>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 4176

:2005

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準

原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大

臣が制定した日本工業規格である。

この規格の一部が,技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の

実用新案登録出願に抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会

は,このような技術的性質をもつ特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権,又は出願公開後の実用新

案登録出願にかかわる確認について,責任はもたない。

JIS X 4176

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(A.1-規定,A.2-参考)文献

附属書 B(参考)DTD の例

附属書 C(参考)W3C の作業グループメンバ及び貢献者

原勧告の標題及びまえがき

XML リンク付け言語 (XLink) 1.0

W3C 勧告 2001 年 6 月 27 日

この版の掲載場所

http://www.w3.org/TR/2001/REC-xlink-20010627/ (HTML, XML で入手可能。)

最新版の掲載場所

http://www.w3.org/TR/xlink/

以前の版の掲載場所

http://www.w3.org/TR/2000/PR-xlink-20001220/

編者

Steve DeRose, Brown University Scholarly Technology Group

Eve Maler, Sun Microsystems

David Orchard, Jamcracker

著作権 © 2001 W3C

®

 (MIT, INRIA, Keio)が,すべての権利を保有する。免責,商標,文書の使

用,及びソフトウェアの使用許諾に関する W3C の規則を適用する。

この文書の状態

この文書は,W3C のメンバ及び他の関係者によって審議され,W3C 勧告として技術統括責任者

によって承認された。この文書は,安定したものであって,参考資料として使用してよく,他の

文書から引用規定として引用してもよい。勧告作成において,W3C は,この規定を広く知らせ,

普及させる役割をもつ。これによって,ウェブの機能性及び相互運用性が高まる。

XLink

とともに使用してよい XPointer 言語に関する情報については,[XPTR]を参照されたい。


X 4176

:2005

(2)

この文書は,W3C 体系分野の XML 活動の一部として,W3C XML リンク付け作業グループに

よって作成された。この活動の背景については,XML 活動声明を参照されたい。

この文書にあり得る誤りは,公開電子メールリスト www-xml-linking-comments@w3.org(アーカ

イブは,http://lists.w3.org/Archives/Public/www-xml-linking-comments/)に報告していただきたい。す

べての確認済みの誤りは,http://www.w3.org/2001/06/xlink-errata で入手可能な訂正表の中に文書化

されている。

この規定の英語版を,唯一の規定版とする。この文書の翻訳に関する情報は,

http://www.w3.org/2001/06/xlink-translations

で入手できる。

XLink

を特徴付ける設計原理の付加的な背景については,[XLDP]を参照し,この XLink の規定

が充足しようとする XLink 要件(規定)については,[XLREQ]を参照されたい。XLink は,すべての

HTML

リンク付け構成要素に,現状で対応しているわけではない。この状況については,

[XLinkNaming]

を参照されたい。

現在の W3C 勧告及びその他の技術文書の一覧は,http://www.w3.org/TR で参照できる。


X 4176

:2005

(3)

目  次

ページ

序文 

1

0

  適用範囲

1

1

  導入

1

1.1

  起源及び目標 

2

2.

  XLink の概念 

2

2.1

  リンク及び資源

2

2.2

  弧,たどり及び振る舞い 

2

2.3

  リンク付け要素の物理的位置に相対的な資源

3

3.

  XLink の処理及び適合性 

3

3.1

  処理依存性 

3

3.2

  マーク付け適合性

3

3.3

  応用適合性 

3

4.

  XLink マーク付け設計 

4

4.1

  XLink 属性の使用パターン

5

4.2

  XLink 要素型の関係 

5

4.3

  属性値の既定化

6

4.4

  XLink の使用と他のマーク付けとの統合

6

4.5

  旧来のマーク付けを伴った XLink の使用

6

5.

  XLink の要素及び属性 

6

5.1

  拡張リンク(extended 型要素)

7

5.2

  単純リンク(simple 型要素

20

5.3

  XLink 要素型属性(type) 

22

5.4

  位置指定子属性(href)

23

5.5

  意味属性(rolearcrole 及び title)

24

5.6

  振る舞い属性(show 及び actuate)

24

5.7

  たどり属性(labelfrom 及び to) 

26

附属書 AA.1-規定,A.2-参考)文献 

28

附属書 B(参考)DTD の例 

31

附属書 C(参考)W3C の作業グループメンバ及び貢献者 

34

 


日本工業規格

JIS

 X

4176

:2005

XML

リンク付け言語 (XLink) 1.0

XML Linking Language (XLink) Version 1.0

序文  この規格は,2001 年 6 月に World Wide Web Consortium(W3C)から公表された勧告 XML Linking

Language (XLink) Version 1.0

を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

適用範囲  この規格は,XML リンク付け言語(XLink)を規定する。XLink は,資源間のリンクを生成

し記述するために,要素を XML 文書の中に挿入することを可能にする。XLink は,今日の HTML の単純

な単一方向ハイパリンクに類似するリンク及び更に高度なリンクを記述できる構造を生成するために,

XML

構文を用いる。

1. 

導入  XLink は,基本的な単一方向リンク及びもっと複雑なリンク付け構造の両方を生成するための

枠組みを提供する。それは,XML 文書に対して次のことを可能にする。

a)

二つより多い資源の間にリンク付け関係を表明する。

b)

メタデータをリンクと関連させる。

c)

リンク付けされた資源から分離した位置にあるリンクを表現する。

XLink

の重要な応用は,ハイパリンクをもつハイパメディアシステムの中にある。ハイパリンクの単純

な場合が,HTML の A 要素であるが,その単純な場合のハイパリンクは,次の特徴をもつ。

a)

ハイパリンクは,位置指定子として,URI を用いる。

b)

ハイパリンクは,二つの端点の一方において表現される。

c)

ハイパリンクは,他方の端点を識別する。ただし,サーバは,その到達先を探す又は動的に生成する

ことに,大きな自由度をもってもよい。

d)

利用者は,一方の端点だけからたどりを開始できる。この場合,ハイパリンクが他方の端点に対して

表現されている。

e)

ウィンドウ,フレーム,戻りリスト,使用中のスタイルシートなどへのハイパリンクの効果は,ハイ

パリンクそれ自体ではなく,利用者エージェントによって決定される。例えば,A リンクのたどりは,

通常,現在のビューを,新しいウィンドウを開くという利用者設定で置き換えたりする。

これらの特徴は強力だが,その基礎をなすモデルは,可能なハイパリンク機能の範囲を制限している。

この規格において定義されるモデルは,URI 技法の利用を HTML と共有する。しかし,ハイパリンク付け

をより規模拡張可能にし柔軟にする機能(以前は専用のハイパメディアシステムだけで利用可能であっ

た。

)を提供する点において HTML をしの(凌)ぐ。リンク付けデータ構造の提供に加えて,XLink は,最小

のリンク振る舞いモデルを提供する。多くの場合,XLink の上位に位置付けられる上位応用が,交替でき

る又はより高度なレンダリング及び処理の扱いを規定する。

関係データベースにおける外来キー及びプログラム言語における参照値といった,他の技術領域で用い


2

X 4176

:2005

る特殊化されたリンクの統合化された扱いは,この規格の適用範囲外とする。

1.1 

起源及び目標  XLink の設計は,確立されたハイパメディアのシステム及び規格に関する知識に基

づく。特に次の規格などの影響が大きい。

a)  HTML [HTML]:

リンクを表現する幾つかの要素型を定義している。

b)  HyTime [ISO/IEC 10744]:

行内,境界内及び部外のリンク構造,並びにたどり制御及びオブジェクトの

表示を含む幾つかの意味的な機能を定義している。

c)

Text Encoding Initiative Guidelines [TEI]:

リンク,集約オブジェクト及びリンクの集まりを生成するため

の構造を提供している。

他の多くのリンク付けシステムも,特に,[Dexter],[FRESS],[OHS],[MicroCosm]及び[Intermedia]も,

XLink

の設計に情報を与えた。

XLink

の設計に関する要件の包括的な説明については,XLink 要件文書[XLREQ]を参照されたい。

2. XLink

の概念  2.では,XLink 構成要素の生成に用いる構文の議論をしないで,XLink を理解するため

に本質的な用語及び概念を示す。若干の付加的な用語が,この規格の後の方で示される。

2.1 

リンク及び資源  XLink のリンクは,資源間又は資源の部分間の明示的な関係とする。XLink のリン

クは,

XLink

のリンク付け要素によって明示的にされる。

リンク付け要素は,

リンクの存在を表明する XLink

に適合する XML 要素とする。6 個の XLink の要素が存在する。その中の 2 個だけが,リンク付け要素と

考えられる。他の要素は,リンクの特質を記述する情報の様々な断片を提供する。この規格で用いる用語

“リンク”とは,XLink のリンクだけを指す。ただし,非 XLink 構成要素がリンクとして利用できること

を妨げるものではない。

資源の概念は,ワールドワイドウェブにとって普遍的である。[IETF RFC 2396]に示されるとおりに,資

源は,番地付け可能な情報単位又はサービス単位とする。資源の例には,ファイル,画像,文書,プログ

ラム及び問合せ結果がある。資源を番地付けするには,URI(Uniform Resource Identifier,統一資源識別子)

参照が用いられる(その詳細は,5.4による。)。資源の一部分を番地付けすることもできる。例えば,資源

が XML 文書の場合,その資源で有用な部分は,文書内にある特定の要素だけのことがある。例えば,そ

の特定要素へのリンクを追うことが,その要素が強調されたり,文書中のその点までスクロールされたり

する結果をもたらすこともある。

リンクが資源の集合に関連するとき,それらの資源は,リンクに参加するという。XLink のリンクは XML

文書中に出現しなければならないが,それは,XML 符号化された資源だけでなくあらゆる種類の資源を関

連付けることができる。

XLink

の共通的な使用の一つに,ハイパリンクを生成することがある。ハイパリンクとは,第一義的に

は,人間の利用者への表示を意図したリンクとする。しかし,XLink の設計は,ハイパリンクが計算機に

よる利用だけを意図したリンクで使われることを妨げるものではない。

2.2 

弧,たどり及び振る舞い  どんな目的であっても,リンクを使用し又はリンクを追うことを,

“たど

り”という。ある種のリンクは任意の数の資源を関連付けることができるが,たどりには,常に 1 対の資

源(又は資源の部分)だけが参加する。たどりを始める資源を始点資源とする。たどり先を終点資源とする。

この手法で用いる用語“資源”は,資源全体ではなく,資源の部分に適用されることがあってもよい。

1

対の資源をどのようにたどるかの情報を“弧”という。この情報には,たどりの方向及び応用の振る

舞い情報も含まれる。一つのリンクにおける二つの弧が同じ資源の対を指定しているが,始点資源と終点

資源とが入れ替わっている場合,そのリンクは,複数の方向をもつという。それは,リンクをたどった後


3

X 4176

:2005

の単なる“戻り”とは同じではない。

2.3 

リンク付け要素の物理的位置に相対的な資源  局所の資源とは,リンク付け要素を親としてもつこ

とによって,又はそれ自体がリンク付け要素であることによって,リンクに参加する XML 要素とする。

URI

参照で番地付けされることによって,リンクに参加する資源又は資源部分は,たとえそれが,そのリ

ンクと同じ XML 文書の中にあっても,又は同じリンク付け要素の内部にあっても,遠隔の資源と考える。

すなわち,局所の資源は“値によって”指定され,遠隔の資源は“参照によって”指定される。

局所の始点資源及び遠隔の終点資源をもつ弧を,外向き(つまり,リンク付け要素から離れる向き。

)と

いう。そうした弧をもつリンクの例に,HTML の A 要素,HyTime の“clinks”及び Text Encoding Initiative

の XREF 要素がある。弧の終点資源が局所だが,その始点資源が遠隔の場合,その弧を,内向きという。

始点資源も終点資源も局所でない場合,その弧を,部外の弧という。必す(須)ではないが,いかなる一つ

のリンクも,通常は全体として 1 種類の弧だけを指定し,したがって,そのリンクは,内向き,外向き又

は部外の弧として参照されてもよい。

書込みアクセスを与えられてない(又は書込みアクセスを行わないことにした)資源から,又はリンク付

け構成要素を埋め込む方法を提供しない資源から出てくるリンクを生成するためには,内向き又は部外の

弧を使う必要がある。  それらの弧を使う場合には,リンクの発見についての必要性は,外向きの弧につい

ての場合より大きい。内向き及び部外のリンクの集まりを含む文書を,リンクデータベース又はリンクベ

ースと呼ぶ。

3. XLink

の処理及び適合性  3.では,XLink 応用及びマーク付けに関する処理及び適合性要件を詳しく

示す。

この規格では,

“しなければならない”(must),

“してはならない”(must not),

“必すの”(required),

“し

なければならない”(shall),

“してはならない”(shall not),

“することが望ましい”(should),

“しないことが

望ましい”(should not),

“推奨する”(recommended),

“してもよい”(may),及び“任意選択の”[(optional)

“ことが望ましい”及び“してもよい”]は,[IETF RFC 2119]が規定するとおりに解釈しなければならない。

3.1 

処理依存性  XLink 処理系は,[XML],[XML Names],[XML Base]及び[IETF RFC 2396] ([IETF RFC

2732]

によって追加更新されている。)に依存する。

3.2 

マーク付け適合性  XML 要素は,次の場合に,XLink に適合する。

a) XML

要素が XLink 名前空間からの type 属性をもち,その値が"simple","extended","locator","arc",

"resource"

,"title"又は"none"のどれかをとる。

b) XML

要素が,選択された XLink 要素型によって課される適合性制約を,この規格で規定するとおり

に順守する。

この規格は,DTD に関する特定の制約を課さない。適合性は,要素及び属性だけに適用される。

3.3 

応用適合性  XLink 応用は,XLink の要素及び属性を含む整形式 XML 文書,又は XLink の要素及び

属性に対応する情報項目及び特性を含む XML 情報集合[XIS]を解釈するあらゆるソフトウェアモジュール

とする。この規格は,要素及び属性という用語を用いて規定するが,この規格のすべての規定は,それら

の規定の中で用いられている要素及び属性の情報集合の等価なものにも適用される。それら応用は,次の

ことを行う場合に,適合するものとする。

a)

この規格において設定される応用に対して必すの条件(“しなければならない”と規定されている条件)

を守る。

b)

応用が守るとした任意選択の(“ことが望ましい”及び“してもよい”)条件に対して,その条件を規


4

X 4176

:2005

定された方法で守る。

c)

この規格に示されるすべての適合性制約に従ったマーク付け適合性試験を実行する。

4. XLink

マーク付け設計  4.では,XLink のマーク付け語い(彙)の設計を示す。

XLink

のマーク付けは,適切にたどられて,処理されるために,XLink 応用によって信頼性をもって認

識される必要がある。XLink は,XML 名前空間勧告[XML Names]に記述された機構を使用して,XLink 語

い(彙)による構成要素の認識を達成する。

この規格によって定義される XLink 名前空間は,次の URI をもつ。

http://www.w3.org/1999/xlink

[XML Names]

によって指示されるとおり,XLink の要素及び属性を使うには,XLink 名前空間の宣言が

必要になる。例えば,次の宣言は,XLink 名前空間を表現するために,myElement 要素内で接頭辞 xlink を

利用可能にする。

<myElement

  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink">

  ...

</myElement>

備考  この規格の多くの記述例では,XLink 名前空間宣言を示していない。xlink 接頭辞は,この規格

の全体をとおして,その例で XLink 名前空間宣言が存在するかどうかにかかわらず,要素上で

の XLink 名前空間の宣言を表すために使用される。この場合,その要素の適用範囲の中に,そ

のように(すなわち,xlink 接頭辞付で)マーク付けされた属性が(その属性をもつ同じ要素上に,

又は何らかの先祖要素上に)に出現する。

XLink

の名前空間は,任意の名前空間の中にある要素上で使用するために,大域属性を提供する。大域

属性は,type,href,role,arcrole,title,show,actuate,label,from 及び to とする。文書作成者は,文書

作成者自身の名前空間の中の要素,又は文書作成者が制御しない名前空間の中の要素さえも,XLink 要素

として認識可能にするために,XLink 大域属性を使用する。type 属性は,XLink 要素型(simple,extended,

locator

,arc,resource 又は title)を指し示す。その要素型は,それら要素が従わなければならないXLink が

課す制約,及びその要素に出会う XLink 応用の振る舞いを指示する。

次に,XLink 大域属性をもつ,非 XLink 名前空間からの crossReference 要素の例を示す。

<my:crossReference

  xmlns:my="http://example.com/"

  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"

  xlink:type="simple"

  xlink:href="students.xml"

  xlink:role="http://www.example.com/linkprops/studentlist"

  xlink:title="Student  List"

  xlink:show="new"

  xlink:actuate="onRequest">

Current List of Students

</my:crossReference>

大域属性の使用は,個々の属性に名前空間接頭辞を使用すること,及び要素に type 属性を使用すること


5

X 4176

:2005

を常に要求する。

4.1 XLink

属性の使用パターン  XLink 属性は,名前空間の機構を使用することによって大域的になる

と考えられるが,一つの XLink 要素型に関してそれら属性の許される組合せは,それらが出現する要素に

対する特別な type 属性(詳細情報については,5.3参照。)の値に,大きく依存する。この規格における適合

性制約が,それらの許される使用パターンを詳しく示す。表 に,大域属性(列)が許される要素型(行)の一

覧を,必す(R)又は任意選択(O)のいずれかの値を付して示す。

  1  大域属性(列)が許される要素型(行)

simple

extended locator

arc

resource

title

type

R

R R

R

R R

href

O

 R

role O

O O

 O

arcrole

O

O

title O

O O

O

O

show

O

O

actuate

O

O

label

O   O

from

O

to

O

属性の許されるパターンを表した参考の DTD を,附属書 Bに示す。

この規格は,XLink 要素型と関連付けられた制約の名前付き集合に順守しなければならない要素を参照

するために,その要素が実際にもっている名前とは関係なく,“xxx 型要素”という決まった形式を使う。

例えば,

“locator 型要素”は,次の要素のすべてを参照する。

次に,XLink 大域属性をもつ,非 XLink 名前空間からの crossReference 要素の例を示す。

<locator xlink:type="locator" ... />

<loc xlink:type="locator" ... />

<my:pointer xlink:type="locator" ... />

4.2 XLink

要素型の関係  様々な XLink 要素型は,それらが他の XLink 要素型の直接の子として現れる

場合には,この規格によって規定される特別な意味をもつ。表 に,特定の親の要素型において意味のあ

る役割を演じる子要素型の一覧を示す。他の組合せは,XLink の規格では重要でない。

  2  特定の親の要素型において意味のある役割を演じる子要素型

親の型

意味のある子の型

simple

なし

extended

locator, arc, resource, title

locator title

arc title

resource

なし

title

なし


6

X 4176

:2005

4.3 

属性値の既定化  XLink を使用するには,重要なリンク情報を供給するために多くの属性を使用す

ることになる場合がある。望まれる XLink 属性の値が,ある型のすべての文書における個々のインスタン

スに渡って不変になっている場合には,属性値の(固定的又は非固定的な)既定を DTD に追加してもよく,

その結果として,その属性は,要素開始タグに物理的に出現しなくともよい。例えば,属性の既定が,4.

の導入に示す例における,xmlns:xlink 属性,xmlns:my 属性,type 属性,show 属性及び actuate 属性に対し

て提供された場合には,その例は,次のとおりとなる。

<my:crossReference

  xlink:href="students.xml"

  xlink:role="http://www.example.com/linkprops/studentlist"

  xlink:title="Student  List">

Current List of Students

</my:crossReference>

DTD

の制御の下で生成された情報集合には,すべての属性値が与えられている。

4.4 XLink

の使用と他のマーク付けとの統合  この規格は,XLink 名前空間における属性及び属性値だ

けを定義する。XLink 属性と平行して非 XLink 属性を使用することについての制限はない。さらに,大部

分の XLink 属性は任意選択であって,単純リンク又は拡張リンクの選択は,マーク付けの設計者又は文書

作成者に任されているので,XLink 機能を使用する DTD は,XLink の属性の完全な集合を使用したり宣言

したりする必要はない。この規格は,XLink マーク付けに関する最小の制約を識別するが,最終的には,

XLink

を使う DTD は,これらの制約を自由に強化してよい。XLink を使用することで,妥当な文書が,そ

の DTD の管理において表現される制約への適合から免除されることはない。

次に,XLink 属性及び非 XLink 属性の両方をもつ crossReference 要素の例を示す。

<my:crossReference

  xmlns:my="http://example.com/"

  my:lastEdited="2000-06-10"

  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink"

  xlink:type="simple"

  xlink:href="students.xml">

Current List of Students

</my:crossReference>

4.5 

旧来のマーク付けを伴った XLink の使用  XLink の大域属性は,名前空間接頭辞の使用を要求する

ので,旧来の(XLink を使わない今までの)文書の中の非 XLink に基づくリンクは,属性値既定化が使用さ

れる場合であっても,そのままでは適合 XLink 構成要素としては役に立たない。例えば,XHTML 1.0 は,

href

属性付きの a 要素をもつが,その属性は,XHTML 名前空間の中の a 要素に添付された局所的なもの

なので,XLink 名前空間の中の xlink:href 大域属性と同じではない。

5. XLink

の要素及び属性  XLink は,次の 2 種類のリンクを提供する。

a)

拡張リンク  拡張リンクは,任意の数の資源が参加するリンクだけでなく,内向きの弧及び部外の弧

といった,完全な XLink の機能を提供する。結果として,それらの構造は,かなり複雑になる可能性

があり,遠隔の資源を指し示すための要素,局所の資源を包含するための要素,弧のたどり規則を指

定するための要素,並びに人間が読むことができる資源及び弧の表題を指定するための要素を含んで


7

X 4176

:2005

いる。

XLink

は,リンクベースを見つけるために,拡張リンクに特殊な意味を与える方法を定義する。こ

の手法を使って,拡張リンクは,XLink 応用が他のリンクを処理することを支援する。

b)

単純リンク  単純リンクは,普通のリンク,すなわちちょうど二つの資源が参加する外向きリンクに

対する短縮構文を提供する。HTML の A 及び IMG のリンクは,これに分類される。単純リンクは,

拡張リンクよりも機能性が低いので,特殊な内部構造はもたない。

単純リンクは,概念的には拡張リンクの部分集合なのだが,構文的には異なっている。例えば,単

純リンクを拡張リンクに変換するためには,幾つかの構造的な変更が必要になる。

5.

では,XLink の要素及び属性を定義する。

5.1

拡張リンク(extended 型要素)  拡張リンクとは,任意の数の資源を関連付けるリンクとする。参加す

る資源は,遠隔及び局所のあらゆる組合せであってよい。

内向きの弧及び部外の弧をもつことができるただ一つの種類のリンクは,拡張リンクとする。通常,拡

張リンク付け要素は,(例えば,完全に異なる文書の中で)それが関連する資源とは分離して記憶される。

そこで拡張リンクは,

参加する資源が読取り専用の場合,

それら資源の修正及び更新には手間がかかるが,

分離されたリンク付け要素の修正及び更新には手間がかからないという場合,又は(多くのマルチメディア

フォーマットのように)埋め込まれたリンクを自然に実現する方法がないフォーマットで資源が表されて

いる場合,重要になる。

図 は,五つの遠隔の資源を関連付ける拡張リンクを示す。これによって,例えば,学生の課程選択状

況を表現できる。すなわち,一つの資源が学生を記述し,他の一つの資源が学生の学業上のアドバイザを

記述し,二つの資源が学生が単位取得のために出席している課程を表現し,最後の資源が学生が(単位取

得を意図せず)聴講している課程を表現する。

  1  五つの遠隔の資源を関連付ける拡張リンク

拡張リンクなしでは,資源は完全には関係付けられないかもしれない。例えば,資源は,五つの別々の


8

X 4176

:2005

文書の中にあるかもしれない。拡張リンクから出ている線は,その拡張リンクが資源間で生成する関連を

表現する。しかし,線は方向性をもたないことに注意する。方向性は,(線の)たどり規則を用いて表現さ

れる。それら規則が提供されない場合には,資源は,個々の資源がアクセスされるかどうかに関する示唆

及びどのようにアクセスされるかに関する示唆なしに,特別な順序なしに関連付けられる。

図 は,五つの遠隔の資源及び一つの局所の資源(拡張リンク要素内部の一つの特殊な要素)を関連付け

る拡張リンクを示す。これによって,図 で示した課程状況の例と同種のものを,局所的に記憶された学

生の成績の平均を追加して表現できる。ここでも,線は,たどりの方向も振る舞いも示唆しないで,六つ

の資源の関連だけを表現する。

  2  五つの遠隔の資源及び一つの局所の資源を関連付ける拡張リンク

拡張リンクに対する XLink 要素型は,XLink 名前空間の中の,値が"extended"である type と呼ばれる属

性をもった任意の要素とする。

extended

型要素は,次の要素を任意の順序で,可能ならば他の内容及びマーク付けを伴って,混合した

ものを含んでもよい。

a)

リンクに参加する遠隔の資源を示す locator 型要素。

b)

リンクの参加資源間のたどり規則を提供する arc 型要素。

c)

リンクに対して人間が読むことができるラベルを提供する title 型要素。

d)

リンクに参加する局所の資源を供給する resource 型要素。

extended

型要素が二つよりも少ない資源を関連付けるのは,誤りではない。リンクが一つだけの参加資

源をもつ場合又は参加資源を全くもたない場合には,そのリンクは,単にたどれないとする。そうしたリ

ンクでも,例えば,特性を XLink 属性を用いて一つの資源に関連付けるために,又はいつかは使用される

であろうリンク情報用のプレースホルダを提供するために,役立ち得る。

親 extended 型要素の内部のどこにあってもよい simple 型又は extended 型の下位要素は,XLink 指定の意

味をもたない。extended 型要素の直接の子ではない locator 型,arc 型又は resource 型の下位要素は,XLink


9

X 4176

:2005

指定の意味をもたない。

extended

型要素は,意味属性である role 及び title をもってよい(5.5参照)。それらは,全体として,リン

クについての意味的な情報を供給する。role 属性は,リンク全体がもつ特性を指し示し,title 属性は,リ

ンク全体の人間が読むことができる記述を指し示す。他の XLink 属性が要素に存在する場合には,それら

の関係を Xlink は指定しない。一つの title 属性及び一つ以上の title 型要素の両方が存在する場合には,そ

れらは,XLink 指定の関係をもたない。この場合,XLink の上に構築される上位応用で,(例えば優先度な

どの)適切な取扱いが指定されることが多い。

例 extended 型要素の宣言及びインスタンス

次に,extended 型要素及びその下位要素のための宣言を参考として示す。この例の一部は,こ

の規格を通して再利用される。type 属性及び幾つかのそれ以外の属性は,インスタンスごとに変

化する属性を強調するために,DTD の中では既定化されている。

<!ELEMENT courseload ((tooltip|person|course|gpa|go)*)>

<!ATTLIST courseload

  xmlns:xlink     CDATA           #FIXED

"http://www.w3.org/1999/xlink"

  xlink:type      (extended)      #FIXED  "extended"

  xlink:role      CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED>

<!ELEMENT tooltip ANY>

<!ATTLIST tooltip

  xlink:type      (title)         #FIXED  "title"

  xml:lang        CDATA           #IMPLIED>

<!ELEMENT person EMPTY>

<!ATTLIST person

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:role      CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT course EMPTY>

<!ATTLIST course

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:role      CDATA           #FIXED

"http://www.example.com/linkprops/course"

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>


10

X 4176

:2005

<!-- GPA = "grade point average" -->

<!ELEMENT gpa ANY>

<!ATTLIST gpa

  xlink:type      (resource)      #FIXED  "resource"

  xlink:role      CDATA           #FIXED

"http://www.example.com/linkprops/gpa"

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT go EMPTY>

<!ATTLIST go

  xlink:type      (arc)           #FIXED  "arc"

  xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:show      (new

                  |replace

                  |embed

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:actuate   (onLoad

                  |onRequest

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:from      NMTOKEN         #IMPLIED

  xlink:to        NMTOKEN         #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。

<courseload>

  <tooltip>Course Load for Pat Jones</tooltip>

  <person

    xlink:href="students/patjones62.xml"

    xlink:label="student62"

    xlink:role="http://www.example.com/linkprops/student"

    xlink:title="Pat  Jones"  />

  <person

    xlink:href="profs/jaysmith7.xml"

    xlink:label="prof7"


11

X 4176

:2005

    xlink:role="http://www.example.com/linkprops/professor"

    xlink:title="Dr.  Jay  Smith"  />

    <!-- more remote resources for professors, teaching assistants, etc.

-->

  <course

    xlink:href="courses/cs101.xml"

    xlink:label="CS-101"

    xlink:title="Computer  Science  101"  />

  <!-- more remote resources for courses, seminars, etc. -->

  <gpa  xlink:label="PatJonesGPA">3.5</gpa>

  <go

    xlink:from="student62"

    xlink:to="PatJonesGPA"

    xlink:show="new"

    xlink:actuate="onRequest"

    xlink:title="Pat  Jones's  GPA"  />

  <go

    xlink:from="CS-101"

    xlink:arcrole="http://www.example.com/linkprops/auditor"

    xlink:to="student62"

    xlink:show="replace"

    xlink:actuate="onRequest"

    xlink:title="Pat  Jones,  auditing  the  course"  />

  <go

    xlink:from="student62"

    xlink:arcrole="http://www.example.com/linkprops/advisor"

    xlink:to="prof7"

    xlink:show="replace"

    xlink:actuate="onRequest"

    xlink:title="Dr.  Jay  Smith,  advisor"  />

</courseload>

5.1.1 

拡張リンクのための局所の資源(resource 型要素)  拡張リンクは,その拡張リンクの内部に出現す

る特殊な下位要素を用いて,そのリンクに参加する局所の資源を指し示す。下位要素は,その内容すべて

と共に,全体として,一つの局所の資源をマーク付けする。

局所の資源のための XLink 要素は,XLink 名前空間の中の,値が"resource"である type と呼ばれる属性を

もった任意の要素とする。


12

X 4176

:2005

resource

型要素は,任意の内容をもってよい。どんな内容が存在しようとも,そのリンクへの XLink 指

定の関係が生じることはない。resource 型要素が内容をもたないこともある。その要素が要求時にたどら

れることを期待される始点資源として役に立つ場合,対話的な XLink 応用は,そのたどりを開始する方法

を利用者に与えるために,通常は何らかの内容を生成する。resource 型要素が親に対して extended 型要素

以外のものをもつ場合には,resource 型要素は,XLink 指定の意味をもたない。

resource

型要素は,意味属性である role 及び title(5.5参照)及びたどり属性である label(5.7参照)をもって

よい。意味属性は,資源へと導く特定の弧の文脈以外で,より普通の言葉で資源についての情報を供給す

る。role 属性は,資源の特性を指し示し,title 属性は,資源の人間が読むことができる記述を指し示す。label

属性は,arc 型要素がたどる弧を生成するときにその属性を参照する方法を提供する。

例 resource 型要素の宣言及びインスタンス

次に,resource 型要素のための宣言を参考として示す。

<!ELEMENT gpa ANY>

<!ATTLIST gpa

  xlink:type      (resource)      #FIXED  "resource"

  xlink:role      CDATA           #FIXED

"http://www.example.com/linkprops/gpa"

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使う XML 要素がどのようになるかを示す。

  <gpa  xlink:label="PatJonesGPA">3.5</gpa>

5.1.2 

拡張リンクのための遠隔の資源(locator 型要素)  拡張リンクは,位置指定子要素を用いてそのリン

クに参加する遠隔の資源を指し示す。

位置指定子のための XLink 要素は,XLink 名前空間の中の,値が"locator"である type と呼ばれる属性を

もつ任意の要素とする。

locator

型要素は,任意の内容をもってよい。直接の子である title 型要素(5.1.4参照)以外,いかなる内容

が存在しようとも,

そのリンクへの XLink 指定の関係が生じることはない。

locator

型要素が入れ子の XLink

要素を含む場合には,それらの含まれる要素は,親リンクへの XLink 指定の関係をもたない。locator 型要

素が親に対して extended 型要素以外のものをもつ場合には,locator 型要素は,XLink 指定の意味をもたな

い。

制約  位置指定子要素における属性

locator

型要素は,位置指定子属性(5.4参照)をもたなければならない。位置指定子属性(href)は,

供給された値をもたなければならない。

locator

型要素は,意味属性である role 及び title(5.5参照)並びにたどり属性である label(5.7参照)をもって

よい。位置指定子属性は,遠隔の資源を識別する URI 参照を提供する。意味属性は,資源へと導く特定の

弧の文脈以外で,より普通の言葉で資源についての情報を供給する。role 属性は,資源がもつ特性を指し

示し,title 属性は,資源の人間が読むことができる記述を指し示す。label 属性は,arc 型要素がたどる弧を

生成するときにその属性を参照する方法を提供する。

備考 locator 型要素は,単に位置指定子(href)属性をもつという理由だけで,それ自体でリンクを構成

することはない。それは,simple 型要素とは異なり,それ自体と参照される資源との間で XLink

が支配する関連を生成しない。


13

X 4176

:2005

例 locator 型要素の宣言及びインスタンス

次に,locator 型要素のための宣言を参考として示す。

<!ELEMENT person EMPTY>

<!ATTLIST person

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:role      CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT course EMPTY>

<!ATTLIST course

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:role      CDATA           #FIXED

"http://www.example.com/linkprops/course"

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。

<person

  xlink:href="students/patjones62.xml"

  xlink:label="student62"

  xlink:role="http://www.example.com/linkprops/student"

xlink:title="Pat Jones" />

<person

  xlink:href="profs/jaysmith7.xml"

  xlink:label="prof7"

  xlink:role="http://www.example.com/linkprops/professor"

  xlink:title="Dr. Jay Smith" />

<course

  xlink:href="courses/cs101.xml"

  xlink:label="CS-101"

  xlink:title="Computer Science 101" />

5.1.3 

拡張リンクのためのたどり規則(arc 型要素)  拡張リンクは,それに参加する資源の間を,一連の

任意選択の弧要素を用いてたどるための規則を指し示してもよい。

弧に対する XLink 要素は,XLink 名前空間の中の,値が"arc"である type と呼ばれる属性をもつ任意の要

素とする。

arc

型要素は,任意の内容をもってよい。直接の子である title 型要素(5.1.4参照)以外,いかなる内容が存


14

X 4176

:2005

在しようとも,

そのリンクへの XLink 指定の関係が生じることはない。

arc

型要素がその親に対して extended

型要素以外のものをもつ場合には,arc 型要素は,XLink 指定の意味をもたない。

arc

型要素は,たどり属性である from 及び to(5.7参照),振る舞い属性である show 及び actuate(5.6参照),

並びに意味属性である arcrole 及び title(5.5参照)をもってよい。

たどり属性は,同じリンクの中に参加する資源の対の間での望ましいたどりを定義する。この場合,資

源は,それらの label 属性値によって識別される。from 属性は,たどりが開始されてもよい資源,すなわ

ち始点資源を定義し,to 属性は,たどられる先になってもよい資源,すなわち終点資源を定義する。振る

舞い属性は,XLink 応用が,終点資源へとたどるときに使用することが望ましい振る舞いを指定する。

意味属性は,弧の始点資源に対して相対的な弧の終点資源の意味を記述する。arcrole 属性は,特性の

[RDF]

概念に対応する。そこでは,その役割は“starting-resource  HAS arc-role ending-resource.(始点資源は,

弧役割の終点資源をもつ。)”を示すこととする。この文脈に依存する役割は,この特定の弧の文脈の外で

は,終点資源の意味とは異なる役割をもつことができる。例えば,資源が一般的に“person(人間)”を表現

してもよいが,ある弧の文脈では,それは,“mother(母)”の役割をもってもよく,別の弧の文脈では,

“daughter(娘)”の役割をもってもよい。

同じ資源が,(単一のリンクの中か,又は多くのリンクにまたがっているかに関係なく,)幾つかの弧の

中の一つの始点資源として与えられる場合,(弧を)たどる要求の振る舞いは,この規格によっては制約な

しとするが,対話的応用は,一つの可能性として,関連する弧又はリンクの表題を一覧として示すポップ

アップメニューを提供してもよい。

図 は,

五つの遠隔の資源を関連付け,

それらの間のたどりのための規則を提供する拡張リンクを示す。

指定されている弧はすべて部外の弧とする。すなわち,弧は,遠隔の資源そのものに含まれることなく動

作する。方向性のない実線は,そのリンクが五つの資源を関連付けられていることを示す。新しい点線の

矢は,リンクが提供するたどり規則を示す。同じ label 値を共有する資源があることに注意されたい。


15

X 4176

:2005

  3  五つの遠隔の資源を関連付け,それらの間のたどりのための規則を提供する拡張リンク

図 は,次の設定によって生成される方向付けられたたどり弧を反映している。ここで,A 及び C の両

方は,すべての B へのたどりを開始することが可能とされている。幾つかの資源にはラベルが出現してい

るので,各々の弧の指定が,潜在的には,1 度に複数個のたどり弧を生成する。

<go xlink:type="arc" xlink:from="A" xlink:to="B" />

<go xlink:type="arc" xlink:from="C" xlink:to="B" />

他の例として,五つの位置指定子であって,そのうちの二つが label 値を"parent"とし,三つが label 値を

"child"

とするものを含む拡張リンクを考える。

<extendedlink xlink:type="extended">

  <loc xlink:type="locator" xlink:href="..." xlink:label="parent"

xlink:title="p1" />

  <loc xlink:type="locator" xlink:href="..." xlink:label="parent"

xlink:title="p2" />

  <loc xlink:type="locator" xlink:href="..." xlink:label="child"

xlink:title="c1" />

  <loc xlink:type="locator" xlink:href="..." xlink:label="child"

xlink:title="c2" />

  <loc xlink:type="locator" xlink:href="..." xlink:label="child"

xlink:title="c3" />

... <!-- arc-type elements would go here -->


16

X 4176

:2005

</extendedlink>

次は,親資源から子資源へのたどりを指定する。これには,p1-c1,p1-c2,p1-c3,p2-c1,p2-c2 及び

p2-c3 が含まれる。

<go xlink:type="arc" xlink:from="parent" xlink:to="child" />

値が from 属性からも to 属性からも供給されない場合には,その消失している値は,その extended 型要

素の中の locator 型要素で供給されるすべてのラベルを表すとして解釈される。例えば次は,親から子への

たどりを指定し,子から子へのたどりも指定する。これには,p1-c1,p1-c2,p1-c3,p2-c1,p2-c2,p2-c3,

c1-c1

,c1-c2,c1-c3,c2-c1,c2-c2,c2-c3,c3-c1,c3-c2 及び c3-c3 が含まれる。

<go xlink:type="arc" xlink:to="child" />

この場合,たどり規則は,ある資源から同じラベルをもつ他の資源への弧(子から他の子への弧),更に,

ある資源からそれ自体への弧(一つの子からそれ自体への弧)を含むことに注意するのがよい。これは,誤

りではない。

arc

型要素が拡張リンクで提供されない場合,消失している from 値及び to 値は,そのリンクの中のすべ

てのラベルを表すと解釈される。これは,次のたどりの指定と等価になる。

<go xlink:type="arc" />

二つ以上の位置指定子が同じラベルをもつ場合,同じラベルをもつ位置指定子の集合は,集約的な資源

への参照としてではなく,個々の位置指定子として理解するのがよい。そのようなリンクのたどりの振る

舞いは,位置指定子のすべてが異なる役割をもち,適切な弧が同一のたどり対を生成するように指定され

ている場合のリンクと同じになるかもしれない。

拡張リンクのための弧のたどり規則が任意の可能なたどり対を無効にする場合には,XLink は,これら

の対に対するたどりについて定義しない。上位応用は,XLink で方向付けられていないたどりを実行して

もよい。例えば,リンク検査の処理は,資源のすべての利用可能な対をたどるかもしれない。

制約  弧に重複はない。

各々の arc 型要素は,同じ拡張リンクの中の他の arc 型要素のための from 値及び to 値を(それ

ぞれ)繰り返すことがない from 値及び to 値の対をもたなければならない。すなわち,リンクの

中の各対は,一意でなければならない。

例 arc 型要素の宣言及びインスタンス

次に,arc 型要素のための宣言の集合を参考として示す。

<!ELEMENT go EMPTY>

<!ATTLIST go

  xlink:type      (arc)           #FIXED  "arc"

  xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:show      (new

                  |replace

                  |embed

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:actuate   (onLoad

                  |onRequest


17

X 4176

:2005

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:from      NMTOKEN         #IMPLIED

  xlink:to        NMTOKEN         #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。

<go

  xlink:from="student62"

  xlink:to="PatJonesGPA"

  xlink:show="new"

  xlink:actuate="onRequest"

  xlink:title="Pat Jones's GPA" />

<go

  xlink:from="CS-101"

  xlink:arcrole="http://www.example.com/linkprops/auditor"

  xlink:to="student62"

  xlink:show="replace"

  xlink:actuate="onRequest"

  xlink:title="Pat Jones, auditing the course" />

<go

  xlink:from="student62"

  xlink:arcrole="http://www.example.com/linkprops/advisor"

  xlink:to="prof7"

  xlink:show="replace"

  xlink:actuate="onRequest"

  xlink:title="Dr. Jay Smith, advisor" />

5.1.4 

拡張リンク,位置指定子及び弧のための表題(title 型要素)  extended 型要素,locator 型要素及び arc

型要素は,title 属性(詳細については,5.5参照)をもってよい。しかし,title 属性をもっている要素が,一

連の一つ以上の title 型要素をもってもよい。それら要素は,例えば,人間が読むことができるラベル情報

が更に要素のマーク付けを必要とする場合,又は複数の表題が必要となる場合に関して,役に立つ。title

型要素を使用する一つの共通の動機には,国際化及び現地化の考慮がある。例えば,表題のマーク付けは,

双方向性の文脈又は東アジアの言語で必要かもしれないし,複数の表題は,同じ作品の異なる自然言語の

版に対して必要かもしれない。

表題のための XLink 要素は,XLink 名前空間の中の,値が"title"である type と呼ばれる属性をもった任

意の要素とする。

title

型要素は,任意の内容をもってよい。title 型要素が入れ子になった XLink 要素を含む場合には,そ

れら含まれた要素は,その表題を含む親リンクとの XLink 指定の関係をもたない。title 型要素が親に対し

て extended 型要素,locator 型要素又は arc 型要素以外のものをもつ場合には,その title 型要素は,XLink

指定の意味をもたない。

例 title 型要素の宣言及びインスタンス

次に,title 型要素のための宣言の集合を参考として示す。要素は,xml:lang 属性を与えられて


18

X 4176

:2005

いる。この属性は,どの表題を表示するかを決定するときに,サーバの設定又は他の文脈情報と

結合して使用してもよい。

<!ELEMENT advisorname (name)>

<!ATTLIST advisorname

  xlink:type      (title)         #FIXED  "title"

  xml:lang        CDATA           #IMPLIED>

<!ELEMENT name (honorific?, given, family)>

<!-- Further subelement declarations for names -->

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。

<advisor xlink:href="profs/jaysmith7.xml" ...>

  <advisorname  xml:lang="en">

    <name>

      <honorific>Dr.</honorific>

      <given>Jay</given>

      <family>Smith</family>

    </name>

  </advisorname>

</advisor>

5.1.5 

リンクベースの位置指定(特殊な弧の役割)  XLink 応用が始点資源から終点資源へとたどる場合,

その応用は,始点資源及びリンクの両方の位置指定を行う必要がある。これら二つの断片の位置を指定す

ることは,外向きの弧の場合には,始点資源が,リンク付け要素それ自体か又はリンク付け要素の子とな

っているので,問題とはならない。しかし,内向きの弧及び部外の弧の場合には,Xlink 応用は,両方の

断片を何らかの方法で見つけ出すことを可能にする必要がある。

課程状況の例では,

拡張リンクは,

学生及び課程を表現する遠隔の資源の対を関連付けることができる。

システムが,(例えば,利用者が,学生の出席している課程についての情報へのたどりを行うために学生の

名前をクリックできるようにすることによって,)関係する情報へのたどりを提供するといった方法で,(人

間の記述及び写真といった)“学生資源(student resource)”をロードし表示するために,システムは,その

関連を含む拡張リンクの位置を指定し使用する必要がある。

リンクベースは,多くの関係するリンク付け要素を一緒に集めることによって,リンク管理をより容易

にするために使用されることが多い。XLink は,潜在的に関連するリンクベースにアクセスすることを

XLink

応用に命令する方法を提供する。その命令は,(拡張リンクの中で明示されるか単純リンクの中で暗

黙的に示されるかして,) arcrole 属性に対して,次の値をもつ弧指定の形式を取る。

http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase

制約  リンクベースは,XML でなければならない。

この特殊な値をもつ弧の終点資源として指定されるリンクベースは,XML 文書でなければな

らない。

(XLink

応用は,付加的なリンクベースの位置を指定しそれを処理する他の方法を使用してもよい。)

リンクベースの弧の処理は,通常の弧の処理とよく似ているが,(リンクベースの弧の場合には,)たど

りは,後の使用のためにリンクを抽出することを目的として終点資源(リンクベース)をロードするのであ


19

X 4176

:2005

って,それを利用者に表示したり,他の処理を実行したりするのではない点が異なっている。その処理は,

XLink

応用が,利用者設定でリンクベースの弧のたどりを保留しなければならない点でも特殊になってい

る。

特に,リンクベースをロードするときには,XLink 応用は,始点資源が何であるかを見失わないように

することが望ましい。その始点資源を含む文書がロードされ,リンクベースの弧のたどりが活性化される

ときにはいつでも,応用は,リンクベースにアクセスし,その内部で見出される拡張リンクを抽出するこ

とが望ましい。抽出された資源が,ある範囲又は文字列範囲といった完全な XML 文書の一部の場合には,

抽出された部分に完全に含まれるこれらの拡張リンクだけが,利用可能となることが望ましい。

リンクベースの弧のたどりのタイミングは,その弧の actuate 属性の値に依存する。例えば,値が"onLoad"

の場合,リンクベースがロードされ,始点資源がロードされるとすぐにそのリンクが抽出される。リンク

ベースの弧の show 属性値は,無視されなければならない。これは,この場合には,たどりが表示を引き

起こさないことによる。

リンクベースは,他のリンクベースの弧の始点資源としても有用なので,連鎖になっていてもよい。最

初のリンクベースの弧を解釈する応用は,その連鎖の中で処理されるステップ数に制限をつけることを選

択してもよい。

応用は,リンクベースを処理した結果として取得される拡張リンクのリストを維持管理することが望ま

しいが,循環的な依存性が存在する場合には,重複する資源又はリンクを取得しないことが望ましい。

XLink

処理を容易にするために,文書作成者は,文書の始め付近にリンクベースの弧を定義しようとして

もよい。

例  記述指定の注記

次に,リンクベースの弧を提供するという点で特殊化された拡張リンクのための宣言の集合を

参考として示す。

<!ELEMENT basesloaded ((startrsrc|linkbase|load)*)>

<!ATTLIST basesloaded

  xlink:type      (extended)      #FIXED  "extended">

<!ELEMENT startrsrc EMPTY>

<!ATTLIST startrsrc

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT linkbase EMPTY>

<!ATTLIST linkbase

  xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT load EMPTY>

<!ATTLIST load


20

X 4176

:2005

  xlink:type      (arc)           #FIXED  "arc"

  xlink:arcrole   CDATA           #FIXED

"http://www.w3.org/1999/xlink/properties/linkbase"

  xlink:actuate   (onLoad

                  |onRequest

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:from      NMTOKEN         #IMPLIED

  xlink:to        NMTOKEN         #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。これは,指定文書がロ

ードされる場合に,その文書への注記であるリンクベースが同様に自動的にロードされることが

望ましく,指定文書の内部にあって,そのリンクベースの中で見出されるリンクの中の始点資源

として役に立つ任意の領域を見えるようにするために,指定文書全体の再レンダリングが必要に

なるであろうということを示している。

<basesloaded>

  <startrsrc xlink:label="spec" xlink:href="spec.xml" />

  <linkbase xlink:label="linkbase" xlink:href="linkbase.xml" />

  <load xlink:from="spec" xlink:to="linkbase" actuate="onLoad" />

</basesloaded>

次に,これらの宣言を使用する XML 文書が,リンクベースのロードを要求されている場合に,

どのようになるかを示す。今回は,始点資源は,

“Click here to reveal annotations.(注記を見えるよ

うにするためには,ここをクリックする。)”という文からなる。始点資源を先の例における場合

と同じ文書全体とすると,利用者がたどりを活性化できるようにするためには,確認のために対

話ボックスを表示するという振る舞いが自然と思われる。

<basesloaded>

  <startrsrc

    xlink:label="spec"

    xlink:href="spec.xml#string-range(//*,'Click  here  to  reveal

annotations.')" />

  <linkbase xlink:label="linkbase" xlink:href="linkbase.xml" />

  <load xlink:from="spec" xlink:to="linkbase" actuate="onRequest" />

</basesloaded>

5.2 

単純リンク(simple 型要素)  単純リンクとは,片方が局所であって他方が遠隔であるちょうど二つの

資源を,局所の資源から遠隔の資源へと向かう弧を用いて,関連付けるリンクとする。このように,単純

リンクは,常に外向きのリンクとする。

単純リンクの目的は,

等価な拡張リンクに対する簡便な短い記述とする。

単一の単純リンク付け要素は,

extended

型要素,locator 型要素,arc 型要素及び resource 型要素の基本機能を結合する。

図 は,単純リンクの特徴を示す。この単純リンクは,一つの局所の資源及び一つの遠隔の資源を関連

付け,局所の資源から遠隔の資源への単一のたどり弧を暗黙的に提供する。これは,例えば,クリックし

たときに,学生についての情報へと導びかれるテキストの中に現れている学生の名前を表現できる。


21

X 4176

:2005

  4  単純リンクの特徴

例  拡張リンクを用いて行われた単純リンクの機能

単純リンクは,拡張リンクによって,近似的に次の方法で表現できる。

<studentlink xlink:type="extended">

  <resource

    xlink:type="resource"

    xlink:label="local">Pat  Jones</resource>

  <locator

    xlink:type="locator"

    xlink:href="..."

    xlink:label="remote"

    xlink:role="..."

    xlink:title="..."  />

  <go

    xlink:type="arc"

    xlink:from="local"

    xlink:to="remote"

    xlink:arcrole="..."

    xlink:show="..."

    xlink:actuate="..."  />

</studentlink>

単純リンクは,(型及びラベル以外の)これらのすべての機能を単一の要素へと結合する。これらの機能

だけが必要な場合には,XLink の単純リンク付け要素が,拡張リンク付け要素の代替として利用できる。

単純リンクの(拡張リンクから)失われている機能は,次のとおり。

a)

任意個の局所の資源及び遠隔の資源を供給する。

b)

遠隔の資源から局所の資源への弧を指定する。

c)

表題を単一の固く結ばれた弧と関連付ける。

d)

役割又は表題を局所の資源と関連付ける。

e)

役割又は表題を全体としてリンクと関連付ける。


22

X 4176

:2005

単純リンクのための XLink 要素は,XLink 名前空間の中の,値が"simple"である type と呼ばれる属性を

もった任意の要素とする。先の拡張リンクの単純リンクによる等価なものは,次のとおりとなる。

<studentlink xlink:href="...">Pat Jones</studentlink>

simple

型要素は,任意の内容をもってよい。内容すべてを伴った simple 型要素は,それ自体,その要素

が resource 型要素であるものとして,リンクの局所の資源になる。simple 型要素が入れ子にされた XLink

要素を含む場合には,それら含まれる要素は,親リンクへの XLink 指定の関係をもたない。simple 型要素

が内容をもたないことは可能とする。リンクが要求時にたどられると期待される場合には,対話的な XLink

応用は,利用者にたどりを開始する方法を与えるために典型的には内容を生成する。

simple

型要素は,実効的には,locator 型要素から,位置指定子属性である href 並びに意味属性である role

及び title を取ってきて,更に arc 型要素から,振る舞い属性である show 及び actuate 並びに単一の意味属

性である arcrole を取ってくる。

simple

型要素が位置指定子(href)属性値をもたないことは誤りではない。値が提供されない場合,リンク

は,単にたどれないだけとする。そのようなリンクでも,例えば,XLink 属性を用いて特性を資源と関連

付けるために役立ち得る。

例 simple 型要素の宣言及びインスタンス

次に,simple 型要素のための宣言の集合を参考として示す。

<!ELEMENT studentlink ANY>

<!ATTLIST studentlink

  xlink:type      (simple)        #FIXED  "simple"

  xlink:href      CDATA           #IMPLIED

  xlink:role      NMTOKEN         #FIXED

"http://www.example.com/linkprops/student"

  xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  xlink:show      (new

                  |replace

                  |embed

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:actuate   (onLoad

                  |onRequest

                  |other

                  |none)          #IMPLIED>

次に,これらの宣言を使用する XML 要素がどのようになるかを示す。

..., and <studentlink xlink:href="students/patjones62.xml">Pat

Jones</studentlink> is popular around the student union.

5.3 XLink

要素型属性(type)  XLink 要素型を識別する属性は,type とする。

制約  type の値

type

属性の値は,供給されなければならない。値は,"simple","extended","locator","arc",

"resource"

,"title"又は"none"のうちの一つでなければならない。


23

X 4176

:2005

type

属性の値が"none"の場合,その要素は,Xlink 指定の意味をもたず,いかなる XLink に関係する内容

又は属性も,その要素との XLink 指定の関係をもたない。

例 type 属性の宣言

次に,simple 型を意図した要素における type のための属性リスト宣言を参考として示す。

<!ATTLIST xlink:simple

  xlink:type      (simple)        #FIXED  "simple"

  ...>

ある場合だけに XLink 要素として利用する要素に対しては,宣言は,次のとおりとするのがよい。この

場合,文書作成者は,(type の)値を,ある状況では"simple"に,他の状況では"none"に設定する。"none"の

使用は,XLink 応用が href 値の存在を検査することを避けるのを支援するときに役に立つかもしれない。

<!ATTLIST commandname

  xlink:type      (simple|none)   #REQUIRED

  xlink:href      CDATA           #IMPLIED>

5.4 

位置指定子属性(href)  XLink 応用が遠隔の資源(又は資源素片)を見つけることを可能にするデータ

を供給する属性は,href とする。それは,simple 型要素で使用されてもよく,locator 型要素で使用されな

ければならない。

href

属性の値は,[IETF RFC 2396]で定義されるとおりの URI 参照でなければならないか,又は次に示さ

れるエスケープ手続を適用した後に URI 参照にならなければならない。その手続は,URI 参照を URI の解

決器(解決を行うシステム)に渡すときに,適用される。

XML

で許されていても,URI 参照では許されない文字がある。許されない文字は,すべての非 ASCII

文字,及び[IETF RFC 2396]の 2.4 で一覧として示された除外された文字とする。ただし,番号記号(#)及び

パーセント記号(%),並びに[IETF RFC 2732]で再び許可された角括弧文字は例外であり,使ってもよい。

許されない文字は,次のとおりにエスケープしなければならない。

a)

各々の許されない文字は,UTF-8 [IETF RFC 2279]に変換し,1 バイト以上のバイト列にする。

b)

一つの許されない文字に対応するいかなるバイトをも,URI エスケープ機構によってエスケープする。

すなわち,各バイトは,%HH に変換される。ただし,HH はそのバイト値の 16 進記法とする。

c)

元の文字を,結果として生じる文字の列によって置き換える。

値が URI 参照であることを応用が検査することは実用的でないので,

これに関しては,

この規格は,

[IETF

RFC 2396]

に従い,XLink 応用にそれらの適合性要件を課すことはしない。

URI

参照が相対的な場合には,使用する前に,絶対的な URI 参照に置き換えたものを[XML Base]の手法

によって,計算しなければならない。

XML

資源への位置指定子に対して,(存在する場合には,)URI 参照内で使用される素片識別子のフォー

マットは,XPointer 規定[XPTR]によって指定される。

例 href 属性の宣言

次に,simple 型を意図した要素における href のための属性リスト宣言を参考として示す。

<!ATTLIST simplelink

  xlink:href      CDATA           #REQUIRED

  ...>


24

X 4176

:2005

5.5 

意味属性(rolearcrole 及び title)  リンクの文脈内にある資源の意味を記述する属性は,role,arcrole

及び title とする。role 属性は,extended 型要素,simple 型要素,locator 型要素及び resource 型要素で使用

してもよい。arcrole 属性は,arc 型要素及び simple 型要素で使用してもよい。title 属性は,要素のこれらの

型のすべてで使用してもよい。

role

属性又は arcrole 属性の値は,

[IETF RFC 2396]

で定義されるとおりに,

URI

参照でなければならない。

ただし,使用される URI 方式が相対的及び絶対的の両方の形式をもつことを許される場合には,URI 部分

は絶対的でなければならない。URI 参照は,意図した特性を記述する何らかの資源を識別する。値が供給

されない場合,特別な役割の値を推論しないほうがよい。これらの属性値における許されない URI 参照文

字は,5.4で示されるとおりに,特別に符号化されなければならない。

title

属性は,role 属性又は arcrole 属性と同様に,人間が読むことができる形式で,リンク又は資源の意

味を記述するために使用される(5.1.4参照)。値は任意選択とする。値が供給される場合は,それは,資源

を記述する文字列を含むことが望ましい。この情報の使用は,行われている処理の型に大いに依存する。

例えば,視覚に異常のある利用者が使用する応用に対して表題を利用可能にするために,リンクの表を作

成するために,又は利用者がマウスポインタを始点資源の上にのせるときに現れるヘルプテキストを表示

するために,使用してもよい。

例 role 属性及び title 属性の宣言

次に,simple 型を意図した要素における role 及び title のための属性リスト宣言を参考として示

す。

<!ATTLIST simplelink

  ...

  xlink:role      CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  ...>

次に,arc 型を意図した要素における arcrole 及び title のための属性リスト宣言を参考として示

す。

<!ATTLIST go

  ...

  xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

  xlink:title     CDATA           #IMPLIED

  ...>

5.6 

振る舞い属性(show 及び actuate)  振る舞い属性は,show 及び actuate とする。それらは,simple 型

要素及び arc 型要素において使用してよい。simple 型要素で使用される場合には,たどりのための振る舞

いの意図を,そのリンクの単一の遠隔の終点資源へと伝える。arc 型要素で使用される場合には,たどりの

ための振る舞いの意図を,その弧によって指定されるあらゆる終点資源へと伝える。

show

属性及び actuate 属性は,

必す(須)ではない。

それらが使用される場合には,適合する XLink 応用は,

それらの属性に 5.で規定される取扱いを与えることが望ましい。この取扱いに対しては厳しい要件(“しな

ければならない”と規定されているもの)は存在しない。これは,ブラウザなどの対話的応用に対して意味

のあるものは,ロボットなどの非対話的応用に対しては意味がないことが多いことによる。しかし,すべ

ての応用は,指定された振る舞いを無視するという示唆された方法を,異なる方法を選択する前に,考慮

することが望ましい。


25

X 4176

:2005

例 show 属性及び actuate 属性の宣言

次に,simple 型を意図する要素における show 及び actuate のための属性リスト宣言を参考とし

て示す。

<!ATTLIST simplelink

  xlink:type      (simple)        #FIXED  "simple"

  ...

  xlink:show      (new

                  |replace

                  |embed

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  xlink:actuate   (onLoad

                  |onRequest

                  |other

                  |none)          #IMPLIED

  ...>

リンクベースリストの中の arc 型要素に出会う応用は,他の値を設定されていても show="none"及び

actuate="onLoad"

と指定されているものとして,その要素の振る舞い属性を取り扱わなければならない。

5.6.1 show

属性  show 属性は,始点資源からのたどり上にある終点資源の望ましい表示を伝えるために

使用する。

制約  show の値

show

属性に対して値が供給される場合には,次の値,"new","replace","embed",及び"other"

の一つでなければならない。

適合 XLink 応用は,show 値に対して,次の取扱いを適用することが望ましい。

a)  "new"

  終点資源へとたどる応用は,新しいウィンドウ,フレーム,枠,又は他の意味のある表示文

脈の中に,その資源をロードすることが望ましい。これは,次の HTML 素片によって達成される効果

と類似する。

<A HREF="http://www.example.org" target="_blank">...</A>

b)  "replace"

  終点資源へとたどる応用は,始点資源がロードされたのと同じウィンドウ,フレーム,枠,

又は他の意味のある表示文脈の中に,その終点資源をロードすることが望ましい。これは,次の HTML

素片によって達成される効果と類似する。

<A HREF="http://www.example.org" target="_self">...</A>

c)

"embed"

  終点資源へとたどる応用は,始点資源の表示の位置にその表示をロードすることが望まし

い。これは,次の HTML 素片によって達成される効果と類似する。

<IMG SRC="http://www.example.org/smiley.gif" ALT=":-)">

始点資源の表示は,通常は,文書全体からは構成されない。文書のルート要素が単純リンクの場合

だけ,その表示は,文書全体とする。このように,埋込みは,通常は置換えとは異なる効果をもつ。

HTML

の IMG 要素に対するのと同じに,

埋込みは,

関連する資源の表示だけに影響する。

すなわち,

埋込みは,始点資源の永久的な変換を指示しない。言い換えると,埋め込まれた XLink を処理する場

合,リンクの終点資源をスタイル化した結果は,それが埋め込まれた資源をスタイル化した結果にマ


26

X 4176

:2005

ージされる。対照的に,XInclude 要素[XInclude]などの構成要素を解決する場合,元の XML は,実際

には,参照される内容を含むように変換される。

適合 XLink 応用の振る舞いは,XML に基づく([IETF RFC 2376]又は[IETF I-D XMT])終点資源を埋め

込む場合,この規格のこの版では定義しない。

埋め込まれた資源の表示は,応用依存とする。

d)  "other"

  終点資源へとたどる応用の振る舞いは,この規格によって制約されない。その応用は,適切

な振る舞いを決定するために,リンクの中に存在する他のマーク付けを探すことが望ましい。

e)

"none"

  終点資源へとたどる応用の振る舞いは,この規格よって制約されない。その応用が適切な振

る舞いを決定することを支援する他のマーク付けは存在しない。

資源の様々な位置に一連の文字列が並んでいるように,始点資源又は終点資源が複数の隣り合わない位

置(にあるもの)から成る場合,応用の振る舞いは,制約されない。XML 文書の一部の選択についての詳細

な情報は,[XPTR]にある。

備考  隣接しない終点資源をもつ応用の振る舞いには,各位置を強調する,各資源へと導く別々の弧

が存在するものとして利用者が位置を選択できる対話ボックスを生成する,表示のためにすべ

ての位置の内容を連結する,などが含まれる可能性があるかもしれない。隣接しない始点資源

をもつ応用の振る舞いは,連結及び一つの単位としてのレンダリングを含むかもしれないし,

又は隣接する部分の各々から出る一つの弧を生成するかもしれない。

5.6.2 actuate

属性  actuate 属性は,始点資源から終点資源へのたどりの望ましいタイミングを伝えるた

めに使用する。

制約  actuate の値

actuate

属性に対して値が供給される場合には,それは,"onLoad","onRequest","other"及び

"none"

の値のうちの一つでなければならない。

適合 XLink 応用は,actuate の値に対して次の取扱いを適用することが望ましい。

a)  "onLoad"

  応用は,始点資源をロードしたらすぐに終点資源へとたどることが望ましい。これは,利

用者エージェントが画像を表示するように構成されている場合に,次の HTML 素片によって通常達成

される効果に類似する。

<IMG SRC="http://www.example.org/smiley.gif" ALT=":-)">

振る舞いが show="replace" actuate="onLoad"に設定されている複数の弧を単一の資源が含む場合,応

用の振る舞いは,XLink によって制約されない。

b)  "onRequest"

  応用は,たどりを目的として誘発される(始点資源の)ロード後のイベント(の発生)のと

きだけ,始点資源から終点資源へとたどることが望ましい。それらイベントの例は,利用者が始点資

源の表示をクリックするとき,又はソフトウェアモジュールが切替えに先行するカウントダウンを終

了するとき,であるかもしれない。

c)

"other"

  終点資源へとたどる応用の振る舞いは,この規格によって制約されない。応用は,適切な振

る舞いを決定するために,リンクの中に存在する他のマーク付けを探すことが望ましい。

d)  "none"

  終点資源へとたどる応用の振る舞いは,この規格によって制約されない。応用が適切な振る

舞いを決定するのを支援するような他のマーク付けは存在しない。

5.7 

たどり属性(labelfrom 及び to)  たどり属性は,label,from 及び to とする。label 属性は,resource

型要素及び locator 型要素において使用してよい。from 属性及び to 属性は,arc 型要素において使用してよ

い。


27

X 4176

:2005

制約  labelfrom 及び to の値

label

属性,from 属性又は to 属性の値は,NCNameでなければならない。from 属性又は to 属

性に対して値が供給される場合,その値は,arc 型要素と同様に,同じ extended 型要素の内部

の直接の子として現れる locator 型要素又は resource 型要素における label 属性のための同じ値

に一致しなければならない。


28

X 4176

:2005

附属書 A(A.1-規定,A.2-参考)文献

この附属書の A.2 は,本体及び附属書に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

A.1 

引用規定

IETF I-D XMT

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 3023XML Media Types, 2001-01.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc3023.txt

を参照。)

IETF RFC 2396

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 2396Uniform Resource Identifiers, 1998-08.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc2396.txt

を参照。)

備考  TS X 0097:2004  統一資源識別子(URI)  共通構文  が,この規定に一致している。

IETF RFC 2279

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 2279, UTF-8, a transformation format of ISO 10646, 1998-01.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc2279.txt

を参照。)

IETF RFC 2376

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 2376, XML Media Types, 1998-07.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc2376.txt

を参照。)

IETF RFC 2732

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 2732Format for Literal IPv6 Addresses in URL's, 1999-12.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc2732.txt

を参照。)

XML

JIS X 4159:2002

  拡張可能なマーク付け言語(XML)

備考 W3C

Rec.

Extensible Markup Language (XML)1.0 (Second Edition), 2000-10

(http://www.w3.org/TR/2000/REC-xml-20001006

を参照。)  が,この規格に一致している。

IETF RFC 2119

IETF (Internet Engineering Task Force), RFC 2119Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels,

1997-03.

(http://www.ietf.org/rfc/rfc2119.txt

を参照。)

XML Base

W3C Rec. XML Base (XBase), 2001-06.

(http://www.w3.org/TR/2001/REC-xmlbase-20010627/

を参照。)

XML Names

JIS X 4158:2005

  XML 名前空間

備考 W3C

Rec.

Namespaces in XML, 1999-01 (http://www.w3.org/TR/1999/REC-xml-names-19990114/

参照。)  が,この規格に一致している。


29

X 4176

:2005

A.2 

参考文献

CHUM

Steven J. DeRose and David G. Durand. "The TEI Hypertext Guidelines", Computing and the Humanities 29 (3),

1995. Reprinted in Text Encoding Initiative: Background and Context, ed. Nancy Ide and Jean Ronis, ISBN

0-7923-3704-2.

Dexter

Halasz, Frank. "The Dexter Hypertext Reference Model", Communications of the Association for Computing 

Machinery, 37 (2), 30-39, 1994-02.

FRESS

Steven J. DeRose and Andries van Dam. "Document structure in the FRESS Hypertext System", Markup 

Languages, 1 (1), Winter Cambridge: MIT Press, 7-32, 1999.

(

詳細情報については,http://www.stg.brown.edu/~sjd/fress.htmlも参照。)

HTML

JIS X 4156:2005

  ハイパテキストマーク付け言語 (HTML)

備考  ISO/IEC 15445:2000 Information Technology 

  Document Description and Processing 

Languages-HyperText Markup Language (HTML), Corrected version

が,この規格に一致している。

参考 W3C

Rec.

HTML 4.01 Specification, 1999-12 (http://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/

を参照。)  が,この規格から引用されている。

Intermedia

Yankelovich, Nicole, Bernard J. Haan, Norman K. Meyrowitz and Steven M. Drucker. "Intermedia: The

Concept and the Construction of a Seamless Information Environment", IEEE Computer, 21, 81-96, 1988-01.

ISO/IEC 10744

JIS X 4155:1999

  ハイパメディア及び時間依存情報の構造化言語(HyTime)

備考  ISO/IEC 10744:1997 Information technology 

  Hypermedia/Time-based Structuring Language 

(HyTime) (http://www.y12.doe.gov/sgml/wg8/document/1920.htm

を参照。)  が,この規格に一致し

ている。

MicroCosm

Hall, Wendy, Hugh Davis, and Gerard Hutchings. Rethinking Hypermedia: The Microcosm Approach, Boston:

Kluwer Academic Publishers, ISBN 0-7923-9679-0, 1996.

OHS

van Ossenbruggen, Jacco, Anton Eliëns and Lloyd Rutledge. "The Role of XML in Open Hypermedia Systems",

Position paper for the 4th Workshop on Open Hypermedia Systems, ACM Hypertext '98.

(http://aue.auc.dk/~kock/OHS-HT98/Papers/ossenbruggen.html

を参照。)

RDF

W3C Rec. Resource Description Framework (RDF) Model and Syntax Specification, 1999-02.

(http://www.w3.org/TR/1999/REC-rdf-syntax-19990222/

を参照。)

TEI

C. M. Sperberg-McQueen and Lou Burnard. "Guidelines for Electronic Text Encoding and Interchange",

Association for Computers and the Humanities (ACH), Association for Computational Linguistics (ACL), and

Association for Literary and Linguistic Computing (ALLC), Chicago, Oxford: Text Encoding Initiative, 1994.


30

X 4176

:2005

XIS

W3C CR, XML Information Set. World Wide Web Consortium, 2001-05.

(http://www.w3.org/TR/2001/CR-xml-infoset-20010514/

を参照。)

XLinkToRDF

W3C NOTE, Harvesting RDF Statements from XLinks, 2000-09.

(http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-xlink2rdf-20000929/

を参照。)

XLinkNaming

W3C NOTE, XLink Markup Name Control, 2000-12.

(http://www.w3.org/TR/2000/NOTE-xlink-naming-20001220/

を参照。)

XInclude

W3C WD, XML Inclusions (XInclude) Version 1.0, 2001-05.

(http://www.w3.org/TR/2001/WD-xinclude-20010516/

を参照。)

XLREQ

W3C NOTE, XML XLink Requirements Version 1.0, 1999-02.

(http://www.w3.org/TR/1999/NOTE-xlink-req-19990224/

を参照。)

XLDP

W3C NOTE, XML Linking Language (XLink) Design Principles, 1998-03.

(http://www.w3.org/TR/1998/NOTE-xlink-principles-19980303

を参照。)

XPTR

W3C WD, XML Pointer Language (XPointer) V1.0, 2001-01.

(http://www.w3.org/TR/2001/WD-xptr-20010108/

を参照。)


31

X 4176

:2005

附属書 B(参考)DTD の例

この附属書は,本体及び附属書に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

次の DTD では,この規格が振る舞いを規定していないすべての XLink 構成要素は,無効とする。これ

は,応用開発者の利便性だけのために用意されており,参考とする。

この DTD は,次の仮定に基づいている。

a) XLink

で定義された意味をもつ構成要素だけが許される。

b) DTD

は,名前空間と一緒にすると適切に動作しないので,

“外部からの”語い(彙)は混在しない。

c) ANY

の使用は,何らかの方法で XLink が使用する要素の中で提供される内容が通常は存在すること

を意味する。

d)  (title*)

構成要素の使用は,提供される非 title 内容が XLink が定義しない使用法をもつことを意味

する。

e)

要素は,それが表す XLink 要素型に基づいて命名される。

他の仮定及び条件は,DTD の中に注釈として示す。

<!ELEMENT simple ANY>

<!ATTLIST simple

   xlink:type      (simple)        #FIXED  "simple"

   xlink:href      CDATA           #IMPLIED

   xlink:role      CDATA           #IMPLIED

   xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

   xlink:title     CDATA           #IMPLIED

   xlink:show      (new

                   |replace

                   |embed

                   |other

                   |none)          #IMPLIED

   xlink:actuate   (onLoad

                   |onRequest

                   |other

                   |none)          #IMPLIED>

<!ELEMENT extended ((title|resource|locator|arc)*)>

<!ATTLIST extended

   xmlns:xlink     CDATA           #FIXED

"http://www.w3.org/1999/xlink"

   xlink:type      (extended)      #FIXED  "extended"

   xlink:role      CDATA           #IMPLIED


32

X 4176

:2005

   xlink:title     CDATA           #IMPLIED>

<!ELEMENT title ANY>

<!-- xml:lang is not required, but provides much of the motivation

      for title elements in addition to attributes, and so is provided

      here  for  convenience  -->

<!ATTLIST title

   xlink:type      (title)         #FIXED  "title"

   xml:lang        CDATA           #IMPLIED>

<!ELEMENT resource ANY>

<!ATTLIST resource

   xlink:type      (resource)      #FIXED  "resource"

   xlink:role      CDATA           #IMPLIED

   xlink:title     CDATA           #IMPLIED

   xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT locator (title*)>

<!-- label is not required, but locators have no particular XLink

     function if they are not labeled -->

<!ATTLIST locator

   xlink:type      (locator)       #FIXED  "locator"

   xlink:href      CDATA           #REQUIRED

   xlink:role      CDATA           #IMPLIED

   xlink:title     CDATA           #IMPLIED

   xlink:label     NMTOKEN         #IMPLIED>

<!ELEMENT arc (title*)>

<!-- from and to have default behavior when values are missing -->

<!ATTLIST arc

   xlink:type      (arc)           #FIXED  "arc"

   xlink:arcrole   CDATA           #IMPLIED

   xlink:title     CDATA           #IMPLIED

   xlink:show      (new

                   |replace

                   |embed

                   |other

                   |none)          #IMPLIED

   xlink:actuate   (onLoad

                   |onRequest


33

X 4176

:2005

                   |other

                   |none)          #IMPLIED

   xlink:from      NMTOKEN         #IMPLIED

   xlink:to        NMTOKEN         #IMPLIED>


34

X 4176

:2005

附属書 C(参考)W3C の作業グループメンバ及び貢献者

この附属書は,本体及び附属書に関連する事柄を補足するもので,規定の一部ではない。

この規格の原規定は,XML リンク付け作業グループで作成され,次のメンバが原規定を審議した。

−  Peter Chen, LSU, Bootstrap Alliance

−  Ron Daniel, Interwoven

−  Steve DeRose, Brown University Scholarly Technology Group (XLink 共同編者)

−  David Durand, University of Southhampton, Dynamic Diagrams

−  Masatomo Goto, Fujitsu Laboratories

−  Paul Grosso, Arbortext

−  Chris Maden, Lexica

−  Eve Maler, Sun Microsystems (共同議長及び XLink 共同編者)

−  Jonathan Marsh, Microsoft

−  David Orchard, Jamcracker (XLink 共同編者)

−  Henry S. Thompson, University of Edinburgh, W3C

−  Daniel Veillard, W3C staff contact (共同議長)

編集者は,以前の共同議長及び共同編者だった Tim Bray,並びに以前の共同編集者だった Ben Trafford

の重要な貢献に感謝したい。さらに,XArc 提案を書いた Gabe Beged-Dov の重要な貢献にも感謝したい。

最後に,協力してくれた XML リンク付けの関心者グループ及び作業グループ,並びにこのグループの議

長を助け,原規定を公表する直前の数箇月の間に問合せ先を引き受けてくれた Henry Thompson にも感謝

したい。