>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

日本工業規格

JIS

 R

6011

-1991

研磨布紙用研磨材の粗粒の

粒度試験方法

Testing method for grain size of coated abrasive macrogrits (P12

∼P220)

1.

適用範囲  この規格は,研磨布紙用研磨材及び研磨布紙製品からの回収研磨材のうち粗粒 (P12∼

P220)

の粒度の試験方法について規定する。

備考  この規格の引用規格を,次に示す。

JIS R 6003

  研摩材のサンプリング方法

JIS Z 8801

  標準ふるい

2.

装置,器具及びマスターグリット

2.1

試験機  衝動数 156 回/分,回転数 290 回/分のロータップ試験機を用いる。

2.2

ふるい  JIS Z 8801 に規定する標準網ふるいの内枠の寸法が 200mm,深さ 45mm で,附属書 に定

められた許容範囲のものを用いる。

2.3

はかり  ひょう量 100g 以上,感量 0.1g 以上のはかりを用いる。

2.4

タイマー  ロータップ試験機に接続して,5 分間作動し,±5 秒の精度のものを用いる。

2.5

マスターグリット  マスターグリットは各粒度ごとに用意され,それぞれ基準値を与えたもので,

粒度試験の補正用に使用される。

参考  マスターグリットは,ドイツ連邦共和国の連邦材料試験機関  研削製品材料部 (M. P. A.) で,基

準値を与えたものである。

これらのマスターグリットは次から購入できる。

Staatliche Materialprufungsanstalt Abteilung Schleifmitel Grafenstrasse 2,D-6100 Darmstadt

(Germany, F. R.)

3.

試料  試料は JIS R 6003 によって採取し,105±5℃で 1 時間乾燥し,デシケーター中で室温まで冷却

したものを用いる。

4.

操作

4.1

ふるい分け試験  ふるい分け試験は,次による。

(1)

試料は原則として 100g を 0.1g まで正しく量り採る。ただし,回収研磨材の試料については 20g 以上

100g

まで任意の質量を量り採る。

(2)

試験機に標準ふるいを,ふるい目の開きの小さいものから順に受け皿の上に重ねる。

(3)

試料を 1 段目の標準ふるいに入れ,試験機で 5 分間振とうする。


2

R 6011-1991

(4)

各々の標準ふるい及び受け皿の上の試料の質量を 0.1g まで量る。ただし,試料の合計が 1%以上減量

した場合は再試験を行う。

(5)

ふるい分けた試料の網上量 Q

1

Q

2

Q

3

Q

4

Q

5

及び網下量△を計算する。

4.2

補正操作  補正操作は,原則として表 に従って次のとおり行うことを原則とする。

(1)

(1)に使用する標準ふるいの目開きを記載する。

(2)

(2)にマスターグリットの基準値を記載する。

(3)  4.1

の方法でマスターグリットを使用する標準ふるいでふるい分け,その値を欄(3)に記載する。ただ

し,マスターグリットの使用量は,(5)でふるい分ける試料と同量とする。

(4)

(3)から欄(2)の値を,差し引いて得られた補正値を各段ごとにその値を欄(4)に記載する。

(5)  4.1

の方法で使用する標準ふるいで試料をふるい分け,その値を欄(5)に記載する。

(6)

(5)の値から欄(4)の値を,差し引いて得られた補正値を各段ごとに欄(6)に記載する。

(7)

表 の規格値を欄(7)に記載する。参考に粗粒の試験結果の例を示す。

5.

報告  欄(6)の値と欄(7)の規格値によって粒度の適合を判定し,報告する。


3

R

 601

1-19

91

表 1  試験結果の記録表

使用する標

準ふるいの
目開き

マ ス タ ー グ

リ ッ ト の 基
準値

使 用 す る 標

準 ふ る い で
マ ス タ ー グ
リ ッ ト を ふ

る い 分 け た
結果

欄 (3) か ら 欄

(2)

を 差 し 引

い て 得 ら れ
た補正値

欄 (3) に 使 用

し た 標 準 ふ
る い で 試 料
を ふ る い 分

けた結果

欄 (5) か ら 欄

(4)

の 値 を 差

し 引 い て 得
ら れ た 補 正

表 の 
規格値

mm

µm

% % % % % %

備考

(1)

(2)

(3)

(4) 

  [

(3)(2)]

(5)

(6) 

  [

(5)(4)]

(7)

(8)

受け皿

日付:                                                                        試験者:


4

R

 601

1-19

91

表 2  粗粒 (P12P220)  の粒度分布

1

段網上量

1

+2 段累積網上量

1

+2+3 段累積

網上量

1

+2+3+4 段累積

網上量

1

+2+3+4+5 段累積

網上量

1

段ふる

いの目開 

Q

1

2

段ふる

いの目開 

Q

2

3

段ふる

いの目開 

Q

3

4

段ふる

いの目開 

Q

4

5

段ふる

いの目開 

Q

5

5

段ふ

るいの
網下量

∆Q

粒度

mm

µm % mm µm % mm µm % mm µm % mm µm %  %

 P12

3.35

− 0 2.36

1

以下

2.00

− 14±4 1.70

− 61±9

1.40

− 92 以上 8 以下

 P16

2.36

− 0 1.70

3

以下

1.40

− 26±6 1.18

− 75±9

1.00

− 96 以上 4 以下

 P20

1.70

− 0 1.18

7

以下

1.00

− 42±8

− 850

86

±6

− 710

96

以上 4 以下

 P24

1.40

− 0 1.00

1

以下

− 850

14

±4

− 710

61

±9

− 600

92

以上 8 以下

 P30

1.18

− 0 − 850

1

以下

− 710

14

±4

− 600

61

±9

− 500

92

以上 8 以下

 P36

1.00

− 0 − 710

1

以下

− 600

14

±4

− 500

61

±9

− 425

92

以上 8 以下

 P40

− 710  0  − 500

7

以下

− 425

42

±8

− 355

86

±6

− 300

96

以上 4 以下

 P50

− 600  0  − 425

3

以下

− 355

26

±6

− 300

75

±9

− 250

96

以上 4 以下

 P60

− 500  0  − 355

1

以下

− 300

14

±4

− 250

61

±9

− 212

92

以上 8 以下

 P80

− 355  0  − 250

3

以下

− 212

26

±6

− 180

75

±9

− 150

96

以上 4 以下

P100

− 300  0  − 212

1

以下

− 180

14

±4

− 150

61

±9

− 125

92

以上 8 以下

P120

− 212  0  − 150

7

以下

− 125

42

±8

− 106

86

±6

− 90

96

以上 4 以下

P150

− 180  0  − 125

3

以下

− 106

26

±6

− 90

75

±9

− 75

96

以上 4 以下

P180

− 150  0  − 106

2

以下

− 90

15

±5

− 75

62

±12

− 63

90

以上 10 以下

P220

− 125  0  − 90

2

以下

− 75

15

±5

− 63

62

±12

− 53

90

以上 10 以下


附属書 1  標準ふるいの目開きの検定

1.

検定方法  同じ目開き寸法の標準ふるいでも,そのふるい分け結果にそれぞれ偏りがでる。偏りを補

正するためマスターグリットを用いて(1)(4)によって標準ふるいの目開きを検定する。

(1)

検定する標準ふるいが,3 段目にセットできる粒度のマスターグリットを用意し,本体 4.1 によって,

ふるい分け試験を行う。ただし,この場合,1 段,2 段の標準ふるいは,あらかじめ許容範囲内になけ

ればならない。

(2)

ふるい分け試験による網上量 Q

3

の値が,本体

表 の許容量の 1.5 倍以内を許容範囲内とする。

(3)  3

段の標準ふるいとして使用できない場合は,4 段目で検定する。この場合,1 段,2 段及び 3 段の標

準ふるいは,許容範囲内になければならない。

(4) 3.35mm,

2.36mm

及び 53

µm の標準ふるいは,JIS Z 8801 によって検定する。ただし,1 段及び 2 段の

標準ふるいが,3.35mm, 2.36mm より細かい目開きから始まる標準ふるいセットの場合は,その標準ふ

るいセットの中で粗い目開きの標準ふるい 2 個については,JIS Z 8801 によって検定する。


参考  粗粒の粒度試験結果の例

アルミナ質研削材の粒度 P80 の試料を二つの異なった標準ふるいセット と で試験した結果。

A

及び により,異なったセットの標準ふるいを使用しているにもかかわらず,試料がこの規格に合格

していることを示している。

A

  標準ふるいセット による粒度試験結果

使用する標
準ふるいの
目開き

マスターグ
リットの基
準値

使用する標
準ふるいで
マスターグ

リットをふ
るい分けた
結果

欄 (3) か ら 欄 (2)
を差し引いて得
られた補正値

欄(3)に使用
した標準ふ
るいで試料

をふるい分
けた結果

欄 (5) か ら 欄 (4)
の値を差し引い
て得られた補正

本体

表 

規格値

備考

mm

µm

%

% % % % %

(1) (2) (3)

(4)

  [

=(3)−(2)]

(5) (6)

  [

=(5)−(4)]

(7) (8)

1

355

0

0 0 0 0 0

2  250

1

4

+3 4  1

3

以下

3  212  24.5

27

+2.5 31  28.5

20

∼32

4  180  77.5

86

+8.5 88  79.5

66

∼84

5

150

98

98 0 98 98

90

以上

受け皿

2

2 0 2 2

4

以下

日付:                                                                試験者:

B

  標準ふるいセット による粒度試験結果

使用する標

準ふるいの
目開き

マスターグ

リットの基
準値

使用する標

準ふるいで
マスターグ
リットをふ

るい分けた
結果

欄 (3) か ら 欄 (2)

を差し引いて得
られた補正値

欄(3)に使用

した標準ふ
るいで試料
をふるい分

けた結果

欄 (5) か ら 欄 (4)

の値を差し引い
て得られた補正

本体

表 

規格値

備考

mm

µm

%

% % % % %

(1) (2) (3)

(4)

[

=(3)−(2)]

(5) (6)

[

=(5)−(4)]

(7) (8)

1

355

0

0 0 0 0 0

2

250

1

1 0 1 1

3

以下

3  212  24.5

22

−2.5 25  27.5

20

∼32

4  180  77.5

81

+3.5 83  79.5

66

∼84

5

150

98

98 0 98 98

96

以上

受け皿

2

2 0 2 2

4

以下

日付:                                                                試験者:


研磨布紙用粒度規格原案作成委員会  委員構成表

氏名

所属

(委員長)

遠  藤  幸  雄

社団法人日本セラミックス協会

木  村  脩  七

東京工業大学工学部

桑  原  好  孝

名古屋工業技術試験所セラミックス基礎部

田  中  正  躬

通商産業省生活産業局

細  川  幹  夫

工業技術院標準部

池  田  順  一

財団法人日本規格協会

永  戸  泰  三

日本コーテッドアブレーシブ株式会社

園  部  英  哲

三共理化学株式会社

植  木  正  義

株式会社光陽社商品開発室

中  村  仲  次

永塚工業株式会社製造部

鈴  木  睦  郎

研磨布紙協会

川  村  隆  宏

昭和電工株式会社セラミックス事業部

嶋  田  脩  造

太平洋ランダム株式会社

久  保  昌  昭

不二見研磨材工業株式会社

飯  田  豊  彦

南興研磨材工業株式会社

猪  野  時  雄

研削材工業協会

落  合  哲  夫

日本カーリット株式会社製造部

小  池  慶  司

信濃電気製錬株式会社

玉  巻  雅  弘

日本研磨材工業株式会社

粟  田      熙

日本軽金属株式会社

藤  村  勝  広

屋久島電工株式会社

川  沢  直  通

宇治電化学工業株式会社開発部

佐  藤  完  司

昭和電工株式会社