>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 T

6510

-1985

歯科用ベースプレート

Dental Base Plates

1.

適用範囲  この規格は,歯科で使う天然樹脂を主成分とする仮床用ベースプレート(以下,ベースプ

レートという。

)について規定する。

備考  この規格の中で{  }を付けて示してある単位及び数値は,従来単位によるものであって参考

として併記したものである。

2.

品質  ベースプレートの品質は,次による。

(1)

ベースプレートは,厚さが均等で約 70℃で軟化し,模型面に容易に圧接できなければならない。また,

成形したベースプレートは,口こう内温度以下で軟化変形してはならない。

(2)  3.1

で試験を行ったとき,破折強度は 19.6N/mm

2

 {2kgf/mm

2

}

以上でなければならない。

(3)  3.2

で試験を行ったとき,伸びは 5%以下でなければならない。

3.

試験方法

3.1

破折強度試験  試験器は,JIS T 6501(義歯床用アクリリック樹脂)の 5.4 に定められたものに準じ

る。試験片は幅 10mm,長さ 30mm,厚さ 1.4±0.1mm とし,支点間の距離は 25mm とする。試験は 20∼25℃

の室温又は水中において行うものとし,最初試験片の中央に 4.9N {0.5kgf}  の荷重を静かにかけた後,1 分

経過ごとに 1.96N {0.2kgf}  の荷重を加え,

試験片が破折するまで荷重を加え破折したときの荷重を合計し,

次の式によって破折強度を求める。

破折強度

2

2

kgf/mm

N/mm

(

1

)

2

2

3

bt

PL

=

ここに,

L

:  支点間の距離 (mm)

P

:  荷重 N {kgf}

b

:  試験片の幅 (mm)

t

:  試験片の厚さ (mm)

(

1

) 1N/mm

2

=1MPa

3.2

伸び試験  試験片は,幅 10mm,長さ 50mm,厚さ 1.4±0.1mm,標点距離約 30mm とする。試験片

は 20±2℃の水中に 5 分間放置した後標点を印し,付図のような装置の水槽(水温 37±1℃)の底の金属台

に試験片の下端を取り付け,

5

分間保持した後試験片の上端を質量 50g のおもりによって上方に引っ張り,

更に 5 分間保持して水槽から取り出し,20±2℃の水中に 5 分間放置して標点距離を測定し,次の式によっ

て伸びを算出する。

引用規格:

JIS T 6501

  義歯床用アクリリック樹脂


2

T 6510-1985

100

(%)

×

=

試験前の標点距離

験前の標点距離

放課後の標点距離−試

伸び

4.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称による。

例: 歯科用ベースプレート

5.

表示  ベースプレートの包装には,次の事項を表示しなければならない。

(1)

名称

(2)

上下ガクの区別及びその枚数

(3)

製造番号又は記号

(4)

製造業者名及び所在地

付図  ベースプレート伸び試験装置略図