>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

(1) 

目次

ページ

序文

1

1.

  JIS X 0607-1996 第 2 部に対する変更

1

2.

  JIS X 0607-1996 第 3 部に対する変更

1

3.

  JIS X 0607-1996 第 4 部に対する変更

1

附属書 1(参考)  ISO/IEC 13346-2 : 1999

3

附属書 2(参考)  ISO/IEC 13346-3 : 1999

4

附属書 3(参考)  ISO/IEC 13346-4 : 1999

5

附属書 4(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

6


日本工業規格

JIS

 X

0607

: 2001

(ISO/IEC 13346-2, 3, 4

: 1999

)

非逐次記録を用いる追記形及び

書換形の情報交換用

媒体のボリューム及び

ファイルの構造  追補 1

Technical Corrigendum 1 to Volume and file structure of write-once and

rewritable media using non-sequential

recording for information interchange

序文  この追補は,1999 年に第 2 版として発行された ISO/IEC 13346-2, 3, 4 ( Information technology−

Volume and file structure of write-once and rewritable media using non-sequential recording for information

interchange

−Part 2 : Volume and boot block recognition, Part 3 : Volume structure, Part 4 : File structure)  につい

て,その第 1 版からの変更箇所を技術的内容を変更することなく要約した,JIS X 0607-1996 に対する追補

である。

JIS X 0607-1996

を次のとおりに改正する。

1.

JIS X 0607-1996

第 部に対する変更

a)

この追補に従って記録された媒体の認識のために,NSR03 記述子を追加する。

参考  この変更は,13.2.1,及び末尾に添付の原規格(参考)Part2 の Figure3 に含まれる。

2.

JIS X 0607-1996

第 部に対する変更

a) NSR

記述子を,NSR02 から NSR03 に更新する。

参考  この変更は,9.1.2,並びに末尾に添付の原規格(参考)Part3 の Figure5 及び Figure13 に含まれ

る。

b)

記述子タグ版数の値を 2 から 3 に更新する。値 2 は,従来の媒体用に使ってよい。

参考  この変更は,7.2.213.1 及び 14.1 に含まれる。

c)

タグ識別子の集合は,処理システム用として保留する。

参考  この変更は,7.2.1 に含まれる。

d)

ボリューム記述子は,追記形区画又は再生専用形区画の中で許可される。

参考  この変更は,8.5 に含まれる。

3.

JIS X 0607-1996

第 部に対する変更


2

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

a) NSR

記述子を,NSR02 から NSR03 に更新する。

参考  この変更は,3.1 に含まれる。

b)

記述子タグ版数の値を 2 から 3 に更新する。値 2 は,従来の媒体用に使ってよい。

参考  この変更は,7.2.2 及び 18.1 に含まれる。

c)

ファイルストリームを追加する。ファイルストリームは,データの複数集合を一つのファイル識別子

と関連付けることを可能にする。それを記述する節及びサポートする構造を追加する。

参考  この変更は,5.8.89.14.1,並びに末尾に添付の原規格(参考)Part4 の Figure9,Figure13,

Figure17

及び Figure18 に含まれる。

d)

新しいファイルエントリである拡張ファイルエントリを導入して,ファイルストリーム及び組込み生

成時間を考慮する。

参考  この変更は,14.,及び末尾に添付の原規格(参考)Part4 の Figure3 に含まれる。

e)

親 ICB 位置の指定が拡張されて,方策種別 4 を含む。

参考  この変更は,14.6.7 に含まれる。

f)

エクステント長の定義を明確化する。

参考  この変更は,14.14.1.1 に含まれる。


3

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

附属書 1(参考)  ISO/IEC 13346-2 : 1999

Information technology

−Volume and file structure of write-once and rewritable media using non-sequential

recording for information interchange

−Part 2 Volume and boot block recognition

この

附属書 は,規定の一部ではない。


4

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

附属書 2(参考)  ISO/IEC 13346-3 : 1999

Information technology

−Volume and file structure of write-once and rewritable media using non-sequential

recording for information interchange

−Part 3 Volume structure

この

附属書 は,規定の一部ではない。


5

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

附属書 3(参考)  ISO/IEC 13346-4 : 1999

Information technology

−Volume and file structure of write-once and rewritable media using non-sequential

recording for information interchange

−Part 4 File structure

この

附属書 は,規定の一部ではない。


6

X 0607 : 2001 (ISO/IEC 13346-2, 3, 4 : 1999)

附属書 4(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS X 0607 : 2001

  非逐次記録を用いる追記形及び

書換形の情報交換用媒体のボリューム及びファイル

の構造

ISO/IEC 13346-1 : 1995

  一般

ISO/IEC 13346-2 : 1999

  ボリューム認識及び起動ブロック認識

ISO/IEC 13346-3 : 1999

  ボリューム構造

ISO/IEC 13346-4 : 1999

  ファイル構造

ISO/IEC 13346-5 : 1995

  レコード構造

(I)JIS

の規

(III)

国際規格の規定 (IV)JIS と国際規格との技術的差異の項目ごとの

評価及びその内容



内容

(II)

国際規格番号

ISO/IEC 13346-1

ISO/IEC 13346-2

ISO/IEC 13346-3

ISO/IEC 13346-4

ISO/IEC 13346-5

項目
番号

内容

項 目 ご
と の 評

技術的差異の内容

(V)JIS

と国際規

格との技術的差

異の理由及び今
後の対策

第 1 部

一般

第 2 部

ボリューム認
識及び起動ブ

ロック認識

第 3 部

ボリューム構

第 4 部

ファイル構造

第 5 部

レコード構造

MOD/

変更

こ の 規 格 は , 1995 年 に 発 行 さ れ た

ISO/IEC 13346-1

ISO/IEC 13346-5 

翻訳し,技術的内容を変更することな
く,一つにまとめて作成した日本工業規

格であるが,第 2 部以降の規格内容は,
原国際規格を要約したものであり,日本
工業規格の制定に際し,原国際規格の編

集が行われている。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −MOD/変更……国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −MOD……………国際規格を修正している。