>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 9200

:2016

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲  

1

2  引用規格  

1

3  用語及び定義  

2

用語索引(用語の分類)  

11

英語索引(アルファベット順)  

15


R 9200

:2016

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,無機マテリアル学

会(IMJ)及び一般財団法人日本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべき

との申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS R 9200:1999 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。


日本工業規格

JIS

 R

9200

:2016

せっこう及び石灰に関する用語

Glossary of terms related to gypsum and lime

序文 

この規格は,1969 年に制定されて以来,改正,確認が行われてきた。せっこう及び石灰工業の技術革新

に伴い関連する日本工業規格にもかなりの改正,廃止,統合が繰り返され,これらをこの規格にどのよう

に反映させ,また近年の技術の動向を盛り込むかが大きな課題であった。

今回の改正に当たっては,せっこう及び石灰に関する用語並びに定義を全体的に見直すこととした。す

なわち,学会又は関係業界で使用されている用語,その慣用語,英語を中心とした外来語由来の用語につ

いて,実情に即した内容とするべく改正を行った。

適用範囲 

この規格は,せっこう及び石灰に関連する主な用語及び定義について規定する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 5008  舗装用石灰石粉 
JIS A 6301  吸音材料

JIS A 6901  せっこうボード製品 
JIS A 6902  左官用消石灰 
JIS A 6903  ドロマイトプラスター

JIS A 6904  せっこうプラスター 
JIS K 8617  炭酸カルシウム(試薬) 
JIS K 8963  硫酸カルシウム二水和物(試薬)

JIS R 0305  石灰焼成用窯炉の熱勘定方式 
JIS R 5201  セメントの物理試験方法 
JIS R 9001  工業用石灰

JIS R 9101  セッコウの化学分析方法 
JIS R 9111  陶磁器型材用せっこう 
JIS R 9112  陶磁器型材用せっこうの物理試験方法

JIS R 9151  セメント用天然せっこう 
JIS S 6009  白墨 
JIS T 6604  歯科用焼石こう(膏)


2

R 9200

:2016

JIS T 6605  歯科用硬質石こう(膏)

用語及び定義 

用語及び定義は,次による。また,参考のために対応英語を示す。

番号

用語

定義

対応英語(参考)

001 

圧縮強さ a)  歯科用硬質せっこうの場合,

歯科用硬質せっこうと水を練和開始して 60 分±5 分後の

供試体の圧縮強さ(JIS T 6605 参照)

b)  歯科用焼せっこうの場合,

歯科用焼せっこうと水を練和開始して 60 分±5 分後の供

試体の圧縮強さ(JIS T 6604 参照)

compressive strength

002 

アラゴナイト 

CaCO

3

。斜方晶系。密度 2.93 g/cm

3

。炭酸カルシウムの同質多

形の一つ。あられ石ともいう。

aragonite

003 

アラバスター 

CaSO

4

・2H

2

O。細かい結晶が集合した天然せっこうで,純度の

高いものをいうことが多い。外観は大理石に類似する。主に,

陶磁器型材用,模型用などの焼せっこう製品の原料である。雪

花せっこうともいう。

alabaster

004 

あられ石 

CaCO

3

。002 アラゴナイトを参照。

aragonite

005 

亜硫酸カルシウム 

CaSO

3

の総称。天然には産出しない。四水和物(CaSO

3

・4H

2

O),

半水和物(CaSO

3

・1/2H

2

O),無水和物(CaSO

3

)の 3 種類が存

在する。四水和物は 5  ℃以下で安定である。半水和物:斜方晶

系。密度 2.50 g/cm

3

。室温では安定で,窒素中 330∼360  ℃で

無水和物に脱水する。無水和物は水と練ると半水和物に水和,
硬化する。

calcium sulfite

006 

α 型半水せっこう 

α-CaSO

4

・1/2H

2

O。三方晶系。密度 2.76 g/cm

3

。二水せっこうを

加圧下で脱水し,1/2 モルの化合水を保有した水和硬化性のあ

る硫酸カルシウム半水和物。主に水蒸気法,水溶液法などで得
られる。160 硫酸カルシウム半水和物を参照。

α・gypsum hemihydrate

007 

安定性試験 

左官用消石灰,ドロマイトプラスターなどの左官施工後の安定
性を調べる試験(JIS A 6902 及び JIS A 6903 参照)

soundness test

008 

医療用せっこう 

整形外科,美容整形などに用いられる半水せっこう。 medical

(gypsum)

plaster

009 

加圧消化 

オートクレーブを用いて,加圧下で生石灰及び軽焼ドロマイト

を消化させる方法。短時間で消化できる。

pressure hydration

010 

開孔率 

吸音用あなあきせっこうボードの面積とそれに開けたあなの

合計面積との割合。百分率で表す(JIS A 6301 参照)

rate of hole area

011 

貝灰 

(かいばい) 

貝殻をか焼した石灰。我が国では消石灰として,しっくい,食

品添加物などに用いられる。

shell lime

012 

化学せっこう 

天然せっこうの対語。各種工業で,中和又は複分解の化学反応
によって生成するせっこう。

chemical gypsum

013 

(せっこうの)化

合水 

硫酸カルシウムの結晶中に化合状態で含まれている水。硫酸カ
ルシウムに対して二水せっこうでは 2 モル,半水せっこうでは
1/2 モル結合して結晶格子の安定化に寄与している水。

combined water

014 

か焼 

炭酸塩,水酸化物,水和物などを二酸化炭素若しくは水の一部,

又は全部が消失するまで焼く操作。

calcination,  
calcining

015 

型材用せっこう 

陶磁器その他各種成形型に用いられる焼せっこう。 molding

(gypsum)

plaster


3

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

016 

硬焼生石灰 

(かたやききせ

っかい) 

石灰石を通常より高温で焼成した生石灰で,酸化カルシウムの
結晶が発達するため気孔率が少なく,反応性が低い。硬焼(こ

うしょう)生石灰ともいう。

hard-burned lime,   
hard-burnt lime

017 

可溶性無水せっこ

 

半水せっこうを加熱したときに初めに生成する無水せっこう

で,水和硬化性がある。組成式は III・CaSO

4

。161 硫酸カルシウ

ム無水和物を参照。

soluble anhydrite

018 

カルサイト 

CaCO

3

。菱面体晶系(三方晶系)。密度 2.71 g/cm

3

。分解温度

898  ℃(101.3 kPa)。炭酸カルシウムの同質多形の一つ。方解
石ともいう。

calcite

019 

カルシア 

058 酸化カルシウムを参照。 calcia

020 

含水率 

a)  せっこうボードの場合,

せっこうボードに残存している水分量で,40  ℃±2  ℃

で蒸発する水分量の乾燥質量に対する割合(JIS A 6901 
照)

b)  白墨の場合,

白墨の成形乾燥製品に残存している水分で,45  ℃±

5  ℃で蒸発する量。百分率で表す(JIS S 6009 参照)。

water content

021 

生石灰 

(きせっかい) 

石灰石をか焼したもので,主成分は酸化カルシウム。水を加え

ると水和して消石灰となる。生(せい)石灰ともいう。

quicklime

022 

既調合プラスター 

あらかじめ骨材,混和材料が混入されており,建築現場におい

て水を加えるだけで使用できるせっこうプラスター(JIS A 
6904 
参照)。

plaster proportioned at

work site

023 

吸音用あなあきせ

っこうボード 

吸音を目的として所定のあなを表面から裏面まで貫通させた
せっこうボード。紙,不燃紙,ガラス繊維などで裏打ちしたも

のもある(JIS A 6301 参照)

perforated gypsum

board for acoustic 
use

024 

吸水性試験 

シージングせっこうボートなどの吸水性を調べる試験で,全吸

水試験と表面吸水試験がある(JIS A 6901 参照)

water absorption test

025 

吸放湿せっこうボ

ード 

建築物室内の湿度を一定範囲内に保つために壁及び天井の下

地材及び仕上材として用いられる吸放湿性能をもつせっこう
ボード(JIS A 6901 参照)

gypsum

board-humidity 
control type

026 

吸油量 

炭酸カルシウムの品質試験の一つで,流動パラフィンなどの最
大吸収量。

oil absorption

027 

強化せっこうボー

 

火災時の火炎に対して特に高い防火性能をもつせっこうボー

ド。せっこう芯に無機質繊維材料などを分散混入して防火性能

を高め,ひび割れ,脱落を防止する(JIS A 6901 参照)

fire-resistant gypsum

board

028 

凝結時間 

焼せっこう,せっこうプラスターなどの水和硬化性をもつ硫酸

カルシウムが水和の過程で固化する時間で,混水開始時から凝
結固化するまでの時間(JIS A 6904 及び JIS R 9112 参照)

setting time

029 

凝結促進剤 

焼せっこう及び無水せっこうなどの水和反応を速め,凝結を促

進するために用いられる添加剤。

setting accelerator

030 

凝結遅延剤 

せっこうプラスターの水和反応を遅らせ,凝結に要する時間を

長くするために用いられる添加剤。例えば,たんぱく質の加水

分解物その他。凝結遅緩剤ともいう。

setting retarder

031 

凝結調整剤 

凝結時間の調整又は混練後のせっこうスラリーの性状の調整
などのために用いる添加剤の総称。

setting modifier

032 

凝結膨張 

焼せっこう,硬質せっこうなどが凝結するときの膨張現象。 setting

expansion

033 

キーンスセメント 

無水せっこう系プラスターの一種で,二水せっこうを低温焼成
して半水せっこうとし,硬化促進液を加えた後,更に 500  ℃以

上で焼成して II 型無水せっこうとして微粉砕したもの。無水せ

っこう系プラスターの総称を意味することもある。

Keene's cement


4

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

034 

苦灰石 

(くかいせき) 

CaMg(CO

3

)

2

。114 ドロマイトを参照。 dolomite

035 

軽質炭酸カルシウ

 

109 沈降性炭酸カルシウムを参照。 precipitated

calcium

carbonate,

light calcium carbonate

036 

軽焼生石灰 

(けいしょうき
せっかい) 

多孔質で反応性が高い状態の生石灰をいう。軟焼(なんしょう)

生石灰ともいう。

soft-burned lime,   
soft burnt lime

037 

軽焼ドロマイト 

(けいしょうど

ろまいと) 

ドロマイトを反応性が高い状態にか焼したもの。製鋼用れんが

の溶損防止などに用いられる。

soft-burned dolomite, 
dolomite quicklime,   
soft-burnt dolomite

038 

軽焼マグネシア 

(けいしょうま
ぐねしあ) 

マグネサイト又は水酸化マグネシウムを 600∼800  ℃にか焼し

て得られる活性のある酸化マグネシウム。軽焼苦土ともいう。

soft-burned magnesia, 
soft burnt magnesia

039 

化粧硬質せっこう

ボード 

普通硬質せっこうボードの性能を保持したまま,表面化粧を施

したもの。壁及び天井の仕上げ材などとして使用される(JIS A 
6901 
参照)。

decorated gypsum

board-hard type

040 

化粧せっこうボー

 

せっこうボードの表面に印刷,オーバーレイ,塗装又は型押し

などで化粧加工し,そのまま仕上げ材料として建築物の内装に
用いられるせっこうボード(JIS A 6901 参照)

decorated gypsum

board

041 

(消石灰の)結合

 

消石灰の結晶構造をつくるために必要な水をいう。付着水と区

別する。

combined water

042 

現場調合プラスタ

 

建築現場において骨材を調合の上,水と練り合わせて使用する

せっこうプラスター(JIS A 6904 参照)

preproportioned plaster

043 

工業用石灰 

鉄鋼,化学工業などの工業に用いる生石灰,軽焼ドロマイト及

び消石灰並びに水酸化ドロマイトで再生石灰及び副産石灰を
除く(JIS R 9001 参照)

industrial lime

044 

工業用せっこう 

型材用,医療用など建材用以外の用途に用いられる半水せっこ
う。

industrial (gypsum)

plaster

045 

硬質せっこう 

α 型半水せっこうを多量に含むせっこうで,通常の焼せっこう
に比べ混水量が低く強度が高い。006 α 型半水せっこうを参照。

hard (gypsum) plaster

046 

膠質炭酸カルシウ

 
(こうしつたん
さんかるしうむ)

053 コロイド性炭酸カルシウムを参照。 colloidal

precipitated

calcium carbonate

047 

硬焼生石灰 

(こうしょうき

せっかい) 

016 硬焼生石灰(かたやききせっかい)を参照。 hard-burned

lime,

hard-burnt lime

048 

合成ドロマイトク

リンカー 

天然ドロマイトでつくるクリンカーに対して,耐火物に適切か

つ安定な品質になるように合成したマグネシア・カルシアクリ
ンカー。

synthetic dolomite

clinker

049 

硬せっこう 

(こうせっこう)

CaSO

4

。無水せっこうであるが,特に II 型無水せっこうをいう。

天然でも産出する。161 硫酸カルシウム無水和物を参照。

anhydrite

050 

構造用せっこうボ

ード 

強化せっこうボードの性能を保持したまま,くぎ側面抵抗を強

化したもので,側面抵抗によって,A 種及び B 種がある。耐力

壁用の面材(JIS A 6901 参照)

fire-resistant gypsum

board-structure type

051 

硬度試験 

プラスター類の硬化した表面の硬さを測定する試験(JIS A 
6902
JIS A 6903 及び JIS A 6904 参照)。

hardness test,   
pencil hardness test

052 

ご粉 

(ごふん) 

日本画の絵の具の体質顔料その他に用いられる炭酸カルシウ
ムを主成分とする貝殻の微粉末。

whiting


5

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

053 

コロイド性炭酸カ

ルシウム 

沈降性炭酸カルシウムのうち,粒径が 0.01∼0.1 μm と微細で,
立方体形をしたもの。膠質炭酸カルシウムともいう。

colloidal precipitated

calcium carbonate

054 

混水量 

半水せっこうを適当なスラリー状とするために要する水の量

JIS R 9112 参照)

mixing water amount

055 

混和材料 

せっこうボードの性能を向上させるために用いられるガラス

繊維,ひる石などの補助材料の総称。

admixture

056 

再生石灰 

化学工業その他で使用した石灰を再利用するため,回収して再

か焼したもの。

reclaimed lime

057 

左官用消石灰 

しっくい塗りその他,建築物の左官工事に用いる消石灰で,上

塗り用と下塗り用とがある(JIS A 6902 参照)

plastering lime

058 

酸化カルシウム 

CaO。立方晶系。融点 2 572 ℃。密度 3.37 g/cm

3

。生石灰の主

成分。カルシアともいう。

calcium oxide

059 

酸化マグネシウム 

MgO。立方晶系。融点 2 826  ℃。密度 3.65 g/cm

3

。マグネシア

ともいう。

magnesium oxide

060 III 型無水せっこう  CaSO

4

。161 硫酸カルシウム無水和物を参照。 III・anhydrite

061 

残留 CO

2

石灰石をか焼したとき,生石灰中に炭酸カルシウムの形で残留
する二酸化炭素の量(JIS R 0305 参照)

rest carbon dioxide

062 

塩焼石灰 

(しおやきせっ

かい) 

石灰石に対して 0.1∼0.3 %の原塩などを添加してか焼した生石

灰。結晶が粗大化することで水和反応が緩やかに進行し,平板

状結晶が成長することでしっくい用途に適するなどの特徴が
ある。

quicklime calcined

with salt addition

063 

歯科用硬質せっこ

 

歯科医療で用いる硬質せっこう。微粉砕された硫酸カルシウム
の半水和物を主成分とし,陰型,模型,又は歯型の作製及び義

歯埋没用に用いるもの(JIS T 6605 参照)

dental stone

064 

歯科用焼せっこう 

歯科医療で模型,印象などに用いる焼せっこう。微粉砕された

硫酸カルシウムの半水和物を主成分とし,口腔内印象,陰型,
模型,又は歯型の作製及び義歯埋没用に用いるもの(JIS T 6604

参照)

dental plaster

065 

シージング硬質せ

っこうボード 

普通硬質せっこうボードの性質を保持したまま,防水処理を施

したもの。洗面所などの壁及び天井の下地材などとして用いら

れる(JIS A 6901 参照)

gypsum sheathing

board-hard type

066 

シージングせっこ

うボード 

水,湿分による強度劣化を防ぐため,防水処理したせっこうを
芯とし,防水加工した原紙で被覆成形したせっこうボード。主

として台所,洗面所などの壁及び天井の下地に用いる(JIS A 
6901 
参照)。

gypsum sheathing

board

067 

自然消化 

生石灰が空気中の水分を吸収して自然に消化する現象。 air

slaking

068 

しっくい 

消石灰(貝灰を含む。

)に,すさ,砂,のり材などを混ぜ,練

ったもの。しっくい塗りは,我が国の伝統的な左官工法である。

Japanese lime plaster

069 

始発時間 

a)  せっこうプラスターの場合,

せっこうプラスターの凝結過程の一つで,スラリーを流

し込み,硬化が始まるまでの時間の指標。ビカー針装置を

用いて測定する(JIS A 6904 参照)

b)  型材用せっこうの場合,

型材用せっこうの凝結過程の一つで,焼せっこうを水中

に投入し始めてから硬化が始まるまでの時間の指標。ビカ

ー針装置を用いて測定する(JIS R 9112 参照)

initial setting time

070 

重質炭酸カルシウ

 

石灰石を乾式又は湿式粉砕,分級した炭酸カルシウム。軽質炭
酸カルシウムと区別する。

ground calcium

carbonate,

heavy calcium

carbonate


6

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

071 

熟成 

a)  消石灰の場合,

製造直後の消石灰を貯蔵して,残っている生石灰の水和

を完結させる操作。

“ねかし”ともいう。

b)  焼せっこうの場合,

か焼した焼せっこう中の III 型無水せっこうをより安定

な形の半水せっこうにする操作。

aging

072 

消化 

生石灰又は軽焼ドロマイトに水を反応(水和)させる操作。工

業的には乾式及び湿式消化がある。

hydration,  
slaking

073 

消石灰 

生石灰に水を反応させて得たもので,主成分は水酸化カルシウ

ム。

hydrated lime,   
slaked lime

074 

蒸気試験 

左官用消石灰,ドロマイトプラスターなどの安定性試験の一つ
JIS A 6902 及び JIS A 6903 参照)

steaming test

075 

終結時間 a)  せっこうプラスターの場合,

せっこうプラスターの凝結過程の一つで,スラリーを流

し込み,物理的な硬化がほぼ終了するまでの時間の指標。

ビカー針装置を用いて測定する(JIS A 6904 参照)

b)  型材用せっこうの場合,

型材用せっこうの凝結過程の一つで,焼せっこうを水中

に投入し始めてから,せっこうの水和反応がほぼ終了した
と考えられるまでの時間。硬化体に差し込んだ温度計が最

高温度を示すようになるまでの時間を測定する(JIS R 
9112 
参照)。

final setting time

076 

水酸化カルシウム 

Ca(OH)

2

。六方晶系。密度 2.24 g/cm

3

。450∼550  ℃で脱水し酸

化カルシウムとなる。消石灰の主成分。

calcium hydroxide

077 

水酸化ドロマイト 

Ca(OH)

2

・Mg(OH)

2

。六方晶系。軽焼ドロマイトと水を反応させ

て得られる。フィラー,建材原料などに用いられる。

hydrated dolomitic

lime

078 

水酸化マグネシウ

 

Mg(OH)

2

。六方晶系。密度 2.36 g/cm

3

。海水と石灰乳との反応

により生成する。耐火物などの原料に用いられる。

magnesium hydroxide

079 

(せっこうの)水

分の付着率 

せっこうに付着している水の割合をいい,試料を 45  ℃で恒量

となるまで乾燥したときの減量を試料の質量で除した値(JIS 
R 9101 
参照)。

free water

080 

(せっこうの)水

溶性りん酸 

一定量の水に溶出するりん酸分。五酸化りん(P

2

O

5

)換算値を

含有率で表す(JIS R 9101 参照)

water soluble

phosphoric acid

081 

水和反応性試験 

生石灰,軽焼ドロマイトの反応性を表す指標の一つ。断熱容器
に入れた所定温度の水中に,所定粒度の試料を投入,撹拌し,

水和による温度上昇速度を測定する試験。

slaking rate of

quicklime

082 

生石灰 

(せいせっかい)

021 生(き)石灰を参照。 quicklime

083 

製錬せっこう 

銅,亜鉛,鉛などの製錬工場で副生するせっこう。 scouring

gypsum

084 

石灰 

生石灰,消石灰の総称。石灰石も含める場合もある。 lime

085 

石灰焼成用窯炉

(せっかいしょ

うせいようよう
ろ) 

石灰石を焼成して生石灰をつくる窯炉の総称。竪窯,回転窯な

どがある(JIS R 0305 参照)

。石灰焼成炉,石灰炉,石灰窯な

どともいう。

lime kiln

086 

石灰石 

石灰岩の工業用語。方解石,あられ石などを主な構成鉱物とす

る堆積岩。主成分は炭酸カルシウムである。窯業,製鉄業,各

種化学工業などの主要な石灰原料として用いられる。

limestone

087 

石灰乳 

生石灰を多量の水で消化し,又は消石灰を水に分散させて,乳

状の懸濁液としたもの。

milk of lime


7

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

088 

雪花せっこう 

(せっかせっこ

う) 

CaSO

4

・2H

2

O。003 アラバスターを参照。 alabaster

089 

せっこう 

硫酸カルシウムの総称で,通常は二水せっこうをいう。158 硫

酸カルシウムを参照。

gypsum

090 

せっこうプラスタ

 

焼せっこうの硬化性を利用したプラスター。現場調合プラスタ

ーと既調合プラスターがある(JIS A 6904 参照)

gypsum plaster

091 

せっこうボード 

半水せっこう,混和材料などに適量の水を加えてよく練り混ぜ
たものを芯とし,その両面をせっこうボード用原紙で被覆成形

した板で,建築物の内装その他に広く用いられる(JIS A 6301

及び JIS A 6901 参照)

gypsum board,   
gypsum plaster board

092 

せっこうボード用

原紙 

せっこうボードの製造に用いる板紙。表紙と裏紙とがあり,い

ずれも古紙を主原料とし 3∼6 層に抄紙される。

lining paper for

gypsum board

093 

せっこうラスボー

 

和風建築においてせっこうプラスターによる塗壁の下地材と
して用いられるせっこうボード。製品の表面にプラスターとの

付着性を向上させるために接触面積を増すためのくぼみが均

一に加工されている(JIS A 6901 参照)

gypsum lath board

094 

(白墨の)折損強

 
(せっそんきょ

うど) 

白墨の折曲げ荷重に対する抵抗の程度を測定した強度(JIS S 
6009 
参照)。

bending strength

095 

接着増強剤 

せっこうボードの芯とせっこうボード用原紙との接着性を増

すために用いる添加剤。

096 

セメント用せっこ

 

ポルトランドセメント及び混合ポルトランドセメントの凝結

時間を調節する目的で用いるせっこう(JIS R 9151 参照)

gypsum for Portland

cement retarder

097 

セレナイト 

CaSO

4

・2H

2

O。112 透(とう)せっこうを参照。 selenite

098 

繊維せっこう 

CaSO

4

・2H

2

O。繊維状に細長く結晶が発達し,破面が絹糸状を

示す天然せっこう。絹糸状せっこうともいう。

satin spar

099 

全吸水率 

シージングせっこうボードなどを水中に 2 時間浸したときの吸
水量と乾燥質量との割合。百分率で表す(JIS A 6901 参照)

water absorption

content

100 

増粘剤 

せっこうプラスターのこて塗り作業性及び保水性を向上させ
るのに用いる添加剤。メチルセルロースその他がある。

viscosity improver

101 

粗粒滴定試験 

所定の粒度の試料を所定の水温,水量に投入,撹拌しながら塩

酸を連続滴定し,消費速度を測定する試験。生石灰,軽焼ドロ

マイトの反応性を表す指標の一つ。

coarse grain titration

102 

耐火炎性試験 

強化せっこうボードの耐火性,特に火炎に対する抵抗性を調べ

る試験。

試験片を 2 台のガスバーナーの炎の中間位置につるし,

所定の時間加熱して試験片が破断するかどうかを観察する

JIS A 6901 参照)

flame resistance test

103 

耐衝撃性試験 

化粧せっこうボード,強化せっこうボード,不燃積層せっこう

ボード,硬質せっこうボードなどに所定のおもりを落下させた
ときのくぼみ,亀裂などを調べる試験(JIS A 6901 参照)

impact resistance test

104 

大理石 

CaCO

3

。菱面体晶方解石型のよく発達した炭酸カルシウム結晶

が集合した岩石。白色又は美しい色彩,はん紋のあるものが多

い。研磨すると光沢を示し,建築及び彫刻などの装飾用石材に

用いる。

marble

105 

竪窯 

(たてがま) 

代表的な石灰焼成炉で,上部から原料を入れ,下部から焼成物
を取り出す竪型の窯である。

shaft kiln,   
vertical kiln

106 

炭カル 

炭酸カルシウム製品の総称。重質炭酸カルシウムと軽質炭酸カ
ルシウムとがある。

calcium carbonate


8

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

107 

炭酸カルシウム 

CaCO

3

。密度 2.71 g/cm

3

(カルサイト型)

,2.94 g/cm

3

(アラゴナ

イト型)

,2.54 g/cm

3

(バテライト型)

。898  ℃,101.3 kPa で分

解して酸化カルシウムとなる(JIS K 8617 参照)

calcium carbonate

108 

チタンせっこう 

硫酸法による酸化チタンの製造過程から副生する化学せっこ

う。

titanogypsum

109 

沈降性炭酸カルシ

ウム 

石灰乳に二酸化炭素を作用させるなど,カルシウムイオンに炭

酸イオンを反応させて,沈殿反応によって製造した炭酸カルシ
ウム。

precipitated calcium

carbonate

110 

天然せっこう 

天然に産出するせっこう。CaSO

4

・2H

2

O の形のものが多い。II

型無水せっこうの形で産出する場合もある。

natural gypsum

111 

陶磁器型材用せっ

こう 

陶磁器の製造に使用する型材用せっこう。原料せっこう(天然

せっこう,化学せっこう及びふるがたせっこう)から焼成した

焼せっこう。015 型材用せっこうを参照(JIS R 9111 参照)

plaster of Paris mold

for pottery

112 

透せっこう 

(とうせっこう)

CaSO

4

・2H

2

O。純白結晶性のほとんど透明な天然せっこう。セ

レナイトともいう。

selenite

113 

土中窯 

(どちゅうがま)

山などの傾斜面に石積みで炉を形成し,周囲を土で埋めてつく
る石灰立窯。

Japanese early lime

kiln,

conventional lime kiln

114 

ドロマイト 

CaMg(CO

3

)

2

。菱面体(三方晶)系。密度 2.87 g/cm

3

。1 次分解

温度約 800  ℃,2 次分解温度約 900  ℃。CaMg(CO

3

)

2

の複塩を

主成分とする岩石で,苦灰石,白雲石ともいう。

dolomite

115 

ドロマイトクリン

カー 

天然ドロマイトを高温焼成したもので,製鋼用耐火物の原料。 dolomite

clinker,

dead-burned dolomite

116 

ドロマイトプラス

ター 

ドロマイトを軽焼,消化,粉砕してつくる左官材料。上塗り用

と下塗り用とがある(JIS A 6903 参照)

dolomite plaster,   
dolomitic lime plaster

117 

流し込み開始時間 

焼せっこうを水に投入し始めてから流し込み成形ができる適

度な粘性のスラリーになるまでの時間(JIS R 9112 参照)

118 

生焼け 

151 未分解物を参照。 half-burned

119 

軟焼生石灰 

(なんしょうき

せっかい) 

036 軽焼生石灰を参照。 soft-burned

soft burnt lime

120 II 型無水せっこう  CaSO

4

。161 硫酸カルシウム無水和物を参照。 II・anhydrite

121 

二水せっこう 

CaSO

4

・2H

2

O。159 硫酸カルシウム二水和物を参照。 gypsum

dihydrate

122 

ぬれ引張強さ 

焼せっこうを水に投入し始めてから 2 時間後の試験片の引張強

さ(JIS R 9112 参照)

wet tensile strength

123 

粘度係数 

左官用消石灰,ドロマイトプラスターなどの塗りやすさを示す

係数(JIS A 6902 及び JIS A 6903 参照)

viscosity coefficient

124 

排煙脱硫せっこう 

硫黄酸化物公害を防止するため発電所,工場などに設けた排脱
装置から副生する化学せっこう。排脱せっこう又は脱硫せっこ

うともいう。

flue-gas gypsum,   
desulfogypsum

125 

白雲石 

(はくうんせき)

CaMg(CO

3

)

2

。114 ドロマイトを参照。 dolomite

126 

白墨 

焼せっこう又は炭酸カルシウムを主材として成形し,黒板その

他に使用する用品。チョークともいう(JIS S 6009 参照)

chalk

127 

バテライト 

CaCO

3

。六方晶系。密度 2.54 g/cm

3

。炭酸カルシウムの同質多

形の一つ。天然鉱物としては見い出されず,一般的にはカルサ
イトを合成する際に見い出されるが,単一相として合成するこ

とは極めて難しい。

vaterite

128 

半水せっこう 

CaSO

4

・1/2H

2

O。160 硫酸カルシウム半水和物を参照。 gypsum

hemihydrate


9

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

129 

ビカー針装置 

焼せっこうその他の凝結時間を測定する装置(JIS A 6902JIS 
A 6903
JIS A 6904JIS R 5201 及び JIS R 9112 参照)。

Vicat (needle)

apparatus

130 

標準混水比 

プラスター類を適量の水と練ることで標準軟度とするに要す

る水とプラスターとの質量割合。標準軟度は,ビカー針装置の

軟度測定用棒を降ろして針入り深さを測定する。標準混水量と
もいう(JIS A 6902JIS A 6903 及び JIS A 6904 参照)

mixing water amount

for normal 
consistency

131 

標準軟度 

左官用消石灰,ドロマイトプラスター,せっこうプラスターの
凝結,安定性,粘度,強さなどの試験を行う場合のペースト及

びモルタルの標準の軟らかさ(JIS A 6902JIS A 6903 及び JIS 
A 6904 
参照)。

normal consistency

132 

表面吸水量 

シージングせっこうボードなどの表面吸水試験において 3 時間
後の表面から吸水した水の質量(JIS A 6901 参照)

surface water

absorption

133 

副産石灰 

アセチレン製造の際に副生するカーバイド石灰その他各種工
業から副生する石灰の総称。

by-product lime

134 

副産せっこう 

各種工業の中和又は複分解の過程から副生する化学せっこう。 by-product

gypsum

135 

ふけ 

左官用消石灰,ドロマイトプラスターなどの左官施工後,未消
化物が消化して噴出するもの。蒸気試験によって調べる(JIS A 
6902 
及び JIS A 6903 参照)。

popping and pitting

136 

(消石灰の)付着

 

消石灰の結晶構造内に取り込まれていない水。 free

moisture

137 

普通硬質せっこう

ボード 

耐衝撃性が強化せっこうボードの 1.2 倍以上,曲げ破壊荷重が

せっこうボードの 1.3 倍以上硬質なもの。間仕切・通路・廊下
などの壁・腰壁などに用いられる(JIS A 6901 参照)

gypsum

board-regular-hard 
type

138 

ふっ酸せっこう 

ホタル石と濃硫酸を用いてふっ化水素を発生させる過程から

副生する化学せっこう。

fluorogypsum

139 

不燃積層せっこう

ボード 

せっこうボードの表紙に不燃性の原紙を用い製造したせっこ

うボード。壁及び天井の下地材に用いる。また,仕上げ材用と

して不燃性表紙に化粧を施したものもある(JIS A 6901 参照)

non combustible

laminated gypsum 
board

140 

ふるがたせっこう 

陶磁器成形のせっこう型で摩耗又は欠損などによって型とし
て使用不可能になったもの。せっこう原料として再利用される

こともある。

waste mold gypsum

141 

β 型半水せっこう 

β・CaSO

4

・1/2H

2

O。160 硫酸カルシウム半水和物を参照。

β・gypsum hemihydrate

142 

方解石 

CaCO

3

。018 カルサイトを参照。 calcite

143 

防水剤 

せっこうボードの水,湿分による強度劣化に抵抗性をもたせる
ために用いる防水性又ははっ水性を与える添加剤。アスファル

ト・ワックスエマルジョンその他がある。

waterproofing agent

144 

ぼう硝せっこう 

塩化カルシウムにぼう硝(硫酸ナトリウム+水和物)を反応さ

せる過程から副生する化学せっこう。

sodagypsum

145 

膨張性亀裂 

左官用消石灰,ドロマイトプラスターなどの左官施工後,未消

化物の消化膨張によって生じる亀裂。安定性試験によって調べ
る(JIS A 6902 及び JIS A 6903 参照)

expansion crack

146 

舗装用石灰石粉 

(ほそうようせ

っかいせきふん)

アスファルト舗装などのれき(瀝)青舗装にフィラーとして用

いられる石灰石粉(JIS A 5008 参照)

limestone filler for

bituminous paving 
mixtures

147 

マグネシア 

059 酸化マグネシウムを参照。 magnesia

148 

曲げ破壊荷重 

せっこうボードの上部から集中荷重をスパン中央の全幅に

徐々に加え,試験片が破壊したときの荷重(JIS A 6901 参照)

breaking load at

bending

149 

マルテンス型引っ

かき硬度計 

プラスター類の硬化した表面の硬度を調べる試験装置(JIS A 
6902 
及び JIS A 6903 参照)。

scratch tester of

Martens type


10

R 9200

:2016

番号

用語

定義

対応英語(参考)

150 

(型材用せっこう

の)見掛の終結
時間 

型材用せっこうの凝結過程の一つで,焼せっこうを水中に投入
し始めてから物理的な硬化がほぼ終了するまでの時間の指標。

ビカー針装置を用いて測定する(JIS R 9112 参照)

apparent final setting

time

151 

未分解物 

石灰石又はドロマイトをか焼したとき,か焼産物中に未分解の

まま残ったもの(JIS R 0305 参照)

undecomposed residue

152 

無水せっこう 

CaSO

4

。161 硫酸カルシウム無水和物を参照。 anhydrite

153 

焼せっこう 

二水せっこうを 120∼200  ℃程度の温度でか焼して得られる水

和硬化性粉状物で,半水せっこうを主成分とする物質名。

calcined gypsum,   
plaster of Paris,   
stucco

154 

焼出量 

(やきだしりょ

う) 

炉から出てくる生石灰及び軽焼ドロマイトなどの量。

t/日の単

位で表すことが多い。

out-put

155 

有効石灰 

石灰中に含まれる有効な酸化カルシウムの含有量。使用目的に

よって各種の試験方法がある。

available lime

156 

(せっこうの)遊

離酸 

一定量の水に溶出する酸分。H

2

SO

4

換算値を含有率で表す(JIS 

R 9101 参照)。

free acid,   
acidity

157 

硫安せっこう 

硫安に消石灰を反応させてアンモニアを回収する過程から副
生する化学せっこう。

reammonogypsum

158 

硫酸カルシウム 

CaSO

4

の総称。水和形式では CaSO

4

・2H

2

O(二水せっこう),

CaSO

4

・1/2H

2

O(半水せっこう),CaSO

4

(無水せっこう)の 3

種類がある。試薬

JIS K 8963

ではその二水和物

(CaSO

4

・2H

2

O)

だけを指す。せっこうともいう。

calcium sulfate

159 

硫酸カルシウム二

水和物 

CaSO

4

・2H

2

O。単斜晶系。天然に産出する。各種工業で副生さ

れるものもあり,含有成分により色相が異なることがある。密

度 2.31∼2.33 g/cm

3

。二水せっこうともいう。

calcium sulfate

dihydrate

160 

硫酸カルシウム半

水和物 

CaSO

4

・1/2H

2

O。三方晶系。結晶状態の差異によって α 型(密

度 2.76 g/cm

3

)と β 型(密度 2.64 g/cm

3

)とがある。半水せっこ

うともいう。また,これを主成分とするものを焼せっこうとも
いう。

calcium sulfate

hemihydrate

161 

硫酸カルシウム無

水和物 

CaSO

4

。III 型(六方晶系,密度 α 型 2.59 g/cm

3

,β 型 2.48 g/cm

3

II 型(斜方晶系,密度 2.96 g/cm

3

,I 型(立方晶系)の 3 種類

がある。天然に産出するのは II 型で,硬せっこう又は無水せっ
こうともいう。工業的には硫酸カルシウム半水和物を加熱して

得られるが,低温側から III 型,II 型,I 型の順に転移する。

anhydrous calcium

sulfate

162 

りん酸せっこう 

湿式りん酸の製造過程から副生する化学せっこう。

phosphogypsum


11

R 9200

:2016

用語索引(用語の分類)

用語

番号

英語

鉱物 

アラゴナイト

002 aragonite

アラバスター

003 alabaster

カルサイト

018 calcite

セレナイト

097 selenite

ドロマイト

114 dolomite

バテライト

127 vaterite

鉱物(和名) 

あられ石

004 aragonite

苦灰石(くかいせき)

034 dolomite

雪花せっこう(せっかせっこう)

088 alabaster

繊維せっこう

098 satin

spar

天然せっこう

110 natural

gypsum

透せっこう(とうせっこう)

112 selenite

白雲石(はくうんせき)

125 dolomite

方解石

142 calcite

化合物名 

亜硫酸カルシウム

005 calcium

sulfite

酸化カルシウム

058 calcium

oxide

酸化マグネシウム

059 magnesium

oxide

水酸化カルシウム

076 calcium

hydroxide

水酸化ドロマイト

077

hydrated dolomitic lime

水酸化マグネシウム

078 magnesium

hydroxide

炭酸カルシウム

107 calcium

carbonate

硫酸カルシウム

158 calcium

sulfate

硫酸カルシウム二水和物

159 calcium

sulfate

dihydrate

硫酸カルシウム半水和物

160 calcium

sulfate

hemihydrate

硫酸カルシウム無水和物

161

anhydrous calcium sulfate

慣用名 

カルシア

019 calcia

マグネシア

147 magnesia

試験及び性能値 

圧縮強さ

001 compressive

strength

安定性試験

007 soundness

test

吸水性試験

024

water absorption test

凝結時間

028 setting

time

硬度試験

051 hardness

test,

pencil hardness test

始発時間

069

initial setting time

蒸気試験

074 steaming

test

終結時間

075 final

setting

time

水和反応性試験

081

slaking rate of quicklime

全吸水率

099

water absorption content

粗粒滴定試験

101

coarse grain titration

耐火炎性試験

102 flame

resistance

test

耐衝撃性試験

103

impact resistance test

流し込み開始時間

117

ぬれ引張強さ

122

wet tensile strength

ビカー針装置

129

Vicat (needle) apparatus

表面吸水量

132 surface

water

absorption


12

R 9200

:2016

用語

番号

英語

曲げ破壊荷重

148

breaking load at bending

マルテンス型引っかき硬度計

149

scratch tester of Martens type

(型材用せっこうの)見掛の終結時間

150

apparent final setting time

品質特性 

開孔率

010

rate of hole area

(せっこうの)化合水

013 combined

water

含水率

020 water

content

吸油量

026 oil

absorption

凝結膨張

032 setting

expansion

混水量

054

mixing water amount

残留 CO

2

061

rest carbon dioxide

(せっこうの)水分の付着率

079 free

water

(せっこうの)水溶性りん酸

080

water soluble phosphoric acid

(白墨の)折損強度(せっそんきょうど)

094 bending

strength

生焼け

118 half-burned

粘度係数

123 viscosity

coefficient

標準混水比

130

mixing water amount for normal consistency

標準軟度

131 normal

consistency

ふけ

135

popping and pitting

膨張性亀裂

145 expansion

crack

未分解物

151 undecomposed

residue

有効石灰

155 available

lime

(せっこうの)遊離酸

156 free

acid,

acidity

製造プロセス 

加圧消化

009 pressure

hydration

か焼

014 calcination,

calcining

(消石灰の)結合水

041 combined

water

混和材料

055 admixture

自然消化

067 air

slaking

熟成

071 aging

消化

072 hydration,

slaking

石灰焼成用窯炉(せっかいしょうせいようようろ)

085 lime

kiln

竪窯(たてがま)

105 shaft

kiln,

vertical kiln

土中窯(どちゅうがま)

113

Japanese early lime kiln,   
conventional lime kiln

(消石灰の)付着水

136 free

moisture

焼出量(やきだしりょう)

154 out-put

せっこう製品の原材料 

α 型半水せっこう

006

α・gypsum hemihydrate

化学せっこう

012 chemical

gypsum

可溶性無水せっこう

017 soluble

anhydrite

凝結促進剤

029 setting

accelerator

凝結遅延剤

030 setting

retarder

凝結調整剤

031 setting

modifier

硬せっこう(こうせっこう)

049 anhydrite

III 型無水せっこう

060

III・anhydrite

製錬せっこう

083 scouring

gypsum

せっこう

089 gypsum

せっこうボード用原紙

092

lining paper for gypsum board

接着増強剤

095

セメント用せっこう

096

gypsum for Portland cement retarder


13

R 9200

:2016

用語

番号

英語

増粘剤

100 viscosity

improver

チタンせっこう

108 titanogypsum

II 型無水せっこう

120

II・anhydrite

二水せっこう

121 gypsum

dihydrate

排煙脱硫せっこう

124 flue-gas

gypsum,

desulfogypsum

半水せっこう

128 gypsum

hemihydrate

副産せっこう

134 by-product

gypsum

ふっ酸せっこう

138 fluorogypsum

ふるがたせっこう

140

waste mold gypsum

β 型半水せっこう

141

β・gypsum hemihydrate

防水剤

143 waterproofing

agent

ぼう硝せっこう

144 sodagypsum

無水せっこう

152 anhydrite

焼せっこう

153 calcined

gypsum,

plaster of Paris,   
stucco

硫安せっこう

157 reammonogypsum

りん酸せっこう

162 phosphogypsum

せっこうボード・プラスター等 

医療用せっこう

008

medical (gypsum) plaster

型材用せっこう

015

molding (gypsum) plaster

既調合プラスター

022

plaster proportioned at work site

吸音用あなあきせっこうボード

023

perforated gypsum board for acoustic use

吸放湿せっこうボード

025

gypsum board-humidity control type

強化せっこうボード

027

fire-resistant gypsum board

キーンスセメント

033 Keene's

cement

化粧硬質せっこうボード

039

decorated gypsum board-hard type

化粧せっこうボード

040

decorated gypsum board

現場調合プラスター

042 preproportioned

plaster

工業用せっこう

044

industrial (gypsum) plaster

硬質せっこう

045

hard (gypsum) plaster

構造用せっこうボード

050

fire-resistant gypsum board-structure type

歯科用硬質せっこう

063 dental

stone

歯科用焼せっこう

064 dental

plaster

シージング硬質せっこうボード

065

gypsum sheathing board-hard type

シージングせっこうボード

066

gypsum sheathing board

せっこうプラスター

090 gypsum

plaster

せっこうボード

091 gypsum

board,

gypsum plaster board

せっこうラスボード

093

gypsum lath board

陶磁器型材用せっこう

111

plaster of Paris mold for pottery

普通硬質せっこうボード

137

gypsum board-regular-hard type

不燃積層せっこうボード

139

non combustible laminated gypsum board

石灰石等 

ご粉(ごふん)

052 whiting

重質炭酸カルシウム

070

ground calcium carbonate,   
heavy calcium carbonate

石灰石

086 limestone

大理石

104 marble

炭カル

106 calcium

carbonate

白墨

126 chalk

舗装用石灰石粉(ほそうようせっかいせきふん)

146

limestone filler for bituminous paving mixtures

生石灰 

貝灰(かいばい)

011 shell

lime


14

R 9200

:2016

用語

番号

英語

硬焼生石灰(かたやききせっかい)

016 hard-burned

lime,

hard-burnt lime

生石灰(きせっかい)

021 quicklime

軽焼生石灰(けいしょうきせっかい)

036 soft-burned

lime,

soft burnt lime

工業用石灰

043 industrial

lime

硬焼生石灰(こうしょうきせっかい)

047 hard-burned

lime,

hard-burnt lime

再生石灰

056 reclaimed

lime

塩焼石灰(しおやきせっかい)

062

quicklime calcined with salt addition

生石灰(せいせっかい)

082 quicklime

石灰

084 lime

軟焼生石灰(なんしょうきせっかい)

119 soft-burned

lime,

soft burnt lime

副産石灰

133 by-product

lime

消石灰 

左官用消石灰

057 plastering

lime

しっくい

068

Japanese lime plaster

消石灰

073 hydrated

lime,

slaked lime

石灰乳

087

milk of lime

軽質炭酸カルシウム 

軽質炭酸カルシウム

035

precipitated calcium carbonate,   
light calcium carbonate

膠質炭酸カルシウム(こうしつたんさんかるしうむ)

046

colloidal precipitated calcium carbonate

コロイド性炭酸カルシウム

053

colloidal precipitated calcium carbonate

沈降性炭酸カルシウム

109

precipitated calcium carbonate

ドロマイト・マグネシア 

軽焼ドロマイト(けいしょうどろまいと)

037 soft-burned

dolomite,

dolomite quicklime,   
soft-burnt dolomite

軽焼マグネシア(けいしょうまぐねしあ)

038 soft-burned

magnesia,

soft burnt magnesia

合成ドロマイトクリンカー

048

synthetic dolomite clinker

ドロマイトクリンカー

115 dolomite

clinker,

dead-burned dolomite

ドロマイトプラスター

116 dolomite

plaster,

dolomitic lime plaster

白墨 

白墨

126 chalk


15

R 9200

:2016

英語索引(アルファベット順)

英語

番号

用語

A 

acidity 156

(せっこうの)遊離酸

admixture 055

混和材料

aging 071

熟成

air slaking

067

自然消化

alabaster 003

アラバスター

alabaster 088

雪花せっこう(せっかせっこう)

anhydrite 049

硬せっこう(こうせっこう)

anhydrite 152

無水せっこう

II・anhydrite

120

II 型無水せっこう

III・anhydrite

060

III 型無水せっこう

anhydrous calcium sulfate

161

硫酸カルシウム無水和物

apparent final setting time

150

(型材用せっこうの)見掛の終結時間

aragonite 002

アラゴナイト

aragonite 004

あられ石

available lime

155

有効石灰

B 

bending strength

094

(白墨の)折損強度(せっそんきょうど)

breaking load at bending

148

曲げ破壊荷重

by-product gypsum

134

副産せっこう

by-product lime

133

副産石灰

C 

calcia 019

カルシア

calcination 014

か焼

calcined gypsum

153

焼せっこう

calcining 014

か焼

calcite 018

カルサイト

calcite 142

方解石

calcium carbonate

106

炭カル

calcium carbonate

107

炭酸カルシウム

calcium hydroxide

076

水酸化カルシウム

calcium oxide

058

酸化カルシウム

calcium sulfate

158

硫酸カルシウム

calcium sulfate dihydrate

159

硫酸カルシウム二水和物

calcium sulfate hemihydrate

160

硫酸カルシウム半水和物

calcium sulfite

005

亜硫酸カルシウム

chalk 126

白墨

chemical gypsum

012

化学せっこう

coarse grain titration

101

粗粒滴定試験

colloidal precipitated calcium carbonate

053

コロイド性炭酸カルシウム

colloidal precipitated calcium carbonate

046

膠質炭酸カルシウム(こうしつたんさんかるしうむ)

combined water

013

(せっこうの)化合水

combined water

041

(消石灰の)結合水

compressive strength

001

圧縮強さ

conventional lime kiln

113

土中窯(どちゅうがま)

D 

dead-burned dolomite

115

ドロマイトクリンカー

decorated gypsum board

040

化粧せっこうボード

decorated gypsum board-hard type

039

化粧硬質せっこうボード

dental plaster

064

歯科用焼せっこう

dental stone

063

歯科用硬質せっこう


16

R 9200

:2016

英語

番号

用語

desulfogypsum 124

排煙脱硫せっこう

dolomite 034

苦灰石(くかいせき)

dolomite 114

ドロマイト

dolomite 125

白雲石(はくうんせき)

dolomite clinker

115

ドロマイトクリンカー

dolomite plaster

116

ドロマイトプラスター

dolomite quicklime

037

軽焼ドロマイト(けいしょうどろまいと)

dolomitic lime plaster

116

ドロマイトプラスター

E 

expansion crack

145

膨張性亀裂

F 

final setting time

075

終結時間

fire-resistant gypsum board-structure type

050

構造用せっこうボード

fire-resistant gypsum board

027

強化せっこうボード

flame resistance test

102

耐火炎性試験

flue-gas gypsum

124

排煙脱硫せっこう

fluorogypsum 138

ふっ酸せっこう

free acid

156

(せっこうの)遊離酸

free moisture

136

(消石灰の)付着水

free water

079

(せっこうの)水分の付着率

G 

ground calcium carbonate

070

重質炭酸カルシウム

gypsum 089

せっこう

gypsum board

091

せっこうボード

gypsum board-humidity control type

025

吸放湿せっこうボード

gypsum board-regular-hard type

137

普通硬質せっこうボード

gypsum dihydrate

121

二水せっこう

gypsum for Portland cement retarder

096

セメント用せっこう

gypsum hemihydrate

128

半水せっこう

α・gypsum hemihydrate

006

α 型半水せっこう

β・gypsum hemihydrate

141

β 型半水せっこう

gypsum lath board

093

せっこうラスボード

gypsum plaster

090

せっこうプラスター

gypsum plaster board

091

せっこうボード

gypsum sheathing board

066

シージングせっこうボード

gypsum sheathing board-hard type

065

シージング硬質せっこうボード

H 

half-burned 118

生焼け

hard-burned lime

016

硬焼生石灰(かたやききせっかい)

hard-burned lime

047

硬焼生石灰(こうしょうきせっかい)

hard-burnt lime

016

硬焼生石灰(かたやききせっかい)

hard-burnt lime

047

硬焼生石灰(こうしょうきせっかい)

hard (gypsum) plaster

045

硬質せっこう

hardness test

051

硬度試験

heavy calcium carbonate

070

重質炭酸カルシウム

hydrated dolomitic lime

077

水酸化ドロマイト

hydrated lime

073

消石灰

hydration 072

消化

I 

impact resistance test

103

耐衝撃性試験

industrial (gypsum) plaster

044

工業用せっこう

industrial lime

043

工業用石灰


17

R 9200

:2016

英語

番号

用語

initial setting time

069

始発時間

J 

Japanese early lime kiln

113

土中窯(どちゅうがま)

Japanese lime plaster

068

しっくい

K 

Keene's cement

033

キーンスセメント

L 

light calcium carbonate

035

軽質炭酸カルシウム

lime 084

石灰

lime kiln

085

石灰焼成用窯炉(せっかいしょうせいようようろ)

limestone 086

石灰石

limestone filler for bituminous paving mixtures

146

舗装用石灰石粉(ほそうようせっかいせきふん)

lining paper for gypsum board

092

せっこうボード用原紙

M 

magnesia 147

マグネシア

magnesium hydroxide

078

水酸化マグネシウム

magnesium oxide

059

酸化マグネシウム

marble 104

大理石

medical (gypsum) plaster

008

医療用せっこう

milk of lime

087

石灰乳

mixing water amount

054

混水量

mixing water amount for normal consistency

130

標準混水比

molding (gypsum) plaster

015

型材用せっこう

N 

natural gypsum

110

天然せっこう

non combustible laminated gypsum board

139

不燃積層せっこうボード

normal consistency

131

標準軟度

O 

oil absorption

026

吸油量

out-put 154

焼出量(やきだしりょう)

P 

pencil hardness test

051

硬度試験

perforated gypsum board for acoustic use

023

吸音用あなあきせっこうボード

phosphogypsum 162

りん酸せっこう

plastering lime

057

左官用消石灰

plaster of Paris

153

焼せっこう

plaster of Paris mold for pottery

111

陶磁器型材用せっこう

plaster proportioned at work site

022

既調合プラスター

popping and pitting

135

ふけ

precipitated calcium carbonate

035

軽質炭酸カルシウム

precipitated calcium carbonate

109

沈降性炭酸カルシウム

preproportioned plaster

042

現場調合プラスター

pressure hydration

009

加圧消化

Q 

quicklime 021

生石灰(きせっかい)

quicklime 082

生石灰(せいせっかい)

quicklime calcined with salt addition

062

塩焼石灰(しおやきせっかい)


18

R 9200

:2016

英語

番号

用語

R 

rate of hole area

010

開孔率

reammonogypsum 157

硫安せっこう

reclaimed lime

056

再生石灰

rest carbon dioxide

061

残留 CO

2

S 

satin spar

098

繊維せっこう

scouring gypsum

083

製錬せっこう

scratch tester of Martens type

149

マルテンス型引っかき硬度計

selenite 097

セレナイト

selenite 112

透せっこう(とうせっこう)

setting accelerator

029

凝結促進剤

setting expansion

032

凝結膨張

setting modifier

031

凝結調整剤

setting retarder

030

凝結遅延剤

setting time

028

凝結時間

shaft kiln

105

竪窯(たてがま)

shell lime

011

貝灰(かいばい)

slaked lime

073

消石灰

slaking 072

消化

slaking rate of quicklime

081

水和反応性試験

sodagypsum 144

ぼう硝せっこう

soft-burned dolomite

037

軽焼ドロマイト(けいしょうどろまいと)

soft-burned lime

036

軽焼生石灰(けいしょうきせっかい)

soft-burned lime

119

軟焼生石灰(なんしょうきせっかい)

soft-burned magnesia

038

軽焼マグネシア(けいしょうまぐねしあ)

soft-burnt dolomite

037

軽焼ドロマイト(けいしょうどろまいと)

soft burnt lime

036

軽焼生石灰(けいしょうきせっかい)

soft burnt lime

119

軟焼生石灰(なんしょうきせっかい)

soft burnt magnesia

038

軽焼マグネシア(けいしょうまぐねしあ)

soluble anhydrite

017

可溶性無水せっこう

soundness test

007

安定性試験

steaming test

074

蒸気試験

stucco 153

焼せっこう

surface water absorption

132

表面吸水量

synthetic dolomite clinker

048

合成ドロマイトクリンカー

T 

titanogypsum 108

チタンせっこう

U 

undecomposed residue

151

未分解物

V 

vaterite 127

バテライト

vertical kiln

105

竪窯(たてがま)

Vicat (needle) apparatus

129

ビカー針装置

viscosity coefficient

123

粘度係数

viscosity improver

100

増粘剤

W 

waste mold gypsum

140

ふるがたせっこう

water absorption content

099

全吸水率

water absorption test

024

吸水性試験

water content

020

含水率


19

R 9200

:2016

英語

番号

用語

waterproofing agent

143

防水剤

water soluble phosphoric acid

080

(せっこうの)水溶性りん酸

wet tensile strength

122

ぬれ引張強さ

whiting 052

ご粉(ごふん)