>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

S 2145

:2009

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS S 2145:2006 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 S

2145

:2009

ガス用金属フレキシブルホース

追補 2)

Metallic flexible hoses for gas

(Amendment 2)

JIS S 2145

:2006 を,次のように改正する。

1.

(適用範囲)の

備考 2.の全文を削除し,更に本体の{  }で示した従来単位による併記をすべて削除する。

表 3(接続金具の種類)の種類の欄にある“ホースエンド接続金具”を“ゴム管口接続金具”に置き換え,

その備考の欄の“ホースエンドに接続するもの”を,

“ゴム管口に接続するもの”に置き換える。

表 4(性能)にある“ホースエンド”を,すべて“ゴム管口”に置き換える。

表 7(ホースの長さ及び長さの許容差)の備考 2.の“ホースエンド”を,すべて“ゴム管口”に置き換え

る。

7.1

(チューブの材料)の

表 10 の JIS G 4307 を,JIS G 4305 に置き換える。

7.2

(接続金具の材料)の

表 11 の JIS G 5702 を,JIS G 5705 に置き換える。

9.

(接続金具の表面処理)の“JIS H 8610 の 2 種 2 級,JIS H 8641 の 2 種 HDZ40,JIS H 8617 の 2 種 2 級”

を,

JIS H 8610 の 2 級,JIS H 8641 の 2 種 HDZ40,JIS H 8617 の 2 級”に置き換える。

10.3.3

(引張試験)の“ホースエンド接続金具のホースエンド”を,

“ゴム管口接続金具のゴム管口”に置

き換える。

10.3.7

(反復取付け試験)の JIS B 4650 を,JIS B 4652 に置き換える。

10.3.10

(流量試験)の

備考 2.(3)  の“JIS S 2120 に規定するホースエンド”を,“JIS S 2120 に規定するガ

ス栓”に置き換える。

10.3.16

(引抜試験)の(1)  の“ホースエンド接続金具に JIS S 2120 に規定するホースエンド”を,

“ゴム管


2

S 2145

:2009

口接続金具に JIS S 2120 に規定するガス栓”に置き換える。

10.3.16

(引抜試験)の(2)  の“ホースエンド”を,すべて“ゴム管口”に置き換える。

10.4.1

n-ペンタン試験)の JIS K 6301 の 12.6.2(体積変化率)を,JIS K 6258 の 5.6.1(質量変化率及び

体積変化率)に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS B 4650  手動式トルクレンチを,JIS B 4652  手動式トルクツールの要求事項及

び試験方法に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS G 4307  冷間圧延ステンレス鋼帯を,JIS G 4305  冷間圧延ステンレス鋼板及び

鋼帯に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS G 5702  黒心可鍛鋳鉄品を,JIS G 5705  可鍛鋳鉄品に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 3100  銅及び銅合金の板及び条を,JIS H 3100  銅及び銅合金の板並びに条に

置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 3250  銅及び銅合金棒を,JIS H 3250  銅及び銅合金の棒に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 3300  銅及び銅合金継目無管を,JIS H 3300  銅及び銅合金の継目無管に置き

換える。

付表 1(引用規格)の JIS H 8617  ニッケル及びニッケル・クロムめっきを,JIS H 8617  ニッケルめっき

及びニッケル−クロムめっきに置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS K 6301  加流ゴム物理試験方法を,JIS K 6258  加硫ゴム及び熱可塑性ゴム−耐

液性の求め方に置き換える。

付表 1(引用規格)の JIS S 2120  ガスコックを,JIS S 2120  ガス栓に置き換える。