>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

T 0111-6 : 1997

(ISO 10328-6 : 1996)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

JIS T 0111

は,共通タイトル“義肢−義足の構造強度試験”を付けて,次の 8 部構成である。

第 1 部  試験負荷原理

第 2 部  試験試料

第 3 部  主要構造強度試験方法

第 4 部  主要構造強度試験の試験負荷パラメータ

第 5 部  その他の構造強度試験方法

第 6 部  その他の構造強度試験の試験負荷パラメータ

第 7 部  試験依頼書

第 8 部  試験報告書


日本工業規格

JIS

 T 0111-6

: 1997

(ISO 10328-6

: 1996

義肢−義足の構造強度試験

第 6 部  その他の構造強度

試験の試験負荷パラメータ

Prosthetics

−Structural testing of lower-limb prostheses

−Part 6 : Loading parameters of supplementary structural tests

序文  この規格は,1996 年に第 1 版として発行された ISO 10328-6, Prosthetics−Structural testing of

lower-limb prostheses

−Part 6 : Loading parameters of supplementary structural tests を翻訳し,技術的内容及び規

格票の様式を変更することなく作成した日本工業規格である。

1.

適用範囲  この規格は,一つの例外を除いて,単一の試験荷重によって複合負荷を得る単純化した静

的及び繰返し負荷試験について規定する。試験試料に生じる複合負荷は,歩行の立脚相中に生じる二つの

ピーク負荷にそれぞれ関連づけられるものである。

この規格は下たい(腿)義足,ひざ(膝)離断義足,大たい(腿)義足に適用する。

備考  この試験方法は,完全組立品,部分組立品又は部品の試験に適用する。

JIS T 0111

のこの

第 

*

では,

第 部で定義する種々の試験負荷レベルに対して,第 部で規定するそ

の他の構造強度試験方法について規定する。

−  試験試料の取付けや荷重負荷を生じさせるためのオフセットの値

−  静的及び繰返し試験時に作用する力やモーメントの値

*

JIS T 0111

の各規格で

第 部,第 部,…,第 部とある場合は,それぞれ JIS T 0111-1JIS T 

0111-2

,…,JIS T 0111-8 を示す。

2.

引用規格  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS T 0111-3 : 1997

  義肢−義足の構造強度試験  第 3 部  主要構造強度試験方法

備考  ISO 10328-3 : 1996, Prosthetics−Structural testing of lower-limb prostheses−Part 3 : Principal

structural tests

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS T 0111-5 : 1997

  義肢−義足の構造強度試験  第 5 部  その他の構造強度試験方法

備考  ISO 10328-5 : 1996, Prosthetics − Structural testing of lower-limb prostheses − Part 5 :

Supplementary structural tests

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

3.

一般的要求事項


2

T 0111-6 : 1997

(ISO 10328-6 : 1996)

3.1

試験負荷レベル  義足を使用する成人や小児の切断者の特性の差に対応して,異なった系列の試験

負荷レベルを規定する。

表 に示す試験負荷荷重の A 系列は成人用の義足に適用する。個々の試験負荷レベルの詳細は JIS T 

0111-6

の 4.で規定する。

表 1  成人の荷重レベルの表示

荷重レベル A100

A80

A60

3.2

試験荷重とモーメント  この規格の適用を容易にするために,JIS T 0111-5 で規定するその他の構造

強度試験に関係する試験荷重とモーメントを以下の

表 から表 に示す。

表 2  ねじり試験の試験モーメント

参照する項と表

試験モーメント

JIS T 0111-5

の項

初期ねじりモーメント    M

ustab

=1 Nm

4.3.4

4.3.6

表 6

予備ねじりモーメント    M

uset

4.3.3

表 6

最大ねじりモーメント    M

umax

4.3.6

表 6

表 3  足部・足継手部の試験荷重

参照する項と表

試験荷重

JIS T 0111-5

の項

かかと(踵)部への静的許容試験荷重

 

F

1SP

=1.75×F

1c

5.4.1.3 

5.4.1.4 

5.4.3.7

表 8

前足部への静的許容試験荷重

F

2sp

=1.75×F

2c

5.4.1.6 

5.4.1.7 

5.4.3.7

表 8

かかと(踵)部への静的破壊試験荷重

延性破壊時  F

1su

=1.5×F

1sp

ぜい(脆)性破壊時  F

1su

=2.0×F

1sP

5.4.2.4 

5.4.2.3 

5.4.2.4

表 8

前足部への静的破壊試験荷重

延性破壊時  F

2su

=1.5×F

2sp

ぜい(脆)性破壊時  F

2su

=2.0×F

2sP

5.4.2.7 

5.4.2.6 

5.4.2.7

表 8

初期試験荷重

F

min

=50N

5.4.3.3

表 8

かかと(踵)部への繰返し荷重  F

1c

5.4.3.3 

5.4.3.4

表 8

前足部への繰返し荷重

F

2c

5.4.3.3 

5.4.3.4

表 8

かかと(踵)部への最大繰返し荷重  F

1max

5.4.3.3

表 8

前足部への最大繰返し荷重

F

2max

5.4.3.3

表 8

表 4  ひざ(膝)最大屈曲止めの試験荷重

参照する項と表

試験荷重

JIS T 0111-5

の項

静的試験荷重

F

sp

6.3.2

表 9


3

T 0111-6 : 1997

(ISO 10328-6 : 1996)

表 5  ひざ(膝)ロック機構の試験荷重

参照する項と表

試験荷重

JIS T 0111-5

の項

初期試験荷重

F

stab

=50N

7.3.4

7.3.7 

7.3.8 

7.4.4

予備試験荷重

F

set

=0.8×F

c

7.3.3 

7.4.3 

7.5.1.4

静的許容試験荷重

F

sp

=1.75×F

c

7.3.6 

7.5.1.14

表 11

静的破壊試験荷重

F

su

=2.0×F

sp

7.4.7 

7.4.8

表 11

初期試験荷重

F

min

=50N

7.5.1.5 

7.5.1.8

繰返し荷重

F

c

7.3.3 

7.4.3 

7.5.1.4 

7.5.1.9 

7.5.1.10

表 11

最大繰返し荷重

F

max

7.5.1.7

表 11

4.

試験負荷レベル A100, A80, A60 の詳細  表 から表 11 は成人用義足の試験負荷レベルの詳細である。

表 6  すべての試験負荷レベルのねじりモーメント(JIS T 0111-5 の 4.参照)

単位 Nm

静的許容試験荷重

予備モーメント M

uset

初期モーメント M

ustab

ねじりモーメント M

u

3 1 35

表 7  すべての試験負荷レベルでの足部・足継手部への負荷方向 

JIS T 0111-5 の 5.参照)

角度

θ

uf1

θ

fu1

 15

°

θ

uf2

θ

fu2

 20

°

θ

f0

  7

°


4

T 0111-6 : 1997

(ISO 10328-6 : 1996)

表 8  すべての試験負荷レベルでの足部・足継手部への試験荷重(JIS T 0111-5 の 5.参照)

静的許容
試験

静的破壊試験

繰返し試験

繰返し試験荷重 [N]

静的破壊試験荷重

F

su

 [N]

試験 
負荷

レベル

作用モード

静的許容
試験荷重

F

sp

 [N]

延性

ぜい(脆)性

F

c

F

1

F

max

F

min

F

c

 

繰返し

回数

かかと荷重  [F

1

]

2 240

3 360

4 480

1 280

1 330

2

×10

6

A100

前足部荷重  [F

2

]

2 240

3 360

4 480

1 280

1 330

2

×10

6

かかと荷重  [F

1

]

2 065

3 098

4 130

1 180

1 230

2

×10

6

A80

前足部荷重  [F

2

]

2 065

3 098

4 130

1 180

1 230

2

×10

6

かかと荷重  [F

1

]

1 610

2 415

3 220

  920

  970

2

×10

6

A60

前足部荷重  [F

2

]

1 610

2 415

3 220

  920

  970

2

×10

6

表 9  すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)最大屈曲止めに関する負荷値 

JIS T 0111-5 の 6.参照)

仮想レバーアーム

[mm]

静的許容試験荷重 F

sp

[N]

400 1

750

表 10  すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)ロック機構の試験のオフセット 

JIS T 0111-5 の 7.参照)

オフセット

基準平面

方向

[mm]

f

K

−50

ひざ継手

o

K

 0

f

A

−50

足継手

o

A

 0

表 11  すべての試験負荷レベルでのひざ(膝)ロック機構の試験の荷重(JIS T 0111-5 の 7.参照)

静的許容試験

静的破壊試験

繰返し試験

繰返し試験荷重

静的許容試験荷重

F

sp

 [N]

静的最大試験荷重

F

su

 [N]

F

c

 [N]

F

max

F

min

F

c

 [N]

繰返し 
回数

1 750

3 500

1 000

1 050

1

×10

6


5

T 0111-6 : 1997

(ISO 10328-6 : 1996)

JIS T 0111

義足構造強度試験方法通則  構成表

氏名

所属

(委員長)

中  川  昭  夫

兵庫県立福祉のまちづくり工学研究所

相  川  孝  訓

国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所

秋  山  昌  英

株式会社小原工業

田  澤  泰  弘

社団法人日本義肢協会

久  保      茂

東京都補装具研究所

高  橋  一  史

株式会社啓愛義肢材料販売所

西  岡  研  一

株式会社今仙技術研究所

別  当  有  光

株式会社高崎義肢

森  本  正  治

労災リハビリテーション工学センター

後  藤  芳  一

通商産業省機械情報産業局

冨  岡      悟

厚生省社会・援護局

朝  倉  健太郎

東京大学工学部付属総合試験場

藤  井  隆  宏

通商産業省工業技術院標準部

因      幸二郎

財団法人日本規格協会

(事務局)

宮  地  壽  男

社団法人日本リハビリテーション医学会