>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

1

  T 9115 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS T 9115 : 2000

  使い捨て検査・検診用ゴム手袋

ISO 11193 : 1994

  検査用ゴム手袋

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
の 番

(III)

国際規格の規定内

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

1.

適用範囲

○ 1.  手術用を除い

た検査,検診,
治療行為及び

汚染された医
療材料を取り
扱う場合,患

者及び使用者
を交差感染か
ら守るために

使用する滅菌
及び未滅菌の
手袋に適用。

2.

表面が平滑な
もの及び表面
の一部又は全

面が,粗面に
なっている手
袋にも適用。

ISO 

11193 

○ 1.及び 2.は JIS 

同じ。

3.

浸せき又は溶

着構造のプラ
スチックフィ
ルム製の手袋

は適用外。

4.

検査用手袋の
安全な正しい

使用法,後工
程の滅菌手順
及び保管手順

は適用外。

= 適 用 外 に つ い て

も触れている。

3.

種類

○  1 種  天然ゴムラ

テックスを

主材料とし
た手袋

2

種  合成ゴムラ

テックス,
天然ゴム溶
液又は合成

ゴム溶液を
主材料とし
た手袋

同上

− 規定なし

− ISO には,種類の

区 分 は な い が ,

JIS

は天然ゴムラ

テ ッ ク ス 製 と そ
の 他 の ポ リ マ ー

製 に 区 分 し て い
る。 
すなわち,JIS  は

規 定 項 目 を 追 加
している。

天然ゴムラテックス
の性能値を合成ゴム

ラテックスに適用す
ることは不合理であ
るため,1 種及び 2 種

に区分した。今後,

ISO

の改正時に提案

し て い く 予 定 で あ

る。

呼び  しょう

部の幅

許容差

呼び しょう

部の幅

許容差

SS

S

M

L

LL

70(

1

)

80(

1

)

 95

110

120

±10

SS

S

M

L

LL

 70

 80

 95

110

120

±10

5.

呼 び 及 び 寸

し ょ う ( 掌 ) 部 の

(

1

)  SS

は 73,S

は 85 でもよ
い。

同上

= 従 来 団 体 規 格 と

して SS は 73,S

は 85 で統一して
いた。 
今回 ISO との整

合 に よ り SS は

70

,S は 80 とす

る が 整 合 へ の 時

間 経 過 を 必 要 と
す る た め 注 釈 を
入れた。

次回改正時には注釈
は削除する。


2

T 9115 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS T 9115 : 2000

  使い捨て検査・検診用ゴム手袋

ISO 11193 : 1994

  検査用ゴム手袋

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
の 番

(III)

国際規格の規定内

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

6.

品質

6.1

外観

○ 1.  形状,肉厚と

もに均整であ
る。

2.

きず,気泡,
はん点,汚れ,

異物その他使
用上有害な欠
点がない。

○ ISO では,

“設計”

として

1.

そで口は締め

付けることな
く,きっちり
とフィットす

る。

2.

使用中にそで
口がまるまっ

たり,しわに
ならない。

と規定している。

ISO

には,外観とい

う項目はないが,薄
いところを発見した

ときは,その部分に
ついて切り取って 1
枚の厚さを測ること

を 定 め て い る よ う
に,観察することは
要求しているので,

その際に見いだされ
る使用上有害と思わ
れる欠点があっては

な ら な い と 規 定 し
た。

6.3

性能

老化前 
引張強さ

MPa

切断時伸び

%

老化後 
引張強さ

MPa

切断時伸び

%

1

種      2 種

21

以上 15 以上

700

以上 500 以上

16

以上 11 以上

500

以上 450 以上

ISO 

11193 

21

以上

700

以上

16

以上

500

以上

AD

P

ISO

は,どんな材

料を使用しても,
性 能 値 は 一 本 化

さ れ て い る が ,

JIS

は天然ゴムラ

テックスを 1 種

とし,他のポリマ
ーは 2 種として
性 能 値 を 区 分 し

ている。 
すなわち,JIS 
規定内容に 2 種

を追加している。

天然ゴムラテックス
の性能値を合成ゴム
ラテックスに適用す

ることは,不合理で
ある。

EN

及び ASTM のよ

うに合成ゴムラテッ
クスに対する性能値
に一本化するか,手

術用と同じように 1
種,2 種に区分する
か,次回 ISO 改正時

に提案する予定であ
る。

6.4

水 溶 性 た ん

白質

○  手袋の水溶性たん

白質は,必要があ
る場合には 8.4 

よ っ て 試 験 を 行
い,性能値は受渡
当事者間の協定に

よる

表 に適合し

な け れ ば な ら な
い。

同上

− 規定なし

AD

P

JIS

は規定項目を

追加。

性能値は国際規格で
も規定されていない
ことから,必要があ

る場合には受渡当事
者間の協定で設定す
ることとした。

8.

測 定 及 び 試

験方法

8.3

老化試験 
温度時間

70

℃±1℃

168h

0
2

h

同上

70

℃±2℃

7

日間

許 容 差 が 若 干 異

なる。

JIS

は JIS K 6257 

引用しているため。


3

  T 9115 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS T 9115 : 2000

  使い捨て検査・検診用ゴム手袋

ISO 11193 : 1994

  検査用ゴム手袋

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
の 番

(III)

国際規格の規定内

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

8.4

水 溶 性 た ん

白質の測定

○  JIS T 9010 の 3.6

に規定する方法に
よって行う。 
参考  測定方法に
は,

ASTM D 5712 :

1995 Standard Test

Method for

Analysis of Protein

in Natural Rubber

and Its Products

ある。

同上

− 規定なし

AD

P

JIS

は規定項目を

追加。

天然ゴムラテックス
中に含まれるアレル
ゲ ン た ん 白 質 に よ

り,時にラテックス
アレルギーを発症す
ることが注目されて

いることや,1999 年

9

月に JIS T 9010 で,

水溶性たん白質の測

定方法が規定された
ため,この測定方法
を追加した。

11.

表示

○ 1.  名称

2.

呼び又は呼び

番号

3.

主材料

4.

製造番号又は

その略号

5.

製造年月又は
その略号

6.

製造業者名又
は輸入業者名
及びその所在

ISO 

11193 

○ 滅菌,未滅菌共通

1.

製造業者名,

輸入業者名の
名称又は商標

2.

手 袋 の タ イ

プ,主材料及
びサイズ

3.

製造業者のロ

ット番号

4. single-use

( 使

い捨て)の用

= JIS は,製造業者

又 は 輸 入 業 者 の

住所,原産国及び
数 量 を 追 加 規 定
している。

JIS

には,特に注

意 事 項 の 文 言 ま

で 規 定 は し て い
ない。

国内では原産国表示
は景品表示法(第 4

条第 3 号,

昭和 48 年)

で規定されている。

注意事項の文言まで
規定しなくとも,必
要であれば独自の判

断で注意事項を書く
ことにしているため
問題はない。


4

T 9115 : 2000

  解説

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS T 9115 : 2000

  使い捨て検査・検診用ゴム手袋

ISO 11193 : 1994

  検査用ゴム手袋

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際

規 格
の 番

(III)

国際規格の規定内

(IV) JIS

と国際規格と

の相違点

(V)  JIS

と国際規格と

の整合が困難な理
由及び今後の対策

11.

表示

7.

原産国

8.

数量(入数)

9.

使用上の注意

事項

10.

滅菌,未滅菌
の別

11.

“使い捨て”
又は ISO  7000
の 1051 に規定

する〓の表示

滅菌の追加

1.

製造年月

2.

“この包装が

開封されるか
又はきず付け
られるまでは

滅菌”の用語

3.

表面打粉材料
で処理された

手 袋 の 場 合
は ,“ 表 面 の
粉は,使用前

に無菌の状態
で取り除くべ
きである”と

いう旨が推奨
規定である。

未滅菌の追加

“未滅菌”の用語

備考1. 表中の(I)及び(III)欄にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定してい

ないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,同等であることを示す。

“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更な

しで採用しているが,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。