>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

T

 12
01-2 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS T 1201-2

  オージオメータ−第 2 部:語音聴覚

検査に用いられる機器

IEC 60645-2 : 1993

  Audiometers Part 2 : Equipment for speech audiometry(オージオメータ−第 2 部:語音聴覚検査に用いられる機

器)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

(2)

引用規格

○  JIS C 1505 

JIS T 1201-1 

IEC 60268-7 

IEC 60268-17 

IEC 61260 

ISO 266

= IEC 60651 

IEC 60645-1

この規格で引用している部
分に関して,国際規格と同等

な JIS があるものについて
は,JIS を引用規格にした。

(3)

定義

○  語音聴覚検査用の機器(語音

オージオメータ) 
語音信号 
語音聴力レベル

語音レベル 
語音了解域値レベル 
基準語音了解域値レベル

イヤホンのカプラ感度及び
カプラ感度レベル 
イヤホンの自由音場感度及

び自由音場感度レベル 
自由音場等価イヤホン出力
レベル

自由音場等価骨導出力レベ
ル 
語音に対する実効マスキン

グレベル

(4)

一 般 的 な 要
求事項


 

2

T

 12
01-2 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(5)

オ ー ジ オ メ
ー タ の タ イ
プ 別 の 最 小

限 の 要 求 事

(6)

語 音 オ ー ジ
オ メ ー タ の
仕様,検査及

び 校 正 の た
め の 基 準 条

○  自由音場等価イヤホン出力

レベル 
無補正のイヤホン出力レベ

ル 
スピーカ出力レベル 
自由音場等価骨導受話器出

力レベル 
無補正の骨導受話器出力レ
ベル

校正信号

(7)

信 号 レ ベ ル
表示器

(8)

語 音 信 号 の
出 力 レ ベ ル

調整

≠ 検査に使用する語音の基準

とする音圧レベルについて,

原国際規格では 20dB と規定
されているが,本邦では言語
や共通に用いられている語

音検査素材の特性から,これ
を 14dB とすることが定着
し,関連する学会の指針に示

されているので,それを規定
することとした。

この変更は日本語の特質に
適応するためのものなので,

国際貿易における不必要な
障害といえない。

TBT

協定例外事項(言語と

いう地理的な基本要因)


 

3

T

 12
01-2 :

 20
00
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(9)

出 力 音 圧 レ
ベ ル と 振 動
の 力 の レ ベ

≠ (8)と同じ主旨の一部変更 (8)と同じ

(10)

周波数応答

○  語音オージオメータの全周

波数応答 
マイクロホン入力の周波数
応答

(11)

高 調 波 ひ ず

○  イヤホン出カ

スピーカ出力 
骨導受話器出力

(12)

信 号 − 雑 音

(13)

マ ス キ ン グ

≠ (8)と同じ主旨の一部変更 (8)と同じ

(14)

モ ニ タ ー イ
ヤ ホ ン 又 は
スピーカ

(15)

音 声 応 答 装

(16)

断 続 ス イ ッ

(17)

表 示 及 び 取

扱説明書

○  表示

取扱説明書


 

4

T

 12
01-2 :

 20
00
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(18)

附属書 1(参

考)広く用いられ
ている特定の形

式のイヤホンに
対する自由音場
等価出力の補正

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。

“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“≠”

JIS は,国際規格と技術的内容が同等でない。ただし“ADP”に該当する場合を除く。