>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

144
X 4051:2004

附属書

4

1

 

T-

1

A

6

文字

サイズ

8

42

16

行間

6

世 の 中 に は 、 何 と も 頭 の い い 人 が い る も の だ 。 身 の ま わ り に あ る あ り き た り の 道 具 を 組 み 合

わ せ て 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い み ち を 考 え 出 す 。 た と え ば 番 号 式 に な っ て い る 自 転 車

用 の チ ェ ー ン 鍵 と 新 幹 線 。 こ の ふ た つ を 組 み 合 わ せ て み よ う 。

あ る 人 が 東 京 駅 で 入 場 券 を 買 っ て 、 新 大 阪 行 き の 新 幹 線 の 網 棚 に 荷 物 を 置 き 、 番 号 式 の 自 転

車 の 鍵 を か け る 。 そ し て 大 阪 の 知 人 に 電 話 を し て こ う 言 う の だ 。 ﹁ ひ か り ○ ○ 号 の × 号 車 の 一

番 A 席 の 網 棚 に 、 こ れ こ れ の 番 号 の 鍵 で 荷 物 を 乗 せ た ﹂ と 。 あ と は 新 大 阪 で も 入 場 券 で 入 り 、

電 話 で 聞 い た 暗 証 番 号 で 鍵 を は ず し 、 荷 物 を 受 け 取 る 。 東 京 ︲ 大 阪 間 三 時 間 足 ら ず の 超 特 急 便

の で き あ が り で あ る 。 か か っ た コ ス ト は 電 話 代 と ふ た り 分 の 入 場 券 の み 。 ア イ デ ィ ア の 勝 利 で

あ る 。

こ の や り 方 、 一 時 は 水 面 下 で か な り 使 わ れ て い た ら し い 。 社 内 便 と し て 使 っ て い た 企 業 も あ

れ ば 、 商 業 的 に 超 特 急 便 サ ー ビ ス を し て い た 会 社 も あ る と い う 。 さ す が の J R も こ れ に 気 が つ

き 、 取 り 締 ま る よ う に な っ て い る 。 格 安 の 超 特 急 便 を 使 う こ と は で き な く な っ た 。 し か し 、

ち ょ っ と し た ア イ デ ィ ア が 、 も と の 道 具 の 用 途 か ら は 想 像 も つ か な い よ う な 効 果 を 生 む わ け だ 。

イ ン タ ー ネ ッ ト の 歩 み は 、 こ の 超 格 安 新 幹 線 便 と そ っ く り だ と 思 う 。

新 幹 線 を 開 発 し た 人 も 、 番 号 式 の 自 転 車 の 鍵 を 作 っ た 人 も 、 ま さ か 超 格 安 便 に 自 分 た ち の 成

果 が 使 わ れ よ う と は 、 夢 に も 思 わ な か っ た だ ろ う 。 そ れ と 同 じ よ う に 、 A R P A ネ ッ ト を 作 っ

た 人 か ら 見 れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト は 予 期 せ ざ る い わ ば 奇 想 天 外 な 結 末 な の で あ る 。

い っ た ん 技 術 が 実 用 に 供 さ れ 始 め る と 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い 方 を 考 え つ く 人 が 出

て く る 。 J R の よ う に そ れ を 取 り 締 ま っ て し ま え ば 、 せ っ か く の ア イ デ ィ ア も そ こ で 終 わ り だ

が ︵ そ し て も ち ろ ん 、 J R が 網 棚 の 超 特 急 便 を 取 り 締 ま っ た の は し ご く 当 然 の こ と だ と は 思 う

が ︶ 、 そ の ア イ デ ィ ア を お も し ろ い 、 と 考 え 、 そ れ を さ ら に 発 展 さ せ て み る 、 と い う ア プ ロ ー チ

を 取 る と 、 誰 も が 予 測 で き な い ほ ど の 結 果 を も た ら す こ と が あ る 。

A R P A は 後 者 を 選 ん だ 。 す な わ ち 、 少 々 い か が わ し く は あ る が 、 利 用 者 に と っ て は と て も

魅 力 的 な 使 い 方 を 取 り 締 ま る の で は な く 、 む し ろ 積 極 的 に 許 容 し た 。 こ れ が イ ン タ ー ネ ッ ト 成

功 の 秘 密 だ と い っ て も 過 言 で は な い 。

お も し ろ い ア イ デ ィ ア が 、 ま た ﹁ そ れ を も っ と 発 展 さ せ て み た ら ど う な る だ ろ う ﹂ と い う 次

の 実 験 を 生 む 。 本 書 の 用 語 で い え ば 、 ﹁ コ ン ヴ ィ ヴ ィ ア ル な 実 験 ﹂ を 繰 り 返 す う ち に 、 と ん で も

な く 効 率 的 で 魅 力 の あ る 新 し い シ ス テ ム が で き あ が っ て き た 。 A R P A ネ ッ ト の 実 験 が や が て

イ ン タ ー ネ ッ ト へ と 発 展 し て き た 過 程 は 、 こ ん な 流 れ だ っ た の で あ る 。

イ ン タ ー ネ ッ ト と 政 策 課 題 に つ い て 取 り 上 げ る 本 章 の 冒 頭 か ら 、 い き な り 新 幹 線 便 の 話 を 出

し た の に は 理 由 が あ る 。 政 策 課 題 と い う と 、 ど う し て も 目 標 に 向 け て も っ と も 効 率 的 に 進 ん で

い く た め の 方 策 は 何 か 、 と い う よ う な 方 向 に 考 え が 向 い て し ま う 。 そ れ で は 必 ず し も う ま く い

��

��

3

インターネットブームと政策課題


145

X 4051:2004

附属書

4

2

 

T-

2

新書判

文字

サイズ

9

42

15

行間

6

世 の 中 に は 、 何 と も 頭 の い い 人 が い る も の だ 。 身 の ま わ り に あ る あ り き た り の 道 具 を 組 み 合

わ せ て 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い み ち を 考 え 出 す 。 た と え ば 番 号 式 に な っ て い る 自 転 車
用 の チ ェ ー ン 鍵 と 新 幹 線 。 こ の ふ た つ を 組 み 合 わ せ て み よ う 。

あ る 人 が 東 京 駅 で 入 場 券 を 買 っ て 、 新 大 阪 行 き の 新 幹 線 の 網 棚 に 荷 物 を 置 き 、 番 号 式 の 自 転

車 の 鍵 を か け る 。 そ し て 大 阪 の 知 人 に 電 話 を し て こ う 言 う の だ 。 ﹁ ひ か り ○ ○ 号 の × 号 車 の 一
番 A 席 の 網 棚 に 、 こ れ こ れ の 番 号 の 鍵 で 荷 物 を 乗 せ た ﹂ と 。 あ と は 新 大 阪 で も 入 場 券 で 入 り 、
電 話 で 聞 い た 暗 証 番 号 で 鍵 を は ず し 、 荷 物 を 受 け 取 る 。 東 京 ︲ 大 阪 間 三 時 間 足 ら ず の 超 特 急 便
の で き あ が り で あ る 。 か か っ た コ ス ト は 電 話 代 と ふ た り 分 の 入 場 券 の み 。 ア イ デ ィ ア の 勝 利 で
あ る 。

こ の や り 方 、 一 時 は 水 面 下 で か な り 使 わ れ て い た ら し い 。 社 内 便 と し て 使 っ て い た 企 業 も あ

れ ば 、 商 業 的 に 超 特 急 便 サ ー ビ ス を し て い た 会 社 も あ る と い う 。 さ す が の J R も こ れ に 気 が つ
き 、 取 り 締 ま る よ う に な っ て い る 。 格 安 の 超 特 急 便 を 使 う こ と は で き な く な っ た 。 し か し 、
ち ょ っ と し た ア イ デ ィ ア が 、 も と の 道 具 の 用 途 か ら は 想 像 も つ か な い よ う な 効 果 を 生 む わ け だ 。

イ ン タ ー ネ ッ ト の 歩 み は 、 こ の 超 格 安 新 幹 線 便 と そ っ く り だ と 思 う 。
新 幹 線 を 開 発 し た 人 も 、 番 号 式 の 自 転 車 の 鍵 を 作 っ た 人 も 、 ま さ か 超 格 安 便 に 自 分 た ち の 成

果 が 使 わ れ よ う と は 、 夢 に も 思 わ な か っ た だ ろ う 。 そ れ と 同 じ よ う に 、 A R P A ネ ッ ト を 作 っ
た 人 か ら 見 れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト は 予 期 せ ざ る い わ ば 奇 想 天 外 な 結 末 な の で あ る 。

い っ た ん 技 術 が 実 用 に 供 さ れ 始 め る と 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い 方 を 考 え つ く 人 が 出

て く る 。 J R の よ う に そ れ を 取 り 締 ま っ て し ま え ば 、 せ っ か く の ア イ デ ィ ア も そ こ で 終 わ り だ
が ︵ そ し て も ち ろ ん 、 J R が 網 棚 の 超 特 急 便 を 取 り 締 ま っ た の は し ご く 当 然 の こ と だ と は 思 う
が ︶ 、 そ の ア イ デ ィ ア を お も し ろ い 、 と 考 え 、 そ れ を さ ら に 発 展 さ せ て み る 、 と い う ア プ ロ ー チ
を 取 る と 、 誰 も が 予 測 で き な い ほ ど の 結 果 を も た ら す こ と が あ る 。

A R P A は 後 者 を 選 ん だ 。 す な わ ち 、 少 々 い か が わ し く は あ る が 、 利 用 者 に と っ て は と て も

魅 力 的 な 使 い 方 を 取 り 締 ま る の で は な く 、 む し ろ 積 極 的 に 許 容 し た 。 こ れ が イ ン タ ー ネ ッ ト 成
功 の 秘 密 だ と い っ て も 過 言 で は な い 。

お も し ろ い ア イ デ ィ ア が 、 ま た ﹁ そ れ を も っ と 発 展 さ せ て み た ら ど う な る だ ろ う ﹂ と い う 次

の 実 験 を 生 む 。 本 書 の 用 語 で い え ば 、 ﹁ コ ン ヴ ィ ヴ ィ ア ル な 実 験 ﹂ を 繰 り 返 す う ち に 、 と ん で も
な く 効 率 的 で 魅 力 の あ る 新 し い シ ス テ ム が で き あ が っ て き た 。 A R P A ネ ッ ト の 実 験 が や が て
イ ン タ ー ネ ッ ト へ と 発 展 し て き た 過 程 は 、 こ ん な 流 れ だ っ た の で あ る 。

イ ン タ ー ネ ッ ト と 政 策 課 題 に つ い て 取 り 上 げ る 本 章 の 冒 頭 か ら 、 い き な り 新 幹 線 便 の 話 を 出

��

3

インターネットブームと政策課題

��


146
X 4051:2004

附属書

4

3

 

T-

3

B

6

文字

サイズ

9

43

16

行間

8

世 の 中 に は 、 何 と も 頭 の い い 人 が い る も の だ 。 身 の ま わ り に あ る あ り き た り の 道 具 を 組 み 合 わ

せ て 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い み ち を 考 え 出 す 。 た と え ば 番 号 式 に な っ て い る 自 転 車 用 の

チ ェ ー ン 鍵 と 新 幹 線 。 こ の ふ た つ を 組 み 合 わ せ て み よ う 。

あ る 人 が 東 京 駅 で 入 場 券 を 買 っ て 、 新 大 阪 行 き の 新 幹 線 の 網 棚 に 荷 物 を 置 き 、 番 号 式 の 自 転 車

の 鍵 を か け る 。 そ し て 大 阪 の 知 人 に 電 話 を し て こ う 言 う の だ 。 ﹁ ひ か り ○ ○ 号 の × 号 車 の 一 番 A

席 の 網 棚 に 、 こ れ こ れ の 番 号 の 鍵 で 荷 物 を 乗 せ た ﹂ と 。 あ と は 新 大 阪 で も 入 場 券 で 入 り 、 電 話 で

聞 い た 暗 証 番 号 で 鍵 を は ず し 、 荷 物 を 受 け 取 る 。 東 京 ︲ 大 阪 間 三 時 間 足 ら ず の 超 特 急 便 の で き あ

が り で あ る 。 か か っ た コ ス ト は 電 話 代 と ふ た り 分 の 入 場 券 の み 。 ア イ デ ィ ア の 勝 利 で あ る 。

こ の や り 方 、 一 時 は 水 面 下 で か な り 使 わ れ て い た ら し い 。 社 内 便 と し て 使 っ て い た 企 業 も あ れ

ば 、 商 業 的 に 超 特 急 便 サ ー ビ ス を し て い た 会 社 も あ る と い う 。 さ す が の J R も こ れ に 気 が つ き 、

取 り 締 ま る よ う に な っ て い る 。 格 安 の 超 特 急 便 を 使 う こ と は で き な く な っ た 。 し か し 、 ち ょ っ と

し た ア イ デ ィ ア が 、 も と の 道 具 の 用 途 か ら は 想 像 も つ か な い よ う な 効 果 を 生 む わ け だ 。

イ ン タ ー ネ ッ ト の 歩 み は 、 こ の 超 格 安 新 幹 線 便 と そ っ く り だ と 思 う 。

新 幹 線 を 開 発 し た 人 も 、 番 号 式 の 自 転 車 の 鍵 を 作 っ た 人 も 、 ま さ か 超 格 安 便 に 自 分 た ち の 成 果

が 使 わ れ よ う と は 、 夢 に も 思 わ な か っ た だ ろ う 。 そ れ と 同 じ よ う に 、 A R P A ネ ッ ト を 作 っ た 人

か ら 見 れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト は 予 期 せ ざ る い わ ば 奇 想 天 外 な 結 末 な の で あ る 。

い っ た ん 技 術 が 実 用 に 供 さ れ 始 め る と 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い 方 を 考 え つ く 人 が 出 て

く る 。 J R の よ う に そ れ を 取 り 締 ま っ て し ま え ば 、 せ っ か く の ア イ デ ィ ア も そ こ で 終 わ り だ が ︵ そ

し て も ち ろ ん 、 J R が 網 棚 の 超 特 急 便 を 取 り 締 ま っ た の は し ご く 当 然 の こ と だ と は 思 う が ︶ 、 そ の

ア イ デ ィ ア を お も し ろ い 、 と 考 え 、 そ れ を さ ら に 発 展 さ せ て み る 、 と い う ア プ ロ ー チ を 取 る と 、

誰 も が 予 測 で き な い ほ ど の 結 果 を も た ら す こ と が あ る 。

A R P A は 後 者 を 選 ん だ 。 す な わ ち 、 少 々 い か が わ し く は あ る が 、 利 用 者 に と っ て は と て も 魅

力 的 な 使 い 方 を 取 り 締 ま る の で は な く 、 む し ろ 積 極 的 に 許 容 し た 。 こ れ が イ ン タ ー ネ ッ ト 成 功 の

秘 密 だ と い っ て も 過 言 で は な い 。

お も し ろ い ア イ デ ィ ア が 、 ま た ﹁ そ れ を も っ と 発 展 さ せ て み た ら ど う な る だ ろ う ﹂ と い う 次 の

実 験 を 生 む 。 本 書 の 用 語 で い え ば 、 ﹁ コ ン ヴ ィ ヴ ィ ア ル な 実 験 ﹂ を 繰 り 返 す う ち に 、 と ん で も な く

効 率 的 で 魅 力 の あ る 新 し い シ ス テ ム が で き あ が っ て き た 。 A R P A ネ ッ ト の 実 験 が や が て イ ン

タ ー ネ ッ ト へ と 発 展 し て き た 過 程 は 、 こ ん な 流 れ だ っ た の で あ る 。

イ ン タ ー ネ ッ ト と 政 策 課 題 に つ い て 取 り 上 げ る 本 章 の 冒 頭 か ら 、 い き な り 新 幹 線 便 の 話 を 出 し

た の に は 理 由 が あ る 。 政 策 課 題 と い う と 、 ど う し て も 目 標 に 向 け て も っ と も 効 率 的 に 進 ん で い く

た め の 方 策 は 何 か 、 と い う よ う な 方 向 に 考 え が 向 い て し ま う 。 そ れ で は 必 ず し も う ま く い か な い

の で は な い か 、 と い う と こ ろ か ら 出 発 す る た め に 、 意 表 を 突 い た 目 的 外 の ア イ デ ィ ア の こ と を 紹

��

3

インターネットブームと政策課題

��


147

X 4051:2004

附属書

4

4

 

T-

4

四六判

文字

サイズ

9

44

16

行間

8

世 の 中 に は 、 何 と も 頭 の い い 人 が い る も の だ 。 身 の ま わ り に あ る あ り き た り の 道 具 を 組 み 合 わ せ

て 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い み ち を 考 え 出 す 。 た と え ば 番 号 式 に な っ て い る 自 転 車 用 の

チ ェ ー ン 鍵 と 新 幹 線 。 こ の ふ た つ を 組 み 合 わ せ て み よ う 。

あ る 人 が 東 京 駅 で 入 場 券 を 買 っ て 、 新 大 阪 行 き の 新 幹 線 の 網 棚 に 荷 物 を 置 き 、 番 号 式 の 自 転 車 の

鍵 を か け る 。 そ し て 大 阪 の 知 人 に 電 話 を し て こ う 言 う の だ 。 ﹁ ひ か り ○ ○ 号 の × 号 車 の 一 番 A 席 の

網 棚 に 、 こ れ こ れ の 番 号 の 鍵 で 荷 物 を 乗 せ た ﹂ と 。 あ と は 新 大 阪 で も 入 場 券 で 入 り 、 電 話 で 聞 い た

暗 証 番 号 で 鍵 を は ず し 、 荷 物 を 受 け 取 る 。 東 京 ︲ 大 阪 間 三 時 間 足 ら ず の 超 特 急 便 の で き あ が り で あ

る 。 か か っ た コ ス ト は 電 話 代 と ふ た り 分 の 入 場 券 の み 。 ア イ デ ィ ア の 勝 利 で あ る 。

こ の や り 方 、 一 時 は 水 面 下 で か な り 使 わ れ て い た ら し い 。 社 内 便 と し て 使 っ て い た 企 業 も あ れ ば 、

商 業 的 に 超 特 急 便 サ ー ビ ス を し て い た 会 社 も あ る と い う 。 さ す が の J R も こ れ に 気 が つ き 、 取 り 締

ま る よ う に な っ て い る 。 格 安 の 超 特 急 便 を 使 う こ と は で き な く な っ た 。 し か し 、 ち ょ っ と し た ア イ

デ ィ ア が 、 も と の 道 具 の 用 途 か ら は 想 像 も つ か な い よ う な 効 果 を 生 む わ け だ 。

イ ン タ ー ネ ッ ト の 歩 み は 、 こ の 超 格 安 新 幹 線 便 と そ っ く り だ と 思 う 。

新 幹 線 を 開 発 し た 人 も 、 番 号 式 の 自 転 車 の 鍵 を 作 っ た 人 も 、 ま さ か 超 格 安 便 に 自 分 た ち の 成 果 が

使 わ れ よ う と は 、 夢 に も 思 わ な か っ た だ ろ う 。 そ れ と 同 じ よ う に 、 A R P A ネ ッ ト を 作 っ た 人 か ら

見 れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト は 予 期 せ ざ る い わ ば 奇 想 天 外 な 結 末 な の で あ る 。

い っ た ん 技 術 が 実 用 に 供 さ れ 始 め る と 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い 方 を 考 え つ く 人 が 出 て く

る 。 J R の よ う に そ れ を 取 り 締 ま っ て し ま え ば 、 せ っ か く の ア イ デ ィ ア も そ こ で 終 わ り だ が ︵ そ し

て も ち ろ ん 、 J R が 網 棚 の 超 特 急 便 を 取 り 締 ま っ た の は し ご く 当 然 の こ と だ と は 思 う が ︶ 、 そ の ア イ

デ ィ ア を お も し ろ い 、 と 考 え 、 そ れ を さ ら に 発 展 さ せ て み る 、 と い う ア プ ロ ー チ を 取 る と 、 誰 も が

予 測 で き な い ほ ど の 結 果 を も た ら す こ と が あ る 。

A R P A は 後 者 を 選 ん だ 。 す な わ ち 、 少 々 い か が わ し く は あ る が 、 利 用 者 に と っ て は と て も 魅 力

的 な 使 い 方 を 取 り 締 ま る の で は な く 、 む し ろ 積 極 的 に 許 容 し た 。 こ れ が イ ン タ ー ネ ッ ト 成 功 の 秘 密

だ と い っ て も 過 言 で は な い 。

お も し ろ い ア イ デ ィ ア が 、 ま た ﹁ そ れ を も っ と 発 展 さ せ て み た ら ど う な る だ ろ う ﹂ と い う 次 の 実

験 を 生 む 。 本 書 の 用 語 で い え ば 、 ﹁ コ ン ヴ ィ ヴ ィ ア ル な 実 験 ﹂ を 繰 り 返 す う ち に 、 と ん で も な く 効 率

的 で 魅 力 の あ る 新 し い シ ス テ ム が で き あ が っ て き た 。 A R P A ネ ッ ト の 実 験 が や が て イ ン タ ー ネ ッ

ト へ と 発 展 し て き た 過 程 は 、 こ ん な 流 れ だ っ た の で あ る 。

イ ン タ ー ネ ッ ト と 政 策 課 題 に つ い て 取 り 上 げ る 本 章 の 冒 頭 か ら 、 い き な り 新 幹 線 便 の 話 を 出 し た

の に は 理 由 が あ る 。 政 策 課 題 と い う と 、 ど う し て も 目 標 に 向 け て も っ と も 効 率 的 に 進 ん で い く た め

の 方 策 は 何 か 、 と い う よ う な 方 向 に 考 え が 向 い て し ま う 。 そ れ で は 必 ず し も う ま く い か な い の で は

な い か 、 と い う と こ ろ か ら 出 発 す る た め に 、 意 表 を 突 い た 目 的 外 の ア イ デ ィ ア の こ と を 紹 介 し た の

��

3

��

世 の 中 に は 、 何 と も 頭 の い い 人 が い る も の だ 。 身 の ま わ り に あ る あ り き た り の 道 具 を 組 み 合 わ せ

て 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い み ち を 考 え 出 す 。 た と え ば 番 号 式 に な っ て い る 自 転 車 用 の

チ ェ ー ン 鍵 と 新 幹 線 。 こ の ふ た つ を 組 み 合 わ せ て み よ う 。

あ る 人 が 東 京 駅 で 入 場 券 を 買 っ て 、 新 大 阪 行 き の 新 幹 線 の 網 棚 に 荷 物 を 置 き 、 番 号 式 の 自 転 車 の

鍵 を か け る 。 そ し て 大 阪 の 知 人 に 電 話 を し て こ う 言 う の だ 。 ﹁ ひ か り ○ ○ 号 の × 号 車 の 一 番 A 席 の

網 棚 に 、 こ れ こ れ の 番 号 の 鍵 で 荷 物 を 乗 せ た ﹂ と 。 あ と は 新 大 阪 で も 入 場 券 で 入 り 、 電 話 で 聞 い た

暗 証 番 号 で 鍵 を は ず し 、 荷 物 を 受 け 取 る 。 東 京 ︲ 大 阪 間 三 時 間 足 ら ず の 超 特 急 便 の で き あ が り で あ

る 。 か か っ た コ ス ト は 電 話 代 と ふ た り 分 の 入 場 券 の み 。 ア イ デ ィ ア の 勝 利 で あ る 。

こ の や り 方 、 一 時 は 水 面 下 で か な り 使 わ れ て い た ら し い 。 社 内 便 と し て 使 っ て い た 企 業 も あ れ ば 、

商 業 的 に 超 特 急 便 サ ー ビ ス を し て い た 会 社 も あ る と い う 。 さ す が の J R も こ れ に 気 が つ き 、 取 り 締

ま る よ う に な っ て い る 。 格 安 の 超 特 急 便 を 使 う こ と は で き な く な っ た 。 し か し 、 ち ょ っ と し た ア イ

デ ィ ア が 、 も と の 道 具 の 用 途 か ら は 想 像 も つ か な い よ う な 効 果 を 生 む わ け だ 。

イ ン タ ー ネ ッ ト の 歩 み は 、 こ の 超 格 安 新 幹 線 便 と そ っ く り だ と 思 う 。

新 幹 線 を 開 発 し た 人 も 、 番 号 式 の 自 転 車 の 鍵 を 作 っ た 人 も 、 ま さ か 超 格 安 便 に 自 分 た ち の 成 果 が

使 わ れ よ う と は 、 夢 に も 思 わ な か っ た だ ろ う 。 そ れ と 同 じ よ う に 、 A R P A ネ ッ ト を 作 っ た 人 か ら

見 れ ば 、 イ ン タ ー ネ ッ ト は 予 期 せ ざ る い わ ば 奇 想 天 外 な 結 末 な の で あ る 。

い っ た ん 技 術 が 実 用 に 供 さ れ 始 め る と 、 思 っ て も 見 な か っ た よ う な 使 い 方 を 考 え つ く 人 が 出 て く

る 。 J R の よ う に そ れ を 取 り 締 ま っ て し ま え ば 、 せ っ か く の ア イ デ ィ ア も そ こ で 終 わ り だ が ︵ そ し

て も ち ろ ん 、 J R が 網 棚 の 超 特 急 便 を 取 り 締 ま っ た の は し ご く 当 然 の こ と だ と は 思 う が ︶ 、 そ の ア イ

デ ィ ア を お も し ろ い 、 と 考 え 、 そ れ を さ ら に 発 展 さ せ て み る 、 と い う ア プ ロ ー チ を 取 る と 、 誰 も が

予 測 で き な い ほ ど の 結 果 を も た ら す こ と が あ る 。

A R P A は 後 者 を 選 ん だ 。 す な わ ち 、 少 々 い か が わ し く は あ る が 、 利 用 者 に と っ て は と て も 魅 力

的 な 使 い 方 を 取 り 締 ま る の で は な く 、 む し ろ 積 極 的 に 許 容 し た 。 こ れ が イ ン タ ー ネ ッ ト 成 功 の 秘 密

だ と い っ て も 過 言 で は な い 。

お も し ろ い ア イ デ ィ ア が 、 ま た ﹁ そ れ を も っ と 発 展 さ せ て み た ら ど う な る だ ろ う ﹂ と い う 次 の 実

験 を 生 む 。 本 書 の 用 語 で い え ば 、 ﹁ コ ン ヴ ィ ヴ ィ ア ル な 実 験 ﹂ を 繰 り 返 す う ち に 、 と ん で も な く 効 率

的 で 魅 力 の あ る 新 し い シ ス テ ム が で き あ が っ て き た 。 A R P A ネ ッ ト の 実 験 が や が て イ ン タ ー ネ ッ

ト へ と 発 展 し て き た 過 程 は 、 こ ん な 流 れ だ っ た の で あ る 。

イ ン タ ー ネ ッ ト と 政 策 課 題 に つ い て 取 り 上 げ る 本 章 の 冒 頭 か ら 、 い き な り 新 幹 線 便 の 話 を 出 し た

の に は 理 由 が あ る 。 政 策 課 題 と い う と 、 ど う し て も 目 標 に 向 け て も っ と も 効 率 的 に 進 ん で い く た め

の 方 策 は 何 か 、 と い う よ う な 方 向 に 考 え が 向 い て し ま う 。 そ れ で は 必 ず し も う ま く い か な い の で は

な い か 、 と い う と こ ろ か ら 出 発 す る た め に 、 意 表 を 突 い た 目 的 外 の ア イ デ ィ ア の こ と を 紹 介 し た の

��

3

インターネットブームと政策課題

��


148
X 4051:2004

附属書

図 5 T-5A5,文字サイズ ポ,51 字,18 行,行間 ポ(左ページ)

使

便

使

第 3 章 インターネットブームと政策課題

���


149

X 4051:2004

附属書

図 6 T-5A5,文字サイズ ポ,51 字,18 行,行間 ポ(右ページ)

使

×

便

使

便

使

便

便

使

便

便

使

使

便

���


150
X 4051:2004

附属書

図 7 T-6A5,文字サイズ ポ,25 字,21 行,行間 ポ(左ページ)













































































































































便




































































































































































































































































































使







































































































×







































































便



















































使










便



使















便










































便

使


















































127

3 章 インターネットブームと政策課題


151

X 4051:2004

附属書

図 8 T-6A5,文字サイズ ポ,25 字,21 行,行間 ポ(右ページ)


















































使







































































































×







































































便



















































使










便



使















便










































便

使





































































便




































便








使





























































































使


























































便






















































































































使

































































126


152
X 4051:2004

附属書

図 9 T-7B5,文字サイズ ポ,32 字,25 行,行間 ポ(左ページ)























使








































































































×








































































便




















































使











便



使
















便












































便


使




































































便









































便








使





























































































使




























































便





















































































































使

















































































































































































































便



































































































































































































































































































使



127

3 章 インターネットブームと政策課題


153

X 4051:2004

附属書

図 10 T-7B5,文字サイズ ポ,32 字,25 行,行間 ポ(右ページ)

附属書

図 11 T-8A4,文字サイズ ポ,36 字,29 行,行間 ポ(左ページ)154 ページ→

附属書

図 12 T-8A4,文字サイズ ポ,36 字,29 行,行間 ポ(右ページ)155 ページ→



















































使








































































































×








































































便




















































使











便



使
















便












































便


使




































































便









































便








使





























































































使




























































便





















































































































使

















































































































































































































便













































































































































































































































































126


154
X 4051:2004

便

便

使

使

便

使

便

使

×

便

使

便

使

便

便

使

便

便

使

使

便

使

第 3 章 インターネットブームと政策課題

127


155

X 4051:2004

使

×

便

使

便

使

便

便

使

便

便

使

使

便

使

便

使

×

便

使

便

使

便

便

使

126


156
X 4051:2004

附属書

4

13

 

Y-

1

B

6

文字

サイズ

8

34

27

行間

7

使

��

��

��

��

��

��

�(

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

/

��

��

�/

��

��

��

��

��

/

/

�(

��

��

�)

��

��

/�

�/

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

1

��

1.1

��

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.

パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回り,紙テープのつぎはぎを

していた頃,

の端末を利用できるのが羨ましかった.一人で利用できる

使

て,連

��

��

に興じていたときも

端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたとき,

何人もの仲間たちが

��

��

につなぐためにアメリカに国際電話をかけていました.日本にも,

��

��

��

��

�,

れ,一

は,議

り,こ

��

た.町

は,草

のこのように開局しました.パソコン通信も実質的にはインターネットの普

及に伴い,使命を終えましたが,結局,その誕生から最後まで付き合うこと

になりました.

通信技術も急激に進歩し,

毎年,

ネットワークへの接続が高速化しました.

ネックは,通信料金と通信業者と規制だけだったのです.つなぎたい,もっ

と速くつなぐには,接続が認められていないネットワーク機器を利用するし

た.も

ら,海

買ってきたり,秋葉原で売っていた,認められていない機器も利用するのが

当然.敵はミカカでした.そして,通信屋でないものが,他の組織のデータ

を中継すること,すなわち,インターネットへの試みは,日本では違法行為

でした.いろいろな人がこの規制に歯向かい,インターネットへの道を進め

ていたのです.

��

ネットワークに変わり,

メールや

が日常化し,

ゲートウェイが設置され,

1980

年代の半ば頃のように思います.

��

では,

�(

��

��

��

��

��

��

��

��

��

を利用して,

ンピュータネットワークを構築していました.同様の技術で,世界を覆う学

��

来,

��

場し,そして,真打のインターネットが出来上がりました.

現在のインターネットは,つなぎたかった,つなげたかった,みんなの夢

がやっと実現したものです.実現した夢は,夢を見ていたみんなの予想をは

るかに越え,はるかに広い範囲の人とつながるようになりました.

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

)の

術者の夢や志ではなく,戦略でした.

ネットワークに関しては,

/�

��

��

��

�/

��

��

��

��

��

)の関

ら,デ

ら,

��

/�

/�

,ト

信,そ

て,

の国際標準の開発がプログラム言語の専門委員会

�(

��

��

��

�)

から

の専門委員会

��

に移管され,

の上位層の開発を担当して

きた

��

/�

��

�/

��

には,

結局,

その始まりから

1997

年の解散まで関

ち,特

に,

て,

��

タベースグループを代表して,ネットワーク管理や管理情報ベースにコメン

り,抽

��

��

来,

��

参加してきました.

た.し

し,私

は,

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

�)や

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

��

�)

として,

まだインターネットの環境でも生きています.これらとの関

連で

��

もまだ生き残っています.

は,イ

す.

技術にとって標準や規格と呼ばれるものは,最も重要といって過言ではない

1

インターネットとは

��

1.1

��


157

X 4051:2004

附属書

図 14 Y-2A5,文字サイズ ポ,34 字,29 行,行間 ポ(左ページ)

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.

パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回り,紙テープのつぎはぎを

していた頃,��� の端末を利用できるのが羨ましかった.一人で利用できる

ミニコンが使えるようになって,連続用紙を大量に消費しながら ���� ����

に興じていたときも ��� 端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたとき,何人もの仲間たちが ���

������

につなぐためにアメリカに国際電話をかけていました.日本にも,ア

スキーネットや日経 ���,����������,朝日ネットなどのパソコン通信が生

まれ,一時は,議長を務めたり,これら全部のパソコン通信のユーザ �� を

持っていたこともありました.町には,草の根パソコン ��� が雨後のたけ

のこのように開局しました.パソコン通信も実質的にはインターネットの普

及に伴い,使命を終えましたが,結局,その誕生から最後まで付き合うこと

になりました.

通信技術も急激に進歩し,毎年,ネットワークへの接続が高速化しました.

ネックは,通信料金と通信業者と規制だけだったのです.つなぎたい,もっ

と速くつなぐには,接続が認められていないネットワーク機器を利用するし

かありませんでした.もっと速くつなぎたいの方が重要ですから,海外で

買ってきたり,秋葉原で売っていた,認められていない機器も利用するのが

当然.敵はミカカでした.そして,通信屋でないものが,他の組織のデータ

を中継すること,すなわち,インターネットへの試みは,日本では違法行為

でした.いろいろな人がこの規制に歯向かい,インターネットへの道を進め

ていたのです.

���

の社内ネットワークがテレックスから ���� というコンピュータ

ネットワークに変わり,メールや ��� が日常化し,ゲートウェイが設置され,

�������

,�����,������ などへもメールが届くようになったのは,

1980 年代の半ば頃のように思います.

���

の ���� では,����(������ ����� ������� ������)を利用して,コ

ンピュータネットワークを構築していました.同様の技術で,世界を覆う学

術ネットワークとして ������ が出来,������ の日本版の ����� が登

1 インターネットとは

���


158
X 4051:2004

附属書

図 15 Y-2A5,文字サイズ ポ,34 字,29 行,行間 ポ(右ページ)

場し,そして,真打のインターネットが出来上がりました.

現在のインターネットは,つなぎたかった,つなげたかった,みんなの夢

がやっと実現したものです.実現した夢は,夢を見ていたみんなの予想をは

るかに越え,はるかに広い範囲の人とつながるようになりました.

���

の シ ス テ ム ネ ッ ト ワ ー ク 体 系 ��� や 国 際 標 準 化 機 構 ���

(������������� ������������ ��� ���������������)の開放型システム間接続

���

は,こうしたみんなの夢ではなく,もっとビジネスでした.そして,技

術者の夢や志ではなく,戦略でした.

ネットワークに関しては,��/��(��������/���� �������������)の関

連から,データベースの研究を本業としながら,����� ネットから ����,

����

/��,����/��,トークンリングなどの構内通信,そして,���,

���

などの広域通信にも関わらざるを得ない状況でした.データベース言語

���

の国際標準の開発がプログラム言語の専門委員会 �� �(��� ���������

)から ��� の専門委員会 �� �� に移管され,��� の上位層の開発を担当して

きた ���/��� ����/�� �� には,結局,その始まりから 1997 年の解散まで関

わりをもち,特に,��� 管理ではデータベースの専門家として,��� のデー

タベースグループを代表して,ネットワーク管理や管理情報ベースにコメン

トを出したり,抽象構文記法 ����� の ��� 化以来,��� の ��� 化委員会にも

参加してきました.

���

は終わりました.しかし,私の関わったネットワーク管理は,����

(������ ������� ���������� ��������)や ���(���������� �����������

����

)として,まだインターネットの環境でも生きています.これらとの関

連で ����� もまだ生き残っています.

インターネットが接続できるのは,インターネット標準があるからです.

技術にとって標準や規格と呼ばれるものは,最も重要といって過言ではない

でしょう.しかし,一部の人は,強制として標準化を捉えることが多いよう

ですが,本来は強制や権威ではなく,技術自体の優越性を求めるのが技術者

の立場だと思います.この点で,インターネットを支えるのは,この志です.

この志によって,各国政府が国境を越えて,強力にサポートした ��� をイン

1. 1 は じ め に

���


159

X 4051:2004

附属書

図 16 Y-3B5,文字サイズ ポ,22 字,40 行,行間 ポ(左ページ)

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.
パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回

り,紙テープのつぎはぎをしていた頃,��� の端
末を利用できるのが羨ましかった.一人で利用で
きるミニコンが使えるようになって,連続用紙を
大量に消費しながら ���� ���� に興じていたとき
も ��� 端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたと

き,何人もの仲間たちが ��� ������ につなぐた
めにアメリカに国際電話をかけていました.日本
にも,アスキーネットや日経 ���,����������,
朝日ネットなどのパソコン通信が生まれ,一時は,
議長を務めたり,これら全部のパソコン通信の
ユーザ �� を持っていたこともありました.町に
は,草の根パソコン ��� が雨後のたけのこのよ
うに開局しました.パソコン通信も実質的にはイ
ンターネットの普及に伴い,使命を終えましたが,
結局,その誕生から最後まで付き合うことになり
ました.

通信技術も急激に進歩し,毎年,ネットワーク

への接続が高速化しました.ネックは,通信料金
と通信業者と規制だけだったのです.つなぎた
い,もっと速くつなぐには,接続が認められてい
ないネットワーク機器を利用するしかありません
でした.もっと速くつなぎたいの方が重要ですか
ら,海外で買ってきたり,秋葉原で売っていた,
認められていない機器も利用するのが当然.敵は
ミカカでした.そして,通信屋でないものが,他
の組織のデータを中継すること,すなわち,イン
ターネットへの試みは,日本では違法行為でした.
いろいろな人がこの規制に歯向かい,インター
ネットへの道を進めていたのです.

���

の社内ネットワークがテレックスから

����

というコンピュータネットワークに変わ

り,メールや ��� が日常化し,ゲートウェイが設
置され,�������,�����,������ などへも
メールが届くようになったのは,1980 年代の半ば
頃のように思います.

���

の ���� で は,����(������ �����

������� ������

)を利用して,コンピュータネッ

トワークを構築していました.同様の技術で,世
界を覆う学術ネットワークとして ������ が出
来,������ の日本版の ����� が登場し,そし
て,真打のインターネットが出来上がりました.

現在のインターネットは,つなぎたかった,つ

なげたかった,みんなの夢がやっと実現したもの
です.実現した夢は,夢を見ていたみんなの予想
をはるかに越え,はるかに広い範囲の人とつなが
るようになりました.

���

のシステムネットワーク体系 ��� や国際

標 準 化 機 構 ���(������������� ������������ ���
���������������

)の開放型システム間接続 ��� は,

こうしたみんなの夢ではなく,もっとビジネスで
した.そして,技術者の夢や志ではなく,戦略で
した.

ネ ッ ト ワ ー ク に 関 し て は,��/��

(��������/���� �������������)の 関 連 か ら,

データベースの研究を本業としながら,�����
ネットから ����,����/��,����/��,トー
クンリングなどの構内通信,そして,���,���
などの広域通信にも関わらざるを得ない状況でし
た.データベース言語 ��� の国際標準の開発が
プ ロ グ ラ ム 言 語 の 専 門 委 員 会 �� �(���
��������� �

)から ��� の専門委員会 �� �� に移

管 さ れ,��� の 上 位 層 の 開 発 を 担 当 し て き た
���

/��� ���1/�� �� には,結局,その始まりか

ら 1997 年の解散まで関わりをもち,特に,��� 管
理ではデータベースの専門家として,��� のデー
タベースグループを代表して,ネットワーク管理
や管理情報ベースにコメントを出したり,抽象構
文記法 ����� の ��� 化以来,��� の ��� 化委員会
にも参加してきました.

���

は終わりました.しかし,私の関わった

ネ ッ ト ワ ー ク 管 理 は,����(������ �������
����������

��������

)や ���(����������

����������� ����

)として,まだインターネットの

環境でも生きています.これらとの関連で �����
もまだ生き残っています.

インターネットが接続できるのは,インター

ネット標準があるからです.技術にとって標準や

規格と呼ばれるものは,最も重要といって過言で
はないでしょう.しかし,一部の人は,強制とし
て標準化を捉えることが多いようですが,本来は
強制や権威ではなく,技術自体の優越性を求める
のが技術者の立場だと思います.この点で,イン
ターネットを支えるのは,この志です.この志に
よって,各国政府が国境を越えて,強力にサポー
トした ��� をインターネットは駆逐したのです.

インターネットのこの性格を端的に表現した有

名な言葉があります.それは,最初のインター
ネットの国際会議であった ������ での ��� の
����� �����

の次の言葉に象徴されます.

�� ������ �����

, ����������, ��� �������

�� ������� �� ����� ��������� ��� �������

����

.

王様も,大統領も,社長も,投票も,要ら

ない.仲間がいて,動くプログラムがあれば
よい.

しかし,インターネットについて書かれた本や

日本国内でのインターネット関係者の一部には,
権威や強制として,インターネットを捉える見方
があります.また,インターネットの技術的な説
明を無理やり ��� に合わせ,��� の考え方を十分
には理解していないにもかかわらず,��� の枠組
みでインターネットを語ることが多いように思い
ます.

この本では,上記のインターネット的な考え方

からインターネットの主要な技術の体系に関し
て,できる限り正確かつ簡潔に説明しようと努め
ました.同時に,��� との対比からインターネッ
トの成功要因と ��� の失敗要因について検討し,
将来の技術開発の志の支えとなることも期待して
います.

インターネットの父と呼ばれる人ですら,今日

のインターネットを予想することは出来ませんで
した.数年前に,多くの専門家は,インターネッ
トは ������ と同じく,大成功のうちに破滅の
時を迎えることを予想しました.しかし,技術と
ビジネスの両方がこの予想を完全に裏切り,そし
て,今日のインターネットがあるのです.

技術面では,インターネットは実にいい加減と

言えるかもしれません.しかし,これは,インター
ネットがまさにインターネットであろうとするこ
とからきているのです.すなわち,インターネッ
トでは,通信は保証されません.送ったデータは
捨てられることがあります.信頼性や品質保証よ
り,インターネットでは“つながることが大事

(������������ �� ��� ������)”.ま さ に つ な ぐ

ネットワークがインターネットなのです.捨て去
ることによって,つながり続けるのがインター
ネットの技術です.

一方,インターネットの成功によって,インター

ネット基盤上に多くのビジネスが展開し,多くの
利用者が料金を分担するようになり,結果として,
インターネットに多くの資金が投じられるように
なりました.このことによって,インターネット
は破滅のときを迎えることなしに,爆発的拡大を
続けているのです.そして,これを可能にしたの
が,“全部 ��(���������� ���� ��)”,“どこでも
��

(�� ���� ����������)”です.

また,インターネットは,私にとっては,通信

屋の妨害に負けなかったコンピュータ屋のアプ
ローチの勝利の一つの象徴のように思えます.そ
して,インターネットの技術の中にソフトウェア
の研究開発で留意しなければいけない真理が含ま
れているように思えます.この真理とは,必要な
ことだけを最小のやり方で実現することです.こ
の本では,この点についても具体的な技術に即し
て,触れています.

���

や ��� のきっちりとしたプロトコル体系

に対して,インターネットの世界は,プロトコル
の各階層が上位層にも下位層にも依存せず,つな
がるためにだけ,設計されています.

実際の利用者がインターネットを利用する際,

後ろ側でどのようなことが行われ,どのような考
え方でインターネットが開発されてきたのかを中
心に,この本の構成を考えました.

1 章では,インターネットの概要を説明し,イ

ンターネットを利用し始めるために必要な最小限
の知識が得られるように配慮しています.すなわ

1 インターネットとは

1.1 は じ め に

���

���

-4


160
X 4051:2004

附属書

図 17 Y-3B5,文字サイズ ポ,22 字,40 行,行間 ポ(右ページ)

附属書

図 18 Y-4A4,文字サイズ ポ,25 字,46 行,行間 ポ(左ページ)161 ページ→

附属書

図 19 Y-4A4,文字サイズ ポ,25 字,46 行,行間 ポ(右ページ)162 ページ→

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.
パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回

り,紙テープのつぎはぎをしていた頃,��� の端
末を利用できるのが羨ましかった.一人で利用で
きるミニコンが使えるようになって,連続用紙を
大量に消費しながら ���� ���� に興じていたとき
も ��� 端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたと

き,何人もの仲間たちが ��� ������ につなぐた
めにアメリカに国際電話をかけていました.日本
にも,アスキーネットや日経 ���,����������,
朝日ネットなどのパソコン通信が生まれ,一時は,
議長を務めたり,これら全部のパソコン通信の
ユーザ �� を持っていたこともありました.町に
は,草の根パソコン ��� が雨後のたけのこのよ
うに開局しました.パソコン通信も実質的にはイ
ンターネットの普及に伴い,使命を終えましたが,
結局,その誕生から最後まで付き合うことになり
ました.

通信技術も急激に進歩し,毎年,ネットワーク

への接続が高速化しました.ネックは,通信料金
と通信業者と規制だけだったのです.つなぎた
い,もっと速くつなぐには,接続が認められてい
ないネットワーク機器を利用するしかありません
でした.もっと速くつなぎたいの方が重要ですか
ら,海外で買ってきたり,秋葉原で売っていた,
認められていない機器も利用するのが当然.敵は
ミカカでした.そして,通信屋でないものが,他
の組織のデータを中継すること,すなわち,イン
ターネットへの試みは,日本では違法行為でした.
いろいろな人がこの規制に歯向かい,インター
ネットへの道を進めていたのです.

���

の社内ネットワークがテレックスから

����

というコンピュータネットワークに変わ

り,メールや ��� が日常化し,ゲートウェイが設
置され,�������,�����,������ などへも
メールが届くようになったのは,1980 年代の半ば
頃のように思います.

���

の ���� で は,����(������ �����

������� ������

)を利用して,コンピュータネッ

トワークを構築していました.同様の技術で,世
界を覆う学術ネットワークとして ������ が出
来,������ の日本版の ����� が登場し,そし
て,真打のインターネットが出来上がりました.

現在のインターネットは,つなぎたかった,つ

なげたかった,みんなの夢がやっと実現したもの
です.実現した夢は,夢を見ていたみんなの予想
をはるかに越え,はるかに広い範囲の人とつなが
るようになりました.

���

のシステムネットワーク体系 ��� や国際

標 準 化 機 構 ���(������������� ������������ ���
���������������

)の開放型システム間接続 ��� は,

こうしたみんなの夢ではなく,もっとビジネスで
した.そして,技術者の夢や志ではなく,戦略で
した.

ネ ッ ト ワ ー ク に 関 し て は,��/��

(��������/���� �������������)の 関 連 か ら,

データベースの研究を本業としながら,�����
ネットから ����,����/��,����/��,トー
クンリングなどの構内通信,そして,���,���
などの広域通信にも関わらざるを得ない状況でし
た.データベース言語 ��� の国際標準の開発が
プ ロ グ ラ ム 言 語 の 専 門 委 員 会 �� �(���
��������� �

)から ��� の専門委員会 �� �� に移

管 さ れ,��� の 上 位 層 の 開 発 を 担 当 し て き た
���

/��� ���1/�� �� には,結局,その始まりか

ら 1997 年の解散まで関わりをもち,特に,��� 管
理ではデータベースの専門家として,��� のデー
タベースグループを代表して,ネットワーク管理
や管理情報ベースにコメントを出したり,抽象構
文記法 ����� の ��� 化以来,��� の ��� 化委員会
にも参加してきました.

���

は終わりました.しかし,私の関わった

ネ ッ ト ワ ー ク 管 理 は,����(������ �������
����������

��������

)や ���(����������

����������� ����

)として,まだインターネットの

環境でも生きています.これらとの関連で �����
もまだ生き残っています.

インターネットが接続できるのは,インター

ネット標準があるからです.技術にとって標準や

規格と呼ばれるものは,最も重要といって過言で
はないでしょう.しかし,一部の人は,強制とし
て標準化を捉えることが多いようですが,本来は
強制や権威ではなく,技術自体の優越性を求める
のが技術者の立場だと思います.この点で,イン
ターネットを支えるのは,この志です.この志に
よって,各国政府が国境を越えて,強力にサポー
トした ��� をインターネットは駆逐したのです.

インターネットのこの性格を端的に表現した有

名な言葉があります.それは,最初のインター
ネットの国際会議であった ������ での ��� の
����� �����

の次の言葉に象徴されます.

�� ������ �����

, ����������, ��� �������

�� ������� �� ����� ��������� ��� �������

����

.

王様も,大統領も,社長も,投票も,要ら

ない.仲間がいて,動くプログラムがあれば
よい.

しかし,インターネットについて書かれた本や

日本国内でのインターネット関係者の一部には,
権威や強制として,インターネットを捉える見方
があります.また,インターネットの技術的な説
明を無理やり ��� に合わせ,��� の考え方を十分
には理解していないにもかかわらず,��� の枠組
みでインターネットを語ることが多いように思い
ます.

この本では,上記のインターネット的な考え方

からインターネットの主要な技術の体系に関し
て,できる限り正確かつ簡潔に説明しようと努め
ました.同時に,��� との対比からインターネッ
トの成功要因と ��� の失敗要因について検討し,
将来の技術開発の志の支えとなることも期待して
います.

インターネットの父と呼ばれる人ですら,今日

のインターネットを予想することは出来ませんで
した.数年前に,多くの専門家は,インターネッ
トは ������ と同じく,大成功のうちに破滅の
時を迎えることを予想しました.しかし,技術と
ビジネスの両方がこの予想を完全に裏切り,そし
て,今日のインターネットがあるのです.

技術面では,インターネットは実にいい加減と

言えるかもしれません.しかし,これは,インター
ネットがまさにインターネットであろうとするこ
とからきているのです.すなわち,インターネッ
トでは,通信は保証されません.送ったデータは
捨てられることがあります.信頼性や品質保証よ
り,インターネットでは“つながることが大事

(������������ �� ��� ������)”.ま さ に つ な ぐ

ネットワークがインターネットなのです.捨て去
ることによって,つながり続けるのがインター
ネットの技術です.

一方,インターネットの成功によって,インター

ネット基盤上に多くのビジネスが展開し,多くの
利用者が料金を分担するようになり,結果として,
インターネットに多くの資金が投じられるように
なりました.このことによって,インターネット
は破滅のときを迎えることなしに,爆発的拡大を
続けているのです.そして,これを可能にしたの
が,“全部 ��(���������� ���� ��)”,“どこでも
��

(�� ���� ����������)”です.

また,インターネットは,私にとっては,通信

屋の妨害に負けなかったコンピュータ屋のアプ
ローチの勝利の一つの象徴のように思えます.そ
して,インターネットの技術の中にソフトウェア
の研究開発で留意しなければいけない真理が含ま
れているように思えます.この真理とは,必要な
ことだけを最小のやり方で実現することです.こ
の本では,この点についても具体的な技術に即し
て,触れています.

���

や ��� のきっちりとしたプロトコル体系

に対して,インターネットの世界は,プロトコル
の各階層が上位層にも下位層にも依存せず,つな
がるためにだけ,設計されています.

実際の利用者がインターネットを利用する際,

後ろ側でどのようなことが行われ,どのような考
え方でインターネットが開発されてきたのかを中
心に,この本の構成を考えました.

1 章では,インターネットの概要を説明し,イ

ンターネットを利用し始めるために必要な最小限
の知識が得られるように配慮しています.すなわ

1 インターネットとは

1.1 は じ め に

���

���


161

X 4051:2004

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.
パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回り,紙

テープのつぎはぎをしていた頃,��� の端末を利用でき
るのが羨ましかった.一人で利用できるミニコンが使え
るようになって,連続用紙を大量に消費しながら ����
����

に興じていたときも ��� 端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたとき,何人

もの仲間たちが ��� ������ につなぐためにアメリカに
国際電話をかけていました.日本にも,アスキーネット
や日経 ���,����������,朝日ネットなどのパソコン通
信が生まれ,一時は,議長を務めたり,これら全部のパ
ソコン通信のユーザ �� を持っていたこともありまし
た.町には,草の根パソコン ��� が雨後のたけのこの
ように開局しました.パソコン通信も実質的にはイン
ターネットの普及に伴い,使命を終えましたが,結局,
その誕生から最後まで付き合うことになりました.

通信技術も急激に進歩し,毎年,ネットワークへの接

続が高速化しました.ネックは,通信料金と通信業者と
規制だけだったのです.つなぎたい,もっと速くつなぐ
には,接続が認められていないネットワーク機器を利用
するしかありませんでした.もっと速くつなぎたいの方
が重要ですから,海外で買ってきたり,秋葉原で売って
いた,認められていない機器も利用するのが当然.敵は
ミカカでした.そして,通信屋でないものが,他の組織
のデータを中継すること,すなわち,インターネットへ
の試みは,日本では違法行為でした.いろいろな人がこ
の規制に歯向かい,インターネットへの道を進めていた
のです.

���

の社内ネットワークがテレックスから ���� と

いうコンピュータネットワークに変わり,メールや
���

が日常化し,ゲートウェイが設置され,�������,

�����

,������ などへもメールが届くようになった

のは,1980 年代の半ば頃のように思います.

���

の ���� で は,����(������ ����� �������

������

)を利用して,コンピュータネットワークを構築

していました.同様の技術で,世界を覆う学術ネット
ワークとして ������ が出来,������ の日本版の
�����

が登場し,そして,真打のインターネットが出

来上がりました.

現在のインターネットは,つなぎたかった,つなげた

かった,みんなの夢がやっと実現したものです.実現し
た夢は,夢を見ていたみんなの予想をはるかに越え,は
るかに広い範囲の人とつながるようになりました.

���

のシステムネットワーク体系 ��� や国際標準化

機構 ���(������������� ������������ ��� ���������������)
の開放型システム間接続 ��� は,こうしたみんなの夢で

はなく,もっとビジネスでした.そして,技術者の夢や
志ではなく,戦略でした.

ネットワークに関しては,��/��(��������/����

�������������

)の関連から,データベースの研究を本

業としながら,����� ネットから ����,����/��,
����

/��,トークンリングなどの構内通信,そして,

���

,��� などの広域通信にも関わらざるを得ない状況

でした.データベース言語 ��� の国際標準の開発がプ
ログラム言語の専門委員会 �� �(��� ��������� �)か
ら ��� の専門委員会 �� �� に移管され,��� の上位層の
開発を担当してきた ���/��� ����/�� �� には,結局,
その始まりから 1997 年の解散まで関わりをもち,特に,
���

管理ではデータベースの専門家として,��� のデー

タベースグループを代表して,ネットワーク管理や管理
情報ベースにコメントを出したり,抽象構文記法 �����
の ��� 化以来,��� の ��� 化委員会にも参加してきまし
た.

���

は終わりました.しかし,私の関わったネット

ワ ー ク 管 理 は,����(������ ������� ����������
��������

)や ���(���������� ����������� ����)とし

て,まだインターネットの環境でも生きています.これ
らとの関連で ����� もまだ生き残っています.

インターネットが接続できるのは,インターネット標

準があるからです.技術にとって標準や規格と呼ばれる
ものは,最も重要といって過言ではないでしょう.しか
し,一部の人は,強制として標準化を捉えることが多い
ようですが,本来は強制や権威ではなく,技術自体の優
越性を求めるのが技術者の立場だと思います.この点
で,インターネットを支えるのは,この志です.この志
によって,各国政府が国境を越えて,強力にサポートし
た ��� をインターネットは駆逐したのです.

インターネットのこの性格を端的に表現した有名な言

葉があります.それは,最初のインターネットの国際会
議であった ������ での ��� の ����� ����� の次の言
葉に象徴されます.

�� ������ �����

, ����������, ��� ������� ��

������� �� ����� ��������� ��� ������� ����

.

王様も,大統領も,社長も,投票も,要らない.

仲間がいて,動くプログラムがあればよい.

しかし,インターネットについて書かれた本や日本国

内でのインターネット関係者の一部には,権威や強制と
して,インターネットを捉える見方があります.また,
インターネットの技術的な説明を無理やり ��� に合わ
せ,��� の考え方を十分には理解していないにもかかわ
らず,��� の枠組みでインターネットを語ることが多い
ように思います.

1 インターネットとは

126


162
X 4051:2004

この本では,上記のインターネット的な考え方からイ

ンターネットの主要な技術の体系に関して,できる限り
正確かつ簡潔に説明しようと努めました.同時に,���
との対比からインターネットの成功要因と ��� の失敗
要因について検討し,将来の技術開発の志の支えとなる
ことも期待しています.

インターネットの父と呼ばれる人ですら,今日のイン

ターネットを予想することは出来ませんでした.数年前
に,多くの専門家は,インターネットは ������ と同
じく,大成功のうちに破滅の時を迎えることを予想しま
した.しかし,技術とビジネスの両方がこの予想を完全
に裏切り,そして,今日のインターネットがあるのです.

技術面では,インターネットは実にいい加減と言える

かもしれません.しかし,これは,インターネットがま
さにインターネットであろうとすることからきているの
です.すなわち,インターネットでは,通信は保証され
ません.送ったデータは捨てられることがあります.信
頼性や品質保証より,インターネットでは“つながるこ
とが大事(������������ �� ��� ������)”.まさにつなぐ
ネットワークがインターネットなのです.捨て去ること
によって,つながり続けるのがインターネットの技術で
す.

一方,インターネットの成功によって,インターネッ

ト基盤上に多くのビジネスが展開し,多くの利用者が料
金を分担するようになり,結果として,インターネット
に多くの資金が投じられるようになりました.このこと
によって,インターネットは破滅のときを迎えることな
しに,爆発的拡大を続けているのです.そして,これを
可能にしたのが,

“全部 ��(���������� ���� ��)”,

“どこ

でも ��(�� ���� ����������)”です.

また,インターネットは,私にとっては,通信屋の妨

害に負けなかったコンピュータ屋のアプローチの勝利の
一つの象徴のように思えます.そして,インターネット
の技術の中にソフトウェアの研究開発で留意しなければ
いけない真理が含まれているように思えます.この真理
とは,必要なことだけを最小のやり方で実現することで
す.この本では,この点についても具体的な技術に即し
て,触れています.

���

や ��� のきっちりとしたプロトコル体系に対し

て,インターネットの世界は,プロトコルの各階層が上
位層にも下位層にも依存せず,つながるためにだけ,設
計されています.

実際の利用者がインターネットを利用する際,後ろ側

でどのようなことが行われ,どのような考え方でイン
ターネットが開発されてきたのかを中心に,この本の構
成を考えました.

1 章では,インターネットの概要を説明し,インター

ネットを利用し始めるために必要な最小限の知識が得ら
れるように配慮しています.すなわち,1 章を読めばイ
ンターネットが使えるようになることを期待していま
す.

2 章では,インターネットへ至る道を歴史を中心に説

明します.

3 章からがインターネット技術の詳細な説明になりま

す.

3 章では,���/�� を中心にインターネットの基盤技

術について説明します.

4 章では,インターネットの代表的なアプリケーショ

ンである単純電子メールプロトコル ���� と電子メー
ルを実現する技術の詳細について述べます.

5 章では,インターネットの現在の応用で最も重要な

���

(����� ���� ���)について,説明します.

6 章では,インターネットの未来として,どのような

試みがあるのかについて,説明します.

自由でオープンな技術の世界の勝利としてのインター

ネット.この本では,そのインターネットの技術的内容
だけではなく,その精神を理解してもらいたいと思って
います.

また,この理解の上に立って,国内だけで勝負したり,

学問や知識の翻訳や輸入だけにとどまらず,インター
ネットを通じて,世界の舞台で貢献できる人が増えるこ
とを期待しています.

みんなつなぎたかったし,つなげたかった.
パンチカードの箱を抱えて,大学構内を走り回り,紙

テープのつぎはぎをしていた頃,��� の端末を利用でき
るのが羨ましかった.一人で利用できるミニコンが使え
るようになって,連続用紙を大量に消費しながら ����
����

に興じていたときも ��� 端末が欲しかった.

アメリカで最初のパソコン通信が生まれたとき,何人

もの仲間たちが ��� ������ につなぐためにアメリカに
国際電話をかけていました.日本にも,アスキーネット
や日経 ���,����������,朝日ネットなどのパソコン通
信が生まれ,一時は,議長を務めたり,これら全部のパ
ソコン通信のユーザ �� を持っていたこともありまし
た.町には,草の根パソコン ��� が雨後のたけのこの
ように開局しました.パソコン通信も実質的にはイン
ターネットの普及に伴い,使命を終えましたが,結局,
その誕生から最後まで付き合うことになりました.

通信技術も急激に進歩し,毎年,ネットワークへの接

続が高速化しました.ネックは,通信料金と通信業者と
規制だけだったのです.つなぎたい,もっと速くつなぐ
には,接続が認められていないネットワーク機器を利用

1.1 は

127