>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

0218

-1997

図形文字の短縮識別名称

Short identification names of graphic characters

1.

適用範囲  この規格は,JIS X 0201JIS X 0208JIS X 0212 及び JIS X 0221 によって規定されている

符号化文字集合の中の図形文字の短縮識別名称について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS X 0201

  7 ビット及び 8 ビットの情報交換用符号化文字集合

JIS X 0208

  7 ビット及び 8 ビットの 2 バイト情報交換用符号化漢字集合

JIS X 0212

  情報交換用漢字符号−補助漢字 

JIS X 0221

  国際符号化文字集合 (UCS) −第 1 部  体系及び基本多言語面

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語は,JIS X 0201JIS X 0208JIS X 0212 及び JIS X 0221 で定

義されている用語のほか,次のとおりとする。

(1)

図形文字集合識別子  (identifier of graphic character set)    JIS X 0201JIS X 0208JIS X 0212 及び JIS X 

0221

で規定されている図形文字集合を識別するための標識。

3.

図形文字集合識別子及び短縮識別名称

3.1

図形文字集合識別子  図形文字集合識別子は,表 のとおりとする。

表 1  図形文字集合識別子

図形文字集合識別子

図形文字集合

JG

JIS X 0201

のラテン文字用図形文字集合・カタカナ用図形文字集合

JH

JIS X 0208

の図形文字集合

JJ

JIS X 0212

の図形文字集合

JK

JIS X 0221

で,2 オクテットによって表現されている図形文字集合

JL

JIS X 0221

で,4 オクテットによって表現されている図形文字集合

3.2

短縮識別名称

3.2.1

JIS X 0201

で規定される図形文字の短縮識別名称  この短縮識別名称は,6 文字からなる文字列と

し,次のとおりとする。

JG00xy

ここで,JG は図形文字集合識別子とし,x 及び y は,JIS X 0201 で示す 16 進表記を用い,xy の前に 2

けたの 00 を付加する。

例 $ (DOLLAR

SIGN)

JG0024

 ¥

(YEN

SIGN)

JG005C

 ̄ (OVER

LINE)

JG007E

。  (IDEOGRAPHIC FULL STOP)

JG00A1


2

X 0218-1997

゛  (KATAKANA VOICED SOUND MARK)

JG00DE

3.2.2

JIS X 0208

で規定される図形文字の短縮識別名称  この短縮識別名称は,6 文字からなる文字列と

し,次のとおりとする。

JHmn

ここで,JH は図形文字集合識別子とし,m 及び n は,JIS X 0208 で規定される区の番号及び点の番号と

する。区の番号及び点の番号が 1 けたのときは,頭に 0 を付加し,それぞれ 2 けたで表記する。

〒 (POSTAL

MARK)

JH0209

→ (RIGHTWARDS

ARROW)

JH0210

凛  (CJK UNIFIED IDEOGRAPH-51DC)

JH8405

3.2.3

JIS X 0212

で規定される図形文字の短縮識別名称  この短縮識別名称は,6 文字からなる文字列と

し,次のとおりとする。

JJmn

ここで,JJ は図形文字集合識別子とし,m 及び n は,JIS X 0212 で規定される区の番号及び点の番号と

する。区の番号及び点の番号が 1 けたのときは,頭に 0 を付加し,それぞれ 2 けたで表記する。

例 ¡ (逆感嘆符)

JJ0234

3.2.4

JIS X 0221

で規定される図形文字の短縮識別名称  この短縮識別名称は,次のとおりとする。

(1)  2

オクテットによる表現  この短縮識別名称は,次の 6 文字からなる文字列とする。

JKrc

ここで,JK は図形文字集合識別子とし,r 及び c は,JIS X 0221 で規定される区オクテット及び点

オクテットの 16 進表記とする。

例  ㈱  (PARENTHESIZED IDEOGRAPH STOCK)  →  JK3231

(2)  4

オクテットによる表現  この短縮識別名称は,次の 10 文字からなる文字列とする。

JLgprc

ここで,JL は図形文字集合識別子とし,g,p,r 及び c は,JIS X 0221 で規定される群オクテット,

面オクテット,区オクテット及び点オクテットの 16 進表記とする。

例  ㈱  (PARENTHESIZED IDEOGRAPH STOCK)  →  JL00003231


3

X 0218-1997

JCS

調査研究委員会(親委員会)構成表

氏名

所属

(委員長)

芝  野  耕  司

東京国際大学商学部経営情報学科

(幹事)

小  田  庸  夫

日本アイ・ビー・エム株式会社大和研究所ソフトウェア技術推進

(委員)

石  井  岑  明

社団法人日本書籍出版協会国語問題委員会

伊  藤  英  俊

日本電気オフィスシステム株式会社システム事業本部第 2 システム部

大  島  有  史

文化庁文化部国語課

岡  本  譲  治

日本エス・イー株式会社管理本部法務室

兼  谷  明  男

工業技術院標準部情報規格課

小  池  建  夫

株式会社日立製作所オフィスシステム事業部製品企画部

小  町  祐  史

松下電送株式会社技術研究所技術本部

佐  藤  敬  幸

日本ヒューレットパッカード株式会社企画室

下  垣  弘  行

共同印刷株式会社技術本部情報システム開発部

鈴  木      哲

特許庁総務部特許情報企画課

竹田原  昇  司

通商産業省機械情報産業局電子機器課

田  嶋  一  夫

いわき明星大学人文学部

田  中  省  三

富士通株式会社企画本部企画部標準推進部

鶴  田  真  也

国立図会図書館調査及び立法考査局

徳  永  英  二

規格調整専門家

豊  島  正  之

北海道大学文学部国語学講座

楡  木  武  久

社団法人日本電子工業振興協会技術部標準化担当

根  村  良  和

法務省民事局第 2 課

林      克  己

財団法人地方自治情報センター情報処理部

松  村  雅  生

総務庁行政管理局行政情報システム企画課

山  上  雅  美

読売新聞社編集局機報部

山  崎  康  一

株式会社沖テクノシステムズラボラトリシステム部

(事務局)

渡  辺  清  次

財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター

小笠原  康  直

財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター


4

X 0218-1997

JCS

調査研究委員会 (WG3) 構成表

氏名

所属

(主査)

山  上  雅  美

読売新聞社編集局機報部

足  立  秀  鋼

株式会社東芝青梅工場技術情報システム部技術管理担当

小  林      浩

読売新聞社制作局制作システム部

(委員)

親  泊      肇

日本電気株式会社第 1 コンピュータ事業本部コンピュ

ータ事業部

桐  谷  俊  雄

社団法人日本事務機械工業会技術部

小  林  徳  滋

アンテナハウス株式会社

竹  原      悟

社団法人日本印刷技術協会

田  村      等

株式会社日立製作所電化機器事業部多賀本部 OA 第 1 設

計部

芳  賀      進

富士ゼロックス株式会社 EN 開発部

畠  山      修

株式会社リコーシステムソリューション事業本部事業

統括部

平  見      影

シャープ株式会社情報システム事業本部コンピュータ

事業部第 3 技術部

山  本  哲  男

株式会社ジャストシステム東京支社事業開発室

山  本  喜  大

松下電器産業株式会社情報通信研究所情報システム・グ

ループ

吉  田  美  彦

特許庁総務部電子計算機業務課

和  中  幹  雄

国立国会図書館図書部図書整理課

(工業技術院)

小  田  宏  行

工業技術院標準部情報規格課

(事務局)

渡  辺  清  次

財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター

小笠原  康  直

財団法人日本規格協会情報技術標準化研究センター