>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 4153

:2002 (ISO/IEC 10179:1996/Cor.1:2001)

(1) 

まえがき

この追補は,2001 年に発行された ISO/IEC 10179:1996, Document Style Semantics and Specification

Language (DSSSL)

の Technical Corrigendum 1  を翻訳し、技術的内容を変更することなく作成した日本工業

規格の追補である。


日本工業規格

JIS

 X

4153

:2002

(ISO/IEC 10179

:1996

/Cor.1

:2001

)

文書スタイル意味指定言語 (DSSSL)

(追補1)

Document Style Semantics and Specification Language (DSSSL)

(Amendment 1)

序文  この追補は,ISO/IEC 10179:1996,Document Style Semantics and Specification Language (DSSSL)に対

して,2001 年に発行された  Technical Corrigendum 1 を翻訳し,技術的内容及び規格票の様式を変更するこ

となく JIS X 4153:2002 追補 1 として発行されたものである。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある“参考”は,原国際規格にはない事項である。

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。なお,  対応の程度を表す記号は, ISO/IEC Guide21 に基づ

き, IDT(一致している), MOD(修正している), NEQ(同等ではない)とする。  ISO/IEC 10179:1996

[Information Technology — Document Description and Processing Languages — Document Style

Semantics ans Specification Language (DSSSL) Technical Corrigendum 1] (IDT)

JIS X 4153:1998

を,次のとおりに改正する。

技術訂正  この追補 1 は, ISO/IEC 10179:1996(JIS X 4153:1998)の誤りを訂正する。いくつかの拡張,例え

ば , 追 加 の 流 し 込 み オ ブ ジ ェ ク ト ク ラ ス , 追 加 の フ ォ ー マ ッ ト 領 域 , 及 び 別 の 構 文 は ,  ISO/IEC 

10179:1996/Amd.1

で扱う。

参考  原規格の Technical Corrigendum 1 には, ISO/IEC 10179:1996 を翻訳して JIS X 4153:1998 を作成

する際に明らかになった誤りに対する訂正が含まれる。それらの誤りの幾つかは,  既に訂正さ

れて JIS X 4153:1998 の規定を構成している。そこで,  既に JIS X 4153:1998 に反映済みの技術

訂正に関しては,  参考としてその旨を明らかにする。

a)  4.35

  次の備考を追加する。 

備考 1.5  部分木は,  ノード集合とその各要素の子の集合との和をとり,  要素の重複を取り除く手続きを,

根ノードを一つだけ含む集合に適用して,  手続きの入力となる集合の要素数と出力となる要素数とが等し

くなるまで,  その出力への手続き適用を繰り返して得られるノード集合。

参考  この訂正は,  既に JIS X 4153:1998 に反映されているが, "参考"を"備考 1.5"に変更する。

b)  5.2

  箇条 a)∼g)に次の項目を追加する。 

h) string:

文字列

参考  この訂正は,  既に JIS X 4153:1998 に反映されている。


X 4153

:2002 (ISO/IEC 10179:1996/Cor.1:2001)

(2) 

c)

8.2.1

  最終段落の句"又は割当て(, or assignment of,)"を削除する。 

参考  この訂正は,  既に JIS X 4153:1998 に反映されている。

d)  8.3.1.4

  例 11 の最初の式の結果において, "(3 4 5 6)"を"3"に変更する。 

e)

8.3.2.5

  let*-expression に続く段落において, "節 binding-spec の終わり(right of the binding-spec)"を"式

body

の終わり(the end of the body)"に変更する。 

f)

8.5.7.4

  最終段落において, "数値名に(with the number name raised)"を"単位名に(with the unit name

raised)"

に変更する。 

参考  この訂正は,  既に JIS X 4153:1998 に反映されている。

g)

12.5.2

  箇条の最初の項目として,次を加える。 

(length-spec? obj)

h)  12.6.6

  特質 asis-wrap-indent:における初期値として, "#f"を"0pt"に変更する。 

参考  この訂正は,  既に JIS X 4153:1998 に反映されている。

特質 expand-tabs?:において, "expand-tabs?:"を"expand-tabs:"に変更する。

i)

12.6.6

  特質 line-number-side:の最後の規定として, "初期値は, start とする。"を追加する。 

特質 line-number-sep:の最後の規定として, "初期値は,  一つの空きとする。"を追加する。

特質 last-line-justify-limit:の初期値として, "0"を"0pt"に変更する。

j)

12.6.18

  特質 line-miter-limit:を削除する。 

k)  12.6.26.1

  最後の段落の直前に次の特質を追加する。 

b)

特質 keep-with-previous?:

c)

特質 keep-with-next?:

d)

特質 keep:

e)

特質 may-violate-keep-before?:

f)

特質 may-violate-keep-after?:

l)

12.6.27.7

  特質 border-priority:の最後の規定として,  次を追加する。   

table-border

の境界線及び cell-border の境界線が等しい優先度で競合している場合,table-border の境界線

が勝つ。特質 border-present?:が#t である境界線及び特質 border-present?:が#f である境界線が等しい優先度

で競合している場合は,border-present?:が#t である境界線が勝つ。