>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 6003 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS R 6003 : 1998

  研磨材のサンプリング方法

ISO 9138 : 1993

  研磨材−サンプリング及び縮分

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の

対策

(1)

適用範囲

(2)

サ ン プ リ ン
グ方法

○  サンプル採取器具として

1)

スコップ

2)

サンプリングチューブ

を規定。

○ サンプル採取器具として

サンプリングチューブを規定。

ADP

サンプル採取器具として,

JIS

ではスコップについても

規定している。

基本的な方法については相
違がないが,我が国では従来
からスコップも多用してい

るので,併用することにし
た。

(3)

試 料 調 製 方

備考1.  表中の(I)及び(III)にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。

“ADP”は,JIS は国際規格を技術的内容の変更なしで採用している

が,JIS として必要な規定内容を追加していることを示す。