>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 5504-3

:2015

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1

  適用範囲  

1

2

  引用規格  

1

3

  用語及び定義並びに記号  

1

3.1

  用語及び定義  

1

3.2

  記号  

2

4

  種類 

2

5

  品質 

3

5.1

  材料  

3

5.2

  寸法  

3

5.3

  軸の円筒度  

5

5.4

  表面粗さ  

5

5.5

  ビッカース硬さ  

5

5.6

  表示  

5

6

  試験方法  

5

6.1

  軸径  

5

6.2

  その他の寸法  

6

6.3

  軸の円筒度  

6

6.4

  表面粗さ  

6

6.5

  ビッカース硬さ  

6

7

  品質管理  

6

7.1

  軸部形式  

6

7.2

  欠点  

6

附属書 A(参考)合格品質水準  

7

附属書 JA(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

8


T 5504-3

:2015

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,日本歯科材料工業協同組合(JDMA)及び一

般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,

日本工業標準調査会の審議を経て,厚生労働大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。厚生労働大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS T 5504

の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS T 5504-1

第 1 部:金属製

JIS T 5504-2

第 2 部:プラスチック製

JIS T 5504-3

第 3 部:セラミック製


日本工業規格

JIS

 T

5504-3

:2015

歯科用回転器具−軸−第 3 部:セラミック製

Dental rotary instruments-Shanks-Part 3: Shanks made of ceramics

序文 

この規格は,2013 年に第 1 版として発行された ISO 1797-3 を基とし,我が国の実態を反映させるため

技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。変更の一

覧表にその説明を付けて,

附属書 JA に示す。

適用範囲 

この規格は,歯科用回転器具のセラミック製の軸(以下,軸という。

)について規定する。

注記  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 1797-3:2013

,Dentistry−Shanks for rotary instruments−Part 3: Shanks made of ceramics(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は

ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS B 0633

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−表面性状評価の方式及び手順

注記  対応国際規格:ISO 4288,Geometrical Product Specifications(GPS)−Surface texture: Profile

method−Rules and procedures for the assessment of surface texture(IDT)

JIS B 0651

  製品の幾何特性仕様(GPS)−表面性状:輪郭曲線方式−触針式表面粗さ測定機の特性

注記  対応国際規格:ISO 3274,Geometrical Product Specifications(GPS)−Surface texture: Profile

method−Nominal characteristics of contact(stylus)instruments(IDT)

JIS T 5502

  歯科用回転器具−試験方法

注記  対応国際規格:ISO 8325,Dentistry−Test methods for rotary instruments(MOD)

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験−試験方法

注記  対応国際規格:ISO 6507-1,Metallic materials−Vickers hardness test−Part 1: Test method(MOD)

用語及び定義並びに記号 

3.1 

用語及び定義 

この規格で用いる主な用語及び定義は,次による。


2

T 5504-3

:2015

3.1.1 

軸(shank)

歯科用回転器具の一部分で,ストレートハンドピース,ギアードアングルハンドピース,技工用ハンド

ピース,エアタービンハンドピースなどのチャックに装着するもの。

3.2 

記号 

図 1∼図 に示す記号は,次による。

d

1

  :軸の直径(以下,軸径という。)

d

2

  :溝の直径

s

:軸の周縁から平たん部までの長さ

l

1

:装着部の長さ

l

2

:平たん面の長さ

l

3

:溝までの長さ

l

4

:溝の幅

l

5

:円すい(錐)形端部又は円形端部の長さ

δ

:軸の円筒度

種類 

軸は,直径及び形状によって,次の軸部形式(タイプ)に分類する。

−  軸部形式(タイプ)1:直径 2.35 mm で,溝及び平たん部をもつもの[アングルハンドピース用(CA

用)

−  軸部形式(タイプ)2:直径 2.35 mm で,円柱状のもの[ストレートハンドピース用(HP 用)

−  軸部形式(タイプ)3:直径 1.6 mm で,端部が円すい形又は円形の円柱状のもの[フリクショングリ

ップ用(FG 用)

−  軸部形式(タイプ)4:直径 3 mm で,円柱状のもの[ストレートハンドピース用(HP 用)

図 1−軸部形式 


3

T 5504-3

:2015

図 2−軸部形式 及び軸部形式 

図 3−軸部形式 

品質 

5.1 

材料 

軸の材料は,セラミック材料でなければならない。ただし,材料の種類及びその処理方法は,製造販売

業者の任意による。

5.2 

寸法 

寸法及び許容差は,6.1 及び 6.2 によって試験したとき,

図 4∼図 及び表 による。寸法はミリメート

ル(mm)で,表面粗さはマイクロメートル(μm)で示す。

軸部形式 1,軸部形式 2 及び軸部形式 4 の軸末端の形状は,平たん,円すい形又は半球形とする。軸部

形式 3 の軸末端の場合は,円すい形又は半球形とする。

軸末端の形状の選択は,製造販売業者の任意とする。

単位  mm

図 4−軸部形式 の寸法 


4

T 5504-3

:2015

単位  mm

図 5−軸部形式 の寸法 

単位  mm

図 6−軸部形式 の寸法 

単位  mm

図 7−軸部形式 の寸法 


5

T 5504-3

:2015

表 1−軸の装着部の長さ 

単位  mm

軸の種類

軸径

装着部の長さ l

1

  最小値

ミニチュア,

ショート

スタンダード,

ロング

エキストラロング

軸部形式 1

a)

2.35

11

12

軸部形式 2

2.35

15

30

30

軸部形式 3

1.6

 9

11

12

軸部形式 4

3

30

30

a)

  軸部形式 1 の軸が(例えば,表示又は作業部によって)太くなり始める箇所は,

l

1

=13.5 mm を超えた部分でなければならない。

5.3 

軸の円筒度 

軸の円筒度(δ

図 参照)は,6.3 によって試験したとき,軸径の許容差内でなければならない。

1  d

1

の最大径

2  d

1

の最小径

図 8−軸の円筒度 

軸の円筒度に対する要求事項は,軸の装着部(l

1

)に適用する。ただし,軸末端部は除く。

5.4 

表面粗さ 

表面粗さ(Ra)は,6.4 によって試験したとき,

図 4∼図 に示すように,次による。

a)

軸部形式 1,軸部形式 2 及び軸部形式 4:≦1 µm

b)

軸部形式 3:≦0.5 µm

5.5 

ビッカース硬さ 

ビッカース硬さは,6.5 によって試験したとき,1 400 HV0.5 以上でなければならない。

5.6 

表示 

表示する場合には,装着部(l

1

)以外に表示することが望ましい。

装着部(l

1

)の範囲内に表示する場合,表示部の外径は,軸径の最大値を超えてはならない。

表示は,製造販売業者が指定する消毒,洗浄,滅菌などの処理に耐えなければならない。

試験方法 

6.1 

軸径 

軸径(d

1

)は,0.001 mm の精度をもつ測定器具を用いて,JIS T 5502 によって測定する。測定器具は,


6

T 5504-3

:2015

定期的に校正したものを用いる。

軸径(d

1

)は,装着部(l

1

)全体にわたり測定する。

6.2 

その他の寸法 

その他の寸法測定は,0.001 mm の精度をもつ測定器具を用いて,JIS T 5502 によって測定する。測定器

具は,定期的に校正したものを用いる。

6.3 

軸の円筒度 

試験方法は,製造販売業者が指定する方法による。

6.4 

表面粗さ 

JIS B 0633

及び JIS B 0651 によって試験する。

6.5 

ビッカース硬さ 

ビッカース硬さは,JIS Z 2244 によって試験する。

品質管理 

7.1 

軸部形式 

品質管理のために,軸を箇条 によって分類する。

7.2 

欠点 

7.2.1 

重欠点 

重欠点は,

表 に示す。重欠点とは,回転器具の操作を妨げるものである。

7.2.2 

軽欠点 

軽欠点は,

表 に示されていない寸法で,規定値を外れたものである。その他,軽欠点には,回転器具

の品質を低下させる規定値を外れたもの全てが含まれる。

合格品質水準(AQL)は,

附属書 を参考にする。

表 2−重欠点 

単位  mm

軸の種類

d

1

d

2

l

3

l

4

軸部形式 1

>2.35

>1.45

<1.80

<0.85

>1.80

軸部形式 2

>2.35

軸部形式 3

>1.60 
<1.59

軸部形式 4

>3


7

T 5504-3

:2015

附属書 A

参考)

合格品質水準

合格品質水準(AQL)は,100 個当たりの欠点数で表示し,軸の種類別に

表 A.1 に示す値以下であるこ

とが望ましい。

表 A.1−合格品質水準 

軸の種類

AQL

重欠点

軽欠点

軸部形式 1

1

2.5

軸部形式 2

1

2.5

軸部形式 3

1

2.0

軸部形式 4

1

2.5

参考文献  JIS Z 9015-1:2006  計数値検査に対する抜取検査手順−第 1 部:ロットごとの検査に対する

AQL 指標型抜取検査方式

注記  対応国際規格:ISO 2859-1,Sampling procedures for inspection by attributes−Part 1:

Sampling schemes indexed by acceptance quality limit(AQL)for lot-by-lot inspection(IDT)


附属書 JA

参考)

JIS

と対応国際規格との対比表

JIS T 5504-3:2015

  歯科用回転器具−軸−第 3 部:セラミック製

ISO 1797-3:2013

,Dentistry−Shanks for rotary instruments−Part 3: Shanks made of

ceramics

(I)JIS の規定

(II) 
国際規格

番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条
ごとの評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差異
の理由及び今後の対策

箇条番号

及び題名

内容

箇条番号

内容

箇条ごと

の評価

技術的差異の内容

3  用語及び
定義並びに
記号

3.1  用語及び定義

3.1

用 語 及 び 定 義 に ISO 

1942

を引用

削除

ISO 1942

の引用を削除した。

ISO 1942

を参照したが,定義する用

語がなかった。

3.2  軸径

3.2

追加

“軸径”を追加した。

文中に“軸径”を用いているため。

4  種類

軸部形式など

4

追加

JIS

の規定に整合させた。

軸部形式については,以下同様。

JIS T 5504-1

に整合させ,一般的に

用いている軸部形式,対応する器具

名及び略称を用い,分かりやすくし

た。

5  品質

5.1  材料 
製造販売業者

5.1

製造業者

変更

製造販売業者に変更した。 
以下同様

薬事法による。

5.2 6.1 及び 6.2 に
よって試験したと

き(mm)

(μm)

5.2

追加

試験方法を明記した。

(mm)及び(μm)を追加した。

分かりやすくした。

5.6  表示 
軸径の最大値

5.6

有効径

変更

“軸径の最大値”に変更した。

有効径の解釈を誤解のないよう明

確にした。

6  試験方法

6.1  (d

1

6.1

追加

d

1

”を追加した。

分かりやすくした。

JIS

と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 1797-3:2013,MOD

8

T

 55

04
-3


2015


注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

    −  削除……………… 国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。

    −  追加……………… 国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。

    −  変更……………… 国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

    −  MOD……………  国際規格を修正している。

9

T

 55

04
-3


2015