>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 S

6041

-1982

事務用あなあけ器

Paper Punches

1.

適用範囲  この規格は,主として,事務所,学校などで帳票類をとじる場合,あなあけを行うための

2

けつ固定式事務用あなあけ器(以下,パンチという。

)について規定する。ただし,奥行調整付,電動式

及び横位置ゲージ付のものは除く。

引用規格: 

JIS G 3141

  冷間圧延鋼板及び鋼帯

JIS G 4051

  機械構造用炭素鋼鋼材

JIS G 5501

  ねずみ鋳鉄品

JIS H 8617

  ニッケル及びニッケル−クロムめっき

JIS K 5400

  塗料一般試験方法

2.

種類  パンチの種類は,挿入口寸法によって,表 のとおり区分する。

表 1

種  類

挿入口寸法 mm

新聞紙のあなあけ標準枚数

P

− 8

0.7

∼1.2

8

P

−15 1.3∼2.2 15

P

−25 2.3∼3.4 25

P

−35 3.5 以上 35

備考  挿入口寸法とは,抜けあな部分のベースの最高部とフレ

ームとの距離である。

3.

材料  パンチの主な材料は,JIS G 3141(冷間圧延鋼板及び鋼帯)に規定する 1 種 (SPCC) , JIS G 5501

(ねずみ鋳鉄品)に規定するねずみ鋳鉄品 3 種 (FC20) 又はこれらと同等以上の品質のものを使用する。

刃の材料は,JIS G 4051(機械構造用炭素鋼鋼材)の S45C 又はこれと同等以上の品質のものを使用する。

4.

構造,形状及び寸法  パンチの構造,形状及び寸法は,次のとおりとする。図 は一例を示したもの

である。


2

S 6041-1982

図 1(図は一例を示す。)

(1)

作動ハンドル,フレーム及びベースは,それぞれ連結され,円滑に反復作動ができること。

(2)

紙の挿入が容易であること。

(3)

ベースには抜きあながあり,容易にあながあく構造であること。

(4)

作動ばね,作動ピン,支点ピンは,パンチの性能を満足する剛性をもっていること。

(5)

受底はベースに対し,着脱が容易ではめあいがよく,抜けかす詰まりを起こさない構造であること。

(6)

抜きあなピッチの寸法は,80±0.5mm であること。

(7)

抜きあな径は,6±0.5mm であること。

(8)

奥行は,12±1.0mm であること。

(9)

フレームとベースの連結部にすき間がないこと。

(10)

抜きあなピッチの中心を示す表示があること。

5.

品質  パンチの品質は,次の各項目に適合しなければならない。

(1)

パンチの性能は,6.に規定された試験方法によって試験し,

表 の規定に適合しなければならない。


3

S 6041-1982

表 2

項  目

性  能

試験方法

さび止め耐食性

直径 2mm 以上のはん点が現れず,かつ,はん点数は

12

点未満であること。

6.1

塗膜の鉛筆引っかき抵抗性

塗膜の鉛筆引っかき値が鉛筆の硬度で H 以上である

こと。

6.2

切れ味性

良好に打ち抜かれること。

6.3

耐久性

機構部の変化がないこと。

6.4

衝撃性

作動に著しい変化がないこと。

6.5

(2)

各部品の取付けは,適正かつ確実であり,外観を損じたり,傷害を与えたりするようなばり,きずが

ないこと。

(3)

ステンレス鋼及び耐酸合金以外の金属を使用しているものは,ニッケルめっき又は塗膜でさび止め処

理を施していること。

6.

試験方法

6.1

さび止め耐食性試験  JIS H 8617(ニッケル及びニッケル−クロムめっき)の附属書 に規定する試

験方法による。ただし,試験紙の面積は 1cm

2

とする。

6.2

塗膜の鉛筆引っかき抵抗性試験  塗膜面を JIS K 5400(塗料一般試験方法)の 6.14 によって試験し,

塗膜の鉛筆引っかき抵抗性を調べる。ただし,試験機を用いることができない場合は,

図 に示す方法に

よってもよい。

図 2

6.3

切れ味性試験  新聞紙 1 枚を通常の使用状態で 5 回打ち抜く。

6.4

耐久性試験  挿入口に表 の新聞紙のあなあけ標準枚数を入れて通常の使用状態で 3 000 回打ち抜く。

3 000

回終了後 6.3 の試験を行う。

6.5

衝撃性試験  厚さ 30mm の杉板上に高さ 70cm のところから試料のベースを床面と平行に保ち,1 回

落下させる。

7.

検査  パンチの検査は,4.及び 5.の規定に適合するかどうかを検査する。ただし,検査は合理的な抜

取検査で行ってもよい。

8.

表示  パンチには,次の事項を表示する。

(1)

種類

(2)

製造業者名又はその略号


4

S 6041-1982

日用品部会  事務用具専門委員会  構成表

氏名

所属

(委員会長)

斉  藤  一  朗

工業技術院製品科学研究所

山  浦  紘  一

通商産業省生活産業局

池  田  慶  一

郵政省大臣官房資材部

田  村  尹  行

工業技術院標準部

吉  満  行  孝

通商産業省工業品検査所

松  野      豊

財団法人日本文具検査協会

北  沢  久  夫

マックス株式会社

安  田  康  夫

プラス工業株式会社

田  中  弘  行

福井工業株式会社

森          誠

カール事務器株式会社

小笠原      馨

オープン工業株式会社

藤  原  利  幸

コクヨ株式会社

甲  斐  麗  子

主婦連合会

飛  田  恵理子

全国地域婦人団体連絡協議会

岡  本      巖

社団法人用度需要者協会

石  井      満

財団法人日本消費者協会

斎  藤  有  常

日本百貨店協会

染  谷      昇

日本チェーンストア協会

小  宮  善  二

東京文具卸商業協同組合

若  本  利太郎

東京紙文具小売団体連合会

(事務局)

山  田  隆  三

工業技術院標準部繊維化学規格課

内  田  富  雄

工業技術院標準部繊維化学規格課