>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

S0103:2002

(1)

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日

本工業規格である。


S0103:2002

(2)

目  次

ページ

序文

1

1.

  適用範囲

1

2.

  引用規格

1

3.

  図記号の項目及び名称

1

4.

  図記号の形及び適用

2

4.1

  図記号の形

2

4.2

  案内用図記号と共用する形

2

5.

  電気に関連する図記号

2

5.1

  電源に関連する図記号

2

5.2

  時間に関連する図記号

4

5.3

  情報通信に関連する図記号

4

6.

  住宅設備に関連する図記号

8

6.1

  住宅情報に関連する図記号

8

6.2

  バス・温水洗浄便座に関連する図記号

10

 


1

S0103:2002

日本工業規格

JIS

 S

0103

:2002

消費者用図記号

Graphical symbols for consumers

序文  現代社会において消費者は,家庭機器,AV 機器,通信機器,住宅設備機器など多くの消費生活製品

に取り囲まれて日常生活を送っており,これらの機器には様々な図記号が表示されており,消費者からこ

れらの図記号について解説した規格の必要性の要望が寄せられていた。そこでこの規格は,これらの図記

号が消費者に正しく理解されることを目的として制定された。

この規格は,表示されている図記号について解説した規格であるが,個別の消費生活製品に図記号を表

示する際は,この規格を利用することが望ましい。

制定に当たって,IEC 60417-1    Graphical symbols for use on equipment−Part 1:Overviw and application  に

規定されている図記号との整合化を極力図った。

1.

適用範囲  この規格は,日常生活で使用する消費生活製品に指示事項等の伝達事項を視覚的に表示す

る目的で用いる場合の消費者用図記号(以下、図記号という。

)について規定する。

2.

引用規格  次に掲げる規格は、この規格に引用されることによって、この規格の一部を構成する。こ

れらの引用規格は、その最新版(追補を含む。

)を適用する。

IEC 80416-1  Basic principles for graphical symbols for use on equipment

―Part1:Creation of symbol

originals

ISO 80416-2    Basic principles for graphical symbols for use on equipment

―Part2:Form and use of arrows

IEC 80416-3  Basic principles for graphical symbols for use on equipment

―Part3:Guidelines for the

application of graphical symbols

3.

図記号の項目及び名称  図記号の項目及び名称は,表 による。

  1  図記号の項目及び名称

分類

項目

名称

電源に関連する図記号 1.電源入り又は主電源入り  2.主電源切り

3.

主電源入り/切り  4.スタンバイ(待機)

5.

直流入出力(極性統一形)  6.電源入力

7.

バッテリー

電気機器に関連する図記号

時間に関連する図記号 1.時計  2.タイマー


S0103:2002

(2)

  1  図記号の項目及び名称(続き)

分類

項目

名称

電気機器に関連する図記号

情報通信に関連する図記号 1.ベル  2.スピーカ音量  3.受話音量

4.

呼出音量  5.留守録  6.再生・演奏・プレイ

7.

早送り・早巻き・早戻し・巻戻し

8.

停止・ストップ  9.一時停止・ポーズ

10.

取出し・イジェクト  11.録音・録画

12.

マイクロホン  13.ヘッドホン  14.イヤホン

15.

内線  16.外線  17.メール  18.バイブレーション

19.

運転中  20.携帯通信端末

住宅情報に関連する図記号 1.火災  2.ガス漏れ  3.防犯  4.非常呼出し

5.

換気  6.宅配着荷

住宅設備機器に関連する図

記号

バス,温水洗浄便座に関連する

図記号

1.

シャワー  2.カラン  3.しり洗浄  4.ビデ洗浄

5.

乾燥

4.

図記号の形及び適用

4.1

図記号の形  消費者用図記号の形は,IEC 80416-1ISO 80416-2 及び IEC 80416-3 の機器・装置用図

記号通則シリーズを適用する。

4.2

案内用図記号と共用する形  ISO TR 7239  Development  and  principles  for  application  of  public

information symbols の基本原則を適用する。

5.

電気に関連する図記号

5.1

電源に関連する図記号  電源に関連する図記号は,表 による。

備考  作図に当たっては,図記号の大きさによって,線の太さを自由に変えてもよい。

  2  電源に関連する図記号

番号

名称

図記号

適用

5.1.1

電源入り又は主電

源入り

On (Power)

電源,主電源スイッチの「入」の表示に用いる。

主電源「切」又はスタンバイの図記号と対で用

いる。


S0103:2002

(3) 

  2  電源に関連する図記号(続き)

5.1.2

主電源切り

Off (power)

主電源「切」の表示に用いる。余熱,リモート

機器等で待機電源を使用する状態,電源を切っ

ても電源ラインから切り離されないものには

使用しない。

備考  塗りつぶして用いてはならない。

5.1.3

主電源入り/切り

On/Off (push-push)

主電源スイッチでプッシュオン/プッシュオ

フの場合だけに用いる。

5.1.4

スタンバイ(待機)

Stand-by

機器の待機状態の表示に用いる。

リモート機能,余熱などで待機電源が入りの状

態に使用する。

備考  電源「入り」と対で用いる。

5.1.5

直流入出力(極性統

一形)

Direct current

in-output

DCプラグ/ジャックを用いた端子の極性表

示(統一形)に用いる。

備考  90度図形を回転させた場合においても

「−」表示はこのままとする。

5.1.6

電源入力

AC input / power

plug

ACプラグを表し,AC電源,ACコードの表

示に用いる。


S0103:2002

(4)

  2  電源に関連する図記号(続き)

5.1.7

バッテリー

Battery

電池の表示及び電池収納部,収納状態の表示に

用いる。

備考  極性及び形状の異なる電池については,

実際のものに合わせる。

5.2

時間に関連する図記号  時間に関連する図記号は表 による。

  3  時間に関連する図記号

番号

名称

図記号

適用

5.2.1

時計

Clock

時計を示す表示。

5.2.2

タイマー

Timer

タイマーの設定時間を示す表示,タイマーを設

定する操作部,及び操作時間の呼出しの表示に

用いる。

5.3

情報通信に関連する図記号  情報通信に関連する図記号は,表 による。


S0103:2002

(5) 

  4  情報通信に関連する図記号

番号

名称

図記号

適用

5.3.1

ベル

Bell

アラーム,ベル,チャイムなどのオン/オフ操

作の表示に用いる。

5.3.2

スピーカ音量

Speaker sound

volume

スピーカ音量を調節する機能の表示に用いる。

5.3.3

受話音量

Phone sound volume

電話器の受話音量を調節する機能の表示に用

いる。

5.3.4

呼出音量

Call sound volume

電話器の呼出音量を調節する機能の表示に用

いる。

5.3.5

留守録

Answering phone

留守番電話機能のついた電話器で,留守番録音

のオン/オフの操作表示に用いる。


S0103:2002

(6)

  4  情報通信に関連する図記号(続き)

5.3.6

再生・演奏・プレイ

Play

音響,映像機器の再生,演奏/送り,戻しの表

示に用いる。

なお,戻しを表示する場合は,送りに対し図記

号の向きを左右逆にして用いる。

5.3.7

早送り・早巻き・早

戻し・巻戻し

Fast forward

/Fast

rewind

音響,映像機器の早送り,早巻き/早戻し,巻

戻しの表示に用いる。

なお,早戻し,巻き戻しを表示する場合は,早

送り,早巻きに対し図記号の向きを左右逆にし

て用いる。

5.3.8

停止・ストップ

Stop

音響,映像機器等の停止の表示に用いる。

5.3.9

一時停止・ポーズ

Pause

音響,映像機器の一時停止の表示に用いる。

5.3.10

取出し・イジェクト

Eject

テープ,ディスクなどの取出し(イジェクト)

の表示に用いる。


S0103:2002

(7) 

  4  情報通信に関連する図記号(続き)

5.3.11

録音・録画

Recording

音響,映像機器の録音,録画の表示に使用する。

5.3.12

マイクロホン

Microphone

マイクロホンの表示及びマイクロホン接続端

子,切替スイッチの表示に用いる。

5.3.13

ヘッドホン

Headphones

ヘッドホンを接続する端子及び切替スイッチ

の表示に用いる。

5.3.14

イヤホン

Earphone

イヤホンを接続する端子の表示に用いる。

5.3.15

内線

Extension

電話の同一システム内での通話を行う場合の

表示に用いる。


S0103:2002

(8)

  4  情報通信に関連する図記号(続き)

5.3.16

外線

Outside line

電話のシステム外(外線)と通話を行う場合の

表示に用いる。

5.3.17

メール

Mail

メッセージが入っている状態の表示に用いる。

メッセージを引き出す操作の表示に用いる。

5.3.18

バイブレーション

Vibration

電話機の着信を知らせるためのバイブレーシ

ョン機能をセット又は解除する場合に用いる。

バイブレーション機能がセットされている状

態の表示に用いる。

5.3.19

運転中

On the driving

携帯用電話機等で,使用者が運転中であること

を通信してきた相手に知らせる状態の表示及

び操作の表示に用いる。

5.3.20

携帯通信端末

Handy

communication

terminal

携帯用通信端末を表す記号並びに携帯用通信

端末との接続端子及び接続位置を表す表示に

用いる。

6.

住宅設備に関連する図記号

□住宅設備に関連する図記号

6.1

住宅情報に関連する図記号  住宅情報に関連する図記号は表 による。


S0103:2002

(9) 

  5  住宅情報に関連する図記号

番号

名称

図記号

適用

6.1.1

火災

On fire

火災発生を表す。

6.1.2

ガス漏れ

Gas leak

ガス漏れ発生を表す。

6.1.3

防犯

Prevention crimes

防犯異常発生を表す。

6.1.4

非常呼び出し

Emergency call

button

他の場所へ非常事態発生を伝える場合に用い

る。

6.1.5

換気

Ventilation

換気の必要性が生じたことを表す。

参考:指示として使用する場合は、JIS S 0101

消費者用警告図記号の基本形状(青色の

円)に白系統色で図示する。


S0103:2002

(10)

  5  住宅情報に関連する図記号(続き)

6.1.6

宅配着荷

Delivery service

arriving

宅配ロッカーに荷物が届いたことを表す。

6.2

バス・温水洗浄便座に関連する図記号  バス・温水洗浄便座に関連する図記号は表 による。

  6  バス・温水洗浄便座に関連する図記号

番号

名称

図記号

適用

6.2.1

シャワー

Shower

シャワーの作動を示す。

6.2.2

カラン

Faucet

カランを示す。

6.2.3

しり洗浄

Rear washing

洗浄便座のしり洗浄を示す。


S0103:2002

(11) 

  6  バス・温水洗浄便座に関連する図記号(続き)

6.2.4

ビデ洗浄

Bidet

洗浄便座のビデ洗浄を示す。

6.2.5

乾燥

Dry

洗浄便座の乾燥を示す。