>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 5505-3 : 2001

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本歯科材料工業協同組合 (JDMA) から工

業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,厚生

労働大臣が制定した日本工業規格である。これによって,JIS T 5505 : 1993 は廃止され,この規格に置き

換えられる。

制定に当たっては,国際規格に整合した日本工業規格を作成するため,ISO 7711-3 : 1992, Dental rotary

instruments

−Diamond instruments−Part 3 : Grit sizes, designation and colour code を基礎として用いた。

JIS T 5505

の規格群には,次に示す部構成がある。

JIS

T

5505-1

  歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具−第 1 部:ポイント−寸法,要求事項,表示及

び包装

JIS

T

5505-2

  歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具−第 2 部:ディスク

JIS

T

5505-3

  歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具−第 3 部:粒度,呼び及びカラーコード


日本工業規格

JIS

 T

5505-3

 : 2001

歯科用回転器具−

ダイヤモンド研削器具−

第 3 部:粒度,呼び及びカラーコード

Dental rotary instruments

−Diamond instruments−

Part 3 : Grit sizes, designation and colour code

序文  この規格は,1992 年に第 1 版として発行された ISO 7711-3, Dental rotary instruments−Diamond

instruments

−Part 3 : Grit sizes, designation and colour code を元に,対応する部分について原国際規格を翻訳

し,技術的内容を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,歯科用回転器具の一種であるダイヤモンド研削器具(以下,研削器具という。)

のダイヤモンド砥粒の粒度,呼び及びカラーコードについて規定する。この規格は,その種類及び形状に

かかわらず歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具すべてについて規定する。

備考  この規格の対応国際規格を,次に示す。

なお,対応の程度を表す記号は,ISO/IEC Guide 21 に基づき,IDT(一致している)

,MOD

(修正している)

,NEQ(同等でない)とする。

ISO 7711-3: 1992, Dental rotary instruments

−Diamond instruments−Part 3 : Grit sizes, designation

and colour code (IDT)

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格のうちで,発行年を付記してあるものは,記載の年の版だけがこの規格を構成する

ものであって,その後の改訂版・追補には適用しない。発行年を付記していない引用規格は,その最新版

(追補を含む。

)を適用する。

ISO 6360-2

  Dental rotary instruments − Number coding system − Part 2 : Shape and specific

characteristics/Amd. : 1991, Amendment 1.

ASTM E11-81

  Test methods for characterizing duplex grain sizes.

ANSI B74.20

  Grading of Diamond Powder in Sub-sieve Sizes.

FEPA(

1

), Standard for Diamond Sizes.

(

1

)  Fédération Europé enne des Fabricante de Produits Abrasifs


2

T 5505-3 : 2001

3.

呼び,カラーコード及び粒度

3.1

呼び  研削器具の呼びは,使用されたダイヤモンド砥粒の粒度によって表 に一致しなければなら

ない。

3.2

カラーコード

a)

カラーコードは,研削器具の上に表示する。

b)

カラーコードの表示は,製造業者の選択によって任意とする。

c)

カラーコードの表示の色は,

表 による。カラーコードは,呼びを補足するものである。

d)

カラーコードの表示の部位は,製造業者の裁量による。

3.3

粒度

a)

表 に規定された粒度は,すべてのタイプの研削器具に使用されなければならない。

b)

粒度の分類は,関連する国又は

表 の最上段に記載された国際的規則に従う。

c)

粒度は,区分することが困難なため,領域の重複は許容する。

d)

表 の右 3 列は,粒度の領域を示し,国家的,国際的規則による呼びと同等である。

表 1  呼び,カラーコード及び粒度

粒度による呼び

カラーコード

粒度

µm

ASTM-E-11-81

メッシュ

ANSI B74.20

ミクロン

FEPA

粒度

ウルトラファイン

 M6.3

∼M10

    4

∼  9

6

M 3

    6

∼ 14

9

M10

エキストラファイン

10

∼ 22

15

M16

ベリーファイン

 M25

∼M40

16

∼ 36

30

M25

27

∼ 54

45

M40

ファイン

  M40

∼D76

27

∼ 54

45

M40

37

∼ 44

325/400

D46

44

∼ 53

270/325

D54

53

∼ 62

230/270

D64

標準

 D76

∼D126

62

∼ 74

200/230

D76

74

∼ 88

170/200

D91

88

∼105

140/170 D107

105

∼125

120/140 D126

コース

 D126

∼D181

105

∼125

120/140 D126

125

∼149

100/120 D151

149

∼177

 80/100

D181

スーパーコース

 D181

∼D251

149

∼177

 80/100

D181

177

∼210

 70/ 80

D213

210

∼250

 60/ 70

D251

関連規格  JIS T 5501  歯科用回転器具−番号表示法

JIS T 5505-1

  歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具−第 1 部:ポイント−寸法,要求事項,


3

T 5505-3 : 2001

表示及び包装

JIS T 5505-2

  歯科用回転器具−ダイヤモンド研削器具−第 2 部:ディスク

原案作成委員会の構成表

日本歯科材料工業協同組合 JIS 原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(技術担当理事)

亀  水  忠  茂

亀水化学工業株式会社

(技術委員長)

窪  田  隆  夫

日本歯科材料工業協同組合

(第 1 規格部会長)

河  合  正  勝

株式会社松風

(議長)

安  達      浩

株式会社松風

(委員)

藤  澤  睦  雄

株式会社東洋化学研究所

渡  辺  一  弘

株式会社ジーシー

(用語部会長)

村  松  寛  昭

株式会社ジーシー

(事務局)

前  川  市  男

日本歯科材料工業協同組合

日本歯科医師会・器材部会材料規格委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

長谷川  二  郎

愛知学院大学歯学部歯科理工学

(副委員長)

庵  原  靖  之

社団法人日本歯科医師会

(委員)

小  田      豊

東京歯科大学歯科理工学

長谷川  晃  嗣

東京歯科大学歯科理工学

宮  川  行  男

日本歯科大学新潟歯学部先端研究センター

加  藤      勇

社団法人日本歯科医師会

梶  山      進

社団法人日本歯科医師会

河  合  正  勝

株式会社松風

野  原      建

石福金属興業株式会社

渡  辺  一  弘

株式会社ジーシー

なお,社団法人日本歯科医師会・器材部会材料規格委員会には,上記委員のほかに原案作成者,又は関

係者の立場で次の各氏が参加している。

氏名

所属

梅  田  昭  夫

社団法人日本歯科医師会

三  宅  公  雄

社団法人日本歯科医師会

神  成  粛  一

社団法人日本歯科医師会

野  口  八九重

社団法人日本歯科医師会

小  倉  英  夫

社団法人日本歯科医師会

杉  山      勉

社団法人日本歯科医師会

勝  木  紘  一

日本歯科材料器械研究協議会事務局

窪  田  隆  夫

日本歯科材料工業協同組合

安  達      浩

日本歯科材料工業協同組合

(事務局)

輿  石  嘉  弘

社団法人日本歯科医師会


4

T 5505-3 : 2001

医療安全用具部会  歯科材料専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

長谷川  二  郎

愛知学院大学歯学部

淺  井  康  宏

東京歯科大学

庵  原  靖  之

社団法人日本歯科医師会

飯  塚  恵  文

株式会社日本橋徳力松戸事業所技術部

井  堂  孝  純

社団法人日本歯科医師会

梅  田  昭  夫

社団法人日本歯科医師会

小  倉  英  夫

日本歯科大学新潟歯学部

小  田      豊

東京歯科大学

梶  山      進

社団法人日本歯科医師会

勝  木  紘  一

日本歯科材料器械研究協議会

加  藤      勇

社団法人日本歯科医師会

河  合  正  勝

株式会社松風研究開発部研究企画室

窪  田  隆  夫

日本歯科材料工業協同組合

倉  田  幸  男

社団法人日本歯科医師会

佐々木  弥  生

厚生省医薬安全局

田  中  文  夫

昭和薬品化工株式会社

中  嶌      裕

明海大学

西  川  泰  蔵

工業技術院標準部標準業務課環境生活標準化推進室

野  原      建

石福金属興業株式会社研究部研究課

三  宅  公  雄

社団法人日本歯科医師会

桃  井  保  子

鶴見大学

渡  辺  一  弘

株式会社ジーシー

(事務局)

宗  像  保  男

工業技術院標準部標準業務課