>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 9301-

1-1 :

1999(

ISO

 292

7 :

1973)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 9301-1-1 : 1999

アルミナ粉末−第 1 部:試

料−1:サンプリング

ISO 2927 : 1973

  アルミニウム精錬を主用途とする酸化アルミニウム−サンプリング

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(1)

適用範囲

アルミナ粉 末の化学 分析

及び物性測定のための,ロッ
トを代表する試料のサンプ
リングについての実用的な

基準を規定。

アルミナ粉末の輸送時,荷

の積込み時,荷降ろし時又は

連続的な貯蔵作業及び貯蔵
が終わった後にも適用され

ISO 2927 : 1973

アルミニウム精錬を主用途と

する酸化アルミニウムの試料の
サンプリング方法。

国際規格は アルミナ 粉末

をアルミニウム精錬用に限
定している。

我が国ではアルミニウム

精錬工業がほとんどないた
め。

(2)

原理

(3)

ベルト,パイ

プ,又は,板コン
ベアからのサン

プリング

(4)

容 器 , タ ン

ク,サイロから落

下排出時のサン
プリング

(5)

山積み,船積

み又はオープン
サイロからのサ

ンプリング

(6)

測 定 用 試 料

の調製及び保管


 

2

R

 9301-

1

-1 :

1999(

ISO

 292

7 :

1973)

 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の対策

(7)

サ ン プ リ ン

グ報告

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。