>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 9301-2-2 : 1999 (ISO 902 : 1976)

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が制定した日

本工業規格である。

JIS R 9301

は,次に示す部編成となっている。

第 1 部:試料−1:サンプリング

第 1 部:試料−2:調製及び保存

第 2 部:物性測定方法−1:ピクノメーター法による真密度

第 2 部:物性測定方法−2:安息角

第 2 部:物性測定方法−3:軽装かさ密度及び重装かさ密度

第 3 部:化学分析方法−1:乾燥減量の定量

第 3 部:化学分析方法−2:強熱減量の定量

第 3 部:化学分析方法−3:アルカリ融解

第 3 部:化学分析方法−4:加圧酸分解

第 3 部:化学分析方法−5:酸化けい素 (IV) の定量

第 3 部:化学分析方法−6:酸化鉄 (III) の定量

第 3 部:化学分析方法−7:酸化チタン (IV) の定量

第 3 部:化学分析方法−8:酸化カルシウムの定量

第 3 部:化学分析方法−9:酸化ナトリウムの定量

第 3 部:化学分析方法−10:酸化ほう素の定量

第 3 部:化学分析方法−11:ふっ素の定量


日本工業規格

JIS

 R

9301-2-2

: 1999

(ISO 902 : 1976)

アルミナ粉末−

第 2 部:物性測定方法−2:安息角

Alumina powder

−Part 2 : Determination of physical properties−

2 : Angle of repose

序文  この規格は,1976 年に第 1 版として発行された ISO 902, Aluminium oxide primarily used for the

production of aluminium

−Measurement of the angle of repose を基に,対応する部分については技術的内容を

変更することなく作成した日本工業規格であるが,対応国際規格の適用範囲に規定されていない内容を追

加した。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格にはない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,アルミナ粉末の安息角の測定法について規定する。

備考  この規格の対応国際規格を次に示す。

ISO 902 : 1976

  Aluminium oxide primarily used for the production of aluminium−Measurement of

the angle of repose

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS R 9301-1-2

  アルミナ粉末−第 1 部:試料−2:調製及び保存

備考  ISO 802  Aluminium oxide primarily used for the production of aluminium−Preparation and

storage of test samples

からの引用事項は,この規格の該当事項と同等である。

JIS Z 8401

  数値の丸め方

3.

原理  アルミナ粉末試料を,一定の高さの漏斗から水平な基板の上に落下させ,生成した円すい(錐)

状たい(堆)積物の直径及び高さから底角を算出し,この底角を安息角とする。

4.

装置及び器具  装置を付図 に示す。装置は,次の器具から構成し,その寸法は,この規格の本体の

規定による。

4.1

ステンレス鋼製漏斗  中間に 2 枚の板に挟んだ目開き 1mm のふるいが付き,その下部に内径 6mm

のノズルがあるもの。漏斗は支持具にねじ込んで止める。

4.2

基板  長さが最低 270mm,幅が最低 200mm のステンレス製又は剛性のある耐食金属製の研磨仕上

げ板。基板の表面上には,互いに 45°で交差する 4 本の直線を放射状に刻んであり,その交点には,ハイ

トブロック(4.4)が固定できる位置決めピンがある。基板には,3 本の水平調整脚が備えてある。


2

R 9301-2-2 : 1999 (ISO 902 : 1976)

4.3

漏斗保持器  ステンレス鋼製で堅ろうな構造とし,漏斗のノズル中心軸が位置決めピンの鉛直上に

なるように設計してあるもの。

4.4

ハイトブロック  表面を研磨した高さ 40.0mm の金属製の円柱で,底面に位置決めピンをはめ込む

穴を備えたもの。

5.

操作

5.1

試料  JIS R 9301-1-2 によって調製したアルミナ粉末のなま(生)試料を温度 22℃±4℃で使用する。

5.2

測定

5.2.1

水平の調整  水準器を使い,調整脚で基板(4.2)を水平にする。

5.2.2

漏斗の高さの調整  ハイトブロック(4.4)を位置決めピンにはめ,漏斗(4.1)のノズルの先端がハイト

ブロックにちょうど触れるように漏斗の高さを調整,固定し,ハイトブロックを取り去る。

5.2.3

試料の投下  一定量(通常 200g)のアルミナ粉末をガラスビーカーに採取し,装置が振動しない

ように注意しながら,ビーカーを傾けスプーンなどの補助具によってかき出すようにして,漏斗の上縁約

40mm

の高さからアルミナ粉末を毎分 20g ないし 60g の速さで供給する。このとき,次の 2 点に留意する。

・  分散金網の上に残留しないよう,アルミナ粉末の落下速度を一定に保つ。

・  ロートの中心に落下させるのではなく,漏斗器壁円周に沿わせて円を描くように供給する。

ふるいが詰まった場合には,装置が振動しないように注意しながらブラシで掃除する。基板にたい積し

た円すいの頂点が漏斗のノズルに達したとき,試料の投入をやめる。

5.2.4

円すいの寸法測定  基板上に刻んだ 8 方向の放射状の直線上にある粉体の円すいの周辺に,鉛筆で

印を付ける。試料を取り除き,4 方向の直径を測る。

6.

計算  安息角

θ

は,次の式によって算出し,JIS Z 8401 によって整数第 1 位に丸める。

÷

ø

ö

ç

è

æ

− d

D

h

2

arctan

θ

ここに,

θ: 安息角(度)

h

: 円すいの高さ(基板と漏斗のノズル先端との距離) (mm)

D

: 4 方向の直径(

5.2.4

)

の平均値 (mm)

d

: 漏斗のノズル内径 (mm)

また,

4.

の装置を使うと,安息角は,次による。

÷

ø

ö

ç

è

æ

− 6

80

arctan

D

θ

7.

試験報告

  試験報告書には,次の事項を含む。

a)

使用した規格

b)

結果及び計算方法

c)

測定中の特記事項

d)

この規格又は引用規格に規定していない操作


3

R 9301-2-2 : 1999 (ISO 902 : 1976)

付図 1  安息角測定装置例


4

R 9301-2-2 : 1999 (ISO 902 : 1976)

アルミナ粉末改正原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

岡  田      清

東京工業大学

伊  藤      敏

通商産業省生活産業局

大  嶋  清  治

工業技術院標準部

橋  本  繁  晴

財団法人日本規格協会

芝  崎  靖  雄

名古屋工業技術研究所

多  田  格  三

元株式会社東芝

船  戸  巳知雄

前サンパウロ技術研究所

橋  本  邦  男

昭和電工株式会社

毛  利  正  英

住友化学工業株式会社

石  川  秀  徳

日本軽金属株式会社清水工場

金  野  正  幸

日本ガイシ株式会社

長  峯  義  展

東芝セラミックス株式会社開発研究所

篠  原  伸  広

旭硝子株式会社中央研究所

林          均

研削材工業協会

早  川  恭  弘

株式会社ノリタケカンパニーリミテド

和  田      弘

日立化成工業株式会社山崎工場

鈴  木  由  郎

社団法人セラミックス協会

分析分科会

氏名

所属

(主査)

船  戸  巳知雄

前サンパウロ技術研究所

岡  本  英  俊

昭和電工株式会社横浜工場

野  網  靖  雄

住友化学工業株式会社基礎化学品研究所

榎      貴  志

日本軽金属株式会社清水工場

生  川      章

日本ガイシ株式会社

長  峯  義  展

東芝セラミックス株式会社開発研究所

竹  内  光  男

鳴海製陶株式会社

物性分科会

氏名

所属

(主査)

毛  利  正  英

住友化学工業株式会社

岡  本  英  俊

昭和電工株式会社横浜工場

榎      貴  志

日本軽金属株式会社清水工場

金  野  正  幸

日本ガイシ株式会社

篠  原  伸  広

旭硝子株式会社中央研究所

早  川  恭  弘

株式会社ノリタケカンパニーリミテド

和  田      弘

日立化成工業株式会社山崎工場