>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 7202

:2011

(1)

まえがき

この追補は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,工業標準原案を具

して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査会の審議を経て,経済産業大臣が改正

したもので,これによって,JIS R 7202:2008 は改正され,一部が置き換えられた。


日本工業規格

JIS

 R

7202

:2011

人造黒鉛丸形電極のテーパねじの角度及び

有効径測定方法

(追補 1)

Testing methods for taper screw thread angle and pitch diameter of

cylindrical machined graphite electrodes

(Amendment 1)

JIS R 7202:2008

を,次のように改正する。

5.2

(測定器具の形状及び組合せ)の

図 を,次の図に置き換える。

注記  図中の記号は,表 3-1,表 3-2,表 4-1 及び表 4-2 の記号と対応する。

図 4−リングゲージの組合せ 

5.3

(測定器具の寸法,許容差及び締付けトルク)の

表 2-1,表 2-2,表 3-1,表 3-2,表 4-1 及び表 4-2 を,

次に置き換える。


2

R 7202

:2011

表 2-1−プラグゲージの寸法及び許容差(4TPI 

単位  mm

大端面の外径

大端面の有効径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

ゲージ厚さ

α/2

P Z  H 

接続部

呼び名

ゲージ

種類

    K

1

寸法 
    K

2

許容差

    B

1

寸法 
    B

2

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

ねじ軸心
に対する
大端面の

振れ

(最大)

両端面の

平行度

(最大)

122T4N PA

PB

102.271 
118.905

99.111

115.745

139T4N PA

PB

119.733 
136.367

116.573
133.207

19.0

152T4N PA

PB

132.317 
149.067

129.157
145.907

177T4N PA

PB

153.483 
174.467

150.323
171.307

203T4N 
203T4L

PA 
PB

172.533 
199.867

169.373
196.707

25.0

222T4N 
222T4L

PA 
PB

184.783 
218.917

181.623
215.757

±0.025

241T4N 
241T4L

PA 
PB

203.833 
237.967

200.673
234.807

269T4N 
269T4L

PA 
PB

223.947 
266.547

220.787
263.387

298T4N 
298T4L

PA 
PB

252.517 
295.117

249.357
291.957

317T4N 
317T4L

PA 
PB

271.567 
314.167

268.407
311.007

±0.010

a)

±0.015

b)

355T4N 
355T4L

PA 
PB

309.667 
352.267

306.507
349.107

374T4N 
374T4L

PA 
PB

328.717 
371.317

325.557
368.157

30.0

406T4N PA

PB

360.467 
403.067

±0.060

357.307
399.907

±0.030

30°

±10′

6.350

±0.010

a)

±0.020

b)

9°27′44″

(1/6)

+1′20″

0

33.0 又
は 35.0

±0.2 0.020  0.010

注記  K

1

K

2

B

1

及び B

2

は,

図 及び図 の記号に対応する。

a)

  単一ピッチの許容差

b)

  累積ピッチの許容差

2

R

 7202


201

1


3

R 7202

:2011

表 2-2−プラグゲージの寸法及び許容差(3TPI 

単位  mm

大端面の外径

大端面の有効径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

ゲージ厚さ

α/2

P Z  H 

接続部

呼び名

ゲージ

種類

    K

1

寸法 
    K

2

許容差

    B

1

寸法 
    B

2

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

ねじ軸心
に対する
大端面の

振れ

(最大)

両端面の

平行度

(最大)

139T3N PA

PB

117.633 
136.367

113.421
132.155

155T3N PA

PB

130.689 
152.242

126.477
148.030

177T3N PA

PB

143.812 
173.832

139.600
169.620

±0.025

215T3N 
215T3L

PA 
PB

176.900 
212.567

172.688
208.355

241T3N 
241T3L

PA 
PB

196.657 
237.967

192.445
233.755

25.4

273T3N 
273T3L

PA 
PB

227.117 
269.717

222.905
265.505

298T3N 
298T3L

PA 
PB

252.517 
295.117

±0.060

248.305
290.905

±0.030

30°

±10′

8.467

±0.015

a)

±0.020

b)

9°27′44″

(1/6)

+1′20″

0

30.0

±0.2 0.020  0.010

注記  K

1

K

2

B

1

及び B

2

は,

図 及び図 の記号に対応する。

a)

  単一ピッチの許容差

b)

  累積ピッチの許容差

3

R

 7202


201

1


4

R 7202

:2011

表 3-1−リングゲージの寸法及び許容差(4TPI 

単位  mm

大端面の有効径

大端面の内径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

ゲージ厚さ

α/2

P Z  H 

接続部

呼び名

ゲージ

種類

    B

3

寸法 
    B

4

許容差

    B

5

寸法 
    B

6

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

ねじ軸心
に対する
大端面の

振れ

(最大)

両端面の

平行度

(最大)

122T4N RB

RA,RC

 99.111 
115.745

 95.951
112.585

139T4N RB

RA,RC

116.573 
133.207

113.413
130.047

19.0

152T4N RB

RA,RC

129.157 
145.907

125.997
142.747

177T4N RB

RA,RC

150.323 
171.307

147.163
168.147

203T4N 
203T4L

RB

RA,RC

169.373 
196.707

166.213
193.547

25.0

222T4N 
222T4L

RB

RA,RC

181.623 
215.757

±0.025

178.463
212.597

241T4N 
241T4L

RB

RA,RC

200.673 
234.807

197.513
231.647

269T4N 
269T4L

RB

RA,RC

220.787 
263.387

217.627
260.227

298T4N 
298T4L

RB

RA,RC

249.357 
291.957

246.197
288.797

317T4N 
317T4L

RB

RA,RC

268.407 
311.007

265.247
307.847

±0.010

a)

±0.015

b)

355T4N 
355T4L

RB

RA,RC

306.507 
349.107

303.347
345.947

374T4N 
374T4L

RB

RA,RC

325.557 
368.157

322.397
364.997

30.0

406T4N RB

RA,RC

357.307 
399.907

±0.030

354.147
396.747

±0.060

30°

±10′

6.350

±0.010

a)

±0.020

b)

9°27′44″

(1/6)

0

−1′20″

33.0 又
は 35.0

±0.2 0.020  0.010

注記  B

3

B

4

B

5

及び B

6

は,

図 及び図 の記号に対応する。

a)

  単一ピッチの許容差

b)

  累積ピッチの許容差

4

R

 7202


201

1


5

R 7202

:2011

表 3-2−リングゲージの寸法及び許容差(3TPI 

単位  mm

大端面の有効径

大端面の内径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

ゲージ厚さ

α/2

P Z  H 

接続部

呼び名

ゲージ

種類

    B

3

寸法 
    B

4

許容差

    B

5

寸法 
    B

6

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

許容差

ねじ軸心
に対する
大端面の

振れ

(最大)

両端面の

平行度

(最大)

139T3N RB

RA,RC

113.421 
132.155

109.209
127.943

155T3N RB

RA,RC

126.477 
148.030

122.265
143.818

177T3N RB

RA,RC

139.600 
169.620

±0.025

135.388
165.408

215T3N 
215T3L

RB

RA,RC

172.688 
208.355

168.476
204.143

241T3N 
241T3L

RB

RA,RC

192.445 
233.755

188.233
229.543

25.4

273T3N 
273T3L

RB

RA,RC

222.905 
265.505

218.693
261.293

298T3N 
298T3L

RB

RA,RC

248.305 
290.905

±0.030

244.093
286.693

±0.060

30°

±10′

8.467

±0.015

a)

±0.020

b)

9°27′44″

(1/6)

0

−1′20″

30.0

±0.2 0.020  0.010

注記  B

3

B

4

B

5

及び B

6

は,

図 及び図 の記号に対応する。

a)

  単一ピッチの許容差

b)

  累積ピッチの許容差

5

R

 7202


201

1


6

R 7202

:2011

表 4-1−ゲージ間隔(セットブロックゲージ)の基準寸法,許容差及び締付けトルク(4TPI 

単位  mm

テーパ測定用

ゲージ間隔の基準寸法

有効径測定用

ゲージ間隔の基準寸法

PA-PB 用 RA-RB 用

PB-ポール

端面用

RA-RC 用

接続部

呼び名

T

1

T

2

C

1

C

2

許容差

締付けトルク

a)

Q(kN・cm)

122T4N 
139T4N

 49.90

 49.90

39.00

152T4N

 50.25

 50.25

177T4N

 62.95

 62.95

203T4N 
203T4L

 82.00

 82.00

45.00

1.5∼3.0

222T4N 
222T4L 
241T4N 
241T4L

102.40 102.40

269T4N 
269T4L 
298T4N 
298T4L 
317T4N 
317T4L 
355T4N 
355T4L 
374T4N 
374T4L

50.00

406T4N

127.80 127.80

10.00

53.00 又は

55.00

±0.005

2.0∼7.0

注記  T

1

T

2

C

1

及び C

2

は,

図 2,図 及び図 の記号に対応する。

a)

  リングゲージの締付けトルクは,図 10 及び式(3)によって求める。


7

R 7202

:2011

表 4-2−ゲージ間隔(セットブロックゲージ)の基準寸法,許容差及び締付けトルク(3TPI 

単位  mm

テーパ測定用

ゲージ間隔の基準寸法

有効径測定用

ゲージ間隔の基準寸法

PA-PB 用 RA-RB 用

PB-ポール

端面用

RA-RC 用

接続部

呼び名

T

1

T

2

C

1

C

2

許容差

締付けトルク

a)

Q(kN・cm)

139T3N

 56.20

 56.20

155T3N

 64.65

 64.65

177T3N

 90.05

 90.05

1.5∼3.0

215T3N 
215T3L

107.00 107.00

241T3N 
241T3L

123.90 123.90

45.40

273T3N 
273T3L 
298T3N 
298T3L

127.80 127.80

10.00

50.00

±0.005

2.0∼5.0

注記  T

1

T

2

C

1

及び C

2

は,

図 2,図 及び図 の記号に対応する。

a)

  リングゲージの締付けトルクは,図 10 及び式(3)によって求める。

箇条 8(テーパねじゲージの校正)の

表 5-1,表 5-2 及び表 5-3 を,次に置き換える。


8

R 7202

:2011

表 5-1−テーパねじマスタゲージの形状,寸法及び許容差(4TPI 

単位  mm

基本径面の外径

基本径面の有効径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

接続部

呼び名

寸法

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

単一ピッチ

の許容差

累積ピッチ

の許容差

角度

許容差

基本径面と
測定基準面

との距離

122T4N 122.238

119.078

139T4N 139.700

136.540

±7 ′

±0.013

+1′20″

0

10

152T4N 152.400

149.240

86.2

a)

177T4N 177.800

174.640

10

203T4N

203T4L

203.200 200.040

67.15

a)

222T4N

222T4L

222.250

±0.050

219.090

±0.020

241T4N

241T4L

241.300 238.140

269T4N

269T4L

269.880 266.720

298T4N

298T4L

298.450 295.290

317T4N

317T4L

317.500

±0.060

314.340

±0.025

30°

±8 ′

6.350

±0.010

±0.020

9°27′44″

(1/6)

+1′00″

0

10

a)

 152T4N 及び 177T4N,203T4N, 203T4L 及び 222T4N, 222T4L はそれぞれ共用テーパねじマスタゲージである。

8

R

 7202


201

1


9

R 7202

:2011

表 5-2−テーパねじマスタゲージ(分割形)の形状,寸法及び許容差(4TPI 

単位  mm

大端面の

外径

大端面の

有効径

ねじ山の

角度(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

接続部

呼び名

ゲージの

種類

寸法

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

単一ピッチ

の許容差

累積ピッチ

の許容差

角度

許容差

基本径面
と大端面
との距離

MPA 309.667

306.507

137.800

355T4N

355T4L

MPB 352.267

349.107

10

MPA 328.717

325.557

137.800

374T4N

374T4L

MPB 371.317

368.157

±0.025

±8 ′

±0.018

10

MPA 360.467

357.307

137.800

406T4N

MPB 403.067

±0.060

399.907

±0.030

30°

±1 0 ′

6.350

±0.010

±0.020

9°27′44″

(1/6)

+1′00″

0

10

9

R

 7202


201

1


10

R 7202

:2011

表 5-3−テーパねじマスタゲージの形状,寸法及び許容差(3TPI 

単位  mm

基本径面の外径

基本径面の

有効径

ねじ山の角度

(半角)

ねじのピッチ

テーパの 1/2

接続部

呼び名

寸法

許容差

寸法

許容差

角度

許容差

寸法

単一ピッチ

の許容差

累積ピッチ

の許容差

角度

許容差

基本径面と
測定基準面

との距離

139T3N

139.700 135.488

155T3N

155.575 151.363

177T3N

177.165

±0.050

172.953

±0.020

±7 ′

215T3N

215T3L

215.900 211.688

241T3N

241T3L

241.300 237.088

±0.013

+1′20″

0

273T3N

273T3L

273.050 268.838

298T3N

298T3L

298.450

±0.060

294.238

±0.025

30°

±8 ′

8.467

±0.010

±0.018

9°27′44″

(1/6)

+1′00″

0

10

10

R

 7202


201

1