>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 8101 :

 19
99
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 8101

  耐火度試験用標準コーン

ISO 1146 : 1988

  Pyrometric reference cones for laboratory use−Specification

(研究室用耐火度標準コーン)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○ 600-2000℃相当の耐火度

○ 1 500-1 800℃相当の耐火度

= 温度範囲が異なる。

国際規格の温度範囲が狭い

理由が不明。見直しの際問題
提起している。

(2)

用語・記号

(3)

種類・等級

○  ISO コーン及びゼーゲルコ

ーン

− ISO コーン

ADP JIS

ではゼーゲルコーンを併

ゼーゲルコーンは,国内の標

準コーンとして幅広く定着
しているため,ISO コーンに
一本化することは困難

(4)

形状・寸法及
び 寸 法 許 容

(5)

試験方法

(6)

表示

ISO

のコーンの寸法以外に,

ゼーゲルコーンの寸法を追

ISO

コーンの試験方法以外

に,ゼーゲルコーンの試験方
法を追加

同上

同上

備考:“≡”は一致,“=”は同等,“ADP(Adoption)”は採用を意味する。