>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 9301-

3-1 :

1999(

ISO

 803

: 1
976)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 9301-3-1 : 1999

アルミナ粉末−第 3 部:化

学分析方法−1:乾燥減量の
定量

ISO 803 : 1976

  アルミニウム精錬を主用途とする酸化アルミニウム−300℃質量減少(吸湿水分)の定量

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

○  アルミナ粉末の 300℃(H 法)

及び 110℃(L 法)の各乾燥
減量の定量方法について規

定する。

○ アルミニウム精錬を主用途とす

る酸化アルミニウムの 300℃の乾
燥減量(通常の湿分)の定量方法

を規定。

ADP ISO

はアルミニウム精錬用

に限定

JIS

に 110℃乾燥減量定量法

(L 法)の規定を追加。

我が国ではアルミニウム精
錬工業がほとんどないため。

乾燥条件:ISO は,低温仮

焼アルミナ粉末を想定した
乾燥条件(300℃)を規定,
日本では高温仮焼アルミナ

粉末が多いので,これに適し
た乾燥条件(110℃)を追加
した(規定項目)

(2)

引用規格

= JIS は,JIS Z 8401 を追加。

(3)

乾 燥 減 量 の

定量方法

3.1 H

法:300℃

乾燥減量法

JIS

は,乾燥剤として過塩素

酸マグネシウムを追加。 
計算結果を JIS Z 8401 によ

って丸めることを,JIS に追
加。

軽微な技術上の差。

3.2 L

法:110℃

乾燥減量法

− JIS に 110℃乾燥減量定量法

(L 法)の規定を追加(規定
項目)

(I)

と同じ。

(4)

報告書

= 乾燥条件を追加。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合,“−”は規定していない場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格そのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として必

要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。

“−”

:該当項目がない場合。