>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

著作権法

により

無断で

の複製

,転載


は禁止さ

れてお

ります

附属書  (参考)  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS X 0015

:2002  情報処理用語(プログラム言語)

ISO

/IEC 2382-15:2000  情報技術用語―第 15 部:プログラム言語

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:

表示方法:

(V)  JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対

項目番号

内容

(Ⅱ)   
国 際 規 格
番号

項目番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

1.

適用範囲

情報処理におけるプログ
ラム言語に関する用語,定

義及び対応英語

1.1

プ ロ グ ラ ム 言 語 に 関 す
る概念を規定する,とし

ている。

MOD

/変更

2.

引用規格

この規格で引用している

他の JIS 情報処理用語規

1.2 JIS

とほぼ同じ MOD/削除 引用規格の改正による適用

の可否について調査の労を
惜しまない旨を明記

3.

分類

用語の分類であり,この規

格の 5.の目次に相当する。

4.

表記法

用語の規定に用いる要素

(番号,用語,定義,対応
英語)を提示

1.3.1 

1.3.2

用 語 の 規 定 に 用 い る 要

素(番号,用語,定義)
を提示

MOD

/変更 同義語,多義語の扱い

例,注,図表を用いる概念の
補足説明

a)

番号

項番を構成する番号体系

1.3.3 JIS

と同じ MOD/削除 国際規格の各国語版では,同

一番号体系に従うべきこと
を明記

b)

用語

1)

用語の優先使用順位

− MOD/変更

2)

用語の使用分野の限定

1.3.7 

IDT

3)

用語の一部を省略したと
きの扱い

丸 括 弧 の 用 法 と し て 規

IDT

4)

用語の用法

5)

常用漢字表にない漢字の

表現

ISO

/IEC 

2382

-15

− MOD/追加

国際規格の規定からできる

だけかい(乖)離しないよう
にして,日本語固有の文章表
現,表記法に適合するように

記述内容を変更したもので
ある。 
この部分が国際規格と一致

していなくても,意思の疎通
が阻害されることはないと
考えられるので,整合させる

必要はない。

19

X 0015

 :

 20
02


著作権法

により

無断で

の複製

,転載


は禁止さ

れてお

ります

20

X 0015

 :

 20
02

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:

表示方法:

(V)  JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対

項目番号

内容

(Ⅱ)   
国 際 規 格
番号

項目番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

c)

定義

1)

情報処理用語に関する JIS
に規定されている用語が
文中に現れたときの表記

1.3.9 

情 報 処 理 用 語 に 関 す る

ISO

に規定されている用

語 が 文 中 に 現 れ た と き

の表記

MOD

/変更

JIS

では自項以外の全用語に

下線を引いて指示するのに
対して,ISO では国際規格

(ISO

/IEC 2382)  で規定され

ている用語のうち,初出の用
語だけイタリック体で指示

する。

2)

文中の丸括弧の扱い

− MOD/変更

d)

対応英語

1)

この規格で規定されてい
る用語に対応する英語

2)

丸括弧の用法

1.3.7 

3)

同一の対応英語が複数の

概念をもつときの表記

1.3.8 

 MOD

/追加

5.

情 報 処 理

用 語 ( プ ロ グ
ラム言語)

Section 2

15 

プ ロ グ ラ

ム言語

15 

15.01

構文素

15.01 

 IDT

15.02

宣言

国際規格の逐語訳である

15.02 

 IDT

15.03

デ ー タ

対象

15.03.16

において,参考を

追加した。

15.03 

 IDT

15.03.16

参考は,他の JIS

用語規格との間で整合性を
保つためのものである。

15.04

デ ー タ

15.04.19

及び 15.04.20 にお

いて,

参考を追加した。

15.04 

 IDT

15.04.19

及び 15.04.20 におい

て,

参考を追加した。


著作権法

により

無断で

の複製

,転載


は禁止さ

れてお

ります

(Ⅰ) JIS の規定

(Ⅲ)  国際規格の規定

(Ⅳ)  JIS と国際規格との技術的差異の項
目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:

表示方法:

(V)  JIS と国際規格との技術
的差異の理由及び今後の対

項目番号

内容

(Ⅱ)   
国 際 規 格
番号

項目番号

内容

項 目 ご と

の評価

技術的差異の内容

15.05

文 及 び

15.05.12

において,

参考を

追加。

15.05.16

において,対応英

語 assignment を削除。

15.05 

 IDT

15.05.12

参考は,他の JIS

用語規格との整合性を保つ

ためのものである。

15.05.16

における対応英語の

削除は ISO における誤記の

訂正である。

15.06

プ ロ グ

ラムの部分

15.06 

 IDT

15.07

タスク

15.07 

 IDT

15.08

実行

15.08 

 IDT

15.09

オ ブ ジ

ェクト指向プ
ログラミング

15.09 

 IDT

15.10

機 能 及

び特性

国際規格の逐語訳である。

15.10 

 IDT

用語索引(五
十音順)

和英対訳を読みの順番で
配列

MOD

/追加

日本語環境では必す(須)で
ある。

英語索引(ア
ルファベット
順)

英和対訳を単純にアルフ
ァベット順に配列

Index 

KWOC

形式で用語を配

一 つ の 用 語 が 複 数 箇 所
に現れることがある

MOD

/変更

英和対訳の形式は,日本語環
境では必須である。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考 1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

        ― IDT ……………技術的差異がない。

        ― MOD/削除 ……国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

21

X 0015

 :

 20
02


著作権法

により

無断で

の複製

,転載


は禁止さ

れてお

ります

22

X 0015

 :

 20
02

        ― MOD/追加 ……国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

        ― MOD/変更 ……国際規格の規定内容を変更している。

        ― MOD/選択 ……国際規格の規定内容と別の選択肢がある。

        ― NEQ……………技術的差異があり,かつ,それがはっきりと識別され説明されていない。

2.

  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

        ― IDT ……………国際規格と一致している。

        ― MOD  …………国際規格を修正している。

        ― NEQ  …………技術的内容及び構成において,国際規格と同等でない。