>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

X 0015

:2002

(1)

著作権法により無断での複製,転載等は禁止されております。

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人情報処理

学会情報規格調査会(IPSJ・ITSCJ)/財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工

業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工

業規格である。これによって,JIS X 0015:1987 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正は,日本工業規格を国際規格に整合させるため,ISO/IEC 2382-15,Information technology―

Vocabulary

―Part 15:Programming languages  を基礎として用いた。

  JIS X 0015 には,次に示す附属書がある。

附属書 1(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表