>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 T

6112

-1995

歯科用水銀

Dental mercury

1.

適用範囲  この規格は,歯科用アマルガム用合金の練和に用いる水銀について規定する。

備考  この規格の引用規格及び対応国際規格を,次に示す。

引用規格 

JIS R 3503

  化学分析用ガラス器具

対応国際規格 

ISO 1560 : 1985

  Dental mercury

2.

品質

2.1

外観  水銀は,3.1 によって試験したとき,油,水,その他の異物などで汚染されていてはならない。

また,ろ過,振とう後の水銀の表面は,鏡面光沢をもち,空気中で容易に酸化膜を形成してはならない。

2.2

注入  水銀は,3.2 によって試験したとき,自由に注入ができ,残さ(渣)があってはならない。た

だし,振とう後の小滴は,残さとみなさない。

3.

試験

3.1

外観試験  外観試験は,原容器内面における汚染の有無を調べる。

また,3.2 によって,ろ過,振とうした水銀の表面を目視によって調べる。

3.2

注入試験  注入試験は,次のとおりとする。

(1)

水銀約 15g (1ml)  を量り,JIS R 3503 に規定するガラスろ過板を使用してろ過する。

また,ガラスろ過板は,20∼30

µm の細孔をもつものとし,必要な場合には,減圧ろ過しておく。

(2)

容量 100ml の化学分析用ガラスフラスコをよく洗浄して,100℃で乾燥後,冷却する。

(3)  (1)

の方法でろ過した水銀を,(2)のガラスフラスコに入れて栓をし,5 秒間よく振とうした後,別の容

器に注入する。

4.

容器  水銀の容器は,気密であって,輸送に耐える十分な強さをもち,かつ,水銀によって侵食され

ない非金属性のものとする。

5.

製品の呼び方  製品の呼び方は,規格の名称による。

例  歯科用水銀


2

T 6112-1995

6.

表示  水銀の包装には,次の事項を表示しなければならない。

(1)

規格の名称

(2)

質量及び含量

(3)

製造業者名及び所在地

(4)

製造番号又は製造記号

(5)

他の法定表示事項

関連規格  JIS T 6109  歯科銀アマルガム用合金

医療安全用具部会  歯科材料専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

長谷川  二  郎

愛知学院大学

淺  井  康  宏

東京歯科大学

平  澤      忠

鶴見大学

高  橋  重  雄

松本歯科大学

溝  上  隆  男

東京歯科大学

住  井  俊  夫

東京歯科大学

古  市  正  敏

工業技術院標準部

松  谷  有希雄

厚生省薬務局

庵  原  靖  之

日本歯科医師会

梅  田  昭  夫

日本歯科医師会

岡      英  男

日本歯科医師会

梶  山      進

日本歯科医師会

渡  邊      昭

日本歯科医師会

加  藤      勇

日本歯科医師会

野  原      建

石福金属興業株式会社

田  中  文  夫

昭和薬品化工株式会社

中  村  悦  三

株式会社松風

宮  崎  平  八

株式会社日本橋徳力

渡  辺  一  弘

株式会社ジーシー

富  岡  健太郎

日本歯科材料工業協同組合

(事務局)

津  金  秀  幸

工業技術院標準部電気規格課

青  山  直  充

工業技術院標準部電気規格課