>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 S

3016

-1995

歯ブラシ

Tooth brushes

1.

適用範囲  この規格は,日常生活で用いる,植毛された歯ブラシ(以下,歯ブラシという。)について

規定する。

ただし,電動式のもの及び一時的に使用するものは除く。

備考1.  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS B 7503

  ダイヤルゲージ

JIS B 7721

  引張試験機

JIS B 7733

  圧縮試験機

JIS Z 8401

  数値の丸め方

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 8627 : 1987

  Dentistry−Stiffness of the tufted area of tooth-brushes

2.

用語の定義  この規格で用いる主な用語の定義は,次のとおりとする。

(1)

植毛  柄にあけられた穴に,ブラシ毛を植え込む作業。

(2)

毛止め  植毛の際,穴の中に毛を折り曲げて入れ,金属線などで押さえ,毛の脱落を防止する加工。

(3)

ばり  プレス又は成形の際に,縁部に生じる薄く不規則な出っぱり。

(4)

柄  植毛部を含む全体(図 参照)。

(5)

毛の長さ  柄との接点から毛先端までの長さ(図 参照)。

図 1  歯ブラシの全体図

(6)

植毛面積  植毛穴の外側を直線で結んだ部分の面積(図 参照)。

図 2  植毛面積


2

S 3016-1995

3.

品質  歯ブラシの品質は,次の項目に適合しなければならない。

(1)

柄の表面に,ばり,き裂,汚れ,きず,その他外観を損なうような欠点がないこと。

(2)

柄の表面の刻印,スタンプ,転写などによる表示や模様などは鮮明で,容易に変色したり,はく離し

たりしないこと。

(3)

保健衛生上有害でなく,歯肉を傷つけるおそれがないこと。

備考  消毒は,少なくとも殺菌灯によって行うこと。

(4)

毛止めは完全で,毛止め強度は,5.1 によって試験したとき,最大引張力が 8 N 以上であること。

(5)

植毛量は,植毛穴の径に対して適正であり,毛止め,毛刈り及び仕上げが良好であること。

(6)

汚れ毛及び異物が混入していないこと。

(7)

柄及び毛の耐熱性は,5.2 によって試験したとき,異常がないこと。

(8)

歯ブラシの毛の硬さは,5.3 によって試験したとき,

表 に適合すること。

表 1  毛の硬さ

単位 N/cm

2

項目

毛の硬さ

かため 75 以上

ふつう 50∼85

やわらかめ

60

以下

4.

材料

4.1

ブラシ毛  ブラシ毛は,次のとおりとする。

(1)

天然毛は,適度の弾力があり,外観上目立つ欠点がないこと。

(2)

合成繊維フィラメント糸は,食品衛生法(昭和 22 年法律第 233 号)に基づく食品,添加物等の規格基

準に適合し,さらに,80±2  ℃の温水中に 1 分間浸したとき,毛の長さに異常がないこと。

また,5.4 によって試験したとき,屈曲回復率が 45 %以上のものであること。

4.2

柄  柄にプラスチックを用いたものは,食品衛生法(昭和 22 年法律第 233 号)に基づく食品,添加

物等の規格基準に適合しなければならない。

4.3

毛止め材料  毛止め材に金属線を用いたものは,黄銅,アルミニウム,その他使用上支障がないも

のを用いなければならない。

5.

試験方法

5.1

毛止め強度  毛止め強度の試験は,歯ブラシの任意の 2 株を選定し,JIS B 7721 に規定する精度が

ある引張試験機によって,それぞれの株を 20 mm/min の速度で引っ張り,最大引張力を測定する。

5.2

耐熱温度  耐熱温度の試験は,表示された温度±2  ℃の温水中に 3 分間浸した後,柄及び毛の異常

の有無を調べる。

5.3

毛の硬さ  毛の硬さの試験は,次のとおり行う。ただし,試験は,任意の 3 個の試料について行い,

その平均値で表す。

(1)

試料は,歯ブラシの毛の長さを 7.00±0.15 mm に水平に切りそろえたものとする。ただし,毛の長さ

が 7.0 mm に満たない歯ブラシは,同一の方法で製造された毛の長さが 7.00±0.15 mm のものを試料と

する。


3

S 3016-1995

(2)

次のいずれかの方法によって毛の硬さを求める。

(2.1)

ダイヤルゲージを用いる方法

(a)

図 のように,切断面が水平になるようにして試料を試験機(

1

)

に固定する。ただし,試験に用いる

ダイヤルゲージは,JIS B 7503 に規定する 0.01−10 とする。

図 3  毛の硬さ試験

(

1

)

試験機は,あらかじめ加える力とダイヤルゲージの読みとの関係を求め,換算係数を求めておくこと。

また,この試験機は,±3%の精度がなくてはならない。

(b)

ダイヤルゲージを 0 点に合わせて,

図 のように,試料に対して押し具を 10 mm/min の速度で荷重

を加える。

(c)

押し付けられた板ばねが戻ったときのダイヤルゲージの目盛を 0.01 mm まで読み取る。

(d)

次の式によって毛の硬さを算出し,JIS Z 8401 によって整数に丸める。

B

F

H

=

ここに,  H:  毛の硬さ (N/cm

2

)

F

:  目盛の読みの換算値 (N)

B

:  植毛面積 (cm

2

)

(2.2)

圧縮試験機を用いる方法  図 に示す固定具に試料を設置し,これを JIS B 7733 に規定する圧縮試

験機に固定し,10 mm/min の速度で荷重を加え,荷重の最大値を求め,次の式によって毛の硬さを

算出し,JIS Z 8401 によって整数に丸める。

B

P

H

=

ここに,  H:  毛の硬さ (N/cm

2

)

P

:  荷重の最大値 (N)

B

:  植毛面積 (cm

2

)

備考  圧縮試験機は,平成 11 年 9 月 30 日までは荷重が従来単位によって表示されたものを用いても

よい。この場合,荷重は,1 kgf=9.806 65 N の換算率で SI 単位に換算する。

5.4

毛の屈曲回復率試験  毛の屈曲回復率試験は,次のとおり行う。

(1)  2

本の合成繊維フィラメント糸で

図 のように交差する輪を作り,60±2  ℃に調節した温水中に浸し

て,合成繊維フィラメント糸の断面積 (mm

2

)

当たり 2 kg のおもりを 3 分間掛ける。

(2)

おもりを外した後,温水から取り出して,屈曲点から 30 mm の位置で切断する。

(3)

ろ紙などで水分を取り除いた後,温度 23±5  ℃,湿度

( )

20

10

50

+

  %

の雰囲気中でガラス面上に

60

分間

放置した後,

図 に示す開き角度を測定し,次の式によって屈曲回復率を算出する。


4

S 3016-1995

100

180

×

=

θ

A

ここに,

A

屈曲回復率 (%)

θ

開き角度  (゚)

図 4  毛の屈曲回復率試験

6.

検査方法  歯ブラシは,3.について検査を行う。この場合,検査は,全数検査又は合理的な抜取検査

方式によって行う。

7.

表示  歯ブラシには,最小販売単位ごとに,次の事項を表示しなければならない。ただし,(1)は,(2)

によって表示される場合,省略してもよい。

(1)

製造業者名又はその略号

(2)

家庭用品品質表示法に基づく表示

参考  家庭用品品質表示法に基づく表示は,次のとおりである。

(1)

柄の材質

(2)

毛の材質

(3)

毛の硬さ

(4)

耐熱温度

(5)

表示した者の氏名,名称若しくは商標及び住所又は承認番号


5

S 3016-1995

改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

斉  藤  一  朗

工業技術院生命工学工業技術研究所

(委員)

高  松      明

通商産業省生活産業局日用品課

川  嶋  信  之

通商産業省産業政策局消費者用製品指導室

倉      剛  進

工業技術院標準部繊維化学規格課

紙  川      明

通商産業省通商産業検査所

塚  野      隆

財団法人高分子素材センター

岩  下  好  恵

全国地域婦人団体連絡協議会

甲  斐  麗  子

主婦連合会

斉  藤  有  常

日本百貨店協会

関  澤  七  重

財団法人日本消費者協会

前  島  明  宏

日本チェーンストア協会

武  者  良  憲

財団法人歯科衛生研究所

久  保  裕  司

全日本ブラシ工業協同組合

稲  田  真  一

全日本ブラシ工業協同組合

乾      正  義

全日本ブラシ工業協同組合

岩  井  達  明

サンスター株式会社

金  子  憲  司

ライオン株式会社

(事務局)

東  都  幸  夫

全日本ブラシ工業協同組合