>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

T

 66
08 :

2001

附属書(参考)  JIS と対応する国際規格との対比表 

JIS T 6608: 2001

歯科鋳造用りん酸塩系埋没材

IS0 9694: 1996

歯科鋳造用りん酸塩系埋没材

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定 (IV) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線技

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

術的差異の内容

1.

適用 
範囲

この規格は,歯科用合金を鋳造するのに
使用されるりん酸塩を結合材とした歯科
鋳造用りん酸塩系埋没材(以下,埋没材

という。

)の種類,品質,試験,包装,表

示などについて規定する。

ISO 9694 1.  JIS

に同じ

IDT

2.

引用 
規格

JIS B 7503

2.

ISO 3696

MOD

/変更

引用規格が違う。

JIS

では分析用水を使用しな

い。また,熱膨張にダイヤル
ゲージを使用する。

3.

種類

タイプ 1:インレー・クラウンなどの固定

性修復物用

タイプ 2:部分床義歯などの可撤性鋳造修

復物用

クラス 1:標準加熱型 
クラス 2:急速加熱型

 4.

タイプは JIS に同じ

MOD

/追加

クラス 1 及びクラス 2 を追
加した。

国内では急速加熱型埋没材が 
多いためクラスを設定した。

4.1

外観

5.1

JIS

に同じ

IDT

粉末・専用液に異物が含まれず,鋳造リ

ング用ライニング材は,アスベスト繊維

を含んでいてはならない。

4.2

流動性

5.2

JIS

に同じ

IDT

タイプ 1: 90mm 以上

タイプ 2:70mm 以上

4.3

初期硬化時間

5.3

JIS

に同じ

IDT

4.

品質

メーカ指定±30%

 4.4

圧縮強さ

5.4

JIS

に同じ

IDT


 

2

T

 66
08 :

2001

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定 (IV) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本体 
  表示方法:点線の下線技

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の

対策

項目 
番号

内容

項目
番号

内容

項 目 ご と
の評価

術的差異の内容

  タイプ 1:2.5MPa 以上

  タイプ 2:3.0MPa 以上

4.5

熱膨張

5.5

JIS

に同じ

IDT

  メーカ指定±15%

国内では急速加熱型埋没材が

4.6

き裂・はく離の観察

MOD

クラス 2 の品質として規定 多いため,これに対応する品

4.

品質

  観察されてはならない

/追加

した。

質を追加した。

5.1.

サンプリング

6.1

JIS

に同じ

IDT

5.2

試験条件

6.2

JIS

に同じ

IDT

5.3

練和手順

6.3

JIS

に同じ

IDT

5.4

流動性

7.1

JIS

に同じ

IDT

5.5

初期硬化時間

7.2

JIS

に同じ

IDT

5.6

圧縮強さ

7.3

JIS

に同じ

IDT

5.7

熱膨張

7.4

JIS

に同じ

IDT

5.8

き裂・はく(剥)離の観察

MOD  ISO

では規定していない。 国内では急速加熱型埋没材が

/追加

多いため,これに対応する試

5.

試験 
方法

験を追加した。

a)

規格の名称及び種類

10.

10.

表示

IDT

b

) 製品名

10.1

容器

c)

質量又は内容量

a

)  製造業者又は供給

業者の名称

d)

使用期限及び保管条件

又は商標及び所在地

e)

製造業者名及び所在地

b

) 埋没材の名称

f)

製造番号又は製造記号

c

)  埋没材タイプの分

g)

その他の法定表示事項

d

) ロット番号

6.

表示

e)

粉末の正味質量,
特殊液の正味体積


 

3

T

 66
08 :

2001

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定 (IV) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線技

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

術的差異の内容

IDT

6.

表示

f)

推奨される貯蔵条

g)

使用期限

10.2

個別の包み

a

)  製造業者又は供給

業者の名称又は商
標及び所在地

b)

埋没材の名称

c)

正味質量

d)

ロット番号

10.3

特殊液の容器

a)

製造業者又は供給
業者の名称又は商
標及び所在地

b)

その液体の対象と
なる埋没材の名称

c)

正味体積

d)

ロット番号

7.

説明

a)

液/粉比

b

) 貯蔵の注意

c

)  練和方法

d)

鋳造リング用ライニング材や複模型
材の指示

e)

埋没方法

f)

焼却・鋳造手順

g)

模型複製方法

 8.

JIS

に同じ

ただし,ISO には使用

上の注意事項 
を規定していない。

 MOD

/追加

使用上の注意事項を追加。


 

4

T

 66
08 :

2001

(I)  JIS

の規定 (II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定 (IV) JIS と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

  表示箇所:本体

  表示方法:点線の下線技

(V)  JIS

と国際規格との技術

的差異の理由及び今後の
対策

項目

番号

内容

項目

番号

内容

項 目 ご と

の評価

術的差異の内容

7.

説明

h)

肺損傷に対する注意

i)

物理的性質測定結果時の液/粉比

j)

流動性

k)

初期硬化時間

l)

圧縮強さ

m)

熱膨張率

n)

使用上の注意事項

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:MOD

備考1.  項目ごとの評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −IDT・・・・・・・・・・・・・・技術的差異がない。 
    −MOD/追加・・・・・・・国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
    −MOD/変更・・・・・・・国際規格の規定内容を変更している。

2.  JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次のとおりである。

    −MOD・・・・・・・・・・・・・国際規格を修正している。