  給紙皿  

468

15.2.4

  印刷方向  

468

15.2.5

  マージン  

469

15.2.6

  境界線  

469

15.2.7

  境界線幅  

469

15.2.8

  パディング  

469

15.2.9

  影  

469

15.2.10

  背景  

469

15.2.11

  列  

469

15.2.12

  印刷見当  

470

15.2.13

  印刷  

470

15.2.14

  印刷ページ順序  

470

15.2.15

  最初のページ番号  

471

15.2.16

  拡大縮小率  

471

15.2.17

  表センタリング  

471

15.2.18

  最大脚注高さ  

472

15.2.19

  表記方向  

472

15.2.20

  脚注分離子  

472

15.2.21

  レイアウト格子  

473

15.2.22

  レイアウト格子基底高さ  

474

15.2.23

  レイアウト格子ルビ高さ  

474

15.2.24

  レイアウト格子じま  

474

15.2.25

  レイアウト格子色  

474

15.2.26

  レイアウト格子ルビ位置  

474

15.2.27

  レイアウト格子印刷  

476

15.2.28

  レイアウト格子表示  

476

15.3

  ヘッダフッタ書式付け特性  

476


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(17)

ページ

15.3.1

  固定及び最小高さ  

475

15.3.2

  マージン  

476

15.3.3

  境界線  

476

15.3.4

  境界線幅  

476

15.3.5

  パディング  

476

15.3.6

  背景  

476

15.3.7

  影  

476

15.3.8

  動的な間隔  

477

15.4

  テキスト書式付け特性  

477

15.4.1

  類似フォント  

477

15.4.2

  テキスト変換  

478

15.4.3

  色  

478

15.4.4

  ウィンドウフォント色  

478

15.4.5

  テキストアウトライン  

478

15.4.6

  取消し線の型  

479

15.4.7

  取消し線のスタイル  

479

15.4.8

  取消し線の幅  

479

15.4.9

  取消し線の色  

479

15.4.10

  テキストによる取消し線  

479

15.4.11

  取消し線の文字スタイル  

480

15.4.12

  テキスト位置  

480

15.4.13

  フォント名  

481

15.4.14

  フォントファミリ  

481

15.4.15

  フォントファミリジェネリック  

482

15.4.16

  フォントスタイル  

482

15.4.17

  フォントピッチ  

483

15.4.18

  フォント文字集合  

483

15.4.19

  フォントサイズ  

484

15.4.20

  相対フォントサイズ  

484

15.4.21

  スクリプト型  

485

15.4.22

  字間スペース  

485

15.4.23

  言語  

486

15.4.24

  国  

486

15.4.25

  フォントスタイル  

486

15.4.26

  フォント浮き彫り  

487

15.4.27

  テキスト影  

487

15.4.28

  下線型  

488

15.4.29

  下線スタイル  

488

15.4.30

  下線幅  

488


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(18)

ページ

15.4.31

  下線色  

489

15.4.32

  フォントの太さ  

489

15.4.33

  テキスト下線単語モード  

490

15.4.34

  テキスト取消し線の単語モード  

490

15.4.35

  字カーニング  

490

15.4.36

  テキスト明滅  

490

15.4.37

  テキスト背景色  

491

15.4.38

  テキスト結合  

491

15.4.39

  テキスト結合の開始文字及び終了文字  

491

15.4.40

  テキスト強調  

491

15.4.41

  テキスト拡大縮小  

492

15.4.42

  テキスト回転角  

492

15.4.43

  テキスト回転拡大縮小  

492

15.4.44

  ハイフン処理  

493

15.4.45

  ハイフン処理残り字数  

493

15.4.46

  ハイフン処理押し出し文字数  

493

15.4.47

  非表示テキスト又は条件付きのテキスト  

493

15.5

  段落書式付け特性  

494

15.5.1

  固定行高さ  

494

15.5.2

  最小行高さ  

495

15.5.3

  行間  

495

15.5.4

  フォント非依存の行送り  

495

15.5.5

  テキスト配置  

495

15.5.6

  最終行のテキスト配置  

496

15.5.7

  単一単語の均等割付け  

496

15.5.8

  結束  

496

15.5.9

  先頭に取り残された孤立行  

496

15.5.10

  末尾に取り残された孤立行  

497

15.5.11

  タブ位置  

497

15.5.12

  タブ位置距離  

500

15.5.13

  ハイフン処理継続  

500

15.5.14

  ハイフンの最大値  

500

15.5.15

  文字見出し  

501

15.5.16

  印刷見当の有無  

502

15.5.17

  左右マージン  

502

15.5.18

  テキスト字下げ  

503

15.5.19

  自動的なテキスト字下げ  

503

15.5.20

  上下マージン  

503

15.5.21

  マージン  

504


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(19)

ページ

15.5.22

  前後での改ページ又は改段  

504

15.5.23

  段落の背景色  

505

15.5.24

  段落の背景画像  

505

15.5.25

  境界線  

507

15.5.26

  境界線の幅  

508

15.5.27

  パディング  

509

15.5.28

  影  

509

15.5.29

  次段落の継続  

510

15.5.30

  行番号付け  

510

15.5.31

  行番号開始値  

510

15.5.32

  テキスト自動スペース  

510

15.5.33

  句読点ラップ  

510

15.5.34

  改行  

511

15.5.35

  垂直配置  

511

15.5.36

  表記方向  

512

15.5.37

  自動表記方向  

512

15.5.38

  割付け格子へのそろ(揃)え  

512

15.5.39

  ページ番号  

513

15.5.40

  背景透明度  

513

15.6

  ルビテキスト書式付け特性  

513

15.6.1

  ルビ位置  

513

15.6.2

  ルビ配置  

514

15.7

  節書式付け特性  

514

15.7.1

  節背景  

514

15.7.2

  マージン  

514

15.7.3

  段  

515

15.7.4

  段指定  

515

15.7.5

  段間けい(罫)  

517

15.7.6

  保護  

518

15.7.7

  テキスト段の高さの合わせ  

518

15.7.8

  表記方向  

518

15.7.9

  注構成  

519

15.8

  表書式付け特性  

519

15.8.1

  表の幅  

519

15.8.2

  表配置  

520

15.8.3

  表の左右のマージン  

520

15.8.4

  表の上下のマージン  

520

15.8.5

  表マージン  

520

15.8.6

  ページ番号  

520


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(20)

ページ

15.8.7

  前後の改ページ及び改段  

521

15.8.8

  表背景及び背景画像  

521

15.8.9

  表の影付け  

521

15.8.10

  次のものと同一のページ又は段に置くかどうか  

521

15.8.11

  行の間に割り込んでもよいかどうか  

521

15.8.12

  境界線モデル特性  

521

15.8.13

  表記方向  

522

15.8.14

  表示  

522

15.9

  表の列書式付け特性  

522

15.9.1

  列の幅  

523

15.9.2

  表の列の最適な幅  

523

15.9.3

  前後の改ページ及び改段  

523

15.10

  表の行書式付け特性  

523

15.10.1

  行の高さ  

524

15.10.2

  表の行の最適な高さ  

524

15.10.3

  行の背景  

524

15.10.4

  前後の改ページ及び改段  

524

15.10.5

  改ページ及び改段の禁止  

524

15.11

  表のセル書式付け特性 

525

15.11.1

  垂直方向配置  

525

15.11.2

  テキスト配置ソース  

525

15.11.3

  方向  

526

15.11.4

  グリフの縦向き  

526

15.11.5

  セル影付け  

526

15.11.6

  セル背景  

526

15.11.7

  セル境界  

527

15.11.8

  対角線  

527

15.11.9

  境界線の幅  

527

15.11.10

  パディング  

527

15.11.11

  折返しの有無  

528

15.11.12

  回転角  

528

15.11.13

  回転ぞろえ  

528

15.11.14

  セル保護  

529

15.11.15

  印刷内容  

529

15.11.16

  小数点以下の桁数(decimal places)  

529

15.11.17

  内容の繰返し  

529

15.11.18

  収縮  

530

15.12

  リストレベルのスタイル特性  

530

15.13

  ストローク書き特性  

532


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(21)

ページ

15.13.1

  ストローク書きのスタイル  

532

15.13.2

  破線  

532

15.13.3

  多点鎖線  

533

15.13.4

  幅  

533

15.13.5

  色  

533

15.13.6

  開始マーカ  

533

15.13.7

  終了マーカ  

533

15.13.8

  開始マーカ幅  

533

15.13.9

  終了マーカ幅  

534

15.13.10

  開始マーカの中央ぞろえ  

534

15.13.11

  終了マーカの中央ぞろえ  

534

15.13.12

  不透明度  

534

15.13.13

  ライン継ぎ目(line join  

534

15.14

  塗りつぶし特性  

535

15.14.1

  塗りつぶしスタイル  

535

15.14.2

  色  

536

15.14.3

  塗りつぶし用のもう一つの色  

536

15.14.4

  階調  

536

15.14.5

  階調ステップ計算  

536

15.14.6

  ハッチング  

537

15.14.7

  実線によるハッチング  

537

15.14.8

  塗りつぶしに使う画像  

537

15.14.9

  塗りつぶしに使う画像描出スタイル  

537

15.14.10

  塗りつぶしに使う画像寸法  

537

15.14.11

  塗りつぶしに使う画像タイル基準点  

538

15.14.12

  塗りつぶしに使う画像タイル変換  

538

15.14.13

  完全な不透明度及び固定の不透明度  

539

15.14.14

  階調不透明度  

539

15.14.15

  塗りつぶし規則  

539

15.14.16

  シンボルの色  

540

15.15

  テキストアニメーション特性  

540

15.15.1

  アニメーション  

540

15.15.2

  アニメーション方向  

541

15.15.3

  内部アニメーション開始  

541

15.15.4

  内部アニメーション停止  

541

15.15.5

  アニメーション繰返し  

541

15.15.6

  アニメーション遅延  

541

15.15.7

  アニメーションステップ  

542

15.16

  テキストの特性及びテキストのそろえの特性  

542


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(22)

ページ

15.16.1

  幅及び高さの自動増加  

542

15.16.2

  引伸ばし(サイズ合わせ)  

542

15.16.3

  引伸ばし(輪郭合わせ)  

542

15.16.4

  テキスト領域の垂直方向のそろえ  

542

15.16.5

  テキスト領域の水平方向のそろえ  

543

15.16.6

  単語折返し  

543

15.16.7

  リストスタイル  

543

15.17

  色の特性  

544

15.17.1

  色モード  

544

15.17.2

  色反転  

544

15.17.3

  輝度調整  

544

15.17.4

  コントラスト調整  

544

15.17.5

  ガンマ調整  

544

15.17.6

  赤の調整  

545

15.17.7

  緑の調整  

545

15.17.8

  青の調整  

545

15.17.9

  不透明度の調整  

545

15.18

  影の特性  

545

15.18.1

  影  

545

15.18.2

  オフセット  

546

15.18.3

  色  

546

15.18.4

  不透明度  

546

15.19

  コネクタ特性  

546

15.19.1

  開始線の間隔  

546

15.19.2

  終了線の間隔  

547

15.20

  測定特性  

547

15.20.1

  線の距離  

547

15.20.2

  補助線の張出し  

547

15.20.3

  補助線の距離  

548

15.20.4

  補助線の開始  

548

15.20.5

  補助線の終了  

548

15.20.6

  配置  

548

15.20.7

  並列  

548

15.20.8

  テキスト配置  

549

15.20.9

  単位  

549

15.20.10

  ショー単位  

549

15.20.11

  小数点以下の桁数  

550

15.21

  標題特性  

550

15.21.1

  型  

550


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(23)

ページ

15.21.2

  角度の型  

550

15.21.3

  角度  

551

15.21.4

  間隔  

551

15.21.5

  エスケープ方向  

551

15.21.6

  エスケープ  

551

15.21.7

  線の長さ  

552

15.21.8

  線の最適な長さ  

552

15.22

  3D 幾何形状特性  

552

15.22.1

  水平セグメント  

552

15.22.2

  垂直セグメント  

552

15.22.3

  面取り  

552

15.22.4

  面取りモード  

553

15.22.5

  後方の拡大縮小  

553

15.22.6

  奥行き  

553

15.22.7

  陰面消去  

553

15.22.8

  終了角度  

553

15.22.9

  前面を閉じるかどうか  

554

15.22.10

  背面を閉じるかどうか  

554

15.23

  3D 照明特性  

554

15.23.1

  モード  

554

15.23.2

  法線ベクトルの種類  

555

15.23.3

  法線ベクトルの方向  

555

15.24

  3D 質感特性  

555

15.24.1

  生成モード  

555

15.24.2

  種類  

556

15.24.3

  フィルタ  

556

15.24.4

  モード  

556

15.25

  3D 材料の性質  

557

15.25.1

  色  

557

15.25.2

  光沢  

557

15.26

  3D 影特性  

557

15.26.1

  影  

557

15.27

  枠書式付け特性  

558

15.27.1

  枠の幅  

558

15.27.2

  枠の高さ  

558

15.27.3

  最大の幅及び高さ  

558

15.27.4

  左マージン及び右マージン  

559

15.27.5

  上マージン及び下マージン  

559

15.27.6

  マージン  

559


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(24)

ページ

15.27.7

  内容の印刷  

559

15.27.8

  保護  

559

15.27.9

  水平位置  

560

15.27.10

  水平の関係  

564

15.27.11

  垂直位置  

564

15.27.12

  垂直の関係  

566

15.27.13

  枠アンカ  

566

15.27.14

  境界  

566

15.27.15

  境界線の幅  

566

15.27.16

  パディング  

566

15.27.17

  影  

567

15.27.18

  背景  

567

15.27.19

  列  

567

15.27.20

  編集可能  

567

15.27.21

  回り込み  

567

15.27.22

  動的な回り込みのしきい値  

568

15.27.23

  段落だけの回り込み  

568

15.27.24

  輪郭(contour)回り込み  

568

15.27.25

  輪郭回り込みモード  

569

15.27.26

  貫通  

569

15.27.27

  テキストを備えた流れ  

569

15.27.28

  オーバーフロー挙動  

570

15.27.29

  鏡像  

570

15.27.30

  切取り(clip  

571

15.27.31

  位置に対する回り込み影響  

571

15.27.32

  書き込みモード  

572

15.28

  浮動枠書式付け特性  

572

15.28.1

  スクロールバーの表示  

572

15.28.2

  境界の表示  

573

15.28.3

  マージン  

573

15.28.4

  オブジェクト書式付け特性  

573

15.28.5

  可視領域  

573

15.28.6

  描画アスペクト  

574

15.29

  チャート書式付け特性  

574

15.29.1

  テキストの拡大縮小  

575

15.30

  チャート副型特性  

575

15.30.1

  三次元チャート  

575

15.30.2

  チャートの深さ  

575

15.30.3

  チャート記号  

575


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(25)

ページ

15.30.4

  チャート記号の大きさ  

576

15.30.5

  棒グラフ特性  

576

15.30.6

  株式チャート特性  

577

15.30.7

  線チャート特性  

578

15.30.8

  円グラフ特性  

578

15.30.9

  線  

578

15.30.10

  集合棒チャート  

578

15.30.11

  積上げ棒チャート  

579

15.31

  チャート軸特性  

579

15.31.1

  リンクされたデータ形式  

579

15.31.2

  可視・不可視  

579

15.31.3

  目盛  

580

15.31.4

  チェックマーク  

580

15.31.5

  ラベル  

581

15.32

  共通チャート特性  

583

15.32.1

  積み重ねられたテキスト  

583

15.32.2

  回転角  

583

15.32.3

  データラベル  

583

15.33

  統計特性  

584

15.33.1

  平均値  

584

15.33.2

  誤りカテゴリ  

584

15.34

  描画領域特性  

586

15.34.1

  データ系列の起源  

586

15.35

  回帰曲線特性  

586

15.35.1

  回帰タイプ  

586

15.36

  プレゼンテーションページ属性  

587

15.36.1

  遷移の型  

587

15.36.2

  遷移スタイル  

588

15.36.3

  遷移速度  

590

15.36.4

  遷移の型又はファミリ  

590

15.36.5

  遷移の副型  

591

15.36.6

  遷移の方向  

591

15.36.7

  フェードの色  

591

15.36.8

  ページ継続時間  

591

15.36.9

  ページの可視・不可視  

591

15.36.10

  音  

592

15.36.11

  背景の寸法  

592

15.36.12

  背景オブジェクトの可視・不可視  

592

15.36.13

  背景の可視・不可視  

592


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(26)

ページ

15.36.14

  ヘッダの表示  

593

15.36.15

  フッタの表示  

593

15.36.16

  ページ数の表示  

593

15.36.17

  日付及び時間の表示  

593

16

  データ型及びスキーマ定義  

593

16.1

  データ型  

593

16.2

  他の定義  

599

16.3

  RELAX NG スキーマの接尾辞  

599

17

  パッケージ  

599

17.1

  序  

600

17.2

  Zip ファイル構造  

600

17.3

  暗号化  

601

17.4

  メディア型ストリーム  

601

17.5

  パッケージ内での IRI の使用  

601

17.6

  プレビュー画像  

602

17.7

  目録ファイル  

602

17.7.1

  RELAX NG スキーマ  

602

17.7.2

  目録のルート要素  

603

17.7.3

  ファイルエントリ  

603

17.7.4

  暗号化データ  

605

17.7.5

  アルゴリズム  

605

17.7.6

  キー導出  

606

17.7.7

  RELAX NG スキーマの末尾  

607

附属書 A(規定)厳密な RELAX NG スキーマ  

608

附属書 B(規定)引用規格及び参考文献  

610

附属書 C(参考)メディア型及びファイル名拡張子  

613

附属書 D(参考)コア機能セット  

614

附属書 E(参考)アクセシビリティ指針  

618


X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)  目次

(27)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人情報

処理学会(IPSJ)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改

正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格であ

る。これによって,JIS X 4401:2010 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)


日本工業規格

JIS

 X

4401

:2014

(ISO/IEC 26300

:2006

,Cor.1:

2010

,Cor.2:

2011

,Amd.1:

2012

)

オフィス文書のためのオープン文書形式

(OpenDocument) v1.1

Information technology-

Open Document Format for Office Applications (OpenDocument) v1.1

序文 

この規格は,

2006

年に第 1 版として発行された ISO/IEC 26300

Corrigendum 1:2010

Corrigendum 2:2011

及び Amendment 1:2012 を基に,技術的内容及び構成を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,オフィスアプリケーションのための XML のスキーマ及びその意味を規定する。スキーマ

は,テキスト文書,スプレッドシート,チャート,図形文書などの描画又はプレゼンテーションを含むオ

フィス文書に適するが,この種の文書に限定はしない。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO/IEC 26300:2006

,Information technology−Open Document Format for Office Applications

(OpenDocument) v1.0, Corrigendum 1:2010, Corrigendum 2:2011

及び Amendment 1:2012(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

導入 

1.1 

導入 

スキーマは,文書編集に適する高水準の情報を提供する。それは,オフィス文書に適する XML 構造を

規定し,XSLT 又は類似の XML ベースのツールを用いて,容易に変形できる。

OpenDocument

フォーマットへの導入を箇条 に示す。OpenDocument 規定に適合する文書の構造を箇条

2

に示す。それらの文書に含むことができるメタ情報を箇条 に示す。それらの文書のテキスト及び段落

の内容を箇条 及び箇条 に示す。テキストフィールドを,箇条 に示し,テキストのインデクスを,箇

条 に示す。

OpenDocument

フォーマットにおける文書の表内容を箇条 に示し,その図形内容を箇条 に示し,そ

のチャート内容を箇条 10 に示し,そのフォーム内容を箇条 11 に示す。全ての文書に共通する内容を箇条

12

に示す。OpenDocument スキーマへの SMIL アニメーションマーク付けの統合を箇条 13 に示す。スタイ

ル情報内容を箇条 14 に示し,スタイルの中で使われる書式付け特性を箇条 15 に規定する。OpenDocument

スキーマによって使用されるデータ型を箇条 16 に示す。

OpenDocument

フォーマットは,パッケージの概念を用いる。これらのパッケージを箇条 17 に示す。


2

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

1.2 

記法 

要素のタグ名は,

“<”と“>”とで囲って示す。属性名は,囲まずにそのまま示す。

注記  対応国際規格では,この箇条で,shall などの用法について規定しているが,JIS としては意味

をなさないので,不採用とした。

1.3 

名前空間 

表 は,OpenDocument フォーマット及びこの規格で用いる接頭辞によって定義される名前空間を示す。

XML

名前空間のもっと詳細な情報に関しては,JIS X 4158 に示す。

表 1OpenDocument スキーマが定義する XML 名前空間 

接頭辞

記述

名前空間

office

別のもっと固有な名前空間には含まれていない全ての共通
情報部分を対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

office:1.0

meta

メタ情報を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

meta:1.0

config

アプリケーション固有の設定を記述する要素及び属性を対

象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

config:1.0

text

テキスト文書及び他の文書型のテキスト部分(スプレッドシ

ートのセル内容など)の中に現れてもよい要素及び属性を対
象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

text:1.0

table

スプレッドシートの中又はテキスト文書の表定義の中に現
れてもよい要素及び属性を対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

table:1.0

draw

図形内容を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

drawing:1.0

presentation

プレゼンテーション内容を記述する要素及び属性を対象と

する。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

presentation:1.0

dr3d 3D

図形内容を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

dr3d:1.0

anim

アニメーション内容を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

animation:1.0

chart

チャート内容を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

chart:1.0

form

フォーム及び制御を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

form:1.0

script

スクリプト又は事象を表現する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

script:1.0

style OpenDocument

フォーマットによって使用されるスタイル及

び継承モデルを記述する要素及び属性を対象とするととも

に,共通のフォーマット付け属性も幾つか対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

style:1.0

number

データスタイル情報を記述する要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

data style:1.0

manifest

パッケージ目録に含まれる要素及び属性を対象とする。 urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

manifest:1.0

表 は,OpenDocument フォーマットが定義する名前空間を示す。その名前空間に含まれる要素及び属

性の意味は,他の規定の要素及び属性に対して互換性をもつ。


3

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

表 2−他の規定の要素及び属性に対して互換性をもつ要素及び属性を含む, 

OpenDocument

スキーマが定義する XML 名前空間 

接頭辞

記述

名前空間

fo XSL

W3C

勧告 XSL 参照)に定義される属性と互換性のあ

る属性を対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

xsl-fo-compatible:1.0

svg SVG

W3C

勧告 SVG 参照)に定義される要素又は属性と互

換性のある要素及び属性を対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

svg-compatible:1.0

smil SMIL2.0

W3C

勧告 SMIL2.0 参照)に定義される属性と互

換性のある属性を対象とする。

urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:

smil-compatible:1.0

表 は,OpenDocument フォーマットにインポートされる名前空間とこの規格で用いる接頭辞との一覧

を示す。

表 3OpenDocument スキーマが用いる XML 名前空間 

接頭辞

記述

名前空間

dc

ダブリンコア名前空間(JIS X 0836 参照) http://purl.org/dc/elements/1.1/

xlink XLink

名前空間(JIS X 4176 参照) http://www.w3.org/1999/xlink

math MathML

名前空間(W3C

勧告 MathML 参照) http://www.w3.org/1998/Math/MathML

xforms XForms

名前空間(JIS X 4178 参照) http://www.w3.org/2002/xforms

1.4 RELAX-NG

スキーマ 

OpenDocument

フォーマットのための規定のスキーマは,この規格の中に埋め込まれている。それは,

箇条 1∼箇条 16 に含まれる全てのスキーマ素片を連結することによって,

この規格から得ることができる。

全てのスキーマ素片は,灰色の背景色をもつ。

この規格の中では,スキーマ言語として RELAX-NG(JIS X 4177-2 参照)を使う。参考文献[8]の中で規

定される属性の既定値の機能は,属性の既定値を提供するために用いる。

この規格の中で提供されるスキーマは,メタ情報要素及び 1.5 に示すフォーマット付け特性要素の中の

任意の内容を許容する。

附属書 は,この規格が定義する属性及び要素にこれらの要素中の内容を制限す

るスキーマを含む。

規定の RELAX-NG スキーマのための接頭辞

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> 
<!-- 

OASIS OpenDocument v1.1

OASIS Standard, 1 Feb 2007

 RELAX-NG

Schema

 
 $Id$ 
 

© 2002-2007 OASIS Open

© 1999-2007 Sun Microsystems

, Inc.

--> 
 
<grammar 
 xmlns="http://relaxng.org/ns/structure/1.0" 
 xmlns:a="http://relaxng.org/ns/compatibility/annotations/1.0" 
 
 datatypeLibrary="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-datatypes" 


4

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 xmlns:office="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:office:1.0" 
 xmlns:meta="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:meta:1.0" 
 xmlns:config="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:config:1.0" 
 xmlns:text="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:text:1.0" 
 xmlns:table="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:table:1.0" 
 xmlns:draw="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:drawing:1.0" 
 xmlns:presentation="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:presentation:1.0" 
 xmlns:dr3d="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:dr3d:1.0" 
 xmlns:chart="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:chart:1.0" 
 xmlns:form="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:form:1.0" 
 xmlns:script="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:script:1.0" 
 xmlns:style="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:style:1.0" 
 xmlns:number="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:datastyle:1.0" 
 xmlns:anim="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:animation:1.0" 
 
 xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" 
 xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" 
 xmlns:math="http://www.w3.org/1998/Math/MathML" 
 xmlns:xforms="http://www.w3.org/2002/xforms" 
 
 xmlns:fo="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:xsl-fo-compatible:1.0" 
 xmlns:svg="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:svg-compatible:1.0" 
 xmlns:smil="urn:oasis:names:tc:opendocument:xmlns:smil-compatible:1.0" 
>

1.5 

文書処理及び適合性 

OpenDocument

の規定に適合する文書は,OpenDocument スキーマの中で指定されない要素及び属性を含

んでもよい。それらの要素及び属性は,この規格の中で定義する名前空間の一部であってはならず,外来

要素及び外来属性と呼ぶ。

適合するアプリケーションは,次の二つの条件のうち,少なくとも一つを満たすものでなければならな

い。

a)

検証の前に外来要素及び外来属性を全て削除すれば OpenDocument スキーマに対して妥当となる文書

を読むことができる。

b)

検証の前に外来要素及び外来属性を全て削除すれば OpenDocument スキーマに対して妥当となる文書

を書くことができる。

適合するアプリケーションであって文書を読み込んだのち書き出すものは,外来要素及び外来属性を保

存してもよい。

適合するアプリケーションは,メタ情報及びスタイルの内容を保存することが望ましい。この意味を次

に示す。

a)

種々の<style:*-properties>要素(箇条 15 参照)は任意の属性をもってもよく,任意の要素内容をもっ

てもよい。これらの要素に添付された全ての属性,及びこれらの要素の中に含まれる要素は,保存す

ることが望ましい(15.1.3 参照)

b) <office:meta>

要素の中に含まれる要素は,任意の内容をもってもよく,保存されることが望ましい

2.2.1 参照)

外来要素は,true 又は false の値をもつ office:process-content 属性をもってもよい。その属性の値が true

のとき,又は属性が存在しないとき,その要素の内容(content)は,適合するアプリケーションによって

処理(process)されることが望ましい。そうでないとき適合するアプリケーションは,要素の内容を処理

しないことが望ましく,その内容を保存してもよい。要素の内容が処理される場合(office:process-content

属性が true であるか又は存在しない場合)には,外来要素がその内容だけと置き換えられたとき,文書自


5

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

体が OpenDocument スキーマに対して妥当になるものでなければならない。

適合するアプリケーションは,処理命令を含む文書を読まなければならず,それらを保存することが望

ましい。

適合するアプリケーションによって実際にサポートされなければならない要素及び属性についての規則

はない。ただし,OpenDocument スキーマが規定する機能のために,外来要素及び外来属性を用いること

は望ましくない(

附属書 参照)。

<define name="office-process-content"> 
 <optional> 
  <attribute

name="office:process-content"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

1.6 

空白処理 

OpenDocument

フォーマットにおける空白文字の処理は,XML 1.0(JIS X 4159 参照)の規定に適合して

いる。

さらに,OpenDocument フォーマットにおける空白文字の処理は,空白文字だけからなる文字列であっ

て,

要素として ODF スキーマ定義のパターンを満たさない ODF 定義要素の全ての子要素

[RELAX-NG

JIS 

X 4177-2

参照)の 5. を参照]を無視する。

空白文字の追加出現に関する別扱いは全て,個々の ODF の要素,属性及びそのデータ型の固有の定義に

依存する。特に 5.1.1 を参照。

1.7 

メディア型及びファイル名拡張子 

附属書 は,この規格に適合するオフィス文書であって,パッケージ(2.1 参照)に含まれるものに使

用されるメディア型及びファイル名拡張子のリストを含む。このメディア型及び拡張子は,IETF RFC 2048

に記述される手続に従って登録されたか,又は登録手続が行われている。

この規格に適合するが,パッケージに含まれないオフィス文書は,メディア型 text/xml を使用すること

が望ましい。

IETF RFC 2048

に従って登録されたメディア型及び拡張子だけを,この規格に適合するオフィス文書の

ために使用することが望ましい。

附属書 にリストされたメディア型及び拡張子は,適切なところで使用

することが望ましい。

文書構造 

箇条 は,OpenDocument フォーマットの構造を示す。箇条 は,次の内容を含む。

a)

文書のルート

b)

文書のメタデータ

c)

本体要素及び文書型

d)

アプリケーション設定

e)

スクリプト

f)

フォント書体宣言

g)

スタイル

h)

ページスタイル及びレイアウト

OpenDocument

フォーマットにおいては,構造の各構成部品は,一つの要素及び関連する属性によって


6

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

表現される。OpenDocument フォーマットの文書の構造は,全ての文書型に適用される。テキスト文書,

スプレッドシート又は描画の違いは,構造の違いではなく内容の違いとする。全ての文書型が,異なるス

タイルを含んでもよい。全ての文書型に共通する文書内容は,一つの文書の型から別の型に交換できる。

2.1 

文書ルート 

文書ルート要素は,OpenDocument フォーマットでの文書の先頭要素とする。それは,文書全体を含む。

文書の全ての型,例えばテキスト文書,スプレッドシート及び描画文書は,同じ型の文書ルート要素を用

いる。

OpenDocument

フォーマットは,文書表現の次の二つの方法をサポートする。

a)

単一の XML 文書として。

b)

パッケージ(箇条 17 参照)中の幾つかの副文書(完全な文書の一部である文書)の集まりとして。こ

の場合,パッケージ内のどの副文書も同じ完全な文書の一部を記録している。例えば,ある副文書は,

スタイル情報を含み,別の副文書は,文書の内容を含む。テキスト文書,スプレッドシート文書など

の全ての型の文書は,同じ文書定義及び副文書定義を用いる。

四つの型の副文書があり,そのどれもが別のルート要素をもつ。さらに,単一の XML 文書は,それ自

体のルート要素をもつ。したがって,合計 5 個のルート要素がサポートされることになる。これらのルー

ト要素の要約を

表 に示す。

表 4−ルート要素 

ルート要素

副文書の内容

パッケージ中の副文書名

<office:document>

単一の XML 文書中の完全なオフィス文書。

該当しない。

<office:document-content>

文書中で用いる文書内容及び自動スタイル。 content.xml

<office:document-styles>

文書中で用いるスタイル及びスタイル自体の中で用いる自

動スタイル。

styles.xml

<office:document-meta>

著者,最後に記憶した時刻などの文書メタ情報。 meta.xml

<office:document-settings>

ウィンドウの大きさ,プリンタ情報などのアプリケーション

固有の設定。

settings.xml

表 に記述されたルート要素の定義は,子要素指定が適切に制約されることを除いて<office:document>

の定義と一致している。

<start> 
 <choice> 
  <ref

name="office-document"/>

  <ref

name="office-document-content"/>

  <ref

name="office-document-styles"/>

  <ref

name="office-document-meta"/>

  <ref

name="office-document-settings"/>

 </choice> 
</start>

2.1.1 

文書ルート要素内容モデル 

5

個のルート要素の内容モデルの要約を

表 に示す。<office:document>は,全てのサポート済み最上位要

素 を 含 ん で も よ い 。 全 て の 4 個 の 副 文 書 ル ー ト 要 素 は 共 に , 同 一 の 副 文 書 ル ー ト 要 素 を 含 む

<office:document>

として,同じ情報を含む。


7

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

表 5−ルート要素の内容モデル 

ルート要素

メタデータ  アプリケー

ション設定

スクリプト フォント

書体宣言

スタイル

自動

スタイル

マスタ

スタイル

本体

<office:document>

<office:document-content>

<office:document-styles>      ✓

<office:document-meta>

<office:document-settings>

<office:document>

ルートは,完全な文書を含む。

<define name="office-document"> 
 <element

name="office:document">

  <ref

name="office-document-attrs"/>

  <ref

name="office-document-common-attrs"/>

  <ref

name="office-meta"/>

  <ref

name="office-settings"/>

  <ref

name="office-scripts"/>

  <ref

name="office-font-face-decls"/>

  <ref

name="office-styles"/>

  <ref

name="office-automatic-styles"/>

  <ref

name="office-master-styles"/>

  <ref

name="office-body"/>

 </element> 
</define>

<office:document-content>

ルートは,文書内容に必要とされる自動スタイルに加えて,文書内容だけを含

む。

<define name="office-document-content"> 
 <element

name="office:document-content">

  <ref

name="office-document-common-attrs"/>

  <ref

name="office-scripts"/>

  <ref

name="office-font-face-decls"/>

  <ref

name="office-automatic-styles"/>

  <ref

name="office-body"/>

 </element> 
</define>

<office:document-styles>

ルートは,命名されたスタイルに必要とされる自動スタイルに加えて,文書の全

ての命名されたスタイルを含む。

<define name="office-document-styles"> 
 <element

name="office:document-styles">

  <ref

name="office-document-common-attrs"/>

  <ref

name="office-font-face-decls"/>

  <ref

name="office-styles"/>

  <ref

name="office-automatic-styles"/>

  <ref

name="office-master-styles"/>

 </element> 
</define>

<office:document-meta>

ルートは,文書に関するメタ情報を含む。

<define name="office-document-meta"> 
 <element

name="office:document-meta">

  <ref

name="office-document-common-attrs"/>

  <ref

name="office-meta"/>

 </element> 
</define>

<office:document-settings>

ルートは,この文書を処理するときに適用されるアプリケーション固有の設定


8

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

を含む。

<define name="office-document-settings"> 
 <element

name="office:document-settings">

  <ref

name="office-document-common-attrs"/>

  <ref

name="office-settings"/>

 </element> 
</define>

2.1.2 

文書ルート属性 

 

ルート要素は,全て office:version 属性をもつ。それは,この規格のどの版に適合するかを示す。版数は,

フォーマット revision.version の中にある。

<define name="office-document-common-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="office:version">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

メディア型 

<office:document>

要素は,office:mimetype 属性をもつ。それは,文書の型(テキスト,スプレッドシート

など)を示す。この属性は,フラットな XML ファイルにとって特に重要であって,フラットな XML ファ

イルでは,この方法だけによって文書型を検出できる(パッケージでは,メディア型は,別のファイルの

中にもある。17.4 参照)

。その値は,オフィス文書のパッケージ化された別表現に用いるメディア型とす

る(1.7 参照)

<define name="office-document-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="office:mimetype">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

2.2 

文書メタデータ 

メタデータは,文書に関する一般情報とする。OpenDocument フォーマットでは,メタデータ要素は,

全て<office:meta>要素に含まれ,通常は文書の最初に位置する。メタデータ要素は,なくてもよいし何回

あってもよい。同一要素の複数個のインスタンスを更新する方法は,アプリケーション固有とする。

<define name="office-meta"> 
 <optional> 
  <element

name="office:meta">

   <ref

name="office-meta-content"/>

  </element> 
 </optional> 
</define> 
 
<define name="office-meta-content"> 
 <ref

name="anyElements"/>

</define> 
 
<define name="office-meta-content-strict"> 
 <zeroOrMore> 
  <ref

name="office-meta-data"/>

 </zeroOrMore> 
</define>

2.2.1 

定義済みメタデータ対カスタムメタデータ 


9

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

OpenDocument

スキーマでは,メタデータは,定義済みのメタデータ要素,利用者定義のメタデータ要

素,及びカスタムメタデータ要素で構成される。定義済みのメタデータ要素は,定義済みの意味をもつ。

それらは,編集アプリケーションによって処理され更新されることが望ましい。それらは,適切なテキス

トフィールドの使用によって,文書の内部で参照される。

利用者定義のメタデータは,名前,型及び値の三つ組を指定する一般的な機構とする。アプリケーショ

ンサポートは,供給されたデータ型を利用して,利用者にこれらの値を示すことができる。利用者定義の

メタデータは,適切なテキストフィールドの使用によって,文書の内部で参照される。

カスタムメタデータは,<office:meta>の内部の任意の要素とする。それらの意味は,この規格では定義

されないので,適合するアプリケーションは,一般にこのデータを処理も表示もできない。文書を編集す

るとき,アプリケーションは,このデータを保持することが望ましい。

2.2.2 

サンプルメタデータ 

例 OpenDocument フォーマットでの文書のサンプルメタデータ

<office:meta> 

<dc:title>Title of the document</dc:title>

<dc:description>Description/Comment for the document</dc:description>

 <meta:initial-creator>User

Name</meta:initial-creator>

 <meta:creation-date>1999-10-18T12:34:56</meta:creation-date> 
 <dc:creator>User

Name</dc:creator>

 <dc:date>1999-10-19T15:16:17</dc:date> 
 <meta:printed-by>User

Name</meta:printed-by>

 <meta:print-date>1999-10-20T16:17:18</meta:print-date> 

<dc:subject>Description of the document</dc:subject>

 <meta:editing-duration>PT5H10M10S</meta:editing-duration> 
 <meta:keyword>First

keyword</meta:keyword>

 <meta:keyword>Second

keyword</meta:keyword>

 <meta:keyword>Third

keyword</meta:keyword>

 <meta:template

xlink:type="simple"

 xlink:href="file:///c|/office52/share/template/german/finance/budget.vor" 
 xlink:title="Template

name"

 meta:date="1999-10-15T10:11:12"

/>

 <meta:auto-reload 
 xlink:type="simple" 
 xlink:href="file:///..." 
 meta:delay="P60S"

/>

 <dc:language>de-DE</dc:language> 

<meta:user-defined meta:name="Field 1"

 meta:value-type="string">Value

1</meta:user-defined>

<meta:user-defined meta:name="Field 2"

 meta:value-type="float">1.234</meta:user-defined> 
</office:meta>

2.3 

本体要素及び文書型 

文書本体(body)は,この文書の内容がどの型に属すかを示す要素を一つ含む。現在サポートされる文

書型を次に示す。

a)

テキスト文書

b)

描画文書

c)

プレゼンテーション文書

d)

スプレッドシート文書

e)

チャート文書

f)

画像文書

全ての文書型は,同じ内容要素を共有するが,異なる文書型には,どの要素が現れ得るかの異なる制約


10

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

及びどの組合せかの異なる制約がある。文書内容は,通常,前置部及び後置部で囲まれる。それらは,フ

ォームデータ又は変数の宣言と同様に,文書の固有の型に関する追加情報を含む。

<define name="office-body"> 
 <element

name="office:body">

  <ref

name="office-body-content"/>

 </element> 
</define>

2.3.1 

テキスト文書 

テキスト文書の内容は,主として,段落,表,インデクス,テキスト枠,テキスト節及びグラフ要素を

幾つでも含む列から成る。さらに,テキスト文書は,フォーム,変更履歴情報及び変数の宣言を含んでも

よい。これらの各々は,文書前置部において定義され,文書内容から参照されてもよい。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:text">

  <ref

name="office-text-attlist"/>

  <ref

name="office-text-content-prelude"/>

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="office-text-content-main"/>

  </zeroOrMore> 
  <ref

name="office-text-content-epilogue"/>

 </element> 
</define>

テキスト文書内容モデル 

テキスト文書前置部は,文書のフォームデータ,変更履歴情報及び変数の宣言を含む。通常スプレッド

シートにおいて利用可能な機能を,オフィスアプリケーションがテキスト文書用に実装することを可能に

するために,テキスト文書前置部は,強化された表機能を実装する要素をも含んでもよい。2.3.4 にも示す。

<define name="office-text-content-prelude"> 
 <ref

name="office-forms"/>

 <ref

name="text-tracked-changes"/>

 <ref

name="text-decls"/>

 <ref

name="table-decls"/>

</define>

主要な文書内容は,テキスト内容要素のどのような列であってもよい。テキスト内容要素としては,段

落(及び見出し)

,テキスト節(及びインデクス)

,表,グラフ形状などがある。テキスト文書は,単一の

ページ列であってもよい。

テキスト文書は,段落を含む必要はない。テキスト文書は,一連の枠だけで構成されてもよい。

<define name="office-text-content-main"> 
 <choice> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-content"/>

  </zeroOrMore> 
  <group> 
   <ref

name="text-page-sequence"/>

   <zeroOrMore> 
    <choice> 
     <ref

name="draw-a"/>

     <ref

name="shape"/>

    </choice> 
   </zeroOrMore> 
  </group> 
 </choice> 
</define> 
 
<define name="text-content">


11

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 <choice> 
  <ref

name="text-h"/>

  <ref

name="text-p"/>

  <ref

name="text-list"/>

  <ref

name="text-numbered-paragraph"/>

  <ref

name="table-table"/>

  <ref

name="draw-a"/>

  <ref

name="text-section"/>

  <ref

name="text-soft-page-break"/>

  <ref

name="text-table-of-content"/>

  <ref

name="text-illustration-index"/>

  <ref

name="text-table-index"/>

  <ref

name="text-object-index"/>

  <ref

name="text-user-index"/>

  <ref

name="text-alphabetical-index"/>

  <ref

name="text-bibliography"/>

  <ref

name="shape"/>

  <ref

name="change-marks"/>

 </choice> 
</define>

テキスト文書固有の後置部要素はない,しかし,後置部は,強化された表機能を実装する要素を含んで

もよい。2.3.4 にも示す。

<define name="office-text-content-epilogue"> 
 <ref

name="table-functions"/>

</define>

広域テキスト文書 

大きな文書が別々の実体の中で編集されることはよくある。すなわち,リンクされた幾つかの副文書を

構成要素として含む広域文書である。これは,リンクしたテキスト節の使用によって実装できる(4.4 

照)

。構成要素をもつ広域文書(これは,リンクされた任意の内容を備えた文書とは違う。

)という考えを

もっとよくサポートする利用者インタフェースを採用した編集アプリケーションを容易にするために,

text:global

フラグが使用できる。そのフラグを true にすると,この文書内でリンクされた節が,部品であ

ることをアプリケーションに知らせることができる。節の実際の XML 表現は,変わらない。

<define name="office-text-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:global"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

ソフト改ページの利用 

text:use-soft-page-breaks

属性は,文書がソフト改ページを含むかどうかを指定する。

ソフト改ページは,文書自体には改ページを含まない位置でページ志向の処理系によって(例えば,

15.5.22

に示す fo:break-before 及び fo:break-after 書式付け特性によって)挿入された改ページとする。

ソフト改ページは,4.7 及び 5.1.1 に示す<text:soft-page-break>要素によって,規定される。

<text:soft-page-break>

要素の利用は,常にオプションとする。書式生成アプリケーションは,それがペー

ジ付けレイアウトを算出したとき,この要素を含んでもよい。消費アプリケーションは,レイアウトを算

出している間この要素を扱ってもよいが,その存在に依存してはならない。ソフト改ページは,テキスト

文書の中だけで使われる。

ソフト改ページを備えた生成アプリケーションは,text:use-page-breaks 属性を true に設定することによ

って,これを表示しなければならない。ソフト改ページを備えていない生成アプリケーションは,この属


12

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

性を省略することによって,又はこの属性を false に設定することによって,それを表示しなければならな

い。

ページ付け及びソフト改ページをサポートせず,ソフト改ページを含む OpenDocument ファイルを変え

ているアプリケーションは,少なくとも text:use-page-breaks 属性を false に設定(又は削除)しなければな

らない。それは,<text:soft-page-break>属性をも文書から削除することが望ましいが,それは必須ではない。

文書のページ付けレイアウトを算出するアプリケーションは,一貫性のある改ページ及び(DAISY など

の)ディジタルトークブックフォーマットへの適切な変換のために,ソフト改ページのエキスポートを開

始する機能をもつことが望ましい。

表 の 行 の 中 に 現 れ る <text:soft-page-break> 要 素 に 関 し て は , 単 一 の 表 セ ル の 中 に 現 れ る

<text:soft-page-break>

要素の最大の個数が,表の行の中に現れる改ページの個数を決定する。各セルの中に

含まれる<text:soft-page-break>要素は,セル内容の中でこれらの改ページが現れる位置を決定する。

同 様 に , テ キ ス ト ボ ッ ク ス 及 び テ キ ス ト フ ロ ー の 外 に 表 示 さ れ る 他 の 内 容 の 中 に 現 れ る

<text:soft-page-break>

要素は,新ページを開始せず,どこでテキストボックスの内容が 2 ページに分かれる

かを示すにすぎない。

<define name="office-text-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-soft-page-breaks"

a:defaultValue="false">

  <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

2.3.2 

描画文書 

描画文書の内容は,描画ページの列から成る。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:drawing">

  <ref

name="office-drawing-attlist"/>

  <ref

name="office-drawing-content-prelude"/>

  <ref

name="office-drawing-content-main"/>

  <ref

name="office-drawing-content-epilogue"/>

 </element> 
</define> 
 
<define name="office-drawing-attlist"> 
 <empty/> 
</define>

描画文書内容モデル 

描画文書の前置部は,テキスト宣言だけを含んでもよい。通常スプレッドシートにおいて利用可能な機

能をオフィスアプリケーションが描画文書用に実装することを可能にするために,それは,強化された表

機能を実装する要素をも含んでもよい。2.3.4 にも示す。

<define name="office-drawing-content-prelude"> 
 <ref

name="text-decls"/>

 <ref

name="table-decls"/>

</define>

主要な文書内容は,描画ページの列を含む。

<define name="office-drawing-content-main"> 
 <zeroOrMore> 
  <ref

name="draw-page"/>

 </zeroOrMore> 
</define>


13

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

描画文書固有の後置部要素はないが,後置部は,強化された表機能を実装する要素を含んでもよい。2.3.4

にも示す。

<define name="office-drawing-content-epilogue"> 
 <ref

name="table-functions"/>

</define>

2.3.3 

プレゼンテーション文書 

プレゼンテーション文書の内容は,描画ページの列から成る。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:presentation">

  <ref

name="office-presentation-attlist"/>

  <ref

name="office-presentation-content-prelude"/>

  <ref

name="office-presentation-content-main"/>

  <ref

name="office-presentation-content-epilogue"/>

 </element> 
</define> 
 
<define name="office-presentation-attlist"> 
 <empty/> 
</define>

プレゼンテーション文書内容モデル 

プレゼンテーション文書前置部は,描画文書の一つと等しいが,幾つかの追加の宣言を含んでもよい

2.3.2 も参照)

<define name="office-presentation-content-prelude"> 
 <ref

name="text-decls"/>

 <ref

name="table-decls"/>

 <ref

name="presentation-decls"/>

</define>

主要な文書内容は,描画ページの列を含む。

<define name="office-presentation-content-main"> 
 <zeroOrMore> 
  <ref

name="draw-page"/>

 </zeroOrMore> 
</define>

プレゼンテーション文書の後置部は,プレゼンテーション設定を含んでもよく,強化された表機能を実

装する要素を含んでもよい。2.3.4 にも示す。

<define name="office-presentation-content-epilogue"> 
 <ref

name="presentation-settings"/>

 <ref

name="table-functions"/>

</define>

2.3.4 

スプレッドシート文書 

スプレッドシート文書の内容は,主として表の列から成る。さらに,スプレッドシート文書は,フォー

ム,変更履歴情報及び様々な種類の宣言を含んでもよい。その宣言は,スプレッドシート表の使用及びそ

れらの分析を単純化する。これらの各々は,文書前置部又は文書後置部のどちらかに含まれる。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:spreadsheet">

  <ref

name="office-spreadsheet-attlist"/>

  <ref

name="office-spreadsheet-content-prelude"/>

  <ref

name="office-spreadsheet-content-main"/>

  <ref

name="office-spreadsheet-content-epilogue"/>

 </element> 
</define>


14

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

スプレッドシート文書内容モデル 

スプレッドシート文書前置部は,文書のフォームデータ,変更履歴情報,数式のための計算設定,セル

内容の検証規則及びラベル範囲の宣言を含む。

<define name="office-spreadsheet-content-prelude"> 
 <optional> 
  <ref

name="table-tracked-changes"/>

 </optional> 
 <ref

name="text-decls"/>

 <ref

name="table-decls"/>

</define> 
 
<define name="table-decls"> 
 <optional> 
  <ref

name="table-calculation-settings"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-content-validations"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-label-ranges"/>

 </optional> 
</define>

主要な文書は,表のリストとする。

<define name="office-spreadsheet-content-main"> 
 <zeroOrMore> 
  <ref

name="table-table"/>

 </zeroOrMore> 
</define>

スプレッドシート文書の後置部は,名前付きの式,データベース範囲,ピボットデータ(data pilot)表,

統合演算及び DDE リンクに関する宣言を含む。

<define name="office-spreadsheet-content-epilogue"> 
 <ref

name="table-functions"/>

</define> 
 
<define name="table-functions"> 
 <optional> 
  <ref

name="table-named-expressions"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-database-ranges"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-data-pilot-tables"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-consolidation"/>

 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="table-dde-links"/>

 </optional> 
</define>

2.3.5 

チャート文書 

チャート文書の内容は,主としてチャート要素から成る。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:chart">

  <ref

name="office-chart-attlist"/>

  <ref

name="office-chart-content-prelude"/>


15

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="office-chart-content-main"/>

  <ref

name="office-chart-content-epilogue"/>

 </element> 
</define> 
 
<define name="office-chart-attlist"> 
 <empty/> 
</define>

チャート文書内容モデル 

チャート文書前置部は,強化された表機能を実装する要素を含んでもよい(2.3.4 参照)

注記  チャートは,表を含むかもしれない。オフィスアプリケーションは,スプレッドシートについ

て通常提供する機能を,チャート中の表についても提供することが可能である。

<define name="office-chart-content-prelude"> 
 <ref

name="text-decls"/>

 <ref

name="table-decls"/>

</define>

主要な文書は,チャート要素だけとする。

<define name="office-chart-content-main"> 
 <ref

name="chart-chart"/>

</define>

チャート文書固有の後置部要素はないが,

後置部は,

強化された表機能を実装する要素を含んでもよい。

2.3.4

にも示す。

<define name="office-chart-content-epilogue"> 
 <ref

name="table-functions"/>

</define>

2.3.6 

画像文書 

画像文書の内容は,枠要素だけとする。枠要素は,単一の画像要素を含まなければならない。

<define name="office-body-content" combine="choice"> 
 <element

name="office:image">

  <ref

name="office-image-attlist"/>

  <ref

name="office-image-content-prelude"/>

  <ref

name="office-image-content-main"/>

  <ref

name="office-image-content-epilogue"/>

 </element> 
</define> 
 
<define name="office-image-attlist"> 
 <empty/> 
</define>

画像文書内容モデル 

画像文書前置部は,空とする。

<define name="office-image-content-prelude"> 
 <empty/> 
</define>

主要な文書内容は,枠だけを含む。

<define name="office-image-content-main"> 
 <ref

name="draw-frame"/>

</define>

画像文書固有の後置部要素はない。

<define name="office-image-content-epilogue"> 
 <empty/>


16

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

2.4 

アプリケーション設定 

アプリケーション設定は,<office:settings>要素に含まれる。

<define name="office-settings"> 
 <optional> 
  <element

name="office:settings">

   <oneOrMore> 
    <ref

name="config-config-item-set"/>

   </oneOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
</define>

オフィスアプリケーションのための設定は,<config:config-item-set>要素によって各々表現される幾つか

の分類に分けてもよい。例えば,次の二つの分類があってもよい。

a)

文書設定(例えば,特に指定しないときのプリンタ)

b)

ビュー設定(例えば,ズームレベル)

2.4.1 

設定順序 

<config:config-item-set>

要素は,全ての型の設定要素を格納できるコンテナ要素とする。コンテナ要素に

おける各設定の順序についての制限はない。

<define name="config-config-item-set"> 
 <element

name="config:config-item-set">

  <ref

name="config-config-item-set-attlist"/>

  <ref

name="config-items"/>

 </element> 
</define> 
 
<define name="config-items"> 
 <oneOrMore> 
  <choice> 
   <ref

name="config-config-item"/>

   <ref

name="config-config-item-set"/>

   <ref

name="config-config-item-map-named"/>

   <ref

name="config-config-item-map-indexed"/>

  </choice> 
 </oneOrMore> 
</define>

Config

 

config:name

属性は,設定コンテナの名前を識別する。<office:settings>要素の直接の子要素である最上位

レベルの<config:config-item-set>要素については,その名前は,設定が属するアプリケーションを特定する

名前空間接頭辞の後に現れることが望ましい。

<define name="config-config-item-set-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="config:name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

 

<office:settings> 
 <config:config-item-set

xmlns:ooo="http://www.openoffice.org/...";

                        config:name="ooo:view-settings">

<config:config-item

config:name="ViewAreaTop"

                    config:type="int">0</config:config-item>

 </config:config-item-set>


17

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

2.4.2 

基底設定 

<config:config-item>

要素は,基底設定を全て含む。設定の値は,要素に記録される。

<define name="config-config-item"> 
 <element

name="config:config-item">

  <ref

name="config-config-item-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

Config

 

config:name

属性は,設定の名前を識別する。

<define name="config-config-item-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="config:name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

Config

 

config:type

属性は,設定のデータ型を識別する。

<define name="config-config-item-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="config:type">

  <choice> 
   <value>boolean</value> 
   <value>short</value> 
   <value>int</value> 
   <value>long</value> 
   <value>double</value> 
   <value>string</value> 
   <value>datetime</value> 
   <value>base64Binary</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

2.4.3 

列のインデクスアクセス 

<config:config-item-map-indexed>

要素は,列のためのコンテナ要素とする。順序は,要素のインデクスを

指定する。

<define name="config-config-item-map-indexed"> 
 <element

name="config:config-item-map-indexed">

  <ref

name="config-config-item-map-indexed-attlist"/>

  <oneOrMore> 
   <ref

name="config-config-item-map-entry"/>

  </oneOrMore> 
 </element> 
</define>

Config

 

config:name

属性は,設定列の名前を識別する。

<define name="config-config-item-map-indexed-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="config:name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

2.4.4 

対応付けエントリ 

<config:config-item-map-entry>

要素は,インデクス又は名前を付けられた設定列におけるエントリを表す。

それは,全ての型の要素設定のコンテナ要素とする。


18

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="config-config-item-map-entry"> 
 <element

name="config:config-item-map-entry">

  <ref

name="config-config-item-map-entry-attlist"/>

  <ref

name="config-items"/>

 </element> 
</define>

Config

 

config:name

属性は,設定列の名前を識別する。

<define name="config-config-item-map-entry-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="config:name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

2.4.5 

列の名前アクセス 

<config:config-item-map-named>

要素は,列のためのコンテナ要素とし,そこでは列の各設定がその名前

によって識別される。

<define name="config-config-item-map-named"> 
 <element

name="config:config-item-map-named">

  <ref

name="config-config-item-map-named-attlist"/>

  <oneOrMore> 
   <ref

name="config-config-item-map-entry"/>

  </oneOrMore> 
 </element> 
</define>

Config

 

config:name

属性は,設定列の名前を識別する。

<define name="config-config-item-map-named-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="config:name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

2.4.6 

カーソル位置設定 

編集アプリケーションのための共通のビュー設定の一つとして,文書を保存したときにテキストカーソ

ルがあった位置がある。WYSIWYG アプリケーションについては,これは,通常段落の中だけの位置とす

る。文書の XML に基づくビューを提供するアプリケーションについては,カーソル位置は,任意の要素

間にも,又はタグ中にさえあり得る。

文書中のテキストカーソル位置を表すために,PITarget opendocument をもつ処理命令を使用することが

望ましい[JIS X 4159 の 2.6(処理命令)参照]

。カーソル位置処理命令の名前,cursor-position は,PITarget

opendocument

の後に現れなければならない。処理命令は,例えば,カーソル位置を文書のあるビューに接

続するために,任意のアプリケーション固有の属性をもってもよい。そこでは,ビュー自体がアプリケー

ション固有の設定として指定される。これらの属性の構文は,XML 開始タグ中の属性と同じでなければな

らない。

テキストカーソル位置が文書ビューを再生成するのには十分でない場合,アプリケーションは,カーソ

ル位置処理命令に加えて,任意の文書固有の設定を用いてもよい。アプリケーションは,カーソル位置が

テキストカーソル位置でなく,例えば,描画オブジェクトの選択である場合も,任意の文書固有の設定を

用いてもよい。


19

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

例  カーソル位置処理命令

<text:p>This is<?opendocument cursor-position view-id="view1"?> an example.</text:p>

2.5 

スクリプト 

文書 は,異なる スクリプト 言語の中に 幾つかのス クリプトを 含んでもよ い。各スク リプトは,

<office:script>

要素によって表現される。これらのスクリプト要素は,全て単一の<office:scripts>要素に含ま

れる。

複数のスクリプトに対して,一つだけのスクリプト言語又はオブジェクトモデルがあるとは限らない。

スクリプトは,例えば OpenDocument フォーマットでの文書の XML 表現から構成される文書オブジェク

トモデル(DOM)上で,又はアプリケーション固有の API 上で動作できる。

文書のロード中は,スクリプトは,文書を修正できない。しかし,文書がロードされた直後に,幾つか

の事象が呼ばれる。

<office:script>

要 素 に 加 え て , <office:scripts> 要 素 は , 文 書 自 体 に 割 り 当 て ら れ た 事 象 を 含 む

<office:event-listeners>

要素を含んでもよい。これらの例として,文書が開かれるか又は閉じられるときに

呼ばれる事象がある。<office:event-listeners>要素についての詳細は,12.4 に示す。

<define name="office-scripts"> 
 <optional> 
  <element

name="office:scripts">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="office-script"/>

   </zeroOrMore> 
   <optional> 
    <ref

name="office-event-listeners"/>

   </optional> 
  </element> 
 </optional> 
</define>

2.5.1 

スクリプト 

<office:script>

要素は,スクリプト言語固有の内容を含む。ほとんどの状況で,要素は,スクリプトのソ

ースコードを含む。しかしそれは,スクリプトのコンパイルされた版又はある外部スクリプトコードへの

リンクを含んでもよい。

<define name="office-script"> 
 <element

name="office:script">

  <ref

name="office-script-attlist"/>

  <mixed> 
   <ref

name="anyElements"/>

  </mixed> 
 </element> 
</define>

スクリプト言語 

属性 script:language は,その名前によってスクリプトの言語を指定する。スクリプト言語名は,アプリ

ケーション固有なので,その名前は,名前空間接頭辞の後に現れることが望ましい。

<define name="office-script-attlist"> 
 <attribute

name="script:language">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

2.6 

フォント書体宣言 

OpenDocument

フォーマットでの文書は,フォント書体宣言を含んでもよい。フォント書体宣言は,文


20

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

書の作成者が使用するフォントに関する情報を提供する。その結果,これらのフォント又はこれらのフォ

ントに非常に近いフォントを,他のシステムで使用することが可能となる。詳細は,14.6 に示す。

<define name="office-font-face-decls"> 
 <optional> 
  <element

name="office:font-face-decls">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="style-font-face"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
</define>

2.7 

スタイル 

OpenDocument

フォーマットは,次の型のスタイルをサポートする。

a)

共通スタイル

ほとんどのオフィスアプリケーションは,それらの利用者インタフェース中のスタイルをサポート

する。この規格では,それらのスタイルの XML 表現をスタイルと呼ぶ。他の型のスタイルとの区別

が必要な場合,それらを共通スタイルと呼ぶ。共通という用語は,オフィスアプリケーションの利用

者がスタイルと考えるスタイルの型を示す。

b)

自動スタイル

自動スタイルは,文書の利用者インタフェースのビューの中で,段落などのオブジェクトに割り当

てられるフォーマット付け特性を含む。自動という用語は,スタイルが自動的に生成されることを示

す。言い換えれば,特定のオブジェクトに直ちに割り当てられるフォーマット付け特性は,自動スタ

イルによって表現される。この方法で,内容の分離及びレイアウトが達成される。

c)

マスタスタイル

マスタスタイルは,フォーマット付け情報及びスタイルが適用される場合,文書内容で表示される

補足内容を含む共通スタイルとする。マスタスタイルの例として,マスタページがある。マスタペー

ジは,図形アプリケーションの中で使用できる。この場合,追加の内容は,描画ページの背景として

表示されるあらゆる描画形状とする。マスタページも,テキスト文書の中で使用できる。この場合,

追加の内容は,ヘッダ及びフッタとする。マスタスタイル中に含まれる内容は,文書の表現に影響を

及ぼすが,文書の内容を変更しない追加の内容であることに注意する。

オフィスアプリケーションの利用者に関する限り,全ての型のスタイルは,文書の一部とする。それら

は,文書の作成者が文書を生成又は編集するのに使用した出力デバイスに依存しないレイアウト及びフォ

ーマット付けの情報を表す。文書が再ロードされるか任意の装置に表示されるとき,文書の作成者は,こ

のフォーマット付け情報及びレイアウト情報が保存されることを望むことを前提とする。それは,これが

ワードプロセサによって作成された文書のための共通の実行であることによる。

この型のスタイル情報は,文書を表示するために使用される CSS2(W3C

勧告 CSS2 参照)又は XSLT

JIS X 4169 参照)のスタイルシートとは異なる。CSS,XSLT などの追加のスタイルシートは,ある装置

に OpenDocument フォーマットでの文書を表示するために要求される。このスタイルシートは,出力デバ

イスの要件及び能力に加えて,文書中のスタイルをも考慮する必要がある。理想的な場合,このスタイル

シートは,出力デバイスだけに依存する。

スタイルについての詳細は,箇条 14 に示す。

2.7.1 

スタイルの位置 

共通スタイル及び自動スタイルは,同じ XML 表現をもつ。しかし,それらは,二つの別のコンテナ要


21

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

素(次を参照)に含まれる。

−  共通スタイル用の<office:styles>

−  自動スタイル用の<office:automatic-styles>

−  マスタスタイルは,それ自体のコンテナ要素の中に含まれる。

− <office:master-styles>

<define name="office-styles"> 
 <optional> 
  <element

name="office:styles">

   <interleave> 
    <ref

name="styles"/>

    <zeroOrMore> 
     <ref

name="style-default-style"/>

    </zeroOrMore> 
    <optional> 
     <ref

name="text-outline-style"/>

    </optional> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="text-notes-configuration"/>

    </zeroOrMore> 
    <optional> 
     <ref

name="text-bibliography-configuration"/>

    </optional> 
    <optional> 
     <ref

name="text-linenumbering-configuration"/>

    </optional> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-gradient"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="svg-linearGradient"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="svg-radialGradient"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-hatch"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-fill-image"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-marker"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-stroke-dash"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="draw-opacity"/>

    </zeroOrMore> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="style-presentation-page-layout"/>

    </zeroOrMore> 
   </interleave> 
  </element> 
 </optional> 
</define> 
<define name="office-automatic-styles"> 
 <optional> 
  <element

name="office:automatic-styles">

   <interleave> 
    <ref

name="styles"/>


22

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

    <zeroOrMore> 
     <ref

name="style-page-layout"/>

    </zeroOrMore> 
   </interleave> 
  </element> 
 </optional> 
</define> 
<define name="office-master-styles"> 
 <optional> 
  <element

name="office:master-styles">

   <interleave> 
    <zeroOrMore> 
     <ref

name="style-master-page"/>

    </zeroOrMore> 
    <optional> 
     <ref

name="style-handout-master"/>

    </optional> 
    <optional> 
     <ref

name="draw-layer-set"/>

    </optional> 
   </interleave> 
  </element> 
 </optional> 
</define> 
 
<define name="styles"> 
 <interleave> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="style-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-list-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-number-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-currency-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-percentage-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-date-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-time-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-boolean-style"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="number-text-style"/>

  </zeroOrMore> 
 </interleave> 
</define>

次の例は,異なる型の OpenDocument スタイルを示す。

例 OpenDocument スタイル

<office:document ...> 
 <office:styles> 

...

 </office:styles>


23

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 <office:automatic-styles> 

...

 </office:automatic-styles> 
 <office:master-styles> 

...

 </office:master-styles> 
</office:document>

2.8 

ページスタイル及びレイアウト 

文書中のページのスタイル及びレイアウトは,次によって決定される。

a)

ページレイアウト

b)

マスタページ

ページレイアウトは,ページの物理的な特性又は寸法,例えば,ページ寸法,余白,ヘッダの高さ,フ

ッタの高さを記述する。

マスタページは,文書中のページのテンプレートとする。それは,ページの物理的性質を指定し,マス

タページを使用する文書中の全てのページに表示される静的な内容を含むこともできる,ページレイアウ

トへの参照を含む。静的な内容の例として,ヘッダ,フッタ又は背景図形がある。

テキスト又はスプレッドシートの文書がページ付けされたレイアウトで表示される場合,マスタページ

は,文書内容を含むページ列を生成するためにインスタンス化される。マスタページがインスタンス化さ

れるとき,空のページが,ページマスタの特性及びマスタページの静的な内容とともに生成される。その

後,ページ本体は,内容で埋められる。文書中の多数のページが同じマスタページを使用するとき,マス

タページは,文書中に数回インスタンス化されることがある。

テキスト及びスプレッドシートの文書では,マスタページは,style:master-page-name 属性を用いて,段

落スタイル及び表スタイルに割り当てることができる。段落スタイル又は表スタイルがテキストに適用さ

れるたびに,改ページが段落又は表の前に挿入される。改ページ位置から開始するページは,指定された

マスタページを使用する。

描画及びプレゼンテーションでは,マスタページは,style:parent-style-name 属性を用いて,描画ページ

に割り当てられる。

注記 OpenDocument ページング方法は,W3C 勧告 XSL で用いられる方法と著しく異なる。XSL で

は,ヘッダ及びフッタは,文書内容をも含むページ列の中に含まれる。OpenDocument フォー

マットでは,ヘッダ及びフッタは,ページスタイルに含まれる。いずれのアプローチでも,ヘ

ッダ及びフッタの内容は,文書内容に影響せずに,変更すること及び取り除くことができる。

ページレイアウトは,14.3 に記述される。マスタページは,14.4 に記述される。

メタデータ要素 

メタデータ要素は,JIS X 0836(ダブリンコア)から多くの機構を借りている。ダブリンコアの作業か

ら直接取り出されたメタデータ要素は,その名前空間接頭辞を使用する(1.3 参照)

3.1 

定義済みメタデータ要素 

アプリケーションによって処理され更新されることが望ましい 1 セットの定義済みメタデータ要素があ

る。メタデータ要素は,省略されてもよく,又は複数回現れてもよい。同じ要素の幾つものインスタンス

をどのように更新するかは,アプリケーション固有とする。

3.1.1 

生成器 

<meta:generator>

要素は,XML 文書を作成したか又は最後に修正したアプリケーション又はツールを識


24

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

別する文字列を含む。

この文字列は,

HTTP

プロトコルにおける利用者エージェントの定義

IETF RFC 2616

の 14.43(User-Agent)参照]と一致することが望ましい。生成器文字列は,製品の版が,利用者エージェ

ントの全てのリリースされた版の間で異なることを,例えば構造識別子又はパッチレベル情報を含めるこ

とによって,可能にすることが望ましい。

適合するアプリケーションは,あるアプリケーションで存在する又は存在したバグを回避して動作する

ために,生成器文字列を用いてもよいが,ある生成器文字列に依存する別の振る舞いを故意に実装しては

ならない。

文書を作成したアプリケーションが識別子文字列を提供できないとき,アプリケーションは,この要素

をエキスポートしない。

別のアプリケーションが文書を修正し,

それが一意な識別子を提供できない場合,

それは,文書を作成したアプリケーションに属する元の識別子をエキスポートしてはならない。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:generator">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.2 

タイトル 

<dc:title>

要素は,文書のタイトルを指定する。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="dc:title">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.3 

記述 

<dc:description>

要素は,文書の簡潔な記述を含む。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="dc:description">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.4 

主題 

<dc:subject>

要素は,文書の主題を指定する。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="dc:subject">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.5 

キーワード 

<meta:keyword>

要素は,文書に関係するキーワードを含む。メタデータは,<meta:keyword>要素を幾ら

でも含むことができ,各要素は,一つのキーワードを指定する。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:keyword">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.6 

最初の作成者 

<meta:initial-creator>

要素は,文書を最初に作成した人の名前を指定する。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:initial-creator">


25

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.7 

作成者 

<dc:creator>

要素は,最後にその文書を修正した人の名前を指定する。この要素の名前は,ダブリンコア

との互換性のために選ばれた。しかし,ここで用いられる“作成者”のこの定義は,ダブリンコアとは異

なる。ダブリンコアは,作成者を“資源の内容を作ることに主として責任をもつ実体”と定義する。

OpenDocument

の用語では,文書を修正する最後の人は,その文書の内容の作成に第一義的に責任をもつ。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <ref

name="dc-creator"/>

</define> 
<define name="dc-creator"> 
 <element

name="dc:creator">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.8 

印刷者 

<meta:printed-by>

要素は,文書を印刷した最後の人の名前を指定する。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:printed-by">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

3.1.9 

作成日時 

<meta:creation-date>

要素は,文書が最初に作成された日時を指定する。

W3C

勧告 xmlschema-2 に従って,日時のフォーマットは,YYYY-MM-DDThh:mm:ss とする。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:creation-date">

  <ref

name="dateTime"/>

 </element> 
</define>

3.1.10 

修正日時 

<dc:date>

要素は,文書が最後に修正された日時を指定する。

W3C

勧告 xmlschema-2 に従って,日時のフォーマットは,YYYY-MM-DDThh:mm:ss とする。

この要素の名前は,ダブリンコア(JIS X 0836 参照)との互換性のために選ばれた。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <ref

name="dc-date"/>

</define> 
<define name="dc-date"> 
 <element

name="dc:date">

  <ref

name="dateTime"/>

 </element> 
</define>

3.1.11 

印刷日時 

<meta:print-date>

要素は,文書が最後に印刷された日時を指定する。

W3C

勧告 xmlschema-2 に従って,日時のフォーマットは,YYYY-MM-DDThh:mm:ss とする。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:print-date">

  <ref

name="dateTime"/>

 </element>


26

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

3.1.12 

文書テンプレート 

<meta:template>

要素は,文書を作成するために使用された文書テンプレートの URL を含む。URL は,

XLink

として指定される。

この要素は,JIS X 4176 に適合する。

<meta:template>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

テンプレート位置

b)

テンプレートのタイトル

c)

テンプレート修正日時

テンプレート位置 

xlink:href

属性が,文書テンプレートの位置を指定する。

テンプレートのタイトル 

xlink:title

属性が,文書テンプレートの名前を指定する。

テンプレート修正日時 

meta:date

属性が,テンプレートを現在の文書を作成するために使用する前に最後に修正した日時を指定

する。

W3C

勧告 xmlschema-2 に従って,日時のフォーマットは,YYYY-MM-DDThh:mm:ss とする。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:template">

  <attribute

name="xlink:href">

   <ref

name="anyURI"/>

  </attribute> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

    <value>simple</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:actuate"

a:defaultValue="onRequest">

    <value>onRequest</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:title">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:date">

    <ref

name="dateTime"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

3.1.13 

自動再ロード 

<meta:auto-reload>

要素は,一定の期間が経過した後に文書を再ロードするか,別の文書と取り替えるか

どうかを指定する。<meta:auto-reload>要素に指定できる属性を次に示す。

a) URL

再ロード

b)

遅延再ロード


27

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

URL

再ロード 

ロードした文書が一定の期間の後に別の文書と取り替えられれば,<meta:auto-reload>要素は,XLink と

して示される。xlink:href 属性が,置換文書の URL を識別する。

遅延再ロード 

meta:delay

属性が,遅延再ロードを指定する。

W3C

勧 告 xmlschema-2 の 継 続 時 間 デ ー タ 型 に 適 合 し て , こ の 属 性 値 の フ ォ ー マ ッ ト は ,

PnYnMnDTnHnMnS

とする。この継続時間フォーマットに関するもっと多くの詳細情報については,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.6(duration)に示す。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:auto-reload">

  <optional> 
   <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

    <value>simple</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:show"

a:defaultValue="replace">

    <value>replace</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:actuate"

a:defaultValue="onLoad">

    <value>onLoad</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:href">

    <ref

name="anyURI"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:delay">

    <ref

name="duration"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

3.1.14 

ハイパリンクの振る舞い 

<meta:hyperlink-behaviour>

要素は,文書中でハイパリンクを表示するための,特に指定しないときの振

る舞いを指定する。

<meta:hyperlink-behaviour>

要素に関係してもよいただ一つの属性は,次による。

a)

対象枠

対象枠 

meta:target-frame-name

属性は,ハイパリンクによって参照される文書を表示するための,省略時の対象

枠の名前を指定する。

この属性は,次の値の一つをもつことができる。

a) _self

参照される文書は,現在の枠の内容を置換する。

b) _blank

参照される文書は,新しい枠に表示される。


28

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

c) _parent

参照される文書は,現在の枠の親枠に表示される。

d) _top

参照される文書は,最上位の枠(子又は子孫として現在の枠を含む枠であって,別の枠の中には含

まれない枠)に表示される。

e)

枠名

参照される文書は,指定された枠に表示される。指定された枠が存在しない場合,その名前をもつ

新しい枠が作成される。

JIS X 4176

に一致するために,追加の xlink:show 属性は,<meta:hyperlink-behaviour>要素に付けられる。

meta:target-frame-name

属性の値が_blank のとき,xlink:show 属性の値は,new とする。meta:target-frame-name

属性の値が他の取り得る値のどれかであるとき,xlink:show 属性の値は,replace とする。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:hyperlink-behaviour">

  <optional> 
   <attribute

name="office:target-frame-name">

    <ref

name="targetFrameName"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:show">

    <choice> 
     <value>new</value> 
     <value>replace</value> 
    </choice> 
   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

3.1.15 

言語 

<dc:language>

要素は,文書の特に指定しないときの言語を指定する。

言語が表現される方法は,IETF RFC 3066 に記述される言語タグと同様とする。言語タグは,ISO 639

規格群

[11, 12]

から得られる 2 文字若しくは 3 文字の言語コードであるか,又は,その後にハイフンと ISO 

3166-1

[13]

が定義する 2 文字の国名コードとを任意選択的に追加したものである。

言語タグの構文及び意味は,IETF RFC 3066 において規定される。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="dc:language">

  <ref

name="language"/>

 </element> 
</define>

3.1.16 

編集サイクル 

<meta:editing-cycles>

要素は,文書に施された編集サイクルの数を指定する。

文書が保存されるごとに,この要素の値が増加される。要素は,テキストとして編集するサイクルの数

を含む。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:editing-cycles">

  <ref

name="nonNegativeInteger"/>

 </element> 
</define>

3.1.17 

編集継続時間 


29

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<meta:editing-duration>

要素は,文書の編集に費やした合計時間を示す。

継続時間は,W3C

勧告 xmlschema-2 の継続時間データ型(PnYnMnDTnHnMnS)で表現される。この継

続時間フォーマットに関するもっと多くの詳細情報については,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.6(duration)

に示す。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:editing-duration">

  <ref

name="duration"/>

 </element> 
</define>

3.1.18 

文書統計量 

<meta:document-statistic>

要 素 は , ペ ー ジ 数 , 語 数 な ど 文 書 の 統 計 量 を 指 定 す る 。 統 計 量 は ,

<meta:document-statistic>

要素の属性(

表 参照)として指定される。文書でエキスポートされる統計量は,

文書型及び文書の生成に用いられたアプリケーションに依存する。

表 6−文書統計量 

文書型

文書統計量属性

Text meta:page-count

meta:table-count

meta:draw-count

meta:image-count

meta:ole-object-count

meta:paragraph-count

meta:word-count

meta:character-count

meta:row-count

meta:frame-count

meta:sentence-count

meta:syllable-count

meta:non-whitespace-character-count

Spreadsheet meta:page-count

meta:table-count

meta:image-count

meta:cell-count

meta:object-count

Graphic meta:page-count

meta:image-count

meta:object-count

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:document-statistic">

  <optional> 
   <attribute

name="meta:page-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:table-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional>


30

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <attribute

name="meta:draw-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:image-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:ole-object-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:object-count">

   <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:paragraph-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:word-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:character-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="frame-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="sentence-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="syllable-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="non-whitespace-character-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:row-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="meta:cell-count">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute>


31

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </optional> 
 </element> 
</define>

3.2 

利用者定義のメタデータ 

<meta:user-defined>

要素は,文書に対するあらゆる利用者定義のメタデータを指定する。この要素のイン

スタンスは,それぞれ,利用者定義のメタデータを 1 個含むことができる。要素は,次を含む。

a)

メタデータ要素の名前を識別する meta:name 属性。

b)

メタデータ要素の型を識別する省略可能な meta:value-type 属性。可能なメタ型は,float,date,time,

boolean

及び string とする。6.7.1 にも示す。

c)

様々なデータ型に関する office:value 属性の値として 6.7.1 に記述されたフォーマットでのメタデータ

である要素の値。

メタデータ要素のための特に指定しないときの型は,string とする。

<define name="office-meta-data" combine="choice"> 
 <element

name="meta:user-defined">

  <attribute

name="meta:name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
  <choice> 
   <group> 
    <attribute

name="meta:value-type">

     <value>float</value> 
    </attribute> 
    <ref

name="double"/>

   </group> 
   <group> 
    <attribute

name="meta:value-type">

     <value>date</value> 
    </attribute> 
    <ref

name="dateOrDateTime"/>

   </group> 
   <group> 
    <attribute

name="meta:value-type">

     <value>time</value> 
    </attribute> 
    <ref

name="duration"/>

   </group> 
   <group> 
    <attribute

name="meta:value-type">

     <value>boolean</value> 
    </attribute> 
    <ref

name="boolean"/>

   </group> 
   <group> 
    <attribute

name="meta:value-type">

     <value>string</value> 
    </attribute> 
    <ref

name="string"/>

   </group> 
   <text/> 
  </choice> 
 </element> 
</define>

3.3 

カスタムメタデータ 

定義済みのメタデータ要素に加えて,アプリケーションは,<office:meta>要素の中にあるどんな付加的

な内容をも保存することが望ましい。それらの外来の内容について規定された意味はないので,アプリケ


32

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

ーションは,文書を編集する場合にそれを保存すること以外に,この情報を処理する必要はない。

テキスト内容 

4.1 

見出し,段落及び基本テキスト構造 

4.1

は,テキスト文書中で見出し及び段落の構成部品を表すために使用される XML 要素及び属性につい

て示す。

要 素 <text:h> 及 び <text:p> は , そ れ ぞ れ 見 出 し 及 び 段 落 を 表 し , ま と め て 段 落 要 素 と 呼 ば れ る 。

OpenDocument

ファイル中のテキスト内容は,全てこれらの要素のどちらかに含まれなければならない。

4.1.1 

見出し 

見出しは,文書用の章構造を定義する。章又は下位章は,見出しで始まり,同じ又はもっと高いレベル

の次の見出しまで続く。

<define name="text-h"> 
 <element

name="text:h">

  <ref

name="heading-attrs"/>

  <ref

name="paragraph-attrs"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-number"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="paragraph-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

見出しレベル 

見出し要素に関連する text:outline-level 属性は,1 から始まる見出しレベルを決定する。レベル属性のな

い見出しは,レベル 1 とする。

<define name="heading-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:outline-level">

  <ref

name="positiveInteger"/>

 </attribute> 
</define>

見出し番号付け 

見出しの番号付けは,リスト項目のそれ(4.3.2 参照)と同様に追加の属性によって変更できる。見出し

の番号付けは,text:restart-numbering 属性を true に設定することによって再開始できる。

<define name="heading-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:restart-numbering"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

開始値 

属性 text:start-value は,番号付けに新しい値を設定することによって,現在の見出しレベルの見出しの番

号付けを再開始するのに用いてもよい。

<define name="heading-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:start-value">

   <ref

name="nonNegativeInteger"/>

  </attribute> 
 </optional>


33

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

見出し番号付け抑制 

番号付けされない特定の見出しをもつことが必要になることがある。これは,リストにおける番号付け

のないリスト見出しに相当する(4.3 参照)

。これを可能にするために,省略可能な属性 text:is-list-header

を使用できる。それが true である場合は,たとえ明示的なリストスタイルが与えられても,その見出しは,

番号付けされない。

<define name="heading-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:is-list-header"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

フォーマットされた見出し番号 

見出しに番号付けが適用される場合,フォーマットされた番号のテキストが<text:number>要素に含まれ

る。このテキストは,見出しの番号付けを行わないアプリケーションによって使用されるが,番号付けを

行うアプリケーションによって無視される。

<define name="text-number"> 
 <element

name="text:number">

  <ref

name="string"/>

 </element> 
</define>

4.1.2 

段落 

段落は,テキストの基本単位とする。

<define name="text-p"> 
 <element

name="text:p">

  <ref

name="paragraph-attrs"/>

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="paragraph-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

4.1.3 

共通段落要素属性 

段落要素は,text:style-name 属性,text:class-names 属性及び text:cond-style-name 属性をもつ。これらの属

性は,段落スタイルを参照しなければならない。

text:style-name

属性は,段落スタイルを参照する。一方,text:cond-style-name 属性は,条件付きスタイル,

すなわち他のスタイル(14.1.2 参照)への条件及び対応付けを含むスタイルを参照する。条件付きのスタ

イ ル が 段 落 に 適 用 さ れ る 場 合 , 条 件 付 き の ス タ イ ル 名 が text:cond-style-name 属 性 の 値 で あ る 間 ,

text:style-name

属性は,条件付きのスタイル評価の結果だったスタイルの名前を含む。参照されるスタイル

は,共通スタイル又は自動スタイルになり得る。

class-names

属性は,空白で分離された段落スタイル名のリストを指定する。参照されるスタイルは,そ

れらがリストに含まれる順序で適用される。text:style-name 及び text:class-names の両方が存在するとき,

text:style-name

属性によって参照されるスタイルは,text:class-names の中のリストの中の最初のスタイルと

して存在する。条件付きのスタイルが style:class-names 属性と一緒に指定されるが,text:style-name 属性は

ない場合,スタイルリスト中の最初のスタイルは,存在しない text:style-name 属性の値として使用される。

適合するアプリケーションは,text:class-names 属性をサポートすることが望ましく,さらに,編集の間


34

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

にそれを保存することが望ましい。

<define name="paragraph-attrs"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:class-names">

   <ref

name="styleNameRefs"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:cond-style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

例  スタイル及び条件付きスタイル

<text:p text:style-name="Heading 1"> 
"Heading 1" is not a conditional style. 
</text:p> 
<text:p text:style-name="Numbering 1" text:cond-style-name="Text body"> 
"Text body" is a conditional style. If it is contained in a numbered 
paragraph

, it maps to "Numbering 1". This is assumed in this example.

</text:p>

段落は,ID をもってもよい。この ID は,他の要素からの段落を参照するために使用できる。

<define name="paragraph-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <ref

name="text-id"/>

 </optional> 
</define>

4.2 

ページ列 

ページ列要素<text:page-sequence>は,ページ列の中で参照されるのと厳密に同じ順序でインスタンス化

されるマスタページの列を指定する。テキスト文書がページ列を含むとき,それは,指定されるとおりの

数のページから成る。ページ列をもつ文書は,ページ列を含まない文書の場合と同様に,見出し及び段落

から成る主テキストのフローをもたない。テキスト内容は,ページ列をもつ文書のためのテキストボック

スの中に含まれる。他にもち得る内容は,描画オブジェクトだけとする。

例  ページ列

<style:automatic-style> 
 <style:page-layout

name="pm1">

<!-- portrait page -->

 </style:page-layout> 
 <style:page-layout

name="pm2">

<!-- landscape page -->

 </style:page-layout> 
</style:automatic-style> 
... 
<style:master-styles> 

<style:master-page name="portrait" style:page-layout-name="pm1"/>

<style:master-page name="landscape" style:page-layout-name="pm2"/>

</style:master-styles> 
... 
<office:body> 
 <text:page-sequence> 

<text:page

text:master-page-name="portrait"/>


35

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<text:page

text:master-page-name="portrait"/>

<text:page

text:master-page-name="landscape"/>

<text:page

text:master-page-name="landscape"/>

<text:page

text:master-page-name="portrait"/>

 </text:page-sequence> 
 <draw:frame

...>

<draw:text-box

...>

  <text:p>Example

text.</text:p>

  ...

</draw:text-box>

 </draw:frame> 
</office:body>

<define name="text-page-sequence"> 
 <element

name="text:page-sequence">

  <oneOrMore> 
   <ref

name="text-page"/>

  </oneOrMore> 
 </element> 
</define>

4.2.1 

ページ 

<text:page>

要素は,ページ列の中の単一ページを指定する。

<define name="text-page"> 
 <element

name="text:page">

  <ref

name="text-page-attlist"/>

  <empty/> 
 </element> 
</define>

マスタページ名 

text:master-page-name

属性は,インスタンス化されるマスタページを指定する。

<define name="text-page-attlist"> 
 <attribute

name="text:master-page-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

4.3 

リスト 

OpenDocument

フォーマットは,HTML4(W3C

勧告 HTML4.01 参照)にあるリスト構造に類似のリス

ト構造をサポートする。リストは,段落レベル要素である。リストの内容として,先頭にリスト見出しが

あってもなくてもよく,その後にリスト項目の列が続く。リスト見出し及び各リスト項目は,段落要素又

はリスト要素の列を含む。リストは,入れ子にできる。

リストは,番号付けしてもよい。番号付けは,リスト項目ごとに固有の番号付けで再開始してもよい。

リストは,他のリストから連続して番号付けしてもよい。これによって,利用者には,一つのリストに見

えるものを,

複数のリストによって表現することが可能になる。

リスト番号付けが表示されるかどうかは,

用いている適切なリストスタイルに依存することに注意する。

この構造の情報に加えて,リストは,リストに関連するリストスタイルをもつことができる。リストは,

次に示すとおり,関連するレイアウト情報を含む。

a)

リスト記号(bullet)

,番号などのリスト項目ラベルの型

b)

リスト項目ラベルの幅及び長さ

c)

リスト記号(bullet)の文字又は画像(存在する場合)

d)

番号付けのための番号フォーマット(存在する場合)


36

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

e)

リスト項目の段落字下げ

4.3.1 

リストブロック 

リストは,<text:list>要素によって表される。リストは,リスト見出しを含んでもよく,リスト見出しに

続いてリスト項目を幾つでも含む。

全てのリストは,リストレベルをもつ。それは,<text:list>要素の入れ子によって決定される。リストが

他のリストの中に含まれないとき,リストレベルを 1 とする。リストが他のリストの中に含まれるとき,

リストレベルは,そのリストのリストレベルとする。そこでは,1 だけレベルが増加してリストが含まれ

る。リストが表セル又はテキストボックスに含まれるとき,表又はテキストボックスが他のリストの中に

入れ子になっても,リストレベルは,1 に戻る。

リスト要素に指定できる属性を次に示す。

a)

スタイル名

b)

連続番号付け

<define name="text-list"> 
 <element

name="text:list">

  <ref

name="text-list-attr"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-list-header"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-list-item"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

スタイル名 

省略可能な text:style-name 属性は,リストに適用されるリストスタイルの名前を指定する。

この属性が含まれてない,したがって,リストスタイルが指定されない場合には,次の動作の一つが行

われる。

a)

リストが別のリストの中に含まれるとき,リストスタイルは,特に指定しない限りそれを取り囲むリ

ストのスタイルとなる。

b)

取り囲むリストのために指定されるリストスタイルがないが,そのリストが,リストスタイルを指定

する添付の段落スタイルをもつ段落を含む場合,このリストスタイルは,これらのどの段落にも用い

られる。

c)

省略時のリストスタイルは,他のどの段落にも適用される。

リスト,リストレベル及びリストスタイル名にどのフォーマット付け特性を適用するかを決定すること

が,考慮される。リストフォーマット付け特性についての詳細は,14.10 に示す。

<define name="text-list-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

連続番号付け 

特に指定しないとき,リスト中の最初のリスト項目は,リストスタイルで指定される数で始まる。連続

番号付け属性は,前のリストから番号付けを連続するために使用できる。

この属性は,<text:list>要素とともに使用でき,true 又は false の値をもつことができる。


37

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

属性の値が true で,前のリストの番号付けスタイルが現在のリストと同じ場合,現在のリストの中の最

初のリスト項目の番号は,1 だけ増加した前のリストの中の最後の項目の番号とする。

<define name="text-list-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:continue-numbering">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

4.3.2 

リスト項目 

リスト項目は,リストのテキスト内容を含む。<text:list-item>要素は,段落,見出し,リスト又はソフト

改ページを含むことができる。リスト項目は,表を含むことができない。

<define name="text-list-item"> 
 <element

name="text:list-item">

  <ref

name="text-list-item-attr"/>

  <ref

name="text-list-item-content"/>

 </element> 
</define> 
<define name="text-list-item-content"> 
 <optional> 
  <ref

name="text-number"/>

 </optional> 
 <zeroOrMore> 
  <choice> 
   <ref

name="text-p"/>

   <ref

name="text-h"/>

   <ref

name="text-list"/>

   <ref

name="text-soft-page-break"/>

  </choice> 
 </zeroOrMore> 
</define>

リストに割り当てられたリストスタイルに依存して,リスト項目中の最初の行には,細別符号又は番号

が先行する。リスト項目が他のリストを直ちに始めて,テキストを含まない場合,細別符号又は番号は,

表示されない。

<text:list-item>

要素に関係してもよいただ一つの属性を次に示す。

a)

開始値

開始値 

現在のリストの番号付けは,ある数で再開できる。text:start-value 属性は,リストを再開するときのその

数を指定するのに用いる。

この属性は,番号付けリストスタイルをもつリストの中の項目だけに適用できる。それは,現在の項目

でリストの番号付けを再開する。

<define name="text-list-item-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:start-value">

   <ref

name="nonNegativeInteger"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

フォーマット済み番号 

リスト項目に番号付けが適用される場合,フォーマット済み番号のテキストは,<text:number>要素に含

めることができる。このテキストは,番号付けをサポートしないアプリケーションが使用できるが,それ


38

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

は,番号付けをサポートするアプリケーションによって無視される。4.1.1 にも示す。

例  リスト及び下位リスト

<text:list text:style-name="List 1"> 
 <text:list-item> 

<text:p>This is the first list item</text:p>

<text:p>This is a continuation of the first list item.</text:p>

 </text:list-item> 
 <text:list-item> 

<text:p>This is the second list item.

It contains a sub list.</text:p>

 <text:list> 

<text:list-item><text:p>This is a sub list item.</text:p>

</text:list-item>

<text:list-item><text:p>This is a sub list item.</text:p>

</text:list-item>

<text:list-item><text:p>This is a sub list item.</text:p>

</text:list-item>

 </text:list> 
 </text:list-item> 
 <text:list-item> 

<text:p>This is the third list item</text:p>

 </text:list-item> 
</text:list>

4.3.3 

リスト見出し 

リスト見出しは,特別の種類のリスト項目とする。それは,リストの前に表示される一つ以上の段落を

含む。段落は,リスト項目のとおりにフォーマットされるが,それは,先行する番号又は細別符号をもた

ない。リスト見出しは,リスト見出し要素によって表現される。

<define name="text-list-header"> 
 <element

name="text:list-header">

  <ref

name="text-list-item-content"/>

 </element> 
</define>

4.3.4 

番号付き段落 

幾つかのインスタンスでは,ある場合には,幾つかのリスト項目を含む構造要素としてのリストを使用

するよりも,段落ごとに番号とレベルとを指定する方が望ましいことがある。これを可能にするために,

あたかもそれが指定されたレベルのリストの一部であるかのように,<text:numbered-paragraph>要素は,

個々の段落の番号付けを許可する。

番号付き段落は,リスト項目が用いるものと同じ連続番号付け特性を用いてもよく,したがって,リス

トを指定する等価で別の方法を構成してもよい。<text:list>表現でのリストは,<text:numbered-paragraph>

表現でのリストに変換でき,その逆もできる。

<define name="text-numbered-paragraph"> 
 <element

name="text:numbered-paragraph">

  <ref

name="text-numbered-paragraph-attr"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-number"/>

  </optional> 
  <choice> 
   <ref

name="text-p"/>

   <ref

name="text-h"/>

  </choice> 
 </element> 
</define>

番号付き段落には,リストレベルが割り当てられる。番号付き段落は,一つの段落をもつ一つのリスト


39

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

項目を含み,与えられたレベルに入れ子にされるリストに等価とする。レベルが与えられないとき,番号

付き段落は,レベル 1 と解釈される。

<define name="text-numbered-paragraph-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:level"

a:defaultValue="1">

   <ref

name="positiveInteger"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

番号付き段落は,単一のリスト項目をもつ(たぶん入れ子になった)リストの機能を組み合わせるので,

それは,それらの要素の属性も使用できる。

<define name="text-numbered-paragraph-attr" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-list-attr"/>

</define> 
<define name="text-numbered-paragraph-attr" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-list-item-attr"/>

</define>

フォーマットされた番号を示すテキストは,<text:number>要素の中に含めることができる。このテキス

トは,番号付けをサポートしないアプリケーションが使用できるが,それは,番号付けをサポートするア

プリケーションによって無視される。4.1.1 にも示す。

4.4 

テキスト節 

テキスト節(text section)は,段落レベルテキスト内容の名前付き領域とする。節は,段落境界で開始

し終了する。節は,どのような数の段落も含むことができる。

節は,OpenDocument フォーマットの中で二つの用途をもつ。それらは,テキスト領域に,あるフォー

マット付け特性を割り当てるために使用できる。それらは,ある外部データ元から自動的に得られるテキ

ストをまとめるために用いることもできる。

節が通常のテキスト内容を含んでもよく,別のファイルに含まれたテキストを,その節にリンクしても

よい。節は,書き込み禁止にすることも,非表示にすることもできる。

節は,テキスト段,背景色又は背景パターン及び注記構成の設定をもつことができる。これらの設定は,

節スタイルを形成する。それは,<style:style>要素の中で表現される。詳細は,14.8.3 に示す。

節のフォーマット付け特性は,15.7 に示す。

節は,外部の内容にリンクする二つの方法をサポートする。節から別文書へのリンクは,次のどちらか

によって行う。

a) text:section-source

要素によって表現され,XLink で識別される資源

b) office:dde-source

要素によって表現される動的データ交換(DDE)

外部の内容に関するリンク情報は,節要素の最初の子に含まれる。外部内容にリンクする節は,データ

ソースの完全な表現を含む。その結果,アプリケーションがリンク情報を理解する必要があるのは,節の

内容を更新したい場合だけに限られる。

<define name="text-section"> 
 <element

name="text:section">

  <ref

name="text-section-attr"/>

  <choice> 
   <ref

name="text-section-source"/>

   <ref

name="text-section-source-dde"/>

   <empty/> 
  </choice> 
  <zeroOrMore>


40

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <ref

name="text-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

注記  リスト項目が,節を含む必要はない。したがって,リストは,節要素の中に完全に含まれるこ

としかあり得ない。一つのリストが複数の節にまたがるかのような効果,又は節がリスト中に

含まれるかのような効果を達成することを望む場合,リストを幾つかのリストへ分割すること

が必要となる。分割後の各リストは,節の中に完全に含まれる。リストを分割する場合,連続

的な番号付けにふさわしい属性を設定し,節によって中断されていない元のリストと同じ表示

及び振る舞いであるようにすることが望ましい。

4.4.1 

節属性 

箇条 で規定するテキストインデクスは,特別の種類のテキスト節と考えてもよい。テキストインデク

スとテキスト節とは,一般的な構造及びある種の属性を共有する。これらは,次の定義の中で組み合わさ

れる。

<define name="text-section-attr" combine="interleave"> 
 <ref

name="sectionAttr"/>

</define>

この節の中の残りの属性は,<text:section>要素に固有とする。

節スタイル 

text:style-name

属性は,節スタイルを参照する。

<define name="sectionAttr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

節名 

全ての節は,一意に節を識別する名前をもたなければならない。text:name 属性は,節の名前を含む。

<define name="sectionAttr" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

保護された節 

節は,保護できる。それは,利用者が節を編集できないことを意味する。text:protected 属性は,節を保

護するかどうかを示す。保護属性が設定されているとき,利用者インタフェースは,保護属性に従わなけ

ればならない。

<define name="sectionAttr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:protected">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

利用者は,保護フラグをリセットするために利用者インタフェースを使用できる。ただし,節がパスワ

ードによって更に保護されている場合は,除く。この場合,利用者は,保護フラグをリセットするために,

パスワードを知らなければならない。text:protection-key 属性は,節を保護するパスワードを指定する。ハ


41

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

ッシュ化は,実装依存とする。

<define name="sectionAttr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:protection-key">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

非表示の節及び条件付き節 

節は,条件に基づいて隠すこともできるし,また,無条件に隠すこともできる。

text:display

属性は,節を隠すかどうか示す。この属性の値は,次による。

a) true

節が表示される。これを特に指定しないときの設定とする。

b) none

節は,無条件に隠される。

c) condition

節は,text:condition 属性の中で指定される条件の下で隠される。

text:condition

属性は,節が隠される条件を指定する。条件は,文字列として符号化される。text:display

の値が condition であるとき,text:condition 属性は,存在しなければならない。

<define name="text-section-attr" combine="interleave"> 
 <choice> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>true</value> 
    <value>none</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
  <group> 
   <attribute

name="text:display">

    <value>condition</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="text:condition">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <empty/> 
 </choice> 
</define>

4.4.2 

節ソース 

<text:section-source>

要素は,囲まれた節がリンクした節であることを示す。この要素が使用される場合,

それは,<text:section>要素中の最初の要素でなければならない。

<define name="text-section-source"> 
 <element

name="text:section-source">

  <ref

name="text-section-source-attr"/>

 </element> 
</define>

<text:section-source>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

節ソース URL

b)

リンクした節の名前

c)

フィルタ名


42

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

節ソース URL 

これらの属性は,節がリンクされる文書又は節を識別する。対象節の名前は,記号文字“#”に続く URL

のローカル部分によって識別される。<text:section-source>要素は,内部節にリンクしてもよいので,この

xlink:href

属性は,必須ではない。

<define name="text-section-source-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="xlink:href">

   <ref

name="anyURI"/>

  </attribute> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

    <value>simple</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:show"

a:defaultValue="embed">

    <value>embed</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
 </optional> 
</define>

リンクした節の名前 

リンクが文書の節を対象とするとき,属性 text:section 名は,対象節の名を含む。属性が存在しないとき,

リンクは,全文書を対象とする。

<define name="text-section-source-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:section-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

フィルタ名 

text:filter-name

属性は,リンク対象をインポートするためにどのフィルタ型が使用されたかを指定する。

この属性の値は,実装に依存する。

<define name="text-section-source-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:filter-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

4.4.3 DDE

ソース 

節が DDE によってリンクされる場合,それらのリンク情報は,<office:dde-source>要素によって表現さ

れる。それは,DDE 結合のアプリケーション,トピック及び項目を指定する属性を含む。節が,DDE リ

ンクの内容の XML 描出を含んでいるので,DDE リンクからの最新のデータが必要なとき,この情報を処

理しさえすればよいことに注意する。

DDE

結合の利用は,12.6 に示す。

<define name="text-section-source-dde"> 
 <ref

name="office-dde-source"/>

</define>

4.5 

ページに結び付けられた図形内容 


43

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

テキスト文書内では,画像,埋め込まれたオブジェクト及び他の描画オブジェクトは,それらが段落又

は段落内の文字位置にではなくページにつなぎ止められている(anchored)場合,段落のレベルに現れる。

描画オブジェクトについての詳細は,9.2 を,それらのつなぎ止め(アンカ,anchor)については 9.2.16 

参照。

4.6 

変更履歴管理 

4.6

は,どのようにテキスト文書の変更を表現できるかを示す。

4.6.1 

履歴管理された変更 

テキスト文書に対する履歴管理された変更は,全て,リストの中に格納する。そのリストは,文書に行

われた各変更に対して一つの要素を含む。<text:tracked-changes>要素が存在しない場合,変更履歴管理は,

行われていない。

<define name="text-tracked-changes"> 
 <optional> 
  <element

name="text:tracked-changes">

   <ref

name="text-tracked-changes-attr"/>

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-changed-region"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
</define>

履歴管理 

この属性は,利用者エージェントが,この文書への変更を履歴管理し記録することが望ましいかどうか

を決定する。

<define name="text-tracked-changes-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:track-changes"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

4.6.2 

変更された区画 

文書の変更された区画全てに対して,履歴管理された変更のリストの中に一つのエントリが存在する。

このエントリは,区画に適用された全ての変更のリストを含む。この区画の開始及び終了は,4.6.7 に示す

開始要素及び終了要素によってマーク付けする。

<define name="text-changed-region"> 
 <element

name="text:changed-region">

  <ref

name="text-changed-region-attr"/>

  <ref

name="text-changed-region-content"/>

 </element> 
</define>

変更識別子 

全ての要素は,ID をもつ。区画の開始及び終了をマーク付けする要素は,それらが属する区画を識別す

るためにこの ID を使用する。

<define name="text-changed-region-attr" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:id">

  <ref

name="ID"/>

 </attribute> 
</define>

4.6.3 

挿入 


44

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<text:insertion>

要素は,内容の挿入を明示するために必要な情報を含む。この内容は,段落,段落全体又

は表全体の中のテキストの断片とすることができる。挿入された内容は,テキスト文書それ自体の一部で

あって,変更開始要素及び変更終了要素によってマーク付けされる。

<define name="text-changed-region-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:insertion">

  <ref

name="office-change-info"/>

 </element> 
</define>

 

  次にテキストの挿入の例を示す。

<text:tracked-changes> 
 <text:changed-region

text:id="c001">

<text:insertion>

  <office:change-info>

   <dc:creator>Michael

Brauer</dc:creator>

   <dc:date>1999-05-18T12:56:04</dc:date>

  </office:change-info>

</text:insertion>

 </text:changed-region> 
</text:tracked-changes> 
 
<text:p> 

This is the original text<text:change-start text:change-

id="c001"/>

but this has been added<text:change-end text:change-id="c001"/>.

</text:p>

4.6.4 

削除 

<text:deletion>

要素は,変更履歴管理が行われている間に削除された内容を含む。テキストが削除された

位置は,変更位置要素によってマーク付けする。

段落の一部が削除された場合,削除されたテキストは,<text:deletion>要素に段落要素として保存する。

削除されたテキストが文書へ再挿入される場合,削除が発生した段落内に,段落要素として保存されたテ

キストをつなぎこむ。

<define name="text-changed-region-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:deletion">

  <ref

name="office-change-info"/>

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

 

  テキストの削除の例を次に示す。

<text:tracked-changes> 
 <text:changed-region

text:id="c002">

<text:deletion>

  <office:change-info>

   <dc:creator>Michael

Brauer</dc:creator>

   <dc:date>1999-05-18T12:56:04</dc:date>

  </office:change-info>

<text:p>  but this has been deleted</text:p>

</text:deletion>

 </text:changed-region> 
</text:tracked-changes> 
 
<text:p>


45

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

This is the original text<text:change text:region-id="c002"/>.

</text:p>

  この例は,次のことを示す。

a)

削除されたテキストは,

“,but this has been deleted”である。このテキストは,<text:deletion>要素

内の<text:p>要素に含まれている。

b)

現在のテキストは,

“This is the original text.”である。このテキストは,例の最後の<text:p>要素に

含まれている。

c)

削除の前の元のテキストは,

“This is the original text,but this has been deleted.”である。

OpenDocument

フォーマットにおける全てのテキストと同様に,削除されたテキストは,段落要素の中

に含まれることに注意する。元のテキストを再構成するためには,この段落を前後とつなげる。例えば,

単一の単語だけから成る削除は,その単語を含む段落として表現する。

削除が起こる前のテキストを再構成するためには,次のことを行う。

a)

変更マーク(4.6.7 参照)が段落の内部にある場合,<text:deletion>要素のテキスト内容を,最初の<text:p>

タグ及び最後の</text:p>タグがなかったものとして,挿入する。

b)

変更マークが見出しの内部にある場合,前細別のとおりに処理する。ただし,終了タグを修正して前

後のタグと合わせる。

c)

それ以外の場合は,変更マークの代わりに<text:deletion>要素のテキスト内容を単に転記する。

 

次の変更が与えられたとする。

<text:changed-region text:id="example"> 
 <text:deletion> 

<office:change-info>...</office:change-info>

<text:p>Hello</text:p>

<text:p>World!</text:p>

 </text:deletion> 
</text:changed-region>

変更マークが通常の段落の内部にある場合,最初の(最も一般的な)細別 a)  に相当する。

<text:p>abc<text:change text:id="example"/>def</text:p>

元のテキストを再構成するために,二つの<text:p>要素を,最初及び最後のタグを取り除いてか

ら転記し,変更マークを置き換える。

<text:p>abcHello</text:p> 
<text:p>World!def</text:p>

変更マークが見出しの内部にある場合,細別 b)  に相当する。細別 a)  と同じ処理を行うが,転

記するタグを修正して整形式の XML であるようにする。次に例を示す。

<text:h>abc<text:change text:id="example"/>def</text:h>

これは,次のようにする。

<text:h>abcHello</text:h> 
<text:h>World!def</text:h>

変更が段落の外部にある場合,3 番目の場合 c)  に相当する。この場合,削除されたテキストは,

単に,順番に転記される。

<text:p>abcdef</text:p> 
<text:change text:id="example/> 
<text:p>ghijkl</text:p>

これは,次のようになる。

<text:p>abcdef</text:p> 
<text:p>Hello</text:p>


46

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<text:p>World!</text:p> 
<text:p>ghijkl</text:p>

最初の二つの場合 a)  及び b)  であって,削除が完全な段落を含んでいる場合,望ましい結果を

得るためには,<text:deletion>要素に付加的な空の段落を入れなければならない。次の場合を考え

る。

<text:p>abc</text:p> 
<text:h>Hello</text:h> 
<text:h>World!</text:h> 
<text:p>def</text:p>

これから次の変更が発生したとする。

<text:p>abc<text:change text:id="example/>def</text:p>

この変更は,次のように表現される。

<text:changed-region text:id="example"> 
 <text:deletion> 

<office:change-info>...</office:change-info>

<text:p/>

<text:h>Hello</text:h>

<text:h>World!</text:h>

<text:p/>

 </text:deletion> 
</text:changed-region>

4.6.5 

書式変更 

書式変更要素は,書式付け属性におけるいかなる変更も表現する。変更が発生した区画は,変更開始要

素及び変更終了要素によってマーク付けする。

<define name="text-changed-region-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:format-change">

  <ref

name="office-change-info"/>

 </element> 
</define>

注記  書式変更要素は,発生した実際の変更を含まない。

4.6.6 

変更情報 

変更情報要素は,だれがいつ変更したかというメタ情報を含む。それは,スプレッドシート文書にも使

用され,12.3(メタデータを履歴管理する変更)に示す。

4.6.7 

変更マーク 

変更区画の開始及び終了をマーク付けする,次の三つの要素が存在する。

a)

変更開始要素  <text:change-start>

この要素は,テキストが挿入された箇所又は書式が変更された内容をもつ区画の開始をマーク付け

する。

b)

変更終了要素  <text:change-end>

この要素は,テキストが挿入された箇所又は書式が変更された内容をもつ区画の終了をマーク付け

する。

c)

変更位置要素  <text:change>

この要素は,テキストが削除された箇所の空区画の位置をマーク付けする。

三つの要素は,全て,それらが属する区画の ID を指定する属性をもつ。

<define name="change-marks"> 
 <choice> 
  <element

name="text:change">

   <ref

name="change-mark-attr"/>


47

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </element> 
  <element

name="text:change-start">

   <ref

name="change-mark-attr"/>

  </element> 
  <element

name="text:change-end">

   <ref

name="change-mark-attr"/>

  </element> 
 </choice> 
</define> 
<define name="change-mark-attr"> 
 <attribute

name="text:change-id">

  <ref

name="IDREF"/>

 </attribute> 
</define>

4.7 

ソフト改ページ 

<text:soft-page-break>

要素がソフト改ページを表す。

ソフト改ページに関する詳細は,2.3.1 に示す。

<define name="text-soft-page-break"> 
<element name="text:soft-page-break"> 
<empty/> 
</element> 
</define>

4.8 

テキスト宣言 

幾つかのテキスト要素は,それらが使用可能となる前に,文書ごとの宣言を必要とする。例えば,変数

フィールドは,使用する変数が文書の最初で宣言されていることを要求する。これらの宣言は,テキスト

文書の最初に集められる。それらの宣言は,全て,任意選択宣言とする。各宣言の詳細な記述は,適切な

箇条で見つけることができる。

提供されるテキスト宣言を,次に示す。

a)

変数宣言

これらの宣言は,変数フィールドのために使用する(6.3.1 参照)

b)

利用者フィールド宣言

これらの宣言は,利用者定義フィールドのために使用する(6.3.5 参照)

c)

列宣言

これらの宣言は,列フィールドのために使用する(6.3.8 参照)

d) DDE

結合

これらの宣言は,DDE フィールド及び DDE 節のために使用する(6.6.9 及び 4.4.3 参照)

e)

自動マークファイル

この宣言は,アルファベット順のインデクス生成のために使用する(7.8.2 参照)

<define name="text-decls"> 
 <optional> 
  <element

name="text:variable-decls">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-variable-decl"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
 <optional> 
  <element

name="text:sequence-decls">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-sequence-decl"/>

   </zeroOrMore>


48

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </element> 
 </optional> 
 <optional> 
  <element

name="text:user-field-decls">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-user-field-decl"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
 <optional> 
  <element

name="text:dde-connection-decls">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-dde-connection-decl"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </optional> 
 <optional> 
  <ref

name="text-alphabetical-index-auto-mark-file"/>

 </optional> 
</define>

段落要素の内容 

5.1 

基本的なテキスト内容 

段落要素の子は,文書のテキスト内容を構築する。段落要素又はその子に含まれる全てのテキストは,

後に詳しく示す例外を除いて,テキスト内容とする。これによって,他の書式への変換が著しく容易にな

る。それは,変換が段落要素の子要素を無視して単にテキスト内容だけを処理することができ,それであ

っても,テキスト内容の忠実な表現を得られることによる。

行内の子テキストを含まないテキスト内容要素を次に示す。

a)

脚注及び後注(footnote 及び endnote,5.3 参照)

脚注及び後注は,テキスト内容を含むが,通常は,主テキスト内容の外部に表示する。例えば,ペ

ージ又は文書の最後に表示する。

b)

ルビ(5.4 参照)

ルビテキストは,通常,主テキストの上又は下に表示する。

c)

注釈(annotation,5.5 参照)

注釈は,通常は,表示しない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <text/> 
</define>

5.1.1 

空白文字 

段落要素又はその子要素が複数の空白文字を含む場合,それらは,一つにまとめる。段落終了における

後端の空白文字と同様に,段落開始における前端の空白文字は無視する。詳細には,次の変換が生じる。

a) HORIZONTAL

TABULATION

(0x0009)

b) CARRIAGE

RETURN

(0x000D)

c)

LINE FEED (0x000A)

d) SPACE

(0x0020)

さらに,

(これらの文字に)先行する文字が空白文字の場合,これらの文字は,無視する。先行する文字

は,その文字が同じ段落要素に含まれていて,その文字を含む要素がここで示すとおりに空白文字を処理

する限り,その同じ要素,親要素又は先行する兄弟要素に含まれることができる。段落の開始又は終了に


49

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

おける空白文字は,それらが段落要素自体に含まれるかどうかに

かか

わらず,又は前述のとおり空白文字

が一つにまとめられた子要素の中に含まれるかどうかにかかわらず,無視される。

これらの空白処理規則は,HTML において作成者が空白文字を利用できるのと同じ方法で,作成者が空

白文字を利用して OpenDocument  文書の XML ソースの可読性を改良することを可能にする。

空白処理は,次の要素内で発生する。

a) <text:p>

b) <text:h>

c) <text:span>

d) <text:a>

e) <text:ref-point>

f) <text:ref-point-start>

g) <text:ref-point-end>

h) <text:bookmark>

i) <text:bookmark-start>

j) <text:bookmark-end>

注記  W3C 勧告 XSL では,テキストの段落の空白処理は,段落要素に対応する<fo:block>要素に

fo:white-space="collapse"

属性を付けることによって可能になる。

スペース文字 

一般に,段落中の連続する空白文字は,一つにまとめる。このために,UCS 文字 SPACE(0x0020。JIS X 

0221

参照)を表現するために使用する特別の XML 要素がある。

この XML 要素は,要素が表現する SPACE 文字の数を指定するために,text:c と呼ぶ任意選択の属性を

使用する。text:c 属性がないときは,単一の SPACE 文字を意味すると解釈する。この要素は,SPACE 文字

の列で 2 番目及びそれに続く全ての SPACE 文字を表現するために要求される。この要素に先行する文字

が空白文字でない場合,誤りとはしない。しかし,実用上,文字の列において 2 番目及びそれに続く SPACE

文字のためにこの要素を使用する方がよい。

そうすれば,アプリケーションは,この要素を認識しない場合にも,単一の SPACE 文字を認識するこ

とができる。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:s">

  <optional> 
   <attribute

name="text:c">

    <ref

name="nonNegativeInteger"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

タブ文字 

<text:tab>

要素は,見出し又は段落の中で,UCS タブ文字,HORIZONTAL TABULATION(0x0009)を表

現する。<text:tab>要素は,段落のスタイル情報で定義されたとおりに,現在位置から次のタブ位置までの

余白を保存する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:tab">

  <ref

name="text-tab-attr"/>

 </element>


50

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

タブ文字がどのタブ位置を指すかを決定するためには,レイアウト情報が要求される。レイアウトを意

識しない処理系がより容易にこの情報を決定するために,アプリケーションは,タブ文字を,現在の段落

スタイルにおけるタブ位置と関連させる手助けとして,text:tab-ref 属性を生成してもよい。その属性は,

タブ文字が何番目のタブ位置を参照するかを含む。位置 0 は,特別の意味をもっており,段落の開始マー

ジンを示す。

<define name="text-tab-attr"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:tab-ref">

   <ref

name="nonNegativeInteger"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

注記 text:tab-ref 属性は,単に,レイアウトを意識しない処理系が,タブ及びタブ位置の関連を決定

するのを支援する。レイアウトを意識する処理系は,単独でスタイル情報に基づきタブ位置を

決定することが望ましい。

行区切り 

<text:line-break>

要素は,見出し又は段落の行区切りを表現する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:line-break">

  <empty/> 
 </element> 
</define>

ソフト改ページ 

<text:soft-page-break>

要素は,見出し又は段落の中での改ページを表現する。

ソフト改ページに関する詳細は,2.3.1 に示す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
<ref name="text-soft-page-break"/ > 
</define>

5.1.2 

ソフトハイフン,ハイフン及び行区切りのないブランク 

ソフトハイフン,ハイフン及び行区切りのないブランクは,

表 で示すとおりに,UCS 文字によって表

現する。

表 7−ソフトハイフン,ハイフン及び行区切りのないブランク 

UCS

文字

意味

SOFT HYPHEN (00AD)

ソフトハイフン

NON-BREAKING HYPHEN (2011)

行区切りのないハイフン

NO-BREAK SPACE (00A0)

行区切りのないブランク

5.1.3 

属性付きテキスト 

<text:span>

要素は,テキストスタイル又はテキストクラスを用いて属性を付けたテキストの部分を表現

する。この要素の内容は,テキストスタイルを使用するテキストとする。

テキストスタイル又はテキストクラスの名前は,それぞれ,<text:span>要素に付けた text:style-name 属性

又は text:class-names 属性の値とする。これらの属性は,テキストスタイル又はテキストクラスを参照しな

ければならない。


51

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

text:style-name

属性は,一つのテキストスタイルを参照する。text:class-names 属性は,テキストスタイル

名を空白で分離したリストをとる。

参照するテキストスタイルは,

それらをリストに含む順番で適用する。

text:style-name

及び text:class-names の両方が存在する場合,text:style-name 属性が参照するスタイルが,

text:class-names

におけるリストの中で最初のスタイルとして扱われる。この規格に適合するアプリケーシ

ョンは,text:class-names 属性を提供し,編集中にその属性を保持することが望ましい。

<text:span>

要素は,入れ子にすることができる。

この要素に含まれる空白文字は,一つにまとめる。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:span">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <attribute

name="text:class-names">

    <ref

name="styleNameRefs"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="paragraph-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

 

次に,OpenDocument 文書におけるテキストスタイルの例を示す。

<text:p> 

The last word of this sentence is

 <text:span

text:style-name="emphasize">emphasized</text:span>.

</text:p>

5.1.4 

ハイパリンク 

テキスト文書中のハイパリンクは,<text:a>要素によって表現する。

この要素は,ハイパリンクに割り当てた事象を含んでいる事象表要素<office:event-listeners>を含む。事

象表要素についての詳細は,12.4 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:a">

  <ref

name="text-a-attlist"/>

  <optional> 
   <ref

name="office-event-listeners"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="paragraph-content"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:a>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

名前

b)

タイトル

c)

リンク位置

d)

対象枠

e)

テキストスタイル


52

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

名前 

ハイパリンクは,名前をもつことができる。しかし,必須ではない。名前が存在する場合には,office:name

属性は,ハイパリンクの名前を指定する。この名前は,他の幾つかのハイパリンクの対象として役に立つ。

<define name="text-a-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="office:name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

タイトル 

office:title

属性は,ヒントテキストに関する短縮アクセシブル記述を指定する。

この属性の利用方法の指針は,

附属書 に示す。

<define name="text-a-attlist" combine="interleave"> 
<optional> 
<attribute name="office:title"> 
<ref name="string"/> 
</attribute> 
</optional> 
</define>

リンク位置 

xlink:href

属性は,リンクの対象位置のための URL を指定する。

<define name="text-a-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="xlink:href">

  <ref

name="anyURI"/>

 </attribute> 
 <optional> 
  <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

   <value>simple</value> 
  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="xlink:actuate"

a:defaultValue="onRequest">

   <value>onRequest</value> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

対象枠 

office:target-frame-name

属性は,リンクの対象枠を指定する。この属性は,次の値の一つをもつことがで

きる。

a) _self

参照された文書が,現在の枠の内容を置き換える。

b) _blank

参照された文書を,新しい枠に表示する。

c) _parent

参照された文書を,現在の枠の親枠に表示する。

d) _top

参照された文書を,最上部の枠に表示する。ここで,最上位の枠とは,現在の枠を子又は子孫とし

て含むが,他の枠内に含まれない枠とする。


53

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

e)

枠名

参照された文書を,名前付き枠に表示する。名前付き枠が存在しない場合,その名前をもつ新しい

枠を生成する。

XLink

の規定に適合するために,付加的な xlink:show 属性を,<text:a>要素に付ける。属性の値が_blank

の場合,xlink:show 属性値は,new とする。属性の値が他の任意選択値のいずれかである場合,xlink:show

属性の値は,replace とする(JIS X 4176 参照)

<define name="text-a-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="office:target-frame-name">

   <ref

name="targetFrameName"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="xlink:show">

   <choice> 
    <value>new</value> 
    <value>replace</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

テキストスタイル 

全てのハイパリンクは,次の二つのテキストスタイルをもつ。

a)

ハイパリンクのリンク位置がたどられていない場合,text:style-name 属性によって指定するテキストス

タイルを,ハイパリンクのテキストに適用する。

b)

ハイパリンクのリンク位置が既にたどられている場合,text:visited-style-name 属性によって指定された

テキストスタイルを,ハイパリンクのテキストに適用する。

<define name="text-a-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:visited-style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

5.2 

ブックマーク及び参照 

5.2.1 

ブックマーク 

ブックマークは,テキスト位置又はテキスト範囲のいずれかをマーク付けできる。テキスト範囲は,い

かなるテキスト位置からでも開始でき,他のテキスト位置で終了できる。特に,ブックマークは,一つの

段落の途中で開始でき,他の段落の途中で終了できる。ブックマークを表現するために使用する XML 要

素は,次に示すとおり,ブックマークの型に依存して変わる。

a) <text:bookmark>

一つのテキスト位置をマーク付けする。

b) <text:bookmark-start>

テキスト範囲の開始位置をマーク付けする。


54

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

c) <text:bookmark-end>

テキスト範囲の終了位置をマーク付けする。

全ての<text:bookmark-start>要素に対して,同じ text:name 属性を使用する同じテキストの流れの中に

<text:bookmark-end>

要素が存在しなければならない。同様に,全ての<text:bookmark-end>要素に対して,

<text:bookmark-start>

要素が存在しなければならない。<text:bookmark-start>要素は,<text:bookmark-end>要

素に先行しなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <choice> 
  <element

name="text:bookmark">

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </element> 
  <element

name="text:bookmark-start">

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </element> 
  <element

name="text:bookmark-end">

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </element> 
 </choice> 
</define>

 

ブックマークの例を次に示す。

<text:p> 
<text:bookmark text:name="Mark 1"/>There is a text mark in front of this 
paragraph. 
<text:bookmark-start text:name="Mark 2"/>In front of this paragraph there is 
the start of a bookmark. 
</text:p> 
<text:p> 
This bookmark ends 
<text:bookmark-end text:name="Mark 2"/> 
amid this sentence. 
</text:p>

5.2.2 

参照 

参照の表現は,ブックマークの XML 表現に基づいてモデル化される。次のとおりの 2 種類の参照マー

クが存在する。

a)

点参照

点参照は,テキストの中の特定の位置をマーク付けし,一つの<text:reference-mark>要素によって表

現する。

b)

範囲参照

範 囲 参 照 は , テ キ ス ト の 中 の 文 字 の 範 囲 を マ ー ク 付 け し , 範 囲 の 開 始 を マ ー ク 付 け す る

<text:reference-mark-start>

及び範囲の終了をマーク付けする<text:reference-mark-end>の,二つの要素に

よって表現する。

全ての参照は,名前によって識別する。名前は,一意でなければならない。範囲参照では,開始要素及

び終了要素が,同じ参照名を使用しなければならない。


55

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

点参照 

<text:reference-mark>

要素は,点参照を表現する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:reference-mark">

  <attribute

name="text:name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </element> 
</define>

範囲参照 

<text:reference-mark-start>

要素及び<text:reference-mark-end>要素は,範囲参照を表現する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <choice> 
  <element

name="text:reference-mark-start">

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </element> 
  <element

name="text:reference-mark-end">

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </element> 
 </choice> 
</define>

OpenDocument

スキーマでは,次の理由によって,参照を表現するために一つの要素の代わりに三つの

要素を使用する。

a)

単一の XML 要素として表現された参照は,参照を重ね合わせることを提供できない。

b)

単一の XML 要素として表現された参照は,他の要素とうまく相互作用しない。

 

次に,範囲参照を重ね合わせた例を示す。

<text:p> 
 <text:reference-mark-start

text:name="first"/>This

is

an

<text:reference-mark-start text:name="second"/>example of a sentence

<text:reference-mark-end text:name="first"/>with overlapping references.

 <text:reference-mark-end

text:name="second"/>

</text:p>

この例の段落は,

表 のテキストにまたがる二つの参照を示す。

表 8−例の説明 

参照  "first"

"This is an example of a sentence"

参照  "second"

"example of a sentence with overlapping references"

この重ね合せ構造は,参照されたテキストを含むために,単一の参照要素を使用して表現できない。同

様に,複数の段落にわたった参照は,参照されたテキスト内で開始又は終了のいずれかだけを書式付けす

る文字を生成するので,二つの重ね合わさった XML 要素と同じ状況になる。

5.3 

 

注は,注がつなぎ止められた位置のテキストストリームに出現する<text:note>要素から成る。注に番号

を付ける方法及び注を描出する方法は,<office:styles>の内部に出現する<text:notes-configuration>要素によ


56

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

って決定する。

5.3.1 

注要素 

注要素は,あるテキスト位置へ添付されたテキストの注を表現する。この概念を共通的に実装したもの

は,大部分のワードプロセッサで見られる脚注及び後注である。注は,注引用要素及び注本体要素を含む。

注本体要素が,注の内容を含む。

OpenDocument

文書では,注は,W3C

勧告 XSL の 6.10.3(fo:footnote)と同様の方法で表現する。XSL

では,注要素の最初の子は,<fo:inline>要素の形式で引用を含む。OpenDocument スキーマは,同じ構造を

使用するが,<text:note-citation>要素を導入する。XSL と同じように,2 番目の子が,注本体を含む。

さらに,OpenDocument は,<text:notes-configuration>要素を提供する。XSL における注構成と同様の効果

を達成するために,全ての注引用要素を適切に書式化しなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:note">

  <ref

name="text-note-class"/>

  <optional> 
   <attribute

name="text:id">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <element

name="text:note-citation">

   <optional> 
    <attribute

name="text:label">

     <ref

name="string"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <text/> 
  </element> 
  <element

name="text:note-body">

   <zeroOrMore> 
    <ref

name="text-content"/>

   </zeroOrMore> 
  </element> 
 </element> 
</define>

注クラス 

それぞれの注は,注の期待される描出を決定するクラスに属する。この規格では,脚注及び後注という,

二つの注クラスが提供される。

<define name="text-note-class"> 
 <attribute

name="text:note-class">

  <choice> 
   <value>footnote</value> 
   <value>endnote</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

脚注参照識別子 

脚注参照識別子は,参照する脚注を識別するために,脚注への参照によって使用される。

注引用要素 

<text:note-citation>

要素は,書式付き数又は文字列のいずれかとして,書式化した注引用要素を含む。

注ラベル 

注引用要素は,ラベル付け又は番号付けができる。番号付けする場合,その番号は,注記構成要素に従

って自動的に選択され書式化される。ラベル付けする場合,利用者は,利用者が文書に挿入する全ての注


57

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

にラベルを供給しなければならない。このラベルは,<text:note-citation>要素の text:label 属性に格納する。

注本体 

<text:note-body>

要素は,脚注の実際の内容を含む。それは,属性をもたない。スキーマは,注本体への

注の入れ子を可能にする。これは,将来の注の型にはよいかもしれないが,脚注及び後注には妥当ではな

い。この規格に適合するアプリケーションは,そのような入れ子の注を提供してもしなくてもよい。

 

次に脚注の例を示す。

<text:p> 

This paragraph contains a footnote

 <text:note

text:note-class="footnote"

text:id="ftn001">

<text:note-citation>1</text:note-citation>

<text:note-body>

  <text:p>

This footnote has a generated sequence number

  </text:p>

</text:note-body>

 </text:note> 
 . 
</text:p> 
<text:p> 

This paragraph contains a footnote

 <text:note

text:note-class="footnote"

text:id="ftn002">

<text:note-citation

text:label="*">*</text:note-citation>

<text:note-body>

  <text:p>

 

This

footnote

has

a

fixed

citation

  </text:p>

</text:note-body>

 </text:note> 

 too

</text:p>

5.4 

ルビ 

ルビは,基底(となる)テキストの上又は下に表示される追加テキストとする。ルビの目的は,基底テ

キストを注釈するか,又はその発音に関する情報を提供することにある。

<text:ruby>

要素に含むことができる次の二つの要素がある。

a)

ルビ基底

b)

ルビテキスト

<text:ruby-base>

要素は,注釈するテキストを含む。それは,テキスト範囲のように,いかなる段落要素

内容も含む。要素の text:style-name 属性は,ルビの更なる書式化属性を指定するルビスタイルを参照する。

詳細は,14.8.4 を参照。

<text:ruby-text>

要素は,注釈テキストを含む。それは,単に,プレーンテキストを含んでいてもよい。

要素の text:style-name 属性は,テキストのために使用する更なる書式化属性を指定するテキストスタイル

を参照する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:ruby">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <element

name="text:ruby-base">

   <ref

name="paragraph-content"/>


58

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </element> 
  <element

name="text:ruby-text">

   <optional> 
    <attribute

name="text:style-name">

     <ref

name="styleNameRef"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <text/> 
  </element> 
 </element> 
</define>

5.5 

テキスト注釈 

OpenDocument

フォーマットは,注釈が段落要素内に現れることを可能にする。注釈についての詳細は,

12.1

を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <ref

name="office-annotation"/>

</define>

5.6 

インデクスマーク 

インデクスマークは,テキストインデクスに含めるためのテキスト領域をマーク付けするために使用す

る。それは,ブックマーク及び参照と構造的に一致している。テキストインデクスと合わせて,7.1 で詳

細に示す。

5.7 

変更履歴管理及び変更マーク 

段落は,変更履歴管理マークを含んでもよい。これは,変更履歴管理(4.6 参照)で示した。ここでは,

規定の完全性のために参照する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <ref

name="change-marks"/>

</define>

5.8 

行内図形及びテキストボックス 

テキスト文書内で,画像,埋込みオブジェクト及び他の描画オブジェクトを,段落若しくは文字に,又

は文字として,つなぎ止めてもよい。段落につなぎ止める場合,それらは,段落内の任意の位置で出現す

る。文字に又は文字としてつなぎ止められる場合,それらは,段落内の,それらがつなぎ止められている

文字の位置に出現する。描画オブジェクトについての詳細は,9.2 を,それらのつなぎ止め(アンカ)に

ついては,9.2.16 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <choice> 
  <ref

name="shape"/>

  <ref

name="draw-a"/>

 </choice> 
</define>

テキストフィールド 

文書の他の型に埋め込まれた OpenDocument テキスト文書又は OpenDocument テキスト内容は,フィー

ルドと呼ぶ可変テキスト要素を含むことができる。

フィールドには幾つかの異なる型があり,

それぞれは,

可変テキスト要素の異なる型を実装する。フィールドの一般的な使用方法を次に示す。

a)

ページ番号

ページ番号フィールドは,それが現れるページ数を表示する。このフィールドは,フッタに役立つ。

フッタが現れる全てのページに対して,

全てのページが正しく番号付けされるように,

フィールドは,


59

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

現在のページ番号を決める。

b)

作成日付

作成日付フィールドは,現在の文書が作成された日付を表示する。このフィールドは,文書テンプ

レートに役立つ。テンプレートを使用して作成された全ての文書は,それが作成された日付を含む。

c)

番号範囲

番号範囲フィールドは,利用者が,例えば,画像,表といった,ある要素に番号を付けることを可

能にする。番号範囲フィールドは,その同じ番号範囲の中のそれ自体の位置を,他の番号範囲フィー

ルドに関し相対的に表示する。したがって,画像及びそれに関連する番号範囲フィールドが文書内で

移動される場合,そのフィールドは,新しい順番を反映するために自動的に更新される。

箇条 は,フィールドを OpenDocument ファイル形式においてどのように表現するかを示す。

6.1 

フィールド要素の共通的特徴 

フィールド型は,それぞれ,対応する要素型によって表現する。文書の中のフィールドは,適切な型の

単一要素として符号化する。要素の内容は,それが表示又は印刷されるであろう,現在のフィールド値の

テキスト表現とする。したがって,全てのフィールド要素を無視し要素のテキスト内容だけを表示するこ

とによって,おおよそ,文書のテキストだけの版を得ることができる。

フィールドの値は,通常,属性に格納する。例えば,利用者がフィールドの書式スタイルの変更を決定

する場合など,必要な場合に,フィールドのプレゼンテーション(すなわち,表示,提示など)を再計算

できるように,値の格納が必要になる。XML 文書の処理を容易にするために,要素内容のプレゼンテーシ

ョンスタイルを格納することも必要になる。例えば,フィールドを完全に処理することが不可能又は望ま

しくない場合,アプリケーションは,フィールドを無視し,内容だけを使用できる。文字列値に対しては,

その値がプレゼンテーションと同一の場合,その値属性は,情報の重複した格納を避けるために省略され

る。

内容の異なる型,例えば,番号,文字列又は日付を格納できるフィールドについては,その実際の値に

加えて,値の型が格納される。値及び値型属性は,6.7.1 の最後で示す。フィールドを復元するために,よ

り多くの情報が必要な場合,その情報は,付加的な属性に格納する。

フィールド要素の最も一般的な属性を次に示す。

a)

固定フィールド

多くのフィールドは,初期値が割り当てられた後,その内容は,変わらない。これらのフィールド

には,一般に,属性 text:fixed を付ける。この属性についての詳細は,6.7.2 を参照。

b)

書式スタイル

幾つかのフィールド型,特に,番号,日付又は時間データを表現するフィールド型は,書式スタイ

ルを含む。OpenDocument フォーマットでは,この書式スタイルは,style:data-style-name 属性によって

表現する。利用者がフィールドのプレゼンテーションスタイルを変更できるので,アプリケーション

は,フィールド内容の新しい表現をいつでも再計算できなければならない。この属性についての詳細

は,6.7.7 を参照。

6.2 

文書フィールド 

OpenDocument

フィールドは,現在の文書又はその特定の部分に関する情報,例えば,作成者,現在の

ページ番号若しくは文書作成日付などを表示できる。これらのフィールドを,まとめて,文書フィールド

と呼ぶ。

文書フィールドは,固定されていることが多い。フィールドは,文書が編集されるとき,その内容が再


60

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

評価されるのではなく保存されていることを示すために,固定(fixed)とマーク付けできる。例えば,日

付フィールドは,現在の日付を示す。日付フィールドが固定とマーク付けされている場合,フィールドの

値は,後続の編集の間保存され,フィールドが文書に挿入された元の日付を常に反映する。フィールドが

固定とマーク付けされていない場合,文書が編集されるときは,いつでも,その値は,変化する。同様に,

作成者フィールドは,フィールドが固定とマーク付けされているかどうかに依存して,文書の元の作成者

又は最後の作成者を示すことができる。

文書フィールドは,次を含む。

a)

日付フィールド及び時間フィールド

b)

ページ番号フィールド

c)

送り手フィールド及び作成者フィールド

d)

章フィールド

e)

ファイル名フィールド

f)

文書テンプレートフィールド

6.2.1 

日付フィールド 

日付フィールドは,現在の日付を表示する。日付は,現在の日付以外の日付を表示するように調整する

ことができる。例えば,夜遅く編集された文書が翌日の日付又は数日後を表示するように,日付を変更で

きる。

この要素は,指定されたデータスタイルに依存して,日付フィールド値のプレゼンテーションを含む。

省略時の日付は,現在の日付とする。この要素の値は,6.7.2 に示した text:fixed 属性を使用して保存でき

る。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:date">

  <ref

name="text-date-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:date>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

日付値

b)

日付調整

c)

固定(6.7.2 参照)

d)

書式スタイル(6.7.7 参照)

。書式スタイルは,日付データスタイルでなければならない(14.7 参照)

<define name="text-date-attlist" combine="interleave">

 <interleave> 
  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

 </interleave> 
</define>

日付値 

text:date-value

属性は,特定の日付値を指定する。例えば,日付フィールドが固定とマーク付けされてい

る場合,この属性は,フィールドが固定としてマーク付けされた日付を指定するために使用できる。この

属性は,将来の日付を指定するために使用することもできる。アプリケーションの中には,日付だけの値

に加えて,日付及び時間を提供するものもある。

日付値は,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.7(dateTime)及び 3.2.9(date)に示した日付形式と適合するこ


61

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

とが望ましい。値が指定されない場合,フィールドが固定とマーク付けされたとしても,現在の日付を仮

定する。

<define name="text-date-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:date-value">

   <ref

name="dateOrDateTime"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

日付調整 

日付フィールドの値は,ある時間間隔によって調整することできる。それは,text:date-adjust 属性を使用

して指定する。時間間隔が負の値の場合,それは,日付フィールドの値からの減算を行い,現在の日付よ

り前の日付を生じる。

この属性の値は,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.6(duration)に示した時間間隔書式に適合しなければな

らない。負の時間継続を示す(任意選択の)マイナス記号が,値に先行できる。

<define name="text-date-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:date-adjust">

   <ref

name="duration"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.2.2 

時間フィールド 

時間フィールドは,現在の時刻を表示する。時間フィールドは,同様の属性を提供するので,6.2.1 で示

した日付フィールドとよく似ている。ただし,時間フィールドでは,それらの属性は,text:time-value 属性

及び text:time-adjust 属性と呼ぶ。

この要素は,指定されたデータスタイルに依存して,時間フィールド値のプレゼンテーションを含む。

省略時の時間は,現在の時刻とする。この要素の値は,6.7.2 に示した text:fixed 属性を使用して保存でき

る。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:time">

  <ref

name="text-time-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:time>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

時間値

b)

時間調整

c)

固定(6.7.2 参照)

d)

書式スタイル(6.7.7 参照)

。書式スタイルは,時間データスタイルでなければならない。詳細は,14.7

を参照。

<define name="text-time-attlist" combine="interleave"> 
 <interleave> 
  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

 </interleave> 
</define>

時間値 


62

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

text:time-value

属性は,文書が最後に編集された時間を記録する。

アプリケーションの中には,日付だけに加えて,日付及び時間を提供するものもある。

この属性の値は,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.7(dateTime)及び 3.2.8(time)に示した“dateTime”デ

ータ型又は“time”データ型のいずれかと適合しなければならない。値が指定されない場合,フィールド

が fixed とマーク付けされていても,現在の時刻を仮定する。

<define name="text-time-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:time-value">

   <ref

name="timeOrDateTime"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

時間調整 

時間フィールドの値は,ある時間間隔によって調整することができる。それは,text:time-adjust 属性を

使用して指定する。

この属性の値は,W3C

勧告 xmlschema-2 の 3.2.6(duration)に示した時間間隔書式に適合しなければな

らない。

(任意選択の)マイナス記号が,負の時間継続を示すために,値に先行できる。正の値は,その時

間を将来の時間に調整する。一方,負の値は,その時間を過去の時間に調整する。継続時間は,分に丸め

る。

<define name="text-time-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:time-adjust">

   <ref

name="duration"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

 

時間調整属性及びその効果を次に示す。

a)

属性が text:time-adjust="PTM15"の場合,時間フィールドは,その時間フィールド値が指定す

る実際の時間よりも 15 分後の時間を表示する。

b)

属性が text:time-adjust="-PTH1"の場合,時間フィールドは,その時間フィールド値が指定す

る実際の時間よりも 1 時間前の時間を表示する。

6.2.3 

ページ番号フィールド 

ページ番号フィールドは,現在のページ番号を表示する。これらのフィールドは,ヘッダ及びフッタに

おいて,特に役に立つ。例えば,ページ番号フィールドをフッタに挿入する場合,現在のページ番号は,

フッタが現れる全てのページに表示する。

<text:page-number>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

ページ調整

b)

前ページ番号又は次ページ番号の表示

c)

固定(6.7.2 参照)

d)

書式スタイル(6.7.8 参照)

ページ番号は,2.8 に示した数の書式に従って書式付けできる。数スタイルが指定されない場合,ペ

ージ番号は,現在のページスタイルに定義された数スタイルに従って書式付けする。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:page-number">


63

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="text-page-number-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define> 
<define name="text-page-number-attlist" combine="interleave"> 
 <interleave> 
  <ref

name="common-field-num-format-attlist"/>

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

 </interleave> 
</define>

注記  文書中のページの総数を表示するためには,6.4.17 に示した<text:page-count/>フィールドを使

う。

ページ調整 

ページ番号フィールドの値は,指定した番号によって調整することができ,後続のページ又は先行する

ページのページ番号を表示できる。調整する量は,text:page-adjust 属性を使用して指定する。この属性を

使用する場合,アプリケーションは,次のことを行う。

a)

現在のページ番号に,属性の値を加える。

b)

その結果生じるページが存在するかどうか検査する。

c)

ページが存在する場合,そのページの番号を表示する。

d)

ページが存在しない場合,ページ番号フィールドの値は空のままとし,番号は,表示しない。

<define name="text-page-number-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:page-adjust">

   <ref

name="integer"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

前ページ番号又は次ページ番号の表示 

text:select-page

属性は,現在のページの番号ではなく,前ページ又は次ページの番号を表示するために

使用する。

<define name="text-page-number-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:select-page">

   <choice> 
    <value>previous</value> 
    <value>current</value> 
    <value>next</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

注記  最 初 又 は 最 終 の ペ ー ジ 以 外 の 全 て の ペ ー ジ に 現 在 の ペ ー ジ 番 号 を 表 示 す る た め に は ,

text:select-page

属性と text:page-adjust 属性との組合せを使用する。

 

最初のページ以外の全てのページに現在のページ番号を表示する例を次に示す。

<text:page-number text:select-page="previous" 

    text:page-adjust="1"

 

style:num-format="1"/>

6.2.4 

ページ継続テキスト 

出版物によっては,継続を示す印を,ページ番号に加えてページの下の方に印刷するものがある。継続


64

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

を示す印を含めるためには,<text:page-continuation>要素を使用する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:page-continuation">

  <ref

name="text-page-continuation-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:page-continuation>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

前ページ又は次ページ

b)

文字列値

前ページ又は次ページ 

この属性は,前ページ又は次ページを検査するかどうかを指定し,ページが存在する場合には,継続テ

キストを印刷する。

<define name="text-page-continuation-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:select-page">

  <choice> 
   <value>previous</value> 
   <value>next</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

文字列値 

この属性は,表示する継続テキストを指定する。この属性を省略した場合,要素内容を使用する。

<define name="text-page-continuation-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:string-value">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.2.5 

送り手フィールド 

現在の文書の送り手に関する情報,例えば,名前及び電子メールアドレスを含む幾つかのフィールドが

ある。送り手に関する情報は,OpenDocument アプリケーションの利用者情報ダイアログから得る。送り

手フィールドを,text:fixed 属性を使用して,固定とマーク付けする場合,送り手フィールドにおける元の

送り手情報を保存する(6.7.2 参照)

。固定とマーク付けしない場合は,ファイルを編集するごとに,情報

が更新され,文書が異なる利用者によって編集されるときにフィールドの値は,変更されるようになる。

注記  以降の項目は,日本語だけでは意味が正しく伝わらないものもあるので,括弧内に英語を追記

した。

名(First Name)

この要素は,送り手の名を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-firstname">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

姓(Last Name)

この要素は,送り手の姓を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice">


65

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 <element

name="text:sender-lastname">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

イニシャル(Initials)

この要素は,送り手のイニシャルを表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-initials">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

肩書(Title)

この要素は,送り手の肩書を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-title">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

地位(Position)

この要素は,送り手の地位を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-position">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

電子メールアドレス(Email Address)

この要素は,送り手の電子メールアドレスを表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-email">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

個人電話番号(Private Telephone Number)

この要素は,送り手の個人電話番号を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-phone-private">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

ファクス番号(Fax Number)

この要素は,送り手のファクス番号を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-fax">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>


66

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

会社名(Company Name)

この要素は,送り手を雇用する会社名を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-company">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

会社電話番号(Office Telephone Number)

この要素は,送り手の会社電話番号を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-phone-work">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

番地(Street)

この要素は,送り手の住所の番地を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-street">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

市区町村(City)

この要素は,送り手の住所の市区町村名を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-city">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

郵便番号(Postal Code)

この要素は,送り手の住所の郵便番号を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-postal-code">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

国(Country)

この要素は,送り手の住所の国を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-country">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

都道府県(State or Province)

適用可能な場合,この要素は,送り手の住所の州,省,県などを表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sender-state-or-province">


67

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.2.6 

作成者フィールド 

文書の作成者を表示するために利用可能な二つの要素がある。一つの要素は,作成者の姓名を表示し,

もう一つの要素は,作成者のイニシャルを表示する。

作成者フィールドの値は,text:fixed 属性を使用して固定できる。固定として作成者フィールドをマーク

付けする場合は,元のフィールド内容を保持する。固定としてマーク付けしない場合は,文書の最終作成

者を反映するために,文書が更新されるごとにフィールド内容を変更する。

作成者の名前 

この要素は,作成者の姓名を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:author-name">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

作成者のイニシャル 

この要素は,作成者のイニシャルを表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:author-initials">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.2.7 

章フィールド 

章フィールドは,次のうちの一つを表示する。

a)

現在の章の名前

b)

現在の章の番号

c)

現在の章の名前及び番号の両方

章フィールドがヘッダ又はフッタの内部で置かれる場合,それは,全てのページに現在の章の名前又は

番号を表示する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:chapter">

  <ref

name="text-chapter-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:chapter>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

表示

b)

アウトラインレベル

表示 

text:display

属性は,章フィールドが表示することが望ましい情報を指定する。

<define name="text-chapter-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:display">

  <choice> 
   <value>name</value>


68

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <value>number</value> 
   <value>number-and-name</value> 
   <value>plain-number-and-name</value> 
   <value>plain-number</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

 

現在の章番号が“2.4

,章のタイトルが“Working with Tables”

,接頭辞が“[”

,及び接尾辞が“]”

の場合,可能な表示任意選択及び表示結果を

表 に示す。

表 9text:display 属性の値及び表示内容 

text:display

属性の値

表示されるフィールド内容

番号 [2.4]

名前 Working

Tables

番号及び名前 [2.4]

Wo

with

Tables

接頭辞及び接尾辞なしの番号 2.4

接頭辞及び接尾辞なしの番号及び名前

2.4 Working with Tables

アウトラインレベル 

この属性は,使用するアウトラインレベルを指定するために使用する。章フィールドは,指定されたア

ウトラインレベルまでの章番号又は章の名前を表示する。

<define name="text-chapter-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:outline-level">

  <ref

name="nonNegativeInteger"/>

 </attribute> 
</define>

6.2.8 

ファイル名フィールド 

ファイル名フィールドは,現在編集されているファイルの名前を表示する。

<text:file-name>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

表示

b)

固定

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:file-name">

  <ref

name="text-file-name-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

表示 

text:display

属性は,ファイル名をどこまで表示するかを指定する。選択肢を次に示す。

a)

パス名及び拡張子を含んだ完全なファイル名

b)

ファイルパス名だけ

c)

ファイル名だけ

d)

ファイル名及び拡張子

ファイル名は,IRI としてもよい。これは,IRI がファイルを検索するために使用されてきたこと,アプ

リケーションが内部的に IRI を使用しており,そのためにシステム固有パス名も IRI に変換していること


69

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

などによる。IRI を使用しており,パス名,ファイル名又は拡張子がその IRI から得られない場合,その IRI

を修正せずに表示することが望ましい。

<define name="text-file-name-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>full</value> 
    <value>path</value> 
    <value>name</value> 
    <value>name-and-extension</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

固定ファイル名フィールド 

ファイル名フィールドが固定される場合,その値は,ファイルが編集されるとき,変わらない。

<define name="text-file-name-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

</define>

6.2.9 

文書テンプレート名フィールド 

文書テンプレート名フィールドは,テンプレートの標題又はファイル名といった,使用中の文書テンプ

レートに関する情報を表示する。

<text:template-name>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

表示

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:template-name">

  <ref

name="text-template-name-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

表示 

この属性は,文書テンプレートに関するどの情報を表示するかを指定する。次のものから選択できる。

a)

パス名及び拡張子を含んだ完全なファイル名

b)

ファイルパス名だけ

c)

ファイル名だけ

d)

ファイル名及び拡張子

e)

標題

f)

文書テンプレートの領域

これらのうち最後の二つの値は,テンプレートダイアログのために使用できる。値は,<text:file-name>

要素のために利用可能な表示値の上位集合とする。

<define name="text-template-name-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>full</value> 
    <value>path</value> 
    <value>name</value> 
    <value>name-and-extension</value> 
    <value>area</value> 
    <value>title</value>


70

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.2.10 

シート名フィールド 

スプレッドシート文書に対して,

シート名フィールドは,

現在編集されているシートの名前を表示する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sheet-name">

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3 

変数フィールド 

OpenDocument

テキスト文書は,変数を含むことができる。変数は,変数フィールドを使用して,処理

され表示される。変数は,名前及び値の対とする。変数名は,特定の変数を識別するために文書全体にわ

たって使用する。したがって,変数名は,異なる型の変数のために再使用できない。ほとんどの変数フィ

ールドは,数(又は番号)

,日付,文字列などの異なる値型を提供する。

次の 3 種類の変数がある。

a)

単純変数

通常,変数と呼ぶ単純変数は,文書全体にわたり異なる位置で異なる値をとることができる。単純

変数は,設定子フィールド又は入力フィールドのいずれかを使用して設定できる。設定子フィールド

は,式を含み,それは,変数の新しい値を計算するために使用する。入力フィールドは,新しい値の

ために,利用者に表示する。単純変数は,ヘッダ又はフッタといった何度も現れる要素の中で異なる

テキストを表示するために使用できる。

b)

利用者変数

利用者変数は,文書全体にわたって同じ値をもつ。利用者変数が文書内のいかなる場所でも設定さ

れる場合,利用者変数を表示する文書中の全てのフィールドは,同じ値をもつ。オフィスアプリケー

ションの利用者インタフェースでは,利用者変数は,利用者フィールドのいかなる出現箇所でも,利

用者変数入力フィールドの使用によって,設定できる。OpenDocument ファイル形式では,利用者変

数の値は,変数が宣言された後だけに設定できる。

c)

列変数

列変数は,OpenDocument テキスト文書におけるある項目,例えば,画像又は表に番号を付けるた

めに使用する。

式及びテキストの入力フィールドも,変数フィールドとする。しかし,それらは,いかなる特定の変数

とも関連しない。それらの機能は,変数フィールドの機能と密接に関係しているので,それらも,6.3 

示す。

変数は,それが使用できる前に,宣言されなければならない。変数宣言は,特定の変数型のためのコン

テナ要素に集められる。変数を宣言するための OpenDocument コードは,6.3.16.3.5 及び 6.3.8 に示す。

6.3.1 

単純変数の宣言 

単純変数は,<text:variable-decl>要素を使用して宣言する。その宣言は,変数の名前及び値型を指定する。

単純変数の名前及び値型を指定するために,次の属性を<text:variable-decl>要素に付ける。

a) text:name

変数の名前は,一意でなければならない。名前は,既に,他の型の変数に使用されていてはならな


71

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

い。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) office:value-type

この属性の使用についての情報は,6.7.1 を参照。

<define name="text-variable-decl"> 
 <element

name="text:variable-decl">

  <ref

name="common-field-name-attlist"/>

  <ref

name="common-value-type-attlist"/>

 </element> 
</define>

6.3.2 

単純変数の設定 

単純変数は,変数設定子要素を使用して設定できる。この要素は,変数の値のプレゼンテーションを含

む。text:display 属性が none に設定されている場合,空になり得る。

<text:variable-set>

要素指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,設定する変数の名前を指定する。この名前は,既に宣言されている変数の名前と一致

しなければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) text:formula

この属性は,変数フィールドの値を計算するための数式をもつ。数式がフィールド要素の内容と等

しい場合,この属性は,省略できる。この属性の使用についての情報は,6.7.6 を参照。

c) office:value-type

及び適切な値属性

これらの属性の使用についての情報は,6.7.1 を参照。

注記  一つの単純変数は,一つの文書の中の異なる場所で異なる値型をもたないことが望ましい。

しかし,実装は,同じ変数の異なるインスタンスに対して異なる値型の使用を認めてもよい。

数値型の float,パーセント及び通貨の場合,値は,自動的に異なる値型に変換される。日付,

時間及び真理値の型といった内部的に数として格納される値型については,値は,それぞれ

の型の数として再解釈される。変数が文字列及び非文字列の両方の型に使用される場合,振

る舞いは,未定義とする。したがって,これは,推奨しない。

d) text:display

こ の 属 性 は , <text:variable-set> 要 素 の 値 を 表 示 す る か ど う か を 指 定 す る た め に 使 用 で き る 。

text:display

属性が value に設定される場合,変数の値を表示する。属性が none に設定される場合,値

は,表示しない。この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

e) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルが指定されない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使

用についての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:variable-set">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-value-and-type-attlist"/>

   <ref

name="common-field-display-value-none-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/>


72

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 </element> 
</define>

6.3.3 

単純変数の表示 

<text:variable-get>

要素は,単純変数の値を読み,表示する。この要素の値は,同一の text:name 属性をも

つ先行する最後の<text:variable-set>要素の値とする。要素は,選択した書式スタイルに従って,変数の値

をどのように示すか決める。

<text:variable-get>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,表示する変数の名前を指定する。この名前は,先行する<text:variable-del>要素の名前

と一致しなければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) text:display

この属性は,単純変数のための数式又は変数の計算された値のいずれを表示するかを指定するため

に使用する。この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

c) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルを指定しない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使用

についての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:variable-get">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-display-value-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3.4 

単純変数の入力フィールド 

変数設定子要素の数式を使用して単純変数を設定する代わりに,利用者に,変数値入力を促すことがで

きる。このためには,<text:variable-input>要素を使用する。この要素は,選択した書式スタイルに従った

値のプレゼンテーションを含む。text:display 属性が none に設定されている場合,プレゼンテーションは,

空とできる。

<text:variable-input>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,表示する変数の名前を指定する。この名前は,既に宣言された変数の名前と一致しな

ければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) text:description

この任意選択の属性は,利用者に入力を促すときに,利用者に提示する簡潔なメッセージを含む。

メッセージは,利用者が適切な値を選ぶのを可能にするために,変数についての十分な情報,又は文

書内での値の使用に関する十分な情報を利用者に与えることが望ましい。この属性の使用についての

情報は,6.7.4 を参照。

c) office:value-type

及び適切な値属性

これらの属性の使用についての情報は,6.7.1 を参照。


73

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

d) text:display

この属性は,変数入力フィールドの変数の値を表示するか又は表示しないかを指定するために使用

できる。この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

e) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルを指定しない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使用

についての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:variable-input">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-description-attlist"/>

   <ref

name="common-value-type-attlist"/>

   <ref

name="common-field-display-value-none-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3.5 

利用者変数の宣言 

利用者変数は,適切なフィールドを使用して表示する値を含む。単純変数と異なり,利用者変数は,文

書全体にわたって同じ値をもつ。この理由で,利用者変数の値は,変数宣言それ自体に格納する。

<text:user-field-del>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,宣言される変数の名前を指定する。名前は,一意でなければならない。それは,既に,

単純変数及び列変数を含む他の型の変数に使用していてはならない。この属性の使用についての情報

は,6.7.3 を参照。

b) text:formula

この属性は,利用者変数フィールドの値を計算するための数式を含む。数式がフィールド要素の内

容と同じである場合,この属性は,省略できる。この属性の使用についての情報は,6.7.6 を参照。

c) office:value-type

及び適切な値属性

これらの属性の使用についての情報は,6.7.1 を参照。

<define name="text-user-field-decl"> 
 <element

name="text:user-field-decl">

  <ref

name="common-field-name-attlist"/>

  <optional> 
   <ref

name="common-field-formula-attlist"/>

  </optional> 
  <ref

name="common-value-and-type-attlist"/>

 </element> 
</define>

6.3.6 

利用者変数の表示 

利用者変数の内容は,<text:user-field-get>要素を使用して表示できる。<text:user-field-get>要素に指定で

きる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,表示する変数の名前を指定する。この名前は,先行する<text:user-field-del>要素の名前

と一致しなければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。


74

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

b) text:display

この属性は,次を指定するために使用できる。

1)

利用者変数の値を計算するために使用する数式を表示するかどうか。

2)

利用者変数の値を表示するかどうか。

3)

利用者変数フィールドを表示するかどうか。

この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

注記  オフィスアプリケーションの利用者インタフェースは,通常は,利用者が利用者フィールド

をクリックすることによって利用者フィールド変数を編集できるようにしているので,非表

示とされた<text:user-field-get>要素を,特定の利用者フィールド変数への容易なアクセスを許

可するアンカとして使用できる。

c) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルが指定されない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使

用についての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-field-get">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-display-value-formula-none-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3.7 

利用者変数の入力フィールド 

利用者変数を設定する代わりの方法として,入力フィールドの使用がある。これは,単純変数のための

入力フィールドに似ている。利用者変数は,<text:user-field-input>要素を使用して,この方法で設定できる。

利用者フィールド変数の値は,<text:user-field-del>要素に格納するので,<text:user-field-input>要素は,

<text:variable-input>

フィールドからの値及び値型属性を含まない。

text:display

属性が none に設定されている場合,そのプレゼンテーションは,空とできる。

<text:user-field-input>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,設定する変数の名前を指定する。この名前は,既に宣言している変数の名前と一致し

なければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) text:description

この任意選択の属性は,利用者に入力を促すときに,利用者に提示する簡潔なメッセージを含む。

メッセージは,利用者が適切な値を選ぶのを可能にするために,変数についての十分な情報,又は文

書内での値使用に関する十分な情報を利用者に与えることが望ましい。この属性の使用についての情

報は,6.7.4 を参照。

c) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルが指定されない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使

用についての情報は,6.7.7 を参照。


75

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-field-input">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-description-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3.8 

列変数の宣言 

列変数は,OpenDocument テキスト文書内の項目に番号を付けるために使用する。列変数は,連続する

番号付けに最も一般的に使用される。しかし,より高度な列を提供するために列フィールドに表現式を含

むことができる。列フィールド及びそれらの使用についての詳細は,6.3.9 を参照。

列変数は,<text:sequence-del>要素を使用して,宣言する。

章に固有の番号付けを行う目的で,章レベル及び分離文字を指定するために,属性を列変数に付けるこ

とができる。<text:sequence-del>要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,宣言する変数の名前を指定する。名前は,一意でなければならない。それは,既に,

単純変数及び利用者変数を含む他の型の変数に使用していてはならない。この属性の使用についての

情報は,6.7.3 を参照。

b) text:display-outline-level

この属性については,6.3.8 

アウトラインレベルを参照。

c) text:separation-character

この属性については,6.3.8 

分離文字を参照。

<define name="text-sequence-decl"> 
 <element

name="text:sequence-decl">

  <ref

name="text-sequence-decl-attlist"/>

 </element> 
</define> 
<define name="text-sequence-decl-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-name-attlist"/>

</define>

アウトラインレベル 

列は,章によって番号付けできる。この機能を使用するためには,text:display-outline-level 属性を使用す

る。これは,章に固有の番号付けをするためにどの章に参照を付けるか決めるアウトラインレベルを指定

する。指定したアウトラインレベル又はそのレベル以下にある章は,全て,列の値を 0(省略時の値)に

再設定する。さらに,指定したアウトラインレベル又はそのレベルより下の最後の章の章番号を,列番号

の前に付け加える。0 のアウトラインレベルを選ぶと,その列変数に対する全ての列要素の単純な列が生

じる。

<define name="text-sequence-decl-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:display-outline-level">

  <ref

name="nonNegativeInteger"/>

 </attribute> 
</define>

分離文字 

列を章によって番号付けする場合,この属性を,章番号を列番号から分離するための文字を選択するた


76

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

めに使用する。

text:display-outline-level

属性の値が 0 でない場合,分離文字を指定してもよい。省略時の分離文字は,"."

とする。そうでない場合であって text:display-outline-level の値が 0 のとき,この属性は,省略されてはな

らない。

<define name="text-sequence-decl-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:separation-character">

   <ref

name="character"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

 

列変数の例を次に示す。

5

の値をもつ列変数 3.7.36#5 は,

表 10 を使用して宣言する。

表 10−列変数の属性及び値 

属性

text:display-outline-level 3

text:separation-character #

6.3.9 

列フィールドの使用 

一度列変数を宣言すると,それは,文書全体にわたる列フィールドで使用できる。ほとんどの列フィー

ルドは,単に,列変数を増加し,表示する。しかし,列フィールドは,文書中のあらゆる与えられた位置

で新しい開始値を仮定することもできる。この開始値は,列フィールドに含まれる数式を使用して計算す

る。開始値のない列フィールドを追加する場合,オフィスアプリケーションソフトウェアは,自動的に,

その型変数に 1 を加えた式を挿入する。

列フィールドは,単純な数え上げを行う列に対して最も一般的に使用する。しかし,任意の式を提供す

る能力がある場合は,より複雑な列を提供する。偶数の列を形成するためには,その特定の変数のための

列要素は,全て,2 だけ値を増加させる数式,例えば,変数+2,を含む必要がある。開始値を 1 とし,全

ての後続の要素に,数式,変数*2,を使用する列は,2 の累乗全てを生成する。同じ列変数に対する異な

る列要素が異なる数式を含んでいてもよいので,複雑な列を構築してもよい。

<text:sequence>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:name

この属性は,フィールドを表示する変数の名前を指定する。この名前は,既に宣言した列変数の名

前と一致しなければならない。この属性の使用についての情報は,6.7.3 を参照。

b) text:formula

この任意選択の属性は,

列フィールドの値を計算するための数式を含む。

この属性を省略する場合,

要素の内容を含む式を使用する。この属性の使用についての情報は,6.7.6 を参照。

c) style:num-format

及び style:num-letter-sync

これらの属性は,使用する番号付けスタイルを指定する。番号付けスタイルを指定しない場合,番

号付けスタイルを,ページスタイルから継承する。これらの属性についての情報は,6.7.8 を参照。

d) text:ref-name


77

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

この属性についての詳細は,6.3.9 

参照名を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sequence">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-name-attlist"/>

   <ref

name="common-field-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-field-num-format-attlist"/>

   <ref

name="text-sequence-ref-name"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

参照名 

列フィールドは,参照フィールドを使用して実装されるように,参照の対象にできる。参照フィールド

についての詳細は,6.6.5 を参照。参照フィールドが特定の列フィールドを識別できるようにするために,

列フィールドは,名前を含む付加的な属性を含まなければならない。二つの列フィールドは,同じ参照名

をもつことができない。

列フィールドが参照の対象でない場合,この属性は,省略できる。

<define name="text-sequence-ref-name"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:ref-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.3.10 

式フィールド 

式フィールドは,評価する式を含み,評価の結果生じる値を表示する。式の値は,選ばれた書式スタイ

ルに従って書式付けする。

<text:expression>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:formula

この属性は,式フィールドの値を計算するために使用する実際の式を含む。この属性の使用につい

ての情報は,6.7.6 を参照。

b) office:value-type

及び適切な値属性

これらの属性の使用についての情報は,6.7.1 を参照。

c) text:display

次のうちの一つを指定するために,この属性を使用する。

1)

フィールドの値の表示。

2)

値を計算するために使用する数式の表示。

この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

d) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日時変数を書式付けするために使用するデータスタイルを

指定する。データスタイルを指定しない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使用につ

いての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:expression">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-formula-attlist"/>


78

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <optional> 
    <ref

name="common-value-and-type-attlist"/>

   </optional> 
   <ref

name="common-field-display-value-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.3.11 

テキスト入力フィールド 

テキスト入力フィールドは,変数フィールドとする。利用者インタフェースの視点からすると,テキス

ト入力フィールドは,<text:variable-input>フィールド及び<text:user-field-input>フィールドに似ている。し

かし,テキスト入力フィールドは,いかなる変数の値も変更しない。

<text:text-input>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:description

この属性は,利用者に入力を促すときに,利用者に提示する簡潔なメッセージを含む。メッセージ

は,利用者が適切な値を選ぶのを可能にするために,フィールドの目的についての十分な情報,又は

文書内でそれがどのように使用されるかに関する十分な情報を,利用者に与えることが望ましい。こ

の属性の使用についての情報は,6.7.4 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:text-input">

  <ref

name="common-field-description-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4 

メタデータフィールド 

メタデータフィールドは,文書作成日付又は文書が最後に印刷された時刻といった,文書に関するメタ

情報を表示する。メタデータフィールド要素の名前は,箇条 に示すメタデータ要素に対応する。

全てのメタデータフィールド要素は,text:fixed 属性を使用して固定とマーク付けできる(6.7.2 参照)

幾つかのメタデータフィールドは,日付又は時間を表示する。これらのフィールドのための要素は,関

連する text:date-value 属性又は text:time-value 属性を要求し,任意選択で,style:data-style-name 属性をもつ

こともできる。これらの属性についての詳細は,6.7.1 を参照。

6.4.1 

最初の作成者 

この要素は,原本の文書を作成した作成者の名前を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:initial-creator">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.2 

文書作成日付 

この要素は,文書が作成された日付を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:creation-date">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:date-value">


79

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

     <ref

name="dateOrDateTime"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.3 

文書作成時刻 

この要素は,文書が作成された時刻を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:creation-time">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:time-value">

     <ref

name="timeOrDateTime"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.4 

文書記述 

この要素は,文書の簡潔な記述を含む。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:description">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.5 

利用者定義の文書情報 

この要素は,文書に関する利用者定義の情報を含む。それは,同じ名前をもつ<meta:user-defined>要素内

で提供される情報を表示する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-defined">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="office:value">

     <ref

name="double"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <optional> 
    <attribute

name="office:date-value">

     <ref

name="dateOrDateTime"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <optional> 
    <attribute

name="office:time-value">

     <ref

name="duration"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <optional>


80

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

    <attribute

name="office:boolean-value">

     <ref

name="boolean"/>

    </attribute> 
   </optional> 
   <optional> 
    <attribute

name="office:string-value">

     <ref

name="string"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.6 

印刷時刻 

この要素は,文書が最後に印刷された時刻を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:print-time">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:time-value">

     <ref

name="time"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.7 

印刷日付 

この要素は,文書が最後に印刷された日付を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:print-date">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:date-value">

     <ref

name="date"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.8 

印刷者名 

この要素は,最後に文書を印刷した人の名前を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:printed-by">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.9 

文書のタイトル 

この要素は,文書のタイトルを表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:title">


81

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.10 

文書主題 

この要素は,文書の主題を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:subject">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.11 

文書キーワード 

この要素は,文書を記述するために使用するキーワードのリストを含む。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:keywords">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.12 

文書改訂番号 

この要素は,文書改訂番号を含む。文書が作成されるとき,改訂番号は,1 に設定する。文書が保存さ

れるごとに,文書改訂番号を 1 ずつ増やす。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:editing-cycles">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

注記 <text:editing-cycles>フィールドは,書式付けできないが,改訂番号は,要素内容から読むことが

できる。したがって,余分な属性は,必要ではない。

6.4.13 

文書編集継続時間 

文書が編集されるごとに,オフィスアプリケーションは,文書が開かれたときと文書が閉じられたとき

との間の継続時間を記録する。そして,内部カウンタに継続時間を追加し,それによって,文書を編集す

るのに費やされた合計時間の履歴管理を保持する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:editing-duration">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:duration">

     <ref

name="duration"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.14 

文書修正時刻 

この要素は,文書を最後に修正した時刻を表す。


82

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

この要素は,<dc:date>要素からの情報を表示する。この名前は,<text:date>フィールドとの混乱を回避

するために選ばれた。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:modification-time">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:time-value">

     <ref

name="time"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.15 

文書修正日付 

この要素は,文書を最後に修正した日付を表す。

この要素は,<dc:date>要素からの情報を表示する。この名前は,<text:date>フィールドとの混乱を回避

するために選ばれた。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:modification-date">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:date-value">

     <ref

name="date"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.16 

文書修正者名 

この要素は,最後に文書を修正した人の名前を表す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:creator">

  <ref

name="common-field-fixed-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.4.17 

文書統計フィールド 

これらのフィールドは,文書が含むオブジェクトの個数を表示する。それらは,次の個数を表示するた

めに使用できる。

a)

ページ

b)

段落

c)

d)

文字

e)

f)

画像


83

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

g)

埋め込まれたオブジェクト

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element> 
  <choice> 
   <name>text:page-count</name> 
   <name>text:paragraph-count</name> 
   <name>text:word-count</name> 
   <name>text:character-count</name> 
   <name>text:table-count</name> 
   <name>text:image-count</name> 
   <name>text:object-count</name> 
  </choice> 
  <ref

name="common-field-num-format-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.5 

データベースフィールド 

文書は,データベースを参照し,データベース情報をテキスト内容として表示できる。データベース情

報を表示するために,OpenDocument スキーマは,一群のテキストフィールドを用いる。これらのフィー

ルドをまとめて,データベースフィールドと呼ぶ。オフィスアプリケーションは,SQL サーバからのデー

タベース表を使用してもよい。したがって,適切なドライバが利用可能ならば,データベースフィールド

は,いかなる SQL データベースにアクセスするためにも使用できる。

データベースは,次の構成部品を含んでいてもよい。

a)

表。これは,実際のデータを格納する。

b)

問合せ。これは,一つ以上の表からデータの部分集合を抽出する。

c)

フォーム。これは,データを提示する。

d)

報告書。これは,データベース内容を要約する。

デ ー タ ベ ー ス の フ ォ ー ム 及 び 報 告 書 は , テ キ ス ト 内 容 に は 関 係 な い の で , 6.5 で は 扱 わ な い 。

OpenDocument

テキスト文書にデータベース情報を埋め込むとの視点からは,問合せ及び表は,同じと考

えられる。したがって,6.5 の残りでは,

“データベース表”という表現で,データベース表及びデータベ

ース問合せの両方を参照する。

データベースフィールドだけでは,データベースから情報を引き出さない。データベースフィールドに

加えて,データベース行の集合も文書に加える。新しいデータを文書に加える場合,追加データベース表

に属する全てのデータベースフィールドを更新する。オフィスアプリケーション利用者インタフェースを

使用して,次の方法のうちの一つで,データベース行が追加できる。

a)

データ元ブラウザと,データをフィールドに割り当てる機能とを用いて,手動で行う。

b) File

メニュー上の Form Letter メニューを用いる。このメニュー項目は,選択したデータ集合を手紙の

ひな形の新しく作成されたコピーに追加する。

デ ー タ ベ ー ス 表 か ら の デ ー タ を 表 示 す る た め に は , <text:database-display> 要 素 を 使 用 す る 。 そ の

<text:database-select>

要素及び<text:database-next>要素は,現在の選択内のどの行を表示することが望ましい

かを決めるために使用できる。特定の表のための現在行番号は,<text:database-row-number>要素を使用し

て表示できる。最後に,<text:database-name>フィールドは,最後に用いられたデータベースの名前を表示

する。それは,住所録ファイルデータベースを省略時の値とする。

6.5.1 

データベースフィールドのデータ元 

データベースフィールドの元は,データベースの名前,又はデータベース結合資源データを含む IRI の


84

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

いずれかとすることができる。その元がデータベース名の場合,この名は,データベースを識別するため

にオフィスアプリケーション構成部品の全てで使用する。全てのデータベースフィールドは,データベー

ス名又は結合資源を含み,ほとんどのデータベースフィールドは,データベース表の名も含む。それは,

データベースに格納しなければならない。追加属性は,データベース表が,SQL 表,OpenDocument 問合

せ,又は SQL 命令の結果を参照するかどうか決定する。

<define name="common-field-database-table"> 
 <ref

name="common-field-database-table-attlist"/>

 <ref

name="common-field-database-name"/>

</define>

データベース名 

text:database-name

属性は,名前によって元データベースを指定する。

<define name="common-field-database-name" combine="choice"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:database-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

結合資源 

<form:connection-resource>

要素は,JIS X 4176 によって元データベースを指定する。その xlink:href 属性

は,データベースを含むファイルを参照するか,又はデータベースへの結合の仕方に関する情報,例えば

JDBC

[3]

 URL

,を含む。11.1.20 も参照。

<define name="common-field-database-name" combine="choice"> 
 <ref

name="form-connection-resource"/>

</define>

データベース表名 

text:table-name

属性は,元データベース内の表を指定する。

<define name="common-field-database-table-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:table-name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

データベース型 

text:table-type

属性は,データベース表が,SQL 表,OpenDocument 問合せ,又は SQL 命令の結果を参照

するかどうか決定する。

<define name="common-field-database-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:table-type">

   <choice> 
    <value>table</value> 
    <value>query</value> 
    <value>command</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.5.2 

データベース内容の表示 

<text:database-display>

要素は,データベースからのデータを表示する。新しいデータ集合を文書に追加

する場合,そのデータベース表からのデータを表示する全てのフィールドが,それらの内容を更新する。


85

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<text:database-display>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:database-name

,text:table-name 及び text:table-type

これらの属性は,このフィールドが使用するデータベース及びデータベース表を指定する。

b) text:database-column-name

この属性に関する情報は,6.5.2 の列名を参照。

c) style:data-style-name

列が数値,真理値,日付値又は時間値を指定する場合,データは,適切なデータスタイルに従って

書式付けする。データスタイルを指定しない場合,この列に割り当てられたデータスタイルを使用す

る。この属性の使用についての詳細は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:database-display">

  <ref

name="text-database-display-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define> 
<define name="text-database-display-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-database-table"/>

</define> 
<define name="text-database-display-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

</define>

列名 

text:column-name

属性は,データを表示する列を指定する。この属性の値は,指定されたデータベース

に含まれる列でなければならない。

<define name="text-database-display-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:column-name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

6.5.3 

次のデータベース行の選択 

<text:database-next>

要素は,後続の全ての<text:database-display>フィールドで表示に使用する現在(選択

されている)行を変更する。現在行からの次の行が与えられた条件を満たす場合,その行が選ばれる。次

の行が常に必要な場合,条件は,省略してもよく,条件を true に設定してもよい。

<text:database-next>

に指定できる属性を次に示す。

a) text:database-name

,text:table-name 及び text:table-type

これらの属性は,このフィールドが使用するデータベース及びデータベース表を指定する。

b) text:condition

この属性に関する詳細は,6.5.3 の条件を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:database-next">

  <ref

name="text-database-next-attlist"/>

 </element> 
</define> 
<define name="text-database-next-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-database-table"/>

</define>

条件 

text:condition

属性は,条件式を指定する。式を評価し,真理値を解釈した結果が true の場合,新しい現


86

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

在行として次の行を使用する。データベースフィールド値は,ドットによって分離した,データベース名,

表名及び列名を角括弧で囲むことによって,式の中で使用できる。

text:condition

属性が存在しない場合,数式を true と仮定する。これは,次の行を無条件に選択すること

を意味する。

<define name="text-database-next-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:condition">

   <ref

name="formula"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

 

text:formula='ooo-w:[address book file.address.FIRSTNAME] == "Julie"'

この例は,住所録データベース表からの現在行が Julie という名の人の住所の場合に true となる

条件を指定する。この例で示す条件が<text:database-next>要素の中で使用される場合,次が起こる。

a) <text:database-display>

要素は,現在の選択の第 1 行からのデータを表示する。

b)

現在行の FIRSTNAME 列が Julie の場合,現在行が変更される。そうでない場合は,何も起こらない。

c)

第 1 行が Julie の場合,後続の<text:database-display>要素は,第 2 行からのデータを表示する。そうで

ない場合は,第 1 行からのデータを表示する。

text:formula

属性と同じである text:condition 属性の数式構文の詳細は,6.7.6 を参照。

6.5.4 

行番号の選択 

<text:database-row-select>

要素は,現在の選択から特定の行を選ぶ。<text:database-row-next>要素を用いた

場合と同様に,条件が true の場合に与えられた行だけを選択するように,条件を指定できる。

<text:database-row-select>

に指定できる属性を次に示す。

a) text:database-name

,text:table-name 及び text:table-type

これらの属性は,このフィールドが使用するデータベース及びデータベース表を決定する。

b) text:condition

この属性は,条件式を指定する。この属性を使用する方法の十分な記述については,6.5.3 を参照。

c) text:row-number

この属性に関しては,6.5.4 の行番号の選択を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:database-row-select">

  <ref

name="text-database-row-select-attlist"/>

 </element> 
</define> 
<define name="text-database-row-select-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-database-table"/>

</define> 
<define name="text-database-row-select-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:condition">

   <ref

name="formula"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

行番号の選択 

この属性は,条件が true の場合に選択する行番号を指定する。

<define name="text-database-row-select-attlist" combine="interleave">


87

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 <optional> 
  <attribute

name="text:row-number">

   <ref

name="nonNegativeInteger"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.5.5 

行番号の表示 

<text:database-row-number>

要素は,与えられた表のための現在行番号を表示する。要素は,データベー

スからの実際の行番号を表示するのであって,<text:database-row-select>要素の中で属性値として使用する

現在の選択の行番号ではないことに注意する。

<text:database-row-number>

に指定できる属性を次に示す。

a) text:database-name

,text:table-name 及び text:table-type

これらの属性は,このフィールドが使用するデータベース及びデータベース表を決定する。

b) style:num-format

及び style:num-letter-sync

これらの属性は,番号をどのように書式付けすることが望ましいかを決定する。これらの属性を使

用する方法についての詳細は,6.7.8 を参照。

c) text:value

この属性は,現在の行番号を指定する。新しいデータを現在の文書に追加する場合,番号を変更す

る。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:database-row-number">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-database-table"/>

   <ref

name="common-field-num-format-attlist"/>

   <optional> 
    <attribute

name="text:value">

     <ref

name="nonNegativeInteger"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.5.6 

現在のデータベース及び表の表示 

オフィスアプリケーションは,文書の中で使用した最後のデータベース及び表の履歴管理を保持しても

よい。使用した最後のデータベース及び表とは,文書に挿入した最後のフィールドが使用する表になる。

<text:database-name>

要素は,最後に使用された表のデータベース及び表の名前を表示する。

<text:database-name>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:database-name

,text:table-name 及び text:table-type

これらの属性は,このフィールドが使用するデータベース及びデータベース表を決定する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:database-name">

  <ref

name="common-field-database-table"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

6.6 

その他のフィールド 

6.6.1 

ページ変数フィールド 


88

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

ページ変数は,代わりのページ番号付け方式を定義するのを可能にする。ページ変数は,一つだけで,

文書中のあらゆる設定ページ変数フィールドによって設定される。ページ変数の値は,通常のページ番号

と同じ方法で,各ページごとに増加する。

設定ページ変数フィールド 

ページ変数フィールドを設定するためには,<text:variable-page-set>要素を使用する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:page-variable-set">

  <ref

name="text-set-page-variable-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

ページ変数の設定及び解除 

文書の最初では,ページ変数は,非活性になっている。

text:active

属性は,文書の中で使用された後にページ変数を非活性にするために使用できる。

<define name="text-set-page-variable-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:active">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

ページ変数調整 

text:page-adjust

属性は,ページ調整を決定する。活性化しているページ変数の値は,現在のページ番号

に,以前に設定された最も近いページ調整値を加えたものとする。

<define name="text-set-page-variable-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:page-adjust">

   <ref

name="integer"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

ページ変数フィールドの表示 

<text:variable-page-get>

要素は,ページ変数の値を表示する。フィールドは,通常のページ番号フィール

ドと同じ方法で書式付けできる。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:page-variable-get">

  <ref

name="text-get-page-variable-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:get-page-variable>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) style:num-format

及び style:num-letter-sync

これらの属性は,番号をどのように書式付けすることが望ましいかを決定する。これらの属性を使

用する方法についての詳細は,6.7.8 を参照。

<define name="text-get-page-variable-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-num-format-attlist"/>

</define>

6.6.2 

プレースホルダ 

OpenDocument

フォーマットは,利用者がある情報で埋めなければならない文書中の位置を示すために


89

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

プレースホルダフィールドを使用する。例えば,手紙テンプレートでは,受取人の住所のために文書のあ

る区画を確保できる。プレースホルダフィールドは,そのプレースホルダの目的について利用者に知らせ

るテキストを表示し,時には,記述も含める。プレースホルダフィールドは,テキスト又は表といった異

なるテキスト要素を表現できる。

この要素は,プレースホルダと一緒に表示する簡潔なテキストを含む。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:placeholder">

  <ref

name="text-placeholder-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:placeholder>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

プレースホルダ型

b)

プレースホルダ記述

プレースホルダ型 

五つの可能な型の内容を表す,五つの異なる型のプレースホルダ,すなわち,テキスト,表,テキスト

ボックス,画像又はオブジェクト,がある。text:placeholder-type 属性は,内容の型を表す。この属性は,

必須とする。それは,プレースホルダがどの型のテキスト内容を表現するかを示す。属性の値は,text,

text-box

,image,table 又は object となることができる。

<define name="text-placeholder-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:placeholder-type">

  <choice> 
   <value>text</value> 
   <value>table</value> 
   <value>text-box</value> 
   <value>image</value> 
   <value>object</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

プレースホルダ記述 

要素内容に格納した簡潔なテキストに加えて,text:description 属性を,プレースホルダ要素に関連付けて

もよい。この属性は,任意選択とする。属性の目的は,要素内容に格納した記述よりもプレースホルダの

目的の更に精巧な記述を含むことにある。text:description 属性の使用についての情報は,6.7.4 を参照。

<define name="text-placeholder-attlist" combine="interleave"> 
 <ref

name="common-field-description-attlist"/>

</define>

6.6.3 

条件付きテキストフィールド 

テキストフィールドは,

条件に依存して,

あるテキスト又は他のテキストを表示するために使用できる。

条件付きテキストフィールドは,

一つの条件及び二つのテキスト文字列を与えられる。

条件が true の場合,

テキスト文字列の一つを表示する。条件が false の場合,他のテキスト文字列を表示する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:conditional-text">

  <ref

name="text-conditional-text-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:conditional-text>

要素に指定できる属性を次に示す。


90

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

a)

条件

b)

条件が true の場合に表示されるテキスト

c)

条件が false の場合に表示されるテキスト

d)

現在の条件

条件 

text:condition

属性は,論理式を含む。結果に依存して,text:display-if-true 属性又は text:display-if-false 属

性の値を表示する。

<define name="text-conditional-text-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:condition">

  <ref

name="formula"/>

 </attribute> 
</define>

条件が true の場合に表示するテキスト 

条件が true の場合,text:string-value-if-true 属性は,表示するテキスト文字列を含む。

<define name="text-conditional-text-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:string-value-if-true">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

条件が false の場合に表示するテキスト 

条件が false の場合,text:string-value-if-false 属性は,表示するテキスト文字列を含む。

<define name="text-conditional-text-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:string-value-if-false">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

現在の値及び条件 

text:current-value

属性は,text:condition 属性が与える条件の評価結果を含む。明示的に結果を与えること

で,アプリケーションが,必要になるまで結果の評価を遅らせることを可能にする。この属性は,次の理

由で価値がある。

a)

式の評価が煩雑な場合,例えば,式が,幾つかのデータベースへの参照を含んでいる場合。

b)

変換が,条件を解析し評価しなくとも,正確に文書の状態を表示できるようにする。

<define name="text-conditional-text-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:current-value">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

注記  アプリケーションが式を評価するとすぐに,この属性の値は,新しい値で上書きされる。この

属性は,変換を容易にしたり,最初に文書を表示したりする以外の機能をもたない。

6.6.4 

非表示テキストフィールド 

非表示テキストフィールドは,条件付きテキストフィールドと密接な関係がある。それは,何も表示し

ない場合,条件が true のときを除いて,固定テキストを表示する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:hidden-text">

  <ref

name="text-hidden-text-attlist"/>

  <text/>


91

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 </element> 
</define>

<text:hidden-text>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

条件

b)

テキスト

c)

非表示

条件 

text:condition

属性は,論理式を含む。式を true と評価する場合,テキストを非表示にする。

<define name="text-hidden-text-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:condition">

  <ref

name="formula"/>

 </attribute> 
</define>

テキスト 

text:string-value

属性は,条件が false の場合に表示するテキストを指定する。

<define name="text-hidden-text-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:string-value">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

非表示 

text:is-hidden

属性は,フィールドが現在目に見えるかどうかを指定する。この属性の目的は,text:condition

フィールドにおける text:current-value 属性の目的と似ている。結果を記録することで,変換が,条件式を

解析したり,文書をロードするときに条件を評価したりする必要なしに,文書を正しく表現できるように

する。

<define name="text-hidden-text-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:is-hidden">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

注記  アプリケーションが式を評価するとすぐに,この属性の値は,新しい値で上書きされる。この

属性は,変換を容易にしたり,最初に文書を表示すること以外には機能をもたない。

6.6.5 

参照フィールド 

OpenDocument

フォーマットは,四つの型の参照フィールドを使用し,各型は,それ自体の要素によっ

て表現される。参照フィールド型は,それらが参照する要素の型に基づく。これには,注,ブックマーク,

参照及び列がある。全ての参照は,参照される対象に関するどのような情報を表示するのかを決める参照

書式を含む。例えば,参照は,次を表示できる。

a)

参照される対象のページ番号

b)

参照される対象の章番号

c)

参照される対象が,参照フィールドの上にあるか下にあるかを示す記述

さらに,各参照フィールドは,通常は名前属性を使用して行う対象の識別を行わなければならない。ブ

ックマーク及び参照は,それぞれ,ブックマーク又は参照の名前によって識別される。脚注,後注及び列

は,OpenDocument ファイル形式を作成するために使用するアプリケーションによって,自動的に名前を


92

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

割り当てる。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element> 
  <choice> 
   <name>text:reference-ref</name> 
   <name>text:bookmark-ref</name> 
  </choice> 
  <interleave> 
   <ref

name="text-common-ref-content"/>

   <ref

name="text-ref-content"/>

  </interleave> 
 </element> 
</define> 
<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:note-ref">

  <interleave> 
   <ref

name="text-common-ref-content"/>

   <ref

name="text-note-ref-content"/>

   <ref

name="text-ref-content"/>

  </interleave> 
 </element> 
</define> 
<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:sequence-ref">

  <interleave> 
   <ref

name="text-common-ref-content"/>

   <ref

name="text-sequence-ref-content"/>

  </interleave> 
 </element> 
</define> 
<define name="text-common-ref-content" combine="interleave"> 
 <text/> 
</define>

参照フィールド要素に指定できる属性を次に示す。

a)

参照名

b)

注クラス

c)

参照書式

参照名 

text:ref-name

属性は,参照する要素を識別する。ブックマーク及び参照は,名前をもつので,この名前

は,それぞれの参照フィールドが使用する。脚注,後注及び列は,通常は自動的に生成される名前によっ

て識別する。

<define name="text-common-ref-content" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:ref-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

注クラス 

<text:note-ref>

要素については,text:note-class 属性は,フィールドが脚注又は後注を参照するかどうかを

決定する。

<define name="text-note-ref-content" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-note-class"/>

</define>


93

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

参照書式 

text:reference-format

属性は,参照に関するどのような情報を表示するのかを決める。参照書式を指定し

ない場合,ページ書式を省略時の値として使用する。

全ての型の参照フィールドは,この属性の書式に対して次の値を提供する。

a) page

参照する項目が現れるページ番号を表示する。

b) chapter

参照する項目が現れる章番号を表示する。

c) direction

参照する項目が参照フィールドの上方にあるのか下方にあるのかを表示する。

d) text

参照する項目のテキストを表示する。

列フィールドへの参照は,次の三つの付加的な値を提供する。

a) category-and-value

列の名前及び値を表示する。

b) caption

列が使用するキャプションを表示する。

c) value

列の値を表示する。

<define name="text-ref-content" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:reference-format">

   <choice> 
    <value>page</value> 
    <value>chapter</value> 
    <value>direction</value> 
    <value>text</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-sequence-ref-content" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:reference-format">

   <choice> 
    <value>page</value> 
    <value>chapter</value> 
    <value>direction</value> 
    <value>text</value> 
    <value>category-and-value</value> 
    <value>caption</value> 
    <value>value</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

 

異なる参照書式及びその表示の例を次に示す。

表 11 は,表それ自体を参照するのに使用できるあらゆる可能な参照書式及びその結果生じる参


94

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

照表示を示す。左の列は,text:reference-format 属性の値を示し,右の列は,対応する参照表示を

示す。

表 11−参照書式及び参照表示の例 

参照書式

参照表示

page 134

chapter 3.7.27

text Ta

2:

Examples of reference formats

direction above

category-and-value Table

1

caption

Examples of reference formats

value 1

6.6.6 

スクリプトフィールド 

スクリプトフィールドは,スクリプト又はスクリプトの節を格納する。フィールドは,文書に添付する

スクリプトを格納し編集するために使用できる。このフィールドの主な目的は,HTML4(W3C

勧告

HTML4.01

参照)における<script>要素に等価なものを提供することにある。その結果,HTML の<script>

要素の内容は,オフィスアプリケーションを使用して,インポート,編集及びエキスポートできる。

スクリプトのためのソースコードは,次の方法の一つで格納できる。

a) <text:script>

要素が,ソースコードを含む。

b)

ソースコードは,外部ファイルに格納する。ソースファイルの位置を指定するためには,xlink:href 属

性を使用する。

要素は,xlink:href 属性又は内容の両方ではなくいずれか一方をもつことが望ましい。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:script">

  <interleave> 
   <choice> 
    <group> 
     <attribute

name="xlink:href">

      <ref

name="anyURI"/>

     </attribute> 
     <optional> 
      <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

       <value>simple</value> 
      </attribute> 
     </optional> 
    </group> 
    <text/> 
   </choice> 
   <optional> 
    <attribute

name="script:language">

     <ref

name="string"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </interleave> 
 </element> 
</define>

スクリプト URL 

xlink:href

属性は,スクリプトソースコードを含むファイルの位置を指定する。スクリプトフィールドは,

URL

属性又は内容の両方ではなくいずれかをもつことが望ましい。


95

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

スクリプト言語 

script:language

属性は,スクリプトソースコードを記述する言語,例えば,JavaScript を指定する。

6.6.7 

マクロフィールド 

マクロフィールドは,フィールドを活性化するときに実行するマクロの名前を含む。フィールドは,フ

ィールド内容として表示する記述も含む。

<text:execute-macro>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

マクロ名

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:execute-macro">

  <optional> 
   <attribute

name="text:name">

    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="office-event-listeners"/>

  </optional> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

マクロ名 

text:name

属性は,フィールドを活性化するときに起動するマクロを指定する。

6.6.8 

非表示段落フィールド 

非表示段落フィールドは,非表示テキストフィールドと同様の機能をもつ。しかし,非表示段落フィー

ルドには,内容がない。それは,含まれている段落を非表示にする。これによって,書式付けされたテキ

ストの段落の非表示又は表示が,条件の true 又は false に依存して,可能になる。

非表示段落フィールドは,手紙のひな形と一緒に使用することが多い。例えば,条件がデータベースフ

ィールドに依存する場合,非表示段落フィールドは,データベース内容に依存して選択的に手紙のひな形

の中に段落を含めるために使用できる。複数の段落フィールドは,一つの段落に含まれることができる。

少なくとも一つの非表示段落フィールドに関連した条件が false の場合,その段落を表示する。その代わり

に,幾つかの非表示段落フィールドに関連した条件を,それらの条件に論理演算を使用して,単一のフィ

ールドのための単一の条件として結合することもできる。

注記  ほとんどのフィールドとは,異なり,このフィールドは,テキストを表示しない。しかし,そ

れを含む段落全体に影響を及ぼす。

<text:hidden-paragraph>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

条件

b)

非表示

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:hidden-paragraph">

  <ref

name="text-hidden-paragraph-attlist"/>

  <text/> 
 </element> 
</define>

条件 

text:condition

属性は,論理式を含む。条件が true の場合,段落を非表示にする。条件が false の場合,段

落を表示する。


96

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="text-hidden-paragraph-attlist" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:condition">

  <ref

name="formula"/>

 </attribute> 
</define>

非表示 

text:is-hidden

属性は,段落が現在見えているかどうかを記録する。それは,非表示テキストフィールド

の対応する属性と同じ目的をもつ。すなわち,条件を最初に評価する必要なしに,段落を正しく表示でき

る。アプリケーションが式を評価するとすぐに,この属性の値を,新しい値で上書きする。

注記  この属性は,変換を容易にする又は最初に文書を表示する以外の機能をもたない。

<define name="text-hidden-paragraph-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:is-hidden">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.6.9 DDE

結合フィールド 

DDE

フィールドは,DDE 結合からの情報を表示することを可能にする。DDE フィールドに要求される

ただ一つのパラメタは,このフィールドにデータを供給する DDE 結合の名前とする。この DDE 結合要素

は,テキスト本文に現れる実際の DDE フィールドを指定する。

フィールド要素は,DDE 結合から受け取られた最後のデータの内容を含む。これは,DDE 結合にアク

セスできない場合に,文書を描出するために使用してもよい。

DDE

結合の利用は,12.6 に示す。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:dde-connection">

  <attribute

name="text:connection-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

<text:dde-connection>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) DDE

結合名

DDE

結合名 

text:name

属性は,フィールドが参照する DDE 結合の名前を指定する。

6.6.10 

測定フィールド 

測定描画オブジェクト(9.2.11 参照)に含むテキスト内で,<text:measure>フィールドは,現在の測定値

を表示する。draw:kind 属性は,測定のどの部分を表示するかを指定する。それは,次の値の一つをもつこ

とができる。

a) value

測定の値,例えば,"12",が表示される。

b) unit

測定の単位,例えば,"inch",が表示される。

c) gap

測定テキストの書き込み方向が測定線に垂直な場合,及びその場合に限り,間隔すなわちブランク


97

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

が表示される。この値の目的は,テキストが測定線に垂直に表示される場合に,測定線とテキストと

の間に空白を追加することにある。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:measure">

  <attribute

name="text:kind">

   <choice> 
    <value>value</value> 
    <value>unit</value> 
    <value>gap</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.6.11 

表数式フィールド 

表数式フィールドは,現在のオフィスアプリケーションの以前の版からの互換性のためにある。新しい

文書の中で使用しないほうがよい。それは,表中で使用する数式,表セルの table:formula 属性によって改

良された機能を格納する。

注記  この要素は,新しい文書の中で使用しないほうがよい。

表数式フィールドは,次の属性をとることができる。

a) text:formula

この属性は,表数式フィールドの値を計算するために使用する実際の式を含む。この属性の使用に

ついての情報は,6.7.6 を参照。

b) text:display

次のうちの一つを指定するためにこの属性を使用する。

1)

フィールドの値の表示。

2)

値を計算するために使用する数式の表示。

この属性の使用についての情報は,6.7.5 を参照。

c) style:data-style-name

この属性は,数値変数,真理値変数又は日付時間変数を書式付けするために使用するデータスタイ

ルを指定する。データスタイルを指定しない場合,標準データスタイルを使用する。この属性の使用

についての情報は,6.7.7 を参照。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:table-formula">

  <interleave> 
   <ref

name="common-field-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-field-display-value-formula-attlist"/>

   <ref

name="common-field-data-style-name-attlist"/>

  </interleave> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

6.7 

共通フィールド属性 

6.7

で規定されている属性は,幾つかのフィールド要素とともに使用することができる。

6.7.1 

変数の値型及び値 

変数及びほとんどの変数フィールドは,現在値をもつ。全ての変数は,そのフィールドが多数の値の型

を扱える場合,値の型を指定しなければならない。値の型は,office:value-type 属性を用いて指定する。


98

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="common-value-type-attlist"> 
 <attribute

name="office:value-type">

  <ref

name="valueType"/>

 </attribute> 
</define>

値の型によって,様々な属性に値を書き分ける。扱える値の型,それぞれの値属性,及び値がどのよう

に符号化されるかは,

表 12 で記述する。

表 12−属性値,値の符号化 

値型

値属性

符号化される型

float office:value

数値 "12.345"

percentage office:value

数値 "0.50"

currency office:value

及び

office:currency

数値又は通貨記号 "100"

"USD"

date office:date-value  W3C

勧告 xmlschema-2 の§3.2.9 で指定される date,又は

W3C

勧告 xmlschema-2 の§3.2.7 で指定される dateTime

"2003-04-17"

time office:time-value  W3C

勧告 xmlschema-2 の§3.2.6 で指定される duration "PT03H30M00S"

boolean office:boolean-value  true

又は false "true"

string office:string-value

文字列 "abc

def"

フィールド値及び値型の OpenDocument 概念,

並びにそれらの XML への符号化は,

対応する表セル XML

属性に基づいてモデル化される。表セル及びそれらの属性情報については,8.1.3 を参照。

実体“%value-attlist;”の定義は,次による。

<define name="common-value-and-type-attlist"> 
 <choice> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>float</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:value">

    <ref

name="double"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>percentage</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:value">

    <ref

name="double"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>currency</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:value">

    <ref

name="double"/>

   </attribute> 
   <optional> 
    <attribute

name="office:currency">

     <ref

name="string"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </group> 
  <group>


99

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <attribute

name="office:value-type">

    <value>date</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:date-value">

    <ref

name="dateOrDateTime"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>time</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:time-value">

    <ref

name="duration"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>boolean</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="office:boolean-value">

    <ref

name="boolean"/>

   </attribute> 
  </group> 
  <group> 
   <attribute

name="office:value-type">

    <value>string</value> 
   </attribute> 
   <optional> 
    <attribute

name="office:string-value">

     <ref

name="string"/>

    </attribute> 
   </optional> 
  </group> 
 </choice> 
</define> 

6.7.2 

固定値 

text:fixed

属性は,フィールド要素の値が固定値かどうかを指定する。text:fixed 属性の定義された値は,

次による。

a) true:

この属性が現れるフィールド要素の値は,保存される。

b) false:

この属性が現れるフィールド要素の値は,変更されてもよい。

この属性は,次のものとともに使用することができる。

a)

日付フィールド

b)

時間フィールド

c)

ページ番号フィールド

d)

全ての送り手フィールド

e)

全ての作成者フィールド

<define name="common-field-fixed-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:fixed">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.7.3 

変数名 


100

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

変数が宣言,設定又は表示されている場合に,その変数の名前を指定するために text:name 属性を使用す

る。この属性は,次の要素のどれとも共に使用することができる。

a) <text:variable-del>

b) <text:variable-set>

c) <text:variable-get>

d) <text:variable-input>

e) <text:user-field-del>

f) <text:user-field-get>

g) <text:user-field-input>

h) <text:sequence-del>

i) <text:sequence>

表示する変数の名前を指定するためにこの属性を使用する場合,同じ名前をもった適切な型の変数を既

に宣言していなければならない。

<define name="common-field-name-attlist"> 
 <attribute

name="text:name">

  <ref

name="variableName"/>

 </attribute> 
</define>

6.7.4 

記述 

text:description

属性は,利用者に入力促進する場合に表示する短いメッセージを含む。この属性は,次の

要素のどれとも共に使用することができる。

a) <text:placeholder>

b) <text:variable-input>

c) <text:user-field-input>

d) <text:text-input>

<define name="common-field-description-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:description">

   <text/> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.7.5 

表示 

text:display

属性は,次のとおり 3 個までの値を提供する。

a) value

この値を設定すると,フィールド値が表示される。

b) formula

この値を設定すると,フィールド値ではなく数式が表示される。全てのフィールドでこの値が使え

るわけではない。

c) none

幾つかの変数フィールドがこの値を提供する。この値を設定するとフィールド内容は,隠される。

この値を用いると,変数を文書のある場所で設定し,文書の別の場所で表示することが可能である。

この属性は,次の要素のどれとも共に使用可能とする。


101

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

a) <text:variable-set>

b) <text:variable-get>

c) <text:variable-input>

d) <text:user-field-get>

e) <text:expression>

<define name="common-field-display-value-none-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>value</value> 
    <value>none</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="common-field-display-value-formula-none-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>value</value> 
    <value>formula</value> 
    <value>none</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="common-field-display-value-formula-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display">

   <choice> 
    <value>value</value> 
    <value>formula</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.7.6 

数式 

text:formula

属性は,フィールドの値を計算するための数式又は展開式を含む。この属性は,次の要素の

どれとも共に使用することができる。

a) <text:variable-set>

b) <text:user-field-del>

c) <text:sequence>

d) <text:expression>

数式は,そこで使用される構文及び意味を示す名前空間接頭辞で開始することが望ましい。

<define name="common-field-formula-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:formula">

   <ref

name="formula"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.7.7 

書式スタイル 

style:data-style-name

属性は,数値をフォーマットするために使用するデータスタイルを参照する。スタ


102

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

イルに関する一般的な情報については,箇条 14 に示す。データスタイルについての詳細は,14.7 に示す。

文字列変数については,この属性は,除かなければならない。文字列以外の変数については,この属性

を必須指定しなければならない。

名前は,データスタイルの名前に一致しなければならない。

この属性は,次の要素のどれにも利用できる。

a) <text:date>

b) <text:time>

c) <text:page-number>

d) <text:variable-set>

e) <text:variable-get>

f) <text:variable-input>

g) <text:user-field-get>

h) <text:user-field-input>

i) <text:expression>

<define name="common-field-data-style-name-attlist"> 
 <optional> 
  <attribute

name="style:data-style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

6.7.8 

数の書式スタイル 

ページ番号,列フィールドなどの番号順に使用される数は,12.2 に記述された数スタイルによって書式

付けすることができる。提供される数スタイルは,次による。

a)

数字  1,2,3,...

b)

アルファベット  a,b,c,...又は A,B,C,...

c)

ローマ数字  i,ii,iii,iv,...又は I,II,III,IV,...

注記  この属性の値は,JIS X 4169(XSLT)の数における書式のキーである 1,i,I,a,又は A の

いずれでもよい。

アルファベットによる数スタイルには,単一の文字では表現できない数をどのように表示するかを決め

るための属性が必要になる。OpenDocument 書式は,次のものを提供する。

a) aa

,bb,cc といった複数回の同一の文字による番号付け

b)  a

,ab,ac といった同一でない文字による番号付け

より詳細には,12.2 に示す。

<define name="common-field-num-format-attlist"> 
 <optional> 
  <ref

name="common-num-format-attlist"/>

 </optional> 
</define>

テキスト索引 

OpenDocument

テキスト文書は,自動的に生成された索引を含んでもよい。一般に索引は,特定の型の

全ての項目の順序付けされたリストを含んでいる。索引の型によって,

(文書位置,アルファベットなどに


103

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

よる)順序付け及び(章エントリ,表など)の項目による型が決まる。

7.1 

索引符号 

索引符号を利用する 3 種類の索引に対応する 3 種類の索引符号がある。3 種類の索引符号は,次による。

a)

目次索引符号

b)

利用者定義の索引符号

c)

アルファベット順索引符号

索引符号のための XML コードは,しおり又は参照のためのコードと同様とする。索引符号に関する幾

つかの基本的な規則を次に示す。

a)

一つの索引符号は,それぞれ開始要素及び終了要素によって表現される。

b)

開始要素及び終了要素を適切に対応付けるため,両方の要素に ID 属性を使用する。

c)

索引符号用の開始要素及び終了要素は,同一段落に含まれる必要があり,開始要素が先に現れる。

d)

索引符号に関連した属性は,開始要素に付随する。

e)

開始要素と終了要素との間のテキストを索引エントリとする。

f)

索引符号のための書式付け属性は,重複することができる。

7.1.1 

目次索引符号 

<text:toc-mark-start>

要素は,目次索引エントリの開始を符号付けする。text:id 属性によって指定される ID

は,対応する索引符号の終了要素を除き一意でなければならない。開始要素に対応する終了要素は,同じ

段落に存在し,開始要素が先に現れなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:toc-mark-start">

  <ref

name="text-toc-mark-start-attrs"/>

 </element> 
</define>

<text:toc-mark-start>

要素に関連した属性は,次による。

a)

開始要素と終了要素とが対応することを可能にする text:id 属性

b)

生成される目次索引エントリのアウトラインレベルを指定する text:outline-level 属性

<define name="text-toc-mark-start-attrs"> 
 <ref

name="text-id"/>

 <ref

name="text-outline-level"/>

</define> 
<define name="text-outline-level"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:outline-level">

   <ref

name="positiveInteger"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-id"> 
 <attribute

name="text:id">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

<text:toc-mark-end>

要素は,目次索引エントリの終了を符号付けする。同じ段落にある終了要素に対応し

た,同じ text:id 値をもつ開始要素が,先行して存在しなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:toc-mark-end">

  <ref

name="text-id"/>

 </element>


104

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

さらに,目次索引符号には,索引付けされるテキストを囲まない変化形がある。これは,索引エントリ

のテキストのための text:string-value 属性を含む<text:toc-mark>要素を用いて表現される。この場合,対応

する開始要素及び終了要素が存在しないので,text:id 属性を必要としない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:toc-mark">

  <attribute

name="text:string-value">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
  <ref

name="text-outline-level"/>

 </element> 
</define>

7.1.2 

利用者定義による索引符号 

<text:user-index-mark-start>

要素は,利用者定義の索引エントリの開始を符号付けする。text:id 属性によっ

て指定される ID は,対応する索引符号の終了要素を除いて一意でなければならない。開始要素に対応す

る終了要素が同じ段落に存在し,開始要素が先に現れなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-index-mark-start">

  <ref

name="text-id"/>

  <ref

name="text-outline-level"/>

  <ref

name="text-index-name"/>

 </element> 
</define>

<text:user-index-mark-end>

要素は,利用者定義の索引エントリの終了を符号付けする。同じ段落にある終

了要素に対応した,同じ text:id 値をもつ開始要素が,先行して存在しなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-index-mark-end">

  <ref

name="text-id"/>

  <ref

name="text-outline-level"/>

 </element> 
</define>

さらに,利用者索引符号には,索引付けされるテキストを囲まない変化形がある。これは,索引エント

リのテキストのための text:string-value 属性を含む<text:user-index-mark>要素を用いて表現される。この場

合,対応する開始要素及び終了要素が存在しないので,text:id 属性は,必要ではない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:user-index-mark">

  <attribute

name="text:string-value">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
  <ref

name="text-outline-level"/>

  <ref

name="text-index-name"/>

 </element> 
</define>

a)

利用者索引の名前

利用者定義の索引は,一つ以上の場合がある。この場合,text:index-name 属性を用いて利用者索引

を命名しなければならない。この属性は,索引符号がどの利用者索引に属するかを決定する。命名さ

れない場合,省略時の利用者定義の索引が使用される。

<define name="text-index-name"> 
 <attribute

name="text:index-name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute>


105

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

7.1.3 

アルファベット順索引符号 

<text:alpha-index-mark-start>

要素は,アルファベット順索引エントリの開始を符号付けする。アルファベ

ットのエントリ用のキーを含む省略可能な 2 種類の属性があり,それらによってエントリの集まりに構造

をもたせることができる。さらに,幾つかの同等なエントリがある場合,どれが主要なエントリであるか

を決めるための真理値属性が存在する。

text:id

属性によって指定される ID は,対応する索引符号の終了要素を除き一意でなければならない。開

始要素に対応する終了要素は,同じ段落に存在し,開始要素が先に現れなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-mark-start">

  <ref

name="text-id"/>

  <ref

name="text-alphabetical-index-mark-attrs"/>

 </element> 
</define>

<text:toc-mark-start>

要素に関連した属性を次に示す。

a)

開始要素と終了要素とが一致することを可能にする text:id 属性

b)

追加のキー

c)

基本見出し語

<text:alpha-index-mark-end>

要素は,アルファベット順索引エントリの終端を符号付けする。同じ段落に

ある終了要素に対応した,同じ text:id 値をもつ開始要素が,先行して存在しなければならない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-mark-end">

  <ref

name="text-id"/>

 </element> 
</define>

さらに,アルファベット順索引符号には,索引付けされるテキストを囲まない変化形がある。これは,

索引エントリのテキストのための text:string-value 属性を含む<text:alpha-index-mark>要素を用いて表現され

る。この場合,対応する開始要素及び終了要素が存在しないので,text:id 属性は,必要ではない。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-mark">

  <attribute

name="text:string-value">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
  <ref

name="text-alphabetical-index-mark-attrs"/>

 </element> 
</define>

追加キー 

text:key1

及び text:key2 属性は,アルファベット順索引符号用の付加的なキーを指定する。一つのキーだ

けを用いる場合,text:key1 属性を用いなければならない。

<define name="text-alphabetical-index-mark-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:key1">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:key2">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional>


106

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

音声キー 

表意文字言語の場合,しばしばその文字についての明白で共通なソート順序が存在しない場合がある。

そのような言語でアルファベット順索引を機能させる共通の枠組みとして,検索するときに音声記述によ

ってソートする。OpenDocument ファイル形式でこれを達成するために,音声記述用に文字列の値の属性

と,二つのキーを表す属性とを追加する。元の値とキー属性とは表示のためのものであるが,音声記述用

の変化形が存在する場合には,それらを索引のソートに使用することが望ましい。

<define name="text-alphabetical-index-mark-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:string-value-phonetic">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:key1-phonetic">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:key2-phonetic">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

基本見出し語 

同一エントリについて複数の索引符号が存在する場合,これらのエントリのうちの一つを text:main-entry

属性を用いて,基本見出し語として宣言してもよい。

<define name="text-alphabetical-index-mark-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:main-entry"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.1.4 

文献索引符号 

<text:bibliography-mark>

要素は,文献索引エントリのためのテキストと情報とを保有する。この要素の属

性は,文献索引が含んでいるかもしれない各形式の文献データを表現する。

<define name="paragraph-content" combine="choice"> 
 <element

name="text:bibliography-mark">

  <attribute

name="text:bibliography-type">

   <ref

name="text-bibliography-types"/>

  </attribute> 
  <zeroOrMore> 
   <attribute> 
    <choice> 
     <name>text:identifier</name> 
     <name>text:address</name> 
     <name>text:annote</name> 
     <name>text:author</name> 
     <name>text:booktitle</name> 
     <name>text:chapter</name> 
     <name>text:edition</name> 
     <name>text:editor</name> 
     <name>text:howpublished</name> 
     <name>text:institution</name>


107

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

     <name>text:journal</name> 
     <name>text:month</name> 
     <name>text:note</name> 
     <name>text:number</name> 
     <name>text:organizations</name> 
     <name>text:pages</name> 
     <name>text:publisher</name> 
     <name>text:school</name> 
     <name>text:series</name> 
     <name>text:title</name> 
     <name>text:report-type</name> 
     <name>text:volume</name> 
     <name>text:year</name> 
     <name>text:url</name> 
     <name>text:custom1</name> 
     <name>text:custom2</name> 
     <name>text:custom3</name> 
     <name>text:custom4</name> 
     <name>text:custom5</name> 
     <name>text:isbn</name> 
     <name>text:issn</name> 
    </choice> 
    <ref

name="string"/>

   </attribute> 
  </zeroOrMore> 
  <text/> 
 </element> 
</define> 
<define name="text-bibliography-types"> 
 <choice> 
  <value>article</value> 
  <value>book</value> 
  <value>booklet</value> 
  <value>conference</value> 
  <value>custom1</value> 
  <value>custom2</value> 
  <value>custom3</value> 
  <value>custom4</value> 
  <value>custom5</value> 
  <value>email</value> 
  <value>inbook</value> 
  <value>incollection</value> 
  <value>inproceedings</value> 
  <value>journal</value> 
  <value>manual</value> 
  <value>mastersthesis</value> 
  <value>misc</value> 
  <value>phdthesis</value> 
  <value>proceedings</value> 
  <value>techreport</value> 
  <value>unpublished</value> 
  <value>www</value> 
 </choice> 
</define>

7.2 

索引構造 

索引は,索引ソースと索引本体との二つの部分から構成される。これらは,共に専用の要素に含まれる。

これら二つの要素は,索引要素自体の二つの子要素になる。

索引ソースは,使用されている索引の型に固有とする。それは,索引内容を生成するために必要な情報

を含む。索引ソースは,図による描出をもたない。

索引本体は,全ての形式の索引に対して同じとする。それは,索引ソース内の情報によって生成される


108

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

テキストを含む。索引本体に含まれるテキストは,特別なものではなく,この規格の他の部分で使用され

るテキストと異なるものではない。

索引本体の内容は,索引ソース及びそれ以外の文書残余の情報からいつでも再生成可能とする。索引ソ

ースが索引に関する論理的な情報の全てを含み,その一方で索引本体が,索引の描出を含むといえる。文

書に関する構造情報を抽出するツールは,索引ソースだけを参照し,描出プログラムは,索引本体だけを

参照してもよい。

7.2.1 

索引ソース 

索引ソース要素は,索引本体を生成するために必要な情報を含む。索引が含む情報を決めるフラグの集

合に加えて,索引ソースは,索引テンプレートの集合を含む。そのテンプレートは,索引に含まれている

項目がどのようにして描出されるかを決める。

例えば,目次は,

図 のように表現されるかもしれない。

1 Introduction .......................................................................................................... 7

1.1 Namespaces ....................................................................................................... 7

1.2 Relax-NG Schema Prefix .................................................................................. 8

図 1−目次の表現 

この索引のための索引ソースは,少なくとも 2 レベルまでの章見出しを含むことを示すフラグを含む。

包含される索引テンプレートは,索引エントリが章番号,スペース,章名,

('.'からなるリーダ線をもつ)

タブ及びページ番号から構成されることを定義する。

様々な索引テンプレートは,それらの索引要素と一緒に記述する。使用中の索引テンプレート要素は,

7.12

で記述する。

様々な索引ソース要素は,対応する索引要素と一緒に記述する。

7.2.2 

索引本体部分 

索引本体は,現行の索引のテキストによる描出を含む。その書式は,索引タイトル部分が許されている

ことを除き,この仕様の一般のテキスト(例えばテキスト部分)と同じとする。

<define name="text-index-body"> 
 <element

name="text:index-body">

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="index-content-main"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define> 
<define name="index-content-main"> 
 <choice> 
  <ref

name="text-content"/>

  <ref

name="text-index-title"/>

 </choice> 
</define>

7.2.3 

索引タイトル部分 

通常,索引タイトルは,それ専用のセクションに含める。これは,1 ページの幅全体にわたって索引の

タイトルを置き,2 段のレイアウトに索引を置くという一般的なレイアウトを可能にすることを目的とす

る。

<define name="text-index-title"> 
 <element

name="text:index-title">

  <ref

name="sectionAttr"/>


109

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="index-content-main"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

7.3 

目次 

目次は,利用者に文書の内容についての案内を提供する。それは,典型的には文書の初めに置かれ,ペ

ージ番号を備えた章エントリを含む。目次の例は,この文書の初めにある。

目次として挙げられる項目を次に示す。

a)

見出し(文書アウトライン構造によって定義される。

どのレベルまでの見出しとするかは,選択できる。

b)

目次索引符号

c)

書式化された段落

書式化のときに用いる段落スタイルは,選択できる。

目次は,<text:table-of-content>要素によって表現する。<text:table-of-content>要素は,テキスト部分と同

じスタイル属性(及びクラス属性)を提供する(4.4 参照)

<define name="text-table-of-content"> 
 <element

name="text:table-of-content">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-table-of-content-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.3.1 

目次ソース 

<text:table-of-content-source>

要素は,目次をどのように生成するかを指定する。それは,エントリをどの

ように集めるかを指定する。

<text:table-of-content-source>

要素は,次のものを含む。

a)

索引タイトルのための省略可能なテンプレート

b)

レベルごとの索引エントリのための省略可能なテンプレート

c)

索引エントリを集めるために使用されるスタイルのリスト(省略可能)

<define name="text-table-of-content-source"> 
 <element

name="text:table-of-content-source">

  <ref

name="text-table-of-content-source-attlist"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-table-of-content-entry-template"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-index-source-styles"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:table-of-content-source>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

アウトラインレベル

b)

アウトラインの使用

c)

索引符号の使用


110

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

d)

索引ソーススタイルの使用

e)

索引ソース

f)

相対的タブ位置

アウトラインレベル 

text:outline-level

属性は,目次を生成する場合にどのアウトラインレベルを使用するかを指定する。

この属性の値は,0 を超える整数とする。この属性が省略される場合,全てのアウトラインレベルを使

用する。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:outline-level">

   <choice> 
    <ref

name="positiveInteger"/>

   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

アウトラインの使用 

text:use-outline-level

属性は,索引エントリを生成するために見出しを使用するかどうかを決める。値が

true

である場合,目次は,見出しから生成されたエントリを含む。text:outline-level 属性は,どのレベルま

で見出しが含まれるかを指定する。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-outline-level"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

索引符号の使用 

text:use-index-marks

属性は,索引エントリを生成するために索引符号を使用するかどうかを決める。値

が true の場合,目次は,目次索引符号から生成されたエントリを含む。text:outline-level 属性は,どのレベ

ルまでの索引符号が含まれるかを指定する。索引符号についての詳細は,7.1 に示す。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-index-marks">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

索引ソーススタイルの使用 

text:use-index-source-styles

属性は,ある段落スタイルを用いて書式化された段落から索引エントリを生成

するかどうかを決める。値が true の場合,目次は,<text:index-source-style>要素の中で指定されたスタイル

のうちの一つで書式化されたいずれの段落に対してもエントリを含む。text:outline-level 属性は,どのレベ

ルまで索引ソース形式が含まれているかを指定する。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-index-source-styles">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional>


111

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

索引の範囲 

text:index-scope

属性は,文書全体から,又は<text:table-of-content>要素を含む章からの索引のエントリが

目次を構成するのに使われるかどうかを決める。省略時の値及び章の決定は,実装依存とする。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:index-scope">

   <choice> 
    <value>document</value> 
    <value>chapter</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

相対的タブ位置 

text:relative-tab-stop-position

属性は,タブ位置が左側余白との相対位置か,又は段落スタイルで決められ

る左の字下げとの相対位置かを決める。相対タブ位置の使用によって,それぞれの段落書式ごとにタブを

調整する必要がなくなるので,全てのアウトラインレベルに同じエントリ構成を複写するために役立つ。

<define name="text-table-of-content-source-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:relative-tab-stop-position">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.3.2 

目次エントリテンプレート 

<text:table-of-content-entry-template>

要素は,特定のアウトラインレベルでの索引エントリのスタイルを決

定する。一つの目次では,どのアウトラインレベルでもこの要素の数は,1 以下とする。

<define name="text-table-of-content-entry-template"> 
 <element

name="text:table-of-content-entry-template">

  <ref

name="text-table-of-content-entry-template-attlist"/>

  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-table-of-content-children"/>

 
  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

目次エントリテンプレートは,次の種類のテキスト要素を提供する。

a)

章及びページ番号

b)

参照テキスト

c)

テキスト幅(span)

d)

タブ

e)

ハイパリンクの開始及び終了

<define name="text-table-of-content-children"> 
 <choice> 
  <ref

name="text-index-entry-chapter"/>

  <ref

name="text-index-entry-page-number"/>

  <ref

name="text-index-entry-text"/>

  <ref

name="text-index-entry-span"/>

  <ref

name="text-index-entry-tab-stop"/>

  <ref

name="text-index-entry-link-start"/>

  <ref

name="text-index-entry-link-end"/>


112

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 </choice> 
</define>

<text:table-of-content-entry-template>

要素と関連する属性は,次による。

a)

テンプレートアウトラインレベル

b)

段落形式

テンプレートアウトラインレベル 

この属性は,

エントリ構成がどのアウトラインレベルに当てはまるかを決める。

アウトラインレベルは,

一つの索引ソースにおけるテンプレート要素について一意でなければならない。

<define name="text-table-of-content-entry-template-attlist" 
  combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:outline-level">

  <ref

name="positiveInteger"/>

 </attribute> 
</define>

段落形式 

text:style-name

属性は,このテンプレートで使用する段落スタイルを指定する。

<define name="text-table-of-content-entry-template-attlist" 
  combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:style-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

7.4 

図の索引 

図の索引は,現在の文書又は章中の画像及び図形を全て列挙する。索引エントリは,図の標題又は図の

名前から求めることができる。

<text:illustration-index>

要素に指定できる属性を次に示す。

a) text:style-name

この属性は,図の索引に使用する節スタイルを指定する。

<define name="text-illustration-index"> 
 <element

name="text:illustration-index">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-illustration-index-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.4.1 

図索引ソース 

<text:illustration-index-source>

要素は,図の索引をどのように生成するかを指定する。

<define name="text-illustration-index-source"> 
 <element

name="text:illustration-index-source">

  <ref

name="text-illustration-index-source-attrs"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="text-illustration-index-entry-template"/>

  </optional> 
 </element> 
</define>

<text:illustration-index-source>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

標題使用


113

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

b)

標題文字列名

c)

標題文字列書式

d)

索引範囲

この属性は,索引が全体の文書に適用されるか現在の章だけかを決める。

e) text:relative-tab-stop-position

この属性は,解釈される相対的なタブ位置が,左側余白か又は左字下げかどうかを決める。

<define name="text-illustration-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-index-scope-attr"/>

</define> 
<define name="text-index-scope-attr"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:index-scope"

a:defaultValue="document">

   <choice> 
    <value>document</value> 
    <value>chapter</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-illustration-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-relative-tab-stop-position-attr"/>

</define> 
<define name="text-relative-tab-stop-position-attr"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:relative-tab-stop-position"

           a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

標題使用 

text:use-caption

属性は,画像標題又は画像名が索引に用いられるかどうかを指定する。

text:use-caption

属性の定義された値は,次による。

a) true:

画像標題が索引に用いられる。

b) false:

画像名が索引に用いられる。

<define name="text-illustration-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-caption"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

標題文字列名 

標題は,文字列名に関係付けられる。text:use-caption 属性が true である場合,標題が関係付けられる文

字列を指定するためにこの属性を使用しなければならない。

この属性が省略される場合,オブジェクト型のための省略時の文字列が使用される。例えば図には,文

字列"Illustration"が使用される。

<define name="text-illustration-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:caption-sequence-name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional>


114

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

標題文字列書式 

図の索引へのエントリが画像標題から得られる場合,エントリのための書式を指定するためにこの属性

を使用しなければならない。

<define name="text-illustration-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:caption-sequence-format">

   <choice> 
    <value>text</value> 
    <value>category-and-value</value> 
    <value>caption</value> 
   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.4.2 

図索引エントリテンプレート 

図索引エントリテンプレート要素は,特定のアウトラインレベルの索引エントリの書式を決定する。

<define name="text-illustration-index-entry-template"> 
 <element

name="text:illustration-index-entry-template">

  <ref

name="text-illustration-index-entry-content"/>

 </element> 
</define> 
<define name="text-illustration-index-entry-content"> 
 <ref

name="text-illustration-index-entry-template-attrs"/>

 <zeroOrMore> 
  <choice> 
   <ref

name="text-index-entry-page-number"/>

   <ref

name="text-index-entry-text"/>

   <ref

name="text-index-entry-span"/>

   <ref

name="text-index-entry-tab-stop"/>

  </choice> 
 </zeroOrMore> 
</define>

<text:illustration-index-entry- template>

要素に指定できる属性を次に示す。

a)

段落スタイル

段落スタイル 

この属性は,このテンプレートに使用する段落スタイルを特定する。

<define name="text-illustration-index-entry-template-attrs"> 
 <attribute

name="text:style-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

7.5 

表の索引 

表の索引は,現在の文書又は章にある表を全て示す。表の索引は,図の索引と全く同じ方式で動作する。

<define name="text-table-index"> 
 <element

name="text:table-index">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-table-index-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.5.1 

表索引ソース 

<text:table-index-source>

要素は,表の索引がどのように生成されるかを指定する。


115

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

この要素に指定できる属性は,<text:illustration-index-source>要素に指定できるものと同様とする。これ

らの属性に関する詳細情報は,7.4.1 に示す。

<define name="text-table-index-source"> 
 <element

name="text:table-index-source">

  <ref

name="text-illustration-index-source-attrs"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="text-table-index-entry-template"/>

  </optional> 
 </element> 
</define>

7.5.2 

表索引エントリテンプレート 

表索引エントリテンプレート要素は,特定のアウトラインレベルの索引エントリの書式を決定する。こ

の要素に指定できる属性は,<text:illustration-index-entry-template>に指定できるものと同一とする。これら

の属性に関する詳細情報については,7.4.2 に示す。

<define name="text-table-index-entry-template"> 
 <element

name="text:table-index-entry-template">

  <ref

name="text-illustration-index-entry-content"/>

 </element> 
</define>

7.6 

オブジェクトの索引 

オブジェクトの索引は,現在の文書又は章中のオブジェクトを全て列挙する。それは,既知のオブジェ

クト型からそのエントリを収集する。

<define name="text-object-index"> 
 <element

name="text:object-index">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-object-index-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.6.1 

オブジェクト索引ソース 

<text:object-index-source>

要素は,オブジェクトの索引にどのオブジェクト型を含めるかを決める。さら

に,この要素は,標準の索引ソース属性をもつ。

<define name="text-object-index-source"> 
 <element

name="text:object-index-source">

  <ref

name="text-object-index-source-attrs"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="text-object-index-entry-template"/>

  </optional> 
 </element> 
</define>

<text:object-index-source>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

使用属性  text:use-*-objects

b)

索引範囲(7.4.1 参照)

この属性は,索引が文書全体に当てはまるのか,それとも現在の章だけに当てはまるのかを指定す

る。


116

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

c)

相対タブ位置(7.4.1 参照)

この属性は,タブ位置を左側余白からの相対として解釈するか又は左字下げからの相対として解釈

するかを決める。

<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-index-scope-attr"/>

</define> 
<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-relative-tab-stop-position-attr"/>

</define>

使用属性 

text:use-*-objects

属性は,オブジェクトの索引に含めるオブジェクトの型が何かを指定する。各種オブジ

ェクト型の属性は,次による。

a) text:use-spreadsheet-objects

b) text:use-draw-objects

c) text:use-chart-objects

d) text:use-math-objects

次の属性の使用によって,他のオブジェクトが含まれるのか,それとも省略されるのかが決まる。

a) text:use-other-objects

<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-spreadsheet-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-math-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-draw-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-chart-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-object-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-other-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.6.2 

オブジェクト索引エントリテンプレート 


117

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

オブジェクト索引エントリテンプレート要素は,特定のアウトラインレベルの索引エントリの書式を決

定する。

<define name="text-object-index-entry-template"> 
 <element

name="text:object-index-entry-template">

  <ref

name="text-illustration-index-entry-content"/>

 </element> 
</define>

この要素に指定できる属性は,<text:illustration-index-entry-template>に指定できるものと同一とする。こ

れらの属性に関する詳細情報については,7.4.2 に示す。

7.7 

利用者定義索引 

利用者定義索引は,箇条 の初めに検討された索引の機能を組み合わせる。利用者定義索引は,次のソ

ースからエントリを集める。 

a)

索引符号

b)

特定の段落スタイルで書式化された段落

c)

表,画像又はオブジェクト

d)

テキスト枠

<text:user-index>

要素は,利用者定義索引を表す。

<define name="text-user-index"> 
 <element

name="text:user-index">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-user-index-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.7.1 

利用者定義ソース 

<text:user-index-source>

要素は,索引エントリをどのように集めるかを決める幾つかの属性をもつ。さら

に,索引エントリのアウトラインレベルをどのように集めるかを決める属性を提供する。

索引符号として使用される段落書式は,ちょうど<text:table-of-content-source>要素の場合のように

<text:index-source-styles>

要素中で符号化される。

<define name="text-user-index-source"> 
 <element

name="text:user-index-source">

  <ref

name="text-user-index-source-attr"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-user-index-entry-template"/>

  </zeroOrMore> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-index-source-styles"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:user-index-source>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

使用属性  text:use-*

b)

アウトラインレベル複写

c)

索引範囲(7.4.1 参照)

この属性は,索引が文書全体に当てはまるのか,それとも現在の章だけに当てはまるのかを指定す


118

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

る。

d)

索引名

異 な る 内 容 を 備 え た 幾 つ か の 利 用 者 定 義 の 索 引 を 提 供 す る た め に , 利 用 者 索 引 符 号 は ,

text:index-name

属性を提供する。現在の索引にどの索引符号を適用するかを決めるために,同じ属性

を,<text:user-index-source>要素に指定できる。

e)

相対タブ位置(7.4.1 参照)

この属性は,タブ位置を左側余白からの相対として解釈するか又は左字下げからの相対として解釈

するかを決める。

<define name="text-user-index-source-attr" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-index-scope-attr"/>

 <ref

name="text-relative-tab-stop-position-attr"/>

 <attribute

name="text:index-name">

  <ref

name="string"/>

 </attribute> 
</define>

使用属性 

text:use-*

属性は,利用者定義の索引にどのエントリを含めるかを指定する。次の属性が存在する。

a) text:use-index-marks

b) text:use-graphics

c) text:use-tables

d) text:use-floating-frames

e) text:use-objects

<define name="text-user-index-source-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-index-marks"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-graphics"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-tables"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-floating-frames"

 

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-objects"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

アウトラインレベル複写 

text:copy-outline-levels

属性は,索引エントリがソースのアウトラインレベルに応じて字下げされるかど


119

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

うかを指定する。

text:copy-outline-levels

属性の定義された値は,次による。

a) false:

字下げはない。

b) true:

索引エントリがソースのアウトラインレベルに応じて字下げされる。

<define name="text-user-index-source-attr" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:copy-outline-levels"

 

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.7.2 

利用者定義の索引エントリテンプレート 

利用者索引エントリテンプレートは,章番号,ページ番号,エントリテキスト,テキスト幅及びタブ位

置のためのエントリ要素を提供する。

<define name="text-user-index-entry-template"> 
 <element

name="text:user-index-entry-template">

  <ref

name="text-user-index-entry-template-attrs"/>

  <zeroOrMore> 
   <choice> 
    <ref

name="text-index-entry-chapter"/>

    <ref

name="text-index-entry-page-number"/>

    <ref

name="text-index-entry-text"/>

    <ref

name="text-index-entry-span"/>

    <ref

name="text-index-entry-tab-stop"/>

   </choice> 
  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:user-index-entry-template>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

テンプレートアウトラインレベル

b)

段落スタイル

テンプレートアウトラインレベル 

text:outline-level

属性は,このエントリ構成をどのアウトラインレベルに適用するかを指定する。

同じ親要素に含まれる<text:outline-level>要素は,全て異なるアウトラインレベルを指定しなければなら

ない。

<define name="text-user-index-entry-template-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:outline-level">

  <ref

name="positiveInteger"/>

 </attribute> 
</define>

段落スタイル 

text:style-name

属性は,テンプレートに使用する段落スタイルを指定する。

<define name="text-user-index-entry-template-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:style-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

7.8 

アルファベット順索引 

アルファベット順索引は,専ら索引符号からそのエントリを集める。


120

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="text-alphabetical-index"> 
 <element

name="text:alphabetical-index">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-alphabetical-index-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.8.1 

アルファベット順索引ソース 

<text:alphabetical-index-source>

要素は,アルファベット順索引がどのように生成されるかを指定する。

<define name="text-alphabetical-index-source"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-source">

  <ref

name="text-alphabetical-index-source-attrs"/>

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-alphabetical-index-entry-template"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:alphabetical-index-source>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

大文字と小文字との同一視

b)

主エントリスタイル名

c)

アルファベット分離子

d)

エントリの結合属性

e)

エントリとしてのキー利用

f)

エントリの大文字化

g)

カンマ分離エントリ

h)

ソート時の言語,国,及びアルゴリズム

i)

索引範囲(7.4.1 参照)

この属性は,索引が文書全体に当てはまるのか,それとも現在の章だけに当てはまるのかを指定す

る。

j)

相対タブ位置(7.4.1 参照)

この属性は,タブ位置を左側余白からの相対として解釈するか,又は左字下げからの相対として解

釈するかを決める。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <ref

name="text-index-scope-attr"/>

 <ref

name="text-relative-tab-stop-position-attr"/>

</define>

大文字と小文字との同一視 

text:ignore-case

属性は,語中の大文字と小文字とを同一視するかどうかを決める。値が true の場合,両

者を同一視し,大文字と小文字との差を除いて等しいエントリは,同一のエントリとしてまとめる。値が

false

の場合,語中の大文字と小文字とは区別する。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:ignore-case"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional>


121

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

</define>

主エントリスタイル名 

text:main-entry-style-name

属性は,主エントリに使用する文字スタイルを決める。下位エントリは,エン

トリの段落スタイルによって決定された省略時文字スタイルを用いて書式化される。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:main-entry-style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

アルファベット分離子 

text:alphabetical-separators

属性は,同じ字で始まるエントリをグループ化し,次の字で始まるエントリか

ら分離するかどうかを決める。

この属性の値は,true 又は false とする。

値が true の場合,同じ字で始まるエントリを全てグループ化する。索引は,各グループにおける標題,

例えば字 A で始まる全てのエントリ用の A,字 B で始まる全てのエントリ用の B などを含む。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:alphabetical-separators"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

エントリ結合 

同じ単語又は句に対する多数の索引エントリがあるという一般的な状況では,次に示す幾つかの選択肢

がある。

a)

同じ単語のための複数エントリを text:combine-entries 属性を用いて結合し,単一のエントリとする。

b)

結合されたエントリによって参照されるページは,次のとおりに書式化する。

1) text:combine-entries-with-dash

属性を用いて,破線によって分離されたページ番号範囲として。

2) text:combine-entries-with-pp

属性を用いて pp ラベル又は特定の言語において適切なラベルに開始ペ

ージ番号をつなげたものとして。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:combine-entries"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:combine-entries-with-dash"

           a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:combine-entries-with-pp"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

例  索引エントリの組合せ


122

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

“XML”という用語の索引符号が,45,46,47 及び 48 ページに現れる場合,エントリは,

13

に示すように書式化される。

表 13−エントリの書式 

エントリの書式

結果

個別エントリ XML 45

XML 46

など

単純な結合エントリ XML

45

,46,47,48

ハイフンを用いるエントリ XML 45-48

pp

を用いるエントリ XML

45pp

エントリとしてのキー使用 

キーワードに加えて,索引符号は,二つまでのキーをもつ。この属性の値が true の場合,キーは,追加

のエントリとして使用される。この属性の値が false の場合,キーは,下位エントリとして使用される。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:use-keys-as-entries"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

エントリの大文字化 

text:capitalize-entries

属性は,索引中のエントリを大文字化するかどうかを決める。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:capitalize-entries"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

カンマ分離エントリ 

text:comma-separated

属性は,複数の索引エントリを扱う方法を指定する。個別の行で各索引エントリを

示す代わりに,複数の索引エントリを,カンマによって区切られた一つの行で示すことができる。この属

性の値が true の場合,複数のエントリをカンマで区切って一つの行で表示する。省略時には,この属性の

値は,false とし,各索引エントリは,それぞれ個別の行に表示する。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:comma-separated"

a:defaultValue="false">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

ソート時の国,言語及びアルゴリズム 

索引エントリがソートされる場合,これらの属性をソート指定のために使用することができる。国及び

言語の属性は,ソートロケールを指定する。幾つかのロケールでは,複数のソートアルゴリズムが存在す

る。この場合,アルゴリズム属性は,名前でアルゴリズムを指定するために使用することができる。

<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave">


123

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 <optional> 
  <attribute

name="fo:language">

   <ref

name="languageCode"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="fo:country">

   <ref

name="countryCode"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define> 
<define name="text-alphabetical-index-source-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:sort-algorithm">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.8.2 

自動符号ファイル 

アルファベット順索引は,いわゆる自動符号ファイルを提供する。そのようなファイルは,用語の一覧

を含み,各用語は,それぞれアルファベット順索引に含まれる。アルファベット順索引符号ファイルは,

テキスト宣言の一部として宣言される(4.8 参照)

。宣言要素は,XLink であり,用語の一覧を含む資源を

指す。

索引符号ファイルのフォーマットは,実装依存とする。

<define name="text-alphabetical-index-auto-mark-file"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-auto-mark-file">

  <attribute

name="xlink:href">

   <ref

name="anyURI"/>

  </attribute> 
  <optional> 
   <attribute

name="xlink:type"

a:defaultValue="simple">

    <value>simple</value> 
   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

7.8.3 

アルファベット順索引エントリテンプレート 

アルファベット順索引は,3 段階のレベルを提供する。主索引エントリのために 1 レベル,さらに,索

引エントリへのキーのために 2 レベルまで追加できる。さらに,アルファベット順索引は,アルファベッ

ト分離子にもエントリテンプレートを用いる。

<define name="text-alphabetical-index-entry-template"> 
 <element

name="text:alphabetical-index-entry-template">

  <ref

name="text-alphabetical-index-entry-template-attrs"/>

  <zeroOrMore> 
   <choice> 
    <ref

name="text-index-entry-chapter"/>

    <ref

name="text-index-entry-page-number"/>

    <ref

name="text-index-entry-text"/>

    <ref

name="text-index-entry-span"/>

    <ref

name="text-index-entry-tab-stop"/>

   </choice> 
  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>


124

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<text:alphabetical-index-entry-template>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

テンプレートアウトラインレベル

b)

段落スタイル

テンプレートアウトラインレベル 

この属性は,テンプレートが次のどちらに当てはまるかを指定する。

a)

レベル 1,2,3 のいずれか一つ

b)

アルファベット分離子

<define name="text-alphabetical-index-entry-template-attrs" 
  combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:outline-level">

  <choice> 
   <value>1</value> 
   <value>2</value> 
   <value>3</value> 
   <value>separator</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

段落スタイル 

text:style-name

属性は,テンプレートに使用する段落スタイルを指定する。

<define name="text-alphabetical-index-entry-template-attrs" 
  combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:style-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

7.9 

参考文献 

参考文献索引は,参考文献索引符号からエントリを集める。<text:bibliography>要素は,文献を表す。

<define name="text-bibliography"> 
 <element

name="text:bibliography">

  <ref

name="sectionAttr"/>

  <ref

name="text-bibliography-source"/>

  <ref

name="text-index-body"/>

 </element> 
</define>

7.9.1 

参考文献索引ソース 

<text:bibliography-source>

要素は,参考文献がどのように生成されるかを指定する。

<define name="text-bibliography-source"> 
 <element

name="text:bibliography-source">

  <optional> 
   <ref

name="text-index-title-template"/>

  </optional> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-bibliography-entry-template"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

7.9.2 

参考文献エントリテンプレート 

参考文献エントリテンプレートは,参考文献データ,テキスト幅,及びタブ位置用のエントリ要素を提

供する。各型のエントリに対して,エントリテンプレート要素が一つ存在する。

<define name="text-bibliography-entry-template"> 
 <element

name="text:bibliography-entry-template">


125

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  <ref

name="text-bibliography-entry-template-attrs"/>

  <zeroOrMore> 
   <choice> 
    <ref

name="text-index-entry-span"/>

    <ref

name="text-index-entry-tab-stop"/>

    <ref

name="text-index-entry-bibliography"/>

   </choice> 
  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

<text:bibliography-entry-template>

要素に指定できる属性は,次による。

a)

参考文献型

b)

段落スタイル

参考文献型 

この属性は,どの型の参考文献エントリに,このテンプレートが適用されるかを指定する。この属性は,

同じ親要素内の全ての<text:bibliography-type>要素中で一意でなければならない。

<define name="text-bibliography-entry-template-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:bibliography-type">

  <ref

name="text-bibliography-types"/>

 </attribute> 
</define>

段落スタイル 

text:style-name

属性は,このテンプレートに使用する段落スタイルを指定する。

<define name="text-bibliography-entry-template-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:style-name">

  <ref

name="styleNameRef"/>

 </attribute> 
</define>

7.10 

索引ソーススタイル 

幾つかの索引は,ある種の段落スタイルを用いて書式化された段落から索引エントリを集めることがで

きる。<text:index-source-styles>要素は,特定のアウトラインレベルにおける<text:index-source-style>要素を

全て含む。text:outline-levels 属性は,指定した段落スタイルから集めた索引エントリを,どのアウトライン

レベルに列挙するかを決定する。各アウトラインレベルに対し,一つの<text:index-source-style>要素だけし

か存在できない。

<define name="text-index-source-styles"> 
 <element

name="text:index-source-styles">

  <attribute

name="text:outline-level">

   <ref

name="positiveInteger"/>

  </attribute> 
  <zeroOrMore> 
   <ref

name="text-index-source-style"/>

  </zeroOrMore> 
 </element> 
</define>

7.10.1 

索引ソーススタイル 

<text:index-source-style>

要素の中で指定されたスタイル又は,クラスを用いて書式化された段落は,全て

索引に含まれる。

<define name="text-index-source-style"> 
 <element

name="text:index-source-style">

  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleName"/>


126

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </attribute> 
  <empty/> 
 </element> 
</define>

7.11 

索引タイトルテンプレート 

<text:index-title-template>

要 素 は , 索 引 タ イ ト ル の ス タ イ ル 及 び 内 容 を 決 め る 。

<text:table-of-content-source>

要素には,<text:index-title-template>要素が一つだけ存在できる。

<define name="text-index-title-template"> 
 <element

name="text:index-title-template">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

7.12 

索引テンプレートエントリ 

7

形式の索引エントリがあり,それらは,次による。

a)

章情報

b)

エントリテキスト

c)

ページ番号

d)

固定文字列

e)

参考文献情報

f)

タブ位置

g)

ハイパリンクの開始及び終了

7.12.1 

章情報 

<text:index-entry-chapter>

要素は,索引エントリの章番号を表示する。章番号のための文字スタイルは,

text:style-name

属性として索引エントリ要素に含めることができる。

<define name="text-index-entry-chapter"> 
 <element

name="text:index-entry-chapter">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <ref

name="text-index-entry-chapter-attrs"/>

 </element> 
</define>

注記  こ の 要 素 は , 章 番 号 を 表 示 す る こ と だ け を 可 能 と す る 。 章 名 を 表 示 す る た め に は ,

<text:index-entry-text>

要素を使用しなければならない。

章表示書式 

text:display

属性は,章番号と章名とのいずれか又は両方を表示する。

<define name="text-index-entry-chapter-attrs"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:display"

a:defaultValue="number">

   <choice> 
    <value>name</value> 
    <value>number</value> 
    <value>number-and-name</value>


127

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   </choice> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

7.12.2 

エントリテキスト 

<text:index-entry-text>

要素は,索引のエントリのテキストを表示する。例えば,このエントリが見出しに

由来する場合は,章見出しを表示し,このエントリが索引符号に由来する場合は,索引符号に含まれる句

を表示する。エントリテキスト用の文字スタイルは,text:style-name 属性として索引エントリ要素に含める

ことができる。

<define name="text-index-entry-text"> 
 <element

name="text:index-entry-text">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

7.12.3 

ページ番号 

<text:index-entry-page-number>

要素は,索引エントリが置かれるページ番号を表示する。ページ番号用の

文字スタイルは,text:style-name 属性として索引エントリ要素に含めることができる。

<define name="text-index-entry-page-number"> 
 <element

name="text:index-entry-page-number">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

7.12.4 

固定文字列 

<text:index-entry-span>

要素は,索引エントリ内の固定文字列を表す。エントリテキスト用の文字スタイ

ルは,text:style-name 属性として索引エントリ要素に含めることができる。<text:span>要素と異なり,

<text:index-entry-span>

要素は,子要素をもたない。

<define name="text-index-entry-span"> 
 <element

name="text:index-entry-span">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <text/> 
 </element> 
</define>

7.12.5 

参考文献情報 

<text:index-entry-bibliography>

要素は,索引エントリテンプレートへ参考文献データを取り込む。

<define name="text-index-entry-bibliography"> 
 <element

name="text:index-entry-bibliography">

  <ref

name="text-index-entry-bibliography-attrs"/>

 </element> 
</define>

<text:index-entry-bibliography>

要素に指定できる属性は,次による。


128

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

a) text:style-name

属性

b) text:bibliography-data-field

属性

テキストスタイル名 

text:style-name

属性は,エントリ表示のためのスタイルを決定する。

<define name="text-index-entry-bibliography-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="text:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

参考文献データフィールド識別子 

text:bibliography-data-field

属性は,参考文献データフィールドのどの部分が表示されるかを決める。

<define name="text-index-entry-bibliography-attrs" combine="interleave"> 
 <attribute

name="text:bibliography-data-field">

  <choice> 
   <value>address</value> 
   <value>annote</value> 
   <value>author</value> 
   <value>bibliography-type</value> 
   <value>booktitle</value> 
   <value>chapter</value> 
   <value>custom1</value> 
   <value>custom2</value> 
   <value>custom3</value> 
   <value>custom4</value> 
   <value>custom5</value> 
   <value>edition</value> 
   <value>editor</value> 
   <value>howpublished</value> 
   <value>identifier</value> 
   <value>institution</value> 
   <value>isbn</value> 
   <value>issn</value> 
   <value>journal</value> 
   <value>month</value> 
   <value>note</value> 
   <value>number</value> 
   <value>organizations</value> 
   <value>pages</value> 
   <value>publisher</value> 
   <value>report-type</value> 
   <value>school</value> 
   <value>series</value> 
   <value>title</value> 
   <value>url</value> 
   <value>volume</value> 
   <value>year</value> 
  </choice> 
 </attribute> 
</define>

7.12.6 

タブ位置 

<text:index-entry-tab-stop>

要素は,索引エントリの内のタブ位置を表す。さらに,この要素は,タブ位置

の位置情報を含む。

<define name="text-index-entry-tab-stop"> 
 <element

name="text:index-entry-tab-stop">

  <optional>


129

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
  <ref

name="text-index-entry-tab-stop-attrs"/>

 </element> 
</define>

<text:index-entry-tab-stop>

要素に指定できる属性は,次による。

a) style:leader-char

b) style:type

c) style:position

先頭文字 

style:leader-char

属性は,リーダ文字を指定する。

<define name="text-index-entry-tab-stop-attrs" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="style:leader-char">

   <ref

name="character"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

タブの種類及び位置 

style:type

属性は,タブ位置の種類を指定する。<text:index-entry-tab-stop>要素は,2 種類のタブ(left 及

び right)だけを提供する。

この属性の値が left の場合,style:position 属性も使用しなければならない。値が right の場合,この属性

は,省略しなければならない。style:position 属性は,タブの位置を指定する。<text:index-entry-config>要素

の text:relative-tab-stop-position 属性の値に従って,タブ位置は,左側余白又は左の字下げへの相対値として

解釈される。

<define name="text-index-entry-tab-stop-attrs" combine="interleave"> 
 <choice> 
  <attribute

name="style:type">

   <value>right</value> 
  </attribute> 
  <group> 
   <attribute

name="style:type">

    <value>left</value> 
   </attribute> 
   <attribute

name="style:position">

    <ref

name="length"/>

   </attribute> 
  </group> 
 </choice> 
</define>

7.12.7 

ハイパリンクの開始及び終了 

<text:index-entry-link-start>

及び<text:index-entry-link-end>要素は,ハイパリンク索引エントリの開始及び

終了を符号付けする。ハイパリンク用の文字スタイルは,text:style-name 属性として索引エントリ要素に含

めることができる。

<define name="text-index-entry-link-start"> 
 <element

name="text:index-entry-link-start">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute>


130

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

  </optional> 
 </element> 
</define> 
<define name="text-index-entry-link-end"> 
 <element

name="text:index-entry-link-end">

  <optional> 
   <attribute

name="text:style-name">

    <ref

name="styleNameRef"/>

   </attribute> 
  </optional> 
 </element> 
</define>

7.12.8 

索引エントリ構成の例 

次は,Table of Content と呼ばれる目次のための XML コードの例で次の特性を備えている。

a)

上位 2 段階のアウトラインレベルを使用する。

b)

エントリは,それぞれ,章番号,閉じ括弧,章のタイトル,タブ位置及びページ番号から構成される。

c)

最上位のアウトラインレベルについては,ページ番号を太字(Bold)のスタイルを用いて書式化する。

d)  2

番目のアウトラインレベルについては,閉じ括弧の代わりにブラケットを使用する。

Example: Table of Content 
<text:table-of-content> 
 <text:table-of-content-source 

text:outline-level="2"

text:use-index-marks="false"

text:index-scope="document">

 

<text:index-title-template

text:style-name="Index

1">

  Table

of

Content

</text:index-title-template>

 

<text:index-entry-template

  text:outline-level="1"

  text:style-name="Contents

1">

  <text:index-entry-chapter

text:display="number"/>

  <text:index-entry-span>)

</text:index-entry-span>

  <text:index-entry-text/>

  <text:index-entry-tab-stop

style:type="right"/>

  <text:index-entry-page-number

text:style-name="bold"/>

</text:index-entry-template>

 

<text:index-entry-template

  text:outline-level="2"

  text:style-name="Contents

2">

  <text:index-entry-chapter

text:display="number"/>

  <text:index-entry-span>]

</text:index-entry-span>

  <text:index-entry-text/>

  <text:index-entry-tab-stop

style:type="right"/>

  <text:index-entry-page-number/>

</text:index-entry-template>

 
 </text:table-of-content-source> 
 
 <text:table-of-content-body> 
 

 

[... header ...] 

<text:p

text:style-name="[...]">1) Chapter

  <text:tab-stop/><text:span

stylename="bold">

1

</text:span>

</text:p>

<text:p

text:style-name="[...]">1.1] Subchapter

  <text:tab-stop/>1

</text:p>

 

 

[... more entries ...] 


131

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 </text:table-of-content-body> 
 
</text:table-of-content>

 

この箇条では,テキスト文書内に埋め込まれる表に使用される表構造及びスプレッドシートに使用され

る表構造について規定する。

8.1 

基本的な表モデル 

OpenDocument

の表構造は,W3C

勧告 HTML4.01 又は W3C 勧告 XSL の表構造に類似しており,これ

らの表と同様に入れ子にすることができる。

表の表現は,行と列との格子に基づく。行は,列に優先する。表は,行で分割され,行は,セルに分割

される。個々の列は,列記述を含むが,この記述は,セルを含まない。

表の行は,空の場合もあり,行によって表セルの数が異なる場合もある。これは,誤りではなく,アプ

リケーションプログラムに依存した方法で解決してもよい。スプレッドシートアプリケーションは,典型

的には大きな表上で作動するが,この表は,アプリケーション固有の行数と列数とをもち,未使用の域を

もっていてもよい。表の中で使用された領域だけがファイルに保存される。空又は不完全な行をもつ表を

スプレッドシートアプリケーションに読み込む場合,空の行は,省略時の行(空のシートそのもの)とし

て扱われ,不完全な行は,空のセル(空のシートのときと同じ。

)で埋められる。

他のほとんど全てのアプリケーションは,固定の大きさの表を扱う。基本的には,不完全な行は,あた

かも必要な数の空のセルをもつかのように描出され,空の行についても同様とする。空のセルは,大抵は

空の段落の範囲を占有する。

行及び列は,行グループ及び列グループの中に現れる。これらのグループは,次のページでも行又は列

を繰り返すことが望ましいかどうかを指定する。

8.1.1 

表要素 

表要素は,表のためのルート要素とする。

<define name="table-table"> 
 <element

name="table:table">

  <ref

name="table-table-attlist"/>

  <optional> 
   <ref

name="table-table-source"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="office-dde-source"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="table-scenario"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="office-forms"/>

  </optional> 
  <optional> 
   <ref

name="table-shapes"/>

  </optional> 
  <ref

name="table-columns-and-groups"/>

  <ref

name="table-rows-and-groups"/>

 </element> 
</define>

表のための内容モデルは,若干複雑に見える。詳細は,8.2 で規定する。ここでは,表の要素内容は,列

及び行の要素とみなす。


132

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

<define name="table-columns-and-groups"> 
 <oneOrMore> 
  <choice> 
   <ref

name="table-table-column-group"/>

   <ref

name="table-columns-no-group"/>

  </choice> 
 </oneOrMore> 
</define> 
 
<define name="table-columns-no-group"> 
 <choice> 
  <group> 
   <ref

name="table-columns"/>

   <optional> 
    <ref

name="table-table-header-columns"/>

    <optional> 
     <ref

name="table-columns"/>

    </optional> 
   </optional> 
  </group> 
  <group> 
   <ref

name="table-table-header-columns"/>

   <optional> 
    <ref

name="table-columns"/>

   </optional> 
  </group> 
 </choice> 
</define> 
 
<define name="table-columns"> 
 <choice> 
  <ref

name="table-table-columns"/>

  <oneOrMore> 
    <ref

name="table-table-column"/>

  </oneOrMore> 
 </choice> 
</define> 
 
<define name="table-rows-and-groups"> 
 <oneOrMore> 
  <choice> 
   <ref

name="table-table-row-group"/>

   <ref

name="table-rows-no-group"/>

  </choice> 
 </oneOrMore> 
</define> 
 
<define name="table-rows-no-group"> 
 <choice> 
  <group> 
   <ref

name="table-rows"/>

   <optional> 
    <ref

name="table-table-header-rows"/>

    <optional> 
     <ref

name="table-rows"/>

    </optional> 
   </optional> 
  </group> 
  <group> 
   <ref

name="table-table-header-rows"/>

   <optional> 
    <ref

name="table-rows"/>

   </optional> 
  </group>


133

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

 </choice> 
</define> 
 
<define name="table-rows"> 
 <choice> 
  <ref

name="table-table-rows"/>

  <oneOrMore> 
   <optional> 
    <ref

name="text-soft-page-break"/>

   </optional> 
    <ref

name="table-table-row"/>

  </oneOrMore> 
 </choice> 
</define>

表の名称 

table:name

属性は,表の名前を指定する。

<define name="table-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:name">

   <ref

name="string"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

表スタイル 

table:style-name

属性は,表スタイル,すなわち table 型の<style:style>要素を参照する。表スタイルは,表

の書式特性(幅,背景色など)を記述する。表スタイルは,自動スタイル又は共通スタイルのいずれかと

する。

<define name="table-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:style-name">

   <ref

name="styleNameRef"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

例  表スタイル

<style:style style:name=”Table 1” style:family=”table”> 
 <style:table-properties

style:width="12cm"

fo:background-color="light-grey"/>

</style:style> 
<table:table table:name="Table 1" table:style-name="Table 1"> 
 ... 
</table:table>

保護 

table:protected

属性は,表が編集から保護されるかどうかを指定する。表が保護される場合,利用者が保

護フラグを編集可能にリセットするのを妨げるためのパスワードを table:protection-key 属性に指定できる。

表が保護される場合,none 以外の値に設定された style:cell-protect 属性をもつ表のセル要素は,全て保護さ

れる。

XML

ファイルにパスワードを直接保有することを避けるために,パスワードのハッシュ値だけを

table:protection-key

属性内に格納する。

ハッシュ化は実装依存とする。

<define name="table-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:protected"

a:defaultValue="false">


134

X 4401

:2014 (ISO/IEC 26300:2006,Cor.1:2010,Cor.2:2011,Amd.1:2012)

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:protection-key">

   <text/> 
  </attribute> 
 </optional> 
</define>

印刷 

table:print

属性は,表が印刷されるかどうかを指定する。それは,真理値をとる。その値が true の場合,

表は,印刷され,その値が false の場合,表は,印刷されない。省略時の値は,true とする。table:print 属

性は,15.8.14 で記述された table:display 属性によって上書きされる。すなわち,表が表示されなければ印

刷もされない。

表が印刷される場合,実際に印刷される表の範囲は,table:print-ranges 属性(次を参照する。

)によって

指定することができる。この属性が存在しなければ,表中で使用されている領域が印刷される。

<define name="table-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:print"

a:defaultValue="true">

   <ref

name="boolean"/>

  </attribute> 
 </optional> 
</define>

印刷範囲 

table:print-ranges

属性は,表の印刷範囲,すなわち印刷されることが望ましいセルを指定する。この属性

は,8.3.1 で記述されるセルアドレス又はセル範囲アドレスの一覧を含む。

<define name="table-table-attlist" combine="interleave"> 
 <optional> 
  <attribute

name="table:print-ranges">