>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

 

1

R

 6001 :

 19
98
 解

解説付表 1  JIS と対応する国際規格との対比表

JIS R 6001 : 1998

  研削といし用研磨材の粒度

ISO 8486-1 : 1996

  研削といし用研磨材−粒度分布の規格と測定−第 1 部:粗粒 (F4∼F220)

ISO 8486-2 : 1996

  研削といし用研磨材−粒度分布の規格と測定−第 2 部:微粉 (F230∼F1200)

対比項目

規定項目

(I)  JIS

の規定内容 (II)

国 際 規 格 番

(III)

国際規格の規定内容 (IV)

JIS

と国際規格との相違点 (V)

JIS

と国際規格との整合

が困難な理由及び今後の
対策

(1)

適用範囲

ISO 8486-1

= JIS は精密研磨用微粉を追加

している。

(2)

粒度の種類

○  粗粒,一般研磨用微粉及び精

密研磨用微粉の種類につい
て規定。

ISO 8486-1

○ 粗粒及び微粉の種類について規

定。

= 粗粒及び一般研磨用微粉に

ついては,ISO と JIS の内容
は同一。精密研磨用微粉につ
いては,JIS 独自の規定。

我が国では,需要業界の要求

が厳しく,ISO 規格だけでは
対応できない用途の微粉が
多いため,精密研磨用微粉を

規定している。今後,ISO 
提案する予定。

(3)

粒度分布

○  粗粒,一般研磨用微粉及び精

密研磨用微粉の粒度分布に
ついて規定。

ISO 8486-1

○ 粗粒及び微粉の粒度分布につい

て規定。

= 粗粒及び一般研磨用微粉の

粒度分布については ISO 

JIS

の内容は同一。精密研磨

用微粉の粒度分布について
は,JIS 独自の規定。

我が国では,需要業界の要求
が厳しく,ISO 規格だけでは
対応できない用途の微粉が

多いため,精密研磨用微粉を
規定し,それについての粒度
分布を規定している。今後,

ISO

に提案する予定。

備考1.  表中の(I)及び(III)にある“○”は,該当する規定項目を規定していることを示し,“−”は,規定していないことを示す。

2.

表中の(IV)欄にある“=”は,JIS と国際規格との技術的内容が同等であることを示す。