>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

T 5507:2017  

(1) 

目 次 

ページ 

序文  1 

1 適用範囲 1 

2 引用規格 1 

3 用語及び定義  2 

4 要求事項 2 

4.1 一般  2 

4.2 図記号の使用  2 

4.3 図記号のサイズ  2 

4.4 日付の表現  2 

5 図記号 2 

参考文献  23 

附属書JA(参考)JISと対応国際規格との対比表  24 

 

 


 

T 5507:2017  

(2) 

まえがき 

この規格は,工業標準化法第14条によって準用する第12条第1項の規定に基づき,日本歯科器械工業

協同組合(JDMMA)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を

改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が改正した日本工業規格で

ある。 

これによって,JIS T 5507:1998は改正され,この規格に置き換えられた。 

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。 

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。 

 

 


 

 

日本工業規格          JIS 

 

T 5507:2017 

 

歯科−歯科器械用図記号 

Dentistry-Graphical symbols for dental equipment 

 

序文 

この規格は,2015年に第2版として発行されたISO 9687を基とし,関連JISとの整合性を図るため,

技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。 

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,附属書JAに示す。 

 

図記号は,日常生活の多くの分野で使用されている。これらは,視覚的にも多岐にわたる有用な情報を

与えるとともに,一般的な情報,制御手段,機械・器具などの正しい適用のための信号(警告及びアラー

ム信号)及び他の様々なコミュニケーション手段として使用されている。 

含まれる情報は,瞬時に視認され,更に用語及び音声での説明よりも容易,かつ,長期にわたり記憶さ

れることもあるため,ほとんどの場合,口頭での説明よりも優れている。 

図記号は,翻訳が不要であり,時節に関係なく,更に難解でなく,誤解の可能性も低いため国際的にも

容易に理解される。使用者に対し,異なる言語による負担を軽減し,一般的及び具体的な情報を提供でき

る,簡易で国際的に認められた図記号が必要である。図記号は,複数の言語ラベルの使用に伴う固有の混

乱を軽減できるため,患者,歯科医師,歯科技工士及びその他の人の安全並びに健康面で大きな利益をも

たらす。 

図記号の使用は,歯科分野内において,最良のコミュニケーション手段となる。 

 

適用範囲 

この規格は,歯科器械の該当する部位及び歯科器械のそれぞれに附属する取扱説明書,表示,ラベル,

製品技術資料などの文書に使用する歯科器械用図記号について規定する。 

図記号は,歯科器械に適用するために選ばれたものであり,これらの多くは関連するIEC及びISO国際

規格から採択されたものである。幾つかの新しい図記号は,製造販売業者又は使用者によって追加された

ものである。 

注記 この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。 

ISO 9687:2015,Dentistry−Graphical symbols for dental equipment(MOD) 

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1に基づき,“修正している”

ことを示す。 

 

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの


T 5507:2017  

 

引用規格のうちで,西暦年を付記してあるものは,記載の年の版を適用し,その後の改正版(追補を含む。)

は適用しない。西暦年の付記がない引用規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。 

JIS X 0301 情報交換のためのデータ要素及び交換形式−日付及び時刻の表記 

注記 対応国際規格:ISO 8601,Data elements and interchange formats−Information interchange−

Representation of dates and times 

ISO 1942,Dentistry−Vocabulary 

ISO 15223-1:2012,Medical devices−Symbols to be used with medical device labels, labelling and information 

to be supplied−Part 1: General requirements 

ISO 17724,Graphical symbols−Vocabulary 

 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,ISO 1942,ISO 15223-1及びISO 17724による。 

 

要求事項 

4.1 

一般 

情報を伝達するために使用する図記号は,この規格の箇条5に規定する。 

この規格の使用者に対して必要な歯科器械のための図記号は,全てこの規格に示している。そのため,

他の規格で定義した幾つかの図記号と,それぞれの規格を一緒に参照し,情報を提供する目的のために示

している。 

4.2 

図記号の使用 

これらの図記号は,テキスト(例えば,歯科器械,附属品の表示など)との置換えを意図している。表

1〜表5に規定する図記号の使用については,製造販売業者の裁量に任す。 

これらの図記号は,歯科器械及び附属品のパッケージの標識,製造販売業者の取扱説明書,カタログ,

チラシなど同様の目的のために使用することができる。これらの図記号は,器械に添付する文書に図記号

の追加説明をすることなく使用可能である。 

注記 JIS T 0601-1:2012では,7.6.1で表示に使用した記号の意味を取扱説明書に記載することを要求

している。 

4.3 

図記号のサイズ 

全ての図記号及び付随する情報は,個々の歯科器械及び/又はそのパッケージの特性並びにサイズを考

慮に入れた距離で拡大することなく,健常視力で215 lxの照明下で見たときに,判読可能でなければなら

ない。 

注記 色及び最小寸法は,この規格では規定しない。 

各図記号には,方向性に依存するものもある。そのため,曖昧さを避ける配慮(例えば,回転及び/又

は反転によって)をすることが望ましい。 

4.4 

日付の表現 

日付の表現に使用されるデータコードは,JIS X 0301による。 

 

図記号 

“歯科器械用図記号”は,表1及び表5による。 

“洗浄,消毒及び滅菌における図記号”は,表2による。 


T 5507:2017  

 

“衛生目的のために使用する消毒剤の図記号”は,表3による。 

“その他の図記号”は,表4による。 

 

表1−歯科器械用図記号 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

歯科患者用椅子 

 

ISO 7000-1819 

回転機能付歯科患者用椅子 

 

ISO 7000-1820 

歯科術者用椅子 

 

ISO 7000-1821 

歯科用照明器 

 

ISO 7000-1822 

歯科用ユニット(術者側) 

 

ISO 7000-1823 

アシスタント側ユニット 

 

ISO 7000-1824 

スピットン 

 

ISO 7000-1825 

給水付スピットン 

 

ISO 7000-1826 

シンクキャビネット 

 

ISO 7000-1827 

10 

歯科用キャビネット 

 

ISO 7000-1828 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

11 

エアタービン 

 

ISO 7000-1843 

12 

照明付エアタービン 

 

ISO 7000-1842 

13 

歯科用マイクロモータ 

 

ISO 7000-1840 

14 

照明付歯科用マイクロモータ 

 

ISO 7000-1841 

15 

歯科用エアモータ 

 

ISO 7000-1838 

16 

照明付歯科用エアモータ 

 

ISO 7000-1839 

17 

スリーウェイシリンジ 

 

ISO 7000-1837 

18 

光ファイバ照明器 

 

ISO 7000-1836 

19 

超音波スケーラ 

 

ISO 7000-1835 

20 

歯髄診断器 

 

ISO 7000-1834 

21 

電気メス 

 

ISO 7000-1833 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

22 

バキュームシリンジ(カニューレ) 

 

ISO 7000-1831 

23 

手元制御式バキュームシリンジ(手
元制御式カニューレ) 

 

ISO 7000-1832 

24 

排唾管 

 

ISO 7000-1829 

25 

手元制御式排唾管 

 

ISO 7000-1830 

26 

洗浄装置付スピットン 

 

ISO 7000-1806 

27 

寒天印象コネクタ(寒天印象用水冷
式トレー) 

 

ISO 7000-1805 

28 

液体レベルコントロール 

 

ISO 7000-1850 

29 

水準 

 

ISO 7000-0159 

30 

U字形トラップ 

 

ISO 7000-1845 

31 

化学的水処理 

 

ISO 7000-1851 

32 

手動制御弁 

 

ISO 7000-1852 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

33 

ドレントラップ,気水分離器 

 

ISO 7000-0157 

34 

圧縮機,吸引ポンプ 

 

ISO 7000-0137 

35 

足踏み制御器(フットスイッチ) 

 

IEC 60417-5114 

36 

手持ちスイッチ(ハンドスイッチ) 

 

IEC 60417-5322 

37 

エックス線 

 

IEC 60417-5338 

38 

手動操作 

 

ISO 7000-0096 

39 

足踏み操作 

 

ISO 7000-1853 

40 

吹き出し 

 

ISO 7000-0032 

41 

コップ給水 

 

ISO 7000-1854 

42 

スピットン洗浄 

 

ISO 7000-1855 

43 

注水冷却 

 

ISO 7000-1856 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

44 

スプレー(水/空気)冷却 

 

ISO 7000-1858 

45 

空気冷却 

 

ISO 7000-1857 

46 

椅子の後傾 

 

ISO 7000-1809 

47 

椅子の前傾 

 

ISO 7000-1810 

48 

椅子の上昇 

 

ISO 7000-1807 

49 

椅子の下降 

 

ISO 7000-1808 

50 

椅子の後退 

 

ISO 7000-1813 

51 

椅子の前進 

 

ISO 7000-1814 

52 

患者支持台の上昇 

 

ISO 7000-1817 

53 

患者支持台の下降 

 

ISO 7000-1818 

54 

バックレストの前傾 

 

ISO 7000-1816 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

55 

バックレストの後傾 

 

ISO 7000-1815 

56 

ヘッドレストの前傾 

 

ISO 7000-1812 

57 

ヘッドレストの後傾 

 

ISO 7000-1811 

58 

フットレストの上昇 

 

ISO 7000-1846 

59 

フットレストの下降 

 

ISO 7000-1847 

60 

オートセット 

 

ISO 7000-1848 

61 

オートリセット 

 

ISO 7000-1849 

62 

ランプ,点灯,照明 

 

IEC 60417-5012 

63 

照度,明るさ 

 

IEC 60417-5056 

64 

シグナルランプ 

 

IEC 60417-5115 

65 

赤色照明 

 

IEC 60417-5321 


T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

66 

紫外線照明 

 

IEC 60417-5751 

67 

赤外線照明 

 

IEC 60417-5750 

68 

スピード(回転数)制御 

 

ISO 7000-0592 

69 

ベル 

 

IEC 60417-5013 

70 

ドア開閉器 

 

ISO 7000-0517 

71 

レーザ 

 

ISO 7000-1329 

72 

一方向移動 

 

IEC 60417-5022 

73 

一方向回転 

 

ISO 7000-0004 

74 

両方向移動 

 

IEC 60417-5023 

75 

設定点からの直線移動 

 

ISO 7000-0521 


10 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

76 

設定点間の一方向直線移動 

 

ISO 7000-0253 

77 

設定点間の両方向移動 

 

IEC 60417-5024 

78 

設定点までの直線移動 

 

ISO 7000-0001 

79 

通常速度動作 

 

IEC 60417-5107A 

80 

高速動作 

 

IEC 60417-5108A 

81 

低速動作 

 

IEC 60417-5124A 

82 

クラスII機器 

 

IEC 60417-5172 

83 

無段階調節 

 

IEC 60417-5004 

84 

段階調節 

 

IEC 60417-5181 

85 

出力 

 

IEC 60417-5035 

86 

入力 

 

IEC 60417-5034 


11 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

87 

電源の“切” 

 

IEC 60417-5008 

88 

(同一押しボタンで)電源の“入”,
電源の“切” 

 

IEC 60417-5010 

89 

(押している間だけ)電源の“入” 

 

IEC 60417-5011 

90 

待機 

 

IEC 60417-5009 

91 

試行スタート 

 

IEC 60417-5659 

92 

始動 

 

IEC 60417-5104 

93 

機器の一部の“切” 

 

IEC 60417-5265 

94 

電源の“入” 

 

IEC 60417-5007 

95 

ゼロ設定 

 

ISO 7000-0540 

96 

テープレコーダ 

 

IEC 60417-5093 


12 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

97 

ビデオテープレコーダ 

 

IEC 60417-5118 

98 

ホーン 

 

ISO 7000-0244 

99 

電池の挿入方向 

 

IEC 60417-5002 

100 

バッテリーの充電状態 

 

ISO 7000-0247 

101 

変圧器 

 

IEC 60417-5156 

102 

情報伝送系からの読出し又は再生 

 

IEC 60417-5164 

103 

情報伝送系への記録 

 

IEC 60417-5163 

104 

情報伝送系からの消去 

 

IEC 60417-5165 

105 

音楽 

 

IEC 60417-5085 

106 

サウンド,オーディオ 

 

IEC 60417-5182 


13 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

107 

ヘッドホン 

 

IEC 60417-5077 

108 

スピーカ 

 

IEC 60417-5080 

109 

受話 

 

IEC 60417-5127 

110 

送話 

 

IEC 60417-5126 

111 

送話,受話両用スピーカ 

 

IEC 60417-5081 

112 

高音調節 

 

IEC 60417-5037 

113 

低音調節 

 

IEC 60417-5038 

114 

保存したものからのデータの読取
り 

 

ISO 7000-1026 

115 

データの書込み 

 

ISO 7000-1025 

116 

保存したものからのデータの読取
り及びデータの書込み 

 

ISO 7000-1107 


14 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

117 

電子画像 

 

IEC 60417-5049 

118 

コントラスト 

 

IEC 60417-5057 

119 

彩度 

 

IEC 60417-5058 

120 

カラー 

 

IEC 60417-5048 

121 

中心設定 

 

ISO 7000-0514 

122 

直接操作 

 

ISO 7000-1109 

123 

遠隔操作 

 

ISO 7000-1108 

124 

図形記録器 

 

IEC 60417-5192 

125 

プリントアウト,レポート 

 

ISO 7000-0793 

126 

機器の一部の待機状態又は準備状
態 

 

IEC 60417-5266 


15 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

127 

機器の一部の“入” 

 

IEC 60417-5264 

128 

送風機 

 

ISO 7000-0089 

129 

熱損失,熱移動 

 

ISO 7000-0535 

130 

休止,中断 

 

IEC 60417-5111A 

131 

交流 

 

IEC 60417-5032 

132 

交直両用 

 

IEC 60417-5033 

133 

直流 

 

IEC 60417-5031 

134 

等電位化 

 

IEC 60417-5021 

135 

保護接地(大地) 

 

IEC 60417-5019 

136 

接地(大地) 

 

IEC 60417-5017 


16 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

137 

停止 

 

IEC 60417-5110A 

138 

危険警告 

 

ISO 7000-0085 

139 

危険電圧 

 

IEC 60417-5036 

140 

注意,附属文書参照 
 
注記 “注意,附属文書参照”の同

義語は,“注意,取扱説明書
などを参照”となる。 

 

ISO 7000-0434A 

141 

温度 

 

ISO 7000-0034 

142 

温度上げる 

 

ISO 7000-0035 

143 

温度下げる 

 

ISO 7000-0036 

144 

時計,タイマー 

 

IEC 60417-5184 

145 

自動制御(閉回路) 

 

ISO 7000-0017 

146 

製造業者 

 

ISO 7000-3082 


17 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

147 

製造年月日 

 

この図記号には,機器の製造年月日(製
造年又は製造年月でもよい。)を含めな
ければならない。日付の書式は,JIS X 
0301による。 
(例 2016-12-01) 

ISO 7000-2497 

148 

取扱説明書参照 
 
注記 “取扱説明書など参照”の同

義語は,“操作説明書参照”
となる。 

 

ISO 7000-1641 

149 

カタログ番号 
 
注記 “カタログ番号”の同義語

は,“参照番号”又は“注文
番号”となる。 

 

ISO 7000-2493 

150 

シリアル番号 

 

ISO 7000-2498 

151 

ロット番号 
 
注記 “ロット番号”の同義語は,

“バッチコード”又は“バッ
チ番号”となる。 

 

ISO 7000-2492 

152 

材料記号 

 

ISO 7000-2793 

153 

緊急停止 

 

IEC 60417-5638 

154 

B形装着部 

 

IEC 60417-5840 

155 

BF形装着部 

 

IEC 60417-5333 


18 

T 5507:2017  

 

表1−歯科器械用図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

156 

生体へのリスク 

 

ISO 7000-0659 

157 

天然ゴム(ラテックス)含有 

 

ISO 7000-2725 

 

表2−洗浄,消毒及び滅菌における図記号 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

158 

超音波槽 

 

ISO 7000-2784 

159 

温水洗浄 

 

ISO 7000-2785 

160 

蒸気滅菌器(オートクレーブ)で指
定した温度で滅菌可能 

 

この図記号には,温度を示す数字を含
めなければならない。 
注記 例として134 ℃という温度を示

す。 

ISO 7000-2868 

161 

指定の温度まで滅菌可能 

 

この図記号には,温度を示す数字を含
めなければならない。 
注記 例として180 ℃という温度を示

す。 

ISO 7000-1844 

162 

滅菌 

 

ISO 7000-2499 

163 

無菌処理技術を使用した滅菌 

 

ISO 7000-2500 


19 

T 5507:2017  

 

表2−洗浄,消毒及び滅菌における図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

164 

エチレンオキサイドを使用した滅
菌 

 

ISO 7000-2501 

165 

放射線を使用した滅菌 

 

ISO 7000-2502 

166 

蒸気又は乾熱を使用した滅菌 

 

ISO 7000-2503 

167 

滅菌液経路 

 

ISO 7000-3084 

 

表3−衛生目的のために使用する消毒剤の図記号 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

168 

手洗い用消毒剤 

 

ISO 7000-2786 

169 

小器具,回転器具用消毒剤 

 

ISO 7000-2787 

170 

作業面の消毒剤 

 

ISO 7000-2788 

171 

床,壁用の消毒剤 

 

ISO 7000-2789 

172 

歯科印象材用消毒剤 

 

ISO 7000-2790 


20 

T 5507:2017  

 

表4−その他の図記号 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

173 

水ぬれ厳禁 

 

ISO 7000-0626 

174 

壊れもの,取扱注意 

 

ISO 7000-0621 

175 

直射日光回避 

 

ISO 7000-0624 

176 

使用期限(の年月日) 
 
注記 “使用期限”の同義語は,

“有効期限”となる。 

 

この図記号には,示された日付以降,
機器が使用されないようにするため,
日付を含めなければならない。日付の
書式は,JIS X 0301による。 
(例 2016-12-01) 

ISO 7000-2607 

177 

再使用禁止 
 
注記 “再使用禁止”の同義語は,

“使い捨て”又は“単回使用”
となる。 

 

ISO 7000-1051 

178 

再滅菌禁止 

 

ISO 7000-2608 

179 

右回転(時計方向の回転) 

 

ISO 7000-0258 

180 

左回転(反時計方向回転) 

 

ISO 7000-0937 

181 

温度の上限 

 

図記号付近に最高温度示す数字を含め
なければならない。 
(例 最高20 ℃) 

ISO 7000-0533の応用 


21 

T 5507:2017  

 

表4−その他の図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

182 

温度の下限 

 

図記号付近に最低温度を示す数字を含
めなければならない。 
(例 最低5 ℃) 

ISO 7000-0534の応用 

183 

温度制限 

 

図記号付近に最低及び最高温度を示す
二つの数字を含めなければならない。 
(例 最低5 ℃,最高20 ℃) 

ISO 7000-0632の応用 

184 

湿度の制限 

 

ISO 7000-2620 

185 

湿度の下限 

 

図記号付近に最低湿度を示す数字を含
めなければならない。 
(例 最低10 %) 

ISO 7000-2620を変更 

186 

湿度の上限 

 

図記号付近に最高湿度を示す数字を含
めなければならない。 
(例 最高90 %) 

ISO 7000-2620を変更 

187 

湿度制限 

 

図記号付近に最低及び最高湿度を示す
二つの数字を含めなければならない。 
(例 最低10 %,最高90 %) 

ISO 7000-2620を変更 

ISO 15223-1:2012 

5.3.8 

188 

気圧の制限 

 

ISO 7000-2621 


22 

T 5507:2017  

 

表4−その他の図記号(続き) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

189 

気圧の下限 

 

図記号付近に最低気圧を示す数字を含
めなければならない。 
(例 最低50 kPa) 

ISO 7000-2621を変更 

190 

気圧の上限 

 

図記号付近に最高気圧を示す数字を含
めなければならない。 
(例 最高106 kPa) 

ISO 7000-2621を変更 

191 

気圧制限 

 

図記号付近に最低及び最高気圧を示す
二つの数字を含めなければならない。 
(例 最低50 kPa,最高106 kPa) 

ISO 7000-2621を変更 

ISO 15223-1:2012 

5.3.9 

192 

包装単位(入り数) 

 

ISO 7000-2794 

193 

開こん(梱)交換不可 

 

ISO 7000-2795 

 

表5−歯科器械用図記号(追加) 

番号 

図記号の名称 

図記号 

ISO/IEC登録番号 

194 

照明付超音波スケーラ 

 

ISO 7000-1835を変更 

 


23 

T 5507:2017  

 

参考文献 

 

[1] IEC 60417,Graphical symbols for use on equipment 

[2] IEC 60878,Graphical symbols for electrical equipment in medical practice 

[3] IEC 80416-1,Basic principles for graphical symbols for use on equipment−Part 1: Creation of graphical 

symbols for registration 

[4] ISO 780,Packaging−Pictorial marking for handling of goods 

[5] ISO 7000 1),Graphical symbols for use on equipment−Registered symbols 

[6] ISO 11140-1,Sterilization of health care products−Chemical indicators−Part 1: General requirements 

[7] ISO 15882,Sterilization of health care products−Chemical indicators−Guidance for selection, use and 

interpretation of results 

[8] ISO 21531,Dentistry−Graphical symbols for dental instruments 

[9] ISO 81714-1,Design of graphical symbols for use in the technical documentation of products−Part 1: Basic 

rules 

注1) 機器用図記号は,IEC 60417及びISO 7000での全ての図記号が含まれており,

http://www.graphical-symbols.info/にて利用可能。 

 

 


24 

T 5507:2017  

 

附属書JA 

(参考) 

JISと対応国際規格との対比表 

 

JIS T 5507:2017 歯科−歯科器械用図記号 

ISO 9687:2015,Dentistry−Graphical symbols for dental equipment 

 

(I)JISの規定 

(II)
国際 
規格 
番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

1 適用範囲  

 

JISとほぼ同じ。 
ただし,注記に“三つの公式
ISO言語(英語,フランス語,
ロシア語)のうち,…途中略
…ISO用語として認められ
ているのは公式言語で示し
たものだけである。”を表記
している。 

削除 

注記としての内容は,本文中では扱
わない。 

JISでは,複数の言語で表記する
必要がないため。 
技術的差異はない。 

2 引用規格  

 

 

 

 

 

 

4 要求事項 4.4 日付の表現 

 

4.4 

言語の名称及び日付の表現。 変更 

細分箇条の題名を“日付の表現”に
変更した。 

 

5 図記号 

表1−番号33 ドレ
ントラップ,気水分
離器 

 

JISとほぼ同じ。 

追加 

図記号の名称に“気水分離器”を追
記した。 

JIS T 5801において気水分離器の
図記号として使用しているため。 
技術的差異はない。 

 

表1−番号34 圧縮
機,吸引ポンプ 

 

 

 

追加 

図記号の名称に“吸引ポンプ”を追
記した。 

JIS T 5801において吸引ポンプの
図記号として使用しているため。 
また,ISO 7000の図記号の名称に
合わせた。 
整合を図るため,対応国際規格の
見直し時に提案する。 

 
 
 

3

 

T

 5

5

0

7

2

0

1

7

 

 

 

 

 


25 

T 5507:2017  

 

(I)JISの規定 

(II)
国際 
規格 
番号 

(III)国際規格の規定 

(IV)JISと国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容 

(V)JISと国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策 

箇条番号 
及び題名 

内容 

箇条 
番号 

内容 

箇条ごと 
の評価 

技術的差異の内容 

5 図記号 
(続き) 

表1−番号36 手持
ちスイッチ(ハンド
スイッチ) 

 

JISとほぼ同じ。 

変更 

マニュアルスイッチの図記号の名
称を“手持ちスイッチ(ハンドスイ
ッチ)”に変更した。 

IEC 60417-5322におけるタイト
ル表記“Hand-held switch”に合わ
せた。 
技術的差異はないが,整合を図る
ため,対応国際規格の見直し時に
提案する。 

 

表1−番号147 製
造年月日 
この図記号には,機
器の製造年月日(製
造年又は製造年月
でもよい。)を含め
なければならない。
…以下略… 

 

 

 

追加 

機器の製造年月日には,“製造年又
は製造年月でもよい。”を追記した。 

ISO 7000における図記号の注記
に合わせる。 
整合を図るため,対応国際規格の
見直し時に提案する。 

 

表5−番号194 
照明付超音波スケ
ーラ 

 

 

− 

追加 

照明付超音波スケーラの図記号を
追加した。 

市場には,照明付超音波スケーラ
が存在するが,それを示す図記号
がない。 
対応国際規格の見直し時に採択
の審議を行うこととなった。 

 

JISと国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 9687:2015,MOD 

注記1 箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。 

− 削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
− 追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
− 変更  国際規格の規定内容を変更している。 

注記2 JISと国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。 

− MOD  国際規格を修正している。 

 

3

 

T

 5

5

0

7

2

0

1

7