>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 T

6507

-1994

歯科用テンポラリーストッピング

Dental temporary stopping

1.

適用範囲  この規格は,歯科で使うテンポラリーストッピング(以下,ストッピングという。)につい

て規定する。

2.

品質

2.1

一般的性質  ストッピングは,適度の加熱によって均一に軟化し,軟化したものは軽い加圧によっ

て乾燥した歯面によく密着しなければならない。

2.2

為害作用  ストッピングは,正常な口くう(腔)関連組織に接触したとき,為害作用があってはな

らない。

2.3

加圧短縮率  4.2 によって試験したとき,各温度においての加圧短縮率は,表 のとおりでなければ

ならない。

表 1  加圧短縮率

温度℃

加圧短縮率%

37 2.0

以下

55 30.0

以上

3.

材料  ストッピングは,ガッタパーチャなどの高分子材料,ワックス及び酸化亜鉛を主成分とする。

4.

試験

4.1

試験条件  試験は,23±2℃の室内で行う。

4.2

加圧短縮試験  加圧短縮試験は,次のとおりとする。

(1)

図 に示す金属の型を室温に保ち,平らな金属又はガラス板の上に置き,その型の中に温水で軟化し

た試料を圧入し,平板を用いて圧接する。

(2)

室温に放冷した後,表面を型面と平行に仕上げ,型から取り出す。

(3)

この試験片を 24 時間以内に 20±1℃の水中に 10 分間保持した後,厚さを測定し,これを A とする。

(4)

次に,試験片を

表 に示す各温度±1℃に保った水中に 10 分間保持した後,20N の力を 10 分間加えて

から力を取り除き,再び 20±1℃の水中に 10 分間保持した後,厚さを測定し,これを B とする。

(5)

次の式によって,加圧短縮率を求める。

100

×

=

A

B

A

F

ここに,

F

:  加圧短縮率 (%)

A

:  加圧短縮試験前の試験片の厚さ (mm)

B

:  加圧短縮試験後の試験片の厚さ (mm)


2

T 6507-1994

この試験を,

表 に示す各温度ごとに 3 回行い,その平均値をその温度における加圧短縮率とする。

なお,厚さの測定には 0.01mm の読取り精度をもつ測定器を用いる。

図 1  加圧短縮試験用金属型

5.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格の名称による。

例  歯科用テンポラリーストッピング

6.

表示  ストッピングの包装には,次の事項を表示しなければならない。

(1)

規格の名称

(2)

質量

(3)

製造番号又は製造記号

(4)

製造業者名及び所在地

(5)

他の法定表示事項


3

T 6507-1994

医療安全用具部会歯科材料専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

長谷川  二  郎

愛知学院大学

石  川  達  也

東京歯科大学

斉  藤      毅

日本大学

高  橋  重  雄

松本歯科大学

溝  上  隆  男

東京歯科大学

村  井  正  大

日本大学

栗  原  史  郎

工業技術院標準部

岩  尾  総一郎

厚生省薬務局

庵  原  靖  之

日本歯科医師会

梅  田  昭  夫

日本歯科医師会

岡      英  男

日本歯科医師会

梶  山      進

日本歯科医師会

杉  山      勉

日本歯科医師会

住  井  俊  夫

日本歯科医師会

野  原      建

石福金属興業株式会社

田  中  文  夫

昭和薬品化工株式会社

中  村  悦  三

株式会社松風

宮  崎  平  八

株式会社日本橋徳力

渡  辺  一  弘

株式会社ジーシー

富  岡  健太郎

日本歯科材料工業協同組合

(事務局)

津  金  秀  幸

工業技術院標準部電気規格課

青  山  直  充

工業技術院標準部電気規格課