>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

1 

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義  

2

4

  コード 128 の仕様  

2

4.1

  シンボル体系の特徴  

2

4.2

  コード 128 の構成  

2

4.3

  キャラクタの符号化  

3

4.4

  寸法  

9

4.5

  参照復号アルゴリズム  

9

4.6

  シンボル品質  

12

4.7

  利用業者規定のアプリケーションパラメタ  

13

4.8

  伝送データ  

14

附属書 A(規定)コード 128 のその他の特性  

15

附属書 B(規定)ファンクションコード 1FNC1)に関する特別な配慮  

16

附属書 C(規定)シンボル体系識別子  

18

附属書 D(参考)シンボルキャラクタ値と ISO/IEC 646 IRV で規定するキャラクタとの関係  

19

附属書 E(参考)シンボル幅を最小とするスタートキャラクタ,コードセットキャラクタ及び 

    シフトキャラクタの使い方  

20

附属書 F(参考)ISO/IEC 8859-1(ラテン系アルファベット No.1)キャラクタセット  

22

附属書 G(参考)利用業者規定のアプリケーションパラメタ  

23

附属書 H(参考)コード 128 使用のためのガイドライン  

24


X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

2 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,一般社団法人電子

情報技術産業協会(JEITA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業

規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業

規格である。

これによって,JIS X 0504:2003 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 X

0504

:2014

(ISO/IEC 15417

:2007

)

自動認識及びデータ取得技術−

バーコードシンボル体系仕様−コード 128

Automatic identification and data capture techniques-

Bar code symbol-CODE128-Basic specifications

序文 

この規格は,2007 年に第 2 版として発行された ISO/IEC 15417 を基に,技術的内容及び構成を変更する

ことなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある参考事項は,対応国際規格にはない事項である。

適用範囲 

この規格は,コード 128 として知られるバーコードシンボル体系の要件を定める。コード 128 のシンボ

ル体系の特徴,データキャラクタの符号化,寸法,復号アルゴリズム,及びシンボル体系識別子を規定す

る。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO/IEC 15417:2007

,Information technology−Automatic identification and data capture techniques

−Code 128 bar code symbology specification(IDT)

なお,対応の程度を表す記号“IDT”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,

“一致している”こ

とを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS X 0201:1997

  7 ビット及び 8 ビットの情報交換用符号化文字集合

注記  対応国際規格:ISO/IEC 646:1991,Information technology−ISO 7-bit coded character set for

information interchange

(MOD)

JIS X 0500-1

  自動認識及びデータ取得技術−用語−第 1 部:一般

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-1,Information technology−Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques

−Harmonized vocabulary−Part 1: General terms relating to AIDC(IDT)

JIS X 0500-2

  自動認識及びデータ取得技術−用語−第 2 部:光学的読取媒体

注記  対応国際規格:ISO/IEC 19762-2,Information technology−Automatic identification and data

capture (AIDC) techniques

−Harmonized vocabulary−Part 2: Optically readable media (ORM)

(IDT)


2

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

JIS X 0520

  自動認識及びデータ取得技術−バーコードシンボル印刷品質の評価仕様−一次元シンボ

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15416,Information technology−Automatic identification and data capture

techniques

−Bar code print quality test specification−Linear symbols(IDT)

JIS X 0530

  データキャリア識別子(シンボル体系識別子を含む)

注記  対応国際規格:ISO/IEC 15424,Information technology−Automatic identification and data capture

techniques

−Data Carrier Identifiers (including Symbology Identifiers)(IDT)

ISO/IEC 8859-1

,Information technology−8-bit single-byte coded graphic character sets−Part 1: Latin

alphabet No.1

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,JIS X 0500-1 及び JIS X 0500-2 による。

コード 128 の仕様 

4.1 

シンボル体系の特徴 

コード 128 の特性は,次のとおりである。

a)

符号化可能なキャラクタ

1)  0

∼127 の値をもつ,JIS X 0201 の ISO/IEC 646 国際基準版(IRV

(以下,ISO/IEC 646 IRV という。

で規定する 128 個全てのキャラクタ

注記  この版は,JIS X 0201 の G0 集合並びにそれぞれ FS,GS,RS 及び US に修正した値 28∼

31

をもつ ISO/IEC 6429 の C0 集合からなる。

2) 128

∼255 のバイト値をもつキャラクタを符号化してもよい。

3)

データでない 4 種類のファンクションキャラクタ

4)  4

種類のコードセット選択キャラクタ

5)  3

種類のスタートキャラクタ

6)  1

種類のストップキャラクタ

b)

コードタイプ  :連続型

c)

シンボルキャラクタ当たりのエレメント数  :6 本(バー3 本及びスペース 3 本で,各エレメントの幅

は 1,2,3 又は 4 モジュールのいずれか)

。ただし,ストップキャラクタに限り 7 本(バー4 本及びス

ペース 3 本)

d)

キャラクタセルフチェック  :あり

e)

シンボル長  :可変

f)

左右両方向読取り  :可能

g)

シンボルチェックキャラクタ  :1 個(必須)

A.1 参照)

h)

シンボルキャラクタ当たりのモジュール数  :11 モジュール(数字キャラクタでは 5.5 モジュール)

i)

データキャラクタではないオーバーヘッド  :35 モジュール

4.2 

コード 128 の構成 

コード 128 シンボルは,次の要素から構成する。

a)

先頭クワイエットゾーン

b)

スタートキャラクタ


3

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

c)

データを表す一つ以上のシンボルキャラクタ及び特殊キャラクタ

d)

シンボルチェックキャラクタ

e)

ストップキャラクタ

f)

末尾クワイエットゾーン

図 は,文字列“AIM”を符号化したコード 128 シンボルである。

先頭クワイ

エットゾーン

スタート

キャラクタ

データキャラクタ

シンボル

チェック

キャラクタ

ストップ

キャラクタ

末尾クワイ

エットゾーン

AIM

図 1−コード 128 シンボル 

4.3 

キャラクタの符号化 

4.3.1 

シンボルキャラクタの構成 

それぞれのシンボルキャラクタは,それぞれが,1,2,3 又は 4 モジュールの幅をもつ,合計 11 モジュ

ール幅の 6 本のエレメント

(バーから始まり左から右に交互に配置される 3 本のバー及び 3 本のスペース)

からなる。全てのシンボルキャラクタは,バーモジュールの合計が偶数であり(偶数パリティ)

,スペース

モジュールの合計は常に奇数となる。このパリティ特性を利用してキャラクタのセルフチェックを行うこ

とができる。ストップキャラクタは,2 モジュール幅のバーエレメントを付加して,合計 13 モジュール幅

からなる。

各シンボルキャラクタには,

表 に記載する数値が割り当てられている。この値は,シンボルチェック

キャラクタの値を計算するときに用いる。また,この数値によって,ISO/IEC 646 IRV のキャラクタ値と

の相互変換も可能となる(

附属書 参照)。表 は,コード 128 の全てのキャラクタ割当てを規定したも

のである。

“エレメント幅”の欄にある数値は,モジュール単位で示されたエレメント幅,すなわち,

法の倍数となっている。

図 に,スタートキャラクタ A を示す。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10 11

2 1

1

4

1

2

図 2−コード 128 のスタートキャラクタ 

図 は,シンボルキャラクタ値 35 を符号化したものであり,コードセットが A 又はコードセット B で

あればデータキャラクタ“C”を表し,コードセットが C であれば 2 桁の数字である“35”を表す。


4

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10 11

1 3 1

3  2

1

図 3−シンボルキャラクタ値 35 

図 に,ストップキャラクタを示す。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10 11 12 13

2 3  3

1

1

1

2

図 4−コード 128 のストップキャラクタ 

注記 1  コードセット A 及びコードセット B でのシンボルキャラクタ値 60 は,JIS X 0201(7 ビット

及び 8 ビットの情報交換用符号化文字集合)では“¥”に相当するが,この規格では“¥”

は使用できない。

注記 2  コードセット B でのシンボルキャラクタ値 94 は,JIS X 0201 では“ ̄”(オーバーライン)

に相当するが,この規格では“ ̄”

(オーバーライン)は使用できない。

4.3.2 

データキャラクタの符号化 

コード 128 には,

表 で示す,コードセット A,コードセット B 及びコードセット C という三つのキャ

ラクタコードセットがあり,それぞれ,各種補助キャラクタと ISO/IEC 646 IRV の部分集合とからなる。

バーとスペースとからなるシンボルキャラクタパターンは,コードセット A,コードセット B 及びコード

セット C それぞれの欄にあるデータキャラクタを表している。どのコードセットを用いるのかは,スター

トキャラクタの種類,又はシンボル内でのコード A キャラクタ,コード B キャラクタ,コード C キャラ

クタ若しくはシフトキャラクタの使用によって決まる。シンボルがスタートキャラクタ A で始まっていれ

ば,まず,コードセット A に設定される。同様に,シンボルが,スタートキャラクタ B 又はスタートキャ

ラクタ C で始まっていれば,コードセット B 及びコードセット C に設定される。コードセットは,同一シ

ンボル内でも,コード A キャラクタ,コード B キャラクタ,コード C キャラクタ又はシフトキャラクタ

を用いることで変更することができる(これら特殊キャラクタの用法については,4.3.4.1 参照)

スタートキャラクタ,コードセットキャラクタ及びシフトキャラクタの組合せを変えると,異なるコー

ド 128 シンボルで,同じデータを表すことができる。アプリケーションでは,使用するコードセットを指

定しないほうがよい。

附属書 に,与えられたデータに対するシンボル長を最小とするための規則を記載

する。復号器は,データ末尾にコードセットキャラクタ又はシフトキャラクタをもつシンボルなど,

附属

書 のアルゴリズムを適用して得られたシンボル以外でも,スタートキャラクタ,コードセットキャラク

タ及びシフトキャラクタ並びにデータの組合せが有効なシンボルを復号しなければならない。


5

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

表 1−コード 128 シンボルキャラクタの構成 

シンボル

キャラク

タ値

コード

セット

A

JIS X 

0201

(セット

A

コード

セット

B

JIS X 

0201

(セット

B

コード

セット

C

エレメント幅

(モジュール)

エレメントパターン

B

S

B

S

B

S

1

2

3

4 5 6 7 8 9

10 11

0

スペース 32 スペース

32

00

2

1

2

2

2

2

1

!

33

!

33

01 2

2

2

1

2

2

2

"

34

"

34

02 2

2

2

2

2

1

3

#

35

#

35

03  1

2

1

2

2

3

4

$

36

$

36

04  1

2

1

3

2

2

5

%

37

%

37

05  1

3

1

2

2

2

6

&

38

&

38

06  1

2

2

2

1

3

7

アポスト

ロフィー

39

アポスト

ロフィー

39

07  1

2

2

3

1

2

8

(

40

(

40

08 1

3

2

2

1

2

9

)

41

)

41

09 2

2

1

2

1

3

10

*

42

*

42

10  2

2

1

3

1

2

11

+ 43 +

43

11  2

3

1

2

1

2

12

コンマ 44 コンマ

44

12

1

1

2

2

3

2

13

-

45

-

45

13 1

2

2

1

3

2

14

ピリオド 46 ピリオド

46

14

1

2

2

2

3

1

15

/

47

/

47

15 1

1

3

2

2

2

16

0

48

0

48

16  1

2

3

1

2

2

17

1

49

1

49

17  1

2

3

2

2

1

18

2

50

2

50

18  2

2

3

2

1

1

19

3

51

3

51

19  2

2

1

1

3

2

20

4

52

4

52

20  2

2

1

2

3

1

21

5

53

5

53

21  2

1

3

2

1

2

22

6

54

6

54

22  2

2

3

1

1

2

23

7

55

7

55

23  3

1

2

1

3

1

24

8

56

8

56

24  3

1

1

2

2

2

25

9

57

9

57

25  3

2

1

1

2

2

26

コロン 58 コロン

58

26

3

2

1

2

2

1

27

セミ

コロン

59

セミ

コロン

59

27  3

1

2

2

1

2

28

<

60

<

60

28  3

2

2

1

1

2

29

= 61 =

61

29  3

2

2

2

1

1

30

>

62

>

62

30  2

1

2

1

2

3

31

?

63

?

63

31  2

1

2

3

2

1

32

@

64

@

64

32  2

3

2

1

2

1

33

A

65

A

65

33  1

1

1

3

2

3

34

B

66

B

66

34  1

3

1

1

2

3

35

C

67

C

67

35  1

3

1

3

2

1

36

D

68

D

68

36  1

1

2

3

1

3

37

E

69

E

69

37  1

3

2

1

1

3

38

F

70

F

70

38  1

3

2

3

1

1

39

G

71

G

71

39  2

1

1

3

1

3

40

H

72

H

72

40  2

3

1

1

1

3


6

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

表 1−コード 128 シンボルキャラクタの構成(続き) 

シンボル

キャラク

タ値

コード

セット

A

JIS X 

0201

(セット

A

コード

セット

B

JIS X 

0201

(セット

B

コード

セット

C

エレメント幅

(モジュール)

エレメントパターン

B

S

B

S

B

S

1

2

3

4 5 6 7 8 9

10 11

41

I

73

I

73

41 2

3

1

3

1

1

42

J

74

J

74

42 1

1

2

1

3

3

43

K

75

K

75

43  1

1

2

3

3

1

44

L

76

L

76

44  1

3

2

1

3

1

45

M

77

M

77

45  1

1

3

1

2

3

46

N

78

N

78

46  1

1

3

3

2

1

47

O

79

O

79

47  1

3

3

1

2

1

48

P

80

P

80

48  3

1

3

1

2

1

49

Q

81

Q

81

49  2

1

1

3

3

1

50

R

82

R

82

50  2

3

1

1

3

1

51

S

83

S

83

51  2

1

3

1

1

3

52

T

84

T

84

52  2

1

3

3

1

1

53

U

85

U

85

53  2

1

3

1

3

1

54

V

86

V

86

54  3

1

1

1

2

3

55

W

87

W

87

55  3

1

1

3

2

1

56

X

88

X

88

56  3

3

1

1

2

1

57

Y

89

Y

89

57  3

1

2

1

1

3

58

Z

90

Z

90

58  3

1

2

3

1

1

59

[

91

[

91

59 3

3

2

1

1

1

60

\ 92 \

92

60  3

1

4

1

1

1

61

]

93

]

93

61 2

2

1

4

1

1

62

^

94

^

94

62  4

3

1

1

1

1

63

_

95

_

95

63  1

1

1

2

2

4

64 NUL 00

アクサン

グラーブ

96

64  1

1

1

4

2

2

65

SOH

01

a

97

65  1

2

1

1

2

4

66

STX

02

b

98

66  1

2

1

4

2

1

67

ETX

03

c

99

67  1

4

1

1

2

2

68

EOT

04

d

100

68  1

4

1

2

2

1

69

ENQ

05

e

101

69

1

1

2

2

1

4

70

ACK

06

f

102

70

1

1

2

4

1

2

71

BEL

07

g

103

71  1

2

2

1

1

4

72

BS

08

h

104

72  1

2

2

4

1

1

73

HT

09

i

105

73  1

4

2

1

1

2

74

LF

10

j

106

74  1

4

2

2

1

1

75

VT

11

k

107

75  2

4

1

2

1

1

76

FF

12

l

108

76  2

2

1

1

1

4

77

CR

13

m

109

77  4

1

3

1

1

1

78

SO

14

n

110

78  2

4

1

1

1

2

79

SI

15

o

111

79  1

3

4

1

1

1

80

DLE

16

p

112

80  1

1

1

2

4

2

81

DC1

17

q

113

81  1

2

1

1

4

2

82

DC2

18

r

114

82  1

2

1

2

4

1

83

DC3

19

s

115

83  1

1

4

2

1

2

84

DC4

20

t

116

84  1

2

4

1

1

2


7

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

表 1−コード 128 シンボルキャラクタの構成(続き) 

シンボル

キャラク

タ値

コード

セット

A

JIS X 

0201

(セット

A

コード

セット

B

JIS X 

0201

(セット

B

コード

セット

C

エレメント幅

(モジュール)

エレメントパターン

B

S

B

S

B

S

1

2

3

4 5 6 7 8 9

10 11

85

NAK

21

u

117

85

1

2

4

2

1

1

86

SYN

22

v

118

86  4

1

1

2

1

2

87

ETB

23

w

119

87  4

2

1

1

1

2

88

CAN

24

x

120

88

4

2

1

2

1

1

89

EM

25

y

121

89  2

1

2

1

4

1

90

SUB

26

z

122

90  2

1

4

1

2

1

91

ESC

27

{

123

91  4

1

2

1

2

1

92

FS

28

|

124

92  1

1

1

1

4

3

93

GS

29

}

125

93  1

1

1

3

4

1

94 RS 30

126

94  1

3

1

1

4

1

95

US

31

DEL  127

95  1

1

4

1

1

3

96  FNC3

FNC3

96  1

1

4

3

1

1

97  FNC2

FNC2

97  4

1

1

1

1

3

98

シフト

シフト

98  4

1

1

3

1

1

99

コード C  コード C

99

1

1

3

1

4

1

100

コード B

 FNC4

コード B

1

1

4

1

3

1

101 FNC4

コード A  コード A

3

1

1

1

4

1

102  FNC1

FNC1

FNC1 4

1

1

1

3

1

103

スタート A

2

1

1

4

1

2

104

スタート B

2

1

1

2

1

4

105

スタート C

2

1

1

2

3

2

シンボル

キャラクタ

コード

セット

A

コード

セット

B

コード

セット

C

エレメント幅

(モジュール)

エレメントパターン

B

S

B

S

B

S

B

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10  11 12 13

ストップ

2

3

3

1

1

1

2

注記  ストップキャラクタは,13 モジュールからなり,4 本のバー及び 3 本のスペースをもつ。これ

以外のキャラクタの幅は,全て 11 モジュールで,バーから始まりスペースで終わる 6 エレメン

トからなる。各エレメントの幅は,1 モジュール幅から 4 モジュール幅までの範囲で変化する。

B

及び S の欄にある数値が,シンボルキャラクタにおけるバー及びスペースそれぞれのモジュ

ール数を表している。

4.3.3 

コードセット 

4.3.3.1 

コードセット 

コードセット A には,全ての標準的な英大文字,数字,句読文字及び制御文字(ISO/IEC 646 IRV で規

定する 00∼95 の値の文字)並びに 7 個の特殊キャラクタが含まれる。

4.3.3.2 

コードセット 

コードセット B には,全ての標準的な英大文字,数字,句読文字及び英小文字(ISO/IEC 646 IRV で規

定する 32∼127 の値の文字)並びに 7 個の特殊キャラクタが含まれる。

4.3.3.3 

コードセット 

コードセット C には,00∼99 の 2 桁数字 100 個と特殊キャラクタ 3 個とが含まれる。このコードセット


8

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

によって,一つのシンボルキャラクタに 2 桁からなる数字データを符号化することができる。

4.3.4 

特殊キャラクタ 

コードセット A 及びコードセット B における最後の 7 キャラクタ(キャラクタ値 96∼102)とコードセ

ット C における最後の 3 キャラクタ(キャラクタ値 100∼102)とは,同等の ISO/IEC 646 IRV で規定する

キャラクタがない特殊な非データキャラクタで,バーコード読取装置にとって重要な意味をもつ。

4.3.4.1 

コードセットキャラクタ及びシフトキャラクタ 

コードセットキャラクタ及びシフトキャラクタは,一つのシンボル内で,あるコードセットから他のコ

ードセットに変更するために使用されなければならないが,それらは復号器によって伝送されてはならな

い。

a)

コードセットキャラクタ  コード A,コード B 又はコード C キャラクタは,既に規定されているシン

ボルコードセットを,それぞれが規定する新しいコードセットへと変更する。この変更は,シンボル

末尾に至るまで,又は別のコードセットキャラクタ若しくはシフトキャラクタと出会うまで,コード

セットキャラクタに続く全てのキャラクタに適用される。

b)

シフトキャラクタ  シフトキャラクタは,シフトキャラクタに続く 1 キャラクタのコードセットを A

から B 又は B から A へと変更する。変更されたキャラクタに続くキャラクタは,シフトキャラクタ

の前で設定されていたコードセット A 又はコードセット B に戻る。シフトが適用されるシンボルキャ

ラクタは,コードセットキャラクタ又はシフトキャラクタであってはならない。

4.3.4.2 

ファンクションキャラクタ 

ファンクションキャラクタ(FNC)は,バーコードリーダに与える命令を規定したもので,これによっ

てバーコードリーダが特別な操作又は用途に対応できるようになる。

a) FNC1

には,

附属書 に規定されている特別な配慮が必要である。

b) FNC2

(メッセージの連結)は,バーコードリーダに,FNC2 キャラクタを含むシンボルから得たデー

タを一時的に保存し,これを次のシンボルデータの前に付加して伝送するよう指示する。これは,伝

送する前に複数のシンボルを連結するために用いることができる。このキャラクタはシンボルのどの

位置に現れてもよいが,データの順序が重要である場合は,正しい順序でシンボルを読み取ることが

できるよう規定を設けておいたほうがよい。

c) FNC3

(初期化)は,バーコードリーダに,FNC3 キャラクタを含むシンボルから得たデータをバーコ

ードリーダの初期化又は再プログラミングに関わる命令として解釈するよう指示する。ここで得たデ

ータは,バーコードリーダから伝送されない。このキャラクタは,シンボルのどの位置に現れてもよ

い。

d) FNC4

は,ISO/IEC 8859-1 又はアプリケーション仕様で規定する拡張キャラクタセット(バイト値 128

∼255)を表現するために用いられる。FNC4 を単独で用いると,シンボルの中で,FNC4 に続く一つ

のデータキャラクタの ISO/IEC 646 IRV で規定する値に 128 が加算される。次のデータキャラクタの

コードセットを変更しなければならない場合は,シフトキャラクタを FNC4 キャラクタの後に置いて

もよい。これ以降のデータキャラクタは標準の ISO/IEC 646 IRV キャラクタセットへと戻る。連続し

た二つの FNC4 キャラクタを用いると,別の連続した二つの FNC4 キャラクタを読み取るか,シンボ

ル末尾に至るまで,FNC4 に続く全てのデータキャラクタの ISO/IEC 646 IRV で規定する値に 128 が

加算される。拡張形式で符号化している間に,単独の FNC4 キャラクタを読み取った場合には,次の

データキャラクタだけを標準の ISO/IEC 646 IRV 形式で符号化する。このような操作の間でも,シフ

トキャラクタ及びコードセットキャラクタは,通常どおり機能する。拡張した値 128∼255 のデフォル


9

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

ト参照キャラクタセットは,

附属書 で示すように,ISO/IEC 8859-1 の Latin Alphabet 1 の半分に対応

する。ただし,アプリケーション仕様書において,バイト値 128∼255 に対応するものとして別のキャ

ラクタセットを規定,参照してもよい。

注記 FNC4 を ISO/IEC 8859-1 以外で用いる場合は,利用業者間で十分合意をしておく必要がある。

その場合でも,

JIS

又は ISO 規格で規定する符号化キャラクタセットを用いるのが望ましい。

4.3.4.3 

スタートキャラクタ及びストップキャラクタ 

スタートキャラクタ A,スタートキャラクタ B 及びスタートキャラクタ C は,シンボルで最初に用いら

れるコードセットを決める。

ストップキャラクタは,全てのコードセットに共通である。

スタートキャラクタ及びストップキャラクタは,復号器によって伝送してはならない。

4.3.5 

シンボルチェックキャラクタ 

シンボルチェックキャラクタは,ストップキャラクタの直前に,最後のシンボルキャラクタとして配置

しなければならない。A.1 は,シンボルチェックキャラクタを計算するアルゴリズムを規定している。シ

ンボルチェックキャラクタは,可読文字として表示せず,復号器によって伝送してはならない。

4.4 

寸法 

4.4.1 

公称モジュール幅(X 

モジュール幅は,コード 128 を生成する装置及び読み取る装置の能力並びにアプリケーションの一般要

件を満たしているかを十分に考慮した上で,アプリケーション仕様書で定義することが望ましい。4.7.1 

照。

一つのシンボルでは,寸法を一定とする。

4.4.2 

クワイエットゾーン 

コード 128 シンボルの先頭及び末尾にあるクワイエットゾーンの最小幅:10X

4.4.3 

シンボル幅 

クワイエットゾーンを含めたコード 128 シンボルの幅 W(mm)は,次の式で計算することができる。

(

)

[

]

Q

X

C

W

2

2

2

11

+

+

+

=

ここに,

W

シンボルの幅(

mm

C

データキャラクタの数(シンボルチェックキャラクタを含
む。

X

細エレメント幅(

mm

Q

クワイエットゾーンの幅(

mm

注記

この式で値を求める前に,シンボルキャラクタの数を決定するために,

附属書 の規則又は別

のアルゴリズムを適用することが必要である。

4.5 

参照復号アルゴリズム 

バーコード読取りシステムは,実際のアルゴリズムが許容する範囲で,不完全なシンボルでも読み取る

ことができるように設計されている。ここでは,JIS X 0520 に規定する復号容易度を計算するときに用い

る参照復号アルゴリズムについて規定する。

このアルゴリズムには,バーコード化されている個々のキャラクタを復号するステップを含む。

a)

8

か所(

p

e

1

e

2

e

3

e

4

b

1

b

2

及び

b

3

)の寸法を求める(

図 参照)。


10

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

b

1

b

2

b

3

e

1

e

3

e

2

e

4

p

図 5−復号のための寸法 

b)

  e

1

e

2

e

3

及び

e

4

の寸法を正規化して

E

1

E

2

E

3

及び

E

4

とするが,この値は,これらの寸法のモジュ

ール幅の整数値(

E

i

)を表す。

e

i

に応じて,次の方法で

E

i

を求める。

1.5p/11

e

i

<2.5p/11

の場合:

E

i

2

2.5p/11

e

i

<3.5p/11

の場合:

E

i

3

3.5p/11

e

i

<4.5p/11

の場合:

E

i

4

4.5p/11

e

i

<5.5p/11

の場合:

E

i

5

5.5p/11

e

i

<6.5p/11

の場合:

E

i

6

6.5p/11

e

i

<7.5p/11

の場合:

E

i

7

e

i

がこの範囲にない場合,そのキャラクタは誤りとなる。

c)

E

1

E

2

E

3

及び

E

4

を基に,復号表からキャラクタを探し出す(

表 参照)。

d)

キャラクタと同時に,キャラクタのセルフチェック値

V

も表から取り出す。値

V

は当該キャラクタで

規定されているバーのモジュール総数に等しい。

e)

次の式を満たしているか検証する。

(

) (

) (

)

11

75

.

1

11

75

.

1

3

2

1

p

V

b

b

b

p

V

+

<

+

+

<

これを満たしていない場合,そのキャラクタは誤りとなる。

1

モジュールのエッジ誤りに起因する全ての復号誤りを検出できるように,キャラクタパリティを

二次的にこの計算で用いる。

上記の

5

ステップを用いて最初のキャラクタを復号する。これがスタートキャラクタの場合は,順方向

にシンボルの復号を進める。最初に復号したのがスタートキャラクタではなく,ストップキャラクタであ

った場合は,続く全てのキャラクタを逆方向に復号する。

全てのキャラクタの復号を終えたら,有効なスタートキャラクタ及びストップキャラクタがあること並

びにシンボルチェックキャラクタが正しいことを確認する。

シンボルで用いられているスタートキャラクタ,コードキャラクタ及びシフトキャラクタに従って,コ

ードセット

A

,コードセット

B

及びコードセット

C

から,シンボルキャラクタを対応するデータキャラク

タに変換する。

さらに,特定の読取装置とアプリケーション環境とを考えたときに妥当なものとなるように,クワイエ

ットゾーン,ビーム速度,タイミング,寸法などについても二次的なチェックも行う。

注記

このアルゴリズムでは,

“エッジから類似エッジまで”の寸法(

e

)と,

3

本のバー幅の合計寸

法とを用いてシンボルを復号する。


11

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

表 2−コード 128 の復号で用いるエッジ間距離 

キャラ
クタ値

E

1

E

2

E

3

E

4

 V

キャラ
クタ値

E

1

E

2

E

3

E

4

 V

00 3 3 4 4 6 46 2 4 6 5 6

01 4 4 3 3 6 47 4 6 4 3 6

02 4 4 4 4 6 48 4 4 4 3 8

03 3 3 3 4 4 49 3 2 4 6 6

04 3 3 4 5 4 50 5 4 2 4 6

05 4 4 3 4 4 51 3 4 4 2 6

06 3 4 4 3 4 52 3 4 6 4 6

07 3 4 5 4 4 53 3 4 4 4 8

08 4 5 4 3 4 54 4 2 2 3 6

09 4 3 3 3 4 55 4 2 4 5 6

10 4 3 4 4 4 56 6 4 2 3 6

11 5 4 3 3 4 57 4 3 3 2 6

12 2 3 4 5 6 58 4 3 5 4 6

13 3 4 3 4 6 59 6 5 3 2 6

14 3 4 4 5 6 60 4 5 5 2 8

15 2 4 5 4 6 61 4 3 5 5 4

16 3 5 4 3 6 62 7 4 2 2 6

17 3 5 5 4 6 63 2 2 3 4 4

18 4 5 5 3 6 64 2 2 5 6 4

19 4 3 2 4 6 65 3 3 2 3 4

20 4 3 3 5 6 66 3 3 5 6 4

21 3 4 5 3 6 67 5 5 2 3 4

22 4 5 4 2 6 68 5 5 3 4 4

23 4 3 3 4 8 69 2 3 4 3 4

24 4 2 3 4 6 70 2 3 6 5 4

25 5 3 2 3 6 71 3 4 3 2 4

26 5 3 3 4 6 72 3 4 6 5 4

27 4 3 4 3 6 73 5 6 3 2 4

28 5 4 3 2 6 74 5 6 4 3 4

29 5 4 4 3 6 75 6 5 3 3 4

30 3 3 3 3 6 76 4 3 2 2 4

31 3 3 5 5 6 77 5 4 4 2 8

32 5 5 3 3 6 78 6 5 2 2 4

33 2 2 4 5 4 79 4 7 5 2 6

34 4 4 2 3 4 80 2 2 3 6 6

35 4 4 4 5 4 81 3 3 2 5 6

36 2 3 5 4 4 82 3 3 3 6 6

37 4 5 3 2 4 83 2 5 6 3 6

38 4 5 5 4 4 84 3 6 5 2 6

39 3 2 4 4 4 85 3 6 6 3 6

40 5 4 2 2 4 86 5 2 3 3 6

41 5 4 4 4 4 87 6 3 2 2 6

42 2 3 3 4 6 88 6 3 3 3 6

43 2 3 5 6 6 89 3 3 3 5 8

44 4 5 3 4 6 90 3 5 5 3 8

45 2 4 4 3 6 91 5 3 3 3 8


12

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

表 2−コード 128 の復号で用いるエッジ間距離(続き) 

キャラ
クタ値

E

1

E

2

E

3

E

4

 V

キャラ
クタ値

E

1

E

2

E

3

E

4

 V

92 2 2 2 5 6

100

2 5 5 4 8

93 2 2 4 7 6

101

4 2 2 5 8

94 4 4 2 5 6

102

5 2 2 4 8

95 2 5 5 2 6

103

3 2 5 5 4

96 2 5 7 4 6

104

3 2 3 3 4

97 5 2 2 2 6

105

3 2 3 5 6

98 5 2 4 4 6

Stop

A

5 6 4 2 6

99 2 4 4 5 8

Stop

B

3 2 2 4 6

注記 Stop

A

の値は,順方向で復号した場合の値である。Stop

B

の値は,逆方向で読み取ったとき,ストップキャラ

クタの右端から 6 エレメントまでに適用する。

4.6 

シンボル品質 

4.6.1 

試験仕様 

シンボルがこの規格の仕様に適合するか否かを検証するため,バーコードシンボルを測定し,グレード

付けするための標準化された手法を規定している JIS X 0520 並びに 4.6.2 及び 4.6.3 に補足する試験仕様を

用いて,当該シンボルを試験する。JIS X 0520 は,測定条件を規定し,バーコードシンボルの属性に基づ

いて総合的な品質グレードを決定する方法を規定している。JIS X 0520 に基づいて“復号”パラメタ及び

“復号容易度”パラメタを評価するために,4.5 に規定する参照復号アルゴリズムを用いる。

総合的なシンボルグレードは,次の例に示す形式で表記する。

1.5/10/660

ここに,

 1.5

総合シンボル品質グレード

10

測定開口径番号(この例では直径

0.25 mm

660

ピーク応答波長[ナノメータ(

nm

JIS X 0520

は,シンボル体系仕様で,追加の合格基準・不合格基準を定めることを許容している。コー

128

について,追加基準を 4.6.3 に定める。これらの要求事項を満たさない,いかなる個々の走査波形

も品質グレードは,

0

とする。

4.6.2 

復号容易度 

復号容易度の値

V

を計算するときには,JIS X 0520 の規定を補足する,次の規定も適用する。

V

C

K/(S/2n)

V

C

V

1

に置き換え,

V

1

を計算する。

V

2

を計算する。

1.75

11

1.75

b

2

M

S

W

V

×

=

ここに,

W

b

キャラクタにおけるバーの幅の合計

S

キャラクタ全体の幅

M

キャラクタにある黒モジュールの数

注記 1

W

b

及び

S

は,同じ測定単位とする。

V

C

は,

V

1

V

2

のいずれか小さい方とする。

注記 2

ストップキャラクタには,終端バーが追加されている。復号容易度を測定するためには,ス

トップキャラクタを

2

回確認することが望ましい。まず,左端から

6

エレメントまでを確認

し,次に右端から

6

エレメントまでを右から左に向かって確認する。いずれの

6

エレメント


13

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

のセットも標準キャラクタと同じ幅となる。

4.6.3 

追加のパラメタ−クワイエットゾーン 

JIS X 0520

は,各シンボル体系の仕様書で合格基準・不合格基準を規定することを認めている。コード

128

の場合は,クワイエットゾーンを

10Z

以上に規定する。JIS X 0520 では,走査反射率波形ごとに左右

のクワイエットゾーンを測定し,次のようにグレード付けしなければならない。

クワイエットゾーン≧

10Z

  :グレード

4

クワイエットゾーン<

10Z

  :グレード

0

注記

4.6.3

の要件は,設定値ではなくて,パラメタの実際の測定値を基礎とする。したがって,

X

法よりも

Z

寸法の方が適切である。

4.7 

利用業者規定のアプリケーションパラメタ 

利用業者が規定するアプリケーションパラメタを,次に示すほか

附属書 に示す。

4.7.1 

シンボル体系及びデータ特性 

アプリケーション仕様書では,次のパラメタを考慮することが望ましい。

a)

必要に応じて,符号化できるキャラクタセットのサブセットを選択する。

注記

この規格は,一つのコードセットに制限しないことを推奨する。例えば,シンボルを構築す

るとき,コードセット

A

だけを用いることは,実質的な効果をもたらさない。しかしながら,

ある用途で有効なデータキャラクタを制限すること,例えば,数字データだけに制限するこ

とは,許容される。

b)

シンボル中のデータキャラクタの数。これは固定・可変のいずれでもよいし,規定された最大数まで

の範囲で可変としてもよい。

c)

(必須のシンボルチェックキャラクタとは別に)データチェックキャラクタを使用するのか。使用す

るのであれば,計算に用いるアルゴリズムも考慮する。標準的な読取装置は,データチェックキャラ

クタを検証せず,単に通常のデータとして伝送する。

d)

最低限のシンボル品質グレード(測定開口及び規定波長を含む。

)が規定されている場合に,最小

X

寸法又は

X

寸法の範囲を規定するかどうか。

e)

最小バー高さ

f)

 10X

よりも大きい最小クワイエットゾーン(

X

寸法が所定の値より小さいシンボルをペン式リーダで

スキャンする場合など,予想されるスキャン条件に必要であるとき)

g)

 FNC4

と合わせて用いる拡張キャラクタセット

h)

データ伝送時のシンボル体系識別子の使用(4.8 参照)

4.7.2 

光学的特性 

当該アプリケーションでシンボルの読取りができるようにするには,特定の光学パラメタを指定する必

要がある。アプリケーション規格では,このパラメタを選択し,次の規定を含めなければならない。

ピーク応答波長

シンボル及び読取装置の適合すべきスペクトル半値幅

スキャナの測定開口径

バー及びスペースの反射率パラメタ

光学測定の実施条件

バーコードシンボル内の欠陥の許容程度

附属書 に例を示す。


14

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

注記

ピーク応答波長(

peak response wavelength

)は,バーコードシンボルから反射した光信号を感知

するためにスキャナに実装された素子の感度が最大となる波長を意味する。

4.7.3 

試験仕様 

JIS X 0520

に従ってシンボルを測定する場合,アプリケーション仕様では,許容可能な最低限の総合的

なシンボルグレード(最低グレードレベル,必要な測定開口及びピーク応答波長を含む。

)を規定すること

が望ましい。

1.5/10/660

ここに,

 1.5

総合シンボル品質グレード

10

測定開口径番号(この例では直径

0.25 mm

660

ピーク応答波長[ナノメータ(

nm

注記

測定開口径番号については,JIS X 0520 

表 を参照。

4.8 

伝送データ 

復号されたコード

128

シンボルから伝送するデータは,データキャラクタのバイト値からなる。アプリ

ケーションで必要な場合,

附属書 で規定するデータキャリア識別子を,このバイト値の前に置く。スタ

ートキャラクタ,ストップキャラクタ,ファンクションキャラクタ,コードセットキャラクタ,シフトキ

ャラクタ及びシンボルチェックキャラクタは,B.4 で規定する

FNC1

を除いて,伝送データに含まない。


15

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 A

(規定)

コード 128 のその他の特性

A.1 

シンボルチェックキャラクタ 

コード

128

のシンボルチェックキャラクタは,次の規則に従って計算する。

a)

表 からシンボルキャラクタ値を得る。

b)

シンボルキャラクタの各位置に重みを与える。スタートキャラクタの重みは

1

である。左から,スタ

ートキャラクタ直後のシンボルキャラクタから始めて,シンボルチェックキャラクタ(それ自身は含

まない。

)までの全てのシンボルキャラクタの重みを,

1

2

3

4

n

とする。

n

は,スタート・ス

トップキャラクタ及びシンボルチェックキャラクタを除く,シンボル内でデータ又は特殊情報を表現

しているシンボルキャラクタの数を示している。

注記

スタートキャラクタ及びスタートキャラクタ直後のシンボルキャラクタの重みはいずれも

1

”とする。

c)

それぞれのシンボルキャラクタ値にそれぞれがもつ重みを乗じ,積を求める。

d)

ステップ c)で得た積の総和を求める。

e)

積の総和を

103

で除す。

f)

ステップ e)の計算で得た剰余が,シンボルチェックキャラクタのシンボルキャラクタ値となる。

データ“

AIM1234

”のシンボルチェックキャラクタ値を求める場合

キャラクタ

スタート B

コード C 12 34 

キャラクタ値[ステップ a)

104

33 41 45

99

12 34

重み[ステップ b)

1

1 2 3

4

5 6

積[ステップ c)

104 33

82

135

396 60

204

積の総和[ステップ d)] 1

014

103

で除す[ステップ e)] 1

014

÷103=9

剰余 87

剰余=シンボルチェックキャラクタ値 87

シンボルチェックキャラクタは,最後のデータ又は特殊キャラクタの直後にあり,かつ,ストップキャ

ラクタより前になければならない。

シンボルチェックキャラクタは,可読表示してはならず,復号器によって伝送してはならない。

A.2 

可読表示 

データキャラクタの可読表示(復号器が伝送するキャラクタと一致することが望ましい。

)は,このデー

タキャラクタを符号化しているコード

128

シンボルと合わせて印刷することが望ましい。スタートキャラ

クタ,ストップキャラクタ及び特殊キャラクタは,印刷してはならない。文字の大きさ及びフォントは,

規定しない。クワイエットゾーンの領域を侵さなければ,シンボルの周囲のどこに印刷してもよい(4.4.2

参照)

なお,コード

128

使用のガイドラインについては,

附属書 参照。


16

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 B

(規定)

ファンクションコード 1(FNC1)に関する特別な配慮

B.1 

先頭位置にある FNC 1GS1 システム用に割当て 

AIM, Inc.

GS1

[以前の

EAN International

及び

Uniform Code Council (UCC)

]との間の取決めに基づき,

コード

128

シンボルにおいて,スタートキャラクタに続く第

1

シンボルキャラクタ位置での

FNC1

の使用

は,

GS1

システム専用として割り当てられている。

FNC1

キャラクタ直後に続くデータの内容は,

GS1

規定するデータ構造に適合しなければならない。

GS1

は,広い範囲の特定分野でコード

128

を用いてデー

タを符号化するための,一貫性のある国際アプリケーション規格を開発しており,この国際アプリケーシ

ョン規格は,

GS1

総合仕様書に全て記述されている。

GS1

本部の住所を,次に示す。

GS1

Blue Tower, Avenue Louise 326, bte 10,

B-1050 BRUSSELS

Belgium

GS1

Princeton Pike Corporate Center

1009 Lenox Drive, Suite 202

Lawrenceville, NJ 08648

USA

GS1

総合仕様書の最新版は,この組織又はその支部である各国加盟組織から入手することができる。

GS1

システム用のシンボルでは,

2

番目のキャラクタ位置にある

FNC1

の使用は,許可されていない。

B.2 2

番目の位置にある FNC 1AIM グローバル用に割当て 

AIM

グローバル及び他の組織による取決めに基づき,コード

128

シンボルにおいて,スタートキャラク

タに続く第

2

シンボルキャラクタ位置での

FNC1

の使用は,特定のアプリケーション(そのシンボルが他

のコード

128

シンボルと明確に区別すべき必要性が示されている。

に適合しているシンボルを示すために

割り当てられている。第

1

シンボルキャラクタ位置で用いることのできるキャラクタは,コードセット

C

00

99

並びに

A

Z

及び

a

z

である。これ以外のキャラクタをシンボルとして表しても無効である。

アプリケーションの詳細は,

AIM

グローバルから入手できる。

AIM

グローバルの住所を,次に示す。

AIM Global

125 Warrendale-Bayne Road

Suite 100

Warrendale, PA 15086

USA


17

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

B.3 

その他の用途 

FNC1

シンボルキャラクタは,シンボルチェックキャラクタとして現れても有効である。

3

又はそれ以降のキャラクタ位置にある

FNC1

は,データ領域セパレータとして用い,ISO/IEC 646 

IRV

で規定するキャラクタの

29 (GS)

として伝送される。

B.4 

伝送データ 

1

又は第

2

データ位置に

FNC1

をもつコード

128

シンボルを利用するアプリケーションでは,データ

キャリア識別子の伝送の許可を要求しておくことが望ましい。

FNC1

を第

1

又は第

2

データ位置で用いる

場合は,データキャリア識別子の中で変更子値

1

又は変更子値

2

を用いることで

FNC1

の存在が示される

が,伝送メッセージの中で表現してはならない。

FNC1

を第

2

データ位置で用いる場合,

FNC1

の直前及びそれ以降にあるシンボルキャラクタは,

FNC1

キャラクタが存在していないときのように伝送される。

3

又はそれ以降のキャラクタ位置にある

FNC1

は,キャラクタ

GS

ISO/IEC 646 IRV で規定するキャ

ラクタの

29

)として伝送される。


18

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 C 
(規定)

シンボル体系識別子

復号器によっては,復号されるデータメッセージにプリアンブルとして,シンボル体系識別子を付加す

るようプログラミングされる場合もある。JIS X 0530 でコード

128

には,次のシンボル体系識別子が割り

当てられている。

]Cm

ここに,

]

ISO/IEC 646 IRV

で規定するキャラクタの

93

C

コード

128

シンボル体系に付与されているコードキャラクタ

m

表 C.1 に記載されているいずれかの値をもつ変更子

表 C.1−コード 128 で用いられる変更子の値 

m

オプション

0

標準データパケット,スタートキャラクタに続く第 1 又は第 2 シンボルキャラクタ位置にフ

ァンクションコード 1 なし。

1 GS1-128

(UCC/EAN-128 としても知られる)データパケット。スタートキャラクタに続く第

1

シンボルキャラクタ位置にファンクションコード 1 あり。

2

スタートキャラクタに続く第 2 シンボルキャラクタ位置にファンクションコード 1 あり。

4

ISBT (International Society for Blood transfusion)-128

仕様書に従って連結,連結データが続く。

この情報は,バーコードシンボルに符号化してはならない。また,この情報は,復号器が復号後に生成

し,データメッセージのプリアンブルとして伝送することが望ましい。


19

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 D 
(参考)

シンボルキャラクタ値と ISO/IEC 646 IRV で規定するキャラクタとの関係

シンボルキャラクタ値(

S

)を ISO/IEC 646 IRV で規定するキャラクタ値(十進数)に変換する(又は

その逆)ときに,コードセット

A

及びコードセット

B

に,次の関係を適用することができる。

コードセット

A

S

63

の場合

ISO/IEC 646 IRV

の値=

S

32

64

S

95

の場合

ISO/IEC 646 IRV

の値=

S

64

コードセット

B

S

95

の場合

ISO/IEC 646 IRV

の値=

S

32

結果として得た値を,

表 に示す。

注記

4.3.4.2 d)

にあるように,

FNC4

キャラクタがあると,これに続く一つ又は複数のデータキャラ

クタの ISO/IEC 646 IRV の値が上記の規則に従って導き出され,この値に

128

が加算される。


20

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 E

(参考)

シンボル幅を最小とするスタートキャラクタ,

コードセットキャラクタ及びシフトキャラクタの使い方

同じデータであっても,スタートキャラクタ,コードセットキャラクタ及びシフトキャラクタの組合せ

を変えれば,様々なコード

128

シンボルで表現することができる。

与えられたデータ文字列を表現するために必要なシンボルキャラクタ数(したがって,シンボル全体の

幅にも通じる。

)を最小に抑える規則は,プリンタの制御ソフトウェアで標準的に実現されているのが望ま

しい。

a)

スタートキャラクタの決定

1)

データが

2

桁からなる場合は,スタートキャラクタ

C

を用いる。

2)

データが

4

個以上の数字データキャラクタから始まっている場合は,スタートキャラクタ

C

を用い

る。

3)

下段キャラクタの前に制御文字(

NUL

)がある場合は,スタートキャラクタ

A

を用いる。

4)

上記以外の場合は,スタートキャラクタ

B

を用いる。

b)

スタートキャラクタ

C

が用いられており,データが奇数個の数字データキャラクタで始まっている場

合は,上記の a)

3)

及び a)

4)

の規則に従ってコードセット

A

又はコードセット

B

を選んだ上で,最終

桁の前にコードセット

A

キャラクタ又はコードセット

B

キャラクタを挿入する。

c)

コードセット

A

又はコードセット

B

であるときに,

4

個以上の数字データキャラクタが現れる場合

1)

偶数個の数字データキャラクタがある場合は,

1

桁目の数字の前にコードセット

C

キャラクタを挿

入して,コードセット

C

に変更する。

2)

奇数個の数字データキャラクタがある場合は,

1

桁目の数字の直後にコードセット

C

キャラクタを

挿入して,コードセット

C

に変更する。

d)

コードセット

B

であるときに,制御文字がデータに現れる場合

1)

この制御文字から別の制御文字が現れるまでの間に,データ内で下段キャラクタが現れる場合は,

制御文字の前にシフトキャラクタを挿入する。

2)

上記以外の場合は,制御文字の前にコードセット

A

キャラクタを挿入して,コードセット

A

に変更

する。

e)

コードセット

A

であるときに,下段キャラクタがデータに現れる場合

1)

この下段キャラクタから別の下段キャラクタが現れるまでの間に,データ内で制御文字が現れる場

合は,下段キャラクタの前にシフトキャラクタを挿入する。

2)

上記以外の場合は,下段キャラクタの前にコードセット

B

キャラクタを挿入して,コードセット

B

に変更する。

f)

コードセット

C

であるときに,数字以外のキャラクタがデータに現れる場合は,a)

3)

及び a)

4)

の規則

に従ってコードセット

A

又はコードセット

B

を選んだ上で,問題のキャラクタの前にコードセット

A

キャラクタ又はコードセット

B

キャラクタを挿入する。

注記 1

この規則中に見られる“下段”という用語は,厳密にはコード

128

のキャラクタ値が

64

95


21

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

ISO/IEC 646 IRV の値

96

127

,すなわち,全ての下段キャラクタか

 `{|}

DEL

のいずれ

かであるコードセット

B

キャラクタを意味するものとして便宜的に用いたものである。

“制

御文字”という場合は,コード

128

のキャラクタ値が

64

95

ISO/IEC 646 IRV の値

00

31

であるコードセット

A

キャラクタを意味している。

注記 2

スタートキャラクタに続く最初の位置,又は数字フィールドの奇数番目の位置に

FNC1

が現

れた場合は,適切なコードセットを決定できるように,これを

2

桁で扱うとよい。

注記 3

データに ISO/IEC 646 IRV の値が

127

を超えるキャラクタが含まれている場合は,その値か

128

を減じて,コードセット

A

又はコードセット

B

のうち適切な方を選び,次の規則を適

用する。そのようなキャラクタが

1

4

個連続して現れる場合(データ文字列の最後に

1

個又

2

個ある場合)は,それぞれの前に

FNC4

キャラクタを置くのが最も効率的である。その

ようなキャラクタが

5

個以上である場合(データ文字列の最後に

3

個ある場合)には,

2

連続の

FNC4

キャラクタを用いて拡張 ISO/IEC 646 IRV モードにラッチをかけたほうが効率

的である。


22

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 F

(参考)

ISO/IEC 8859-1

(ラテン系アルファベット No.1)

キャラクタセット

次の

表 F.1 は,このキャラクタセットの後半部分にあるキャラクタが,

160

255

のバイト値にどのよう

に割り付けられているのかを示している。

128

159

の値には,グラフィック表示が割り当てられていない。

割付けは,JIS X 0221 の基本多言語面の

00

行(十進数)

,セル位置

160

255

の割付けに等しい。

この規格の 4.3.4.2 d)に従うと,これらのキャラクタは,次の関係に基づき,

FNC4

キャラクタを用いて

コード

128

で表現することができる。

128)

(

D

C

=

ここに,

C

シンボルキャラクタの

ISO/IEC 646 IRV

で規定する値

D

表 F.1

に基づくデータキャラクタの値

上記で得た の値は 32∼127 の範囲にあり,

コードセット B のキャラクタコードセットに相当するため,

コードセット B に適用する場合,次の関係も成り立つ。

160)

(

D

S

=

ここに,

S

表 1

に基づくシンボルキャラクタ値(コードセット B)

D

表 F.1

に基づくデータキャラクタの値

表 F.1

ISO/IEC 8859-1

キャラクタセットの後半部分 

160

NBSP

161

¡

162

¢

163

£

164

¤

165

¥

166

¦

167

§

168

¨

169

©

170

ª

171

«

172

¬

173

SHY

174

®

175

176

°

177

±

178

²

179

³

180

´

181

µ

182

183

·

184

¸

185

¹

186

º

187

»

188

¼

189

½

190

¾

191

¿

192

À

193

Á

194

Â

195

Ã

196

Ä

197

Å

198

Æ

199

Ç

200

È

201

É

202

Ê

203

Ë

204

Ì

205

Í

206

Î

207

Ï

208

Ð

209

Ñ

210

Ò

211

Ó

212

Ô

213

Õ

214

Ö

215

×

216

Ø

217

Ù

218

Ú

219

Û

220

Ü

221

Ý

222

Þ

223

ß

224

à

225

á

226

â

227

ã

228

ä

229

å

230

æ

231

ç

232

è

233

é

234

ê

235

ë

236

ì

237

í

238

î

239

ï

240

ð

241

ñ

242

ò

243

ó

244

ô

245

õ

246

ö

247

÷

248

ø

249

ù

250

ú

251

û

252

ü

253

ý

254

þ

255

ÿ

注記 NBSP=No-break space(非分割空白) SHY=Soft hyphen(ソフトハイフン)


23

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 G 
(参考)

利用業者規定のアプリケーションパラメタ

G.1 

品質等級 

アプリケーション標準では,

JIS X 0520

に適合する最低限の品質等級を指定しておくのが望ましい。

JIS X 0520

を参照することで,総合的な等級に関連付けられたシンボルパラメタ測定値の最小値を決定

することができる。

G.2 

寸法特性 

利用業者向けの手引きとして,アプリケーション仕様書では,一般的なアプリケーション要件と,それ

に対応するシンボル生成装置及び読取装置の入手可能性とに配慮した上で,寸法の値又はその範囲を推

奨することが望ましい。ただし,このようなアプリケーション仕様書においては,最小 寸法に適合して

いないという理由だけで,シンボルを不合格としないほうがよい。

手動で読み取る場合には,最小バー高さ(寸法)を,5 mm 又はシンボル長の 15 %のうち大きい方と

することを推奨する。

コード 128 シンボルの幅 W(最小クワイエットゾーンを含む。

)は,次の式から計算してもよい。

X

D

C

X

W

22

2

11

+

+

=

ここに,

W

シンボルの幅

X

細エレメントの幅

C

スタートキャラクタ,特殊キャラクタ,シンボルチェックキ
ャラクタ及びストップキャラクタの数とデータキャラクタの
数(に含まれるデータキャラクタの数を除く。

)との和

D

倍密度(コードセット C)で符号化されている数字データキャ
ラクタの数


24

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

附属書 H 
(参考)

コード 128 使用のためのガイドライン

H.1 

自動識別の適合性 

コード 128 は,他のシンボル体系からコード 128 を識別するように設計され,適正にプログラミングさ

れているバーコード復号器を使って読み取ることができる。

読取りの正確さを最大限とするためには,復号器で復号することのできるシンボル体系を,アプリケー

ションに必要なものだけに限定しておくとよい。

H.2 

システムに関する考察 

バーコードシステムの各種構成要素(プリンタ,ラベル及びリーダ)が一体的なシステムとして機能す

ることが重要である。いずれかの構成要素の不具合又は構成要素間の不整合が,システム全体の性能を低

下させることがある。要求性能を達成するためには,プリンタ,シンボル及びリーダ間の整合性が確立し

ていることが望ましい。

H.3 

印刷に関する考察 

ここでは,画素ベースプリンタ(ドットプリンタなど)でコード 128 を印刷するときの注意点について

説明するが,他のシンボル体系全てに適用できる。

H.3.1 

ピクセルデータに基づく印刷 

画素ベースプリンタでバーコードを生成するのに用いる画像ソフトウェアは,各バー及び各スペースを

使用するプリンタの画素ピッチに合わせて,正確に縮小又は拡大しなければならない。コード 128 のよう

にエッジから類似エッジで復号できるシンボル体系では,各シンボルキャラクタを構成するピクセルの数

が,そのシンボルキャラクタにあるモジュール数を一定の割合で整数倍したものとなっていなければなら

ない。コード 128 のモジュール数は,シンボルキャラクタ値が 0∼105 のものが 11,ストップキャラクタ

が 13 となっている。したがって,画素ベースプリンタでは,特定の 寸法の組合せのシンボルだけを印

刷することができる。

均一なバー幅の太り(又は細り)の補正は,シンボル内の全てのバー及びスペースで行い,各部での補

正量は同じでなければならない。これは,シンボルのバーとスペースとのペアごとに同じ規則で,明から

暗又は暗から明の箇所で,及びシンボルの最後のバーで,ピクセル数を整数単位で変えることによって達

成してもよい。例として,プリンタの解像度が補正を行うのに十分であるという条件で,シンボルの全て

の同じ側のエッジに沿った全画素を,暗から明に変更することもできる。また,シンボルの全てのバーの

両側のエッジに沿った全画素を,暗から明に変更することもできる。ただし,暗から明へ又は明から暗へ

の画素の変換が可能なのは,補正がシンボル全体に一様に施されていて,かつ,シンボル全体のキャラク

タ幅が変わらないことが前提となる。この原則が守られないと,シンボル品質が低下するばかりか,シン

ボルが読取り不能になってしまうこともある。

様々なプリンタで利用できるように設計された,汎用印刷ソフトウェアは,利用業者に,寸法及びバ

ー幅の太り(又は細り)を調整する機能を提供することが望ましい。


25

X 0504

:2014 (ISO/IEC 15417:2007)

プログラム作成者のための例

これらの原則は,デジタルバーコード設計ファイルに対する規則として次のように要約できる。

a)

希望の倍率又は 寸法は,最も近い整数まで切り捨てた画素数に変換する。

b)

均一なバー幅の太りに対する望ましい補正に相当する画素数を求め,次に大きい整数に切り上げる。

c)

上記の結果を適用し,シンボルの全てのバー及びスペースについて画素数を決定する。

 1

mm

当たり 24 ドットをもつ印刷機器及びデジタルバーコード設計ファイルを用いて,寸法が

0.27 mm

で,かつ,寸法が 0.06 mm 縮小するシンボルを作成する。

−  モジュール幅は,24 ドット/mm×0.27 mm=6.5 画素になる。これを切り捨てて,1 モジュー

ルにつき 6 画素とする。

−  バー幅の太りの補正は,0.06 mm×24 画素/mm=1.4 画素になる。これを切り上げて 2 画素と

する。

上記手順の結果,バー及びスペースの画素数は,

表 H.1

に示す値となる。

表 H.1

画像密度及びバー幅縮小のための画素数補正 

モジュール数

画素数

バー

スペース

1 4

8

2 10

14

3 16

20

4 22

26

H.3.2 

画素ベース印刷ソフトウェアの利用業者向けガイドライン 

バーコード印刷ソフトウェア及びプリンタで構成された印刷システムで最初にシンボルを印刷する場合,

使用者は,

JIS X 0520

に基づいて,印刷したシンボルが必要なシンボル品質グレード及び 寸法を満足す

るかどうかを検証することが望ましい。印刷したシンボルが必要なシンボル品質グレードに達していない

場合は,寸法を拡大するか又はバー幅の太り若しくは細りを変える必要がある。寸法を拡大する場合

は,最小クワイエットゾーンが保たれていることを確認するのがよい。必要なシンボル品質グレードにな

るまでこの処理を繰り返す必要がある。寸法が小さいと,印刷システムによっては読取り可能なシンボ

ルを作成できないこともある。

H.3.3 

プロセス制御について 

プロセス制御のためには,平均のバー幅の太り(又は細り)の評価をし,太り(又は細り)の適切な低

減処置を施すことが望ましい。

JIS X 0520

を基に測定された復号容易度パラメタが,規則性のあるバー幅

の太り(又は細り)及びエッジから類似エッジ測定の変動の影響を受けるからである。

参考文献

JIS X 0221

国際符号化文字集合(UCS)

注記

対応国際規格:

ISO/IEC 10646

,Information technology−Universal Coded Character Set

(UCS)

(IDT)