>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 7603 :

 19
99(ISO

 101

19 :

19
92)

 解

JIS

と対応する国際規格との対比表 

JIS R 7603 : 1999

  炭素繊維−密度の試験方法

ISO 10119 : 1992

  Carbon fibre−Determination of density

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との一致

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

○  炭素繊維糸の密度の試験方

ISO 10119 : 1992

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

なし

(2)

用語・記号

○  密度

同上

○ 密度

≡ 同上

(3)

試験の種類

○  炭素繊維の密度の試験

同上

○ 炭素繊維の密度

≡ 同上

(4)

試験の項目

○  密度

同上

○ 密度

≡ 同上

(5)

共通的条件

試験状態・試
験条件

○  試 験 場 所 の 雰 囲 気 条 件 を

23

℃±2℃,

(50±5)%RH 及

び 23℃±5℃,

(50

20

10


)%RH

とする。

ISO 291 : 1977

及び JIS K 

7100

同上

○ 試験場所の雰囲気条件を 23℃±

2

℃, (50±5)  %RH とする。

ADP JIS

に JIS K 7100 の雰囲気条

件を追加した。

原国際規格には左記の雰囲
気条件が規定されているが,

JIS K 7100

に規定されてい

る条件が JIS R 7601 に採用
されており,この試験の実施
に際しても従来から支障な

く適用されてきたので,この
条件を追加した。

(6)

装置・器具

○  恒温水槽の温度条件を 23℃

±0.1℃又は 23℃±0.5℃とす
る。

同上

○ 恒 温 水 槽 の 温 度 条 件 を 23 ℃ ±

0.1

℃とする。

ADP JIS

の条件を 23℃±0.5℃と

した。

密度測定において要求され

る精度を満たす条件として
は温度の管理幅を±0.1℃か
ら±0.5℃に広げても支障な

いため追加した。

(7)

材料・試料

同上

○ (I)に同じ

≡ 相違なし

(8)

手順・方法

①試験方法

○  A 法:液置換法

B

法:浮沈法

C

法:密度勾配管法

D

法:比重びん法

同上

○ A 法:液置換法

B

法:浮沈法

C

法:密度勾配管法

ADP JIS

に D 法として比重びん法

を追加した。

原国際規格には左記の 3 方
法が規定されているが,JIS
では JIS R 7601 に採用され

ている比重びん法を追加し
た。この方法は従来から JIS 

R 7601

に規定されており,

我が国で実績ある方法とし
て確立しているため JIS 
採用した。


 

2

R

 7603 :

 1

999

(IS
O

 10
1

19 :

 19
92)
 解


JIS

と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

② A 法 に 適
用 す る 浸 せ
き液

浸せき液の例として 9 種類を
例示

○ 浸せき液の例として 8 種類を例

ADP JIS

にジクロロメタンを追加

した。

受渡当事者間で採用の実績
があるので,JIS にはジクロ
ロメタンを追加した。

③ C 法 に 適
用 す る 浸 せ

き液

浸せき液の例として 9 種類を
例示

○ 浸せき液の例として 5 種類を例

ADP JIS

にアセトン,臭化エチレ

ン/アセトン,ブロモホルム/

キシレン,臭化エチレン/キシ
レン,ブロモホルムを追加し
た。

受渡当事者間で採用の実績
があるので,JIS にはアセト

ン,臭化エチレン/アセトン,
ブロモホルム/キシレン,臭
化エチレン/キシレン,ブロ

モホルムを追加した。

④ 試 験 片 の

○  少なくとも 2 個以上

○ 少なくとも 3 個以上

ADP JIS

では試験片の数を 1 個減

らした。

受渡当事者間で採用の実績
があるので,JIS では,JIS R 

7601

に規定されている試験

片の数に合わせた。

(9)

記録方法・様

○  小数点以下 2 けたまで求め

JIS Z 8401

により 1 けたに丸

める。

同上

○ 規定なし

ADP

計算上必要のため追加した。 ISO の修正を提案する。

(10)

附属書 A

密 度 勾 配 管
の作り方

○  サイホンを利用する方法及

び積み重ねによる方法

同上

○ サイホンを利用する方法

ADP JIS

に“積み重ねによる方法”

を追加した。

受渡当事者間で採用の実績
があるので,JIS には,JIS R

7601

に規定されている“積

み重ねによる方法”を追加し
た。

備考1.  対比項目(I)及び(III)の小欄で,“○”は該当する項目を規定している場合を示す。

2.

対比項目(IV)の小欄の記号の意味は,次による。 
“=”

JIS と国際規格との技術的内容は同等である。

“ADP”

(ADOPTION の略)

JIS は,国際規格と対応する部分を国際規格をそのまま変更なしで採用している。ただし,採用した部分において,JIS として

必要な規定内容を追加し,又は適用範囲,規定項目及び/又は規定内容の一部を不採用としている。