>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 8125-1:2008

(1)

目  次

ページ

序文

1

1  適用範囲

1

2  引用規格

1

3  用語及び定義

2

4  原理

3

5  装置

3

5.1  試験装置

3

5.2  駆動装置及び接続装置

4

5.3  ソーユニット

4

5.4  キャリブレーション用パッド台

6

5.5  キャリブレーション用パッド取付具

7

6  キャリブレーション材料

7

6.1  キャリブレーション用パッド

7

6.2  キャリブレーション用パッドの管理

8

7  試験装置のキャリブレーション

8

7.1  一般

8

7.2  試験装置の始動

8

7.3  自由運動停止時間

8

7.4  チェーン速度の測定

8

7.5  パッドによるキャリブレーション

8

附属書 A(規定)キャリブレーション用パッドに関する補足情報

11

附属書 JA(参考)JIS と対応する国際規格との対比表

12

 


 
T 8125-1:2008

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人日本保安用品協会(JSAA)及び財団

法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業

標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣及び経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。厚生労働大臣,経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,

このような特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に係る確認に

ついて,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 T

8125-1

:2008

手持ちチェーンソー使用者のための防護服−

第 1 部:チェーンソーでの切断抵抗性試験に用いる

フライホイール駆動式試験装置

Protective clothing for users of hand-held chain-saws Part 1: Test rig driven

by a flywheel for testing resistance to cutting by a chain-saw

序文

この規格は,1998 年に第 1 版として発行された ISO 11393-1 を基に作成した日本工業規格であるが,実

際の使用における簡便性を考慮して技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

1

適用範囲

この規格は,個人用防護具の手持ちチェーンソーによる切断抵抗性の評価に使用するフライホイール駆

動式試験装置について規定する。

注記 1  この規格は,フライホイール駆動式試験装置の特性について規定するものであるが,その特

性にかかわる規定は,手持ちチェーンソーによる切断抵抗性の試験に用いるためのものであ

り,この規格によって適合性評価を行うことは,意図していない。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 11393-1:1998,Protective clothing for users of hand-held chain-saws−Part 1: Test rig driven by

a flywheel for testing resistance to cutting by a chain-saw (MOD)

なお,対応の程度を表す記号 (MOD) は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,修正していること

を示す。

2

引用規格

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS K 6400-2  軟質発泡材料−物理特性の求め方−第 2 部:硬さ及び圧縮たわみ

注記  対応国際規格:ISO 3386-1,Polymeric materials, cellular flexible−Determination of stress-strain

characteristics in compression−Part 1: Low-density materials (MOD)

JIS L 0120  ステッチ形式の分類と表示記号

注記  対応国際規格:ISO 4915,Textiles−Stitch types−Classification and terminology (MOD)

ISO 11393-2,Protective clothing for users of hand-held chain-saws−Part 2: Test methods and performance



T 8125-1:2008

requirements for leg protectors

ISO 11393-3,Protective clothing for users of hand-held chain-saws−Part 3: Test methods for footwear

3

用語及び定義

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。

3.1

ソーチェーン  

刃が付いたエンドレスチェーン。

3.2

チェーンソー  (chain-saw)

ソーチェーンによるきょ(鋸)断装置。

3.3

切断抵抗性  (resistance to cutting)

防護材料がチェーンソーのソーチェーンをはねのけ,又はこれを十分減速させることができる性能。

なお,これは,ある速度とエネルギーとをもつ動いているソーチェーンを,防護材料に当てて,ソーチ

ェーンが防護材料をカットスルーするかどうかによって判定する。

3.4

チェーン停止時間  (chain stopping time)

ソーユニットの駆動を断ったときに,ソーチェーンが規定速度から静止状態に達するまでの時間。

3.5

カットスルー  (cut-through)

試料が防護材料として使用されるとき,最も身体側に近い面において長さが,10 mm を超える切断。

注記  試料が単層又は複数層からなる素材であって,例えば,防護ズボンなどの最終製品を構成した

とき,着用者の身体から見て外側になる試料の面から動いているソーチェーンを当てる。ソー

チェーンが試料の層を切りながら減速して止まったときに,ソーチェーンを当てた面と反対側

の面にできる,10 mm を超える切断結果である。

3.6

自由運動停止時間  (free-running stopping time)

ソーチェーンに負荷がかかっていない場合のソーチェーン停止時間。

3.7

チェーンスリッピング  (chain-slipping)

ソーチェーンが防護材料の表面を滑って切断を生じさせないことによる防護効果。

3.8

クロッギング  (clogging)

繊維,糸,その他の材料などがソーチェーンによってソーユニットに引き込まれ,ソーチェーンの動き

を停止させる効果。

3.9

チェーンブレーキング  (chain braking)

繊維,その他の材料などがソーチェーンの速度を大幅に低下させてその前進を阻む効果。

3.10


3

T 8125-1:2008

カッティングライン  (cutting line)

ソーチェーンの刃が供試試料に接触する点によって描かれる曲線への接線。

4

原理

この試験装置は,切断のためのソーチェーン速度と運動エネルギー量とを制御して,動いているソーチ

ェーンが個人用防護具に当たるように作られたものである。

試験時には,駆動力は作用せず,ソーチェーン自体の慣性力とソーチェーンに接続する既知の慣性モー

メントとをもつフライホイールの慣性力だけでソーチェーンが動いていることを前提としている。

試験は,チェーンを適切な駆動によって規定の速度に設定する。次に切断試験時点で駆動源を,ソーチ

ェーン及びフライホイールから物理的に切り離す。同時に,回転を続けているソーチェーンを最小の高さ

から試料上へ振り下ろす。ソーチェーンは,引き続き,その運動エネルギーがすべて消費されるまで動く。

(ソーチェーンは,通常の条件下では試料に切り込む。試料表面でソーチェーンが滑る場合もある。

なお,規定の試験速度において,試料にカットスルーが生じたかどうかを報告する。

5

装置

5.1

試験装置

試験装置は,次の主要部品で構成される。

−  駆動装置及び回転エネルギーをソーユニットに伝達する接続装置

−  規定の慣性モーメントをもつ,シャフト,フライホイール,スプロケット,チェーン及び案内板を含

むソーユニット

−  ソーユニット取付器具

−  試料用試験片取付台

−  計器類

試験装置の一般的構成を,

図 に示す。

1  ソーユニット取付部 
2  ソーチェーン 
3  案内板 
4  試料取付台

5  スプロケット 
6  支点(ソーユニット全体を回転させる中心点)
7  水平面 

図 1−試験装置の一般的構成



T 8125-1:2008

5.2

駆動装置及び接続装置

駆動装置は,ソーチェーンを規定の範囲のチェーン速度で駆動できるものとする。

キャリブレーションの場合,試験装置は,19 m/s∼21 m/s の間の速度でチェーンを駆動できるものとす

る。

試験目的の場合,試験装置は,ISO 11393-2 及び ISO 11393-3 において求められる速度でチェーンを駆動

できるものとする。また,駆動装置は,ソーユニットから切り離すことができるものでなければならない。

注記  将来,チェーンの駆動がより高速なものが要求される可能性がある。

5.3

ソーユニット

ソーユニットは,その支点から 360±2 mm の位置で支点と同一水平面上に置かれた試料取付台の上面に

対して,少なくとも次の範囲内で垂直面を自由に回転することができなければならない。

−  上方向 20 mm

−  下方向 100 mm

支点の周囲におけるソーユニットの慣性モーメントは,0.30±0.05 kg・m

2

とする。

注記  ソーチェーンが試料取付台をきずつけるのを防ぐためにストッパー類の取付けが認められてい

る。

5.3.1

ソーユニットの構成部品

5.3.1.1

案内板

案内板は,サンドビック対称 11 枚歯ノーズ付きスプロケット(グルーブ公称値 1.50 mm,公称長さ 330

mm)などで構成する。

案内板の横方向の剛性は,案内板に対してノーズホイール中心で横方向に 50 N の荷重をかけたときに

10.0 mm 未満でなければならない。また,チェーン張力は,調整可能なものでなければならない。

5.3.1.2

チェーン駆動スプロケット

チェーン駆動スプロケットは,7 枚歯リムスプロケットなどで構成する。

スプロケット周辺部の寸法は,

図 のとおりとし,ソーチェーン駆動スプロケットカバーを付けてはな

らない。

これは,試験者保護のための防護板を取り付けないことを要求するものではない。防護板を取り付ける

場合は,試験を妨げるものであってはならない。


5

T 8125-1:2008

単位  mm

図 2−スプロケット周辺部の寸法

5.3.1.3

フライホイール

出力軸を中心として回転する部品の慣性モーメントは,0.47×10

3

 kg・m

2

,誤差±1  %とする。この部

品には,軸,フライホイール及び全保持装置を含むが,ソーチェーン及びスプロケットは含まない。

ソーチェーンが付いていない状態でキャリブレーションの速度に対応する回転数での自由運動停止時間

は,25 秒を超えなければならない。

5.3.1.4

ソーチェーン

ピッチ 8.25 mm,ゲージ 1.47 mm,ドライブリンク数 56 の角刃タイプとする。また,ソーチェーンは,

7.5.1 によって調整するものとする。

5.3.1.5

クラッチ

5.3.1.6

潤滑システム

潤滑システムは,案内板及びソーチェーンに連続的にオイルを流す装置で構成する。

給油率は,2.0±0.5 mL/min とする。

−  オイルの種類:ホワイトオイル

− 40 ℃における粘度: 155±15.5 mm

2

/s

− 100 ℃における粘度: 15.5±2.0 mm

2

/s

− 15 ℃における密度:880±20 kg/m

3



T 8125-1:2008

5.3.2

リリースシステム

リリースシステムは,回転しているソーユニットを試料の上に自由落下によって振り下ろすと同時に,

又はその直前にソーユニットの駆動を切る装置で構成する。

5.3.3

計器類

計器類は,次によって構成する。

a) 0.1

m/s の精度でチェーン速度を測定できる計器で,リリース時点の速度を記録できるものとする。

b) 0.1

s の精度でチェーン停止時間を測定できる計器。

5.3.4

ソーユニット取付器具

ソーユニット取付器具は,支点からの距離が 360±2 mm の位置で,重力による試料に加わる力が 15.0

±0.5 N となるように,ソーユニットの重心位置を配置しなければならない。

これが接触点となる。カッティングラインは,支点と同一水平面上になければならない(

図 参照)。

支点の中心からスプロケットの中心までの水平距離は,130±1 mm とする。

単位  mm

図 3−カッティング時の試験装置の配置

5.4

キャリブレーション用パッド台

試料取付台は,案内板に対して規定された角度を付けて水平に置き,支点の中心線から試料取付台の中

心線までの水平距離は,360±2 mm とする。また,支点の中心線と試料の最上部とは,同一水平面上にな

ければならない。

試験前に,ソーチェーンの刃の表面の最下部と接触時の試料表面との垂直距離が 3±1 mm となるように,

ソーユニットを支点の周辺で傾ける(

図 参照)。

キャリブレーション用パッド取付台は,直径 100±2 mm の半円柱状の剛性の基材(例えば,カシ材など

の硬質木材)を柔軟性のある多孔質の材料の層で覆ったもので構成しなければならない(

図 参照)。

被覆材料は,JIS K 6400-2 によって試験したときの密度が 50±2 kg/m

3

,40  %圧縮率 (Sv40)  における圧

縮応力値が 75±10 kPa であるエチレンビニルアセテート共重合発泡材製の柔軟性のある多孔質材料から成

り,厚さが 14±2 mm の層で構成しなければならない。


7

T 8125-1:2008

単位  mm

図 4−試験直前の試験装置の配置

5.5

キャリブレーション用パッド取付具

キャリブレーション用パッド取付具の構成部品は,次による。

a)  長さが 800 mm 以上ある 30 mm 間隔のピンの列。

b)  長さが 800 mm 以上ある 30 mm 間隔のピンを受け止めるだけの十分な大きさをもつ孔の列をもった固

定用押さえ板。

取付装置の一例を,

図 に示す。

単位  mm

1  試験片固定ピン 
2  固定用押さえ板 
3  ピンの通る孔 
4  押さえ板固定ピン

図 5−キャリブレーション用パッド取付台及び取付装置の例

6

キャリブレーション材料

6.1

キャリブレーション用パッド

キャリブレーション用パッドの寸法は,(300±10 mm)×(700±10 mm)とする。

各パッドは,

附属書 の規定によってこの試験用に製造する。また,キャリブレーション用パッドの縫



T 8125-1:2008

製は,次による。

a)  キャリブレーション用パッドの周囲を縫い代 10 mm で縫う。縫糸は,100  %ポリエステル,NM 80/1。

1cm 当たりステッチ数は,3 前後。ステッチの種類は,JIS L 0120 の表示記号 301 による。

b)  キャリブレーション用パッドの周囲を 1 本針 3 本糸のオーバーロックでかがる。糸は,100  %ポリエ

ステル,NM 80/1 + 150 dtex。1 cm 当たりステッチ数は,5 前後。ステッチの種類は,JIS L 0120 の表

示記号 504 による。

6.2

キャリブレーション用パッドの管理

キャリブレーション用パッドの新規の各バッチをそれまでの旧バッチと比較し,これらの試験の記録を

保管しなければならない。

7

試験装置のキャリブレーション

7.1

一般

キャリブレーションの手順は,次による。

a)  カットを行う前に,自由運動停止時間を確認する。

b)  製品のカット試験を行う前には,キャリブレーション用パッドのカットを行う。

7.2

試験装置の始動

装置を始動させる前に,案内板,ソーチェーン及びスプロケットが清浄な状態で,繊維又はその他の異

物が付着していないことを確認する。

モーターを始動させてソーチェーン速度を,約 20 m/s に上げる。ソーチェーンのウォームアップを行っ

て,自由運動停止時間を確認する。

7.3

自由運動停止時間

各カッティングの前に,ソーチェーン速度が 20.0±0.2 m/s のとき自由運動停止時間は,4.0±0.2 s であ

ることを確認しなければならない。

7.4

チェーン速度の測定

リリースのときのソーチェーン速度を測定する(5.3.2 参照)

7.5

パッドによるキャリブレーション

7.5.1

ソーチェーンの調整

使用前に各カッターリンクの刃先が,

図 の X,Y,Z で示す角度になっているかを確認する。規定の

角度から外れている場合には,新品に交換する。市販の研磨機を用いて修正してもよい。その場合は,エ

ッジ X,Y,Z を研磨機の研磨用ホイールに軽く当てて行う(

図 参照)。

研磨用ホイールは,次の仕様を満たさなければならない。

−  グリットの種類:60 グレード M,ストラクチャー 5

−  縦断面の半径:2.4 mm

−  研磨用ホイールの厚さの公称値:4.8 mm


9

T 8125-1:2008

図 6−ソーチェーンのエッジの調整

各カッターリンクのデプスゲージを測定する。この高さは,0.64±0.05 mm でなければならない(

図 7

参照)

。調整後の質量は,222±2 g でなければならない。また,これらの要求事項に合わないソーチェーン

は,廃棄する。

単位  mm

図 7−カッターリンクのデプスゲージ

7.5.2

キャリブレーション用パッドの取付け

キャリブレーション用パッドの長辺を試験片固定ピンに固定する。パッドを取付台の上に通して自由に

垂れ下がっている側に 25 N/m(パッドの端から 50 mm の位置から開始して 100 mm ごとに 250 g)の分散

負荷をかける。キャリブレーション用パッドを手で平滑にする。取付けのときは,押さえ板がキャリブレ

ーション用パッドを圧縮してはならない。

キャリブレーション用パッドの固定された側を支点と反対側にして,試料取付台との位置を合わせる。

7.5.3

カッティング

各キャリブレーション用パッドごとのカットは,1 か所だけとする。カットは,キャリブレーション用

パッド取付台に対して 45 度の角度でパッドの端から約 350 mm の位置に入れる。この角度は水平面で測定

する。

次の基準によって,少なくとも二つのキャリブレーション用パッドに 19.0±0.2 m/s 及び 21.0±0.2 m/s

でカットを入れる。

− 19

m/s では切断してはならない。


10 
T 8125-1:2008

− 21

m/s では切断が生じるものとする。

これらの結果にならない場合は,試験装置及びソーチェーンを点検調整しなければならない。


11

T 8125-1:2008

附属書 A

規定)

キャリブレーション用パッドに関する補足情報

序文

この附属書は,キャリブレーション用パッドに関する補足情報について規定する。

A.1  キャリブレーション用パッド

キャリブレーション用パッドの構成は,次による。

a)  約 240 g/m

2

の,たて編みした一層の外装材

b)  約 105 g/m

2

の,たて・よこ糸挿入トリコットを 10 層重ねた防護材

よこ糸:940 dtex ポリアミド

たて糸 1:50 dtex ポリエステル

たて糸 2:167 dtex ポリエステル

c)  約 50 g/m

2

の,一層の裏地材料

未仕上げのものを使用することが望ましい。

実例として,パッド材構成分析結果の一例を,

表 A.1 に示す。

表 A.1−キャリブレーション用パッドの構成

部材

項目

外装材

防護材用トリコット

裏地材

質量(g/m

2

)

223.4 107.2  59.4

組織

ハーフトリコット

たて・よこ糸挿入トリコット

トリコット

(シャークスキン)

フロント 182・32

よこ挿入糸

968・140

フロント 55.7・20

バック 182.3・32

たて挿入糸

179・30

バック 55.3・20

見掛け番手・繊度・

フィラメント数

(dtx)

トリコット

編み糸

54・16

ウェール

24

ウェール 22.9 ウェール 29

密度

(目/2.54 cm)

コース

30

コース 17.8 コース 39

よこ挿入糸

a)

  ポリアミド 100

たて挿入糸

a)

ポリエステル

100

混用率(%)

ポリエステル 100

トリコット

編み糸

ポリエステル

100

ポリエステル 100

フィラメント糸

フィラメント糸

フィラメント糸

a)

  たて・よこの挿入糸は,編目 1 目当たり 1 本とする。


12

T

 81
25-1

2008

12

T

 81
25-1

2008

附属書 JA

参考)

JIS と対応する国際規格との対比表

JIS T 8125-1: 2008  手持ちチェーンソー使用者のための防護服−第 1 部:チェーンソ
ーでの切断抵抗性試験に用いるフライホイール駆動式試験装置

ISO 11393-1 :1998,  Protective clothing for users of hand-held chain-saws−Part 1: 
Test rig driven by a flywheel for testing resistance to cutting by a chain-saw

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際

規格
番号

箇条番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

1  適用範囲

1

一致

2 引用規格

3 用語及び
定義

3

追加/削除  ソーチェーンの定義を追加

“Threshold chain speed”は
本文で使用されていないた

め削除。

実質上の差異はない。

4 原理

4

一致

5 装置

5.1  試験装置 
5.2  駆動装置及び接続
装置 
5.3  ソーユニット 
 
 
 
 
5.4  キャリブレーショ
ン用パッド台 
 
 
5.5  キャリブレーショ
ン用パッド取付具

5 5.1

5.2 
 
5.3 
 
 
 
 
5.4 
 
 
 
5.5

一致 
一致 

削除/追加 
 

 
 
削除/変更

 
 

一致

 
 
 
5.3.1 の注記を削除 
 
 
5.3.1.4 の商品名を削除し,
対応する数値を記した。 
注記を削除

圧力応力の表示記号を変更
(Cv40→Sv40)

 
 

特定の供給者名を挙げるのは好
ましくないので削除した。実質上
の差異はない。

実質上の差異はない。 
 

国内で通常使われる記号に変更
したが,技術的な変更を伴うもの
ではない。


13

T

 81
25-1

2008

13

T

 81
25-1

2008

(Ⅰ)JIS の規定

(Ⅲ)国際規格の規定

(Ⅳ)JIS と国際規格との技術的差異の箇
条ごとの評価及びその内容

箇条番号
及び名称

内容

(Ⅱ) 
国際
規格

番号

箇条番号

内容

箇条ごとの
評価

技術的差異の内容

(Ⅴ)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

6  キ ャ リ
ブ レ ー シ
ョン材料

6 6.1

 
6.2 
6.3

削除

 
一致 
削除

注記を削除

特定の供給者名を挙げるのは好

ましくないので削除した。 
 
検討中の項目を,規格本体に入れ

るのは不適切。 
ISO 規格改訂時に提案する。 

7  試 験 装
置 の キ ャ

リ ブ レ ー
ション

7.1 一般 
7.2 試験装置の始動 
7.3 自由運動停止時間 
7.4 チェーン速度の測
定 
7.5 パッドによるキャ
リブレーション 

7 7.1

7.2 
7.3 
7.4 
 
7.5

一致 
一致

一致 
一致 

選択/削除

 

 
 

研磨機による修正の代替と
して,新品への交換を追加
し て 選 択 で き る よ う に し

た。 
7.5.1 の追記 2 項目を削除し
た。

 

 
 

実質上の差異はない。 
特定の供給者名を挙げるのは好
ましくないので,追記を削除し

た。

附属書 A 
(規定)

キ ャ リ ブ レ ー シ ョ ン
用 パ ッ ド に 関 す る 補

足情報

Annex A 
(informative)

変更

参考を規定に変更 
実物キャリブレーションの

パッドの構成表を追加

キャリブレーション材は,規定さ
れるべき。

実質上の差異はない。

Annex B 
(informative)

削除

本体 6.3 との整合のため。

ISO 規格改訂時に提案する。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 11393-1 :1998,MOD


14

T

 81
25-1

2008

14

T

 81
25-1

2008

 
注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  一致……………… 技術的差異がない。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

    −  選択……………… 国際規格の規定内容とは異なる規定内容を追加し,それらのいずれかを選択するとしている。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。