>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 1022

:2007

(1) 

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 2 項の規定に基づき,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正したもので,これによって,JIS T 1022:2006 は改正され,一部が置

き換えられた。


日本工業規格

JIS

 T

1022

:2007

病院電気設備の安全基準

(追補1)

Safety requirements of electrical installations for medically used rooms

in hospitals and clinics

(Amendment 1)

JIS T 1022:2006

を,次のように改正する。

箇条 8.(医用室の電源回路)の c) 3)の“また,分岐回路の過電流遮断器が動作する状態になったとき,こ

れを警報する電流監視装置を設ける。

”を,削除する。

箇条 8.(医用室の電源回路)の c)に次の項目を追加する。

4)

電源の遮断が医療に重大な支障をきたすおそれがある医用電気機器の分岐回路には,電流遮断器が

動作する状態になったとき,これを警報する電流監視装置を設ける。