>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

T

 54
06 :

2000

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS T 5406 : 2000

  歯科用スケーラ

ISO 13397-1 : 1995

  歯周用キュレット,歯科用スケーラ及びエキスカベータ−

第 1 部:一般的要求事項

ISO 13397-3 : 1996

  歯周用キュレット,歯科用スケーラ及びエキスカベータ−

第 3 部:歯科用スケーラ H 型

(I)  JIS

の規定

(II)

国 際 規
格番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容

表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

項目番号

内容

項目番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

3.

形状,種

類,寸法及
び角度

・スケーラの形状

・スケーラの種類 
・スケーラの寸法及び角度

ISO 

13397-1 

ISO 

13397-3 

6.6 

デザインと寸法につい

て規定

JIS

では我が国で一般的

に使用されているスケ
ーラ 7 種類が追加され
ている。

ISO

規格に盛り込まれたスケーラは,我

が国ではほとんど使用されていないの
で,我が国独自のスケーラを追加してあ
る。

 a)

寸法のはかり方

JIS

では測定部位に関す

る“寸法測定点”を明示

した。

ISO

規格では datum point(基準点)の内

容が不明確なため,図を用いて寸法測定

点を示した。

ISO 

13397-1 

6 JIS

に同じ。

4.

品質

・外観

ISO 13402

6.1 

ISO ではスケーラの硬

さを 2 つに分類してい
る。

・歯科用スケーラの目的及び用途を考慮

すると,クラス 2 の硬さでは不十分な
ため,クラス 1 の内容だけ規定に盛り
込んだ。

・作業部のビッカース硬さ   6.2 

ク ラ ス 1 : 600HVl ∼

700HVl

ク ラ ス 2 : 550HVl ∼

620HVl

・耐食性及び耐熱性

6.3 

6.4 

JIS では,6.4 熱露出に

対 す る 耐 性 の 規 定 を

選 択 で き る よ う に し
た。

・我が国では熱露出に対する耐性規定に

対応する 7.4 の乾熱滅菌器による熱試

験が一般的に行われていない滅菌法の
ため,採用する試験法については選択
できるようにした。

・作業部と柄部との結合強さ

6.5 


 

2

T

 54
06 :

2000

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

(I)  JIS

の規定

(II)

国 際 規

格番号

(III)

国際規格の規定

(IV) JIS

と国際規格との技術的差異の

項目ごとの評価及びその内容 
表示箇所:本体 
表示方法:点線の下線

(V)  JIS

と国際規格との技術的差異の理由及

び今後の対策

項目番号

内容

項目番号

内容

項目ごとの

評価

技術的差異の内容

5.

材料

スケーラ作業部の材料

ISO 

13397-1 

5 JIS

に同じ。

 5.1 

5.2 

ただし,柄部の材料が規
定されている。

ISO の内容を JIS の表

現に統一した。

・柄部の材料規定は削除

した。

・表現は異なるが,内容的には同一であ

る。

・柄部の材料については,新素材の採用

などを考慮し,規格に盛ることを見送
った。

・ビッカース硬さ試験

ISO 

13397-1 

7.1 

6.

試験

・耐食性及び耐熱性試験 
・結合強さ試験

ISO 13402

7.2 

7.3 

7.4 

7.5 

JIS

に同じ。

ただし,オートクレーブ
の蒸気温度などが異な
る。

上記 4.品質の内容に対

応して選択できるよう
にした。

上記 4.品質の内容に同じ。

備考  対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。

“−”

:該当項目がない場合。