>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 7606 :

 20
00
 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 7606 : 2000

  炭素繊維−単繊維の引張特性の

試験方法

ISO 11566 : 1996

  炭素繊維−単繊維の引張性質の試験方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  マットを追加

ISO 11566 

= 実質的な差はない。

(2)

引用規格

JIS K 7100 : 1999

JIS K 7161 : 1994

JIS R 7604 : 1999

JIS R 7607 : 2000

○ ISO 291 : 1977

ISO 527-1 : 1993

ISO 10548 : 1994

ISO 11567 : 1995

ISO 10618 : 1999

= ISO 10618 はまだ DIS 段階に

あり,かつ,この試験方法と

は直接に関係しないので JIS
には引用しない。

ISO

改正時に削除の提案を

する。

(3)

定義

コード弾性率を追加

= 実質的な差はない。

(4)

原理

≡ なし

(5)

装 置 及 び 材

≡ なし

(6)

試験片

≡ なし

(7)

手順

接着方法を一部変更

= 実質的な差はない。

ISO

改正時に変更の提案を

する。

(8)

計 算 及 び 結

果の表示

≡ なし

(9)

報告書

試験片の数を一部変更

= 実質的な差はない。

ISO

の記述が曖昧であり,正

常に破壊した試料の数を明
確にした。

(10)

附属書 A

≡ なし

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“≡”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。ただし,軽微な技術上の差異がある。