>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 T

5408

-1989

歯科用骨やすり

Dental Bone Files

1.

適用範囲  この規格は,歯科用骨やすり(以下,やすりという。)について規定する。

2.

種類  やすりの種類は,その形状によって,次のとおりとする。

(1)

刃部は,

図 に示す直形,左形,右形,平形及びつくし形の 5 種類とする。

(2)

柄部は,

図 に示す輪状柄形及び張柄形の 2 種類とする。

なお,やすりは

図 の刃部と図 の柄部とを自由に組み合わせたものとする。

図 1  刃部

                                                        

引用規格:3 ページに示す。


2

T 5408-1989

図 2  柄部

3.

品質

3.1

外観  やすりの刃面以外の部分は,色合い及び光沢が良好であって(滑り止めのための白つや出し

はこの限りでない。

,きず,さび,まくれ,その他有害な欠点がなく,仕上げが良好なものでなければな

らない。

また,刃面のやすり目は,均等に刻まれていなければならない。

3.2

硬さ  刃面の硬さは,6.2 の試験方法によって試験を行ったとき,炭素工具鋼では HRC58 以上又は

HV654

以上,ステンレス鋼では HRC50 以上又は HV513 以上でなければならない。

3.3

切削性能  6.3 の試験方法によって試験を行ったとき,JIS K 6718(メタクリル樹脂板)に規定する

メタクリル樹脂板の切削が容易であり,切削後のやすり目に摩滅又はまくれがあってはならない。

3.4

めっき  刃部のめっきは,JIS H 8617(ニッケル及びニッケル−クロムめっき)に規定された鉄鋼素

地上のめっき MFNi III 以上又は MFCr III 以上とし,柄部のめっきは,JIS H 8617 に規定された銅及び銅合

金素地上のめっき MBNi I 以上又は MBCr I 以上でなければならない。

4.

寸法  やすりの全長は 165±10mm とし,刃部は図 1,柄部は図 に示すとおりとする。

5.

材料及び加工方法  やすりの材料及び加工方法は,次による。

(1)

刃部の材料には,JIS G 4401(炭素工具鋼鋼材)に規定する SK1∼SK5 又は JIS G 4303(ステンレス

鋼棒)に規定する SUS 420 J2,SUS 420 F,SUS 431,SUS 440 A,SUS 440 B,SUS 440 C 若しくは SUS

440 F

を用い,輪状柄形の材料には,JIS H 5101(黄銅鋳物)に規定する YBsC 1∼YBsC 3,張柄形の

材料には,JIS H 3100(銅及び銅合金の板及び条)に規定する C 2801 P を用いる。

(2)

やすりは,刃部と柄部をろう付けによって接合するものとする。

(3)

やすりには,3.4 に規定するめっきを施すものとする。

6.

試験


3

T 5408-1989

6.1

外観試験  3.1 の外観について目視によって調べる。

6.2

硬さ試験  刃面に対して JIS Z 2245(ロックウェル硬さ試験方法)又は JIS Z 2244(ビッカース硬さ

試験方法)に規定する方法によって試験を行う。試験片は同種材料のものを,やすりと同条件で熱処理し

たものとする。

6.3

切削試験  JIS K 6718 に規定するメタクリル樹脂板をやすりで切削する。

また,切削後のやすりの目について摩滅又はまくれの有無を調べる。

6.4

めっき試験  刃部及び柄部については,JIS H 8617 の 5.3 及び 5.4 に規定された方法によって行う。

7.

製品の呼び方  製品の呼び方は,名称及び種類による。

例  歯科用骨やすり    直形    輪状柄形

8.

表示  やすりには,製造業者名若しくはその略号又は商標を表示しなければならない。

引用規格:

JIS G 4303

  ステンレス鋼棒

JIS G 4401

  炭素工具鋼鋼材

JIS H 3110

  銅及び銅合金の板及び条

JIS H 5101

  黄銅鋳物

JIS H 8617

  ニッケル及びニッケル−クロムめっき

JIS K 6718

  メタクリル樹脂板

JIS Z 2244

  ビッカース硬さ試験方法

JIS Z 2245

  ロックウェル硬さ試験方法


4

T 5408-1989

医療安全用具部会  歯科器械専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

野  本      直

東京医科歯科大学歯学部

大  橋  正  敬

日本大学歯学部

平  澤      忠

鶴見大学歯学部

淺  井  康  宏

東京歯科大学

加  藤  吉  昭

日本大学松戸歯学部

菊  池      進

日本歯科大学

鈴  木  紀  男

工業技術院標準部

渡  辺      徹

厚生省薬務局

梅  田  昭  夫

日本歯科医師会

岡      英  男

日本歯科医師会

太  田  喜一郎

日本歯科医師会

杉  山      勉

日本歯科医師会

吉  田  隆  一

日本歯科医師会

庵  原  靖  之

日本歯科医師会

堀  部  俊  郎

ピヤス合資会社

菅  谷  昭  正

株式会社吉田製作所

石  谷      薫

株式会社山浦製作所

中  村  信  一

中村デンタル株式会社

伊  藤  与士郎

株式会社デンテック

大  谷  哲  三

日本歯科器械工業協同組合

(事務局)

柾  谷  栄  吾

工業技術院標準部電気規格裸

米  山  弘  光

工業技術院標準部電気規格課