>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 6211-17:2017

(1)

目  次

ページ

序文  

1

1  適用範囲  

1

2  引用規格  

1

3  軸付といしの型番及び寸法の表示  

1

3.1  52 号 WPL 形軸付といし  

2

3.2  52 号 WCC 形軸付といし  

3

3.3  52 号 WRE 形軸付といし  

4

3.4  52 号 WCE 形軸付といし  

5

3.5  52 号 WTC 形軸付といし  

5

3.6  52 号 WCR 形軸付といし  

6

3.7  52 号 CDT 形軸付といし  

8

3.8  52 号 CRE 形軸付といし  

9

3.9  52 号 CTE 形軸付といし  

9

3.10  52 号 WOE 形軸付といし  

10

3.11  52 号 SPH 形軸付といし  

11

3.12  52 号 CIC 形軸付といし  

12

3.13  52 号 PPT 形軸付といし  

13

3.14  52 号 CIF 形軸付といし  

14

3.15  52 号 CIR 形軸付といし  

14

3.16  52 号 PPC 形軸付といし  

15

3.17  52 号 PPP 形軸付といし  

16

3.18  52 号 CID 形軸付といし  

16

3.19  52 号 MSH 形軸付といし  

17

3.20  52 号 CNE 形軸付といし  

17

3.21  52 号 EGG 形軸付といし  

18

3.22  52 号 CCN 形軸付といし  

18

4  寸法許容差  

18

附属書 JA(参考)JIS 型番の形状  

19

附属書 JB(参考)JIS と対応国際規格との対比表  

21


R 6211-17:2017

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 12 条第 1 項の規定に基づき,研削砥石工業会(GIS)及び一般財団法人日

本規格協会(JSA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を制定すべきとの申出があり,日本工業標

準調査会の審議を経て,経済産業大臣が制定した日本工業規格である。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願又は実用新案権に抵触する可能性があることに注意

を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許権,出願公開後の特許出願及び実

用新案権に関わる確認について,責任はもたない。

JIS R 6211 の規格群には,次に示す部編成がある。

JIS R 6211-1  第 1 部:円筒研削用研削といし

JIS R 6211-2  第 2 部:外面心無し研削用研削といし

JIS R 6211-3  第 3 部:内面研削用研削といし

JIS R 6211-4  第 4 部:横軸平面研削用研削といし

JIS R 6211-5  第 5 部:立軸平面研削用及び対向二軸平面研削用研削といし

JIS R 6211-6  第 6 部:工具研削用研削といし

JIS R 6211-7  第 7 部:卓上及び床上グラインダにおける一般用研削といし

JIS R 6211-8  第 8 部:ばり取り及びきず取り用研削といし

JIS R 6211-9  第 9 部:超重研削用研削といし

JIS R 6211-10  第 10 部:ホーニングといし及び超仕上げといし

JIS R 6211-11  第 11 部:手研ぎといし

JIS R 6211-12  第 12 部:ストレートグラインダにおけるばり取り用研削といし

JIS R 6211-13  第 13 部:バーチカルグラインダにおけるばり取り用研削といし

JIS R 6211-14  第 14 部:アングルグラインダにおけるばり取り及びきず取り用研削といし

JIS R 6211-15  第 15 部:定置型又は可搬型切断機における切断といし

JIS R 6211-16  第 16 部:手持式切断機における切断といし

JIS R 6211-17  第 17 部:軸付といし


日本工業規格

JIS

 R

6211-17

:2017

といし-寸法-

第 17 部:軸付といし

Bonded abrasive products-Dimensions-

Part 17: Spindle mounted wheels (ISO type 52)

序文 

この規格は,2014 年に第 1 版として発行された ISO 603-17 を基とし,日本市場に流通している寸法を

追加するために技術的内容を変更して作成した日本工業規格である。

なお,この規格で側線又は点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格を変更している事項である。

変更の一覧表にその説明を付けて,附属書 JB に示す。

適用範囲 

この規格は,次に示す軸付といしの寸法について規定する。

- 52 号  軸付といし

注記 1  この規格に規定する軸付といしは,手持式グラインダを使用する。

注記 2  この規格の対応国際規格及びその対応の程度を表す記号を,次に示す。

ISO 603-17:2014,Bonded abrasive products-Dimensions-Part 17: Spindle mounted wheels (ISO

type 52)(MOD)

なお,対応の程度を表す記号“MOD”は,ISO/IEC Guide 21-1 に基づき,“修正している”

ことを示す。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。この引用

規格は,その最新版(追補を含む。)を適用する。

JIS R 6244  結合研削材といし-寸法許容差及び振れ公差

軸付といしの型番及び寸法の表示 

軸付といしの型番は,形を表す英字 3 文字と,その後に外径(φD),厚さ(T)及び軸径(φS

d

)の寸

法を順番に表すそれぞれ 2 桁の数字 6 文字,合計 9 文字の組み合わせによる。ただし,型番 SPH シリーズ

は厚さ表示を省略した合計 7 文字で表す。

なお,各形状及び寸法は,附属書 JA(参考)の型番(旧 JIS 型番)によって表してもよい。


2

R 6211-17:2017

3.1 52 号 WPL 形軸付といし 

52 号 WPL 形軸付といしの型番及び寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 152 号 WPL 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WPL とは,Wheel plain の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

単位  mm

型番

旧 JIS 型番  D T

S

d

L

2

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WPL 03 06 03

a)

W144

3

6

3

30

WPL 10 10 06

W175

10

10

6

40

WPL 03 10 03

a)

W145

3

10

3

30

WPL 10 13 03

a)

W176

10 13  3 30

WPL 03 13 03

a)

W146

3

13

3

30

WPL 10 13 06

10

13

6

40

WPL 04 06 03

a)

W149

4

6

3

30

WPL 10 20 03

W177

10 20  3 30

WPL 04 10 03

a)

WJ1

4

10

3

30

WPL 10 19 03

a)

10 19  3 30

WPL 04 13 03

a)

WJ2

4

13

3

30

WPL 10 20 06

10

20

6

40

WPL 05 06 03

a)

W152

5

6

3

30

WPL 10 25 03

a)

W178

10 25  3 30

WPL 05 10 03

a)

W153

5

10

3

30

WPL 10 25 06

10

25

6

40

WPL 05 13 03

a)

W154

5

13

3

30

WPL 10 32 06

W179

10

32

6

40

WPL 06 06 03

a)

W160

6

6

3

30

WPL 13 03 03

a)

W182

13 3 3 30

WPL 06 10 03

a)

W162

6

10

3

30

WPL 13 03 06

13

3

6

40

WPL 06 10 06

6

10

6

40

WPL 13 06 03

W183

13 6 3 30

WPL 06 13 03

a)

W163

6

13

3

30

WPL 13 06 06

13

6

6

40

WPL 06 13 06

6

13

6

40

WPL 13 13 03

W185

13 13  3 30

WPL 06 20 03

W164

6

20

3

30

WPL 13 13 06

13

13

6

40

WPL 06 19 03

a)

6 19

3

30

WPL 13 20 03

W186

13 20  3 30

WPL 08 10 03

a)

W169

8

10

3

30

WPL 13 19 03

a)

13 19  3 30

WPL 08 10 06

8

10

6

40

WPL 13 20 06

13

20

6

40

WPL 08 13 03

a)

W170

8

13

3

30

WPL 13 25 03

a)

W187

13 25  3 30

WPL 08 20 03

W171

8

20

3

30

WPL 13 25 06

13

25

6

40

WPL 10 06 03

a)

W174

10

6

3

30

WPL 13 40 06

W188

13 40  6 40

WPL 10 10 03

a)

W175

10

10

3

30

WPL 13 38 06

13 38  6 40


3

R 6211-17:2017

表 152 号 WPL 形軸付といし(続き) 

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T

S

d

L

2

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WPL 16 13 03

a)

W194

16

13

3

30

WPL 19 50 06

W208 19

50 6 40

WPL 16 16 06

WJ3

16

16

6

40

WPL 25 03 03

a)

W215

25 3 3 30

WPL 16 20 03

W195

16

20

3

30

WPL 25 03 06

25

3

6

40

WPL 16 20 06

16

20

6

40

WPL 25 06 03

a)

W216

25 6 3 30

WPL 16 25 03

W196

16

25

3

30

WPL 25 06 06

25

6

6

40

WPL 16 25 06

16

25

6

40

WPL 25 10 06

W217

25

10

6

40

WPL 16 32 06

WJ4

16

32

6

40

WPL 25 13 06

W218

25

13

6

40

WPL 16 50 06

W197

16

50

6

40

WPL 25 20 06

W219

25 20  6 40

WPL 19 03 03

a)

W200

19

3

3

30

WPL 25 19 06

25 19  6 40

WPL 16 32 06

WJ4

16

32

6

40

WPL 25 25 06

W220

25

25

6

40

WPL 16 50 06

W197

16

50

6

40

WPL 25 32 06

W221

25

32

6

40

WPL 19 03 03

a)

W200

19

3

3

30

WPL 25 38 06

W221 25

38

6

40

WPL 20 06 03

W201

20

6

3

30

WPL 25 50 06

W222

25

50

6

40

WPL 19 06 03

a)

19

6

3

30

WPL 32 06 06

W225

32

6

6

40

WPL 20 06 06

20

6

6

40

WPL 32 10 06

W226

32

10

6

40

WPL 20 10 03

W202

20

10

3

30

WPL 32 20 06

W228

32 20  6 40

WPL 19 10 03

a)

19

10

3

30

WPL 32 19 06

32 19  6 40

WPL 20 10 06

20

10

6

40

WPL 32 32 06

W230

32

32

6

40

WPL 19 13 03

a)

W203

19

13

3

30

WPL 32 50 06

W232

32

50

6

40

WPL 20 20 03

W204

20

20

3

30

WPL 38 06 06

W235

38

6

6

40

WPL 20 20 06

20

20

6

40

WPL 38 13 06

W236

38

13

6

40

WPL 19 19 06

19

19

6

40

WPL 38 19 06

WJ5

38

19

6

40

WPL 20 25 06

W205

20

25

6

40

WPL 38 25 06

W237

38

25

6

40

WPL 19 25 06

19

25

6

40

WPL 38 38 06

W238

38

38

6

40

WPL 20 32 06

W206

20

32

6

40

WPL 40 20 06

W237

40

20

6

40

WPL 20 38 06

W207

20

38

6

40

WPL 50 13 06

WJ6

50

13

6

40

WPL 19 38 06

19

38

6

40

WPL 50 25 06

W242

50

25

6

40

WPL 20 50 06

W208

20

50

6

40

-  -

a)

  L

2

=40 としてもよい。

3.2 52 号 WCC 形軸付といし 

52 号 WCC 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


4

R 6211-17:2017

表 252 号 WCC 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WCC とは,Wheel concave end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T  S

d

L

2

WCC 06 13 03

b)

 B135

6  13

3

30

WCC 10 10 03

B133

10

10

3

30

WCC 10 13 03

b)

B132

10 13

3

30

WCC10 13 06

10

13

6

40

WCC 13 13 03

b)

B131

13 13

3

30

WCC 13 13 06

13

13

6

40

WCC 20 30 06

A39

20

20

6

40

WCC 25 25 06

A38

25

25

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。

3.3 52 号 WRE 形軸付といし 

52 号 WRE 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 352 号 WRE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WRE とは,Wheel round end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WRE 06 20 06

A24

  6

20

6

40

WRE 25 25 06

A21

25

25

6

40

WRE 25 50 06

AJ7

25

50

6

40


5

R 6211-17:2017

3.4 52 号 WCE 形軸付といし 

52 号 WCE 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 452 号 WCE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WCE とは,Wheel conical end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  D≦20 mm のとき α=60°,D>20 mm のとき α=90°

ただし,

α は受渡当事者間の協定によることもできる。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WCE 06 10 03

-  6 10 3 30

WCE 06 27 06

A15

  6

27

6

40

WCE 20 22 06

A14

20

22

6

40

WCE 20 63 06

- 20 63 6 40

WCE 28 28 06

A13

28

28

6

40

3.5 52 号 WTC 形軸付といし 

52 号 WTC 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


6

R 6211-17:2017

表 552 号 WTC 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WTC とは,Wheel truncated cone end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  D≦20 mm のとき α=60°,D>20 mm のとき α=90°

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WTC 06 10 03

-  6 10 3 30

WTC 06 27 06

-  6 27 6 40

WTC 20 22 06

- 20 22 6 40

WTC 20 63 06

A1

20

63

6

40

WTC 28 28 06

- 28 28 6 40

3.6 52 号 WCR 形軸付といし 

52 号 WCR 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


7

R 6211-17:2017

表 652 号 WCR 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WCR とは,Wheel conical round end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  T

1

:受渡当事者間の協定による。

b)

  T

2

:受渡当事者間の協定による。

c)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WCR 16 16 03

d)

B41

16 16 3 30

WCR 16 16 06

16

16

6

40

WCR 16 32 06

A12

16

32

6

40

WCR 20 30 06

A5

20 30 6 40

WCR 19 28 06

19

28

6 40

WCR 32 32 06

A4

32

32

6

40

d)

  L

2

=40 としてもよい。


8

R 6211-17:2017

3.7 52 号 CDT 形軸付といし 

52 号 CDT 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 752 号 CDT 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CDT とは,Conical double taper の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  T

2

:受渡当事者間の協定による。

b)

  DD=11 以外の値は,受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CDT 11 20 03

B51

11 20 3 30

CDT 11 20 06

11

20

6

40


9

R 6211-17:2017

3.8 52 号 CRE 形軸付といし 

52 号 CRE 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 852 号 CRE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CRE とは,Conical round end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CRE 13 25 03

b)

BJ6

13

25

3

30

CRE 16 45 06

A3mini

16

45

6

40

CRE 19 38 06

AJ3

19

38

6

40

CRE 25 50 06

AJ6

25

50

6

40

CRE 25 70 06

A3

25

70

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。

3.9 52 号 CTE 形軸付といし 

52 号 CTE 形軸付といしの寸法は,表 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


10

R 6211-17:2017

表 952 号 CTE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CTE とは,Conical truncated end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CTE 03 06 03

B96

  3

  6

3

30

CTE 03 10 03

B97

  3

10

3

30

CTE 06 06 03

B92

  6

  6

3

30

CTE 13 16 03

b)

B91

13 16 3 30

CTE 13 16 06

13

16

6

40

CTE 25 10 06

A35

25

10

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。

3.10 52 号 WOE 形軸付といし 

52 号 WOE 形軸付といしの寸法は,表 10 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


11

R 6211-17:2017

表 1052 号 WOE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 WOE とは,Wheel ogival end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

WOE 06 08 03

B43

  6

  8

3

30

WOE 10 19 03

b)

B52

10 19  3 30

WOE 10 20 03

10

20

3

30

WOE 10 20 06

B42

13

20

6

40

WOE 19 38 06

AJ2

19

38

6

40

WOE 19 45 06

AJ4

19

45

6

40

WOE 20 32 06

A12

20

32

6

40

WOE 22 50 06

A11

22

50

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。

3.11 52 号 SPH 形軸付といし 

52 号 SPH 形軸付といしの寸法は,表 11 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


12

R 6211-17:2017

表 1152 号 SPH 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 SPH とは,Spherical の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D S

d

L

2

SPH 03 03

B124

  3

3

30

SPH 05 03

B123

  5

3

30

SPH 06 03

a)

BJ2

 6

3

30

SPH 13 03

a)

B121

13 3 30

SPH 13 06

13

6

40

SPH 16 06

A26

16

6

40

SPH 25 06

A25

25

6

40

a)

  L

2

=40 としてもよい。

3.12 52 号 CIC 形軸付といし 

52 号 CIC 形軸付といしの寸法は,表 12 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


13

R 6211-17:2017

表 1252 号 CIC 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CIC とは,Conical inverse cup の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  T

1

:0.4~0.55T

b)

  D

1

:約 0.6D

c)

  α:10°~16°

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CIC 16 18 03

B101

16 18 3 30

CIC 16 18 06

16

18

6

40

CIC 25 18 06

A32

25

18

6

40

CIC 35 37 06

A31

35

37

6

40

3.13 52 号 PPT 形軸付といし 

52 号 PPT 形軸付といしの寸法は,表 13 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1352 号 PPT 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 PPT とは,Profiled periphery tapered の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α:受渡当事者間の協定による。

b)

  T

1

:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

PPT 25 10 06

A35

25

10

6

40

PPT 38 10 06

A34

38

10

6

40


14

R 6211-17:2017

3.14 52 号 CIF 形軸付といし 

52 号 CIF 形軸付といしの寸法は,表 14 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1452 号 CIF 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面 

a)  タイプ A b)  タイプ 

注記 1 CIF とは,Conical inverse flat end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α:受渡当事者間の協定による。

b)

  T

1

:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CIF 08 10 03

B104

  8

10

3

30

CIF 16 05 03

B103

16

5 3 30

CIF 16 06 03

c)

16

6  3 30

CIF 25 13 06

AJ5

25

13

6

40

c)

  L

2

=40 としてもよい。

3.15 52 号 CIR 形軸付といし 

52 号 CIR 形軸付といしの寸法は,表 15 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。


15

R 6211-17:2017

表 1552 号 CIR 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CIR とは,Conical inverse round end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α:受渡当事者間の協定による。

b)

  T

1

:受渡当事者間の協定による。

c)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CIR 11 18 03

B111

11 18 3 30

CIR 11 18 06

11

18

6

40

CIR 20 25 06

A23

20

25

6

40

3.16 52 号 PPC 形軸付といし 

52 号 PPC 形軸付といしの寸法は,表 16 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1652 号 PPC 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面 

a)  タイプ A b)  タイプ 

注記 1 PPC とは,Profiled periphery curved の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  RT/2

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

PPC 13 10 03

B62

13 10 3 30

PPC 13 10 06

13

10

6

40

PPC 19 08 03

b)

B61

19

8 3 30

PPC 20 08 03

20

  8

3

30

PPC 20 08 06

20

  8

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。


16

R 6211-17:2017

3.17 52 号 PPP 形軸付といし 

52 号 PPP 形軸付といしの寸法は,表 17 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1752 号 PPP 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 PPP とは,Profiled periphery pointed の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α=60°

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

PPP 32 06 06

A37

32 6  6 40

PPP 32 08 06

32 8  6 40

PPP 40 10 06

A36

40

10

6

40

3.18 52 号 CID 形軸付といし 

52 号 CID 形軸付といしの寸法は,表 18 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1852 号 CID 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CID とは,Conical inverse dish の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  T

1

:受渡当事者間の協定による。

b)

  α:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CID 20 05 03

B81

20

5

3

30


17

R 6211-17:2017

3.19 52 号 MSH 形軸付といし 

52 号 MSH 形軸付といしの寸法は,表 19 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 1952 号 MSH 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 MSH とは,Mushroom の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

MSH 16 03 03

B71

16 3  3 30

MSH 16 03 06

16

3

6

40

3.20 52 号 CNE 形軸付といし 

52 号 CNE 形軸付といしの寸法は,表 20 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 2052 号 CNE 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CNE とは,Conical end の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  α:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

CNE 04 13 03

b)

BJ1

4 13 3 30

CNE 13 16 03

b)

BJ5

13 16 3 30

CNE 19 25 06

AJ1

19

25

6

40

b)

  L

2

=40 としてもよい。


18

R 6211-17:2017

3.21 52 号 EGG 形軸付といし 

52 号 EGG 形軸付といしの寸法は,表 21 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 2152 号 EGG 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T S

d

L

2

EGG 06 10 03

b)

BJ3

6 10 3 30

b)

  L

2

=40 としてもよい。

3.22 52 号 CCN 形軸付といし 

52 号 CCN 形軸付といしの寸法は,表 22 による。

ただし,

L

0

は 13 mm を超えてはならない。

表 2252 号 CCN 形軸付といし 

    :軸付といしの使用面

注記 1 CCN とは,Cocoon の略である。 
注記 2  L

3

L

2

L

0

a)

  R:受渡当事者間の協定による。

単位  mm

型番

旧 JIS 型番

D T  S

d

L

2

CCN 06 10 03

b)

BJ4

6 10 3 30

b)

  L

2

=40 としてもよい。

寸法許容差 

寸法許容差は,JIS R 6244 の箇条 8(自由研削用軸付といし)による。


19

R 6211-17:2017

附属書 JA

(参考)

JIS 型番の形状

JA.1 JIS 型番の形状 

JIS 型番の形状は,次による。

a)  52 号軸付といし(タイプ及び AJ タイプ)の形状  52 号軸付といし(A タイプ及び AJ タイプ)の

形状は,図 JA.1 による。

値は任意。 
    :軸付といしの使用面

図 JA.1タイプ及び AJ タイプの形状 


20

R 6211-17:2017

b) 52 号軸付といし(タイプ及び BJ タイプ)の形状  52 号軸付といし(B タイプ及び BJ タイプ)の

形状は,図 JA.2 による。

値は任意。 
    :軸付といしの使用面

図 JA.2タイプ及び BJ タイプの形状 

c) 52 号軸付といし(タイプ及び WJ タイプ)の形状  52 号軸付といし(W タイプ及び WJ タイプ)

の形状は,図 JA.3 による。

値は任意。 
    :軸付といしの使用面

図 JA.3タイプ及び WJ タイプの形状 


21

R 6211-17:2017

附属書 JB

(参考)

JIS と対応国際規格との対比表

JIS R 6211-17:2017  といし-寸法-第 17 部:軸付といし

ISO 603-17:2014,Bonded abrasive products-Dimensions-Part 17: Spindle mounted

wheels (ISO type 52)

(I)JIS の規定

(II)国際 
規格番号

(III)国際規格の規定

(IV)JIS と国際規格との技術的差異の箇条ごと
の評価及びその内容

(V)JIS と国際規格との技術的差
異の理由及び今後の対策

箇条番号 
及び題名

内容

箇条
番号

内容

箇条ごと
の評価

技術的差異の内容

3  軸付とい
しの型番及
び寸法の表

型番と JIS 型番を併
記することとした。

 3

形状ごとに寸法(外径・
厚さ・軸径)を規定。

変更 
追加

同一形状で ISO 規格に規定されて
いない寸法は,追加した。

ISO 規格にない形状は,新たに追加
した。 
国内にない軸径

S

d

=8 は,削除した。

WPL 形の軸径 S

d

=8 は,国内での

使用実績がなく,また,適用でき
る機械がないので,誤使用を避け
るため削除した。

  4

製品及び明細の呼び方
を規定。

削除

ISO 規格の箇条 4 は JIS R 6212

JIS 

R 6213 及び JIS R 6242 の規定と重
複するため削除した。

我が国の使用実態に合わせた。

4  寸法許容

寸法許容差を規定。

5

仕様,寸法公差

削除

ISO 規格の箇条 5 は,JIS R 6212

JIS R 6213 及び JIS R 6242 の規定
と重複するため削除した。

我が国の使用実態に合わせた。

附 属 書 JA
(参考)

JIS 型番の形状を記
載した。

追加

JIS 型番の形状が記載されていない
ため,参考として記載した。

我が国の使用実態に合わせた。

JIS と国際規格との対応の程度の全体評価:ISO 603-17:2014,MOD

注記 1  箇条ごとの評価欄の用語の意味は,次による。

-  削除  国際規格の規定項目又は規定内容を削除している。 
-  追加  国際規格にない規定項目又は規定内容を追加している。 
-  変更  国際規格の規定内容を変更している。

注記 2  JIS と国際規格との対応の程度の全体評価欄の記号の意味は,次による。

- MOD

国際規格を修正している。

21

R

 621

1

-17

201

7