>サイトトップへ >このカテゴリの一覧へ

R 5211

:2009

(1)

目  次

ページ

1

  適用範囲

1

2

  引用規格

1

3

  種類及び構成 

1

4

  品質

2

5

  原材料

2

5.1

  クリンカー 

2

5.2

  ポルトランドセメント 

2

5.3

  高炉スラグ 

2

5.4

  せっこう 

3

5.5

  少量混合成分 

3

5.6

  粉砕助剤 

3

6

  試験方法

3

6.1

  密度,比表面積,凝結,安定性及び圧縮強さ

3

6.2

  化学成分 

3

6.3

  水和熱

3

7

  検査

3

8

  包装

3

9

  表示

4

10

  報告

4

附属書 A(参考)技術上重要な改正に関する新旧対照表 

8


R 5211

:2009

(2)

まえがき

この規格は,工業標準化法第 14 条によって準用する第 12 条第 1 項の規定に基づき,社団法人セメント

協会(JCA)から,工業標準原案を具して日本工業規格を改正すべきとの申出があり,日本工業標準調査

会の審議を経て,経済産業大臣が改正した日本工業規格である。

これによって,JIS R 5211:2003 は改正され,この規格に置き換えられた。

この規格は,著作権法で保護対象となっている著作物である。

この規格の一部が,特許権,出願公開後の特許出願,実用新案権又は出願公開後の実用新案登録出願に

抵触する可能性があることに注意を喚起する。経済産業大臣及び日本工業標準調査会は,このような特許

権,出願公開後の特許出願,実用新案権及び出願公開後の実用新案登録出願にかかわる確認について,責

任はもたない。


日本工業規格

JIS

 R

5211

:2009

高炉セメント

Portland blast-furnace slag cement

適用範囲 

この規格は,高炉セメントについて規定する。

なお,技術上重要な改正に関する旧規格との対照を

附属書 に記載する。

引用規格 

次に掲げる規格は,この規格に引用されることによって,この規格の規定の一部を構成する。これらの

引用規格は,その最新版(追補を含む。

)を適用する。

JIS A 6201

コンクリート用フライアッシュ

JIS A 6206

コンクリート用高炉スラグ微粉末

JIS M 8850

石灰石分析方法

JIS R 5201

セメントの物理試験方法

JIS R 5202

ポルトランドセメントの化学分析方法

JIS R 5203

セメントの水和熱測定方法(溶解熱方法)

JIS R 5204

セメントの蛍光 X 線分析方法

JIS R 5210

ポルトランドセメント

JIS R 5212

シリカセメント

JIS R 9151

セメント用天然せっこう

JIS Z 1505

クラフト紙袋−セメント用

種類及び構成 

高炉セメントは,高炉スラグの分量によって,

表 の 3 種類とし,ポルトランドセメント(5.2 参照)及

び高炉スラグ(5.3 参照)で構成されるものと,クリンカー(5.1 参照)

,せっこう(5.4 参照)

,少量混合

成分

1)

5.5 参照)及び高炉スラグ(5.3 参照)で構成されるものとがある。

なお,前者の構成の場合,ポルトランドセメントに JIS R 5210 の 5.3(少量混合成分)に規定する少量

混合成分として高炉スラグが含まれているときは,その量を

表 の高炉スラグの分量に含める。後者の構

成の場合,少量混合成分(5.5 参照)の量は,クリンカー,せっこう及び少量混合成分の合量に対し,質量

で 5 %以下でなければならない。また,粉砕助剤の使用量は高炉セメントに対し,質量で 1 %未満とする。

1)

ここでいう少量混合成分には,高炉スラグを含めない。


2

R 5211

:2009

表 1−高炉セメントの種類及び高炉スラグの分量 

種類

高炉スラグの分量

(質量%)

A

5

を超え  30 以下

B

種 30 を超え  60 以下

C

種 60 を超え  70 以下

品質 

高炉セメントの品質は,箇条 によって試験し,

表 の規定に適合しなければならない。

なお,安定性は,パット法又はルシャテリエ法のいずれかの規定に適合すればよい。また,高炉セメン

トに,JIS R 5210 

表 2(ポルトランドセメントの品質)に示す中庸熱ポルトランドセメントの水和熱の

規定を適用する場合は,比表面積及び圧縮強さについても JIS R 5210 の中庸熱ポルトランドセメントの規

定を適用する。

表 2−高炉セメントの品質 

  品質

A

B

C

密度

a)

  g/cm

3

比表面積  cm

2

/g 3

000

以上

3 000

以上

3 300

以上

始発  min 60 以上

60

以上

60

以上

凝結

終結  h 10 以下

10

以下

10

以下

パット法

安定性

ルシャテリエ法  mm

10

以下

10

以下

10

以下

3 d

12.5

以上

10.0

以上

7.5

以上

7 d

22.5

以上

17.5

以上

15.0

以上

圧縮 
強さ

N/mm

2

28 d

42.5

以上

42.5

以上

40.0

以上

酸化マグネシウム 5.0 以下

6.0

以下

6.0

以下

三酸化硫黄 3.5 以下

4.0

以下

4.5

以下

化学

成分

%

強熱減量 5.0 以下

5.0

以下

5.0

以下

a)

測定値を報告する。

原材料 

5.1 

クリンカー 

JIS R 5210

の 5.1(クリンカー)に規定するクリンカーとする。

5.2 

ポルトランドセメント 

JIS R 5210

に規定するポルトランドセメントとする。

5.3 

高炉スラグ 

5.3.1 

高炉水砕スラグ 

高炉水砕スラグは,急冷砕したものであり,その塩基度は 1.60 以上でなければならない。

なお,塩基度は式(1)によって求め,その計算に用いる各成分の分析方法は,JIS R 5202 又は JIS R 5204

を準用する。

2

3

2

SiO

O

Al

MgO

CaO

b

+

+

=

 (1)

ここに,

b

塩基度


3

R 5211

:2009

CaO

高炉水砕スラグ中の酸化カルシウムの含有率(%)

MgO

高炉水砕スラグ中の酸化マグネシウムの含有率(%)

Al

2

O

3

高炉水砕スラグ中の酸化アルミニウムの含有率(%)

SiO

2

高炉水砕スラグ中の二酸化けい素の含有率(%)

5.3.2 

コンクリート用高炉スラグ微粉末 

JIS A 6206

に規定するものとする。

5.4 

せっこう 

JIS R 9151

に規定するセメント用天然せっこう又はこれに準じるものとする。

5.5 

少量混合成分 

少量混合成分は,次に規定する 3 種類とする。

a)  JIS R 5212

の 5.3(シリカ質混合材)に規定するシリカ質混合材。

b)  JIS A 6201

に規定するフライアッシュ I 種又はフライアッシュ II 種。

c)

炭酸カルシウムの含有率が 90 %以上,かつ,酸化アルミニウムの含有率が 1.0 %以下の品質をもつ石

灰石。石灰石中の酸化アルミニウム含有率は,JIS M 8850 又は JIS R 5204 によって求める。石灰石中

の炭酸カルシウム含有率は,JIS M 8850 又は JIS R 5204 によって酸化カルシウム含有率を求め,式(2)

によって炭酸カルシウム含有率に換算する。

08

.

56

09

.

100

3

×

CaO

CaCO

 (2)

ここに,

CaCO

3

少量混合成分に用いる石灰石中の炭酸カルシウムの含有
率(

%

CaO

JIS M 8850

又は JIS R 5204 によって求めた石灰石中の酸化

カルシウム含有率(

%

5.6 

粉砕助剤 

セメントの品質に影響を及ぼさないことを確かめたものとする。

試験方法 

6.1 

密度,比表面積,凝結,安定性及び圧縮強さ 

密度,比表面積,凝結,安定性及び圧縮強さの試験は,JIS R 5201 による。

6.2 

化学成分 

化学成分の試験は,JIS R 5202 又は JIS R 5204 による。ただし,三酸化硫黄の測定は,JIS R 5202 によ

って行わなければならない。

6.3 

水和熱 

水和熱の試験は,JIS R 5203 による。

検査 

高炉セメントの検査は,合理的な抜取方式によって試料を採取し,箇条 については箇条 によって試

験を行い,合否を決定する。

包装 

高炉セメントを包装する場合は,JIS Z 1505 に規定する紙袋を用いる。


4

R 5211

:2009

表示 

高炉セメントを包装する場合は,袋の外面に次の事項を表示する。

なお,出荷日は,受渡当事者間の協定によって適切な形式の表示を記入することができる。

a)

名称

b)

種類

c)

正味質量

d)

製造業者名又はその略号

10 

報告 

生産者は,購入者から要求があった場合には,試験成績表を提出しなければならない。試験成績表の標

準様式は,

表 3∼表 による。これらの表は,必要に応じて合併してもよい。

なお,高炉スラグの分量の範囲は備考に示す。


5

R 5211

:2009

表 3−試験成績表の標準様式 

セ  メ  ン  ト  試  験  成  績  表

    年    月度

生産者名

    株式会社

高炉セメント A 種

試験成績

品    質

JIS

規格値

平均値

標準偏差

最大値

(最小値)

密度  g/cm

3

比表面積  cm

2

/g 3

000

以上

水量  %

始発  min 60 以上

(最小値)

凝  結

終結  h 10 以下

最大値

パット法

安定性

ルシャテリエ法  mm 10 以下

最大値

3 d

12.5

以上

7 d

22.5

以上

圧縮強さ

N/mm

2

28 d

42.5

以上

酸化マグネシウム 5.0 以下

最大値

三酸化硫黄 3.5 以下

最大値

化学成分

%

強熱減量 5.0 以下

最大値

備考 

連絡先

社 名 ・ 担 当

電 話 番 号


6

R 5211

:2009

表 4−試験成績表の標準様式 

セ  メ  ン  ト  試  験  成  績  表

    年    月度

生産者名

    株式会社

高炉セメント B 種

試験成績

品    質

JIS

規格値

平均値

標準偏差

最大値

(最小値)

密度  g/cm

3

比表面積  cm

2

/g 3

000

以上

水量  %

始発  min 60 以上

(最小値)

凝  結

終結  h 10 以下

最大値

パット法

安定性

ルシャテリエ法  mm 10 以下

最大値

3 d

10.0

以上

7 d

17.5

以上

圧縮強さ

N/mm

2

28 d

42.5

以上

酸化マグネシウム 6.0 以下

最大値

三酸化硫黄 4.0 以下

最大値

化学成分

%

強熱減量 5.0 以下

最大値

備考 

連絡先

社 名 ・ 担 当

電 話 番 号


7

R 5211

:2009

表 5−試験成績表の標準様式 

セ  メ  ン  ト  試  験  成  績  表

    年    月度

生産者名

    株式会社

高炉セメント C 種

試験成績

品    質

JIS

規格値

平均値

標準偏差

最大値

(最小値)

密度  g/cm

3

比表面積  cm

2

/g 3

300

以上

水量  %

始発  min 60 以上

(最小値)

凝  結

終結  h 10 以下

最大値

パット法

安定性

ルシャテリエ法  mm 10 以下

最大値

3 d

7.5

以上

7 d

15.0

以上

圧縮強さ

N/mm

2

28 d

40.0

以上

酸化マグネシウム 6.0 以下

最大値

三酸化硫黄 4.5 以下

最大値

化学成分

%

強熱減量 5.0 以下

最大値

備考 

連絡先

社 名 ・ 担 当

電 話 番 号


8

R 5211

:2009

附属書 A

(参考)

技術上重要な改正に関する新旧対照表

現行規格(JIS R 5211:2009)

旧規格(JIS R 5211:2003)

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

改正理由

3

種類及び

構成

高炉セメントは,高炉スラグの分量によって,
表 の 3 種類とし,ポルトランドセメント(5.2
参照)及び高炉スラグ(5.3 参照)で構成され

るものと,クリンカー(5.1 参照)

,せっこう

5.4 参照)

,少量混合成分(5.5 参照)及び高

炉スラグ(5.3 参照)で構成されるものとがあ

る。

3.

種類

高炉セメントの種類は,高炉セメント中の高
炉スラグの分量によって,3 種類とする。

旧規格の 6.(製造方法)が削除されたため,
旧規格の 3.(種類)を箇条 3(種類及び構
成)に変更して,製造方法で規定されてい

た高炉セメントの構成を,この箇条に規定
した。

4

品質

高炉セメントの強熱減量の規格値を 5.0 %以
下と規定。

4.

品質

高炉セメントの強熱減量の規格値を 3.0 %以
下と規定。

少量混合成分として石灰石を混合した場
合,強熱減量には石灰石の脱炭酸による減

量も含まれるため[箇条 3(種類及び構成)
及び 5.5(少量混合成分)参照]

5

原材料

原材料として,クリンカー,ポルトランドセ
メント,高炉スラグ,せっこう,少量混合成
分及び粉砕助剤を規定。

5.

原材料

原材料として,クリンカー,高炉スラグ及び
せっこうを規定。

箇条 3(種類及び構成)が規定され,高炉
セメントの構成が明確になったため,構成
に規定されている材料を,原材料として明

確に規定した。

5.3

高 炉 ス

ラグ

5.3.1 

高炉水砕スラグ

高炉水砕スラグは,急冷砕したものであり,

その塩基度は 1.60 以上でなければならない。

5.3.2 

コンクリート用高炉スラグ微粉末

JIS A 6206

に規定するものとする。

5.2

高 炉 ス

ラグ

急冷砕したものを用いる。その塩基度は 1.4
以上でなければならない。

JIS A 6206

(コンクリート用高炉スラグ微

粉末)に規定する高炉スラグも使用できる

ようにするため,従来の高炉スラグを高炉
水砕スラグとした。なお,塩基度の規定は,

JIS A 6206

の規定と合わせるため改正し

た。

8

R

 521

1


2009


9

R 5211

:2009

現行規格(JIS R 5211:2009)

旧規格(JIS R 5211:2003)

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

改正理由

5.5

少 量 混

合成分

原材料として明確に 3 種類規定した。

5.5

少 量 混

合成分

a)

JIS R 5212

の 5.3(シリカ質混合材)に規定す

るシリカ質混合材。

5.5

少 量 混

合成分

b)

JIS A 6201

に規定するフライアッシュ I 種又

はフライアッシュ II 種。

5.5

少 量 混

合成分

c)

炭酸カルシウムの含有率が 90 %以上,かつ,
酸化アルミニウムの含有率が 1.0 %以下の品

質をもつ石灰石。 
 
石灰石中の酸化アルミニウムの含有率及び炭

酸カルシウムの含有率の求め方を規定。

箇条 3(種類及び構成)が規定され,高炉
セメントの構成に少量混合成分が規定さ

れたため,原材料として明確に規定した。

a)

c)の規定内容は,同時に改正された JIS 

R 5210

(ポルトランドセメント)と同じで

ある。

6

試験方法

6.1

密度,比表面積,凝結,安定性及び圧縮

強さの試験は,JIS R 5201 による。

6.2 

化学成分の試験は,JIS R 5202 又は JIS R 

5204

による。ただし,三酸化硫黄の測定は,

JIS R 5202

によって行わなければならない。

6.3 

水和熱の試験は,JIS R 5203 による。

7.

試験

高炉セメントの試験は,JIS R 5201JIS R 

5202

JIS R 5203 及び JIS R 5204 による。

試験項目ごとに適用する規格を明確化し

た。

− 6.

製 造 方

高炉セメントは,クリンカーと高炉スラグに
適量のせっこうを加え,混合粉砕してつくる

か,又はクリンカー,高炉スラグ及び適量の
せっこうを別々に,若しくは適宜に組み合わ
せて粉砕したものを十分に混合してつくる。

なお,粉砕するときに粉砕助剤を用いる場合
は,セメントの品質に悪影響を及ぼさないこ
とを確かめなければならない。その使用量は,

セメントの 1 %以下とする。

製造方法の多様化を阻害しない観点から
削除することとし,現行規格の箇条 3(種

類及び構成)の構成及び箇条 5(原材料)
において必要となる規定値を規定した。

9

R

 521

1


2009


10

R 5211

:2009

現行規格(JIS R 5211:2009)

旧規格(JIS R 5211:2003)

箇条番号 
及び題名

内容

箇条番号 
及び題名

内容

改正理由

10

報告

…。なお,高炉スラグの分量の範囲は備考に
示す。

11.

報告

高炉スラグの分量の範囲をユーザに情報
提供するために,試験成績表に記載するこ

ととした。

10

R

 521

1


2009