>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 0609

:2012

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS X 0609:1998 は改正され,一部が置き換えられた。


   

日本工業規格

JIS

 X

0609

:2012

情報交換用非逐次記録高密度光ディスクの

ボリューム構造及びファイル構造

(追補 1)

Volume and file structure of high-density optical disks using non-sequential

recording for information interchange

(Amendment 1)

JIS X 0609:1998

を,次のように改正する。

1.3

(引用規格)の JIS X 0606-1990  情報交換用 CD-ROM のボリューム及びファイルの構造を,JIS X 

0606:1998

  情報交換用 CD-ROM のボリューム構造及びファイル構造に置き換える。

1.3

(引用規格)の ISO/IEC 9945-1:1990  Information technology−Portable operating system interface (POSIX)

−Part 1: System Application Program Interface (API) [C Language]を,ISO/IEC/IEEE 9945:2009,Information

technology

−Portable Operating System Interface (POSIX®) Base Specifications, Issue 7 に置き換える。

1.3

(引用規格)の JIS X 0607-1996  非逐次記録を用いる追記形及び書換形の情報交換用媒体のボリュー

ム及びファイルの構造を,次に置き換える。

JIS X 0607:2001

  非逐次記録を用いる追記形及び書換形の情報交換用媒体のボリューム及びファイル

の構造

備考 1.  ISO/IEC 13346-1:1995(Information technology−Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential recording for information interchange

−Part 1: General)が,

この JIS 

第 部に対応している。

2.  ISO/IEC 13346-2:1999

(Information technology−Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential recording for information interchange

−Part 2: Volume and

boot block recognition

)が,この JIS 

第 部に対応している。

3.  ISO/IEC 13346-3:1999

(Information technology−Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential recording for information interchange

−Part 3: Volume

structure

)が,この JIS 

第 部に対応している。

4.  ISO/IEC 13346-4:1999

(Information technology−Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential recording for information interchange

− Part 4: File

structure

)が,この JIS 

第 部に対応している。


2

X 0609

:2012

   

5.  ISO/IEC 13346-5:1995

(Information technology−Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential recording for information interchange

−Part 5: Record

structure

)が,この JIS 

第 部に対応している。

1.3

(引用規格)の JIS X 0608:1997  再生専用形及び追記形の情報交換用コンパクトディスク媒体のボリュ

ーム及びファイルの構造を,次に置き換える。

ISO/IEC 13490-1:1995

,Information technology−Volume and file structure of read-only and write-once

compact disk media for information interchange

−Part 1: General

ISO/IEC 13490-2:1995

,Information technology−Volume and file structure of read-only and write-once

compact disk media for information interchange

−Part 2: Volume and file structure

2.3.1.2

[規格識別子(BP1)

]の

表 2.2(ボリューム構造記述子の解釈)の識別子“CDW02”の解釈の行の

JIS X 0608 に従う”を,

ISO/IEC 13490-1 及び ISO/IEC 13490-2 に従う”に置き換える。

4.9.6.6

[ファイル種別(RBP11)

]の

表 4.12(ファイル種別)の種別 6,種別 7,種別 9 及び種別 10 の解釈

の ISO/IEC 9945-1 を,ISO/IEC/IEEE 9945 に置き換える。

4.9.6.8

[フラグ(RBP18)

]の

表 4.13(ファイルの特性)のビット 6,ビット 7 及びビット 8 の解釈の ISO/IEC 

9945-1

を,ISO/IEC/IEEE 9945 に置き換える。

4.9.16.1.1

[要素種別(RBP0)

]の

表 4.37(要素種別)の種別 1 の解釈の ISO/IEC 9945-1 を,ISO/IEC/IEEE 

9945

に置き換える。

4.12.3.2

(ファイル種別)の“ファイルを ISO/IEC 9945-1 で規定するブロック専用装置,ISO/IEC 9945-1

で規定する文字専用装置,ISO/IEC 9945-1 で規定する FIFO ファイル又は ISO/IEC 9945-1 によって識別す

る C_ISSOCK ファイル種別に従って解釈する指定を,

”を,

“ファイルを ISO/IEC/IEEE 9945 で規定するブ

ロック専用装置,ISO/IEC/IEEE 9945 で規定する文字専用装置,ISO/IEC/IEEE 9945 で規定する FIFO フ

ァイル又は ISO/IEC/IEEE 9945 によって識別する C_ISSOCK ファイル種別に従って解釈する指定を,

”に

置き換える。

4.13.2.1

(ファイル種別)の“ファイルを ISO/IEC 9945-1 で規定するブロック専用装置,ISO/IEC 9945-1

で規定する文字専用装置,ISO/IEC 9945-1 で規定する FIFO ファイル又は ISO/IEC 9945-1 によって識別す

る C_ISSOCK ファイル種別に従って解釈する指定を,

”を,

“ファイルを ISO/IEC/IEEE 9945 で規定するブ

ロック専用装置,ISO/IEC/IEEE 9945 で規定する文字専用装置,ISO/IEC/IEEE 9945 で規定する FIFO フ

ァイル又は ISO/IEC/IEEE 9945 によって識別する C_ISSOCK ファイル種別に従って解釈する指定を,

”に

置き換える。