>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 9301-

3-2 :

1999(

ISO

 806

: 1
976)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 9301-3-2 : 1999

アルミナ粉末−第 3 部:化

学分析方法−2:強熱減量の
定量

ISO 806 : 1976

  アルミニウム精錬を主用途とする酸化アルミニウム−1 000℃と 1 200℃質量減少の定量

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(0)

はじめに

○  強熱温度の設定の説明

(1)

適用範囲

○  アルミナ粉末の 1 000℃,及

び 1 200℃の強熱減量の定量
方法について規定。

○ アルミニウム精錬を主用途とす

る酸化アルミニウムの 1 000℃,
及び 1 200℃の強熱減量の定量方
法を規定。

= ISO はアルミニウム精錬用

のアルミナに限定。

我が国ではアルミニウム精

錬工業がほとんどないため。

(2)

引用規格

= JIS は,JIS R 9301-3-1JIS Z 

8401

を追加。

(3)

原理

○  あらかじめ 300℃,

又は 110℃

で乾燥した同一の試料から,
二つの測定試料をはかりと

り,一つは 1 000℃で,他方
は 1 200℃で 2 時間強熱する。
乾燥後の試料の質量と強熱

後の試料の質量の差を求め
る。300℃乾燥に基づく方法
を H 法,110℃乾燥に基づく

方法を L 法とし,H 法,L 法
の選択基準を規定した。

= ISO は A 法(300℃乾燥品使

用)だけ規定。

乾燥条件:日本では吸湿性

の少ないアルミナ粉末が取
り扱われていて,110℃乾燥

の試料を化学分析に使うの
が通法となっているので,

110

℃(L 法)乾燥を加えた。

吸湿性の試料の乾燥は,当然

300

℃(H 法)で行う。


 

2

R

 9301-

3

-2 :

1999(

ISO

 806

: 1
976)

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

JIS R 9301-3-2 : 1999

アルミナ粉末−第 3 部:化

学分析方法−2:強熱減量の
定量

ISO 806 : 1976

  アルミニウム精錬を主用途とする酸化アルミニウム−1 000℃と 1 200℃質量減少の定量

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(4) H

法 に よ る

定量

= JIS は過塩素酸マグネシウム

を乾燥剤として追加。

JIS

は計算結果を JIS Z 8401

によって丸める。

軽微な技術上の差。

(5) L

法 に よ る

定量

− ISO に規定なし。 (3)と同じ。

(6)

報告書

= 乾燥条件を追加

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“−”

:該当項目がない場合。