>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 X

0021

-1987

情報処理用語

(プロセスインタフェース)

Glossary of Terms Used in Information Processing

(Interfaces between Process Computer Systems

and Technical Processes)

1.

適用範囲  この規格は,情報処理におけるプロセスインタフェースに関する主な用語とその読み方,

意味及び対応英語について規定する。

備考1.  この規格は,国際規格 ISO 2382/21-1985に準拠している。

2.

番号の右肩に星印*が付いている用語の対応英語は参考とする。

対応国際規格: 

ISO 2382/21-1985

  Data processing−Vocabulary−Part 21 : Interface between process computer

systems and technical processes

2.

表記法  この規格では,各用語を,番号,用語及び読み方,意味並びに対応英語の四つの欄に分けて

記述する。それぞれの欄における表記法を次に示す。

(1)

番号に関する表記法

(1.1)

番号は,6 個の数字によって表す。

最初の 2 けたの数字は情報処理用語規格番号の末尾 2 けたを,次の 2 けたの数字は同一分類のこ

の規格の区分を意味する。最後の 2 けたの数字は,同一区分内の一連番号とする。

(1.2)

番号の右肩の星印

*

は,その用語が JIS 独自のものであることを表す。

(2)

用語及び読み方に関する表記法

(2.1)

同一の意味を表す用語が二つ以上ある場合は,その順位に従って優先使用する。

(2.2)

用語の一部が丸括弧  (  )  で囲まれている場合は,その部分を省略してもよいことを表す。この場

合は,括弧内を省略したときと省略しないときとの間に優先順位はない。

1:“自動(的)”は,“自動”又は“自動的”を表す(01.01.04参照)。

2:“(計算機)プログラム”は,“計算機プログラム”又は“プログラム”を表す(01.04.01参照)。

(2.3)

用語が幾つもの類似の意味をもつ場合には,それらを個々に規定し,用語の前に(1)(2),……を付

ける。

例: “(1)引き数”(02.02.02 参照),“(2)引き数”(02.02.03 参照)

(2.4)

類似の意味をもち,しかもその記述がほとんど同一である二つ以上の用語は,角括弧  [  ]  を用い

て一つにまとめて規定する。この場合,用語及び読み方欄の  [  ]  に対して,意味欄の対応する  [  ]

を採るものとする。


2

X 0021-1987

例 1:次の(a)(b)とは同じ(02.10.05 参照)。

(a)

用語及び読み方

意味

2

項[項]演算

2

個[個]のオペランドに対する演算。

(b)

用語及び読み方

意味

2

項演算

2

個のオペランドに対する演算。

N

項演算

N

個のオペランドに対する演算。

例 2:次の(a)(b)とは同じ(04.02.06 参照)。

(a)

用語及び読み方

意味

欧数字[英数字]集合 
[部分集合]

欧字[英字]及び数字を含み,場合によっては制御文字,

特殊文字,間隔文字を含む文字集合[文字部分集合]

(b)

用語及び読み方

意味

欧数字集合

欧字及び数字を含み,場合によっては制御文字,特殊文字,
間隔文字を含む文字集合。

欧数字部分集合

欧字及び数字を含み,場合によっては制御文字,特殊文字,
間隔文字を含む文字部分集合。

英数字集合

英字及び数字を含み,場合によっては制御文字,特殊文字,
間隔文字を含む文字集合。

英数字部分集合

欧字及び数字を含み,場合によっては制御文字,特殊文字,
間隔文字を含む文字部分集合。

(2.5)

用語の使用分野を限定する場合には,用語に引き続く丸括弧  (  )  内にそのことを示す。

例 1:“情報(データ処理及び事務機械における)”(01.01.02 参照)

例 2

“呼出し(プログラミングにおける)

07.09.04 参照)

“呼出し(データ網における)

09.06.08

参照)

(2.6)

文法上の用法又は省略形などを,用語に引き続く丸括弧  (  )  内に示す。

例:“SYSGEN(頭字語)”(10.02.18 参照),“DP(省略形)”(01.01.03 参照)

(2.7)

漢字が常用漢字表にない場合には,仮名で示し,それに引き続く山括弧<  >内に該当する漢字を

示す。

例:“間げき<隙>文字”(04.10.09 参照)

(2.8)

用語の読み方は,振り仮名によって示す。ただし,用語が英字から成り,その読み方が各英字の読

み方どおりの場合には,振り仮名は付けない。

例 1:データ

しょり

処理(01.01.03 参照)

例 2

こぼる

COBOL

07.02.22 参照)

例 3:DP(01.01.03 参照)

(3)

意味に関する表記法

(3.1)

文中で下線の引いてある語は,情報処理用語の規格中に規定されている用語であることを示す。

(3.2)

角括弧  [  ]  の使い方については,(2.4)を参照のこと。

(4)

対応英語に関する表記法

(4.1)

この欄の英語は,国際規格  (ISO 2382/21)  に規定されている用語であって,規定されている意味と

対応する。ただし,番号の右肩に星印*の付いているものを除く。

(4.2)

対応英語について使用上の注意事項がある場合には,対応英語に引き続く丸括弧  (  )  内に示す。

(4.3)

対応英語に付けられた括弧内の注記の意味は,次のとおりとする。


3

X 0021-1987

(使用しないほうがよい。

:国際規格及びこの規格では,この英語を使用しないので,使用しな

いほうがよいことを示す。

例:02.04.01 logic function(使用しないほうがよい。)

(使用してはいけない。

:国際規格及びこの規格では,用語統一の見地から,この英語を使用し

てはいけないことを示す。

(この意味では使用しないほうがよい。

:国際規格及びこの規格では,他の意味で使われている

ため,この英語を使用しないほうがよいことを示す。

(××だけ)

:この英語は××(国名)だけで通用することを示す。

例:02.02.07 range(オーストラリアだけ)

また,角括弧及び使用分野を限定する丸括弧の用法は,

“用語及び読み方”の欄と同様とする。

(5)

注,備考  注は,国際規格及びこの規格の一部である。備考は,この規格の一部であるが,国際規格

には記述されていない事項を示す。

3.

情報処理用語(プロセスインタフェース)  次のとおり定める。

番号

用語及び読み方

意味

対応英語

21.01.01 

(テクニカル)プロセ

  物理変数が監視又は制御される装置で行われる一連
の動作。

例:  精油所における蒸留と凝縮。

航空機における自動操だ(舵)と自動着陸。

(technical) process

21.01.02 

プロセス

けいさんき

計算機シス

テム(プロセスコンピ
ユータシステム)

  プロセスを監視又は制御するプロセスインタフェー
スシステムを備えた計算機システム。

process computer system

21.01.03 

プロセスインタフェ
ースシステム

  プロセス計算機システムにおいてプロセス制御装置
を計算機システムに接続するための機能単位。

process interface system

21.01.04 

プロセス

せいぎょそうち

制御装置

  (テクニカル)プロセスの変数を測定し,プロセス計
算機システムからの制御信号に基づいてプロセスを制
御し,かつ適当な信号変換を行う装置。

例:  センサ

変換器 
アクチュエータ

process control equipment

21.01.05 

フェールセーフ

どうさ

動作

  構成要素に故障が発生した場合に,装置の喪失,装置
への障害及び運転員への危害を減じる計算機システム
の動作。

failsafe operation

21.01.06 

ぼうばくかた

防爆形

  爆発しないように,かつ爆発させないように設計され
た装置の構造(形式)

explosion proof

21.01.07 

サージ

たいりょく

耐力 ,

サージ

ていこう

抵抗

  過電圧が加わったときに,機能が損なわれない状態を
維持し得る装置の能力。

surge resistance

21.01.08 

ターンオン

あんていじかん

安定時間

  装置に電圧が加えられた瞬間から仕様どおりの動作
が可能となるまでの時間間隔。

turn-on stabilizing time


4

X 0021-1987

番号

用語及び読み方

意味

対応英語

21.01.09 

かんきょうじょうけん

環境条件

  装置のもつ機能の保護と正しい動作のために必要な
物理的条件。

例:  温度,湿度,振動ほこり,放射線 
1.  環境条件は通常,基準値と許容範囲で規定さ

れる。

2.

装置に対して複数の環境条件が規定される

場合がある。例えば,輸送のための環境条件,
保管のための環境条件及び運転のための環
境条件。

environmental condition

21.01.10 

ざつおん

雑音

  信号に影響し,信号によって運ばれた情報をゆがめる
外乱。

noise

21.01.11 

プロセス

わりこ

割込み

しんごう

信号

  プロセスから生じ,プロセス計算機システムに割込み
を発生させる信号。

process interrupt sig

nal

21.02.01 

ハイウェイ

  プロセス計算機システムにおいて,計算機システムと
プロセスインタフェースシステム間の相互接続のため
の一手段。

注  バスもハイウェイと同意語として使用される

場合がある。

備考  バスは一般にチャネルと呼ばれる。一般にハ

イウエイは,ビット直列型データ伝送方式の
機能をもつものをいう。

highway

21.03.01 

にゅうりょく

入力 サブシステム

  プロセスインタフェースシステムにおけるプロセス

からプロセス計算機システムへデータを転送する部分。

input subsystem

21.03.02 

しゅつりょく

出力 サブシステム

  プロセスインタフェースシステムにおけるプロセス

計算機システムからプロセスへデータを転送する部分。

output subsystem

21.03.03 

アナログ

にゅうりょく

入力 チャネ

ぞうふくき

増幅機

  一つ以上のアナログ入力チャネルの後段に取り付け
られ,アナログ信号レベルを AD 変換器の入力範囲に適

合させる増幅器。

analog input channel

amplifier

21.03.04 

アナログ

しゅつりょく

出力 チャネ

ぞうふくき

増幅機

  一つ以上のアナログ出力チャネルの後段に取り付け

られ,DA 変換器の出力信号範囲を,プロセスを制御す
るために必要な信号レベルに適合させる増幅器。

注  サブシステム中に共通の DA 変換器がある場合

は,増幅器はサンプルホールド装置の機能を果
たす。

analog output channel

amplifier

21.03.05 

ぜつえんぞうふくき

絶縁増幅器

  信号回路と接地を含む他の回路との間に電気的接続

のない増幅器。

isolated amplifier

21.03.06 

ひぜつえんぞうふくき

非絶縁増幅器

  信号回路と接地を含む他の回路との間に電気的接続

のある増幅器。

non-isolated amplifier

21.03.07 

さどうぞうふくき

差動増幅器

  二つの入力回路をもち,二つの入力信号の差を増幅す
る増幅器。

differential amplifier

21.03.08 

マルチレンジ

ぞうふくき

増幅機

  各種のアナログ信号範囲を指定された出力範囲に適
合させるため,切替え可能,プログラム可能又は自動設

定可能な増幅度をもつ増幅器。

multirange amplifier

21.03.09 

サンプルホールド

そうち

装置

  アナログ信号の瞬間値を検出し記憶する装置。 sample-and-hold

device

21.03.10 

マルチプレクサ

  幾つかの入力信号を,各々の入力信号に再生できるよ
うな方法で一つの出力信号にする装置。

multiplexer

21.03.11 

デマルチプレクサ

  マルチプレクサによって結合された各々の信号を出
力信号群として再生する装置。

demultiplexer


5

X 0021-1987

番号

用語及び読み方

意味

対応英語

21.03.12 

しんだんきのう

診断機能

  正しく機能しているか否かを検知し,誤りの種類を識
別する機能。

diagnostic function

21.03.13 

かいふくきのう

回復機能

  故障発生後,正常な動作を再び続けるために必要な機
能。

recovery function

21.03.14 

グループ

ぜつえん

絶縁

  電気回路のグループごとの電気的分離。

注  一つのグループ内では,例えば電源を介した電

気的接続がある。

grouping isolation

21.03.15 

せいきでんあつ

正規電圧

  本来の信号の電圧に加えられる,増幅器の 2 入力間に
誘導される雑音電圧。

normal mode voltage

21.03.16 

どうそうでんあつ

同相電圧

  差動増幅器において,各本来の信号の電圧に加えられ

る,各入力と接地間に誘導される電圧。

common mode voltage

21.03.17 

ざつおんじょきょ

雑音除去

  望ましくない正規電圧の影響を抑制する増幅器の能

力。

normal mode rejection

21.03.18 

どうそうぶんじょきょ

同相分除去

  同相電圧の影響を抑制する差動増幅器の能力。 common

mode

rejection

21.03.19 

せいじょうどうさせいど

正常動作精度

  入力における雑音によって生じる誤差を除き,装置が
正常な作動条件の下で使用されているとき,許容される
精度範囲。

mean rate accuracy

21.03.20 

たちあ

立上がり

じかん

時間

  ステップ関数の応答において,規定された 2 値間で信
号が変化するのに要する時間。

注  通常これらの値は,ステップの高さの 10%と

90%

である。

rise time

21.03.21 

せいていじかん

整定時間

  規定された入力信号がシステムに入った後,出力信号

が安定状態値を中心とした規定された範囲の中におさ
まるまでに要する時間。

注  入力は,ステップ,インパルス,ランプ,放物

線,正弦波であってよい。ステップ又はインパ
ルスに対して,範囲は最終安定状態の±2%で
規定されることが多い。

settling time

21.03.22 

ディジタル

けんしゅつちえ

じかん

検出遅延時間

  ディジタル入力信号の値の変化が,ディジタル入力装
置によって検出されるまでの時間。

recognition time

21.03.23 

クロストーク

  他の回路からの望ましくないエネルギの影響によっ
て回路中に生じる妨害。

crosstalk

21.03.24 

ドリフト

  装置の全入力信号値が一定値を保っているとき,規定

された時間内の装置の出力信号値の望ましくない変動。

drift

21.04.01 

にゅうりょくほご

入力保護

  任意の二つの入力端子間又は任意の入力端子と接地

間に加えられるおそれのある過電圧に対する保護。

input protection

21.04.02 

せってんほご

接点保護

  過電流又は過電圧に対する接点の保護。 contact

protection

21.04.03 

せってんじょうたいひょうじしんごう

接点状態表示信号

  接点が開いているか閉じているかの状態を示す信号。 contact interrogation

signal

21.04.04 

せってんちょうよう

接点跳動

  接点の開閉時に生じる望ましくない開閉現象。

備考  一般に,チャタリングという。

contact bounce

21.04.05 

かいふくじかん

回復時間

  パルスを送る又は受けるときに,一つのパルスの終わ

りから次のパルスの始めまでの間に必要な時間。

注  これは,パルスを送るか又は受ける装置に適用

した場合の定義である。

recovery time


6

X 0021-1987

番号

用語及び読み方

意味

対応英語

21.04.06 

アナログ入力チャネ
ル(プロセス

せいぎょ

制御にお

ける)

  アナログ入力サブシステム中の AD 変換器と端子と
の間のアナログデータ経路。

注  この経路には,フィルタ,アナログ信号マルチ

プレクサ及び一つ以上の増幅器が含まれるこ
とがある。

analog input channel (in

process control)

21.05.01 

せってんにゅうりょく

接点入力

  スイッチの開閉によって発生する装置への 2 進入力。

注  スイッチには,機械的又は電気的なものもあ

る。

contact input

21.05.02 

ブリッジ

にゅうりょくかいろ

入力回路(プ

ロセス

せいぎょ

制御における)

  1 端に検出素子,他端に比較素子のあるブリッジで構
成されるアナログ入力回路。

bridge input circuit (in

process control)

21.05.03 

さいだいせいきでんあつ

最大正規電圧

  サブシステムが仕様に従って作動する正規電圧の最
大値。

注  次の関係がある。“最大正規電圧”は最大作動

正規電圧より低く,最大作動正規電圧は最大許
容正規過電圧より低い。

maximum normal mode

voltage

21.05.04 

さいだいどうそうでんあつ

最大同相電圧

  サブシステムが仕様に従って作動する同相電圧の最

大値。

注  次の関係がある。“最大同相電圧”は最大作動

同相電圧より低く,最大作動同相電圧は最大許

容同相過電圧より低い。

maximum common mode

voltage

21.05.05 

さいだいさどうせいきでんあつ

最大作動正規電圧

  入力サブシステムに加えることのできる正規電圧で

あって,性能は低下するがサブシステムは作動し続ける
範囲内の最大値。

1.  文脈から明らかな場合には,“最大作動電

圧”と省略してもよい。

2.

次の関係がある。最大正規電圧は“最大作動
正規電圧”より低く,“最大作動正規電圧”

は最大許容正規過電圧より低い。

maximum operating

normal mode voltage

21.05.06 

さいだいさどうどうそうでんあつ

最大作動同相電圧

  入力サブシステムに加えることのできる同相電圧で
あって,性能は低下するがサブシステムは作動し続ける

範囲内の最大値。

1.  文脈から明らかな場合には,“最大作動電

圧”と省略してもよい。

2.

次の関係がある。最大同相電圧は“最大作動
同相電圧”より低く,“最大作動同相電圧”
は最大許容同相過電圧より低い。

maximum operating

common mode voltage

21.05.07 

さいだいきょようせいきかでんあつ

最大許容正規過電圧

  機能の一時的損失の可能性があるが,回路損傷を生じ
ることなく入力サブシステムに加えることのできる正

規電圧の最大値。

1.  文脈から明らかな場合には,“最大許容過電

圧”と省略してもよい。

2.

次の関係がある。最大正規電圧は最大作動正
規電圧より低く,最大作動正規電圧は“最大
許容正規過電圧”より低い。

maximum allowable

normal mode

overvoltage


7

X 0021-1987

番号

用語及び読み方

意味

対応英語

21.05.08 

さいだいきょようどうそうかでんあつ

最大許容同相過電圧

  機能の一時的損失の可能性があるが,回路損傷を生じ
ることなく入力サブシステムに加えることのできる同
相電圧の最大値。

1.  文脈から明らかな場合には,“最大許容過電

圧”と省略してもよい。

2.

次の関係がある。最大同相電圧は最大作動同

相電圧より低く,最大作動同相電圧は“最大
許容同相過電圧”より低い。

maximum allowable

common mode

overvoltage