>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 9301-

1-2 :

1999(

ISO

 802

: 1
976)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 9301-1-2 : 1999

アルミナ粉末−第 1 部:試

料−2:調製及び保存

ISO 802 : 1976

  アルミニウム精錬を主用途とする酸化アルミニウム−試料調製と保存

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

アルミナ粉 末のなま 及び

乾燥した試験試料の調製及
び保存の方法について規定。

ISO 802 

アルミニウム精錬を主用途と

する酸化アルミニウムのなま試
料,乾燥試料のような試験試料の
調製と保存の方法を規定。

国際規格は アルミナ 粉末

をアルミニウム精錬用に限
定している。

我が国ではアルミニウム

精錬工業がほとんどないた
め。

(2)

引用規格

= JIS Z 8801 を追加

(3)

測 定 用 試 料
の調製

3.1

試 験 室 試 料

の調製

3.2

なま試料

3.3

乾燥試料

○ 

なま試料を粉砕し,全量を

目開き 0.2mm,又は目開き

0.212mm

のふるいを通して

から,300℃(A 法)又は 110℃

(B 法)で乾燥。

A

法は,低温仮焼アルミナ

粉末,B 法は高温仮焼アルミ

ナ粉末に使用する。



JIS Z 8801

に 0.2mm のふる

い は な い の で , 同 等 の

0.212mm

のふるいを追加。

JIS

で 110℃乾燥条件(B

法)を追加。

軽微な技術上の差

低温仮焼のアルミナを対

象とした ISO の 乾燥条件
(300℃)に対して,日本で

一般に広く流通している高
温仮焼のアルミナを対象と
した乾燥条件(110℃)が必

要である。

(4)

容器の表示

= 乾燥条件を追加

JIS

は乾燥条件を二つに規

定した

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。