>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 6124 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS R 6124 : 1998

  炭化けい素質研削材の化学分析

方法

ISO 9286 : 1997

  研磨材−炭化けい素の化学分析方法

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

○  化学分析方法及び蛍光 X 線

分析方法について規定

○ 化学分析方法について規定

ADP JIS

では,ISO の規定にない

蛍光 X 線分析方法について
も規定している。

蛍光 X 線分析方法は我が国

では一般的に使われている
ISO でも Annex に記載さ
れており実質的には同等。

(2)

化 学 分 析 の
項 目 及 び 方

JIS

独自に採用した規定に

ついては,今後,ISO に提案

する予定。

(2.1)

表面鉄

(2.2)

表 面 酸 化

ア ル ミ ニ ウ

○  吸光光度法,原子吸光法及び

滴定法について規定

○ 吸光光度法及び原子吸光法につ

いて規定。

= JIS では,ISO に規定のない

滴定法についても規定して
いる。

簡単に分析でき,我が国では
一般的に使われているので

JIS

に追加した。

(2.3)

表 面 酸 化

カルシウム

(2.4)

表 面 酸 化

マ グ ネ シ ウ

(2.5)

全炭素

○  燃焼容量法,燃焼重量法及び

電量測定法について規定

○ 燃焼重量法及び電量測定法につ

いて規定

= JIS では,ISO に規定のない

燃焼容量法についても規定

している。

重量法より迅速性が高く,精
度がよいので,容量法も JIS

に採用した。

(2.6)

遊 離 炭 素

(表面炭素)

○  燃焼容量法,燃焼重量法及び

電量測定法について規定

○ 燃焼重量法及び電量測定法につ

いて規定

= JIS では,ISO に規定のない

燃焼容量法についても規定

している。

重量法より迅速性が高く,精
度がよいので,容量法も JIS

に採用した。

(2.7)

炭 化 け い

(2.8)

表 面 け い

○  吸光光度法及び中和滴定法

について規定

○ 中和滴定法について規定

= JIS では,ISO に規定のない

吸光光度法についても規定

している。

中和滴定法以外に,吸光光度
法 も 使 用 さ れ て い る の で

JIS

に採用した。


 

2

R

 6124 :

 19
98
 解


解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表(続き)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(2.9)

表 面 け い

○  吸光光度法,中和滴定法及び

ガス容量法について規定

○ ガス容量法について規定

= JIS では,ISO に規定のない

中和滴定法及び吸光光度法
についても規定している。

中和滴定法,吸光光度法も一
般的に使用されているので

JIS

に採用した。

(2.10)

全けい素

○  重量法

− JIS では ISO にない全けい素

を追加している。

我が国では,全けい素を分析
することも多いので JIS 

追加した。

(3)

蛍光 X 線分
析 の 項 目 及

び方法

○  鉄,アルミニウム,カルシウ

ム及びマグネシウムについ

て規定

− Annex に,蛍光 X 線分析によるこ

ともできると記述がある。

− JIS では,ISO にない蛍光 X

線分析を採用し,鉄,アルミ

ニウム,カルシウム,マグネ
シウムを分析項目として入
れている。

簡便に分析でき,我が国では
一般的に使われているので

JIS

に追加した。

備考1.  表中の(I)及び(III)にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用している

が,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。