>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 6003 : 1998

(1) 

まえがき

この規格は,工業標準化法に基づいて,日本工業標準調査会の審議を経て,通商産業大臣が改正した日

本工業規格である。これによって JIS R 6003 : 1973 は改正され,この規格に置き換えられる。

今回の改正では,研磨材のサンプリング方法に関する規定について,対応国際規格との整合を図った。


日本工業規格

JIS

 R

6003

: 1998

研磨材のサンプリング方法

Method for sampling of abrasive grains

序文  この規格は,1993 年に第 1 版として発行された ISO 9138, Abrasive grains−Sampling and splitting が

規定している研磨材のサンプリング方法について,その技術的内容を変更することなく採用した日本工業

規格であるが,対応国際規格には規定されていないサンプル採取器具についても日本工業規格として追加

している。

なお,この規格で点線の下線を施してある箇所は,対応国際規格には規定されていない事項である。

1.

適用範囲  この規格は,研磨材の 1 ロットの平均品質を決定するためのサンプリング方法及び試料調

製方法について規定する。

備考1.  この規格に定めていない事項は,JIS M 8100を準用する。

2.

この規格の対応国際規格を,次に示す。

ISO 9138 : 1993

  Abrasive grains−Sampling and splitting

2.

引用規格  次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成す

る。これらの引用規格は,その最新版を適用する。

JIS M 8100

  粉塊混合物−サンプリング方法通則

JIS R 6001

  研削といし用研磨材の粒度

JIS R 6010

  研磨布紙用研磨材の粒度

JIS R 6111

  人造研削材

3.

サンプリング方法

3.1

インクリメントの採り方  インクリメントの大きさは,JIS R 6001 又は JIS R 6010 に定める粗粒は

200g

以上,微粉は 20g 以上とし,

表 のインクリメントの数をロットからランダムに採取する。

表 1  インクリメントの数

ロットの大きさ(トン)

インクリメントの数

 0.1

未満

  6

以上

 0.1

以上 0.3 未満

  8

以上

 0.3

以上 1  未満 10 以上

 1

以上 3  未満 12 以上

 3

以上 10  未満 14 以上

10

以上 30  以下 16 以上

3.2

インクリメントの採取器具


2

R 6003 : 1998

3.2.1

スコップ  スコップを使ってインクリメントを採取する場合には,原則として表 に定めるスコッ

プ番号のうち,粗粒は 10,微粉は 1 を用いる。

備考  表 以外の採取器具を用いる場合は,表 の表の容量以上のものを用いることとし,偏りのな

いことを実験によって確かめる。

3.2.2

サンプリングチューブ  サンプリングチューブを使ってインクリメントを採取する場合には,次に

よる。

a)

サンプリングチューブは,内径約 25mm,長さ約 800mm の継ぎ目のない鋼管で,一端がとが(尖)っ

ており,他端に T 字型のハンドルの付いたもので,長さ方向の一直線上に 50mm 間隔のあな(孔)の

あいたものを用いる。あなの直径は,F20, P20 以細の粒度に対しては 10mm とし,F16, P16 以粗の粒

度に対しては 25mm とするのがよい。

別のタイプのサンプリングチューブとして,

同じ形状の鋼管で,

幅約 25mm のスリットをもつものを使うこともできる。

b)

サンプリングチューブを水平に対して 45°の角度で,あな又はスリットを下に向けて容器に差し込み,

180

°回転させてチューブにサンプルを満たしたら,引き抜いてサンプルを取り出す。この操作を必要

な量のサンプルが得られるまで繰り返す。

表 2  インクリメント採取用スコップ(

1

(

1

)  JIS M 8100

参考にした。

スコップ (mm)

ス コ ッ プ

番号

最 大 粒

子径

 (mm)

a

b

c

d

e

f

g

材 料 の

厚さ

a/c

b/c

容量

 (ml)

  0.25

  0.25

 15

 10

 15

 12

  0

適宜

適宜

0.3 1.0

0.67

約 2

  1

  1

 30

 15

 30

 20

 12

適宜

適宜

0.5 1.0

0.50

約 15

  3

  3

 40

 25

 40

 30

 15

適宜

適宜

0.5 1.0

0.62

約 40

  5

  5

 50

 30

 50

 40

 20

適宜

適宜

1 1.0

0.60

約 75

 10

 10

 60

 35

 60

 50

 25

適宜

適宜

1 1.0

0.58

約 125

 15

 15

 70

 40

 70

 60

 30

適宜

適宜

2 1.0

0.57

約 200

 20

 20

 80

 45

 80

 70

 35

適宜

適宜

2 1.0

0.56

約 300

 30

 30

 90

 50

 90

 80

 40

適宜

適宜

2 1.0

0.56

約 400

 40

 40

110

 65

110

 95

 50

適宜

適宜

2 1.0

0.59

約 790

 50

 50

150

 75

150

130

 65

適宜

適宜

2 1.0

0.50

約 1 700

 75

 75

200

100

200

170

 80

適宜

適宜

2 1.0

0.50

約 4 000

100 100 250

110

250

220

100

適宜

適宜

2 1.0

0.44

約 7 000

125 125 300

120

300

250

120

適宜

適宜

2 1.0

0.40

約 10 000

150 150 350

140

350

300

140

適宜

適宜

2 1.0

0.40

約 16 000

備考1.  スコップは,表の寸法より一番下げてもほとんど偏りは入らない。

2.

インクリメント縮分用に図のスコップを用いるときには e=0,  すなわち,先を切り落
としたスコップの番号に R を付ける。

3.

スコップ番号 0.25 は,インクリメント縮分以外に使ってはならない。


3

R 6003 : 1998

3.3

大口試料の作り方  表 によるインクリメントを集めて大口試料とする。

4.

試料調製方法

4.1

縮分方法

a)

大口試料を混合して容器に入れ,均一に二分器に落下させて 2 分割する。いずれか一方をランダムに

選び,2 分割を繰り返して調製試料とする。

b)

二分器は,

表 に定める種類のうち,粗粒は 10 号,微粉は 6 号を用いるのがよい。

備考1.  二分器の内面は平滑であって,さびの生じたものは使ってはならない。

2.

試料受器は,二分器出口にぴったり合い,試料が飛散しないような構造でなければならない。

3.

二分器の使用に当たっては,目の詰まり,試料容器のふり方のくせなどに注意しなければな

らない。

c)

調製試料は,粗粒は 200g 以上,微粉は 20g 以上とし,変質するおそれのない容器に収めて封印する。

d)

調製試料は,渡し主用,受け主用,審判用,保存用などの 4 個以上とするのがよい。

4.2

試料の兼用と重用

a) 3.1

によって用意した調製試料は,JIS R 6111 のすべての特性の測定に兼用することができる。

b)

粗粒のかさ密度の測定に用いた試料を,他の特性の測定に重用することができる。

c)

微粉の場合は,試料を重用してはならない。

参考  精度  この規格によって,ロットの大きさ 3 トン未満の粗粒について実験した結果,粒度分布

とかさ密度との標準的な精度は,

参考表 のとおりであった。

参考表 1  粗粒の精度(確率 95%

粒度分布 (%)

項目

2

3

3

段+4 段

かさ密度

サンプリング精度  (

β

S

)

±0.8

+2.0

±1.2

±0.006

縮分精度  (

β

R

)

±0.7

±2.7

±0.8

±0.006

測定精度  (

β

M

)

±2.7

+4.8

±3.8

±0.010

全精度  (

β

)

±2.9

±5.9

±4.0

±0.013


4

R 6003 : 1998

表 3  二分器(

2

(

2

)  JIS M 8100

を参考にした。


5

R 6003 : 1998

単位 mm

種類 50 号 30 号 20 号 10 号

6

みぞ数

記号

12 12 16 16 16

A 50

±0.5 30±0.5 20±0.5 10±0.5 6±0.5

B

630 380 346 171 112

C 250

170

105

55

40

D 500

340

210

110

80

E 300

200

135

75

60

F

50 30 30 20 20

G 340

340

210

110

80

H

200

140 85 45 30

I

640 390 360 184 120

J 220

220

140

65

55

K 220

220

140

65

55

L 340

340

210

110

80

M 250

170

105

55

40

N

75 55 35 20 15

 300

340

210

110

80

P

565 330 300 150 100

Q

400 300 200 120  80

R 265

200

135

70

45

S 200

150

105

50

35

備考1.  みぞ数は50号,30号では12以上,20号,10号,6号では16以上とし,A

は,規定寸法である。

2.  B

の寸法は,一例として示したものである。


6

R 6003 : 1998

サンプリング分科会  委員構成表

氏名

所属

主査

荒  川  広  次

昭和電工株式会社

委員

落  合  哲  夫

日本カーリット株式会社

峯  村  昌  宏

信濃電気製錬株式会社

河  井      浩

太平洋金属株式会社

高  丸  昭  八

日本研磨材工業株式会社

川久保  雅  史

宇治電化学工業株式会社

宮  原  邦  輔

屋久島電工株式会社

石  橋      力

不二見研磨材工業株式会社

原案作成委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

遠  藤  幸  雄

社団法人日本セラミックス協会

(委員)

桑  原  好  孝

名古屋工業技術研究所

富  田  育  男

通商産業省生活産業局窯業建材課

岡  林  哲  夫

工業技術院標準部繊維化学規格課

加  山  英  男

財団法人日本規格協会

中  岡  義  朗

クレノートン株式会社

村  上  峯  明

株式会社テイケン

堀      禎  之

研削砥石工業会

鈴  木  睦  郎

研磨布紙協会

佐  藤  完  司

昭和電工株式会社

嶋  田  脩  造

大平洋ランダム株式会社

久  保  昌  昭

株式会社フジミインコーポレーテッド

(事務局)

林          均

研削材工業協会

技術委員会  構成表

氏名

所属

(委員長)

佐  藤  完  司

昭和電工株式会社

(副委員長)

勝  男  正  克

大平洋ランダム株式会社

(委員)

関      一  郎

日本カートリット株式会社

本  多  一  紀

信濃電気製錬株式会社

新  井  一  正

日本軽金属株式会社

川  沢  直  通

宇治電化学工業株式会社

杉  田  正  義

屋久島電工株式会社

久  保  昌  昭

株式会社フジミインコーポレーテッド

(事務局)

林          均

研削材工業協会

(文責  林    均)