>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 7330 : 2000

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本医用光学機器工業会 (JMOIA) から,工

業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申し出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚

生大臣が制定した日本工業規格である。

今回の制定は,日本工業規格を国際規格に整合させるため,ISO 13666 : Ophthalmic optics−Spectacle

lenses

−Vocabulary を基礎として用いた。

JIS T 7330

には,次に示す附属書がある。

附属書 A(参考)  分光重み関数及び分光分布

附属書 B(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表


日本工業規格

JIS

 T

7330

 : 2000

眼鏡レンズの用語

Ophthalmic optics

−Spectacle lenses−Vocabulary

序文  この規格は,1998 年に第 1 版として発行された ISO 13666, Ophthalmic optics−Spectacle lenses−

Vocabulary

を翻訳し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,セミフィニッシュト眼鏡レンズブランク(以下,レンズブランクという。),

フィニッシュト眼鏡レンズ(以下,レンズという。

)及びフィッティングに関連した眼光学の基礎的な用語

(以下,用語という。)及びその定義について規定する。ただし,製造及び表面処理(15.に収録した特殊

なコートを除く。

)の工程に関する用語,材料に関する用語,材料及び光学的加工処理後の欠陥に関する用

語は,ISO 9802 で規定する。

なお,用語の分類は,次による。

4.

基礎光学

5.

レンズ及びフィッティング

6. 

レンズの材料

7.

レンズの面

8.

レンズ

8.1

機能

8.2

レンズ面形状

8.3

レンズ品種

8.4

製造状態

9.

焦点特性

10.

プリズム特性

11.

球面屈折力レンズ

12.

乱視屈折力レンズ

13.

レンチキュラーレンズ

14.

多焦点レンズ及び累進屈折力レンズ

15.

透過,反射及びコート

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 13666 : 1998,

  Ophthalmic optics−Spectacle lenses−Vocabulary (MOD)


2

T 7330 : 2000

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格の規定を構成

するものであって,その後の改正版・追補には適用しない。発行年を付記していない引用規格は,その最

新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 7090

  光学及び光学機器−基準波長

備考  ISO 7944  Optics and optical instruments−Reference wavelengths が,この規格と対応している。

JIS B 7281 : 1990

  眼鏡枠の寸法測定

備考  ISO/DIS 8624   Optics and optical instruments − Ophthalmic optics − Measuring system for

spectacle frames

が,この規格と対応している。

ISO 8429

  Optics and optical instruments−Ophthalmology−Graduated dial scale.

ISO 8980-3

  Ophthalmic optics−Uncut finished spectacle lenses−Part 3 : Transmittance specifications and

test methods.

ISO 9802

  Raw optical glass−Vocabulary.

ISO/CIE 10526

  CIE standard colorimetric illuminants.

ISO/CIE 10527

  CIE standard colorimetric observers.

IEC 60050 (845) 

  International Electro-technical Vocabulary−Chapter 845 : Lighting.

3.

一般的事項  用語及びその定義の一般的事項は,次による。

a)

レンズ又は面の屈折力の単位は,メートルの逆数 (m

-1

)

で,ディオプトリ (D) で表す(9.1 参照)

b)

プリズム屈折力の単位は (cm/m) で,プリズムディオプトリ  (△)  で表す(10.11 参照)

c)

光学及びレンズの定義を簡潔で理解しやすくするため,特別な断りがある場合を除き,レンズ及びプ

リズムの収差を無視する。

d)

用語及びその定義は,項目別に分類して掲載する。参考として,英・仏・独の対応外国語及び慣用語

を示し,日・英の索引を付ける。

なお,用語の読み方を,用語の下の  (  )  内に示す。略号が使用される用語には,用語と読み方の

間にその略号を示す。


3

T 7330 : 2000

4.

基礎光学

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

4.1 

光放射 
(ひかりほうしゃ)

X

線  (

λ≒1nm)  へ移行する波長領域と電波  (λ≒

1mm)

の波長へ移行する波長領域との間の電磁

放射[IEC 60050 (845)  参照]

(英) optical radiation 
(仏) rayonnement

optique

(独) optische Strahlung

光線

4.2 

可視放射 
(かしほうしゃ)

視覚に直接作用する光放射。 
備考1.  可視放射のスペクトル領域には正確な境

界はない。これらは網膜に達する放射強
度と観察者の感覚によるからである。

一般的には,下方境界は 360∼400nm

の間にあり,上方の境界は 760∼830nm
の間にある。

IEC 60050 (845)参照]

2.

この規格及び眼光学に適用する場合は,

380nm

と 780nm とを境界とする。

(英) visible radiation,

light

(仏) rayonnement

visible

lumière

(独) sichtbare Strahlung

Licht

可視光線

光線

4.3 

紫外放射 
(しがいほうしゃ)

可視放射より波長が短い光放射。 
備考1. 100∼400nm の範囲の紫外放射は,次の

領域に分けられる。

UV-A

  315∼400nm(

備考 2.参照)

UV-B

  280∼315nm

UV-C

  100∼280nm

IEC 60050 (845)参照]

2.

この規格及び眼光学に適用する場合に

は,UV-A の上限は 380nm とする。

3. 200nm

以下の放射は大気が吸収するた

め,UV-C として有効なスペクトル範囲

は,200∼280nm である。

(英) ultraviolet radiation
(仏) rayonnement

ultraviolet

(独) ultraviolette

Strahlung

紫外線

4.4 

赤外放射 
(せきがいほうしゃ)

可視放射より波長が長い光放射。 
備考1. 780nm∼1mm の赤外放射は,次の領域に

分けられる。

IR-A

  780∼1 400nm

IR-B

  1.4∼3

µm

IR-C

  3

µm∼1mm

IEC 60050 (845)参照]

2.

赤外放射は,海面上において約 2 000nm
まで広がる。

3.

赤外吸収物質の設計時には,光源から放

射されたレンズに到達する赤外放射範囲
を考慮する。

(英) infrared radiation 
(仏) rayonnemen

infrarouge

(独) infrarote Strahlung

赤外線

4.5 

屈折率 
n (

λ)

(くっせつりつ)

真空中の電磁波の速度に対する,媒質中における
波長

λの単色放射波の位相速度の比[IEC 60050 

(845) 

参照]

備考1.  工業的には,真空に対する屈折率の代わ

りに空気に対する屈折率が用いられる。

2.

レンズを含め,光学ガラス,すべての光

学系及び光学機器で使用する波長は,JIS 

B 7090

で定義する。

(英) refractive index,

n (

λ)

(仏) indice de rèfraction,

n (

λ)

(独) Brechzahl,

n (

λ)


4

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

4.6 

分散 
(ぶんさん)

ある媒質中における単色放射の伝搬速度が,その
放射の周波数の関数として変化する現象[IEC

60050 (845) 

参照]

(英) dispersion 
(仏) dispersion

(独) Dispersion

4.7 

アッベ数

υ

e

又は

υ

d

(あっべすう)

ある光学材料の色収差に対する補正を見積もる

ための数学的表現。 
次の式によって算出する。

υ

e

C

F

e

n

n

n

−1

こ こ に , n

e

: 緑 色 の 水 銀 e 線 ( 波 長 :

546.07nm

)の屈折率。

n

F'

:青色のカドミウム F'線(波長:

479.99nm

)の屈折率。

n

C'

:赤色のカドミウム C'線(波

長:643.85nm)の屈折率。

又は,

υ

d

C

F

d

n

n

n

−1

ここに,n

d

:黄色のヘリウム d 線(波長:

587.56nm

)の屈折率。

n

F

: 青 色 の 水 素 F 線 ( 波 長 :

486.13nm

)の屈折率。

n

C

: 赤 色 の 水 素 C 線 ( 波 長 :

656.27nm

)の屈折率。

ISO 9802 参照) 
備考  これらの基準波長は,JIS B 7090 で規定す

る。

(英) Abbe number,

υ

e

 or

υ

d

(仏) nombre d’Abbe,

υ

e

 or

υ

d

(独) Abbesche Zahl,

υ

e

 or

υ

d

4.8 

光軸 
(こうじく)

レンズの両光学面に垂直な直線。これに沿った光
は屈折せずに通過する。 
備考  非球面は,回転軸である単一の対称軸をも

つ。相対する面の曲率中心がこの軸上にな
ければ,真の光軸は存在しない。

(英) optical axis 
(仏) axe optique 
(独) optische Achse

4.9 

頂点 
(ちょうてん)

レンズの光軸とレンズ面との交点。

(英) vertex

(仏) sommet 
(独) Scheitelpunkt

4.10 

屈折力 
(くっせつりょく)

レンズ又は光学面が,屈折によって入射波面の曲
率又はその方向を変化させる能力。

(英) power 
(仏) puissance 
(独) Wirkung

4.11 

焦点 
(しょうてん)

光軸上の無限遠物点と共役な像点。

(英) focal point 
(仏) foyer 
(独) Brennpunkt

4.12 

生化学放射線作用の 
(せいかがくほうしゃ
せんさようの)

生体組織に対する光化学放射線作用の現れ又は
それに関すること。

(英) bioactinic 
(仏) bioactinique

(独) bioaktinisch

4.13 

生化学放射線作用 
(せいかがくほうしゃ
せんさよう)

生体組織に化学変化を及ぼす光放射の性質。

(英) bioactinism 
(仏) bioactinisme

(独) Bioaktinität


5

T 7330 : 2000

5.

レンズ及びフィッティング

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

5.1 

ボクシングシステム

レンズ又はレンズブランクに外接する,水平及
び垂直接線から成る長方形を基準とした測定及
び定義のシステム。 
備考  JIS B 7281 参照。

(英) boxing  system,

boxed lens system

(仏) système《boxing》,

système

  d’encadrement

(独) Kastensystem

5.2 

水平中心線(ボクシン
グシステムの) 
(すいへいちゅうしん
せん)

ボクシングシステムの二つの水平接線から等距
離にある線。

(英) horizontal

  centreline

(仏) ligne  médiane

  horizontale

(独) horizontale

  Mittellinie

5.3 

垂直中心線(ボクシン
グシステムの) 
(すいちょくちゅうし
んせん)

ボクシングシステムの二つの垂直接線から等距

離にある線。

(英) vertical  centreline

(仏) ligne  médiane

  verticale

(独) vertikale  Mittellinie

5.4 

ボクシング中心 
(ぼくしんぐちゅうし
ん)

水平中心線と垂直中心線との交点。 
備考  この用語は,眼鏡枠及び玉形加工済レン

ズに適用する。

(英) boxed  centre 
(仏) centre《boxing》 
(独) Mittelpunkt  nach

  Kastensystem

5.5 

幾何学中心 
(きかがくちゅうし
ん)

レンズブランク又はアンカットレンズの形状に

対する水平中心線と垂直中心線との交点。

(英) geometrical  centre

(仏) centre  géométrique 
(独) geometrischer

  Mittelpunkt

5.6 

水平軸 
(すいへいじく)

ISO 8429

に定義する乱視軸及びプリズム基底方

向を特定するための,レンズ上の基準点を通る

0-180

度方向の軸。

(英) horizontal  axis 
(仏) axe  horizontal 
(独) Glashorizontale

5.7 

経線 
(けいせん)

(英) meridians 
(仏) Méridiens

(独) Meridianebene

5.7.1 

面の経線 
(めんのけいせん)

面の曲率中心を含む任意の平面(7.4 参照)

(英) meridian of a

  surface

(仏) méridien  d’une

  surface

(独) Meridianebene

  einer Fläche

5.7.2 

レンズの経線 
(れんずのけいせん)

レンズの光軸を含む任意の平面。

(英) meridian of a lens

(仏) méridien  d’un

  verre

(独) Meridianebene

  eines

Brillenglases

5.8 

前面 
(ぜんめん)

装用眼から遠い方のレンズの表面。

(英) front  surface

(仏) surface  avant 
(独) Vorderfläche

  objektseitige

  Fläche


6

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

5.9 

後面 
(こうめん)

装用眼に近い方のレンズの表面。

(英) back  surface 
(仏) surface  arrière

(独) Rückfläche

  augenseitige

  Fläche

5.10 

光学中心 
(こうがくちゅうし
ん)

実用的な目的においては,レンズの光軸とレン
ズ前面との交点。

(英) optical  centre 
(仏) centre  optique

(独) optischer

  Mittelpunkt

5.11 

ビジュアルポイント

視軸とレンズ後面との交点。

(英) visual  point 
(仏) point  visuel 
(独) Durchblickpunkt

5.12 

設計基準点 
(せっけいきじゅんて
ん)

設計仕様が適用された,レンズブランクの仕上
げ面又はフィニッシュトレンズの前面上の点。
それらは製造業者によって規定される。 
備考  例えば,遠用部設計基準点及び近用部設

計基準点。

(英) design  reference

  point

(仏) point  de  référence

  de conception

(独) Konstruktions-

  bezugspunkt

5.13 

遠用部設計基準点 
(えんようぶせっけい
きじゅんてん)

遠用部の設計仕様が適用された,フィニッシュ
トレンズの前面又はレンズブランクの仕上げ面

上の点。それらは製造業者によって規定される。

(英) distance  design

  reference point

(仏) point  de  référence

  de conception

pour

  la vision de loin

(独) Fern−

  Konstruktions-

  bezugspunkt

5.14 

近用部設計基準点 
(きんようぶせっけい
きじゅんてん)

近用部の設計仕様が適用された,フィニッシュ
トレンズの前面又はレンズブランクの仕上げ面

上の点。それらは製造業者によって規定される。

(英) near  design

  reference point

(仏) point  de  référence

  de conception

  pour la vision de

  Près

(独) Nah−Konstruktions

  -bezugspunkt

5.15 

遠用部測定基準点 
(えんようぶそくてい
きじゅんてん)

遠用部の屈折度数が適用された,レンズの前面
上の点。 
備考  この点は,場合によっては,遠用部設計

基準点と区別するために,供給者によっ
て明示される。

(英) distance  reference

  point,

major

reference

  point

(仏) point  de  référence

  de la vision de

loin,

point

de

référnce

  principal

(独) Fern−Bezugspunkt,

Hauptbezugspunkt


7

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

5.16 

遠用ビジュアルポイン
ト, 
DVP

(えんようびじゅある
ぽいんと)

一定条件下で遠方視のために使われるレンズ上
に想定されるビジュアルポイント。 
備考  通常,頭をまっすぐにして眼が第一眼位

にある状態での,視軸とレンズとの交点
が想定される。

(英) distance visual point,

DVP

(仏) point visuel de loin 
(独) Fern−

  Durchblickpunkt

5.17 

近用ビジュアルポイン
ト, 
NVP

(きんようびじゅある
ぽいんと)

一定条件下で近方視のために使われる,レンズ
上に想定されるビジュアルポイント。

(英) near visual point,

NVP

(仏) point visuel de près 
(独) Nah−

  Durchblickpunkt

5.18 

装用時前傾角 
(そうようじぜんけい
かく)

レンズの光軸と第一眼位にある眼の視軸(通常
水平方向にある)との垂直面内の角度。

(英) pantoscopic  angle 
(仏) angle  pantoscopique

(独) Vorneigungswinkel,

pantoskopischer

  Winkel

5.19 

レンズブランク又はレ
ンズの寸法

レンズブランク又はレンズの寸法は,次のよう
に分類される。

5.19.1 

公称寸法 
d

n

(こうしょうすんぽ
う)

製造業者によって表示された寸法。

(英) nominal  size,

d

n

(仏) dimension

  nominale,

d

n

(独) Nenngröße

d

n

5.19.2 

実寸法 
d

e

(じつすんぽう)

ブランク又はレンズの実寸法。

(英) effective  size,

d

e

(仏) dimension  effective,

d

e

(独) effektive  Größe,

d

e

5.19.3 

使用可能寸法 
d

u

(しようかのうすんぽ
う)

光学的に使用可能な領域の寸法。

(英) usable  size,

d

u

(仏) dimension

  utilisable,

d

u

(独) nutzbare  Größe,

d

u

有効径

5.20 

心取り点, 
CP

(しんとりてん)

処方プリズム又はレンズ厚を減ずるプリズムが
ない状態,又はそれらのプリズムを相殺した状
態での,光学中心,設計基準点又はフィッティ

ングポイントが置かれるべき眼鏡平面上の点。

(英) centration  point,

CP

(仏) point  de  centrage,

CP

(独) Zentrierpunkt,

CP

5.21 

光学中心間距離, 
OCD

(こうがくちゅうしん
かんきょり)

処方プリズムを相殺した状態の,枠入れされた
一対のレンズの水平方向の光学中心間距離。 
備考  累進屈折力レンズではフィッティングポ

イント間の距離。

(英) optical  centre

  distance,

OCD

(仏) distance des centres

  optiques

(独) Mittenabstand


8

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

5.22 

心取り点間距離, 
CD

(しんとりてんかんき
ょり)

一対のレンズの心取り点間に要求される水平距
離。 
備考1.  鼻りょう(梁)の中心又は眼鏡枠ブリ

ッジの仮想中心線からはかった,単眼
の値として規定されることがある。

2.

どう(瞳)孔間距離だけが表示されて
いる場合は,これを心取り点間距離と
みなす。

(英) centration  distance,

CD

(仏) distance de centrage 
(独) Zentrierpunktabstand

5.23 

寄せ(心取り点の) 
[よせ(しんとりてん
の)]

玉形加工済レンズ形状のボクシング中心からの
心取り点の偏位。

(英) decentration 
(仏) décentrement

(独) Dezentration

5.24 

フィッティングポイン

眼前にレンズを位置付けるための基準点として

製造業者によって指定された,レンズ又はセミ
フィニッシュトレンズブランクの前面上の点。

(英) fitting  point

(仏) point  de  montage 
(独) Anpaßpunkt

5.25 

フィッティングポイン
ト位置 
(ふぃってぃんぐぽい
んといち)

(玉形加工済)レンズ形状のボクシング中心か

らフィッティングポイントまでの,垂直及び水
平の距離及び方向(

図 参照)。

(英) fitting point position

(仏) position du point

  de montage

(独) Anpaßpunktlage

5.26 

フィッティングポイン
ト高さ 
(ふぃってぃんぐぽい
んとたかさ)

レンズ最下端点での水平接線からフィッティン
グポイントまでの垂直距離(

図 参照)。

備考  レンズがやげん状の場合は,周縁部とし

てやげんの頂点をとる。

図 1

フィッティングポイントに関する用

(英) fitting point height 
(仏) hauteur du point de

  montage

(独) Anpaßpunkthöhe

5.27 

頂点間距離 
(ちょうてんかんきょ
り)

角膜頂点とレンズ後面との距離。眼鏡枠のフロ
ント部の平面に垂直な視軸に沿ってはかる。

(英) vertex  distance 
(仏) distance  verre-oeil

(独) Hornhaut−

  Scheitelabstand

装用距離


9

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

5.28 

作業距離 
(さぎょうきょり)

指定された点又は平面から,物体平面までの距
離。 
備考  通常眼鏡平面が指定の平面として用いら

れる。

(英) working  distance 
(仏) distance de travail

(独) Arbeitsabstand

5.29 

どう(瞳)孔間距離, 
PD

(どうこうかんきょ
り)

遠方に位置する物体をまっすぐ注視した状態で
の,どう(瞳)孔中心間距離。

(英) interpupillary

  distance,

PD

(仏) distance

  interpupillaire

(独) Pupillenabstand,

PD

5.30 

単眼どう(瞳)孔距離 
(たんがんどうこうき
ょり)

眼が第一眼にある状態で,鼻りょう(梁)又は

眼鏡枠ブリッジの中央線と,どう(瞳)孔中心
との距離。

(英) monocular

  pupillary distance

(仏) distance  pupillaire

  monoculaire

(独) monokularer

  Pupillenabstand

5.31 

第一眼位 
(だいいちがんい)

眼の高さにあるまっすぐ前方の物体を注視して

いるときの,頭部に対する眼の相対位置。

(英) primary  position

(仏) position  primaire 
(独) Primärstellung

5.32 

視軸 
(しじく)

眼の中心か(窩)の中心と射出ひとみの中心と
を結び,入射ひとみの中心から物体空間へ向か
う線。

(英) visual  axis 
(仏) axe  visuel 
(独) Fixierlinie


10

T 7330 : 2000

6.

レンズの材料

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

6.1 

光学材料 
(こうがくざいりょ
う)

光学部品を製造するのに適した透明材料。

(英) optical  material 
(仏) metériau  optique 
(独) optisches  Material

6.2 

ガラス,無機ガラス 
(むきがらす)

無機物質を溶融成形した材料。 
備考  光学ガラスの種類の用語は,ISO 9802 

照。

(英) glass,

inorganic/mineral

  glass

(仏) verre,

verre

inorganique/

  minéral

(独) Glass,

anorganisches

  Glas/Mineralglas

6.3 

硬質樹脂 
(こうしつじゅし)

(英) organic hard resin

(仏) Résine

  polymérisée,

(organique)

(独) Kunststoff,

(organisches

Glas)

6.3.1 

熱硬化性硬質樹脂 
(ねつこうかせいこう
しつじゅし)

重合によって,不溶解性及び不溶融性の状態に

された,有機ポリマーから成るプラスチック材
料。通常は加熱によって変形しない。

(英) thermosetting  hard

  resin

(仏) résine  polymérisée

thermodurcissable

(独) duroplastischer

  Kunststoff

熱 硬 化 性

樹脂

6.3.2 

熱可塑性硬質樹脂 
(ねつかそせいこうし
つじゅし)

加熱による軟化と冷却による硬化とを繰り返す
ことが可能で,柔らかい状態では鋳造や射出成

形によってレンズ又はレンズブランクに再加工
可能な,有機ポリマーから成るプラスチック材

(英) thermoplastic  hard

  resin

(仏) résine  polymérisée

  thermoplastique

(独) thermoplastischer

  Kunststoff

熱 可 塑 性
樹脂

6.4 

フォトクロミック材料 
(ふぉとくろみっくざ
いりょう)

照射された光放射の強度と波長に依存して視感
透過率の特性が可逆的に変化する材料。 
備考1.  この材料は主に300∼450nm の,太陽光

スペクトル範囲の波長に反応するよう
に設計されている。

2.

透過特性は周囲の温度に影響される。

(英) photochromic

  material

(仏) matériau

  photochromique

(独) phototropes

  Material,

photochromes

  Material

調光材料

6.5 

フォトクロミック劣化 
(ふぉとくろみっくれ
っか)

長時間の累積的な及び/又は繰り返し露光の結
果による,フォトクロミック材料の視感透過率

特性の不可逆的変化。

(英) photochromic

  fatigue

(仏) fatigue  des

  photochromiques

(独) phototrope

  Ermüdung,

photochrome

  Ermüdung

調 光 性 の
劣化


11

T 7330 : 2000

7.

レンズの面

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

7.1 

球面 
(きゅうめん)

球の内側又は外側表面の一部。

(英) spherical  surface 
(仏) surface  sphérique 
(独) sphärische  Fläche

7.2 

円柱面 
(えんちゅうめん)

円柱の内側又は外側表面の一部。

(英) cylindrical  surface 
(仏) surface  cylindrique

(独) zylindrische  Fläche

7.3 

非球面 
(ひきゅうめん)

頂点から周辺にかけ曲率が連続的に変化する回

転面の一部。

(英) aspherical  surface

(仏) surface  asphérique 
(独) asphärische  Fläche

7.4 

面の主経線 
(めんのしゅけいせ
ん)

測定によって最大曲率又は最小曲率を示す面の

経線。

(英) principal  meridians

  of a surface

(仏) méridiens

  principaux d’une

  surface

(独) Hauptschnitte  einer

  Fläche

7.5 

トロイダル面 
(とろいだるめん)

円弧を,その円弧と同一面内にあり円弧の曲率
中心を通らない軸の回りに回転させて得られる

面の一部。 
備考  “トロイダル”は面に,“トーリック”は,

レンズ又は物体に限定することが望まし

い。

(英) toroidal  surface 
(仏) surface  toroïdale

(独) torische  Fläche

円 環 体 の

7.6 

非トロイダル面 
(ひとろいだるめん)

曲率が異なる互いに垂直な主経線をもつ面で,
少なくとも一方の主経線の断面が円ではない

面。

(英) atoroidal  surface 
(仏) surface  atoroïdale

(独) atorische  Fläche

非円環面

7.7 

累進面 
(るいしんめん)

表面の一部又は全体にわたり,曲率が連続的に

変化する面。回転対称ではない。

(英) progressive  surface

(仏) surface  progressive 
(独) Gleitichtfläche

7.8 

ニュートンリングテス

一方の曲率が確認されている二つの表面を接触

させ,その曲率の違いを干渉じまで特定するテ
スト方法。

(英) Newton’s rings test

(仏) essai des anneaux

  de Newton

(独) Probeglasverfahren


12

T 7330 : 2000

8.

レンズ

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

8.1 

機能別分類

8.1.1 

眼用レンズ 
(がんようれんず)

眼の測定,補正及び/又は保護のため,又は見掛

けを変えるために使用するレンズ。

(英) ophthalmic lens

(仏) verre ophtalmique 
(独) Augenglas

8.1.2 

眼鏡レンズ 
(がんきょうれんず)

眼球に接触せずに,眼の前方に掛ける眼用レン
ズ。

(英) spectacle lens 
(仏)  verre de lunettes 
(独) Brillenglas

眼 鏡 レ ン
ズ 
( め が ね

れんず)

8.1.3 

屈折補正用レンズ 
(くっせつほせいよう
れんず)

屈折度数をもった眼鏡レンズ。

(英) corrective lens 
(仏) verre correcteur

(独) Korrektions−

  Brillenglas

8.1.4 

保護レンズ 
(ほごれんず)

外界の危険から眼を保護するために設計された
レンズ。

(英) protective lens 
(仏) verre protecteur 
(独) Schutzglas

8.1.5 

光吸収レンズ 
(ひかりきゅうしゅう
れんず)

入射光の特定波長範囲又は特定比率で吸収する
ように設計されたレンズ。

(英) absorptive lens 
(仏) verre absorbant 
(独) absorbierendes

  Brillenglas

8.1.6 

カラーレンズ

透過において顕著に色(グレーを含む。

)が付い

たレンズ(一般的には光吸収レンズ)

(英) tinted lens

(仏) verre teinté 
(独) getöntes

  Brillenglas

色レンズ

( い ろ れ
んず)

8.1.7 

無色レンズ 
(むしょくれんず)

透過で色を感じさせないレンズ。

(英) clear lens 
(仏) verre blanc 
(独) farbloses

  Brillenglas

白レンズ
( し ろ れ
んず)

8.1.8 

クリアレンズ

視感透過率が ISO 8980-3 のカテゴリー0 に入る

レンズ。 
備考  このようなレンズはわずかに着色してい

ることがある。

(英) clear lens

(仏) verre blanc 
(独) farbloses

  Brillenglas

8.1.9 

均一カラーレンズ 
(きんいつからーれん
ず)

材料自体が均一な色合いであるか,加工後にそ
の表面が一様な色となるよう処理された材料に
よって製造されたレンズ。 
備考  材料の段階で均一に着色されたレンズ

(ソリッドタイプのカラーレンズ)の場
合,屈折度数をもっと中心部から周辺部

にかけてレンズの厚さが変わるため視感
透過率の値が変わる。このようなレンズ
はグラディエントカラーレンズではな

い。

(英) uniformly tinted

  lens

(仏) verre teinté

  uniformément

(独) einheitlich

  getöntes

  Brillenglas

均 一 色 レ
ンズ 
( き ん い

つ い ろ れ
んず)

8.1.10 

グラディエントカラー
レンズ

全面又は一部が,設定された色合い(濃度,色)

に変化しているレンズ。

(英) gradient-tinted

  lens,

graduated-tinted

  lens

(仏) verre dégradé 
(独) Verlaufglas

ぼ か し 色

レンズ 
( ぼ か し
い ろ れ ん

ず)


13

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

8.1.11 

フォトクロミックレン

入射する光線の放射強度と波長によって,視感
透過率特性が可逆的に変化するレンズ。 
備考1.  主として300∼450nm の太陽光線で変

化するように作られたレンズ。

2.

一般に,透過率は温度に依存する。

(英) photochromic lens 
(仏) verre

  photochromique

(独) photochromes

  Brillenglas

調 光 レ ン

8.1.12 

偏光レンズ 
(へんこうれんず)

入射光線の偏光面方向によって吸収が異なるレ
ンズ。

(英) polarizing lens 
(仏) verre polarisant

(独) polarisierendes

  Brillenglas

8.1.13 

コート付きレンズ 
(こーとつきれんず)

レンズの一つ又はそれ以上の特性を変えるため
に付加された,単層又は多層膜をもつレンズ。

(英) coated lens 
(仏) verre traité 
(独) beschichtetes

  Brillenglas

8.1.14 

バランスレンズ

他方のレンズの質量又は見栄えをつり合わせる
ように,眼鏡枠又は保持具に枠入れされたレン

ズ。

(英) balancing lens,

matching

lens

(仏) verre

  d’équilibrage,

verre

  d’appariement

(独) Ausgleichsglas

8.2 

レンズ面形状による分

8.2.1 

レンズ面形状 
(れんずめんけいじょ
う)

所定の屈折力を作り出すように選択された面形

状(面屈折力)の組合せ。

(英) lens form

(仏)  géométrie du verre 
(独) Brillenglasform

8.2.2 

メニスカス状レンズ 
(めにすかすじょうれ
んず)

一面がすべての経線に沿って凸面であり,他面
がすべての経線に沿って凹面であるレンズ。

(英) curved-form lens 
(仏) verre ménisque 
(独) durchgebogenes

  Brillenglas,

meniskusförmiges

  Brillenglas,

Meniskus

8.2.3 

アフォーカルレンズ,
プラノレンズ

呼称屈折度数がゼロのレンズ。 
備考  平面レンズ (plane lens) という用語は使

用しない。

(英) afocal lens

plano

lens

(仏) verre afocal

verre

plan

(独) afokales

  Brillenglas,

Nullglas

8.2.4 

球面レンズ 
(きゅうめんれんず)

二つの球面をもつレンズ。 
備考  一面が平面の場合を含む。

(英) spherical lens 
(仏) verre sphérique 
(独) sphärisches

  Brillenglas

8.2.5 

円柱レンズ 
(えんちゅうれんず)

少なくとも一つの円柱面をもつレンズ。

(英) cylindrical lens 
(仏) verre cylindrique

(独) zylindrisches

  Brillenglas


14

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

8.2.6 

球面円柱レンズ 
(きゅうめんえんちゅ
うれんず)

一つの球面と一つの円柱面とをもつレンズ。

(英) spherocylindrical

  lens

(仏) verre

sphérocylindrique

(独) sphäro-

  zylindrisches

  Brillenglas

8.2.7 

トーリックレンズ

少なくとも一つのトロイダル面をもつレンズ。 (英) toric lens

(仏) verre torique

(独) torisches

  Brillenglas

8.2.8 

非球面レンズ 
(ひきゅうめんれん
ず)

少なくとも一つの非球面をもつレンズ。

(英) aspheric lens 
(仏) verre asphérique 
(独) asphärisches

  Brillenglas

8.2.9 

非トーリックレンズ 
(ひとーりっくれん
ず)

少なくとも一つの非トロイダル面をもつレン
ズ。

(英) atoric lens 
(仏) verre atorique

(独) atorisches

  Brillenglas

ア ト ー リ
ッ ク レ ン

8.3 

レンズ品種による分類

8.3.1 

単焦点レンズ 
(たんしょうてんれん
ず)

単一の屈折度数をもつように設計されたレン
ズ。

(英) single-vision lens 
(仏) verre unifocal

(独) Einstärken−

  Brillenglas

8.3.2 

多焦点レンズ 
(たしょうてんれん
ず)

視覚的に分割された二つ以上の異なる屈折力を
もつように設計されたレンズ。

(英) multifocal lens 
(仏) verre multifocal 
(独) Mehrstärken−

  Brillenglas

8.3.3 

二重焦点レンズ 
(にじゅうしょうてん
れんず)

一般的に,遠方視及び近方視用の二つの部分を
もつ多焦点レンズ。

(英) bifocal lens 
(仏) verre double-foyer

(独) Zweistärken-

  Brillenglas

バ イ フ ォ
ー カ ル レ

ンズ

8.3.4 

三重焦点レンズ 
(さんじゅうしょうて
んれんず)

一般的に,遠方視,中間視及び近方視用の三つ
の部分をもつ多焦点レンズ。

(英) trifocal lens 
(仏) verre triple-foyer 
(独) Dreistärken−

  Brillenglas

ト ラ イ フ
ォ ー カ ル
レンズ

8.3.5 

累進屈折力レンズ 
(るいしんくっせつり
ょくれんず)

レンズの一部又は全体にわたって,屈折力が連
続的に変化する非回転対称面をもつレンズ。

(英) progressive-

  power lens,

progressive-

  addition lens,

PAL,

varifocal

lens

(仏) verre progressif,

verre à addition

  progressive,

verre

《varifocal》

(独) Gleitsicht−

  Brillenglas

累 進 焦 点
レンズ

累 進 レ ン


15

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

8.4 

製造状態による分類

8.4.1 

レンズブランク

レンズ面加工前のレンズ製造のための材料。

(英) lens blank 
(仏) palet 
(独) Linsenrohling,

Blank

レ ン ズ 生

8.4.2 

セミフィニッシュトレ
ンズブランク

一面だけを光学的に仕上げたレンズブランク。 (英) semifinished lens

  blank

(仏) verre semi-fini 
(独) Brillenglas−

Halbfertigprodukt

半 製 品 レ

ンズ生地

8.4.3 

単焦点セミフィニッシ
ュトレンズブランク 
(たんしょうてんせみ
ふぃにっしゅとれんず
ぶらんく)

表面仕上げ後に単一の屈折度数をもつように設

計されたセミフィニッシュトレンズブランク。

(英) single-vision

  semifinished

lens

  blank

(仏) verre semi-fini

  unifocal

(独) Einstärken−

  Brillenglas−

Halbfertigprodukt

単 焦 点 半

製 品 レ ン
ズ生地

8.4.4 

多焦点セミフィニッシ
ュトレンズブランク 
(たしょうてんせみふ
ぃにっしゅとれんずぶ
らんく)

表面仕上げ後に視覚的に分割された二つ以上の
異なる屈折度数をもつように設計されたセミフ

ィニッシュトレンズブランク。 
備考  この定義には,境界線のない(境界線を

ぼかした)小玉をもつセミフィニッシュ

トレンズブランクを含む。

(英) multifocal

  semifinished

lens

  blank

(仏) verre semi-fini

  multifocal

(独) Mehrstärken−

  Brillenglas

Halbfertigprodukt

多 焦 点 半
製 品 レ ン

ズ生地


16

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

8.4.5 

累進屈折力セミフィニ
ッシュトレンズブラン
ク 
(るいしんくっせつり
ょくせみふぃにっしゅ
とれんずぶらんく)

表面仕上げ後にレンズの一部又は全体にわた
り,連続的に屈折度数が変化するように設計さ

れたセミフィニッシュトレンズブランク。

(英) progressive-power

  semifinished

lens

  blank,

progressive-

  addition

  semifinished

lens

  blank,

varifocal

  semifinished

  lens blank

(仏) verre semi-fini

  progressif,

verre

semi-fini

  ä addition

  progressive,

verre

semi-fini

  《varifocal》

(独) Gleitsicht−

  Brillenglas−

Halbfertigprodukt

累 進 屈 折
力 半 製 品

レ ン ズ 生

8.4.6 

フィニッシュトレンズ  両面とも仕上げ後の最終光学面をもつレンズ。

備考  レンズはカット又はアンカットのどちら

でもよい。

(英) finished lens 
(仏) verre fini

(独) fertiges Brillenglas

8.4.7 

アンカットレンズ

フィニッシュトレンズであって,玉形加工前の

レンズ。

(英) uncut lens

(仏)  verre non détouré

  verre fini non

  détouré

(独) ungerandetes

  Brillenglas,

rohkantiges

  fertiges

  Brillenglas

縁 ず り 加

工 前 レ ン

8.4.8 

玉形加工済レンズ 
(たまがたかこうずみ
れんず)

玉形の大きさと形状に縁ずりされたフィニッシ

ュトレンズ。

(英) edged lens

(仏) verre détouré 
(独) randbearbeitetes

  Brillenglas,

gerandetes

  Brillenglas

縁 ず り 加

工 済 レ ン

8.4.9 

玉形加工する 
(たまがたかこうす
る)

アンカットレンズの縁を,玉形の大きさと形状
に加工するとともに,希望する端面形状(例え
ば,平やげん又はやげん)に加工する。

(英) edge,

verb

(仏) détourage

(独) Randbearbeitung

縁 ず り 加
工する

8.4.10 

アンカットレンズの偏
心量 
(あんかっとれんずの
へんしんりょう)

アンカットレンズの設計基準点と幾何学中心と
の水平方向及び/又は垂直方向の距離。

(英) predecentration 
(仏) pré-décentrage

(独) Vordezentration


17

T 7330 : 2000


18

T 7330 : 2000

9.

焦点特性

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

9.1 

ディオプトリ

レンズ又は表面の光を,焦点に集める能力の単
位,又は波面(

1

)

のバージェンス(

2

)

の単位。

(

1

)

波面とは光の等位相面であり,収束する

場合は正,発散する場合は負であり,平
行光束の場合はゼロである。

(

2

)

波面のバージェンスとは媒質の屈折率を

波面の曲率半径で除したもの。

備考1.  通常 D の記号を使用する。dpt 及び

δが,

使われることもある。

2.

単位は,メートルの逆数 (m

-1

)

(英) dioptre 
(仏) dioptrie 
(独) Dioptrie

デ ィ オ プ
ター

9.2 

焦点屈折力 
(しょうてんくっせつ
りょく)

レンズの球面頂点屈折力及び乱視頂点屈折力を

表す一般的用語。

(英) focal  power

(仏) puissance  focale 
(独) fokussierende

  Wirkung

9.3 

屈折度数 
(くっせつどすう)

レンズの屈折力及びプリズム屈折力を表す一般
的用語。

(英) dioptric  power 
(仏) puissance

  dioptrique

(独) dioptrische

  Wirkung

度数

9.4 

面屈折力 
(めんくっせつりょ
く)

空気中において表面に入射する光線束のパージ
ェンス(

3

)

を変化させる表面(又は表面の一部)

の能力。 
(

3

)

入射する光線束のバージェンスとは,入
射面から収束点までの距離の逆数。

備考  多焦点レンズ及び累進屈折力レンズにお

いては,セミフィニッシュト面屈折力は
遠用部設計基準点での屈折力のことであ
る。

(英) surface  power 
(仏) puissance de la

  surface

(独) Flächenbrechwert

9.5 

呼称面屈折力 
(こしょうめんくっせ
つりょく)

製造業者によって識別を目的として表示された
面屈折力。

(英) nominal  surface

  power

(仏) puissance  nominale

  de la surface

(独) nomineller

  Flächenbrechwert

9.6 

面の乱視屈折力 
(めんのらんしくっせ
つりょく)

表面仕上げ後の面の両主経線方向の面屈折力の
差。 
備考  面の乱視屈折力の値は,測定された両主

経線の曲率半径から計算する。

(英) surface  astigmatic

  power

(仏) puissance

  astigmatique de la

  surface

(独) Flächenastigmatis-

  mus

9.7 

頂点屈折力 
(ちょうてんくっせつ
りょく)

(英) vertex  power 
(仏) puissance  frontale 
(独) Scheitelbrechwert


19

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

9.7.1 

後面頂点屈折力 
(こうめんちょうてん
くっせつりょく)

近軸領域でレンズ後面頂点から後側焦点までの
距離の逆数。

(英) back vertex power 
(仏) puissance  frontale

  arrière

(独) bildseitiger

  Scheitelbrechwert

内 側 頂 点
屈折力

9.7.2 

前面頂点屈折力 
(ぜんめんちょうてん
くっせつりょく)

近軸領域でレンズ前面頂点から前側焦点までの
距離の逆数。 
備考  慣例では後面頂点屈折力を“屈折力”と

呼ぶが,前面頂点屈折力は多焦点レンズ
及び累進屈折力レンズでの加入屈折力測

定のような特定の目的に対して必要であ
る。

(英) front vertex power 
(仏) puissance  frontale

  avant

(独) objektseitiger

  Scheitelbrechwert

外 側 頂 点
屈折力

9.8 

必要屈折力 
(ひつようくっせつり
ょく)

頂点間距離を変えたときに要求されるレンズの
屈折度数。

(英) effective  power 
(仏) puissance  effective 
(独) effektiver

  Brechwert

9.9 

等価屈折力 
(とうかくっせつりょ
く)

遠方の物体に対して実際のレンズによって結像
される像と同じ大きさの像を結像する,厚さが

無限に薄いレンズの屈折力。 
備考  空気中における光軸上の後側主点と,そ

れに対応する光軸上の焦点との距離をメ

ートルで測定した等価焦点距離の逆数。

(英) equivalent  power 
(仏) puissance

  équivalente

(独) Äquivalentbrechwert

9.10 

測定屈折力 
(そくていくっせつり
ょく)

レンズの特定位置において所定の方法で測定し

た屈折力。

(英) measured  power

(仏) puissance  mesurée 
(独) gemessene

  Wirkung,

Meßwert

9.11 

装用時屈折力 
(そうようじくっせつ
りょく)

装用位置と特定物体距離に対応するレンズの屈
折度数。

(英) “as-worn”power 
(仏) puissance《au

  porté》

(独) Gebrauchswirkung,

Gebrauchswert

9.12 

形状係数 
(けいじょうけいす
う)

屈折補正用レンズの後面頂点屈折力と等価屈折
力との比。

(英) shape  factor 
(仏) facteur de forme

(独) Eingenvergrößerung

シ ェ イ プ
フ ァ ク タ

9.13 

プラスレンズ

平行入射光線を,実焦点に収束させるレンズ。 (英) plus-power  lens,

positive

lens,

converging

lens

(仏) verre de puissance

  positive,

verre

positif,

verre

convergent

(独) Brillenglas  mit

  positivem

Scheitelbrechwert,

positives

  Brillenglas,

Plusglas

収 束 レ ン


20

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

9.14 

マイナスレンズ

平行入射光線を,虚焦点から発散させるレンズ。(英) minus-power  lens,

negative

lens,

diverging

lens

(仏) verre de puissance

  négative,

verre

négatif,

verre

divergent

(独) Brillenglas  mit

  negativem

Scheitelbrechwert,

negatives

  Brillenglas,

Minusglas

発 散 レ ン


21

T 7330 : 2000

10.

プリズム特性

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

10.1 

平面プラノプリズム 
(へいめんぷらのぷり
ずむ)

二つの非平行平面から成る屈折光学素子。

(英) flat plano prism 
(仏) prisme à surface

  plane

(独) Prisma mit ebenen

  Flächen

10.2 

プリズムりょう(稜)
線 
(ぷりずむりょうせ
ん)

二つの非平行平面が交わる,又は交わると思わ
れる線。

(英) refracting  edge 
(仏) arête du prisme 
(独) brechende  Kante

10.3 

プリズムの主断面 
(ぷりずむのしゅだん
めん)

垂直入射光線とその屈折光線とを含む平面。 
備考  平面プラノプリズムの場合は,プリズム

りょう(稜)線に垂直な平面内の断面。

(英) principal  section  of

  a prism

(仏) section  principale

  d’un prisme

(独) Hauptschnitt  eines

  Prismas

10.4 

プリズム頂点 
(ぷりずむちょうて
ん)

プリズムりょう(稜)線とプリズムの主断面の

交点。 
備考  実際にはプリズムの主断面の最も薄い部

分。

(英) apex

(仏) sommet 
(独) Scheitelpunkt  des

  Prismenwinkels

10.5 

プリズム頂角 
(ぷりずむちょうか
く)

プリズムの主断面内で,屈折面に挟まれた角度。(英) apical  angle,

refracting

angle

(仏) angle au sommet,

angle de réfraction

(独) Prismenwinkel,

brechender

Winkel

10.6 

プリズム基底 
(ぷりずむきてい)

プリズムの主断面の最も厚い部分。

(英) base,

prism

base

(仏) base,

base d’un prisme

(独) Prismenbasis

基 底 , プ
リ ズ ム ベ

ース

10.7 

プリズム基底方向 
(ぷりずむきていほう
こう)

プリズムの主断面において,プリズム頂点から
基底へ引いた線の方向。 
備考1.  プリズムの基底方向は,“基底上方”

(base up)

“基底下方” (base down) ,

“内側” (in) 又は“鼻側” (toward the

nose)

,“外側” (out) 又は“耳側”

(toward temples)

で表す。又は ISO 8429

に規定された極座標で表す。

2.

レンズにおける基底方向は,屈折力を
打ち消した状態でレンズを通るすべて
の光線が均一にフレる方向。

(英) base  setting,

base

position,

prism base setting

(仏) orientation  de  la

  base,

position de la base,

orientation de la base

  du prisme

(独) Basislage,

Basis (nur in

  Verordnungen)

基底方向

10.8 

プリズムによる光のフ
レ 
(ぷりずむによるひか
りのふれ)

屈折した後の光線の方向の変化(フレ)

(英) prismatic  deviation 
(仏) déviation

  prismatique

(独) prismatische

  Ablenkung


22

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

10.9 

プリズム作用 
(ぷりずむさよう)

プリズムによる光のフレ及び基底方向による作
用の総称。

(英) prismatic  effect 
(仏) effect  prismatique

(独) prismatische

  Wirkung

10.10 

プリズム屈折力 
(ぷりずむくっせつり
ょく)

設計基準点において規定されたプリズム作用の
値。

(英) prismatic  power,

prism

(仏) puissance

  prismatique,

prisme

(独) prismatische

  Wirkung eines

  Brillenglas,

Prisma

プ リ ズ ム
度数

10.11 

プリズムディオプトリ  プリズムによる光のフレの単位。

100

×tan

δで与えられる。

ここに,

δ:プリズムのフレの角  (°)  。

備考1.  通常

∆の記号を使用する。pdpt が使われ

ることもある。

2.

単位は, (cm/m) 。

(英) prism  dioptre 
(仏) dioptrie  prismatique

(独) Prismen  dioptrie

プ リ ズ ム
デ ィ オ プ

ター

10.12 

プリズムレンズ

設計基準点又は累進屈折力レンズのプリズム測
定基準点においてプリズム作用のあるレンズ。

(英) prismatic  power

  lens

(仏) verre à puissance

  prismatique

(独) Brillenglas  mit

  prismatischer

  Wirkung


23

T 7330 : 2000

11.

球面屈折力レンズ

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

11.1 

球面屈折力レンズ 
(きゅうめんくっせつ
りょくれんず)

近軸平行光線が一点に集光するレンズ。 
備考1.  この定義は,非球面をもつレンズにも

適用する。

2.

球面屈折力レンズは,意図しない非点
収差を発生させることがある。非点収
差が許容差以内であれば,このような

レンズも球面屈折力をもつものに分類
する。

(英) spherical-power

  lens

(仏) verre à puissance,

  sphérique

(独) Brillenglas  mit

  sphärischer

  Wirkung

球 面 レ ン

11.2 

球面屈折力 
Sph, S

(きゅうめんくっせつ
りょく)

球面屈折力をもったレンズの頂点屈折力又は乱
視レンズの二つの主経線のうち,あらかじめ定
められた一方の屈折力。 
備考  一般に記号 S で表す。

(英) spherical  power,

sphere,

Sph

(仏) puissance

  sphérique,

sphére,

Sph

(独) sphärischer,

Brechwert,

sphäre,

Sph

11.3 

ベースカーブ

(単焦点レンズの)前面の呼称面屈折力(又は
呼称曲率) 
備考1.  面屈折力で表す場合は,測定時に使用

する屈折率を明示する。

2.

マイナスの高屈折力レンズの場合など
では,後面屈折力を表示してもよい。

3.

面屈折力の代わりに呼称曲率又は呼称
曲率半径を用いてもよいが,この場合
は明確に表示する必要がある。

(英) base  curve 
(仏) courbure  de  base 
(独) Basiskurve  eines

  Einstärken−

  Brillenglases

11.4 

メニスカスレンズ

凸球面及び凹球面をもつレンズ。

(英) meniscus  lens 
(仏) verre  ménisque 
(独) Meniskus


24

T 7330 : 2000

12.

乱視屈折力レンズ

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

12.1 

乱視屈折力レンズ 
(らんしくっせつりょ
くれんず)

近軸平行光線が,二つに分かれて互いに直交す
る焦線として結像するレンズ。それ故に,ただ
二つの主経線方向に頂点屈折力をもつ。 
備考1.  屈折力のうち一つがゼロである場合,

対応する焦線は無限遠にある。

2.

円柱レンズ,球面円柱レンズ,トーリ

ックレンズはすべて乱視レンズであ
る。

(英) astigmatic-power

  lens

(仏) verre  astigmatique

(独) Brillenglas  mit,

astigmatischer,

Wirkung

乱 視 レ ン

12.2 

主経線 
(しゅけいせん)

二つの焦線に平行な,乱視レンズの二つの互い
に直交する経線。

(英) principal  meridian 
(仏) méridien  principal 
(独) Hauptschnitt

12.2.1 

第一主経線 
(だいいちしゅけいせ
ん)

レンズの乱視作用の主経線で,代数学上小さい
頂点屈折力をもつ方の主経線。

(英) first  principal

  meridian

(仏) premier  méridien

  principal

(独) erster  Hauptschnitt

12.2.2 

第二主経線 
(だいにしゅけいせ
ん)

レンズの乱視作用の主経線で,代数学上大きい
頂点屈折力をもつ方の主経線。

(英) second  principal

  meridian

(仏) second  méridien

  principal

(独) zweiter  Hauptschnitt

12.3 

主経線屈折力 
(しゅけいせんくっせ
つりょく)

乱視レンズの二つの主経線のいずれかの後面頂
点屈折力。

(英) principal  power 
(仏) puissance  principale 
(独) Hauptschnitts-

  brechwerte

12.4 

乱視量 
(らんしりょう)

第二主経線の頂点屈折力から第一主経線の頂点
屈折力を引いた値。 
備考  乱視量は常に正となる。

(英) astigmatic

  difference

(仏) différence

  astigmatique

(独) astigmatische

  Differenz

12.5 

乱視屈折力, 
Cyl

C

(らんしくっせつりょ
く)

選択された主経線を基準として,乱視量に正負

の符号を付けたもの。 
備考  一般に記号 C で表す。

(英) cylindrical  power,

cylinder,

Cyl

(仏) puissance

  cylindrique,

cylindre,

cyl

(独) Zylinderstärke,

Zylinder,

Zyl/cyl

円 柱 屈 折

12.6 

乱視軸 
(らんしじく)

基準として選択された頂点屈折力をもつ,レン
ズの主経線の方向(ISO 8429 参照)

(英) cylinder  axis 
(仏) axe du cylindre 
(独) Achslage,

Zylinderachse,

Achse

円柱軸


25

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

12.7 

乱視作用 
(らんしさよう)

乱視屈折力と乱視軸による作用の総称。

(英) astigmatic  effect 
(仏) effect  astigmatique

(独) astigmatische

  Wirkung

12.8 

乱視レンズの各屈折力 
  (S, C, S

+C)

(らんしれんずのかく
くっせつりょく)

各主経線の頂点屈折力と乱視屈折力から成る三
つの屈折力。 
備考  これら三つの値は,許容差を適用する場

合に必要となる。

(英) astigmatic  lens

  power

(仏) puissance  d’un

  verre

astigmatique

(独) Stärke  eines

  Brillenglas mit

  astigmatischer

  Wirkung

12.9 

度数転換 
(どすうてんかん)

乱視の表記をプラスからマイナスに又はその逆
に,オリジナルの処方せん(箋)をそれと等価

な他の方式の表記に転換すること。

(英) transposition 
(仏) transposition

(独) Umrechnung


26

T 7330 : 2000

13.

レンチキュラーレンズ

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

13.1 

レンチキュラーレンズ  処方度数に仕上げられた中央部分と,周辺に支

持するためのつばをもつレンズ。 
備考1.  この定義には,境界をぼかした光学部

をもつレンズも含む。

2.

境界のぼかしは,光学的理由又は単に
美容上の理由によってデザインされ

る。

(英) lenticular  lens,

reduced-aperture

  lens

(仏) verre  lenticulaire,

verre

d’ouverture

  réduite

(独) Lentikularglas

13.2 

レンチキュラー部 
(れんちきゅらーぶ)

レンチキュラーレンズの,処方の屈折力をもつ

部分。

(英) lenticular  portion

(仏) partie  lenticulaire 
(独) Lentikularteil

レ ン チ キ

ュ ラ ー レ
ン ズ の 有
効部

13.3 

レンチキュラー部の口
径 
(れんちきゅらーぶの
こうけい)

レンチキュラー部の直径(寸法)

(英) lenticular  aperture 
(仏) ouverture

  lenticulaire

(独) Größe  des

  Lentikularteiles

13.4 

レンチキュラーレンズ
のつば

レンチキュラーレンズの,レンチキュラー部の
周囲の部分。

(英) margin,

carrier

(仏) partie  marginale,

facette

(独) Rand,

Tragrand

レ ン チ キ
ュ ラ ー レ
ン ズ の 周

縁支持部


27

T 7330 : 2000

14.

多焦点レンズ及び累進屈折力レンズ

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1 

一般的記述用語

14.1.1 

遠用部 
(えんようぶ)

多焦点レンズ又は累進屈折力レンズの,遠方視

のための屈折力をもつ部分。

(英) distance portion

(仏)  zone de vision de

  loin

(独) Fernteil

14.1.2 

中間部 
(ちゅうかんぶ)

三重焦点レンズの,遠方と近方との中間領域を
見るための屈折力をもつ部分。

(英) intermediate

  portion

(仏) partie intermédiaire
(独) Zwischenteil

14.1.3 

近用部 
(きんようぶ)

多焦点レンズ又は累進屈折力レンズの,近方視

のための屈折力をもつ部分。

(英) near portion,

reading

portion

(仏)  zone de vision de

  près,

zone de lecture

(独) Nahteil,

Leseteil

14.1.4 

主要部 
(しゅようぶ)

視野がより広い又は最も広いレンズの部分。

(英) major portion 
(仏) partie principale

(独) Grundteil

14.1.5 

台玉 
(だいだま)

多焦点レンズを作るため,一つ以上の小玉を付
加するためのレンズ。

(英) main lens 
(仏)  verre de base

(独) Grundglas

14.1.6 

境界線 
(きょうかいせん)

多焦点レンズ又はレンチキュラーレンズの,二

つの隣接した部分の境界線。

(英) dividing line

(仏)  ligne de séparation 
(独) Trennlinie

14.1.7 

小玉 
(こだま)

多焦点レンズの台玉に,所定の屈折度数差を与

えるために付加した部分。

(英) segment

(仏) segment 
(独) Zusatzteil

セ グ メ ン

14.1.8 

小玉のある側 
(こだまのあるがわ)

多焦点レンズの小玉を設けた側。

(英) segment side 
(仏) emplacement du

segment

(独) Zusatzlinsenseite


28

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1.9 

小玉径 
(こだまけい)

境界線が円形の小玉において,完成小玉の境界
が形作る円の直径(

図 参照)。

図 2

主にセミフィニッシュトレンズブラ

ンクに使用される多焦点レンズの寸法

(英) segment diameter 
(仏) diamètre du

  segment

(独) Durchmesser des

  Zusatzteiles

14.1.10 

小玉横幅 
(こだまよこはば)

円形でない小玉において,小玉の水平方向の最

大寸法(

図 2参照)。

備考  この測定は,EX 形多焦点レンズでは不

要。

(英) segment width

(仏)  largeur du segment 
(独) Breite des

  Zusatzteiles

14.1.11 

小玉中心 
(こだまちゅうしん)

小玉の境界線に外接する水平,垂直接線から成
る長方形のボクシング中心。ただし,小玉がレ

ンズの外周にかかるときは,レンズ外周を境界
線とみなす(

図 2Sc 参照)。

備考  これはセミフィニッシュトレンズブラン

ク又は研磨若しくは玉形加工によって,
小玉のいかなる部分も失われていないレ
ンズにだけ適用する。

(英) segment centre 
(仏)  centre du segment

(独) Mittelpunkt des

  Zusatzteiles

14.1.12 

小玉端点 
(こだまたんてん)

小玉中心を通りレンズの水平軸に垂直な線と,
水平軸に最も近い境界線との交点(

図 3参照)。

備考  この点は,次のように認識されている。

1.

レンズの下方にある小玉の場合は,セ
グメントトップ。

2.

レンズの上方にある小玉の場合は,セ

グメントボトム。

(英) segment extreme

  point

(仏)  point extrême du

  segment

(独) Extrempunkt des

  Zusatzteiles


29

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1.13 

小玉端点位置 
(こだまたんてんい
ち)

玉形加工したレンズ形状の水平中心線から,小
玉端点までの垂直方向の距離で表す(

図 3

照)

備考  これは,水平中心線に対して上方又は下

方と明記され,小玉が円形でないものと

円形のものとの両方に適用する。

図 3

玉形加工前に必要で,かつ,玉形加

工済レンズに適用可能な主な多焦点レン

ズの寸法

(英) segment extreme

  point position

(仏)  position du point

  extrême du

  segment

(独) Lage des

  Extrempunktes

  des

Zusatzteiles

14.1.14 

小玉縦幅 
(こだまたてはば)

小玉端点から測定した,セミフィニッシュトレ
ンズの小玉の垂直方向の最大寸法

図 2d

e

参照)

備考  小玉縦幅は識別のために用いられること

がある。

(英) segment depth 
(仏) hauteur du segment

(独) Tiefe des

  Zusatzteiles

小玉深さ

14.1.15 

小玉の高さ 
(こだまのたかさ)

レンズ外周の最下点で接する水平接線から小玉

端点までの垂直距離(

図 3参照)。

備考  レンズがやげん加工されている場合は,

やげんピーク部をレンズ外周とする。

(英) segment height,

segment

extreme

  point height

(仏) hauteur du segment

(d’un

verredétouré),

hauteur

du

point

  extrême du

  segment

(独) Zusatzteihöhe,

Höhe

des

  Extrempunktes

  des Zusatzteiles


30

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1.16 

小玉の垂直方向偏位 
(こだまのすいちょく
ほうこうへんい)

小玉端点から遠用部光学中心までの垂直方向の
距離(

図 4参照)。

備考  ペアレンズの片方のレンズを注文すると

きは,垂直方向の相対的なプリズムが入
るのを防ぐために,小玉の垂直方向偏位

を明確にする必要がある。

図 4

多焦点レンズの小玉の垂直方向偏位

(英) vertical segment

  displacement,

segment

drop

(仏) décentrement

  vertical du

  segment,

décentrement

du

  segment

(独) Höhenversetzung

  des Zusatzteiles

14.1.17 

丸小玉 
(まるこだま)

小玉の境界線が単一の円弧である小玉。

(英) round segment 
(仏) segment rond

(独) rundes Zusatzteil

14.1.18 

ストレートトップ小玉 
(すとれーととっぷこ
だま)

小玉端点を含む境界が直線状の小玉。

(英) straight-top

  segment,

D

−segment,

flat-top

segment

(仏) segment droit,

segment

D,

segment

supérieur

  droit

(独) Zusatzteil mit

  gerader oberer

  Trennlinie,

Zusatzteil

Typ

D,

segmentförmiges

  Zusatzteil

14.1.19 

ストレートトップ二重
焦点レンズ 
(すとれーととっぷに
じゅうしょうてんれん
ず)

ストレートトップ小玉をもつ二重焦点レンズ。 (英) straight-top bifocal

(仏)  double foyer à

  segment droit

(独) Zweistärken−

  Brillenglas mit

gerader

Trennlinie,

Zweistärken

  Brillenglas Typ

D,

Zweistärken

  Brillenglas mit

segmentförmigem

  Zusatzteil


31

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1.20 

カーブドトップ小玉 
(かーぶどとっぷこだ
ま)

小玉端点を含む境界が浅い弧状の小玉。

(英) curved-top

  segment,

C

−segment

(仏) segment supérieur

  courbe,

segment

C

(独) Zusatzteil mit

  gebogener

oberer

  Trennlinie,

Zusatzteil

Typ

C

14.1.21 

カーブドトップ二重焦
点レンズ 
(かーぶどとっぷにじ
ゅうしょうてんれん
ず)

カーブドトップ小玉をもつ二重焦点レンズ。

(英) curved-top bifocal 
(仏)  double foyer à

  segment courbe

(独) Zweistärken−

  Brillenglas mit

  gebogener

  Trennlinie,

Zweistärken

  Brillenglas Typ

C

14.1.22 

EX

形多焦点レンズ

(いーえっくすがたた
しょうてんれんず)

レンズを完全に横切る直線状の境界線によって
区分けされる多焦点レンズの種類。 
備考  “エグゼクティブ”多焦点という用語は,

この種の多焦点レンズの創作者の登録商
標である。

(英) E-line multifocal,

E-style

multifocal,

Executive

TM

  multifocal

(仏) verre multifocal de

  type E,

verre

multifocal

de

  style E,

verre

mnultifocal

  exécutif

(独) Mehrstärken−

  Brillenglas Typ

E,

Mehrstärken

  Brillenglas Typ

  Executive

TM

14.1.23 

累進面の側 
(るいしんめんのが
わ)

累進屈折力レンズの,より大きな加入屈折力が
設定されている面。

(英) progressive side 
(仏) face progressive

(独) Progressionsseite


32

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.1.24 

アライメント基準マー
ク 
(あらいめんときじゅ
んまーく)

レンズ又はレンズブランクの水平方向を確定す
る,又は他の基準点を割り出すために,製造業

者によって付けられた永久マーク。

(英) alignment

  reference

  marking

(仏) marquage de

  référence pour

  l’alignement

(独) Markierung zur

  Ausrichtung

  Permanent-

  markierung

14.1.25 

中間累進帯 
(ちゅうかんるいしん
たい)

遠用と近用との間の中間領域の明りょうな視界
を提供する,累進屈折力レンズの帯状の部分。

(英) intermediate

  corridor

(仏) courloir

  intermédiaire

(独) Progressionskanal

14.2 

光学中心と屈折特性

14.2.1 

加入屈折力 
(かにゅうくっせつり
ょく)

所定の条件で測定された,近用部頂点屈折力と
遠用部頂点屈折力との差。 
備考  測定方法はそのレンズに適合する日本工

業規格による。

(英) addition power 
(仏) puissance

  d’addition

(独) Nahzusatz

  Addition

加入度数

14.2.2 

中間部の加入屈折力 
(ちゅうかんぶのかに
ゅうくっせつりょく)

所定の条件で測定された,中間部頂点屈折力と
遠用部頂点屈折力との差。

(英) intermediate

  addition

(仏) addition

  intermédiaire

(独) Nahzusatz im

  Zwischenteil

14.2.3 

遠用部光学中心 
(えんようぶこうがく
ちゅうしん)

遠用部の光学中心(

図 4O 参照)。

(英) distance optical

  centre

(仏) centre optique de

  la vision de loin

(独) optischer

  Mittelpunkt des

  Fernteiles

14.2.4 

遠用部レンズカーブ 
(えんようぶれんずか
ーぶ)

小玉のある側の面又は累進面の側の遠用部の湾
曲を屈折力で表したもの。 
備考1.  測定する際に想定した屈折率が明示さ

れていなければならない。

2.

累進屈折力レンズの場合には,遠用部
設計基準点で測定する。

(英) distance portion

  curve

(仏)  courbure de la zone

  de vision de loin

(独) Fernteilkurve

14.2.5 

中間部光学中心 
(ちゅうかんぶこうが
くちゅうしん)

中間部の光学中心。 
備考  中間部光学中心の位置は,処方,小玉位

置及び小玉径又は小玉幅によって決ま

り,小玉の領域外に位置することもある。

(英) intermediate

  optical centre

(仏) centre optique

  intérmediaire

(独) optischer

  Mittelpunkt des

  Zwischenteiles


33

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

14.2.6 

近用部光学中心 
(きんようぶこうがく
ちゅうしん)

近用部の光学中心。 
備考  近用部光学中心の位置は,処方,小玉位

置及び小玉径又は小玉幅によって決ま
り,小玉の領域外に位置することもある。

(英)  near optical centre,

reading

optical

  centre

(仏)  centre optique de la

  vision de près,

centre

optique

de

  lecture

(独) optischer

  Mittelpunkt des

  Nahteiles

14.2.7 

小玉レンズ 
(こだまれんず)

計算のための小玉を形成する仮想の補足レンズ
で,台玉から独立して実在するとみなした小玉。

(英) segment lens 
(仏) verre segment 
(独) Zusatzlinse

14.2.8 

小玉の内寄せ 
(こだまのうちよせ)

遠用部基準点から鼻側への多焦点レンズの小玉
の偏位。通常近用部光学中心については考慮し

ない。 
備考1.  これは一般的には,左右の近用視野を

一致させる目的がある。

2.

この用語は,光学中心の内側への偏心
には使用しない。

(英) inset,

horizontal

  displacement of

  segment

(仏) décentrement,

déplacement

  horizontal du

  segment

(独) Innenversetzung

小 玉 の 水
平 方 向 寄

14.2.9 

幾何学的内寄せ 
(きかがくてきうちよ
せ)

遠用部心取り点を通る垂直線と小玉端点との間
の水平方向の距離(

図 3参照)。

(英) geometrical inset 
(仏) décentrement

  géométrique

(独) Seitenversetzung

  des Zusatzteiles

14.2.10 

像の跳躍 
(ぞうのちょうやく)

視線を一つの部分から他の部分へ移動すると
き,境界線でのプリズム差によって引き起こさ

れる像のとび。 
備考  視線を下方に移動するときに像が上方へ

変位した場合には,像の跳躍の垂直成分

を正  (+)  とみなす。

(英) image jump 
(仏) saut d’image

(独) Bildsprung

14.2.11 

プリズムシニング

累進屈折力レンズ又は EX 形多焦点レンズで,
厚さを減少させるための基底方向が垂直のプリ

ズム。 
備考1.  左右一対のレンズは両方ともに同じプ

リズムシニングを施す。

2.

片玉注文の際には,左右で垂直方向の
プリズム差を生じさせないために,プ
リズムシニング値を明示しなければな

らない。

(英) prism thinning 
(仏) prisme

  d’allégement

(独) Dickenreduktions-

  prisma

14.2.12 

プリズム測定基準点 
(ぷりずむそくていき
じゅんてん)

累進屈折力レンズ又は累進屈折力レンズのセミ

フィニッシュトレンズブランクで,フィニッシ
ュトレンズのプリズム作用を決定する,製造業
者によって規定された前面上の点。 
備考  処方プリズムとプリズムシニングの合成

値を測定する。

(英) prism reference

  point

(仏) point de référence

  du prisme

(独) Prismenbezugspunkt


34

T 7330 : 2000

15.

透過,反射及びコート

備考  吸収率,反射率及び透過率は,通常パーセントで表示する。ここで用いる式は,この書式であ

る。

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

15.1 

分光反射率 
ρ (λ) 
(ぶんこうはんしゃり
つ)

特定の波長  (

λ)  において,入射束に対する物質

によって反射される放射束の比。 
備考  この値は,一般に片面について定義する。

両面での反射率を記す場合には,このこ
とを明示しなければならない。

(英)spectral reflectance,

ρ

 (

λ)

(仏) réflexion  spectrale,

ρ

 (

λ)

(独) spektraler

  Reflexionsgrad,

ρ

 (

λ)

15.2 

分光透過率 
τ (λ) 
(ぶんこうとうかり
つ)

特定の波長  (

λ)  において,入射束に対する物質

を透過する放射束の比。

(英) spectral

  transmittance,

τ

 (

λ)

(仏) facteur spectral de

  transmission,

τ

 (

λ)

(独) spektraler

Transmissionsgrad,

τ

 (

λ)

15.3 

紫外線の透過率 
(しがいせんのとうか
りつ)

15.3.1 

紫外線 A 領域の平均透
過率 
τ

UVA

(しがいせんえいりょ
ういきのへいきんとう
かりつ)

315

∼380nm の間の平均透過率。

( )

λ

λ

τ

τ

d

nm

nm

nm

UVA

×

=

ò

380

315

65

1

100

%

(英) mean  transmittance

  in the ultraviolet

  A spectrum,

τ

UVA

(仏) facteur moyen de

  transmission dans

  le spectre

  ultraviolet A,

τ

UVA

(独) mittlerer

Transmissionsgrad

  für UV−A,

τ

UVA


35

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

15.3.2 

太陽紫外線 A 領域の透
過率 
τ

SUVA

(たいようしがいせん
えいりょういきのとう
かりつ)

315

∼380nm の波長において,エアマス 2 に対す

る海面上の太陽放射分布 E

s

λ

 (

λ)  と,UV 放射に

対する相対分光有効関数 S  (

λ)  とに重み付けさ

れた分光透過率の平均値。

( )

( ) ( )

( ) ( )

ò

ò

×

=

nm

nm

S

S

nm

nm

SUVA

d

S

E

d

S

E

380

315

380

315

100

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

τ

τ

λ

λ

%

備考  完全な重み関数 W (

λ)  は,E

s

λ

 (

λ)  と S (λ)

から導かれ,また

表 A.1 に示す。

(英) transmittance in the

  solar ultraviolet A

  spectrum,

τ

SUVA

(仏) facteur  de

  transmission dans

  le spectre

  ultraviolet A

  solaire,

τ

SUVA

(独) solarer  UV-A-

Transmissionsgrad,

τ

SUVA

15.3.3 

太陽紫外線 B 領域の透
過率 
τ

SUVB

(たいようしがいせん
びーりょういきのとう
かりつ)

280

∼315nm の波長において,エアマス 2 に対す

る海面上の太陽放射分布 E

s

λ

 (

λ)  と,UV 放射に

対する相対分光有効関数 S  (

λ)  とに重みづけさ

れた分光透過率の平均値。

( )

( ) ( )

( ) ( )

ò

ò

×

=

nm

nm

S

S

nm

nm

SUVB

d

S

E

d

S

E

315

280

315

280

100

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

τ

τ

λ

λ

 %

備考  完全な重み関数 W (

λ)  は,E

s

λ

 (

λ)  と S (λ)

から導かれ,また

表 A.1 に示す。

(英) transmittance in the

  solar ultraviolet B

  spectrum,

τ

SUVB

(仏) facteur  de

  transmission dans

  le spectre

  ultraviolet B

  solaire,

τ

SUVB

(独) solarer  UV-B-

Transmissionsgrad,

τ

SUVB

15.4 

視感透過率 
τv 
(しかんとうかりつ)

入射光束に対するレンズ又はフィルタを透過し
た光束の比。

( ) ( )

( )

( )

( )

ò

ò

×

nm

nm

D

nm

nm

D

V

d

S

V

d

S

V

780

380

65

780

380

65

100

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

τ

τ

λ

λ

%

ここに,

τ  (λ):カラーレンズの分光透過

率。

V  (

λ) : 昼 光 の 比 視 感 度 関 数

ISO/CIE 10527 参照)。

S

D65

λ

 (

λ):CIE 標準光源 D65 の分

光分布(ISO/CIE 10526 
照)。

備考  S

D65

λ

  (

λ)  と V  (λ)  との積の分光値は,表

A.2

に示す。

(英) luminous

  transmittanse,

τ

v

(仏) facteur  de

  transmission dans

  le visible,

τ

v

(独)

Lichttransmissionsgrad,

τ

v


36

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

15.5 

相対視感度減衰率, 
Q

(そうたいしかんどげ
んすいりつ) 
(きゅうち)

カラーレンズの CIE 標準光源 D65 に対する視感
透過率  (

τv)  と,交通信号から放射される分光放

射束分布に対する視感透過率  (

τ

SIGN

)

との比。

すなわち,

Q

V

SIGN

τ

τ

ここに,

τ

SIGN

:交通信号から放射される

光の分光放射束分布の視
感透過率。

備考  (値は,青,緑,黄及び赤の各信号光

に対して決定される。

τ

SIGN

は,次の式で

算出する。

( ) ( ) ( )

( )

( ) ( )

( )

ò

ò

×

=

nm

nm

A

S

A

S

nm

nm

SIGN

d

S

V

d

S

V

780

380

780

380

100

λ

λ

λ

λ

τ

λ

λ

λ

λ

τ

λ

τ

τ

λ

λ

%

ここに,

τ

s

  (

λ):交通信号レンズの分光透

過率。

S

A

λ

 (

λ):CIE 標準光源 A(又は青

色信号光源に使用される
3 200

°K 光源)の放射の

分光分布。

    [ISO/CIE 10526 参照]

比視感度関数 V (

λ)  及びτ (λ)  は,15.4 に示す。

S

A

λ

  (

λ)  ,比視感関数 V (λ)  及び

τ

s

  (

λ)  の積によ

る分光値は,

表 A.2 に示す。

(英) relative  visual

  attenuation

  coefficient,

Q-value

(仏) coefficient

  d’atténuation

  visuelle relatif,

valeur

Q

(独) relativer  visueller

Schwächungsquotient,

Q

−Faktor

15.6 

赤外線の透過率 
(せきがいせんのとう
かりつ)

15.6.1 

太陽赤外線の透過率 
τ

SIR

(たいようせきがいせ
んのとうかりつ)

780

∼2 000nm の波長において,エアマス 2 に対

する海面上の太陽分光強度で重み付けされた分
光透過率の平均値。

τ

SIR

は次の式で算出する。

( )

( )

( )

ò

ò

×

=

nm

nm

S

nm

nm

S

SIR

d

E

d

E

2000

780

2000

780

100

λ

λ

λ

λ

λ

τ

τ

λ

λ

%

備考  E

S

λ

 (

λ)  の値は,表 A.3 に示す。

(英) transmittance in the

  solar infrared

  spectrum,

τ

SIR

(仏) facteur  de

  transmission dans

  le spectre

  infraouge solaire,

τ

SIR

(独) solarer  Infrarot−

Transmissionsgrad,

τ

SIR


37

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

15.6.2 

赤外線 A 領域の透過率 
τ

IRA

(せきがいせんえいり
ょういきのとうかり
つ)

780

∼1 400nm の赤外線 A 領域における溶接作

業用フィルタ及び IR フィルタの平均透過率。

( )

ò

×

=

nm

nm

IRA

d

nm

1400

780

620

1

100

λ

λ

τ

τ

%

(英) transmittance in the

  infrared A,

τ

IRA

(仏) facteur  de

  transmission dans

  l’infrarouge A,

τ

IRA

(独) transmissionsgrad

  im Infrarot A,

τ

IRA

15.6.3 

赤外線 B 領域の透過率 
τ

IRB

(せきがいせんびーり
ょういきのとうかり
つ)

1 400

∼3 000nm の赤外線 B 領域における溶接作

業用フィルタ及び IR フィルタの平均透過率。

( )

ò

×

=

nm

nm

IRB

d

nm

3000

1400

1600

1

100

λ

λ

τ

τ

  %

(英) transmittance in the

  infrared B,

τ

IRB

(仏) facteur  de

  transmission dans

  l’infrarouge B,

τ

IRB

(独) Transmissionsgrad

  im Infrarot B,

τ

IRB

15.7 

視感反射率 
ρv 
(しかんはんしゃり
つ)

入射光束に対する,特定の形状に加工された材
料,レンズ,コート又はフィルタによって反射
された光束の比。

I

R

V

φ

φ

ρ

×

= 100

( ) ( )

( )

( )

( )

ò

ò

×

=

nm

nm

D

nm

nm

D

d

S

V

d

S

V

780

380

65

780

380

65

100

λ

λ

λ

λ

λ

λ

λ

ρ

λ

λ

%

ここに,

φ

I

:入射光束。

φ

R

:反射光束。

備考  この値は,一般に単一表面に対するもの

である。レンズ両面の総合反射率に適用
する場合には,明確に表示する必要があ
る。

(英) luminous

  reflectance,

ρ

v

(仏) facteur de réflexion

  lumineux,

ρ

v

(独) Lichtreflexionsgrad,

ρ

v

15.8 

平均反射率 
ρ

M

(へいきんはんしゃり
つ)

波長 400∼700nm の分光反射率の平均値で,表
面反射の視感量ではなく物理量である。

( )

ò

×

=

nm

nm

M

d

nm

700

400

300

1

100

λ

λ

ρ

ρ

%

備考1.  反射防止膜の違いをより明確にするた

めに,平均反射率の波長範囲は,視感
反射率の波長範囲と意図的に変えてあ

る。

2.

この値は,一般的に単一表面に対する
ものである。反射率をレンズ両面の総

合反射率に適用する場合には,明確に
表示する必要がある。

(英) mean  reflectance,

ρ

M

(仏) facteur moyen de

  réflexion,

ρ

M

(独) mittlerer

  Reflexionsgrad,

ρ

M


38

T 7330 : 2000

参考

番号

用語

(読み方)

定義

対応外国語

慣用語

15.9 

吸収率 
(きゅうしゅうりつ)

物質によって吸収される光の放射束又は光束

φ

A

と,物質に入射する放射束又は光束

φ

I

との比

1

φ

φ

A

一般に百分率 (%) で表す。

(英) absorptance 
(仏) absorption

(独) Absorptionsgrad

15.10 

反射防止膜 
(はんしゃぼうしま
く)

表面からの光の反射を低減するために,レンズ
表面に施された膜。

(英) antireflection

  coating

(仏) traitement

  anti-reflet

(独) reflexmindernde

  Vergütung


39

T 7330 : 2000

附属書 A(参考)  分光重み関数及び分光分布

表 A.1  UV 光及び青色光の透過率を計算するための分光重み関数

波長

太陽分光放射照度

相対分光有効関数

重み関数

青色光障害関数

重み関数

E

S

λ

nm mW/m

2

/nm

S

W

E

S

λ

・S

B

WB

λ=E

S

・B

280 0

0.88  0

285 0

0.77  0

290 0

0.64  0

295 2.09

×10

-1

 0.54

1

  11

300 8.10

×10

-2

 0.30

0.024

3

305 1.91  0.060 0.115

310 11.0

0.015  0.165

315 30.0

0.003  0.090

320 54.0

0.0

0 0.054

325 79.2

0.0

50

0.040

330 101

0.000

41 0.041

335 128

0.000

34 0.044

340 151

0.000

28 0.042

345 170

0.000

24 0.041

350 188

0.000

20 0.038

355 210

0.000

16 0.034

360 233

0.000

13 0.030

365 253

0.000

11 0.028

370 279

0.000

093

0.026

375 306

0.000

077

0.024

380

336

0.000 064

0.022

0.006

  2

385

365

0.012

  4

390 397

0.025

10

395 432

0.05

22

400 470

0.10

47

405 562

0.20  112

410 672

0.40  269

415 705

0.80  564

420 733

0.90  660

425 760

0.95  722

430 787

0.98  771

435 849

1.00  849

440 911

1.00  911

445 959

0.97  930

450 1006

0.94

946

455 1037

0.90

933

460 1080

0.80

864

465 1109

0.70

776

470 1138

0.62

706

475 1161

0.55

639

480 1183

0.45

532

485 1197

0.40

479


40

T 7330 : 2000

波長

太陽分光放射照度

相対分光有効関数

重み関数

青色光障害関数

重み関数

E

S

λ

nm mW/m

2

/nm

S

W

E

S

λ

・S

B

WB

λ=E

S

・B

490 1210

0.22

266

495 1213

0.16

194

500 1215

0.10

122

505 1211

0.079

97

510 1206

0.063

76

515 1202

0.050

60

520 1199

0.040

48

525 1193

0.032

38

530 1188

0.025

30

535 1193

0.020

24

540 1198

0.016

19

545 1194

0.013

16

550 1190

0.010

12


41

T 7330 : 2000

表 A.2  信号光の分光放射分布と CIE 標準光源 D65 (ISO/CIE 10526)  の分光分布, 

及び昼光の比視感度関数 (ISO/CIE 10527) の積

波長

S

A

λ

 (

λ)  ・

τ

S

 (

λ)  ・V (λ)

S

D65

λ

 (

λ)  ・V (λ)

nm

*

380 0

0

0

0.000

1

0

390

0

0

0

0.000 8

0.000 5

400

0

0

0.001 4

0.004 2

0.003 1

410

0

0

0.004 7

0.019 4

0.010 4

420

0

0

0.017 1

0.088 7

0.035 4

430

0

0

0.056 9

0.352 8

0.095 2

440

0

0

0.128 4

0.867 1

0.228 3

450

0

0

0.252 2

1.596 1

0.420 7

460

0

0

0.485 2

2.638 0

0.668 8

470

0

0

0.902 1

4.040 5

0.989 4

480

0

0

1.671 8

5.902 5

1.524 5

490

0

0

2.997 6

7.886 2

2.141 5

500

0  0 5.3

3

10.156

6 3.3

8

510

0  0 9.0

2

13.056

0 5.1

1

520

0

0.181 7

13.018 0

12.836 3

7.041 2

530

0

0.951 5

14.908 5

9.663 7

8.785 1

540

0

3.279 4

14.762 4

7.206 1

9.424 8

550

0

7.518 7

12.469 7

5.780 6

9.792 2

560

0

10.734 2

9.406 1

3.254 3

9.415 6

570

0

12.053 6

6.328 1

1.397 5

8.675 4

580

0.428 9

12.263 4

3.896 7

0.848 9

7.887 0

590

6.628 9

11.660 1

2.164 0

1.015 5

6.354 0

600

18.238 2

10.521 7

1.127 6

1.002 0

5.374 0

610

20.382 6

8.965 4

0.619 4

0.639 6

4.264 8

620

17.654 4

7.254 9

0.296 5

0.325 3

3.161 9

630

13.291 9

5.353 2

0.048 10

0.335 8

2.088 9

640

9.384 3

3.735 2

0

0.969 5

1.386 1

650

6.069 8

2.406 4

0

2.245 4

0.810 0

660

3.646 4

1.441 8

0

1.359 9

0.462 9

670

2.005 8

0.789 2

0

0.630 8

0.249 2

680

1.114 9

0.437 6

0

1.216 6

0.126 0

690

0.559 0

0.219 1

0

1.149 3

0.054 1

700

0.290 2

0.113 7

0

0.712 0

0.027 8

710

0.153 3

0.060 1

0

0.391 8

0.014 8

720

0.074 2

0.029 0

0

0.205 5

0.005 8

730

0.038 6

0.015 2

0

0.104 9

0.003 3

740

0.023 2

0.008 9

0

0.051 6

0.001 4

750

0.007 7

0.003 0

0

0.025 4

0.000 6

760

0.004 5

0.001 7

0

0.012 9

0.000 4

770

0.002 2

0.000 9

0

0.006 5

0

780

0.001 0

0.000 4

0

0.003 3

0

100  100 100 100

100

*)

青色信号灯である 3 200K 光源の放射の分光分布を標準光源 A の代わりに使用する。


42

T 7330 : 2000

表 A.3  赤外線領域における太陽分光放射照度の分光分布

資料:Moon, P. , Journal of Franklin Institute, vol.230, No.5, 1940, .583∼617.

波長

分光放射照度

(単位面積及び波

長ごとの強さ)

λ

E

S

λ

nm mW/m

2

/nm

  780

907

  790

923

  800

857

  810

698

  820

801

  830

863

   840

858

  850

839

  860

813

  870

798

  880

614

  890

517

  900

480

  910

375

  920

258

  930

169

  940

278

  950

487

  960

584

  970

633

  980

645

  990

643

1 000

630

1 010

620

1 020

610

1 030

601

1 040

592

1 050

551

1 060

526

1 070

519

1 080

512

1 090

514

1 100

252

1 110

126

1 120

69.9

1 130

98.3

1 140

164

1 150

216

1 160

271

波長

分光放射照度

(単位面積及び波

長ごとの強さ)

λ

E

S

λ

nm mW/m

2

/nm

1 170

328

1 180

346

1 190

344

1 200

373

1 210

402

1 220

431

1 230

420

1 240

387

1 250

328

1 260

311

1 270

381

1 280

382

1 290

346

1 300

264

1 310

208

1 320

168

1 330

115

1 340

58.1

1 350

18.1

1 360

     0.660

1 370

  0

1 380

  0

1 390

  0

1 400

  0

1 410

    1.91

1 420

    3.72

1 430

    7.53

1 440

13.7

1 450

23.8

1 460

30.5

1 470

45.1

1 480

83.7

1 490

128

1 500

157

1 510

187

1 520

209

1 530

217

1 540

226

1 550

221

1 560

217

1 570

213

1 580

209

波長

分光放射照度

(単位面積及び波

長ごとの強さ)

λ

E

S

λ

nm mW/m

2

/nm

1 590

205

1 600

202

1 610

198

1 620

194

1 630

189

1 640

184

1 650

173

1 660

163

1 670

159

1 680

145

1 690

139

1 700

132

1 710

124

1 720

115

1 730

105

1 740

97.1

1 750

80.2

1 760

58.9

1 770

38.8

1 780

18.4

1 790

5.70

1 800

0.920

1 810

0

1 820

0

1 830

0

1 840

0

1 850

0

1 860

0

1 870

0

1 880

0

1 890

0

1 900

0

1 910

0.705

1 920

2.34

1 930

3.68

1 940

5.30

1 950

17.7

1 960

31.7

1 970

22.6

1 980

1.58

1 990

2.66

2 000


43

T

 73
30 :

2000

属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS T 7330 

: 2000

  眼鏡レンズの用語

ISO 13666

 : 1998

  眼鏡レンズの用語

(I) JIS

の規定

(II)

国 際

規格番号

(III)

国際規格の規定

(IV)  JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策

項目番号

内容

項目番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

1.

適 用範

レンズとレンズブランク,

フィッティングに関連した
眼光学の基礎用語。 
項目別目次。

ISO 

13666

第 1 版

1.

項目別目次なし。

他は JIS に同じ。

MOD

/追

技術的差異なし。

項目別目次を追加。

2.

引 用規

JIS

2

件,ISO 規格 5 件,IEC

規格 1 件

 2.

ISO

規格 4 件 MOD/追

技術的差異なし。

附属書 B を 2.引用規格に記載。

3.

一 般的

事項

3.

JIS

に同じ IDT

a)

∼c)

単位の説明及び基本的前提

3.1

∼3.3

JIS

に同じ IDT

d)

索引及び規格票の様式説明

3.4

索引説明 MOD/追

技術的差異なし。

この用語規格票に特有の様式について

説明。

4.

∼15.用

語の定義

用語の定義

次の項目番号で追加

 4.

∼15.

次 の 項 目 番 号 を 除 き

JIS

に同じ。

IDT

(以下

を除く)

5.26

フィ

ッティン

グポイン
ト 高 さ 
図 1

追加  VV:垂直中心線

q

:フィッティングポイント

の水平成分

変更  VV⇒VsVs

 5.26

左記の追加,変更なし

MOD

/追

図 示 す べ き 中 心 線 を
追加。

ISO

規格見直し時に改正を提案する。

(I) JIS

の規定

(II)

国 際

規格番号

(III)

国際規格の規定

(IV)  JIS

と国際規格との技術的差異

の項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由

及び今後の対策


44

T

 73
30 :

2000

項目番号

内容

項目 
番号

内容

項 目 ご と
の評価

技術的差異の内容

9.1

デ ィ

オプトリ 
(注 1,

2

波面及び波面のバージェン

スの解説を注記

 9.1

注記なし MOD/追

技術的差異なし。

なじみのない用語のため解説を追加。

9.4

両 屈

折力

(注)

入射する光線のバージェン
スの解説を注記

 9.4

注記なし MOD/追

技術的差異なし。

なじみのない用語のため解説を追加。

附属書 A
(参考)

A.1

A.3.5

3

種類の分光分布特性数値

附属書 A

A.1

A.3.5

JIS

に同じ。 IDT

附属書 B
(参考)

削除。

附属書 B 
(参考)

引用文献 4 件 MOD/削

技術的差異なし。

引用文献 4 件のすべてを 2.引用規格に
移動。

索引

日英と英日索引。

索引

英・仏・独語索引 MOD/追

加/削除

技術的差異なし。

国内用語集は,日英と英日が一般的。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―IDT………………    技術的差異がない。

    ―MOD/削除………

国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    ―MOD/追加………

国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

2

.JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    ―MOD……………

国際規格を修正している。


45

T 7330 : 2000

JIS T 7330

原案作成本委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

大  頭      仁

早稲田大学理工学部

(幹事)

高  橋  文  男

株式会社ニコン

村  上  貴  久

厚生省医薬安全局

宮  崎  正  浩

通商産業省工業技術院標準部

所          敬

東京医科歯科大学

井  上  治  郎

社団法人日本眼科医会

白  山  晰  也

株式会社東京メガネ

津  田  節  哉

社団法人眼鏡技術者協会

梅  沢  忠  雄

日本眼鏡普及光学器検査協会

岡  野      齊

日本レンズ工業組合連合会,東京レンズ工業協同組合

畑  中  隆  志

 HOYA

株式会社

加  藤  一  寿

セイコーエプソン株式会社

大  橋  一  記

株式会社ニコン

(事務局)

金  平  克  之

日本医用光学機器工業会

備考

○印は,原案作成分科会委員